「芋生悠」タグアーカイブ

染谷俊之、芋生悠、稲葉雄介監督 登壇!映画『恋するふたり』完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph 映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之さんが自由で無職の“超”自己チュー男・片桐を演じ、その片桐に振り回される優柔不断なヒロイン・幸子を数々の話題作に出演する芋生悠さんが演じている不器用で痛々しい恋する2人のロードムービー映画『恋するふたり』。

その完成披露イベントが9月16日に東京・浅草 雷5656会館にて行われ、染谷俊之さん、芋生悠さんが登壇しました。


映画『恋するふたり』完成披露イベント
日時:09月16日(日)
場所:雷5656会館
登壇:染谷俊之、芋生悠、稲葉雄介監督

映画情報どっとこむ ralph 来春の劇場公開を前に、期待の高まる観客への初上映となった完成披露イベントにて、”超”自己チューで破天荒だが何故か憎めない主人公・片桐を演じた染谷は「撮影したのは昨年5月頃で、その後に撮った作品のほうが先に公開されたりしていて。もうこの映画は公開しないんじゃないかと思いました(笑)」

と、1年以上も前の撮影だったことを明かすと、片桐に振り回される”超”引っ込み思案なヒロイン・幸子を演じた芋生も「私もいつ公開されるんだろうと思ってずっと待っていたので、今日はまだ完成披露ですが、皆さんに観ていただけて嬉しいです」と笑顔で語った。

撮影を振り返って“印象深いシーンは?”と聞かれた染谷は芋生演じる幸子が運転するレンタカーに乗り、主人公の2人が珍道中を繰り広げる物語ながら「実は、2人とも運転免許を持っていなくて。運転シーンは大変でした!」と答えた。驚く場内に、さらに染谷はあるシーンについて「芋生ちゃんは運転していなくて、男性の助監督さんがカツラをかぶり、幸子の衣装を羽織って運転していて! その撮影風景が、めちゃくちゃ面白かったです(笑)」と撮影の裏話を明かす芋生も「よく見たら一瞬だけ、ゴツくなった幸子がいるかもしれません(笑)」と話し会場は笑の渦に。

今回が、初共演だという染谷と芋生、お互いの印象について聞かれ染谷は「芋生ちゃんは、本当にいい子ですよ! 礼儀正しくて、女優ぶっていなくて」と語ると、MCの方から「ほかの場所で、そんなにイヤな女優さんがいるの?」とツッコミが。慌てて染谷が「そんなことないです!(笑)」と訂正する一方、芋生からは染谷について「最初はクールな人かと思っていたら、面白いことをたくさんして下さって。ユーモアのある方で、お笑い芸人もできそう(笑)」と舞台に映画に引っ張りだこの人気俳優の裏顔を語る。

トークショー中盤では、本作のメガホンを取った稲葉雄介監督も登壇。稲葉監督は、「染谷さんは現場で急に指示したことにも『分かりました!』と答えてくれる。その頼もしさに、僕も精神的に支えられていました。ファンの皆さんも現場での彼を見たら、もっと好きになっちゃいますよ。僕も恋しかけました(笑)」と染谷を絶賛。すると染谷は、「これで“恋する三人”ですね!」と返し、場内はまたも笑の渦に。最後の挨拶では、染谷は「色んな悩みや、やらなきゃいけないこと、目を伏せてしまっていることが誰しもある中で、僕が演じる片桐という正論ばっかり言うけどダメなやつが現れるという物語には、実生活でも“あんなことあったな”と共感していただける部分があると思います。この作品が、皆さんの生活にもなにか影響を与えられたらうれしいです」とコメント。


芋生は「自分の弱い部分とも格闘しながら撮った作品です。観ていただけたら、幸子だったり、片桐だったりに共感して、自分も前に進もうという気持ちになれると思います。これから、ぜひ色んな人に勧めていただけたら」と、最後に稲葉監督は「今作は駿介と幸子が出会う物語で、“この人と出会えてよかった”という出会いについての映画です。気に入っていただけたら、劇場公開の際にも周りの方に広めたり、何度も観返していただけたら嬉しいです」とコメントし、あたたかい拍手の中、完成披露イベントは盛況のうちに終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋するふたり

2019年春公開

特に夢も希望もなく、漠然と生きてきた23歳の吉澤幸子(芋生悠)は人気のインディーズバンドのキーボード・真広(井澤勇貴)と付き合っていることだけが、唯一のアイデンティティー。

