「舞台挨拶」タグアーカイブ

池田エライザはこじらせ系? 大阪降臨で役と似てる!『ルームロンダリング』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、こじらせ真っ只中の八雲御子。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにするという、“ルームロンダリング”。主役の御子役に抜擢されたのは、近年女優業での活躍が目まぐるしい池田エライザさん。

胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役には、オダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優・健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じる他、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

この度、主演・池田エライザさんが大阪にて舞台挨拶を行いました。
日程:6月4日(月)
場所:シネ・リーブル梅田
登壇者:池田エライザ

映画情報どっとこむ ralph 池田さん:今日はたくさんの方にお越しいただき、とても嬉しいです。大阪イェーイ!

とハイテンションで挨拶。


観客の拍手が鳴りやまない中で始まった、大阪梅田での舞台挨拶。

「こじらせ女子を演じていますが、役作りは難しくなかったですか?」という質問に対して

池田さん:御子ちゃんと自分は結構似ているんです。

と池田は語る。

池田さん:片桐監督は、廣木隆一監督から『エライザちゃんは暗いよ』と言われて、御子役にピッタリだなと思ったそうです。

とキャスティングの裏側を明かした。


自身が演じたキャラクターに関しては、

池田さん:御子ちゃんは頭の中ではとても饒舌なんじゃないかと思っています。言葉がうまくまとまらなくて、なかなか話せない分、表情で物語ることが多くなるんです。

と気持ちを代弁してみせた。「実際に事故物件に住めますか?」という際どい質問が投げかけられると、

池田さん:この映画の取材でよく聞かれるのですが、劇中に出てくるような人間味溢れる幽霊たちだったら、1か月ぐらいなら大丈夫かなと思います(笑)ある種のルームシェアって感じですね。

と驚きの発言を繰り出した。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中のエピソードを聞かれると、オダギリジョーとの思い出を振り返り

池田さん:オダギリさんが現場に来た時に、内弁慶な御子ちゃんが気軽に話しかけられる空気を出してくれていたので、あぁ悟郎さんが居るなぁと思い、とても救われました。渋川さんや光宗さんたちから「御子!!」と呼ばれることも嬉しかったです。

と笑顔で答えた。

お気に入りのシーンとして池田が挙げたのは、池田さん演じる御子が涙する場面だ。

池田さん:光宗さん演じる、殺人事件の被害者OL役の悠希に両親について尋ねられるシーン。台本には書かれていなかったのですが、思わず泣いてしまったんです。自分と御子の心が近づいた瞬間だと思いました。とても大事なシーンになりましたね。

と語り、この映画については

池田さん:“家族や人との繋がり”を描いている作品だと思っています。とても大切な、例えば、子どもの頃に母親からもらった絵本のような、忘れられない存在の映画です。だから、たくさんの人に愛されて欲しいです。

とアピール。

最後に大阪の思い出を聞かれると、

池田さん:修学旅行と仕事で来たことがありますが、観光地に行ったり、大阪名物なものを食べたりしたことはないです。去年、仕事で大阪に来た際に、有名な楽器屋さんに行きました。そこで、ボブ・ディランが使っていたものと同じ形のギターを買ったんです。あとは、大阪でおいしい日本酒が飲めるお店とかに行ってみたいですね。

と語り、舞台挨拶を締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『ルームロンダリング』

roomlaundering.com

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって“物件を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?
***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー   

監督:片桐健滋  脚本:片桐健滋・梅本竜矢   
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム 


市川染五郎、市川團子 登壇決定 シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞 伎座捕物帖』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph いよいよ 6/9(土)よりシネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞 伎座捕物帖』が全国の映画館56館で公開となります。

本作の公開を記念して、公開2週目となる 6/17(日)に東劇にて、舞台挨拶の開催が決定しました!


