「羊と鋼の森」タグアーカイブ

山﨑賢人主演映画「羊と鋼の森」:一夜限りの久石譲 × 辻井伸行 演奏会決定!


映画情報どっとこむ ralph 「火花」「君の膵臓をたべたい」を抑え、2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

山﨑賢人「羊と鋼の森」で実写化

2018年6月8日(金)公開となります!


本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村(山﨑賢人)は調律師・板鳥(三浦友和)と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。
圧倒的な自然が生み出す“映像の美しさ”、そしてピアノの旋律が奏でる“音の美しさ”、そしてひた向きに仕事に向き合う青年の成長を描く“物語の美しさ”、それらが融合した唯一無二の映画が誕生します。

映画情報どっとこむ ralph そんな本作で、世界が待望する“夢”の音楽家タッグが実現!
作曲・指揮を久石譲さん、ピアノ演奏を辻井伸行さんが担当し、エンディングテーマ曲“The Dream of the Lambs”を制作したことが話題になりましたが、この度、映画公開を記念して、サントリーホールにてによる特別コンサートを実施することが決定!!

映画『羊と鋼の森』に登場する美しいピアノ曲を辻井伸行さんが演奏するほか、スペシャルゲストとして久石譲が参加し、エンディング・テーマを指揮することも決定しました!!

楽曲制作はもちろん、ステージでの共演も初となる2人。
豪華で歴史的な一夜限りのコンサートとなります。

映画情報どっとこむ ralph 《公演概要》
映画「羊と鋼の森」公開記念 辻井伸行 特別コンサート
スペシャルゲスト:久石 譲
日時:2018年6月13日(水)19:00開演(18:15開場)
場所:サントリーホール

映画『羊と鋼の森』公開記念 特別演奏
久石 譲×辻井伸行
The Dream of the Lambs~映画「羊と鋼の森」エンディング・テーマ
共演:久石 譲 指揮 東京フィルハーモニー管弦楽団

辻井伸行 映画『羊と鋼の森』に登場するピアノ曲を弾く
ラヴェル:水の戯れ
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ベートーベン:ピアノ・ソナタ第23番《熱情》

辻井伸行 ピアノの名曲を弾く
ショパン:別れの曲
ショパン:英雄ポロネーズ
ドビュッシー:月の光
ドビュッシー:2つのアラベスク
リスト:愛の夢
リスト:ラ・カンパネラ
(演奏曲順未定)

チケット料金:
全席指定 S:9,000円 A:7,000円(税込)B:5,000円
4月28日(土)朝10時よりチケット発売
http://www.ints.co.jp/tsujii-lamp2018/

主催:エイベックス・クラシックス・インターナショナル 制作協力:インタースペース
協力:ワンダーシティ 東宝ミュージック 東宝

映画情報どっとこむ ralph
羊と鋼の森

公式サイト:
http://hitsuji-hagane-movie.com/

ストーリー

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――

将来の夢を持っていなかったとむら外村は、高校でピアノ調律師・いた板どり鳥に出会う。彼が調律したその音に、生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のようなその世界に、足を踏み入れていく。
調律師の先輩たち、高校生姉妹、引きこもりの青年、意地悪なバーのオーナー。ときに迷い、悩みながらも、ピアノ関わる多くの人に支えられ、磨かれて、外村は、調律師として、人として、逞しく成長していく。

原作「羊と鋼の森」
著者:宮下奈都(文春文庫刊)
累計発行部数:100万部突破!
●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

エンディング・テーマ
「The Dream of the Lambs」久石譲 ✕ 辻井伸行  
作曲・編曲 : 久石譲
演奏 : 辻井伸行
(AVEX CLASSICS INTERNATIONAL)

***********************************

キャスト
山﨑賢人 
鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 
堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗
光石 研 吉行和子 / 三浦友和