そんな彼女の前に突然、謎のイケメン片桐駿介(染谷俊之)が現れる。

「幸子の男が俺の婚約者と浮気しているんだよね。」

初対面にもかかわらず衝撃的な事実を告げる駿介は顔は良いが人の話を全く聞かない強烈な自己愛と自己中心的な人物。あらゆるSNSを使って幸子のことを調べ上げ自分の婚約者、ふみか(田中日奈子)を取り戻すべく幸子に会いに来たのだった。「いまの自分から変わりたいんだろ?俺が連れてってやるよ。」駿介の理解不能な勢いに流されてしまい、幸子は俊輔と共に真広のバンドが合宿を行う湖畔のハウススタジオにレンタカーを走らせるのだった。

まさか、これが幸子のこれからの生き方を変えるキッカケへとなるとは思うはずもなく、、。


***********************************

染谷俊之 芋生 悠
井澤勇貴 田中日奈子 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一
高木 渉 山下容莉枝 星野真里(特別出演)
監督:稲葉雄介
脚本:大浦光太
音楽:Paranel 
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二 周 斌          
企画:村田 亮 プロデューサー:江良 圭 長田安正
 撮影:葛西幸祐 照明:谷本幸治
録音:光地拓郎 編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚 衣装:森内陽子
ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA
宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント 「恋するふたり」製作委員会   
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメン
ト 


染谷俊之 x 芋生悠 映画『恋するふたり』9/16完成披露イベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画『恋するふたり』の完成披露イベントが9月16日(日)に決定し、本作の場面写真が公開されました。

この度、映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之さんが自由で無職の“超”自己チュー男・片桐を演じ、その片桐に振り回される優柔不断なヒロイン・幸子を数々の話題作に出演する次世代のミューズ・芋生悠さんが演じています。

不器用で痛々しい恋する2人のロードムービーです。


そして!

『恋するふたり』の完成披露イベントの開催が決定しました。

当日は主演の染谷俊之さん、芋生悠を始め井澤勇貴さん、田中日奈子さん、西川俊介さん、笠原崇志さん、森崎りなさん 他が登壇。来春の公開に向けキャストが勢ぞろいする予定だそうです。

~イベント概要~
日程:9月16日(日)
場所:雷 5656 会館 (東京都台東区浅草3丁目6番1号)
イベント詳細:
http://love2.united-ent.com/ja/event/
チケット:koisuru_movie

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋するふたり

公式HP:
http://love2.united-ent.com/ja/

公式Twitter:
https://twitter.com/lovein_para

物語・・・
特に夢も希望もなく、漠然と生きてきた23歳の吉澤幸子(芋生悠)は人気のインディーズバンドのキーボード・真広(伊澤勇貴)と付き合っていることだけが、唯一のアイデンティティー。

そんな彼女の前に突然、謎のイケメン片桐駿介(染谷俊之)が現れる。

「幸子の男が俺の婚約者と浮気しているんだよね。」

初対面にもかかわらず衝撃的な事実を告げる駿介は顔は良いが人の話を全く聞かない強烈な自己愛と自己中心的な人物。
あらゆるSNSを使って幸子のことを調べ上げ自分の婚約者、ふみか(田中日奈子)を取り戻すべく幸子に会いに来たのだった。

「いまの自分から変わりたいんだろ?俺が連れてってやるよ。」

俊輔の理解不能な勢いに流されてしまい、幸子は俊輔と共に真広のバンドが合宿を行う湖畔のハウススタジオにレンタカーを走らせる。

まさか、これが幸子のこれからの生き方を変えるキッカケへとなるとは思うはずもなく、、。空気を読めない男と、読みすぎる女の不器用で痛々しい恋の物語が走り出す。果たして2人は“恋するふたり“になることが出来るのか?

***********************************

染谷俊之 芋生 悠
井澤勇貴 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一
星野真里 高木 渉 山下容莉枝 
監督:稲葉雄介脚本:大浦光太 音楽:Paranel 
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二 周 斌
企画:村田 亮 
プロデューサー:江良 圭 長田安正
撮影:葛西幸祐 
照明:谷本幸治 録音:光地拓郎 
編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚
衣装:森内陽子 
ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA 
宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント
「恋するふたり」製作委員会
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメント 
プレフィス HiME Entertainment



内田慈、松本若菜ら一夜限りのライブ!坂下雄一郎監督最新作『ピンカートンに会いにいく』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 『東京ウィンドオーケストラ』、『エキストランド』の坂下雄一郎監督待望の最新作『ピンカートンに会いにいく』。

完成披露試写会イベントが、坂下雄一郎監督を筆頭に主演陣11人を含め総勢12人!登壇の豪華舞台挨拶を実施!

