「芦那すみれ」タグアーカイブ

色々バイトに四苦八苦『五億円のじんせい』 主演・望月歩コメント到着! 場面写真一挙解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 史上最高に<ラブリー>な主人公!主演・望月歩コメント到着! 闇バイトに四苦八苦!場面写真一挙解禁!!

お世話になっております。 GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。約 400 本の中から見事グランプリ を受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が 7 月 20 日(土)よりユーロスペース他にて公開します。

このたび主演の望月歩と文晟豪監督のコメントが到着!また場面写真も一挙公開となりました。

映画情報どっとこむ ralph 望月歩コメント
「(初めての主演は)楽しさとプレッシャーの両方がありました。監督とは自分の考えを話して、質問し て、監督の考えを聞いて一緒に役を作っていきました。その中で印象的だった言葉は「ラブリー」です。 「こう動いたらラブリーに見えるよね」みたいな。今まで「ラブリー」という言葉を口にしたことがなかった ので照れくささもありつつ、「ラブリーとはこういうもの」というイメージもなかったので、監督の求める 「ラブリー」を理解できた感じです。監督はいつも楽しそうで、ワクワクが伝わってくるし、一緒に作って いるなとすごく感じて、「この人の気持ちに応えたい」という気持ちになりました。本当の自分を出せて いない人や、今の自分から変わりたいと思っている人が、望来の変化や成長を見て、勇気を持ってく れたらいいなと思います。」

文晟豪(監督)コメント
「高校生らしい危うさと瑞々しさを持った人を!同年代で役にシンパシーを感じてくれる人を!そんな 人を探していました。望月歩さんにはそれがありました。とても魅力的な望月さんも、等身大ということ を考えると、 1 年違えば巡り合っていなかったかもしれません。見事に演じきってくれた望月さんに 感謝です。」

映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開
善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。17 歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来は、とある出来事をきっかけに SNS で自殺を宣言。

そこへ見知 らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛 び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。

そして、様々な人と出会い、事件に巻 き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていたーー。

主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。『ソロモンの偽証』やドラマ 「3 年 A 組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼 にとって、本作が初主演作となる。

周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来が、家出の中で、ホ ームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知 ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。

***********************************


監督:文晟豪(ムン・ソンホ)

脚本:蛭田直美

出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3 年 A 組-今から皆さんは、人質です-」) 山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美

主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元

協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子
助監督:久保 朝洋
撮影:田島茂 照明:山田和弥 録音:齋藤泰陽 美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人 スタイリスト:水野遼平 ヘア・メイク:有路涼子
スクリプター:松 本月 編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大 音楽:谷口尚久 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 宣伝:ミラクルヴォイス 配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会 2019 年/日本/112 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

悩める大人のための等身大ラブコメディ『月極オトコトモダチ』に夏木マリ コナリミサトら著名人コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 数々の名作を世に送り出している映画祭「MOOSIC LAB」2018年度の長編部門でグランプリほか4 冠 を獲得、東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に異例の選出も果たした映画『月極オトコトモダチ』が、6月8日(土)より新 宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほか全国順次公開となります。

きっかけはレンタル。

彼と私の不思議な関係――。

悩める大人のための等身大ラブコメディが誕生!

公開より一足先に本作を鑑賞した各界著名人よりコメントが到着。新たなる才能への賛辞や 男女間の関係への共感など、あらゆる感想の声が届いた。

映画情報どっとこむ ralph そう、そうなのよね いつの時代も、人のココロは変わらないの、、、 久しぶりにフレッシュな作品を拝見、穐山監督のクセ好きです。
夏木マリ

男だろうが女だろうが、友達というものに照れたり飢えたりしている私には、この映画は終始眩しく温かい。とりあえず「はい、済スタンプ、ポン!」じゃ 済まねえよこの野郎!と、柳瀬のあの瞬間の友達ヅラには一度ツッコミを入れさせていただきます。
大九明子(映画監督/『勝手にふるえてろ』)

すっごいおもしろかったです!!友と友が才能で繋がってしまったシーン、那沙ちゃんと一緒にふとんにもぐりこみたくなりました。 そして作中言及さ れてる「言葉」についての解釈、深く頷きました…!! 「言葉」は「記号」じゃないと思います。でも「記号」として使ってしまうときも使われたなと思 うときもあります。受け手に「記号」と思われたら「記号」になるのも「言葉」だなぁ、とか観終わってからいろいろ考えました。 着地点が粋で痺れまし
“男女の友情”という永遠のテーマに鋭く切り込む 新人監督の瑞々しい長編映画デビュー作に絶賛の声が多数! 映画監督から“レンタル”で話題のあの人まで 各界著名人からコメントが到着
た。穐山監督と「オトコトモダチ」について飲みながらお話してみたいです。
コナリミサト(漫画家/「凪のお暇」)