登壇するのは、前作『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』から引 き続き弥次喜多コンビと共に物語を進めて行く存在である、 梵太郎と政之助役を演じた市川染五郎と市川團子! 第 2 弾となる本作では、染五郎は弥次郎兵衛を演じた父 市川染五郎(現:松本幸四郎)と、團子は釜桐座衛門を演じ た 父 市川中車(香川照之)とそれぞれ親子共演を果たして います。

舞台挨拶が開催される 6/17 は「父の日」ということで、『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』 公演時や稽古中の思い出はもちろん、楽屋や本番中の父とのエピソードも語るスペシャルな舞台挨拶! シネマ歌舞伎本編を観て気持ちも高まったお客様の前に注目の2人が登場するとあって、会場は大盛り 上がり間違いなしです!

※当日のご取材に関しては別途ご案内させていただきます。

映画情報どっとこむ ralph 【開催概要】
日時:6 月 17 日(日) 11:00~
場所:東劇
登壇:市川染五郎、市川團子 (予定)

内容:本編上映(105 分)+舞台挨拶(約 20 分) ※本編上映後に舞台挨拶となります。
当日料金:一般¥2,100/学生・小人¥1,500(特別鑑賞券使用可)
チケット発売:6 月 2 日(土)10:00~ 東劇窓口、インターネットにて発売開始


シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』
収録公演:2017 年 8 月歌舞伎座公演

6月9日(土)より全国の映画館56館で公開。

その他各種イベント・キャンペーン実施予定です!
ぜひ合わせてご紹介のほどよろしくお願い申し上げます。

①「やじきた謎解きキャンペーン」開催決定
サイト

②『東海道中膝栗毛〈やじきた〉』振り返り上映決定
サイト

③特別対談
片岡亀蔵×「映画秘宝」編集長 岩田和明
サイト

***********************************

原作:十返舎一九
構成:杉原邦生
脚本:戸部和久
脚本・演出:市川猿之助

出演:市川染五郎、市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助、市川中車、市川笑也、坂東巳之助、坂東新悟、 大谷廣太郎、中村隼人、中村児太郎、中村虎之介、片岡千之助、松本金太郎、市川團子、中村鶴松、市川弘太郎、 市川寿猿、澤村宗之助、松本錦吾、市川笑三郎、市川猿弥、片岡亀蔵、市川門之助、坂東竹三郎 ほか ※出演者名は上演当時の表記です

本編尺:110 分(予定)


桜井日奈子、吉沢亮が京都の女子校に突然現れ600人が大興奮!『ママレード・ボーイ』キャンペーン


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!
桜井日奈子と吉沢亮W主演の本作は・・・・突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに!

4月27日(金)に遂に封切られ只今大ヒット公開中!

映画公開を記念して、3月30日~4月15日にて実施された「『ママレード・ボーイ』をあなたの学校に呼ぼうキャンペーン」。

日本全国4600校の高等学校の在校生・卒業生を対象にWEB投票が行われ、上位100校の中から選ばれた1校に映画キャストがサプライズ訪問をするというこのキャンペーンはなんとわずか20日間で60万PV、投票数2万3千を達成するほどの大きな盛り上がりを見せ、中には、投票を呼びかける口コミがクラス内で拡大し、クラスの1イベントとなる学校も発生!全国の高校生を網羅する大規模CPに。

本日遂にサプライズ訪問が実施されることとなり、桜井と吉沢が訪れることとなったのは、1位に輝いた<京都府の私立・平安女学院高等学校>。

平安女学院高等学校は、全校生徒数約400人に対し489票(卒業生による票を含む)を獲得!キャンペーンサイトには「歴史が長く、初めてセーラー服ができた学校でもあります!自分の学校が誇らしく思います」「生徒が少なく、小規模ですが全学年との絆がとても強い学校です!」といった生徒たちからの熱いPR&想いが寄せられており、中学生を含めた生徒約600人が熱望していることを知った学校側の厚意で・・・サプライズ訪問!!!! 果たして反応は!?

『ママレード・ボーイ』をあなたの学校に呼ぼうキャンペーン
​キャンペーン展開期間:​3月30日~4月15日
日時:5月2日 (水)
場所:平安女学院高等学校
登壇:桜井日奈子、吉沢亮

映画情報どっとこむ ralph 桜井さんと吉沢さんがすぐ近くでスタンバイしていることなど、つゆ知らず集められた在校生たち。

MCの話を聞いているうちに緊張感と期待が膨れ上がり…!
2人が登場すると大歓声が瞬く間に沸き起こり、念願叶ってのサプライズ訪問に思わずフリーズし、感極まって泣き出す生徒も!
余り大歓声にMCの声がかき消され、場内はもはや大興奮でパニック状態!