作品への熱い想いをたっぷりと語って頂くと共に、何と!“伝説の5人組アイドル=ピンカートン”の再結成時を演じた女性主演陣5人:内田慈さん、松本若菜さん、山田真歩さん、水野小論さん、岩野未知さんが一夜限りの主題歌Revolution nowをLIVEで披露しました!

そして!20年前の彼女らを演じた小川あんさん、岡本夏美さん、柴田杏花さん、芋生悠さん、鈴木まはなさんも登壇してイベントを行いました。

日時:1月10日(水) 
会場:スペースFS汐留
登壇:内田慈、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知、小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生悠、鈴木まはな、田村健太郎、坂下雄一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 会場が暗転。
緞帳が上がると、そこには伝説の5人組アイドル=ピンカートンが!一夜限りの主題歌ライブがスタート。会場はペンライトで応援!

映画情報どっとこむ ralph 少女時代の5人も呼び込まれ、トークイベントがスタート。

内田さん:来てくださって、ありがとうございます。

松本さん:サプライズで踊らせていただきまして、年末3日間練習しました!

山田さん:練習した甲斐がありました!

水野さん:盛り上げていただきありがとうございます。今日のお客様は心に残るお客様となりました。

岩野さん:役者なので、人前で歌うのは初めてで。裏では緊張しましたが、出た瞬間にワーってなってました!

と、ライブの興奮が冷めやらぬご様子の大人組。

田中さん:(ライブ)観ようと思ってたのですが・・・トイレに行ってる間に終わってしまって・・・・(T T)

一夜限りのライブを見逃してしょんぼり?。

一方で少女時代グループはライブを袖で見ていて

小川さん:楽しそうでした。わたしたちも踊りたかったです。

と言う小川さんに岡本さんは「やめて!」と懇願。

MCが「では初日に」発言も、舞台が小さいので・・・・どうなるのか。記者としては観てみたいところ。

岡本さん:いよいよ公開が近づき、皆さんに観ていたでけて嬉しいです。

柴田さん:久しぶりにピンカートンの曲を聞いてテンションが上がっています。

芋生さん:当時18歳で日焼けしていて、色白の水野さんとつながるかと心配していましたが。大人の方々と其々がマッチしていて観ていて楽しかったです。

鈴木さん:わたしは、文句文句の役で20年後も変わらないんだなと(笑)

坂下監督:(消え入りそうな声で)皆で頑張った作品がお披露目できて本当にうれしいです。

映画情報どっとこむ ralph 元アイドル役を演じて
内田さん:実は元アイドル役が多いんです。5-6回目。チョット旬が過ぎてる感がですかね。今回は仲間がいたので心強かったです。

松本さん:思い描いていたアイドルと違うプライベートなところが描かれていて。当時のアイドルの掛け合いとかが面白かったです。怖いなって。で、私は元アイドルと言うよりは等身大の女性を演じました。

山田さん:初めてのアイドル役。忘れてなければ。グループなんで、15歳チームも、35歳チームもワイワイ仲良くやって、チームの強みで恥ずかしいこともできてしまう(笑)。。アイドルっていいなと思いました。

と、語ります。撮影現場での思い出は・・・

小川さん:坂下さんの顔が変化しないので・・・なかなか・・・。OKのとかは朗らかなので、わかるのですが・・・・。

と、話す小川さんに岡本さんも

岡本さん:お声が小さいので。。指示を聞くのが大変でした。

と、実は子供チームも大人チームも、監督の無表情と小さな声に苦労したそう。

そんな監督になぜアイドル映画を?と問うと

監督:もともと、原作ものを撮る予定だったのですが、出来なくなって。オリジナルの作品を作ることになってひねり出したのがこの作品です。
と話す監督に「声が小さい」と総ツッコミのキャスト陣!そして、女性の多い中で演じた田村さんは

田村さん:20年分の愛がある役。全部プラスにとらえて、この人たちがピンカートンなんだと(引く大人組に)気持ち悪いこと言ってないよ!全体的に楽しかったです。
と、困惑。ドンピシャの配役だったとMC。

この後、20年ぶりに会うとしたら・・・の問いに答えるなど、全体的に和気藹々なイベントに。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

坂下監督:遂にお披露目できてうれしいです。

内田さん:この作品は、チラシがポップですがコメディー映画!とは言いたくないところもあります。崖っぷち感だとか。共有できる気持ちで一緒に生きて行こうよと思っていただけたらと思います。

と、イベントを締めました!