スタッフ
監督:橋本光二郎  脚本:金子ありさ  音楽:世武裕子
製作:「羊と鋼の森」製作委員会

©2018「羊と鋼の森」製作委員会


山﨑賢人が卒業式に!撮影した旭川の中学にサプライズ登場『羊と鋼の森』


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

山﨑賢人主演で実写映画化となった『羊と鋼の森』は2018年6月8日(金)公開となります。

本作はそのほとんどを北海道・旭川市で撮影し、山﨑さん演じる外村が調律師を目指すきっかけとなる重要なシーンを旭川市立春光台中学校で行いました。

そこで、撮影でお世話になったお礼と、作品が持つ≪新しい世界に羽ばたくすべての人の背中を押す≫というテーマの元、3月15日(木)に実施された中学校の卒業式に山﨑賢人がサプライズで登場! 卒業生を激励しました。

日時:3月15日(木)
場所:旭川市立春光台中学校
登壇:山﨑賢人
参加人数 卒業生:約100名、在校生:約200名、保護者:約150名、全体:約450名

映画情報どっとこむ ralph この日訪れたのは、まだまだ雪がうず高く積もっている旭川市立春光台中学校。

生徒・保護者合わせて約450名が参加した卒業式の終盤。
山﨑さんがサプライズで登場!!
突然の登場に悲鳴を上げる生徒、泣き出してしまう生徒と大歓声!!!

山﨑さんは、卒業生にお祝いのメッセージを送った後、ちょうど1年前にこの体育館で撮影をしていた思い出を振り返り、映画を通して伝えたいメッセージを熱く語りました。

山﨑賢人コメント
中学3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。一生に一度しかない卒業式に、こうしてお邪魔する機会は中々ないので、凄く不思議で緊張しています。しかも、この体育館でちょうど一年前に撮影したのが、僕が演じた外村(とむら)という青年がピアノに出会い、調律師を目指すことになった大事なシーンだったので、凄く懐かしい気持ちでもあります。『羊と鋼の森』はほとんどのシーンを、ここ旭川で撮影していましたので、旭川には色んな思い出があります。美味しいラーメンとか、ジンギスカンとか。旭山動物園のペンギンの散歩も可愛かったです(笑)。

映画情報どっとこむ ralph またもう1つ、山﨑さんから学生の皆さんにサプライズが。

なんとこのイベントの前夜に体育館を訪れ、映画の撮影でお世話になった調律師さんと一緒に、卒業式で使用するピアノの調律をしていました!

先ほどまで自分たちが合唱をしていたピアノに山﨑さんが触れていたことを知った生徒たちは再び驚きと喜びに沸き、なんと山﨑さんに、そのピアノを使っての校歌を合唱でプレゼントすることに。

感極まり号泣しながら校歌を歌う生徒もいる中、山﨑さんも涙をこらえながら、その歌声に聴き入っていました。


卒業生、在校生、保護者全員でのフォトセッション!

山﨑さん:
僕が演じた外村も高校2年生のときに調律師という仕事に魅力を感じて、調律師を目指すのですが、やっぱり最初は失敗ばかりで上手くいかない。でも外村は、調律という仕事が好きで、諦めずにコツコツ頑張り続けるんです。これから新しい生活を迎える皆さんの背中をそっと後押してくれる作品になっていますので、ぜひ観てもらえると嬉しいです。改めて、本日はご卒業おめでとうございます!

と劇中のセリフを引用しながら、再び卒業生に熱い激励の言葉を贈ると、なんと全校生徒が自発的に花道を!

その中を、山﨑は生徒とハイタッチしながら体育館を後にしました。
映画情報どっとこむ ralph 羊と鋼の森

2018年 6月8日(金) 全国東宝系にてロードショー!

公式サイト:
http://hitsuji-hagane-movie.com/

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、映画『orange-オレンジ-』、『四月は君の噓』、ドラマ「陸王」「トドメの接吻」を始め、常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優・山﨑賢人。

物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹を注目の女優・上白石萌音、上白石萌歌姉妹が演じることが先日発表され、この姉妹共演も大きな話題となりました。
さらに外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和が、同じく外村の勤める江藤楽器のピアノ調律師で、成長のきっかけとなるアドバイスをしていく兄貴分・柳 伸二役を、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演であり、今年の顔となる俳優・鈴木亮平が演じ、若手からベテランまで、原作のイメージに合う、実力派俳優陣が集結しました。

原作

羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)

著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)

●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

キャスト
山﨑賢人 
鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 
堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗
光石 研 吉行和子 / 三浦友和

スタッフ
監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
音楽:世武裕子
製作:「羊と鋼の森」製作委員会

<撮影時期> 2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
<撮影場所> 北海道旭川を中心に撮影

©2018「羊と鋼の森」製作委員会
  


山﨑賢人『羊と鋼の森』で久石譲×ピアノ辻井伸行がタッグ!本予告解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。 山﨑賢人主演で実写映画として2018年6月8日(金)、公開されます!