桜井さん:みなさん、こんにちは。皆さんがこのキャンペーンに応募してくださったおかげで訪れることが出来ました!ありがとうございます!

吉沢さん:盛り上がってるか~い!(ギャ~)僕らも今日を楽しみにしていました!

との挨拶からスタート。

2人が言葉を発すたびに、黄色い声援が止まらず・・・・

桜井さん:ここまで盛り上がっているのは初めてです!

吉沢さん:いや、すごいですね!何言っても反応してくれる!(笑) みなさん、本当にすごい!パワーが(笑)

と未だかつてない盛り上がりように桜井と吉沢は驚き隠せず。

映画情報どっとこむ ralph 全編オールロケで全国各地で撮影を行った本作ですが、実は京都で重要なシーンの撮影をしていて・・・

桜井さん:電車のシーンがあったのですが、嵐電で撮影をしました!
吉沢さん:僕が演じた遊が京都に行って、住んでいる場所が京都YWCAで。ここのすぐ近くで撮影をしてました。

と京都での思い出を振り返る。

公開から早6日がたった今の心境を聞かれると

桜井さん:初の主演作品なので、大切な想いが沢山詰まった作品です。同世代の方々にも、沢山トキメいて頂きたいので、まだ観ていらっしゃらない人は是非、観に行って頂きたいです。。

吉沢さん:もう観た人って聞いたら半々ぐらいでしたけれど、みんな正直で可愛らしくて(笑)ここに居る全員に本当に観に行ってもらいたいです。皆さん世代的にはドンピシャなんじゃないかな?色んな恋愛の憧れるシチュエーションが沢山あります。是非、劇場で楽しんでもらいたいです!

映画情報どっとこむ ralph イベントは進んでも、場内のテンションは上り続け・・
生徒たちから直接感想を伝えるとともに、2人に向けた質問を募集することに。

「京都のシーンは自分たちが知っている場所が沢山映っていて嬉しかったです。2人のイチャイチャシーンがめっちゃ良かったです!」、「キュンキュンしました!」と代表の生徒たちから感想が贈られるとその言葉を応援するかのように大歓声が!

Q:好きな異性のタイプは?

桜井さん:頼りがいのある男性は素敵ですよね。あと、クシャっと笑う人はいいですよね?

と桜井さんが言うと生徒たちは共感!!…その言葉を受けて、吉沢が“クシャっと笑顔”を披露!

すると場内からは更なる黄色い悲鳴が!!!一方、吉沢さんは

吉沢さん:一生懸命頑張っている人が好きです。学校の行事とか、部活動とか今できることを頑張っている人が好きなので。今日も皆さんが頑張って投票してくれたので、こうやって今日来れたわけですしね。

との吉沢の言葉には生徒たちの熱い想いが報われた様子。

Q:最近一生懸命になったことは?

桜井さん:数ヶ月に渡るこの作品の宣伝活動です!

と答えたの言葉に続いて、

吉沢さん:僕もですね。やっぱり、この作品を沢山の方に観てもらえるように、頑張りました。満足して頂ける自信もありましたし!皆さんTwitterとかやっていますか?是非、ご覧頂いたら感想をつぶやいてもらいたいです!ハッシュタグ:#ママレードボーイ

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

桜井さん:終始熱い想いが伝わってくるイベントでした!これだけ盛り上がって頂けるとすごくすごく私も楽しかったです!せっかくのゴールデンウィークなので、是非、『ママレード・ボーイ』を観に行って下さい!

吉沢さん:本当に楽しかったです!こんなに熱い想いを返してくれるイベントも中々ありません!ありがとうございます!個人的に僕は京都が大好きなのでまた来たいです!」(吉沢)との言葉を贈り、盛り上がり冷めぬままイベントは幕をおろしました。

トキメキがたくさん詰まった映画『ママレード・ボーイ』

は大ヒット公開中!是非、劇場でお早めにお楽しみ下さい!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ママレード・ボーイ

は4月27日(金)より全国ロードショー!