シャープかつオフ・ビートな“一度見たら癖になる”独特のユーモア・センスと“イタい”のになぜか胸が熱くなる?優れたエンターテインメント性にハマった、マスコミの皆様からも作品への絶賛の声が多く寄せられている本作が、いよいよ、2018年1月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。
誰もが一度は感じたことがあるだろう「こんなはずじゃなかった」という思い。目を背けたいみっともない自分。過去のわだかまり…。“こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?”不完全燃焼のまま過ぎていった日々からの返り咲きに挑む、“イタいけど愛すべき、”崖っぷちアラフォー女子たちの大勝負”を描いた新感覚エンターテインメント・ヒューマン・コメディ!その絶妙な旨味&香りに是非ご注目。


ピンカートンに会いにいく

2018年1月20日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!!

公式ホームページ:
www.pinkerton-movie.com 

物語・・・
かつて、ブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」。20年が過ぎ、リーダーだった優子は今も売れない女優を続けていた。
ある日、優子の元にレコード会社の松本と名乗る男からかかってきた電話。それは「ピンカートン再結成」の誘いだったのだ。所属事務所もクビになり、気づけば人生も半ば。崖っぷちに追い込まれた優子は、再起をかけ松本と一緒に元メンバーに会いに行くが、メンバーのうち3人はすでに芸能界を去り、返事はつれない。
さらに一番人気だった葵の行方がわからず、彼女を知る人たちを訪ねて回るのだが…。プライドだけが肥大した“こじらせ女子”まっしぐらの優子は、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越え、「ピンカートン」を再結成させることができるのか!?
***********************************

監督・脚本:坂下雄一郎
音楽:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)
出演:内田 慈、松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知、田村健太郎 小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生 悠、鈴木まはな
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:松竹撮影所/ランプ
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
<2017年/日本/ビスタ/5.1ch/86分> 
©松竹ブロードキャスティング

    


青春ぎゅっと凝縮『野球部員、演劇の舞台に立つ!』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 2018年2月24日(土)よりユーロスペースにて公開いたします映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』の予告編解禁。

今を生きる若者の不安、葛藤、希望など溢れんばかりの熱い思いをぎゅっと凝縮!した予告編です。

甲子園への道なかば――なぜ3人の野球部員は演劇部へ?
最後に明かされる衝撃の事実とはいったい…


構想10年、福岡八女を舞台に、竹島由美子の実話原作をもとに『野球部員、演劇の舞台に立つ!』がベテラン中山節夫監督のメガフォンで、完成いたしました。

主役の望月に若手俳優期待の星、渡辺佑太朗が高校生役を熱演いたしました。その他、若手のホープが勢揃し、加えて林遣都、宇梶剛士、宮崎美子らの芸達者が脇をがっちりと固め、清冽な青春のメッセージをスクリーンに映し出します。


物語・・・
福岡県南部の強豪八女北高校野球部では、常に熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。春の選抜大会(甲子園)につながる予選で、まさかの敗退によりチームはギクシャクし始めていた。
そんな折、エースら中心選手は、監督から演劇部に行くよう命令される。反発する選手達。だが、そこには思いもよらぬ先輩たちの哀しい傷跡の記憶が・・・。
公式HP:
yakyubuin-vs-engekibuin.com

**********************************

渡辺佑太朗
舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 佐々木萌詠 芋生悠 山田杏奈 鹿毛喜季 田中奈月
林遣都  宇梶剛士 宮崎美子
監督:中山節夫 原作:「野球部員、演劇の舞台に立つ!」竹島由美子(高文研刊)
音楽:小六禮次郎 / テーマ曲:「ユビノサキヘ」Good Coming
映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」を応援する会 / 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」を支援する会 代表世話人:平田圭四郎 事務局長:平井靖文
後援:福岡県 福岡県教育委員会 八女市 JAふくおか八女 八女商工会議所 八女市商工会 八女市議会 八女市教育委員会 八女市PTA連合会 八女市社会福祉協議会
福岡県茶生産組合連合会 福岡県茶商工業協同組合 八女筑後医師会 八女筑後歯科医師会 JAグループ福岡 福岡県私学協会 FM八女 レワード株式会社
筑後七国(筑後市・柳川市・大川市・みやま市・広川町・大木町) 東京福岡県人会 中京福岡県人会 関西福岡県人会 京都福岡県人会 広島福岡県人会 やめん会(福岡市)
製作:鈴村髙正 鈴木一美 企画:鈴木一美 プロデューサー:鈴木一美 桑山和之 脚本:ハセベピロウィナー 鈴木一美 片島章三 山崎太基
撮影:岡雅一 照明:山川英明 関根謙一 録音:武進 美術:西尾共未 装飾:鈴村髙正 編集:小林由加子 記録:穂盛文子 助監督:片島章三 製作担当:島根淳
宣伝(アド):プランニングOM/オフィス63/木野武 宣伝(広報):太秦
製作:京映アーツ 
配給:パンドラ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
© 2017映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」製作配給委員会/京映アーツ/コチ・プラン・ピクチャーズ
2017年/日本/102分/アメリカンビスタサイズ/5.1ch/カラー
    


