「芋生悠」タグアーカイブ

『左様なら』石橋夕帆監督が活弁シネマ倶楽部で自作を語った!! 今の時代に感じた違和感と教室のリアル


映画情報どっとこむ ralph 本日9月6日(金)“映画を語る”WEB番組「活弁シネマ倶楽部」に石橋夕帆(いしばし・ゆうほ)監督が登場し、MOOSIC LAB 2018にて注目を集め、本日より公開となる映画『左様なら』について語り、製作経緯から、作品中に散りばめられた細やかなこだわりについて自ら明かした。
左様なら 『左様なら』は、突然の死を迎えた綾の親友だった由紀を中心に、中学生の人間関係が繊細に描かれた青春群像劇。SNSなどを中心に若者から圧倒的な支持を得るイラストレーター・ごめんの作品を原作にして、石橋監督が初の長編映画に挑戦した。注目の若手女優たちを結集させ、海辺の町と少女たちを瑞々しく、美しく描かれた新進気鋭の1作である。
『左様なら』石橋夕帆監督_活弁シネマ倶楽部 番組内で製作経緯について語った石橋監督は、当初は原作に忠実な“短編映画”を目指していたが、「原作で由紀と綾がいて、綾が死んでからの時間が、作品自体がコンパクトなこともあって、わりと数ページではあるんですよね。でもこの時間を膨らませてみようかなと思って。綾が死んでからの時間って、どういう空気感の世界だったんだろうと思って。そこを膨らませたのが映画版。」と短編映画から長編映画への脚色について語った。原作では数ページで描かれているシーンにフォーカスを当て、群像性を加えたと脚色には、人の心の機微を細かく映し出す石橋監督ならではの感性が表れている。
左様なら また、少女の死を迎えた学級という特異な状況を描く上で「その時の空気を描こうと思ったら教室丸ごとだなと。私なりに思って。」「限りなくセリフを発しないんですけど、地味にその…スクールカースト上位のグルーブの子たちが『わあー』と盛り上がっている時に、盛り上がってのけぞった時に椅子にぶつかられてる。」と語った。フォーカスが当たらないキャラクターの言動や反応にまでこだわり、スクールカーストの上から下まで教室全体を細かく映し出すことで、”教室のリアル”を描き出している。
『左様なら』石橋夕帆監督_活弁シネマ倶楽部 番組後半では、石橋監督が映画に込めた想いも語っている。「自分が生で接していないような方が無くなった時に、SNS上で、『○○さん亡くなっちゃった。悲しい』とか、そういうのが飛び交うのって当たり前になっていると思うんです。最初に感じた違和感が、そこだったんです。それが悪いという意味ではなく、日常にないはずの出来事に関して、他人の死に対して、こんなに100%な感じで悲しんでいるはずなのに、3分したら、“今このカフェに来てます”とかつぶやけちゃう。今の世の中ってこういう雰囲気なんだ。と思って、何かそれって、SNSの中だけじゃないのかもなと。実際の…例えば『左様なら』で描こうとした学生時代とか、教室の中でも、生の人間の付き合いでさえ、そういうことが起きているんだろうなと私なりに感じて。何かその感覚を落とし込めたら良いなと思って、映画を撮っていました。」と、率直なメッセージを吐露している。

本日公開の『左様なら』を観る方には、活弁シネマ倶楽部でのトークも見逃せない内容となっている。

映画情報どっとこむ ralph ■活弁シネマ倶楽部■



活弁シネマ倶楽部」公式ツイッター:
@katsuben_cinema


映画情報どっとこむ ralph 石橋夕帆監督 Profile
2015年、監督作品『ぼくらのさいご』が田辺・弁慶映画祭コンペティション部門に選出され映画.com賞を受賞、横濱HAPPY MUS!C 映画祭で音楽映像部門最優秀賞を受賞。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、福岡インディペンデント映画祭など国内複数の映画祭に入選・上映される。2016年、テアトル新宿&シネ・リーブル梅田で開催された田辺・弁慶映画祭セレクション2016で監督作品の特集上映を行う。2017年、監督作品『水面は遥か遠く』がショートショートフィルムフェスティバル&アジアミュージック・ショート部門奨励賞を受賞。 

映画情報どっとこむ ralph 『左様なら』
https://www.sayounara-film.com/

あらすじ
高校生の由紀は平穏な日々を過ごしていた。ある日、中学からの同級生の綾が由紀に引越すと告げた翌日に突然亡くなる。綾の死をきっかけに、クラスメイト達の人間関係にも思わぬ波紋が広がり、由紀は周囲から距離を置かれるようになるが…。
芋生悠・祷キララW主演『左様なら』
***********************************