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 
Twitter:
@marmalade_movie

ハッシュタグ:#ママレードボーイ

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?
更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。

一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。
甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

過去記事:
吉沢亮の紳士さにキュンキュン!桜井日奈子が母の手紙に涙で・・・『ママレード・ボーイ』公開記念舞台挨拶
http://eigajoho.com/108290


岡山・広島大歓喜!桜井日奈子、主演映画「ママレード・ボーイ」と共に地元凱旋
http://eigajoho.com/107619


吉沢亮、佐藤大樹どちらを選ぶ!?女子学生400人大熱狂!映画『ママレード・ボーイ』女子大イベント
http://eigajoho.com/107510



出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)

監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子  廣木隆一
音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


吉沢亮の紳士さにキュンキュン!桜井日奈子が母の手紙に涙で・・・『ママレード・ボーイ』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 桜井日奈子&吉沢亮が、満を持してラブストーリーに初主演することで話題沸騰中の『ママレード・ボーイ』が、ついに4月27日(金)公開!
その公開を記念し、ゴールデンウィーク初日4月28日(土)快晴の中!

豪華キャスト登壇の公開記念舞台挨拶が行われました。

そして!原作者・吉住渉先生から、桜井さん&吉沢さんへお祝いのサプライズメッセージ&イラストが到着!

さらに桜井さんには、実の母からの手紙に涙!

その時、紳士な吉沢さんは・・・

映画『ママレード・ボーイ』公開記念舞台挨拶
日時:4月28日 (土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:桜井日奈子、吉沢亮、中山美穂、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ ralph 会場となった丸の内ピカデリーの前には大きな漫画型のスタンディーが!ワクワクを盛り上げてくれます。
そして、劇場の中では見終えたばかりの観客の皆さんが今か今かと登場を待ちわび、MCの呼び込みと同時に割れんばかり(実際ICレコーダーはバリバリ)の歓声と大きな拍手でキャストと監督が迎えられました。
桜井日奈子さん:GW初日に映画ママレード・ボーイを選んでいただきありがとうございます。緊張してます!(桜井さんは初主演)主演でしたが、自分のことで手いっぱいで。。。それを吉沢さんが、周りへの気配りとかをみんなやってくれました!ご飯に行ったり、自分の中で余裕のある人って凄いなって!廣木監督と御一緒出来て、筒井道隆さん 谷原章介さん 檀れいさん 中山美穂さんと共演できたことは今後の女優業への糧になったと思います。
と、挨拶中もかわいいいいーの声が鳴りやまない会場。そして、

吉沢亮さん:遂に初日。凄いドキドキと神妙な気持ちとで。改めて多くの方に観ていただきたいなと思っています。
とご挨拶。

中山美穂さん:ドキドキ、キュンキュンの映画。皆さんの顔もキュンキュンしているように見えます!不思議な設定ですが、年齢関係なくときめける作品に携われて嬉しいです。

谷原章介さん:見た後ですよね?ときめいて頂いたと思います。是非またときめきに来てください!

筒井道隆さん:特にあれなんですけど。凄い素敵な作品になっていますので。皆さんに勧めて下さい!

佐藤大樹さん:皆さん元気ですか!(元気!)いいですね。
と、LDHなノリから

佐藤さん:観終わってキュンキュンして、家族に会いたくなっていると思います。盛り上げていきたいと思います!

優希美青さん:観てどうでしたか?キュンキュンしましたか?(大拍手)良かったです。

廣木隆一監督:無事に今日を迎えられてほっとしています!楽しんで言って下さい。

映画情報どっとこむ ralph 鑑賞後と言うことで、ネタバレが多いので、ここからはかなりぼかしてご紹介!

ときめいたシーンは?

桜井さん:遊とシチューを食べるシーン。

吉沢さん:空気感。凄くいい。端から見てたらキュンキュンする。

桜井さん:その時の言葉CMみたいでした!(笑)

吉沢さん:・・・・。

佐藤さん:食卓のシーンは感情移入できるので、にやにや・ときめきポイントです。


吉沢さんは:幸せな生活感と切ないところが・・・いいんです。二人で歩いていくところとか。心臓持ってかれます。キュン超えました!ギュンです!

