「緒形直人」タグアーカイブ

瑛太・緒形直人が登壇!時代劇「闇の歯車」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 時代劇専門チャンネルにて2月9 日(土)よる8 時からの放送に先駆け、1 月19 日(土)より全国5 大都市を中心に期間限定上映される時代劇専門チャンネル開局20 周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台挨拶が丸の内TOEIで行われました。

舞台挨拶には、主演の瑛太さん、緒形直人さん、山下智彦監督が登壇。

昨年の12 月に終えたばかりの撮影を振り返り、撮影現場での裏話や、時代劇、そして日本映画の今後への熱い想いを語りました。

日付:1月19日
場所:丸の内TOEI
場所:瑛太、緒形直人、山下智彦監督

映画情報どっとこむ ralph また、体調不良で急遽駆けつけることができなかった橋爪功さんからの手紙が読み上げられました。

橋爪さんからの手紙:瑛太さん、今回初めての共演でしたが、また時代劇で一緒にやりたい。二人で芝居をしていて伝わってくるなんとも言えない色気、こちらの想像を超えてくる芝居に、気持ちよく乗せてもらいました。緒形さん、山下監督、舞台挨拶で緊張しているかも知れない瑛太を盛り立ててやってください。

と、大先輩からの温かいメッセージも届きました。


映画情報どっとこむ ralph 瑛太 コメント
大河で1年以上出演した後の時代劇だったのですが、また時代劇に挑むモチベーションが保てるか、正直自問自答しました。しかし、山下監督と初めてお会いした時、監督の持つ勢いと作品への愛情を強く感じ、大事にこの役を演じようと心に決めました。また、今回橋爪さんとは初めての共演で、たくさん勉強させていただきましたし、すごくリラックスして撮影に臨むことができました。お金をかけた派手なアクションやコメディの時代劇が増えている中、こうしたサスペンスやアウトローを描いた本格的な時代劇は少なくなっているように思います。日本人として、誇りを持って時代劇を演じられる俳優として、技術も心も磨いていきたいです。

緒形直人 コメント:
本作は、京都の正に”時代劇のプロ”が集まっている現場でやらせていただきました。監督の掛け声を始め、現場の熱い空気に触れて、出来ることならもう一度このキャスト・スタッフでやりたいなという気持ちです。時代劇の瑛太さんはとても自然体で、着流しも色気があって、また共演できるのが本当に楽しみでした。まるで、若かりし日の高倉健さんのような佇まいを感じましたね。ぜひこれからの時代劇界を引っ張っていってもらいたいです。

映画情報どっとこむ ralph 闇の歯車

時代劇専門チャンネルにて2 月9 日(土)よる8 時放送
放送に先駆けて、1 月19 日(土)より丸の内TOEI ほか全国5 大都市を中心に期間限定上映中!

公式サイト:
yaminohaguruma.jp

公式ツイッター:
@yaminohaguruma



【あらすじ】
逢魔 おうま が刻 とき
それは、黄昏―。 人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢 うごめ くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・ 初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。 「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」 危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、 やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、 口を聞いたこともない男たちだった・・・。佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。 ―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。 回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

***********************************

瑛太
緒形直人 大地康雄 中村 蒼
蓮佛美沙子 高橋和也 石橋静河
津嘉山正種 中村嘉葎雄/橋爪 功

配給:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー!/カンテレ/マイシアターD.D./東映

(C)2019「闇の歯車」製作委員会  写真:江森康之


瑛太、橋爪功と共に“完全犯罪”に挑む時代劇『闇の歯車』メインビジュアルを初公開!


映画情報どっとこむ ralph 時代劇専門チャンネル開局20 周年記念作品として制作するオリジナル時代劇最新作「闇の歯車」(原作:藤沢周平 主演:瑛 太)のメインビジュアルと豪華キャストの全貌を発表しました。

豪華キャスト6人が顔を揃えるメインビジュアルを初公開!

メインビジュアルを飾るのは主演の瑛太、その好敵手を務める橋爪功に加えて、新たな豪華キャストとして発表された緒形直人、大地康雄、中村蒼、中村嘉葎雄ら6人。

居酒屋の常連客4人と店主、そこに現れた謎の男とそれぞれの立場から、 “完全犯罪”にかかわることになる人物たちの謎めいた表情が、作品の緊迫感を漂わせます。さらに、作品に華を添える蓮 佛美沙子、石橋静河らが共演に名を連ね、サスペンスを主軸にラブストーリーもからめて描き、スリリングな物語が展開し ます。キャッチコピーは「逢魔 おうま が刻 とき の完全犯罪。」決行は、人の顔が闇に溶け、静けさが街を支配するその一瞬。一攫千金 を夢見て勝負を賭ける男たちの結末にご注目ください。


本作は時代劇専門チャンネルにて2月9日(土)よる 8時より TV 初放送。

さらに、放送に先駆けて、1月19 日(土)よ り丸の内TOEI ほか全国 5大都市を中心に期間限定上映も実施。既に発表されている東京、愛知、京都、大阪、福岡などの 劇場に加えて、追加上映も決定しています。

映画情報どっとこむ ralph 『闇の歯車』

放送情報:
時代劇専門チャンネルにて 2019 年2月9日(土)よる 8時放送

上映情報:
放送に先駆けて、2019 年1月19 日(土)より丸の内TOEI ほか全国 5大都市を中心に期間限定上映決定!

公式サイト:
yaminohaguruma.jp

公式ツイッター:
@yaminohaguruma


【あらすじ】
逢魔 おうま が刻 とき
それは、黄昏―。 人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎が蠢 うごめ くと言われるその時刻を畏れをもって迎えた・・・ 初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。 「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」 危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに・・・。彼女との未来に仄かな希望を抱く佐之助は、 やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、 口を聞いたこともない男たちだった・・・。佐之助らいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。 ―狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。 回りだす闇の歯車。しかし―それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める・・・。

***********************************


原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)
出演:瑛太 緒形直人 大地康雄 中村 蒼 蓮佛美沙子 高橋和也 石橋静河 津嘉山正種 中村嘉葎雄/橋爪 功

監督:山下智彦
脚本:金子成人
音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)清野正一郎(スカパー ! )目黒正之(東映)井元隆佑(東映)
配給:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー ! /カンテレ/マイシアターD.D./東映



横澤夏子、緒形直人 登壇!映画『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 二度の事故を起こしてしまい運行停止になってしまった京福電鉄が、住民の声で“えちぜん鉄道”として復活した実話と、えちぜん鉄道開業時からアテンダントとして勤務しているチーフの嶋田郁美が綴ったノンフィクション本『ローカル線ガールズ』にヒントを得て制作された映画『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』。

本日その公開初日を迎え、主演女優の横澤夏子さん、緒形直人さん、児玉宜久監督が有楽町スバル座での初日舞台挨拶に登壇いたしました。横澤は先に行われた東京国際映画祭のレッドカーペットイベントで“主演女優”を7回連呼し、会場を埋める人々に笑いと笑顔をもたらしていましたが、本日も“主演女優”を連呼し、来場のお客様を笑顔にしてしまうほっこりした舞台挨拶となりました。


日時:11月23日(金・祝)
場所:有楽町スバル座
登壇:横澤夏子、緒形直人、児玉宜久監督

映画情報どっとこむ ralph 横澤さんのコメント

横澤さん:こんにちは。主演女優の横澤夏子です。2時間たっぷり私のことだけ観ていただきましたよね。福井県だけの上映とうかがっていたのが、東京で上映いただけることになり嬉しいです。そして初日満席で迎えることができ、みなさん本当にありがとうございます。 主演女優で撮ってもらえると聞いた時にはびっくりしましたが、本日を迎えてドッキリじゃないんだと実感しましたのですが、お客様がちらほら笑っているところをみるとやっぱりドッキリ思ってしまいます(笑)。こうやって大きなスクリーンでみなさまに観てもらえてありがたいです。

本日着ている“えちてつ”のアテンダントさんの制服、とてもかわいいんです。実際に本物のアテンダントさんがスカーフのまき方など教えてくださって、スカーフおかげで風邪をひかずに撮影できました。撮影では、朝昼晩とボランティアのおばあちゃんたちがとっても美味しいご飯を作ってくれていて、撮影当時は3、4㎏太ってたんですが、今日はスッキリと着れてよかったです。

緒形さんと共演させていただき、ドッキリかと思っていたのに、そのドッキリ感が一切なくなって、楽屋でお弁当美味しいね、写真とろうよと言ってくださるのに、いざ撮影がスタートすると一気に怖くなってしまって、私嫌われているんじゃないんだよねと思ってしまうほどでした。緒形直人さんの迫力のある演技を間近でみることができて、すごく勉強になりました。また松原さんは恐竜博物館に撮影の合間を利用して思ったり行かれてて、私は必死にセリフを覚えるが精いっぱいで羨ましなと思ったりもしました。そして笹野さんもすごく優しく接してくださいました。電車の中での撮影では、あと3分、1分と急かされつつ演技をしなければならない状況で、OK出れば終了、NGだしたら戻って撮影し直しという中、しっかりミスして引き返すこともありました。また左義長祭りの撮影の際に、監督は練習無しでとおっしゃっていましたが、実際に撮影はいる直前で地元の怖い師匠が入ってきて、「自由にやればいいんだ」といわれつつも、「(踊りをみて)そうじゃない」といわれ、自由じゃないじゃんと感じつつも地元のかたとの一体感を感じていました。

福井県民の方が観たら本当に福井県民でよかったなと思えるだろうし、また福井県以外の方が観ていただけると故郷っていいな、福井行ってみたいなど、なんともほっこりする映画になっておりますの、主演女優の横澤夏子と共によろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 緒方さんのコメント

緒形さん:こんにちは、今日は東京での初日からわざわざお越し頂きありがとうございます。この熱全国に熱波してくれればと思います。皆さん、宣伝の方しっかり宜しくお願い致します。 横澤さんとは現場で初めてお会いして、目線の高さが僕よりちょっと上で迫力があるんですよね。(笑)バトルのシーンも妹というより弟という感じで、ちょっと力入れ過ぎたかなと思ったぐらいです。(笑)でも、一生懸命演じていてて、監督と主演女優として、意気投合してて、女優としてとてもやりやすかったです。また一緒にしましょう。

撮影期間中スケジュールがタイトでいっぱいいっぱいでした。(笑) 祖母が福井出身でお休みの時間があれば大野というところに行こうと思っていましたが・・行けなかったですね。以前も映画撮影で行っていたので、左義長祭りも素敵な祭りで、本当は練習せずにぶっつけ本番と監督に言われて、「これは出来ないだろう」と思って、二人で練習したんだよね。(笑)ちゃんと時間とってくださいよ。(笑)いい経験になりました。

福井はとってもいいところです。皆さん一度行ってみてください。宣伝、本当に宜しくお願い致します。



児玉監督のコメント

児玉監督:本日はお越しいただきありがとうございます。昨年のちょうど今頃に撮影しておりまして、約1年後に、由緒正しい劇場で上映していただき、光栄に思っております。

横澤さん演じるいづみは、もともとお笑い芸人という設定で、キャスティングする前、台本を作る段階からから決まっておりまして、既成の女優さんではなく、本当のお笑い芸人の方に演じてもらったらどうかと相談したところ、河合プロデューサーから横澤さんは?と提案があって、すぐに賛成してオファーさせていただきました。女優として大きな役はまだだったと思いますが、主演女優としては、一か八かの感じでしたが、ギャンブルがうまくいったなという気持ちでした(笑)。

緒形さんに関しましては、いづみの兄・吉兵はまじめで、芯が強いが、本当はとてもやさしいだろうから演じるのが難しいだろうなと思っており、普段の状態で役者さんにどう演じていただけるのかがポイントで、緒形さんはイメージぴったりでした。売れる作品をつくるということを念頭に置いていたわけではなく、いい作品を作る為にどういった方に演じてもらい、どういったスタッフィングをするかで選ばせていただきました。その結果、横澤さん、緒形さんらを選んだ結果になってしまったということです。

本作の撮影は、えちぜん鉄道さんがどれだけ協力してくれるかが鍵で、今回全面協力いただき、臨時列車をダイヤを組んでいただきました。線路の長さが決まっていて小一時間往復できる距離。Aの路線で撮影した演技を、Bの路線で撮影すると背景にズレが生じてしまうので、場所によって景色の変化が顕著なのでその辺苦労しました。

この映画を観て故郷っていいなと思っていただけた方、福井に行ってみたいなと思っていただけたら嬉しいです。 本日はありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 『えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~』

有楽町スバル座ほか全国公開中

http://gaga.ne.jp/echitetsu/


物語・・・
お笑いタレントを目指し上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな時、友人の結婚式に出席するため、故郷の福井県へ帰郷。披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。そして、血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だというわだかまりを抱き続けて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く一方、整備士の南部がいづみの心のオアシスに。そんな中、列車内である事件が起きる。その時、いづみがとった行動はーーー。人生の行き先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?家族の絆を取り戻せるのかーーー?



***********************************

監督:児玉宜久 脚本:児玉宜久 / 村川康敏

出演:横澤夏子 萩原みのり 山崎銀之丞 笹野高史 松原智恵子 緒形直人、辻本祐樹 坂本三佳 安川まり 古田耕子

配給:ギャガ
©2018『ローカル線ガールズ』製作委員会


横澤夏子 様々な衣装で普通を熱演!!映画『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』


映画情報どっとこむ ralph 人気芸人の横澤夏子が初主演を叶えた映画『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』。

福井県全面協力のもと、17年11月に撮影された本作は、半年に二度の事故を起こしてしまい運行停止になってしまった京福電鉄が、2003年に住民の声で第三セクターが“えちぜん鉄道”として復活させた実話をもとに、廃線から再出発を果たした“えちぜん鉄道”で、一人の女性が家族と人生の再出発を始める感動の物語です。

東京から故郷にUターンする主演の新人アテンダント・山咲いづみを演じた横澤夏子。いづみは、えちぜん鉄道のアテンダントとしてスカウトされ、新しい道を歩みだします。血の繋がらない兄・吉兵(緒方直人)の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だという心のわだかまりを抱き続け、吉兵との関係はギクシャクしたまま。アテンダントとして働きだした職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続き、人生の行き先に迷ういづみ。自分の居場所を見つけ、家族の絆は取り戻せるのか・・・?この秋、女優として、自分の人生に悩み葛藤するいづみを演じ切り、全国の皆様に心温まる物語をお届けいたします。

この度、横澤が様々な衣装で主人公いづみを演じている初公開の場面写真を解禁いたします。

横澤さんは、友達の結婚式にはピンクのドレス、
実家に戻ったらもちろん楽なルームウェアを着用、
えちぜん鉄道で働くいづみの憧れの先輩南部とのお出かけにカーキーのスカートと白のコートでおしゃれにアピール、
通勤ではジーンズにダウンジャケットとカジュアルに動きやすさを、
福井県勝山市内で行われる左義長祭りのシーンでは、赤を基調とした華やかな衣装でお囃子を舞っています。
映画情報どっとこむ ralph 映画『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』


物語・・・
お笑いタレントを目指し上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな時、友人の結婚式に出席するため、故郷の福井県へ帰郷。披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。そして、血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だというわだかまりを抱き続けて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く一方、整備士の南部がいづみの心のオアシスに。そんな中、列車内である事件が起きる。その時、いづみがとった行動は―――。
人生の行き先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?家族の絆を取り戻せるのか―――?


***********************************

監督:児玉宜久
脚本:児玉宜久/村川康敏
出演:横澤夏子、萩原みのり、山崎銀之丞、笹野高史、松原智恵子、緒形直人、
辻本祐樹、坂本三佳ほか
2018年/日本映画/1時間49分/カラー/ビスタ/5.1デジタル
映倫:G
配給:ギャガ
©2018『ローカル線ガールズ』製作委員会


横澤夏子が初主演を叶えた映画『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 横澤夏子が初主演を叶えた映画『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』。

本作品は、福井県全面協力のもと、17年11月に撮影。半年に二度の事故を起こしてしまい運行停止になってしまった京福電鉄が、2003年に住民の声で第三セクターが“えちぜん鉄道”として復活させた実話をもとに、廃線から再出発を果たした“えちぜん鉄道”で、一人の女性が家族と人生の再出発を始める感動の物語です。

東京からふるさとにUターンする主人公・山咲いづみ役の横澤夏子。いづみと血の繋がらない兄・山咲吉兵役の緒形直人。さらに、いづみをえちぜん鉄道の乗務員に誘うえちぜん鉄道社長・越智佳祐役の笹野高史、苦難につまづいたいづみを陰で支えてくれる笠羽和子役の松原智恵子、えちぜん鉄道でアテンダントとして働く同僚の藤本奈緒役に萩原みのり、酒井美由紀役に坂本三佳、鰐淵聡美役に安川まり、えち鉄の整備部のホープ・南部信也役に辻本祐樹らが脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』。

11月3日(土)福井県先行ロードショー
11月23日(金・祝)有楽町スバル座ほか、全国ロードショー

ストーリー
お笑いタレントを目指し上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな時、友人の結婚式に出席するため、故郷の福井県へ帰郷。披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。そして、血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だというわだかまりを抱き続けて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く一方、整備士の南部がいづみの心のオアシスに。そんな中、列車内である事件が起きる。その時、いづみがとった行動は。
人生の行き先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?家族の絆を取り戻せるのか―――?

***********************************


監督:児玉宜久
脚本:児玉宜久/村川康敏
出演:横澤夏子、萩原みのり、山崎銀之丞、笹野高史、松原智恵子、緒形直人 ほか
©2018『ローカル線ガールズ』製作委員会