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。
北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

そんな本作で、世界が待望する“夢”の音楽家タッグが実現!

作曲・編曲を久石譲さん、ピアノ演奏を辻井伸行さんが担当し、エンディング・テーマ“The Dream of the Lambs”を制作しました!
原作「羊の鋼の森」は「本から音が聴こえてくる」という感想がでるほど、表現力豊かに描かれた物語。その世界観、そして“ピアノ”の魅力を最大限に活かせるテーマ曲を考えた映画制作陣は、優れた表現力で世界的に有名な音楽家である2人に制作を依頼。元々原作を読んでおり、その世界観に強く惹かれた両名がオファーを快諾したことにより、世界的音楽家による、豪華すぎる“夢”のタッグが実現しました!

映画情報どっとこむ ralph 久石譲さんは言わずと知れた、日本を代表する作曲家。スタジオジブリ作品や北野武作品の音楽を担当したことで広く知られ、国内、国外問わず数々の賞を受賞。作曲家、ピアニスト、指揮者と様々な面で活躍し続けており、世界中で愛され続けている稀有な音楽家です。

久石譲さんからのコメント

 ピアニストはいろいろなピアノに出会わなければならない。ピアノによってタッチがそれぞれすごく違います。調律師は求める音を表現してくれる、本当に大事な存在で、音は出さないけど立派な音楽家だと思います。
そんな調律師を描いた原作を、オファーをいただく前に読ませていただきました。成長譚の美しくてとても良い話。だからこそ、綺麗なだけで終わらないように、映画の奥行を出せるように、シビアなミニマル的な部分とメロディアスな部分の交差する曲を作るように意識しました。
 その曲を辻井くんと一緒に作ることができて嬉しく思います。古典的なスタイルをとりつつ、現代的な曲を作ったのですが、見事に弾いてくれました。辻井くんは本当に素晴らしいピアニストで、特にリズム感が凄いです。無駄なものが無いきちんとしたリズム。これを活かしたいと思って指揮をしました。演奏をしていて、とても楽しかったです。辻井くんとはまた是非一緒に演奏させていただきたいですね。

映画情報どっとこむ ralph 辻井伸行さんもまた、世界トップクラスのピアニスト。アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人として初めて優勝し、その後も数々の賞を受賞。作曲家として活躍し『神様のカルテ』、「美の巨人たち」などの映画やテレビ番組の音楽も担当し、コンサートも日本のみならず世界中で開催するピアニスト。

辻井伸行さんからのコメント

オファーをいただく前に原作を点字の本にして読んでいましたが、ピアノをやっている人なら皆さん興味のある話だと思います。曲にもたくさんのイメージがあったり、ピアノには壮大でカッコいいところがあったり、いろいろな面白いことが分かる素晴らしい物語です。そんな映画の演奏を、久石さんとご一緒させていただけたのは本当に光栄でした。久石さんの大ファンで、素晴らしい曲をずっと聴いていたので、本当に嬉しかったです。
久石さんに楽譜をいただいた時に、どのような気持ちで作曲されたのか想像し、また映画のイメージを自分の中で膨らませて、できる限りのことをしようと思って練習し、本番に挑みました。お会いするまでは緊張しましたが、本当にお優しい方で、合わせやすく、またいろいろと勉強させていただきました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しかったですし、収録があっという間でした。また是非ご一緒させていただきたいです。
ピアノの調律師さんは僕にとってなくてはならない存在です。ピアニストは演奏するときは一人ですが、調律師さん、観客の皆さんと一緒にコンサートを作り上げていると思っています。国内外の様々な場所で調律師さんと出会うのですが、いろいろなタイプの調律師さん、そして会場のピアノと出会えるのは楽しいですね。

映画情報どっとこむ ralph 昨年夏、コンサートホールにオーケストラを集め、久石譲自らタクトを振り、曲を収録。

この日、初対面となった二人は互いに「お会いできて光栄です。」と喜びの気持ちを表しました。
事前に打ち合わせをした後に、
本番収録。
息の合った演奏をした二人は、終わった後も「本当に楽しかった。」と嬉しそうな笑顔を見合わせ、映画に相応しい最高のエンディング・テーマが完成しました!