とすると、負けず嫌いな桜井さんは

桜井さん:ギョンギョンしました!ギュンの上です!

と何故か張り合い


優希さん:私もギョンギョンしました!

と乗っかります。

廣木監督:ラストですね。多くのカメラを使いまして、映画的な空間にキュンとしました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、大人組から若い方達へ恋愛アドバイスのコーナーに

中山さん:私が言えることはないんですけど。。。恋愛してるときは何でも楽しいんで。其々が自立した存在でいて欲しいかな。そこから進んでほしい。

桜井さん:深いですね。好きになると・・ 勉強になります!

谷原さん:どうせ聞かないでしょ?恋は盲目。優希さんはコナン君が好きなんですって!ファンなんだって聞いたら愛なんですって!全く聞いてくれませんでした!変なアドバイスしてもしょうがない。恋はやらないで公開するより、やって公開した方がいいと思います!

筒井さん:今の子たちは、今の子たちが思う恋愛をすればいいと思います!大人を特に参考にしなくていいです。自由になさってください!
吉沢さん:自由にやります!

佐藤さん:おもしろいな。筒井さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、原作者・吉住渉先生から、桜井さん&吉沢さんへお祝いのサプライズプレゼント!
メッセージ&イラストが到着!

さらに桜井さんには、実の母からの手紙に動揺・・・
そして、涙!

吉沢さん、サッとハンカチを差出すところは流石。

桜井さん:聞いてなかった・・泣いてしまった!ズルいです~。母が言うようにいろんな奇跡がつながってここに立てています。

と、絶対舞台挨拶では泣かないと思っていた桜井さん轟沈!そして、皆に感謝。
それにしてもお母さん絵が上手い!


最後に・・・

吉沢さん:僕らも一生懸命作りました。多くの方に観てもらわないと映画は完成しません。面白いと思っていただいた方は輪を広げて下されば。よろしくお願いいたします!
桜井さん:この作品のクランクインの前から、初日の舞台挨拶を妄想してました。それがかなって嬉しいです。作品を作るのにどれだけ多くの人の力と思いがあるのか強く感じました。みんなの愛が詰まった作品です。愛していただけると嬉しいです。応援宜しくお願いいたします!

お客さんにも挨拶! でイベントは終了となりました!

映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計1000万部突破の大ヒットコミック「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!

突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに!『余命一ヶ月の花嫁』『ストロボ・エッジ』のラブストーリーの名手・廣木隆一監督が手がけ、少女マンガの枠を超えた恋愛映画の金字塔が誕生した。光希を演じるのは “岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。遊を演じるのは、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢亮。

いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!光希と遊の両親に、中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆と “ラブストーリーの神たち”とも言える超豪華キャストが集結した。すべての女性を夢中にさせた、光希と遊のとまらない恋の行方に中高生から大人まで心を奪われる!

物語・・・

本気の恋は 甘いだけじゃない

ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。

一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。

甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

公式HPアドレス:http://marmaladeboy.jp
Twitter:@marmalade_movie
ハッシュタグ:#ママレードボーイ

***********************************

出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子 廣木隆一 音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


岡山・広島大歓喜!桜井日奈子、主演映画「ママレード・ボーイ」と共に地元凱旋


映画情報どっとこむ ralph 突然の同級生との同居、保健室のキス、すれ違いの初恋、三角関係・・・すべての女性のトキメキがここに。

「ママレード・ボーイ」が遂に実写映画化!

光希を演じるのは “岡山の奇跡”として一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子さん。遊を演じるのは、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢亮さん。いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!

4月27日(金)の公開に先立ち岡山・広島にて舞台挨拶付き試写会が行いました!


映画情報どっとこむ ralph イオンシネマ岡山での特別試写会に登場したのは主人公・小石川光希を演じた桜井日奈子さん。朝早くからの映画上映にもかかわらず、場内は満席!
桜井さん:帰ってきました!上京する前はよくこの映画館に来ていました。なので、今舞台挨拶で来ているのがとても不思議です。岡山、緊張します(笑)

と挨拶。

桜井さん:高校3年生まで、バスケ漬けの毎日でした。イオンにはよく来ていて、ここに来れば誰かに会えるみたいな感じでした(笑)。

と地元・岡山での思い出を語り、

桜井さん:もうすぐ映画が公開になるのですが、沢山の人に観てもらいたいです。今、宣伝活動をしていていよいよだなと思っています。

と話します。

主演の本作に関して

桜井さん:オファーを頂いてから、原作を読んだのですが、一気読みしてしまいました。設定が斬新で新しくて。新鮮でした。一生懸命になりすぎて、撮影期間は余裕がなく、プレッシャーは感じられませんでした。でも、やっぱり大人気漫画が原作ですし、公開が近づくに連れプレッシャーを感じるようになって。今まさに公開直前なので、とても緊張しています。

とコメント。
遊を演じた吉沢亮さんらを始め、共演者から“光希にぴったり”と太鼓判を押されていたが、自身でも共通点があるように思うようで

桜井さん:光希は何でも思ったことを隠さずに出してしまう素直さがあって。そこは私と似ているところだなと思っています。私もすぐに顔に出てしまうので(笑)でも、光希の真っ直ぐな所はあまり似ていないかも…。

と。また、撮影時を振り返り

桜井さん:吉沢さんはすごく頼りになる方で、お芝居でも精神的な面でもリードして頂きました。

と吉沢さんについてコメント。

北九州でも撮影を行い

桜井さん:遊との旅行のシーンの撮影をしました。SNSで上げるような写真や映像を撮影したりもして。とても思い出深いです。

と語る。

監督からの演出について

桜井さん:”普通に、普通に”と言われるんですけれど、普通ってなんだろうって。考えていくうちに段々できなくなっていったりして。自然なお芝居というのが初めてだったので、難しかったです。ときめくシーンが詰め込まれていて、保健室でのキスとか、海辺でのシーンはキュンとするんじゃないかなと思います。遊が弱さを見せるシーンは女性はみんな心をくすぐられるんじゃないかな。

と映画の見どころを話し、
桜井さん:朝早くからありがとうございます!沢山沢山、キュンキュンして下さい!光希と遊の恋物語ではありますが、2人以外の銀太や茗子と名村先生の恋に、後は両親Sたち。恋の物語でもあって、成長物語、そして家族の物語でもあります。トキメキが沢山詰まった見どころ満載の映画になっているので、リラックスして楽しんで下さい!

と舞台挨拶を結び、思い出の地を後に次は、広島へ。

映画情報どっとこむ ralph 広島パルコ前の特設ステージにて、トークショーを実施。なんと、桜井をひと目見ようと約1000人もの来場者が駆けつけ、ステージ前が大混乱に!
地元・岡山に隣接する広島については

「宮島に行ってみたいです!」「広島カープさんが優勝した時は、その反響が岡山まで届いていました!」

と地元トークを展開。

両親Sとの共演について触れ、

桜井さん:映画・ドラマ等でずっと活躍されてきて、小さい頃から観てきた方々ですので、私は緊張しっぱなしでした。でも皆さん、私のような新人にも優しく、同じ目線でお話してくださって不安なことは何もなく安心して撮影現場に臨めました。寒い時に中山美穂さんが背中をさすってくださって。それぐらい皆さん温かい方でした。

<一観客として、誰と映画を観に行きたい?>という質問には、

桜井さん:この作品は観終わった後に、遊と銀太どっちがタイプだった?とか、両親Sみたいに、親が再婚したら?とか、話題が付きないので、仲のいい友達とか、家族と観ても楽しいかもしれません。

と話。広島に訪れた桜井さんに向けて、『ママレード・ボーイ』に絡めた、“広島クイズ”が行われ、会場は大盛り上がり!最後には約1,000人もの来場者たちと記念撮影!

映画情報どっとこむ ralph 会場沸き立つ中、広島パルコを後に本日の最後の地となる広島バルト11へ。
上映後の舞台挨拶は初めてということで、

桜井さん:ぶち面白かったですか?観た直後の皆さんの、ホットな感想を是非聞いてみたいのですが…?