原作
ごめん(「左様なら」)

監督・脚本:石橋夕帆

出演者
芋生悠 祷キララ 平井亜門 こだまたいち 日高七海 夏目志乃 白戸達也
石川瑠華 大原海輝 加藤才紀子 武内おと 森タクト 近藤笑菜 安倍乙 栗林藍希
田辺歩 武田一馬 田中爽一郎 本田拓海 高橋あゆみ 日向夏 塩田倭聖 タカハシシンノスケ
籾木芳仁 小沢まゆ 石本径代 竹下かおり 黒住尚生 中川慶二 松本明人(真空ホロウ)
綾乃彩 鈴木達也 田中一平 斉藤天鼓 山崎カズユキ 佐藤一輝 藤澤佑貴 佐川尚央 岸悠華 日下部一郎 永野翔

監督・脚本
石橋夕帆




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

芋生悠・祷キララW主演、次世代の青春群像劇『左様なら』アップリンク吉祥寺で写真展開催中!


映画情報どっとこむ ralph 芋生悠・祷キララ主演「左様なら」がいよいよ9月6日(金)より公開される。

左様なら 9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国公開の「左様なら」は、田辺・弁慶映画祭他多数の映画祭に入選してきた石橋夕帆監督がWEB上でカリスマ的な人気を誇るイラストレーター・ごめんの短編漫画を、芋生悠と祷キララのW主演の他、平井亜門、こだまたいち、日高七海、夏目志乃、 白戸達也、石川瑠華、大原海輝、安部乙、栗林藍希ら豪華俳優たちが出演し、海辺の町を舞台にその繊細なタッチと儚く美しい映像で描き、昨年MOOSIC LAB 2018で初公開された後も、大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門に選出されるなど、公開前から話題を集めてきた。

クラスメイトが死んでも、いじめられてもなお、当たり前のように続いていく「日常」を、リアルに映し出した次世代の青春ムービー。

公開に先駆けアップリンク吉祥寺にて、原作者・ごめんの描き下ろしイラストや、人気フォトグラファー柴崎まどかによる現場スチールを展示中。
左様なら_吉祥寺 左様なら_吉祥寺 左様なら_吉祥寺 左様なら_吉祥寺
映画情報どっとこむ ralph そして公開直前となる、9月3日(火)には、新宿ロフト・プラスワンにて、石橋監督と芋生悠・祷キララなど出演者による、コメンタリー上映が決定!

(ドッツ東京)の楽曲が聞けるMOOSIC LABバージョンは今回が最後かも?

映画『左様なら』公開記念イベント
OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥2000 / 当日¥2500(共に飲食代別)
ゲスト:芋生悠/祷キララ/大原海輝/武内おと/安倍乙/田中爽一郎/高橋あゆみ/タカハシシンノスケ 他予定

<イベント内容>
①石橋監督×出演者(芋生悠・祷キララ他)による『左様なら』(MOOSIC LAB版)コメンタリー上映
②石橋夕帆(監督)×ごめん(原作)×柴崎まどか(スチール)によるトークショー
③左様ならプレゼント抽選会(メインキャスト24名サイン入りポスター/非売品・単体ビジュアルカード&イラストカード など)

映画情報どっとこむ ralph 『左様なら』
原作:ごめん

9月6日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!

芋生悠・祷キララW主演『左様なら』
STORY……
高校生の由紀(芋生悠)は平穏な日々を過ごしていた。ある日、中学からの同級生の綾(祷キララ)が、由紀に引越すと告げた翌日に、突然亡くなる。綾の死をきっかけにクラスメイト達の人間関係にも思わぬ波紋が広がり、由紀は周囲から距離を置かれるようになるが…。海辺の町を舞台に描かれる、次世代の青春群像劇。

***********************************

生悠/祷キララ/平井亜門/こだまたいち/日高七海/夏目志乃/白戸達也/石川瑠華/大原海輝
加藤才紀子/武内おと/森タクト/近藤笑菜/安倍乙/栗林藍希/田辺歩/武田一馬/田中爽一郎
本田拓海/高橋あゆみ/日向夏/塩田倭聖/タカハシシンノスケ/籾木芳仁/小沢まゆ 他

監督・脚本:石橋夕帆

企画協力:直井卓俊
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
宣伝協力:MAP
2018 日本 カラー 5.1ch 86min
©2018映画「左様なら」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