『TOKYO CITY GIRL 2016』初日舞台挨拶 武田玲奈【 LOCAL→TOKYO 】編


映画情報どっとこむ TJ 東京に生きる少女たちを主人公に、それぞれが抱える悩みや想いを描く短編オムニバス映画

TOKYO CITY GIRL 2016

が12月3日(土)公開となり、その初日舞台挨拶が18名が登壇して行われました。
tokyo-city-girl-2016%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6


ここでは【 LOCAL→TOKYO 】をピックアップ!
local%e2%86%92tokyo-02jpg
『TOKYO CITY GIRL 2016』初日舞台挨拶
日程:11月19日(月)
場所: お台場シネマメディアージュ
登壇者:
高見こころ、入来茉里、モロ師岡、佐藤リョウ監督
増田有華、澤口明宏監督
武田玲奈、天野ひろゆき、森永悠希、芋生悠、ねごと(Vo.&Key.蒼山)、志真健太郎監督
飯田祐真、あやまん監督、fumika、金城茉里、宮城大樹、山田能龍監督

その他3つの舞台挨拶の模様は↓↓↓
【 あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。 】
【 ひらり、いま。 】
【 幸せのつじつま 】

映画情報どっとこむ TJ チーム【LOCAL→TOKYO 】

武田玲奈、天野ひろゆき、森永悠希、芋生悠、ねごと(Vo.&Key.蒼山さん)、志真健太郎監督

天野さん:武田さんの恋人役 ではないですね。武田ちゃんが働くコンビニの店長です。コンビニでの撮影が多くて。あまりに演技がうますぎて本当にお客さんが来ちゃって。味のあるコンビニでね。
local%e2%86%92tokyo_%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%81%b2%e3%82%8d%e3%82%86%e3%81%8d
監督:千葉の田舎のコンビニ。LOCALを探して
local%e2%86%92tokyo_%e5%bf%97%e7%9c%9f%e5%81%a5%e5%a4%aa%e9%83%8e%e7%9b%a3%e7%9d%a3
武田さん:私の地元にもあったので。親近感は沸きました。
local%e2%86%92tokyo_%e6%ad%a6%e7%94%b0%e7%8e%b2%e5%a5%88
森永さん:あのコンビニはソフトクリームがおいしくて。待ち時間とかに買って食べました。
local%e2%86%92tokyo_%e6%a3%ae%e6%b0%b8%e6%82%a0%e5%b8%8c
芋生さん:森永君一人で食べてたよね。そこのおじさんと仲良くなって。お菓子をくれました。
local%e2%86%92tokyo_%e8%8a%8b%e7%94%9f%e6%82%a0
天野さん:そんなコンビニで色々経験して東京に行く物語です。見どころは?

監督:武田さんが田舎にいる女の子が東京シティーガールになるまでのお話。武田さんの変化を見ていただきたいです。

ねごとさん:私もちょっと出ています。夢を追いかけて変わる瞬間に親近感があって、主題歌を歌わせて頂けたのは嬉しいです。
local%e2%86%92tokyo_%e3%81%ad%e3%81%94%e3%81%a8
映画情報どっとこむ TJ 最後に
%e6%ad%a6%e7%94%b0%e7%8e%b2%e5%a5%88 武田玲奈さんからのコメント
バイトを通して東京へ巣立って成長していく少女の物語です。楽しんでください!

【 LOCAL→TOKYO 】

tokyo-city-girl2016local%e2%86%92tokyo監督:志真健太郎 
出演:武田玲奈 / 森永悠希 / 天野ひろゆき / 芋生悠

ねごと:主題歌、挿入歌「holy night」

過去を振り返ると確かに自分を支え成長させる人と出来事があった。今、私は。東京という街で生きている。高校時代の憧れや夢をバイトを通して、出会いと別れを知り。大人になった少女の物語。

***********************************