と地元・岡山でも使われる方言で会場に問いかけると歓声が飛び交い、大きな拍手で返事が。

桜井さん:ありがとうごぜーます!(笑)

と嬉しさいっぱい。

桜井さん:小学校の社会科見学等で広島は訪れたことがあります。

と広島でのエピソードを。


初主演となったことについては

桜井さん:まだ、数えるほどしか映画に出たことがない中で、こんな大きな作品の主演のオファーを頂けるなんて思ってもいませんでした。

と当時の心境を語り、映画完成後は

桜井さん:最初に観たときには、自分の演技が大丈夫かなっていう心配ばかりで。二回目に観た時は、少し余裕が出たので、作品としてきちんと観ることが出来ました。<本気の恋は、甘いだけじゃない>ってここにも(ポスター)書いてありますが、この言葉に嘘はなくて、本当に恋のどうしようもならない思い、苦い部分も沢山描かれています。

と映画についてコメント。

吉沢さんについては

桜井さん:最初無口な方なのかなって思っていたのですが、そんな事全然なくて沢山話しかけてくれました。吉沢さんの演技を受けて、私は光希になれたなと思っています

予告編でも印象的な“保険室でのキス”シーンについて尋ねられると

桜井さん:その撮影が終わるまで緊張しっぱなしでした。私は口の周りの食べかすとかつけがちなので、入念にチェックをしました(笑)

と可愛らしいエピソードを披露。

豪華キャスト“ラブストーリーの神たち”とも称される両親Sたちとの共演に関しては、

桜井さん:実は、冒頭の食事のシーンが皆さんと初めて演技をさせて頂いた場面でした。最初から家族の雰囲気が出来上がっていて、素晴らしい環境で演技させて頂きました。両親Sの4人もこの作品で共演が初めてということに驚きました。エレベーターで両親Sの皆さんと一緒になった時、一生この瞬間は忘れないなって思いました(笑)

と撮影を振り返る。

お気に入りにシーンは?との質問には

桜井さん:シチューのシーンが一番好きです。光希と遊の絶妙な距離感が伝わって来て。でもあのシーンの撮影は、5分以上長回しで撮ったので大変でした。でも一連で撮影されるので、気持ちが途切れることもなく、気持ちが乗りました。廣木監督みたいに自由に演じさせてくれる監督も初めてでした。

と続けて説明。加えて、

桜井さん:光希の高校生と大学生での演じ分けについては、事前に監督と相談をしました。髪を切るシーンについては、本気の恋を経験した光希がその先に進んでいく姿が見せられたらいいね。

と話し、

桜井さん:監督に褒められたシーンが一つだけあります。最後に光希がママレード・ジャムを置くシーンがあって。そのシーンが凄く良かったって…(笑)美味しそうな感じが良かったって褒められたので、是非二回目を観る時には注目してみて下さい!(笑)

と笑いを誘う一幕も。



舞台挨拶が着々と進む中、

桜井さん:やっぱり直接感想がもっと聞きたいです!」という桜井たっての希望で、桜井から来場者に直接質問することに!「一番、ぐっときたシーンは?

と尋ねるととひっきりなしにコメントが飛び交い、桜井さんと来場者たち全員が意気投合!

そして最後には

桜井さん:本当にありがとうございます。こうやってリアルな感想を直接聞けて嬉しかったです。是非、SNS等で皆さん『ママレード・ボーイ』のトキメキを広めてもらいたいです

とのメッセージを贈り、温かみ溢れる広島での舞台挨拶を、名残り惜しそうに終えました。
映画情報どっとこむ ralph 映画『ママレード・ボーイ』

は4月27日(金)より全国ロードショー!

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 
Twitter:
@marmalade_movie

ハッシュタグ:#ママレードボーイ

本気の恋は 甘いだけじゃない
ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?
更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。

一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。
甘いけれどクールな遊に翻弄されながら、ひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。

でも、ある日、遊は光希と自分の間にある秘密を知ってしまう。二人の恋の行方は・・・?

***********************************

出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青 藤原季節 遠藤新菜 竹財輝之助 / 寺脇康文
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)

監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子  廣木隆一
音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会