「細田守監督」タグアーカイブ

細田守監督最新作『未来のミライ』公開記念!Huluにて『バケモノの子』独占配信決定!


映画情報どっとこむ ralph スタジオ地図が贈る、細田守監督の最新作『未来のミライ』が現在、大ヒット上映中です。

『未来のミライ』は第71回カンヌ国際映画祭開催期間中の「監督週間」にアニメーション作品として唯一選出、上映され、さらにアヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されるなど、日本国内はもちろん世界中でも大きな注目を集めている作品です。
この度、Huluでは『未来のミライ』の大ヒットを記念して、本日より『バケモノの子』を月額定額制サービスにて独占配信することが決定しました!
Huluではほかにも不朽の名作『時をかける少女』や、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』が期間限定で配信中です!これまでの細田守監督の世界を存分に堪能頂ける大チャンス!現在上映中の『未来のミライ』を観た人も、まだ観ていない人も、細田守監督の爽やかな過去作品を観て夏の猛暑を吹き飛ばしましょう!

映画情報どっとこむ ralph Huluでは、特別映像集も配信。フランスで開催されたカンヌ国際映画祭に、細田守監督と主人公“くんちゃん”を演じた上白石萌歌が登壇した時の模様や上映会後の独占インタビューのほか、全国公開に先駆けて行われた大阪での親子試写会に細田守監督、上白石萌歌、黒木華、星野源が登壇した模様なども絶賛配信中。

そのほか、『未来のミライ』の公開を記念してプレゼントキャンペーンも実施中。細田守監督 最新作『未来のミライ』公開記念!

『バケモノの子』Hulu独占配信決定!&過去3作品期間限定配信中!
※『バケモノの子』は月額定額制にて独占配信となります。
配信開始日:8月3日(金)配信スタート(9月30日まで)

映画情報どっとこむ ralph 『バケモノの子』とは?

06年『時をかける少女』、09年『サマーウォーズ』、12年『おおかみこどもの雨と雪』。
手掛けた作品すべてが傑作として評価され、国内外の映画賞を席巻し、今や世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守。『バケモノの子』は、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの淡い恋愛など…。
子どもから大人まで、あらゆる世代が共感できる、エンターテインメントの全ての要素が詰まった≪新冒険活劇≫となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『未来のミライ』とは?

2018年7月20日(金)より全国大ヒット上映中

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知る様々な「家族の愛」の形。
様々な時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とはーー

***********************************

監督・脚本・原作/細田守
キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 美術監督/大森崇、髙松洋平 プロデューサー/齋藤優一郎
企画・制作/スタジオ地図
©2018 スタジオ地図
スタジオ地図公式Instagram
https://www.instagram.com/studio_chizu/


超特急『未来のミライ展』に参上!細田守監督作品ヒロインの誰が好き?にそれぞれ・・・


映画情報どっとこむ ralph この夏、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして『バケモノの子』に続くスタジオ地図が贈る細田守監督最新作『未来のミライ』が公開し、20(金)21(土)22(日)の3日間で約37万8,000人を動員、興行収入約5億400万円を突破してスタートを切りました。

そして!明日7月25日(水)より、“未来のミライ展~時を越える細田守の世界『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』”が東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて開催となります。

開会式には、主催者の皆さんの他、細田守監督とくんちゃん(着ぐるみ)が登場!

更に『未来のミライ』の主人公くんちゃんが電車好き&劇中や本展で、「黒い新幹線」が登場することから、オフィシャルサポーターの就任が決まったメインダンサー&ボーカルグループ「超特急」が6名揃って登場し、展示された「黒い新幹線」をバックにテープカットを行うなど展示会のスタートを祝いました。

場所:東京ドームシティGallery AaMo(文京区後楽1-3-61)
登壇:細田守監督(スタジオ地図)、くんちゃん(着ぐるみ)
超特急(カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ)
日本テレビ放送網株式会社 取締執行役員 廣瀬健一/株式会社東京ドーム 常務執行役員 永田有平
ムービック・プロモートサービス 代表取締役 堂下律明/株式会社KADOKAWA 代表取締役 井上伸一郎

映画情報どっとこむ ralph 主催者を代表して、日本テレビ放送網株式会社 廣瀬取締執行役員

廣瀬取締役:複合的な要素が含まれていて皆さんが楽しめる内容になっていると思います。今回の特徴は『未来のミライ』の着想に至るところから、過去作まで掘り下げている凝った展示となっています。多くの方に見に来ていただければと思います。
との挨拶からイベントはスタート。

そして!細田監督とくんちゃんの登場に記者から大きな拍手が!
細田監督:3年間掛けて創って来た作品がついに公開となりまして。やっと見てもらうことが出来てとても充実した気持ちです。そして今回の展示は僕らスタッフがかかわって作ったわけですが、新しい視点で見ることが出来るものとなっています。感動しています。特に観て欲しいのは、『未来のミライ』の展示にポッと過去作があられる!表現が重層的で面白いんです。もう一つお気に入りは、後ろの新幹線。「黒い新幹線」の骸骨シートも座ってみたいと熱望していたので、実現できて嬉しいです。腰かけて欲しいですね。3年前「バケモノの子展」が好評で、アニメーションを映画だけでなく立体的な展示として観ることはなかなかないと思います。映画を観て、展示会に来ても、展示会に来て映画を観ても別の面白さがあり、いろんな楽しみ方ができると思います。
と、熱量たっぷりに話す監督と寄り添うくんちゃん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、オフィシャルサポーターに就任した超特急の6名が登場して盛り上げます!

リョウガさん:細田監督の作品は、背景美術が素晴らしいんです。しかも筆で書いているそうで美しい。そして世界観が非現実だけど、その中で現実的な一面がある所が好きです。見る人によって思うことが違う作品だと思います。

カイさん:展覧会の感想は。。。世界観に入り込めるが一つですが、原画が観られるのが僕的には嬉しいです。特にコメントが書いてあるのが嬉しです。『未来のミライ』は、個人的に自分にも妹がいるので、観ていて、くんちゃんと同じ懐かしい気持ちになりました。

タクヤさん:この「黒い新幹線」の中にいると異空間に来たような気持ちになりました。骸骨=がりがり担当もメンバーにいますし、行き先がUNKNOWNで、僕たちの曲にもあるので、勝手に縁を感じています。

オフィシャルサポーターとしておすすめ展示は

カイさん:展示会お勧めは、プロジェクションマッピングのくんちゃん家の中庭の展示です。原画なども展示され、映画の世界観に浸れました。
リョウガさん:展示会のお勧めは、未来ちゃんの等身大フィギュアと歴代ヒロインのパネルがあるエリアで、30分はいられると思います。
タクヤさん:メタモルフォーゼ僕らもしてるので、親近感がわきます。運命感じます!
ユーキさん:展示会のお勧めは、実際に新幹線をデザインした川崎重工業カンパニー亀田さんの「黒い新幹線」です。中の骸骨シートもすごく細かくて、電車好きには是非観て頂きたいです。
ユースケさん:映画を観ていただいてない方でも楽しめると思います。
タカシさん:過去作の魅力も感じられるし、未来のミライのなるほどポイントも満載なので是非。

超特急の皆さんにアピールして欲しいのは?

細田監督:くんちゃんは電車が好きなキャラクター。映画の中でも電車が重要でそして超特急さんもそんなつながりでオファーしましたので、是非アピールして欲しいです!!

ここで、開幕のテープカット!

映画情報どっとこむ ralph さらに、未来ちゃんはじめ歴代の細田作品のヒロインたちの等身大フィギュアやパネルが設置されたエリアにて囲み取材も行われ、

メンバーのユーキから声優へのこだわりについて尋ねられ

細田監督:役者さんに限らず、役に合う方がいればどんな分野の方でもと思っている。是非、次回作のオーディション受けに来て下さい!

という言葉に超特急メンバー全員が「是非!!」「受けさせて下さい!!」

と会場はアピール合戦に。

記者から細田監督に「超特急が映画に出るとしたらどんな役をやってほしい?」という質問には、

細田監督(並んでいる歴代ヒロインのパネルを観ながら)ヒロインたちに恋人ができたみたい。恋愛ものができそうですね。」

と答え、それを受けて「好きな歴代ヒロインは?」と聞かれた超特急は、


カイさん:好きなヒロインは、『時をかける少女』の真琴が、人間らしくて好きです。

リョウガさん:好きなヒロインは、どれも魅力的で迷いますが『サマーウォーズ』の夏希です。

タクