「芦名星」タグアーカイブ

渋谷靖監督作品『pancakes』がタイトルを『good people』に変え緊急公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2014年に日本映画として初めて「HOLLYWOOD FILM FESTIVAL」にて上映され話題となった『pancakes』が、5年の月日を経て『good people』というタイトルに生まれ変わり12月7日(土)より新宿バルト9他にて満を持して緊急公開することが決定した。

本作は、シェフになる夢を諦め無力になっているビリー、自分に自信がないという恐怖心から夢を諦めたミキ。そして、理想の彼女を追い求める矛盾だらけの男・ケイレブという国も性別も違う3人が、現代の東京を舞台に、無力感に包まれながらももがき続ける若者たちのアンビバレントな感情を代弁した作品となっている。

主演は、園子温監督作品『HAZARD』のジェイ・ウェスト。共演に、ソフトバンクのCM「白戸家」シリーズでお馴染みのダンテ・カーヴァー。そして、ここではないどこか、今の自分ではない誰かに夢をみる女子・ミキ役に今宿麻美。不器用に生きることしかできない若者たちが東京で出会い、運命が交差し始める。
ジェイ・ウェスト『good people』 ダンテ・カーヴァー『good people』 今宿麻美『good people』
監督は、90年代にハリウッドで映像を学び、帰国後はミュージックビデオや、ファッション系の映像、ショートフィルムやCMなど数々の映像を手がけてきた渋谷靖による長編初監督作品。「上質でコンパクトな映画作り」というコンセプトに共感を抱いたベテランスタッフが集結した。キャスト陣には、ジェイ・ウェスト、ダンテ・カーヴァー、今宿麻美のほか、芦名星、玉山鉄二、岡田義徳、中村ゆりらが参加し、作品に彩りを添える。まだ大人にもなりきれない、でも子供じゃないそんなリアルな今の東京に生きる若者たちを、霞がかかったような世界観と、媚びないフェミニンな美的感覚で描き、夢見心地の世界観へ引き込んでいく。 

映画情報どっとこむ ralph 『good people』

12月7日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

ジェイ・ウェスト・今宿麻美・ダンテ・カーヴァー『good people』
<Story>
シェフになる夢を諦め無力になっているビリー。自分に自信がないという恐怖心から夢を諦めたミキ。理想の彼女を追い求める矛盾だらけの男・ケイレブ。在日外国人の存在が珍しくなくなった現代の東京。異文化が交錯するなか、彼らもまた若者が抱く東京の無力感に飲み込まれていた。


***********************************

【Credit】
出演:ジェイ・ウェスト、今宿麻美、芦名星、西田麻衣、中村ゆり、岡田義徳 / 玉山鉄二(友情出演) ダンテ・カーヴァー     
監督・脚本:渋谷靖
共同脚本:サイモン里 製作:若林恵 福島信二 ケビンイワシナ シェーンスミス
プロデューサー:中林千賀子 タカヤス 撮影:村上涼 照明:佐藤浩太 録音:白取貢 美術:五辻圭 
編集:逢坂芳郎 衣裳:よしだようへい ヘアメイク:内城千栄子 音響効果:大河内將 キャスティング:中林千賀子 音楽:上原ひろみ 助監督:岩坪梨絵 
制作担当:橋本竜太 
宣伝プロデューサー:渡辺尊俊
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
製作:「good people」製作委員会 
配給:NexTone /ティ・ジョイ
©2019 good people production All Right Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岩田剛典と杉咲花のウェディング姿到着!映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』


映画情報どっとこむ ralph この秋、最高のラブストーリーとして絶賛上映中の映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』 (「Kiss」連載中/講談社 )。公開週より、試練を乗り越えていく2人の強さに男女問わず全世代から共感を呼び、週末動員ランキング (10月6、7日)実写邦画No.1となった。

本作は、岩田剛典と杉咲花の2人が主演として挑むラブストーリー。事故で車イス生活を送ることになってしまったが、夢に向かって⼒強く生 きる・鮎川樹(あゆかわいつき)役を熱演する岩田。そして、初恋の先輩が車イスに乗っていた衝撃的な<再会>に⼾惑いながらも、ひたむきに 彼を想い、⼀緒に生きていこうとするOL・川奈つぐみ役に挑む杉咲。
この度、樹とつぐみの結婚式場面写真を公開!杉咲花の初となるウエディングドレス姿も披露しております!

今回、解禁されたのは、そんな様々な試練が降りかかる2人の最も幸せな瞬間が切り取られたウェディング姿の場面写真です!

バージンロード を歩くつぐみを笑顔で待つ樹の姿や、バージンロードを家族や知人からの祝福を受けて進む樹とつぐみの姿、愛を誓い合った瞬間の樹とつぐみの姿まで、まさに⼆人の幸せに満ち溢れた結婚式場面写真の解禁となっております!車のタキシードを身にまとった岩田剛典、純愛映画のヒロイン 役を初めて務め、初のウエディングドレス姿を披露した杉咲花の姿にぜひ!ご注目ください! 大切な人と出会い、⼆人でいくつもの壁を乗り越え、絆を深めた先で、幸せに満ち溢れた完璧な世界<パーフェクトワールド>にたどりつくことができるのか―この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリーが誕生。

映画情報どっとこむ ralph この秋、かけがえのない愛の物語に涙する――。

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
大ヒット公開中!


物語・・・
岩田剛典×杉咲花 W主演 ラスト、きっと愛する気持ちを信じたくなる感涙のラブストーリー。 インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあ い、車イスに乗る生活を送っていた。最初は⼾惑うつぐみだったが、建築⼠として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好 きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「⼀生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も⼼を開いていく。⼀緒にいる幸せをみつけ た2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの試練を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。
***********************************

岩田剛典 杉咲花 須賀健太 芦名星 マギー 大政絢 伊藤かずえ 小市慢太郎 / 財前直見

原作:有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次 脚本:⿅目けい⼦
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
配給:松⽵ LDH PICTURES
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

共演者が語るパーフェクト花ちゃん、岩ちゃんとは!『パーフェクトワールド 君といる奇跡』完成披露試写会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1!インテリアコーディネーターとして働くヒロインと、事故で車イス生活になっていた初恋の相手との純愛を描く原作「パーフェクトワールド」(有賀リエ/講談社「Kiss」連載中)の映画化作品『パーフェクトワールド 君といる奇跡』がついに完成!

この度は、本作の公開に先駆けまして、豪華キャスト登壇による、完成披露プレミアイベントが行われました。

イベントでは、先ず、パーフェクトカーペットセレモニーが行われ、
その模様はこちら⇒ http://eigajoho.com/123371 


その後の完成披露プレミア試写会では、W主演の岩田剛典さん、杉咲花さんをはじめ、須賀健太さん、芦名星さん、大政絢さん、柴山健次監督が登壇し、仲間愛溢れる“パーフェクトな撮影現場エピソード”を披露しました。

完成披露プレミアイベント
日時:9月4日(火)
会場:丸の内ピカデリー1
登壇:岩田剛典、杉咲花、須賀健太、芦名星、大政絢、柴山健次監督

映画情報どっとこむ ralph キャスト・監督が登壇すると、会場は大歓声に包まれた。
車イス生活を送る青年とその彼を一途に思うヒロインの純愛映画という本作について、

岩田さん:誰しもが共感できるような題材をテーマをしているし、人生の大切さを教えてもらえる作品。

杉咲さん:恋愛というのはそれぞれいろんな形があるので不安もありましたが、つぐみのような新しい役を演じることができて嬉しかったです。この映画を通して、今こそ大事、だからこそ好きな人には好きと伝え、今できることをしなくちゃと、大事な人のこと思い出すきかっけになったら嬉しいです。

と答えた。

岩田さんにとっては、2016年6月公開の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』のチームと2 年ぶり再結集ということで、

岩田さん:偶然かもですが、キャラクターの名前が同じ樹(イツキ)で、前回は女性に拾っていただいたのですが、今回は…猫を拾っています。

とコメントし会場には笑いが。

映画情報どっとこむ ralph 続いて本作がパーフェクトな世界にたどり着くために、様々な試練を乗り越えていくことにちなみ、今まで試練と感じたことについて、

岩田さん:車イスのバスケのシーンが想像以上に過酷で、腕、首の筋肉など、今まで使っていない筋肉を使うことが大変でした。

とリアルな役作りを追求してきたこその回答が。そして、

杉咲さん:劇中、つぐみが車を運転するシーンがありますが、実は免許をもっていなくて、何回もクラクションを鳴らしてしまって気を配りながら撮影をしていました。

と語り、会場は笑顔に。

また、昔からつぐみが好きで見守ってきた高校の同級生・是枝洋貴役を演じて、

須賀さん:髪色を原作と似せるために茶色を作り上げましたが、髪色を維持することが意外と大変で、頑張りました。

樹のヘルパー・長沢葵役の芦名星さんは

芦名さん:撮影中、ダイエットしていた須賀くんにどうしても甘いものを食べさせたい、という気持ちになって(笑)、でも食べてくれなかったので、試練を越えられなかったです。

とコメントし、それに対し

須賀さん:実は…岩田さんのクレープの差し入れは食べてました。最高に美味しくてパーフェクトでした!

と、仲間愛をアピールする姿も。


次に樹の元カノで、つぐみにとっても憧れの人・雪村美姫役の大政絢さんは

大政:劇中、過去のシーンで制服姿を披露していますが、花ちゃんと並ぶと恥ずかしくて、申し訳ない気持ちでした…笑。そう思いませんか?

と声をかけると、

岩田さん:僕もそうでした。人生初のブレザーを着て恥ずかしかったですが、過去のシーンは明るいテンションで撮影させていただきました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 撮影現場での共演者に対して感じたパーフェクトなエピソードについては、

岩田さん:とにかく、パーフェクト花ちゃんでしたね。父の日に撮影があったのですが、その日、花ちゃんのお父さん役の小市慢太郎さんにプレゼントをお渡ししていて、キャスト、スタッフの皆さんに対する気配りがすごかったです。

と語ったのは岩田さん。それに答えるようにして

杉咲さん:(照れながら)私もパーフェクト岩田さん、あります!

と声をあげ

杉咲さん:リアルな描写でご自身も大変な撮影が多い中、「ちゃんと寝てる?」と優しい言葉をかけてくださり、本日も朝から取材している中で「疲れてきていない?」と優しくきいてくれたりと、パーフェクト優しい方です。

と語った。

須賀さん:おふたりはパーフェクト仲良いなーと思います。お二人が話していると映画のワンシーンをみているような感じでした。

と語り、

芦名さん:私もパーフェクト花ちゃん、岩ちゃんあります!現場で、役柄的にふたりとは距離をおくように少し離れたところにいたのですが、わざわざ(私のところまで)来てくれて、パーフェクトなふたりだなと気づくことができました。

と話し、

大政さん:現場では、優しいおふたりの空気感が漂っており、このふたりと撮影できて嬉しかったです。

と、パーフェクトなふたりへのコメントが続々。それに

岩田さん:恥ずかしいですね…(照)。すべての現場の姿は、今も記憶に残っていて思い出ぶかく、ものすご温かい雰囲気の中、あっという間に終わってました。

と、パーフェクトなチームワークを披露した。

映画情報どっとこむ ralph 岩田剛典×杉咲花 W主演

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡

ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!


インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)

出演:岩田剛典、杉咲花
須賀健太 芦名星 マギー 大政絢
伊藤かずえ 小市慢太郎 / 財前直見

配給: 松竹 LDH PICTURES
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岩田剛典杉咲花W主演『パーフェクトワールド君といる奇跡』切ない本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1!有賀リエの大人気漫画『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社)が、『パーフェクトワールド君といる奇跡』というタイトルで映画化、10⽉5日(金)より全国公開する。


本作は、久しぶりに再会した初恋の人が、車イス生活を送っていた-という設定から始まる純愛ストーリー。

この度、「⼀緒にいられるだけで幸せ」、そんなふたりの美しい時間を切り取った新しい場面写真と、本作のために書き下ろしたE-girlsの主題歌「PerfectWorld」の楽曲にのせた切なすぎる最新予告映像が解禁。


今回解禁された予告映像では、再会した初恋の人である樹に、溢れる「好き」を伝えるつぐみの様子や、諦めていた恋に少しずつ心を開いていく樹の姿が収められている。付き合いたてのふたりが見せる、甘くて幸せすぎるデートシーンのキラキラと輝く笑顔や

「川奈、こっち見て」

と樹がつぐみの頬に手を添え見つめ合う真剣な顔、ふたりの様々な表情に、心が高鳴るようなエピソードを想起させる内容となっています。

⼀方でふたりを隔てる、周囲からの反対や様々な試練を予感させる切ないシーンも。

「川奈にしてあげられることがあまりにも少なくてつらい。」

という樹の葛藤の涙、病院に駆けつけるつぐみの姿が…!果たして⼆人は壁を乗り越えて幸せをつかむことができるのか?思わず胸が熱くなる1分間の予告映像に期待が高まる!

そして、今回の本予告で、E-girls書き下ろしの主題歌「PerfectWorld」が初披露される。樹とつぐみのまっすぐな想いと、葛藤と向き合うそれぞれの心情がそのまま表現されたような楽曲が、本作の世界観をさらに盛り上げます。

映画情報どっとこむ ralph さらに!SNSなどでキャスト予想され注目が集まっていた気になる追加キャストも解禁!

つぐみに想いを寄せる高校時代の同級生・是枝洋貴役には、すっかり”大人の男”になった須賀健太。

看護師として樹のリハビリを支え、今は生活まで支えているヘルパー・長沢葵役には、芦名星。

そして、樹と高校時代より付き合っていたが、事故をきっかけに別れてしまった雪村美姫役には、大政絢。

大切な人と出会い、2人でいくつもの壁を乗り越え、絆を深めた先で、幸せに満ち溢れた完璧な世界にたどりつくことができるのか―この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリーが誕生。

映画情報どっとこむ ralph パーフェクトワールド君といる奇跡

10月5日(金) 全国ロードショー

原作は、初恋の人との再会によって、再び溢れてくる「好き」の気持ち、好きだけでは越え難い壁に直面しながらも、恋する気持ちをストレートに伝え、前に進もうとする主人公たちの姿に心を打たれる感動作として、今、20代女性を中心に支持を集めている。主人公・川奈つぐみと、つぐみの高校の先輩であり、初恋の相手でもある鮎川樹(あゆかわいつき)の偶然の再会からはじまる本作。

爽やかな高校時代の思い出とともに、当時伝えられなかった想いがよみがえるつぐみが目の当たりにしたのは、車イス生活により様々な壁が立ちはだかるも、夢を諦めずに立ち向かう樹の姿。相手を想うあまり「⼀生ひとりで生きていくって決めたんだ。」と頑なな樹を、数々のドラマや映画に立て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩田剛典が演じ、そんな樹をひたむきに想い続けるヒロインのつぐみを映画初主演となり、その存在感と演技⼒で注目を浴びている杉咲花が熱演する。


物語・・・

ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!

インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
出演:岩田剛典、杉咲花
須賀健太  芦名星  マギー  大政絢
伊藤かずえ  小市慢太郎  / 財前直見

配給: 松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ     

©2018「パーフェクトワルド」製作委員会

  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐ら登壇『不能犯』初日舞台挨拶 心理テストに崩れ落ちたのは・・・


映画情報どっとこむ ralph 本日、2月1日(木)より全国公開となりました映画『不能犯』。

その初日舞台挨拶イベントが行われ、松坂桃李さん、沢尻エリカさん、新田真剣祐さん、間宮祥太朗さん、真野恵里菜さん、芦名星さん、そして、白石晃士監督が登場!公開初日を迎えての思いをそれぞれに披露し、また、主人公宇相吹(松坂さん)を取り巻く人間の欲望がむき出しになるストーリーに絡め、心理テストを実施!登壇者全員の深層心理がむき出しになり、会場は大いに盛り上がりました!


日時:2月1日(木)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐、間宮祥太朗、真野恵里菜、芦名星、白石晃士監督

映画情報どっとこむ ralph 松坂さん、沢尻さんらキャスト陣と監督が観客席を通って登場!

松坂さん:もうすぐ雪が降ろうとしている中、お越しいただきありがとうございます!本格的に降る前に帰りましょう!最後まで楽しんでいってください!

沢尻さん:本日はお越しいただきありがとうございます!撮影も楽しく、自分にとって、とても思い出に残る作品でした。こうやって初日を迎えられて本当に嬉しいです!

新田さん:ずっと走っている男でした!本日はよろしくお願いします!

間宮さん:初日にお越しいただきありがとうございます!映画の公式ツイッターで、“不能犯を観ないと愚かだ“といっているのを何度も見かけたのですが、このようにお越しいただいたみなさんは、愚かじゃないということですね!本日はよろしくお願いします。

真野さん:複雑なキャラクターではありましたが、非常にやりがいのある役柄を演じさせていただきました。こうやって初日を迎えられたことを嬉しく思っています。本日は楽しんでいってください!

芦名さん:ご覧いただいた皆さんの心には色んな感想が浮かばれていると思います。後半にかけて衝撃の展開が繰り広げられるわけですが、その結末は明かさずにどうか広めていってくださると嬉しいです。本日はありがとうございました。

白石監督:宣伝コンセプトは違いますが、僕としてはこの映画は、”一緒に仲良く親子で観れる人殺し映画“だと思っています!今日沢山お越しいただいているような若い子方も楽しんでくださる人殺し映画だと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

とそれぞれ挨拶してイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 公開を迎えたことに
松坂さん:宣伝部に感謝しています。本当に撮影が終わってからの方が長かった気がしていて…。最近は芝居1割、バラエティ9割といった感じでした(笑)しかし、芸人さんともコミュニケーションをたくさん取れて非常に良い経験になりました。それに何より宣伝部の方には本当にお疲れ様でしたといいたいですし、感謝の気持ちでいっぱいです。あとは、みなさんに委ねるのみです。こうやって今日初日を迎えられて本当に嬉しく思っています!

白石監督:今日は木曜ではあるのですが、先ほど聞いた話によるとお客さんが結構来てくれているようで!すごく嬉しく思っています!

と胸中を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 続けて、人間の心の奥にある闇を暴く、スリラー・エンターテインメント作品。
DaiGoさん監修の心理テストを実施!

<好きな食べ物を教えてください。>との問い。
実はこの質問は、好物の苦味が強いほど、腹黒度数が高いと言うもの。

白石監督は「たこ焼き」 インスブルック大学の研究結果なのでたこ焼きはどうなのか・・・
芦名さんは「ステーキ」
真野さんは「もずく酢」、観客の反響に不安になる真野さん。
間宮さんは「鮨」
新田さんは「魚」
沢尻さんは「チーズ(ブルーチーズ系)」
松坂さんは「マグロの赤身」
とそれぞれに回答。

「サイコパス、ナルシシズム、サディズムの傾向!」腹黒度数が高いという答えを見ると、
その場でへたり込んでしまった真野さん。

そんなことはないですよね。と言うMCのフォロ―に、

真野さん:どうなんでしょうね・・・

と不敵な笑顔も。キャストたちのバラエティ豊かな回答に会場は大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

松坂さん:今日はありがとうございました。そして、改めて宣伝部の方々、本当にありがとうございました。こうやって初日を迎え、作品をお見せできることが何よりの喜びです。今日を皮切りに(作品が)育っていってほしいと思っているので、より多くの方に広めていただきたいです。足を滑らさないように帰ってください!

と挨拶。大盛り上がりの中、イベントは終了しました。

映画『不能犯

2月1日(木)、全国ロードショー
funohan.jp


***********************************

【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒いスーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明する―。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していく―。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とは―?

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会   
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松坂桃李、立証不可能な登場で舞台挨拶!映画『不能犯』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李、立証不可能な登場で舞台挨拶!?
完成披露試写会に豪華スタッフ・キャストが集結!
スリラー・エンターテインメント 映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。
日時:12月21日(木)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督

映画情報どっとこむ ralph スモーク噴射!バックライトが照らされ、沢尻、新田、間宮、芦名、矢田、白石監督がステージ上に登場!

会場は大きな歓声に包まれるも・・・・、
肝心の主役である松坂の姿が見えません。


すると、突如大きな箱を抱えた人間が登場。その箱の上に更に箱をランダムに重ねていき、箱についている全ての扉を開けるも、その中身は空っぽ。しかし、箱の中身が空っぽであることを証明してみせた瞬間、いるはずのない松坂がその箱の中から登場!

その【立証不可能】な登場方法に、会場からは拍手と共に割れるような歓声が上がりました。今回の【立証不可能】な演出について感想を尋ねられると、


松坂さん:これは素人がやるものじゃない!!

と苦笑しつつも、

松坂さん:でもこの作品をやっていなければ、経験できないことだったので嬉しかったです

」と満足気にコメント。


映画情報どっとこむ ralph 続けて、観客への挨拶とこの日を迎えたことへの感想を尋ねられると、絶対に立証出来ない方法でターゲットを死に導く男、宇相吹正を演じた

松坂さんですが

松坂さん:去年10月に撮影し、ゆっくりと温めてきたものをお披露目する日が来て、とても嬉しく思っています。

しかしそのような態度をとっていたのは役作りの為だったようで

松坂さん:役柄からみなさんと仲良くするのは控えようと思ったんです。

と明かした松坂さん。一方、矢田さんは和気藹々と過ごしたそうで、

矢田さん:ビジュアルは本当に漫画そのもの!役にはいると豹変して、切り替えのスイッチに圧倒されました。監督も「松坂は豹変する!気づくとフラフラ歩いていて神出鬼没でした(笑)

と振り返り、

矢田さん:でも、彼のパーソナルな部分も加わっての今回の役柄になっていたので、とても深みが出て魅力的なキャラクターに仕上がったと思います」と自信を覗かせました。

また、新田さんには宇相吹が実際に目の前に現れたらどうするかという質問が投げかけられると・・・・、

僕はかからない。僕は勝てる。

矢田さん:ときっぱり発言する姿に会場から笑いが起こる場面も見られました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、宇相吹の決めゼリフ、「愚かだね、人間はー」にちなみ、自身の過去を振り返り、
”これは愚かな行為だったな”と反省もしくは後悔していることなどを告白!


白石監督:子供の頃にうんこを我慢して便秘になったんです(笑)そんな愚か者な自分に過去に戻ってそんなことはやめろといってやりたい!

矢田さん:甘いものが大好きで、食べた次の日は絶対食べないと決めているのに、自分に甘いんです…そんな自分がとても愚か者だなって思います…

芦名さん:私は、缶の飲み物をよく飲むのですが、必ず飲む前に振るんですね。でもずっと持っていると口を開けていたことを忘れてそのまま振ってしまうことがあるんです…私服のときはまだいいとしても衣装のときだと本当にご迷惑をおかけしてしまうので愚か者だと感じます…

間宮さん:多肉植物を頂き物でいただいたんです。でも、愚かにもポットに種を植えて育つ野菜も同時に育てる為に、部屋を湿度まみれにしていたら、多肉植物が案の定ダメになってしまって…お陰様で野菜の方は発芽しました(苦笑)

新田さん:つい先日、ホットミルクをつくる為に、マグカップにミルクを入れてレンジでチンしていたんですけど、その間、母親とTV電話をしていたら、愚かにも温めすぎてしまって触ったらめちゃくちゃ熱いんですよ…ちょっと水ぶくれになりました…。


沢尻さん:本当は話したくないんだけど…素敵なガレージのある気に入ったお家を見つけて、3年前に引っ越しをしたんです。契約のタイミングに合わせて新車も購入していたんですけど、入居当日、いざその新車をガレージに入れようとしたらサイズが合わなくて入らないことが判明したんです…!結局近くに新しく駐車場を借りたんですけど、あのときの自分は本当に愚か者でした…

松坂さん:都内にある交差点でスケボーを乗り回している若者がいたんですけど、心の中で転べ~転べ~と思っていたら本当に滑って転んだんです!大丈夫かなと思う前に「ほら、転んだ!」みたいなそんな感情を抱くなんて愚かというか、邪悪ですね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

白石監督:これだけ大人気の役者さんたちと仕事ができて、本当に嬉しいです。それぞれどんな活躍を見せているか、しかと見届けてください!

沢尻さん:素敵な作品に仕上がっているので是非楽しんでください!

松坂さん:クリスマスも近いということで、恋愛映画でほっこりするのもいいかもしれませんが、ゾッとするのもいいなともきっと思うはずです!ご覧いただいた後はみなさんそれぞれに色々な感想を持つかと思いますが、面白かったり恐かったりしたら、みなさんの言葉でその感想を周りのひとに伝えていただけると嬉しいです。

とこれから鑑賞する観客に向けて、メッセージを寄せました。​


公式サイト:
http://funohan.jp/
公式twitter:
FunohanMovie

あらすじ
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。
彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――
宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。
彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『不能犯』 新田真剣佑 間宮祥太朗 真野恵里菜 安田顕 らキャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 主演・松坂桃李、ヒロイン・沢尻エリカで、集英社「グランドジャンプ」に連載中の大人気マンガを実写映画化する『不能犯』に、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍 の豪華キャストの出演が決定しました。


監督は、『ある優しき殺人者の記録』、『貞子VS伽椰子』の白石晃士。

不能犯とは──〈思い込み〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。突如、現代の日本に出現した〈不能犯〉のプロフェッショナル・うそぶき宇相吹ただし正(松坂桃李)。その驚異の手口と壮大な目的、そして唯一彼にコントロールされない刑事・多田友子(沢尻エリカ)との対決を描く、日本初の【立証不可能犯罪】体感スリラー・エンターテインメントが誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 新人刑事・百々瀬麻雄役に、人気若手俳優の中から一歩飛び出た存在の新田真剣佑

大ヒット青春映画『ちはやふる 上の句/下の句』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、『ピーチガール』などの話題作に出演、瞬く間に人気を獲得する。今後もビッグプロジェクト『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』を経て、ハリウッド超大作『パシフィックリム』の続編に挑む。本作では、正義感溢れる生真面目な刑事なのに、沢尻エリカ扮する上司になかなか名前で呼んでもらえない新人を演じる。


更生した元不良少年・川端タケル役に、カメレオン俳優の間宮祥太朗

『高台家の人々』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、『帝一の國』など人気コミックの実写映画化で、各々個性の強いキャラクターに成りきり、その存在感と振り切った演技で高く評価されている。今後も『お前はまだグンマを知らない』、『トリガール!』、初主演作『全員死刑』などの意欲作に出演。本作では、少年院上がりで、沢尻エリカ扮する多田刑事のサポートを受けて更生し、今では多田に紹介された店で料理人として働くイケメンを演じる。


宇相吹に仕事を依頼する木村優役に、「とと姉ちゃん」「逃げ恥」で大ブレイクした真野恵里菜

アイドルからキャリアをスタートし、「みんな!エスパーだよ!」、『新宿スワン』、『ラブ&ピース』、『リアル鬼ごっこ』などの
園子温監督作品で女優としても高く評価され、朝ドラ「とと姉ちゃん」、「逃げるは恥だが役に立つ」で、日本中にその名を知られる。本作では、宇相吹にある切ない理由から殺人を依頼する女を演じる。


ジュエリーデザイナー・夢原理沙役に、映画、TV、声優と幅広く活躍する芦名星

ファッション誌のモデルとしてデビューし、日本・カナダ・イタリアの合作『シルク』でヒロインに抜擢され、女優として本格的に活動、「八重の桜」「スペシャリスト」などに出演し、様々な役柄で魅了してきた。本作では、両親が離婚したために、妹の木村優と離れ離れで育った人気ジュエリーデザイナーを演じる。


多田の先輩刑事・やめ夜目美冬役に、演技派女優として数々の作品を支える矢田亜希子

『クロスファイア』や「マイリトルシェフ」、「白い巨塔」などで圧倒的な人気を獲得し、近年では、「スペシャリスト」、「視覚探偵 日暮旅人」、「緊急取調室」などのTVドラマで、味わい深い演技を見せている。本作では、過去のある出来事が原因で、宇相吹に飲み込まれていく女性刑事を演じる。


鑑識官・かつむら河津村宏役に、今や個性派俳優を代表する存在となった安田顕
『龍三と七人の子分たち』、『新宿スワン』、『映画 ビリギャル』、「下町ロケット」、『追憶』、『銀魂』、「小さな巨人」など数々の話題作に出演、一度観たら忘れられないアクの強い演技で、日本のエンターテインメントに欠かせない個性派俳優となる。本作でも、ワケありの鑑識官を演じる。

映画情報どっとこむ ralph テット・ワダ:
スクリーンにスリルと緊迫感を与える実力派俳優が集結!
多田の上司・赤井芳樹に、ニューヨークでモデル・俳優として活躍し、日本人で初めてフランス版「VOGUE」の誌面を飾った。


菅谷哲也:
多田の同僚刑事・若松亮平に、「テラスハウス」で人気を獲得、NHK朝のテレビ小説「まれ」、「99.9-刑事専門弁護士-SEASON1」、三池崇史監修、山口義高監督作品「テラフォーマーズ/新たなる希望」などでキャリアを積む。

岡崎紗絵:
河津村の後輩鑑識官・前川夏海に、「Ray」の専属モデルを務め、『ReLIFE』や「人は見た目が100パーセント」などの話題作で女優としても注目される。

忍成修吾:
妻のために宇相吹に仕事を依頼する羽根田健に、岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』で鮮烈な印象を残し、瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』や廣木隆一監督『軽蔑』等でも注目を集めた。

水上剣星:
宇相吹のターゲットとなる悪徳金融マンの木島功に、『BECK』、『デスノート Light up the NEW world』、『ピーチガール』など、ヒット作を支えてきた。

水上京香:
羽根田健の妻・桃香に、「仰げば尊し」や「スーパーサラリーマン左江内氏」で人気を獲得し、三谷幸喜演出の舞台「エノケソ一代記」で存在感を発揮した。

今野浩喜:
川端タケルが務める店の先輩料理人・櫻井俊雄に、お笑い芸人としてキャリアをスタートし、今では圧倒的な存在感から個性派俳優の地位を確立した。

堀田茜:
夢原理沙に彼女の婚約者の医師との関係を疑われる看護師・西冴子に、「Can Cam」の専属モデルを務め、ファッションリーダーとして10~20代の女性たちから支持されている。

小林稔侍:
羽根田夫婦が住む街の町内会会長・とり鳥もり森広志に、日本が誇る名バイプレイヤーで、『たそがれ清兵衛』『武士の一分』など山田洋次監督作品に欠かせない存在である。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故──そう、宇相吹の犯行は、すべて【不能犯】だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る。

多田(沢尻エリカ)や百々瀬(新田真剣佑)ら刑事たちの捜査が進み、ようやく宇相吹の身柄を確保して任意で取り調べを始めるが、宇相吹は夜目(矢田亜希子)らベテラン捜査官たちさえも手玉に取る。

そんな中、多田だけが唯一、宇相吹にコントロールされないことが判明する──。 

公式HP:
funohan.jp

***********************************

出演:
松坂桃李 沢尻エリカ

新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 

今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍 

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士 
脚本:山岡潤平、白石晃士
制作プロダクション:ファインエンターテイメント 
配給:ショウゲート 
©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