「羽生生純」タグアーカイブ

池田エライザをイメージ『ルームロンダリング』羽生生純の描きおろしイラスト到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

人付き合いが苦手、彼氏なし、人生こじらせ真っ最中の八雲御子。彼女の仕事は、事故物件に住んでその履歴を帳消しにする、“ルームロンダリング”。そんな御子の悩みは、仕事先の部屋で元住人たちがユーレイとなって出没すること。この世に未練タラタラなユーレイたちに振り回される日々を送るうち、周囲の人々も巻き込んで、御子に人生初の恋とトラブルが訪れる!?
こじらせてきた分だけ幸せになれる、ハートウォーミング・コメディが誕生しました。

本作は、2017年12月より月刊コミックビーム(KADOKAWA刊)にて連載されており、5月には上巻のコミックスが発売されました。コミカライズを手掛けたのは、「俺は生ガンダム」や松尾スズキ監督で映画化された「恋の門」などの漫画家・羽生生純先生。

映画とは一味違う、独創的な世界観で『ルームロンダリング』を描いています。

この度、羽生生純の描きおろしイラストとコメントが到着いたしました。イラストは、池田エライザがアヒルを片手に佇む映画のポスタービジュアルをイメージ。

羽生生生からコメントが届いています!

映画『ルームロンダリング』は、片桐監督やスタッフ、キャストの皆さんが丹精して産み育ててきたもので、とてもポップで可愛らしい部分を持った、良質のドラマです。漫画化をさせていただいております私の画風は、ポップさのカケラもないですが、異母兄弟みたいなものというか、同じDNAを持って生まれたけれども全然違う環境で育ったような、そういう漫画になっております。

映画情報どっとこむ ralph 本作の公開劇場である渋谷HUMAXシネマでは、「オリジナルポストカード付ちょっと幸せになるクリームソーダ」の発売が決定。
ポストカードは6種類あり、キャストの写真3種類、漫画のイラスト3種類が、ランダムでプレゼントされます。

ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

roomlaundering.com

【STORY】
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、事故物件に自分が住むことによって“部屋を浄化する”というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ・・・!?

***********************************

出演:池田エライザ、渋川清彦、伊藤健太郎、光宗薫/オダギリジョー
※キャスト名は名字かフルネームで記載をお願い致します。略称はお控え下さい。
監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋・梅本竜矢
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch 
©2018「ルームロンダリング」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテイメント 
配給:ファントム・フィルム 


羽生生純先生が映画『ルームロンダリング』から刺激を受けコミカライズを熱望!単行本発売!


映画情報どっとこむ ralph 池田エライザ主演『ルームロンダリング』が7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーとなります。

主人公・御子を演じる池田エライザに加え、胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父役にオダギリジョー。御子の隣に住む青年・亜樹人役には、若手注目俳優、健太郎。個性豊かな幽霊たちを渋川清彦、光宗薫が演じます。他にも木下隆行、奥野瑛太、つみきみほ、田口トモロヲ、渡辺えりなどの名バイプレイヤーたちが脇を固めます。

そんな本作は、松尾スズキ監督で映画化された「恋の門」や、「俺は生ガンダム」など独創的な漫画でファンを魅了してきた漫画家・羽生生純がコミカライズを手がけ、2017年12月よりコミックビーム(エンターブレイン刊)にて連載されております。

ポップで可愛らしい映画をコミカライズすることについて、羽生生純は「同じDNAを持って生まれながら“異母兄弟”のような作品にしたかった」と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして!
この度、このコミック「ルームロンダリング」の単行本(上巻)の発売が決定いたしました。

巻末には、いつもコミックビームを愛読しているという池田エライザと、羽生生純、監督をつとめた片桐健滋が、池田エライザ手作りのシナモンロールを食べながらの鼎談インタビューも掲載!

羽生生純先生のコメントです!

羽生監督:この脚本は、絶対に変な折り目をつけたりしないで大事にしようって、大切にしたくなる一作だったんです。
「ルームロンダリング」(上巻)巻末鼎談より抜粋

映画情報どっとこむ ralph ◆コミック「ルームロンダリング」(上巻) 概要◆

原案:片桐健滋・梅本竜矢 作画:羽生生純

定価:本体720円+税

電子版:希望小売価格 本体720円+税

2018年5月11日発売
KADOKAWA刊
ISBN-10: 4047351881

話題の映画を、『恋の門』『俺は生ガンダム』の異能の傑物が前代未聞のコミカライズ!

月刊コミックビーム(KADOKAWA刊)大好評連載中

映画情報どっとこむ ralph ルームロンダリング

7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー

公式HP:
roomlaundering.com

物語・・・
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。

その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。

しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ…⁉


出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗薫/オダギリジョー

監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋・梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
配給:ファントム・フィルム
2018年/109分/日本/カラー/DCP/シネマスコープサイズ/5.1ch
©2018「ルームロンダリング」製作委員会


『ホドロフスキーのDUNE』公開記念連日豪華イベント


ホドロフスキーのDUNE
ホドロフスキーのDUNE
今週末6月14日(土)より公開となる『ホドロフスキーのDUNE』

1974年にアレハンドロ・ホドロフスキーが企画した“映画史上最も有名な未完の大作と言われる、ホドロフスキー版『DUNE』をめぐるドキュメンタリーである本作の公開を記念し、トークイベントが開催されます。

先日行われた「ホドロフスキーのDOMMUNE」では、熱狂的ホドロフスキー信者としての実力をいかんなく発揮しホドロフスキーから「マスクをすれば神だ!」とまで言わしめたザ・グレート・サスケ。

ホドロフスキーとグレートサスケ
覆面レスラーとして壮絶なレスラー人生を闘い続け、幾度となく絶望の淵から立ち上がってきた自身の歴史とシンクロさせながら『ホドロフスキーのDUNE』を熱く語ります!

日時:2014年6月26日(木) 19:00の回 上映終了後トーク
会場:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18)
出演:ザ・グレート・サスケ

料金:一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000

予約・詳細:http://www.uplink.co.jp/movie/2014/26402

<出演者プロフィール>
ザ・グレート・サスケ(プロレスラー)
1990年3月1日、後楽園ホールにおけるユニバーサル・レスリング連盟旗揚戦でデビュー。 1993年3月、日本初のローカルプロレス団体、みちのくプロレスを起業。 プロレス界の枠を超えたスーパースターに。 株式会社 アルファ・ジャパンプロモーション所属

そして、連日豪華イベント決定!
座席指定のオンライン予約チケットは、各詳細ページにて6/12(木)より発売開始です。


2014年6月14日(土) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
人々の意識を変容させる映画『DUNE』から読み解くホドロフスキー世界
ゲスト:柳下毅一郎 (映画評論家・特殊翻訳家) 、原正人(翻訳家)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28533


2014年6月15日(日) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
プログレで語る未完のSF映画『ホドロフスキーのDUNE』
ゲスト:mito (クラムボン) 、MMMatsumoto (MARQUEE)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28526


2014年6月18日(水) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
映画やアニメーションなど集団作業による触発と官能
ゲスト:氷川竜介(アニメ特撮研究家、明治大学大学院 客員教授)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28529


2014年6月22日(日) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
映画を愛しすぎた漫画家たちが語る未完のSF大作『ホドロフスキーのDUNE』
ゲスト:古泉智浩(漫画家/『青春金属バット』など)、羽生生純(漫画家/『恋の門』など)、タイム涼介(漫画家/『アベック・パンチ』など)
詳細・予約 http://www.uplink.co.jp/event/2014/28535


2014年6月25日(水) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
初心者向けバンドデシネ講座
ゲスト:フレデリック・トゥルモンド(ユマノイド日本支社代表)
http://www.uplink.co.jp/event/2014/28581


2014年6月26日(木) 19:00上映スタート / 20:30トークスタート
失敗もひとつの選択だ!覆面レスラー(ルチャドール・エンマスカラ)サスケがホドロフスキーより授かりしもの
ゲスト:ザ・グレート・サスケ
http://www.uplink.co.jp/movie/2014/26402

「失敗してもかまわない、それも一つの選択なのだ」
スターウォーズなどのSF作品に多大な影響を与えた未完の大作を巡るドキュメンタリー!!

映画『ホドロフスキーのDUNE』

6月14日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開です。

********************************************************************


映画『ホドロフスキーのDUNE』

メビウス、ギーガー、ダン・オバノン、サルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、ピンク・フロイドら、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した幻のSF大作『DUNE』。その製作過程を、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、ニコラス・ウィンディング・レフン監督らのインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー!

■監督:フランク・パヴィッチ
■出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン
■配給:アップリンク/パルコ
(2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)

6月14日(土)より、
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開

(c) 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dune/


*****************************************


映画『リアリティのダンス』
世界を熱狂させた巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー、85歳。
23年ぶりの新作は、ホドロフスキーが原点に立ち戻り生み出す癒しの物語。

1990年の『The RainbowThief』(日本未公開)以来23年ぶりとなる新作は、生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品。権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

■監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
■出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
■音楽:アダン・ホドロフスキー
■原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
■配給:アップリンク/パルコ
(2013 年/チリ・フランス/130 分/スペイン語/カラー/1:1.85/DCP)

(c) “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013

2014年7月12日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンクほか、全国順次公開

★【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dance/