キャスティングの妙、透き通った空気感、チェリー、ペディキュア、赤いブルゾン、スタンプと主人公に赤を与えていく演出や、給水塔、巨大物、見通 しの良い場所へと移り変わるロケーションなど随所に映画センスが光る快作である。
行定勲(映画監督/『リバーズ・エッジ』)

すぐれたハリウッド製ラブコメさながらの出だしの妙と「地に足のついた軽さ」に唸った。そこから穐山さん独自の領域に足を踏み入れるのだが、それ はともかく、友人たちがつくった映画を楽しく観終えたことに安堵&祝福。と同時に、ライバルがまた一人増えたことに気がついた。
三宅唱(映画監督/『きみの鳥はうたえる』)

何でもいうことを聞いてくれるって都合がいいけどなんだか凄くもどかしい。ライターの”こじらせ女子”と”レンタル男友達”、そこに現る”小悪魔親友女 子”。「オンガク」と「コトバ」がつむぐのは、友情?それとも、恋?!
まつゆう*(プランナー/ブロガー)

ファッション業界で会社員として働きながら、なんと長編映画を製作したパワーウーマン穐山監督。物語のラストシーンは、主人公那沙と穐山監 督の姿をオーバーラップさせながらみてしまいました。こうやって働く女性たちの共感と、勇気を与えてくれる作品としてみなさんに届くといいなと思っ ています。
坂井佳奈子(エル・ジャポン 編集長)

人間の心のうちにあるどす黒さを垣間見せながら、それでいて軽やかさを失わない、新しい日本の恋愛劇の可能性を観た気がします。自己実現 への主人公の思いが、彼女を自然と行動にうながしていく脚本は、実によくできていると思いました。
門間雄介(映画評論家/「MOOSIC LAB 2018」選評より)

構成要素すべてがプロの水準の逸品。BOMI の音楽と物語の鮮やかなシンクロ具合をはじめ、演出、脚本、役者、撮影、衣裳の細部に至るま で、全セクションが隅々まで噛み合って作品のテーマに還元している。文句なしに次回作が最も観たい監督である。
岩田和明(「映画秘宝」編集長/「MOOSIC LAB 2018」選評より)

「遠くから眺めてる方がきれいだ」 2 人の始まりを遠くから見守る配水塔。 手探りで近付くことを躊躇する 2 人を いつかどこかで見たことのある心 象風景 −生活に根付く産業遺産− が、2 人を代弁し背景として語り始める。
平山育男 (長岡造形大学 建築・環境デザイン学科 教授/「配水塔」著者)

映画情報どっとこむ ralph 大人になると口にはしないものの、どの世代にとっても永遠のテーマとして存在する男女間の友情。そこへさらに現代の人間関係を象徴するよう な“レンタルトモダチ”という奇妙な存在が加わり不思議な関係が始まる―。ありそうでなかったアラサー世代を主人公に描く瑞々しい青春物語

公式 Twitter&公式 instagram: @tsukigimefriend


https://tsukigimefriend.com/


人類の永遠のテーマに挑んだユニークな設定の脚本、監督を務めるのは、ファッション業界で会社員として働きながら、30代になったのを機に 本格的に映画制作を始めた新鋭・穐山茉由。長編デビューとなる本作は、第 31 回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門へ正式出 品され、音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」では長編部門グランプリを含む 4 冠を獲得。いま最も注目を浴びる次世代の女性監督 となっている。主人公の那沙を演じるのは「恋のツキ」『疑惑とダンス』の徳永えり。彼女が契約するレンタル友達、柳瀬には『At the terrace テラスにて』の橋本淳が扮し、悩めるアラサー男女を共感度たっぷりに演じている。主題歌を担当するのは「BOMIと入江陽」に、若干20歳の 話題の新人アーティスト・長谷川白紙が編曲を手掛ける。

<STORY>
大人になると異性の友達ってなかなかできない。男女の間に友情は本当に存在しないの?WEB マガジン編集者の望月那沙(徳 永えり)は、あるきっかけで「男女関係にならないスイッチ」を持つと語る柳瀬草太(橋本淳)に出会う。実は、彼は依頼主に雇われた「レンタル友達」 だった。那沙は柳瀬を題材に、ある検証を試みようとする。一方、那沙のルームメイトの珠希(芦那すみれ)は音楽を通じて柳瀬と距離を縮めていく。仲良くなっても越えられない「契約関係」。夢と現実の間で悩む男女が織りなす不思議な「関係性」の物語。
***********************************

徳永えり 橋本 淳
芦那すみれ 野崎智子 師岡広明 三森麻美 山田佳

監督・脚本:穐山茉由

音楽:入江陽|劇中歌・主題歌:BOMI
配給:SPOTTED PRODUCTIONS|
製作:「月極オトコトモダチ」製作委員会|2018|日本|78 分|カラー|ヨーロピアン・ビスタ|STEREO
©2019「月極オトコトモダチ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アラサー女子の可愛さ満載の予告編 映画『月極オトコトモダチ』


映画情報どっとこむ ralph 数々の名作を世に送り出している映画祭「MOOSIC LAB」2018 年度の長編部門でグランプリほか4冠を獲得、東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に異例の選出も果たした映画『月極オトコトモダチ』が、6月8日(土)より 新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほか全国順次公開となります。

本作は現役OLでもある異色の映画監督・穐山茉由の長編デビュー作。

「恋のツキ」『疑惑とダンス』の徳永えりが主人公のアラサー編集者役を。

『At the terrace テラスにて』の橋本淳がレンタルフレンド役を熱演。

さらに『ジムノペディに乱れる』の芦那すみれがミュージシャン役と して加わり、男女の友情の揺らぎを見事に体現する。

主題歌を担当するのは「BOMI と入江陽」に、若干 20 歳の話題の新人アーティスト・ 長谷川白紙が編曲を手掛け、スタッフキャストともにフレッシュな才能が集結した。


この度完成した予告編では、徳永扮する主人公の那沙と橋本扮するレンタル 友達・柳瀬、そして芦那扮する那沙の同居人のミュージシャン・珠希の微妙な関 係が切り取られている。 レンタル友達という面白そうなネタを前に気合いが入る那沙は、正体を隠し月極 プランで柳瀬をレンタルし始める。

普通の友達のように仲を深めていく 2 人だが、あ る日那沙は上司から“男女の友情のボーダーライン”を探す実験を行うことを命じら れ、はたまた柳瀬は珠希と音楽という共通点を理由に繋がってしまう。いろいろな想 いが交差した 3 人の関係は一体どこへ向かうのか―? 仕事に恋に悩む、等身大のアラサー女子の可愛らしい魅力が詰まった本作。同 じくアラサー女子の本音を詰め込んだ漫画「凪のお暇」が、今若い女性に大人気の漫画家コナリミサトも本作に共感し「穐山監督と飲みながら お話してみたい」と絶賛。“男女の友情”という普遍的でありながら永遠の謎でもあるテーマについて、改めて考えてみたくなる映画となっている。


映画情報どっとこむ ralph 映画『月極オトコトモダチ』

6月8日(土)より、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、 イオンシネマ板橋ほかにて全国順次公開!

公式Twitter&公式instagram:
@tsukigimefriend

公式HP:
https://tsukigimefriend.com/


物語・・・
大人になると異性の友達ってなかなかできない。男女の間に友情は本当に存在しないの?WEB マガジン編集者の望月那沙(徳 永えり)は、あるきっかけで「男女関係にならないスイッチ」を持つと語る柳瀬草太(橋本淳)に出会う。実は、彼は依頼主に雇われた「レンタル友達」 だった。那沙は柳瀬を題材に、ある検証を試みようとする。一方、那沙のルームメイトの珠希(芦那すみれ)は音楽を通じて柳瀬と距離を縮めていく ―。仲良くなっても越えられない「契約関係」。夢と現実の間で悩む男女が織りなす不思議な「関係性」の物語。

***********************************

徳永えり 橋本 淳 | 芦那すみれ 野崎智子 師岡広明 三森麻美 山田佳奈
監督・脚本:穐山茉由
音楽:入江陽
劇中歌・主題歌:BOMI
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
製作:「月極オトコトモダチ」製作委員会
2018|日本|78 分|カラー|ヨーロピアン・ビスタ|STEREO
©2019「月極オトコトモダチ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

五億円稼いでボクは死ぬ。『五億円のじんせい』公開日決定&ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph さまざまな形でエンターテインメントを発信してきたGYAOとアミューズが今後の次世代を担う新たな才能の発掘を目指し、オリジナル映画の企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。約400本の応募の中から第一回グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』。本作が7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開することが決定。この度解禁されたポスターは、主人公・望来が躍動的に青空を駆ける姿と「五億円稼いで、ボクは死ぬ」というドキッとするような言葉が組み合わされている、本作を象徴するようなポスター。
映画情報どっとこむ ralph 主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。『ソロモンの偽証』やドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来は、家出の中で、ホームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長しながらも、汚れることのない魂をもち続ける。そんな望来を望月は、卓越した身体能力を武器に、みずみずしく伸びやかに体現している。