芋生悠・祷キララW主演、次世代の青春群像劇『左様なら』予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国公開の「左様なら」は、田辺・弁慶映画祭他多数の映画祭に入選してきた石橋夕帆監督がWEB上でカリスマ的な人気を誇るイラストレーター・ごめんの短編漫画を、海辺の町を舞台にその繊細なタッチと儚く美しい映像で描き、昨年MOOSIC LAB 2018で初公開され、大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門選出されるなど、公開前から話題を集めてきた。クラスメイトが死んでも、いじめられてもなお、当たり前のように続いていく「日常」を、リアルに映し出した次世代の青春ムービー。

主演は外山文治監督の『ソワレ』主演が発表され注目が集まる若手女優・ 芋生悠と、ヨーロッパ企画第39回公演『ギョエー! 旧校舎の77不思議』に出演中の祷キララ。
他に平井亜門、こだまたいち、日高七海、夏目志乃、 白戸達也、石川瑠華、大原海輝、安部乙、栗林藍希らが出演。

今回到着した予告編には、海辺で由紀(芋生悠)と綾(祷キララ)が二人きりの謎めいたシーンから始まり、綾の死からクラスに波紋が広がり徐々に日常に戻る中、由紀が周囲から離れていく様子が、美しい映像で描かれている。


また今回、人気フォトグラファー柴崎まどかがスチルで参加。
芋生と祷のそれぞれの写真で作られたペアチケットも劇場限定で販売が決定(2枚セットで2400円)した。

また、一般券(1400円)には、原作「ごめん」の描き下ろしオリジナルイラストのステッカーが、
ペアチケットにはオリジナルポストカードも特典としてプレゼントされる。
左様ならポストカード それぞれアップリンク吉祥寺と、メイジャーのWEBサイトにて限定発売となる。

映画情報どっとこむ ralph 「左様なら」

9月6日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!

公式 HP:
https://www.sayounara-film.com


STORY
高校生の由紀(芋生悠)は平穏な日々を過ごしていた。ある日、中学からの同級生の綾(祷キララ)が、由紀に引越すと告げた翌日に、突然亡くなる。綾の死をきっかけにクラスメイト達の人間関係にも思わぬ波紋が広がり、由紀は周囲から距離を置かれるようになるが…。海辺の町を舞台に描かれる、次世代の青春群像劇。
左様なら
***********************************

芋生悠/祷キララ/平井亜門/こだまたいち/日高七海/夏目志乃/白戸達也/石川瑠華/大原海輝
加藤才紀子/武内おと/森タクト/近藤笑菜/安倍乙/栗林藍希/田辺歩/武田一馬/田中爽一郎
本田拓海/高橋あゆみ/日向夏/塩田倭聖/タカハシシンノスケ/籾木芳仁/小沢まゆ 他

監督・脚本:石橋夕帆
原作:ごめん
企画協力:直井卓俊
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
宣伝協力:MAP
2018 | 日本|カラー|5.1ch|86min
©2018映画「左様なら」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

外山文治脚本・監督! 村上虹郎×芋生悠 W主演映画『ソワレ』制作決定


映画情報どっとこむ ralph 豊原功補、小泉今日子らによる「新世界合同会社」初プロデュース作品

和歌山を舞台に若い男女の切ない逃避行を描くオリジナル作品制作決定!

昨年の9月に俳優、豊原功補、小泉今日子、外山文治監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」第1回目のプロデュース作品『ソワレ』がいよいよ始動!

役者を目指し上京した若者、岩松翔太。
生まれ育った海辺の街の高齢者施設で演劇を教えることになり、そこで働く山下タカラと、ある事件をきっかけに先の見えない逃避行を始める。


というストーリーが和歌山を舞台に展開されます。

外山文治監督は、短編『此の岸のこと』(10)が「モナコ国際映画祭2011」で最優秀作品賞など5冠を達成し、長編デビューとなった『燦燦―さんさん―』(13)で「モントリオール世界映画祭2014」から正式招待を受けるなど国内外から注目を集める。

『ソワレ』では外山監督が和歌山市出身のプロデューサー前田和紀の依頼で幾度となく和歌山を訪れ、オリジナル台本を執筆。
当地の名所・道成寺にまつわる「安珍清姫伝説」なども取り込み、夏の御坊市、日高エリアそして和歌山市を横断するロケを敢行予定。

ソワレ 主人公の翔太には世代随一の実力派俳優・村上虹郎(22) が外山監督とは二度目のタッグを組む。
ヒロインのタカラにはインディーズ映画で最注目の新星・芋生悠(21)(いもうはるか)。
100人以上のオーディションから大抜擢。

地元住民らでつくる「御坊日高映画プロジェクト実行委員」らのサポートで2019年7月5日にクランクイン、7月末にアップ、そして、秋の完成を目指します!

タイトルの“ソワレsoiree”とはフランス語で「陽が暮れた後の時間」「夜会」または劇場用語で「夜公演」を指します。
本作に関してプロデューサーの豊原は「誰もが心の奥底に秘める癒えることのない傷や大切な想いを“一夜かぎりのソワレ(夜会)に閉じ込め、次のまた新しい朝を迎え歩き出す」
というメッセージを込め本作への意気込みを語っています。

本作は和歌山が全面バックアップ!
地方創生の一環として、和歌山出身でもあるプロデューサー前田和紀の呼びかけのもと、和歌山県御坊市において「御坊日高映画プロジェクト実行委員会」を立ち上げたことに始まりました。多くのご協賛とともに、地元の皆様で盛り上げていただいています。和歌山市においても、このプロジェクトのさらなるバックアップに貢献いただいています。自治体においては「わかやまフィルムコミッション」より、地元への呼びかけ、およびロケーションへのご協力を賜ります。
官民皆様の多大なるご協力のもと制作が実現しました。

映画情報どっとこむ ralph <プロデューサー、村上虹郎、芋生悠、外山監督よりコメントも到着!>

★豊原功補:プロデューサー
外山監督の人の営みに対する深い観察眼を感じさせる「此の岸のこと」に強い感動を覚え、
その時からすでに何かに導かれるように新世界の立ち上げ、プロデュースへと至った気がします。
唸るような繊細さと躍動を併せ持つ村上虹郎、儚げでありつつも芯のある瞳の奥へと惹きつける芋生悠、
この二人の疾走する生命の瞬間を捉えさせたらどうなるのかと、とても胸がざわつく思いです。

★小泉今日子:アソシエイトプロデューサー
『此の岸のこと』に感銘を受け、僭越ながら外山文治監督の存在を世に知らしめたいと思った。
その思いが長年の夢だった映像作品のプロデュースという挑戦へと背中を押してくれました。
縁も所縁もない和歌山県と我々を引き合わせてくれたもう1人のプロデューサー前田和紀さんと共に全力でこの夏を駆け抜けたいと思っています。

★主人公・岩松翔太役:村上虹郎/むらかみ・にじろう
皆さまお元気ですか村上です。
待望の外山監督長編作です。きっと僕等が体感したことのない色やリズムによって
未知なる感情とその旋律に出逢えることと予言致します。乞うご期待。

★主人公・タカラ役:芋生悠/いもう・はるか
『ソワレ』の主演をやるということは自分の人生においても大きな出来事になると感じています。
W主演の村上虹郎さんは、目の前にするとより一層凄みを感じます。
絶対にこの人には嘘をつきたくないと思う何かがあります。
心を裸に。
一緒に演じられるのが楽しみです。

★脚本・監督:外山文治/そとやま・ぶんじ
これまで流行に背を向けて、「生活者」の心の在りようを撮り続けてきました。
時代が大きく変化し、作品主義・作家主義を今いちど掲げられる時に、この度の機会とご縁を頂くことができましたことを大変嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph <クラウドファウンディングについて>
本作撮影中の7月18日よりMakuakeによるクラウドファウンディングがスタートいたします。
プロデューサーとしては、現場のリポートや動画、和歌山情報などを発信しながら、この映画のサポーターを募っていきたいと考えています。
村上虹郎さんは既にインスタグラムのフォロワーが17万人。
彼の発する言動やビジュアル、関わる作品は多くの人々の関心の中にあるでしょう。
芋生悠さんはインディーズ映画を中心に活動していますがインスタグラムフォロワー数1万人強。
彼女の将来に期待を寄せる人はこれからも増えることと思われます。
そして外山文治監督、まだ三十代ではありますが「此の岸のこと」「春なれや」「わさび」など短編集の上演はユーロスペース動員数で記録を出すほど注目されています。
海外での受賞経験もあり、その才能は少しずつ認知されています。
この若き表現者達を見守り育てる。
それがサポーターの方達の楽しみ、喜びになっていったら資金集め以上にこのクラウドファンディングの意味が広がる気がします。

・クラウドファンディングサービス「Makuake」
https://www.makuake.com/

映画情報どっとこむ ralph 『ソワレ』

2020年、全国公開

Twitter:@Soiree_Movie


***********************************


監督・脚本:外山 文治
主演:村上虹郎 芋生悠
プロデューサー:豊原功補、前田和紀
アソシエイトプロデューサー:小泉今日子
製作:ソワレフィルムパートナーズ
制作:新世界 配給・宣伝:東京テアトル
(C)2020ソワレフィルムパートナーズ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

芋生悠・祷キララW主演青春群像劇『左様なら』アップリンク吉祥寺にて公開決定!コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 『左様なら』。
新進気鋭の女性監督・石橋夕帆が、イラストレーター・ごめんのTwitterで発表した初期作品を見事に映像化。9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺にて公開決定!コメントも到着!

MOOSIC LAB 2018長編部門にて初公開され、観客の圧倒的な支持を集めた話題作が、遂に待望の劇場公開決定

主演は舞台『後家安とその妹』や大河ドラマ『いだてん』などに出演し注目が集まる若手女優・ 芋生悠。

芋生悠(岸本由紀役)コメント
公開が近づいていて、もうすぐ皆さまの元へ届くと思うとドキドキしています。
石橋監督やスタッフさんキャストさん方が素晴らしく、沢山の財産を貰った作品です。
私と同い年くらいの生まれたての社会人、たった今学生の子達、青春ってなんだったっけって思っている大人達に見てほしいです。
ぜひ劇場で。


12歳で初主演した映画『Dressing up』で絶賛されその後も『脱脱脱脱17』など話題作に多数出演の祷キララ。

祷キララ(瀬戸綾役)コメント
学校が世界の中心だった頃に、見ていたものや考えていたことによって感じ方が様々に広がる作品だと思います。あの頃の世界の空気や音、匂いの中に、ご自身の胸の内で何かが小さく浮かんだり広がったりする瞬間を見つけていただけたら、幸いです。

映画情報どっとこむ ralph さらにGReeeeN 「恋」 MVやAbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい3』、21世紀の女の子作品『reborn』などに出演し、舞台でも活躍中の平井亜門や、元メンズノンノの専属モデルでバンド・THE TOKYOのギタリストの顔も持つこだまたいち、MOOSIC LAB2018長編部門スペシャルメンション受賞の日高七海、ミスiD2018ファイナリストの夏目志乃、 『鈴木家の嘘』の白戸達也、 『イソップの思うツボ』の石川瑠華、舞台『テニスの王子様』3rdの大原海輝、劇団4ドル50セントの安部乙、『シスターフッド』の栗林藍希など人気若手俳優たちが出演。



映画情報どっとこむ ralph 監督と原作のごめん先生からコメントが到着しました!

石橋夕帆監督
自身が学生だった頃の事を思い返すと、教室の中には目に見えないルールがあって、誰かがハブかれていても傷ついていても黙認されるような空気があったように思います。しかしそれは決して特別な事ではなく、あの頃の私たちにとってただそこにある「日常」でした。そんな息苦しさを抱えながらも私にとってはあの時間が一番輝かしく、代え難い大切な時間だったのだと思います。『左様なら』ではあの時間を、あの空気を、教室ごと描こうと思いました。置き去りにしたままだった想いを掬い上げるようにこの作品と出会って頂けましたら幸いです。

ごめん(原作)
あの頃、3年間という短い月日の中で、私たちは確かに永遠を感じていました。友達、好きな人、先生、家族、そして自分。目には見えない狭い箱の中で、誰かの顔色を伺いながら、上手に、不器用に、ぐるぐると日々を繰り返していくその一人ひとりを、この映画は決して馬鹿にしない。だからこそ残酷で、美しくて、優しいのだと思います。その中で誰かがいなくなってしまうことも、きっと日常のほんの一部に過ぎないけれど、その一瞬、何かが少しでも変わる一瞬を、どうか劇場で見届けてください。

映画情報どっとこむ ralph 「左様なら」

高校生の由紀(芋生悠)は平穏な日々を過ごしていた。ある日、中学からの同級生の綾(祷キララ)が、由紀に引越すと告げた翌日に、突然亡くなる。綾の死をきっかけにクラスメイト達の人間関係にも思わぬ波紋が広がり、由紀は周囲から距離を置かれるようになるが…。海辺の町を舞台に描かれる、次世代の青春群像劇。

***********************************

芋生悠/祷キララ/平井亜門/こだまたいち/日高七海/夏目志乃/白戸達也/石川瑠華/大原海輝
加藤才紀子/武内おと/森タクト/近藤笑菜/安倍乙/栗林藍希/田辺歩/武田一馬/田中爽一郎
本田拓海/高橋あゆみ/日向夏/塩田倭聖/タカハシシンノスケ/籾木芳仁/小沢まゆ 他

監督・脚本:石橋夕帆|原作:ごめん|企画協力:直井卓俊
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS|宣伝協力:MAP
2018 | 日本|カラー|5.1ch|86min  ©2018映画「左様なら」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

染谷俊之VS稲葉雄介監督 芋生悠を誘うデートプランの勝者は!『恋するふたり』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之さんが自由で無職の“超”自己チュー男・カタギリを演じ、そんな彼に振り回される優柔不断なヒロイン・サチコを芋生悠さんが演じる、不器用で痛々しい恋する2人のロードムービー『恋するふたり』が5月3日(金・祝)シネリーブル池袋にて公開となりました。

その初日舞台挨拶が5月3日(金・祝)にシネ・リーブル池袋で行われ、染谷俊之さん、芋生悠さん、稲葉雄介監督が登壇。映画撮影時のことを振り返ったり、染谷さんと稲葉監督による芋生さんとのデートプラン対決“も行わ和気藹々なイベントとなりました。

公開記念舞台挨拶
日時:5月3日(金)
会場:シネ・リーブル池袋 
登壇:染谷俊之、芋生悠、稲葉雄介監督

映画情報どっとこむ ralph 2年前のGWは車関係の撮影をしていたと当時を懐かしむ稲葉監督の発言から舞台挨拶がスタート。

主演・カタギリを演じた染谷さんは初日満員の会場に感謝。
本作の撮影の印象について聞かれ

染谷さん:まず台本を貰った時に尋常じゃない台詞量にまず驚愕しまして。長回しでの撮影が大変でした。

と当時を振り返り、役柄についても

染谷さん:カタギリの台詞自体がセリフセリフしいというか。これどうナチュラルに言おう、と思って結構葛藤しましたね。

と悩んだことを明かした。

染谷さん:実際に、いい選択だ!とか言わないですもんね。

と会場の笑いを誘った。

映画情報どっとこむ ralph 芋生さんは自分を振り回したカタギリについて、演じた染谷さん自身は逆に空気を読める人だとしつつ、

芋生さん:本当に旅をしているみたいな感覚だったので、ふたりのシーンばっかりだし、ふたりで何とかしなきゃっていう感じでした。

と振り返った。
2年前の撮影当時は19歳だったことに話は移り、

染谷さん:今日楽屋入ったらまず大人っぽくなったねーって。親戚のお兄ちゃんみたいになってましたね。

と語り、芋生さんは照れ笑いを浮かべた。
そして、本作がロードムービーであるにもかかわらず、実は車の免許を今も持っていないことを明かし、

芋生さん:あれはスタッフさんたちが車自体を引っ張ってくれて、私は運転できてる感だけすごい研究しました。

と苦笑い。ですが、染谷さんと監督も運転免許を持っていないことが発覚。

芋生さん:じゃあ3人で(免許を)取りに行きますか!

と、ふたりを誘う場面も。


撮影の運転シーンの中で、ガタイのいい男のスタッフが芋生さんのカツラを被って代役を務めることもあったようで、当時を思い返しつつ染谷さんと笑顔を見せました。


稲葉監督:ふたりの取り合わせみたいなものが一番のこの作品の核で、このふたりでやらせてもらえてよかったです。

としみじみ。

稲葉監督:このふたりは自分たちのペースでしか行けない、高速道路を走ることができないふたりだと思います。ラストシーンにて高速道路の下というロケーションで撮影ができ、自分の能力を超えて、みんなで一緒に作っていくんだと体感できました。

と当時を振り返った。



映画情報どっとこむ ralph 今、世間はGW真っただ中ということで、GWに芋生さんをドライブデートに誘うプランを染谷さんと稲葉監督が発表し合うという企画に突入!

染谷さんはフリップに「江の島から鎌倉!」と記入。海に行きたいとし、江の島から鎌倉を巡るデートプランを披露。

芋生さんが美術部だったことにも触れ、鎌倉の美術館へ訪れる予定であることを話すと、芋生さんも笑顔を見せていた。

一方で、稲葉監督のフリップには「芋生畳店」の文字が。芋生さんの実家が畳屋であることに触れ、車で芋生の実家を訪れるプランを披露。芋生さんの厳正なる審査の結果、芋生さんは染谷さんのプランをチョイスし、会場は拍手に包まれました。


最後に

稲葉監督:これからもこのふたりをどうぞ宜しくお願いします。

との親目線でコメント。

芋生さん:こういう映画あるんだよと色んな人にお勧めできる映画だといいな。

と語り、染谷さんは大阪や名古屋の公開にも触れつつ

染谷さん:これからまだまだ続くので『恋するふたり』の応援をこれからも宜しくお願いします。

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋するふたり』はG.W.5月3日(金)より公開中!



***********************************


染谷俊之 芋生 悠
井澤勇貴 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一 星野真里 高木 渉 山下容莉枝
監督:稲葉雄介脚本:大浦光太 音楽:Paranel
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二 周 斌
企画:村田 亮 プロデューサー:江良 圭 長田安正
撮影:葛西幸祐 照明:谷本幸治 録音:光地拓郎 編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA  宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント
「恋するふたり」製作委員会
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメント プレフィス
©2018「恋するふたり」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

染谷俊之x芋生悠『恋するふたり』“恋するふたり“の行く末が楽しみな予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之が自由で無職の“超”自己チュー男・片桐を演じ、その片桐に振り回される優柔不断なヒロイン・幸子を芋生悠が演じる不器用で痛々しい恋する2人のロードムービー『恋するふたり』の予告編が公開となりました。


予告編は、恋人の浮気の真相を確かめるべく、カタギリがサチコに選択を迫るシーンから始まる。

車に乗り、迷いながらも進んだ先々で、ふたりは徐々に変化していく。最終的には恋人のお父さんからカタギリが謝られてしまうというショッキングなシーンへと、主題歌であるParanel「マイオールドバック」に乗せてリズムよく展開していく。不器用で痛々しさを煽るBGMとともに、サチコがカタギリに聞きたかったこととは…。“恋するふたり“の行く末が楽しみな予告編となっている。


映画情報どっとこむ ralph なお、本作は3月8日(金) から開催される第14回大阪アジアン映画祭(OAFF2019)特別招待作品に選出されました。

映画『恋するふたり』

5月3日金)よりシネ・リーブル池袋にて公開

公式HP:
http://love2.united-ent.com/ja/ 

公式:
@lovein_para


【STORY】
特に夢も希望もない23歳のサチコ(芋生悠)はバンドマンのマヒロ(井澤勇貴)と付き合っていることだけが、唯一のアイデンティティー。そんな彼女の前に突然、ナルシストで自己中心的なフリーター(?)カタギリ(染谷俊之)が現れる。
「サチコの男が俺の婚約者と浮気しているんだよね。」
互いの恋人を取り戻すべくサチコとカタギリは、マヒロのいる湖畔のスタジオへとレンタカーを走らせる。
まさか、この旅が”ふたり”の人生を変えるキッカケへとなるとは思うはずもなく・・・空気を読めない男と、読みすぎる女の不器用で痛々しい恋の物語が走り出した、果たして2人は“恋するふたり“になることが出来るのか?

***********************************

【キャスト】
染谷俊之 芋生悠
井澤勇貴 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一 星野真里 高木 渉 山下容莉枝
監督:稲葉雄介脚本:大浦光太 音楽:Paranel
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二 周 斌
企画:村田 亮 プロデューサー:江良 圭 長田安正
撮影:葛西幸祐 照明:谷本幸治 録音:光地拓郎 編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA  宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント
「恋するふたり」製作委員会
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメント プレフィス
©2018「恋するふたり」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

染谷俊之、芋生悠、稲葉雄介監督 登壇!映画『恋するふたり』完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph 映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之さんが自由で無職の“超”自己チュー男・片桐を演じ、その片桐に振り回される優柔不断なヒロイン・幸子を数々の話題作に出演する芋生悠さんが演じている不器用で痛々しい恋する2人のロードムービー映画『恋するふたり』。

その完成披露イベントが9月16日に東京・浅草 雷5656会館にて行われ、染谷俊之さん、芋生悠さんが登壇しました。


映画『恋するふたり』完成披露イベント
日時:09月16日(日)
場所:雷5656会館
登壇:染谷俊之、芋生悠、稲葉雄介監督

映画情報どっとこむ ralph 来春の劇場公開を前に、期待の高まる観客への初上映となった完成披露イベントにて、”超”自己チューで破天荒だが何故か憎めない主人公・片桐を演じた染谷は「撮影したのは昨年5月頃で、その後に撮った作品のほうが先に公開されたりしていて。もうこの映画は公開しないんじゃないかと思いました(笑)」

と、1年以上も前の撮影だったことを明かすと、片桐に振り回される”超”引っ込み思案なヒロイン・幸子を演じた芋生も「私もいつ公開されるんだろうと思ってずっと待っていたので、今日はまだ完成披露ですが、皆さんに観ていただけて嬉しいです」と笑顔で語った。

撮影を振り返って“印象深いシーンは?”と聞かれた染谷は芋生演じる幸子が運転するレンタカーに乗り、主人公の2人が珍道中を繰り広げる物語ながら「実は、2人とも運転免許を持っていなくて。運転シーンは大変でした!」と答えた。驚く場内に、さらに染谷はあるシーンについて「芋生ちゃんは運転していなくて、男性の助監督さんがカツラをかぶり、幸子の衣装を羽織って運転していて! その撮影風景が、めちゃくちゃ面白かったです(笑)」と撮影の裏話を明かす芋生も「よく見たら一瞬だけ、ゴツくなった幸子がいるかもしれません(笑)」と話し会場は笑の渦に。

今回が、初共演だという染谷と芋生、お互いの印象について聞かれ染谷は「芋生ちゃんは、本当にいい子ですよ! 礼儀正しくて、女優ぶっていなくて」と語ると、MCの方から「ほかの場所で、そんなにイヤな女優さんがいるの?」とツッコミが。慌てて染谷が「そんなことないです!(笑)」と訂正する一方、芋生からは染谷について「最初はクールな人かと思っていたら、面白いことをたくさんして下さって。ユーモアのある方で、お笑い芸人もできそう(笑)」と舞台に映画に引っ張りだこの人気俳優の裏顔を語る。

トークショー中盤では、本作のメガホンを取った稲葉雄介監督も登壇。稲葉監督は、「染谷さんは現場で急に指示したことにも『分かりました!』と答えてくれる。その頼もしさに、僕も精神的に支えられていました。ファンの皆さんも現場での彼を見たら、もっと好きになっちゃいますよ。僕も恋しかけました(笑)」と染谷を絶賛。すると染谷は、「これで“恋する三人”ですね!」と返し、場内はまたも笑の渦に。最後の挨拶では、染谷は「色んな悩みや、やらなきゃいけないこと、目を伏せてしまっていることが誰しもある中で、僕が演じる片桐という正論ばっかり言うけどダメなやつが現れるという物語には、実生活でも“あんなことあったな”と共感していただける部分があると思います。この作品が、皆さんの生活にもなにか影響を与えられたらうれしいです」とコメント。


芋生は「自分の弱い部分とも格闘しながら撮った作品です。観ていただけたら、幸子だったり、片桐だったりに共感して、自分も前に進もうという気持ちになれると思います。これから、ぜひ色んな人に勧めていただけたら」と、最後に稲葉監督は「今作は駿介と幸子が出会う物語で、“この人と出会えてよかった”という出会いについての映画です。気に入っていただけたら、劇場公開の際にも周りの方に広めたり、何度も観返していただけたら嬉しいです」とコメントし、あたたかい拍手の中、完成披露イベントは盛況のうちに終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋するふたり

2019年春公開

特に夢も希望もなく、漠然と生きてきた23歳の吉澤幸子(芋生悠)は人気のインディーズバンドのキーボード・真広(井澤勇貴)と付き合っていることだけが、唯一のアイデンティティー。

そんな彼女の前に突然、謎のイケメン片桐駿介(染谷俊之)が現れる。

「幸子の男が俺の婚約者と浮気しているんだよね。」

初対面にもかかわらず衝撃的な事実を告げる駿介は顔は良いが人の話を全く聞かない強烈な自己愛と自己中心的な人物。あらゆるSNSを使って幸子のことを調べ上げ自分の婚約者、ふみか(田中日奈子)を取り戻すべく幸子に会いに来たのだった。「いまの自分から変わりたいんだろ?俺が連れてってやるよ。」駿介の理解不能な勢いに流されてしまい、幸子は俊輔と共に真広のバンドが合宿を行う湖畔のハウススタジオにレンタカーを走らせるのだった。

まさか、これが幸子のこれからの生き方を変えるキッカケへとなるとは思うはずもなく、、。


***********************************

染谷俊之 芋生 悠
井澤勇貴 田中日奈子 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一
高木 渉 山下容莉枝 星野真里(特別出演)
監督:稲葉雄介
脚本:大浦光太
音楽:Paranel 
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二 周 斌          
企画:村田 亮 プロデューサー:江良 圭 長田安正
 撮影:葛西幸祐 照明:谷本幸治
録音:光地拓郎 編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚 衣装:森内陽子
ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA
宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント 「恋するふたり」製作委員会   
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメン
ト 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