映画情報どっとこむ ralph この度、エンディング・テーマを使用した「本予告 90秒と特報2 30秒映像」も初解禁!


映し出されているのは、山﨑賢人が演じる主人公・外村をはじめ、ピアノと向き合う人たちのそれぞれの悩みと葛藤、そして成長の姿。映像に流れる美しい旋律は、その物語の奥行を感じさせてくれます。

「羊と鋼の森」

2018年 6月8日(金) 全国東宝系にてロードショー

公式サイト
http://hitsuji-hagane-movie.com/

主人公の青年・外村直樹を演じるのは、映画『orange-オレンジ-』、ドラマ「陸王」を始め、常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優・山﨑賢人。外村の勤める江藤楽器のピアノ調律師であり、兄貴分である・柳 伸二役に、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演であり、今年の顔となる俳優・鈴木亮平。
物語の流れを作る重要な役どころであるピアニスト姉妹を上白石萌音、上白石萌歌姉妹が演じ、この姉妹初共演も大きな話題となっております。さらに、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和が演じ、若手からベテランまで、原作のイメージに合う、実力派俳優陣が集結しました。

圧倒的な自然が生み出す“映像の美しさ”、そしてピアノの旋律が奏でる“音の美しさ”、そしてひた向きに仕事に向き合う青年の成長を描く“物語の美しさ”、それらが融合した唯一無二の映画が誕生します。

***********************************

キャスト
山﨑賢人 
鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 
堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗
光石 研 吉行和子 / 三浦友和

スタッフ
監督:橋本光二郎  
脚本:金子ありさ  
音楽:世武裕子
製作:「羊と鋼の森」製作委員会
©2018「羊と鋼の森」製作委員会


山﨑賢人主演『羊と鋼の森』特報映像、いよいよ解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。
「2016年 キノベス第1位」、「2015年ブランチブックアワード大賞」も受賞し、史上初の三冠受賞を達成、さらに直木賞にもノミネートされるなど、最も話題になった小説のひとつです。
本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。

その小説が2018年6月8日(金)、山﨑賢人実写映画化して公開されます!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、今作の特報映像がいよいよ解禁!



特報映像に映るのは、ピアノ調律師の青年・外山直樹の、悩みながら真摯に仕事に向き合う姿。外山を演じる山﨑賢人は、過去の映画やドラマで見せたことのない、“職人の目”を映像で見せています。そしてその姿を見守る、三浦友和、鈴木亮平の温かい笑顔。楽しそうに連弾をするピアニスト姉妹役の上白石萌音、上白石萌歌。そして映像に散りばめられた、北海道の雄大な自然―。

圧倒的な自然が生み出す“映像の美しさ”、そしてピアノの旋律が奏でる“音の美しさ”、そしてひた向きに仕事に向き合う青年の成長を描く“物語の美しさ”、それらが融合した唯一無二の映画を感じさせる特報映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph ひたむきな姿に勇気づけられ、そっと背中を押してくれる…。

観終わった後の温かい余韻を約束する感動作。

羊と鋼の森

2018年 6月8日(金) 全国東宝系にてロードショー!

公式サイト:
http://hitsuji-hagane-movie.com/

ピアノに魅せられる主人公の青年・外村直樹を演じるのは、映画『orange-オレンジ-』、『四月は君の噓』、ドラマ「陸王」「トドメの接吻」を始め、常に話題作に出演し、絶大な人気を誇る若手俳優・山﨑賢人。

物語の流れを作る重要な役どころであり、外村の調律師人生を大きく変えることになるピアニスト姉妹を注目の女優・上白石萌音、上白石萌歌姉妹が演じることが先日発表され、この姉妹共演も大きな話題となりました。
さらに外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師、板鳥宗一郎役を、日本映画界を支える実力派俳優・三浦友和が、同じく外村の勤める江藤楽器のピアノ調律師で、成長のきっかけとなるアドバイスをしていく兄貴分・柳 伸二役を、現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主演であり、今年の顔となる俳優・鈴木亮平が演じ、若手からベテランまで、原作のイメージに合う、実力派俳優陣が集結しました。

原作

「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)

著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)

●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************


キャスト
山﨑賢人 
鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 
堀内敬子 仲里依紗 城田 優 森永悠希 佐野勇斗
光石 研 吉行和子 / 三浦友和

スタッフ
監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
音楽:世武裕子
製作:「羊と鋼の森」製作委員会

<撮影時期> 2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
<撮影場所> 北海道旭川を中心に撮影

©2018「羊と鋼の森」製作委員会


山﨑賢人の真剣でやさしい眼差し「羊と鋼の森」ティザービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 2016年「本屋大賞」を受賞した小説「羊と鋼の森」。

本作はピアノの調律に魅せられた一人の青年の成長物語。北海道の高校に通う外村は調律師・板鳥と出会い、感銘を受け、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる江藤楽器で働き始め、ピアノと繋がる多くの人と出会い、調律師としての自分を探し求め成長していきます。その小説が山﨑賢人主演で2018年6月8日(金)、実写映画として公開されます!

そしてこの度、今作のティザービジュアルが遂に解禁!

ティザービジュアルでは、真剣にピアノに向き合う山﨑賢人の調律師としての姿が! その瞳にはピアノの鍵盤が写りこんでおり、真摯な眼差しと表情は、職人の姿そのもの。初めて見る山﨑賢人の姿がそこにあります。

さらに、山﨑賢人がピアノを調律している場面写真も公開!
リアリティを追及するため、日本ピアノ調律師協会の会長から直々に指導を受け、ピアノの調律の練習を重ねた上で、撮影に臨みました。場面写真には、複雑であり美しくもあるピアノの部品と、そこに真剣に、丁寧に向き合う主人公・外村の姿があり、調律師という仕事の崇高さが伝わってきます。

映画情報どっとこむ ralph ピアノの調律という美しい世界と、そこから生みだされる物語。

羊と鋼の森

ストーリー

「羊」の毛で作られたハンマーが、「鋼」の弦をたたく。ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、「森」の匂いがした――
北海道の田舎で育った主人公・とむら外村なおき直樹は、高校でピアノの調律師・いた板どり鳥そういちろう宗一郎に出会う。
彼の調律したピアノの音に「森の匂い」を感じ、調律師の仕事に魅せられ、その世界で生きていくことを決める。そして専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働くようになるのだった。
一番年齢が近く兄のような存在である柳につきながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、一緒に回るなかで、高校生姉妹、かずね和音とゆに由仁に出会う。同じ柳の調律したピアノながら、明るく弾むような音色のゆに由仁に対し、端正でつややかな音を奏でるかずね和音の音。外村は、そんな和音の音に魅了されていく―。

調律師との出会い。
姉妹ピアニストとの出会い。
初めての調律と、挫折。
そして見えてくる“本当の自分”。

悩み、迷い、挫折を経験しながらも、一歩一歩前へ進んで行こうとする、みずみずしくも逞しい“成長物語”―。

映画情報どっとこむ ralph 原作
「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
累計発行部数:50万部突破!(初版6500部)
        
●2016年「本屋大賞」獲得!!
●キノベス!2016 第1位獲得!
●2015ブランチブックアワード大賞 受賞!

***********************************

キャスト:
山﨑賢人
三浦友和,上白石萌音,上白石萌歌,鈴木亮平,佐野勇斗
監督;橋本光二郎
脚本;金子ありさ
音楽;世武裕子
製作;「羊と鋼の森」製作委員会
撮影時期;2017年2月上旬~3月中旬 6月(夏パート撮影)
撮影場所;北海道旭川を中心に撮影

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会