また望来が入院中の小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香を演じるのは、テレビドラマやCMを始め映画『ミスミソウ』での主演も記憶に新しい山田杏奈。物語のキーとなる全く異なる二役を印象的に演じ分ける。また、本プロジェクトのキャスト部門でグランプリを受賞した兵頭功海、審査員特別賞を受賞した小林ひかりも出演。その他共演者には、日本の映画界を支える個性派&実力派が集結した。望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美、旅に出た望来が出会うクセ者たちに、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦名すみれ、諏訪太朗らが扮している。

主題歌「みらい」を歌うのは、本プロジェクトのミュージシャン部門でグランプリを受賞した広島在住のラッパーZAO。グランプリ受賞曲「夜に溶けて」とは別に本作オリジナルの主題歌「みらい」を描き下ろしている。
 

映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開。
なお本作は3/15(金)より開催される第一回愛媛国際映画祭のコンペティション部門にて上映が決定している。

主人公は幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される、窮屈な青春を送っていた。

ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていた。

映画情報どっとこむ ralph 【NEW CINEMA PROJECT第二弾始動決定!】

7月企画募集開始予定!!
公式サイトにて第一弾の受賞作品の以下を公開!
・文晟豪(ムン・ソンホ)さん・蛭田直美さん応募の400字詰企画書
・ZAOさんによる「夜に溶けて」自主制作MV

NEW CINEMA PROJECT公式HPURL】


***********************************


監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)
山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり
水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介 プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元 協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥 録音:齋藤泰陽 美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人 スタイリスト:水野遼平 ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松本月 編集:脇本一美 制作担当:芳野峻大 音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 宣伝:ミラクルヴォイス 配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
2019年/日本/112分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知 トリプル主演!映画『ギャングース』追加キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)がトリプル主演し、2018年秋に全国公開となります映画『ギャングース』。

本作は「モーニング」(講談社)で連載された人気漫画の実写映画作品です。

《MIYAVI》、《金子ノブアキ》、《篠田麻里子》、《林遣都》、《山本舞香》、《伊東蒼》、《斉藤祥太》、《斉藤慶太》、《般若》、《勝矢》ら、超個性的なキャラクターたちが『ギャングース』に集結!
ヤクザ組織などに属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“六龍天”のトップに君臨する安達役を、世界的な活躍で知られるギタリスト《MIYAVI》が演じ、暴力的で不気味さに満ちた役柄さながらにただならぬ存在感を放っている。さらに、詐欺組織の番頭として安達の下で複数の店舗を統括する加藤役に、アーティストの枠を超え俳優としても数々の作品に出演している《金子ノブアキ》。劣悪な環境から拾ってくれた安達に従順ながらも、反抗心を併せ持つ複雑な役を見事に演じている。加藤の部下であり恋人でもあるアゲハ役には、入江監督作品『ビジランテ』での熱演も記憶に新しい《篠田麻里子》。また、サイケ《高杉真宙》たちが頼りにしている情報屋の高田役をクールに演じるのは《林遣都》。サイケたちの味方になるキャバクラ嬢ユキ役を《山本舞香》、住む家のない少女ヒカリ役に《伊東蒼》、詐欺組織の用心棒的存在である海老名兄弟役には《斉藤祥太》《斉藤慶太》、そして詐欺店舗店長の班目役に『ビジランテ』に続く入江監督作品の出演となる《般若》、安達への復讐に燃える川合役に《勝矢》が起用されている。

映画情報どっとこむ ralph サイケたちの窃盗団(高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が演じる)と半グレ組織の頂点である六龍天との激突は、原作漫画の中でもファンに大きなインパクトを残した。この映画化では一部キャラクターの設定が再構築され、さらに、映画オリジナルのキャラクターも多数登場。原作の緊張感はそのままに、サイケたちそれぞれの決意とその泥臭い生きざまを鮮烈に描き出している。

本作は、少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す”タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く。新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメント!

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでは常に上位人気をキープし続けた「モーニング」の人気作品。2017年新春に完結し、同年4月23日に最終巻である第16巻が発売され、冒頭に毎回付されている〈この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい〉という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介氏による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。

メガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の入江悠。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描く。

映画情報どっとこむ ralph
ギャングース

gangoose-movie.jp/

物語・・・

職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。

生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。

3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢 / 般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 / MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
Ⓒ肥谷圭介・鈴木大介/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