「緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」タグアーカイブ

スプーン曲げ成功者続出!『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』


映画情報どっとこむ ralph この度、2012年よりCS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』が、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開となり、キャストの逸見太郎、大槻ケンヂさん、辛酸なめ子さん、飛鳥昭雄さん、山口敏太郎さん、中沢健さんが登壇した初日舞台挨拶が行われました。

全世界史上初となる“スプーン曲げ上映“も行われ、登壇者の飛鳥昭雄さんがスプーン曲げに成功!!
会場でも7人がスプーン曲げに成功! 『緊急検証!』ファンのポテンシャルの高さを見せつけた。


日時:1月12日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:逸見太郎、大槻ケンヂ、辛酸なめ子、飛鳥昭雄、山口敏太郎、中沢健

映画情報どっとこむ ralph この日は映画に出演する司会の逸見太郎、ロックミュージシャン・作家の大槻ケンヂさん、コラムニスト・漫画家の辛酸なめ子さん。

そして雑誌「ムー」などでもおなじみのサイエンス・エンターテイナー飛鳥昭雄さん、作家でありオカルト研究家の山口敏太郎さん、そして作家でありUMA研究家の中沢健さんという通称“オカルト三銃士”も登壇した。

かつて日本中を熱狂させたオカルトブーム。

だが現在では“インチキ”“オワコン”扱いされるなどオカルト不遇の時代を迎えている。そこで今回の劇場版では、飛鳥昭雄さん、山口敏太郎さん、中沢健さんら平成のオカルトシーンをけん引する“オカルト三銃士”にオカルトの未来を託し、全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンによって“オカルト=オワコン”説を覆すことができるのか。彼らの渾身のプレゼンを映し出す。

会場に集まった大勢の観客を前にして

逸見さん:3連休の初日。朝からたくさんの方に来ていただいて。ありがとうございます。1月11日から公開ということで、1並びで縁起がいいなと思っております。2012年の初回からMCをやらせてもらっていますが、まさか映画化になるとは。本当に驚いております。

と晴れやかな顔を見せた。

また、映画劇中でオカルト三銃士のプレゼンを見守った大槻さんは、

大槻さん:この映画は、オカルトはオワコンじゃない、終わらないというテーマで作られました。でも、映画を観ていただいたら分かると思いますが、オカルトが終わらないというよりは、この映画によって映画というジャンルが終わりを告げるんじゃないかと。映画の破壊活動となる映画だと思います。今、客席で笑っている方も、上映後にどんな表情になるのか。きっと見たことがない映画体験を楽しめると思います。

と自負。同じくプレゼンを見守った辛酸さん。

辛酸さん:収録の日は咳ぜんそくという症状に襲われていて。3分に1回、こみ上げる吐き気と戦っていました。収録中死ぬかなと思ったんですけど、この現場に骨を埋めるのは本望だと思っていました。ですから無事に完成できて良かったです。

と誇らしげに語り、観客の拍手を浴びていた。

一方のオカルト三銃士は、

山口さん:2012年に初めて番組をやった時の楽屋の雰囲気ですが、出ている人がみんなため息まじりだったのを覚えています。最初はとんでもない番組だと思っていたんですけど、まさかのロングランで、しかも映画になってしまうとは思いもよらなかったという感じですが。映画を見たらきっと、自分の人生にフィードバックしてしまうと思います。なぜオカルトなのか、なぜ人生なのかと。自分の仕事やプライベートに役立てるカンフル剤にしてください。

と呼びかけると、

飛鳥さん:これによって飛鳥昭雄、銀幕デビューです! 1月11日は、飛鳥風に言うと、3本柱ですから。分かりやすく言うと、門松が3本ということで縁起がいいんです。これはアスカリアン(飛鳥さんのファン)なら分かります。

とご機嫌な顔を見せた。

そして中沢さん:僕はUMA研究家として活動することが多いですけど、オカルトって本来自由なものなのに、これは言っちゃいけないというようなことが多いんです。でも『緊急検証!』は、他の番組で怒られるようなものも流してくれる媒体なんです。それだけ自由な番組が映画になったらこうなります。きっと人生に悩んでいる人もこれでいいんだなと思えると思うんです。この映画が日本の未来を救うと思います。

と其々映画公開に感無量の様子。

映画情報どっとこむ ralph この日の舞台あいさつは全世界史上初となる、劇場での“スプーン曲げ上映”。
12月6日に行われた完成披露上映会では観客にスプーンが配られ、会場全員でスプーン曲げに挑戦してもらったところ、なんと89人に1人の割合(劇場入り口にて集計)でスプーン曲げに成功!そしてこの日ももちろん、劇場の皆さんにスプーンを配布。


会場全員でスプーン曲げに挑戦したところ、なんと飛鳥がスプーン曲げに成功! まさにオカルト三銃士の面目躍如ともいうべきさまを、まざまざと見せつけ、会場は騒然となった。会場全体では217人中7人がスプーン曲げに成功し、31人に1人とこの映画から発せられるパワーを受け取った結果なのか高い割合でスプーン曲げ成功者が続出した。


映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー

はユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中


緊急検証!とは

21世紀、オカルトの荒野を切り拓く!毎回人類が検証すべきテーマを掲げ、地上波では決して踏み込めない企画に挑戦し続ける、2012年よりCS放送ファミリー劇場で放送中のオカルト・バラエティ番組シリーズ。

https://www.fami-geki.com/kinkyu/

***********************************

出演:逸見太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 飛鳥昭雄 山口敏太郎 中沢健 吉田悠軌
ナレーター:奈佐健臣 上坂すみれ

監督:高橋圭
脚本:伊藤のぶゆき
企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場) プロデューサー:小柳大侍 仲川啓介
2019年/日本/カラー/ステレオ
主題歌:筋肉少女帯「オカルト」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
製作・配給:東北新社
提供:ファミリー劇場
(C)東北新社


『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』ポスター&予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph CS放送ファミリー劇場にて不定期で放送されている人気看板オカルト・エンターテインメント番組「緊急検証!」がまさかの映画化。『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』(2019年1月11日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開)の予告編とポスタービジュアルを解禁となります。


かつて日本中を熱狂させたオカルトブーム。

しかし、現在では世間からインチキ・オワコン扱いされている。

そこで、平成のオカルトシーンを牽引し続けた緊急検証が誇る3人の男たちにオカルトの未来を託し、全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンによって“オカルト=オワコン”説を覆すことができるかを劇場版では徹底検証する。

まさに“オカルト界の未来をかけた聖戦”となる今回のプレゼンテーションを行うのは、雑誌「ムー」などでもおなじみのサイエンス・エンターテイナー飛鳥昭雄、作家でありオカルト研究家の山口敏太郎、そして作家でありUMA研究家の中沢健という通称“オカルト三銃士”の3人。そして世紀の試みに立ち会うのは、タレント・司会者の逸見太郎、ロックミュージシャン・作家の大槻ケンヂ、コラムニスト・漫画家の辛酸なめ子、オカルト研究家の吉田悠軌。

そしてナレーションを人気声優の上坂すみれが担当する。

この度解禁となった【ポスタービジュアル】では、70年代を代表する超有名なオカルトネタであり今回のプレゼンテーマとなる、ネッシー、ノストラダムスの大予言の書影でおなじみのイラスト、そしてユリ・ゲラーがスプーン曲げをするビジュアルが大きく描かれる。そして、「平成は終わる。オカルトは終わらないー」という、オカルトはオワコンではないという強い意志が伺えるキャッチコピーが目を引く。また、全世界初、劇場で一緒にスプーンを曲げようという気になる文言が!なんと、来場者プレゼントとしてスプーンが付いてくるという。映画を観ながらスプーン曲げに挑戦するということだそう。

映画情報どっとこむ ralph 【予告編】では、当時のオカルトブームの真っ只中にいた男たちが映し出され、また海外ロケまで行ったことが分かり、これまでのテレビシリーズとは次元の違うスケールである作品に仕上がっていることが確認できる。果たしてネッシーは本当にいるのか?ユリ・ゲラーの超能力は本物だったのか?そして、気になる「地球のラストを公開する」とは一体どういうことなのか?全人類が見聞きしたことのない最新プレゼンで、過去を凌駕する衝撃や驚きとともに、日本中をワクワクさせることは出来るのか?公開が待ち遠しい。


『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』

2019年1月11日、ユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開。

www.fami-geki.com/kinkyu/themovie

***********************************

出演:逸見太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 飛鳥昭雄 山口敏太郎 中沢健 吉田悠軌 / ナレーター:奈佐健臣 上坂すみれ
監督:高橋圭 脚本:伊藤のぶゆき 企画プロデュース:服部洋之(ファミリー劇場) プロデューサー:小柳大侍 仲川啓介
2019年/日本/カラー/ステレオ/主題歌:筋肉少女帯「オカルト」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
製作・配給:東北新社/提供:ファミリー劇場/(C)東北新社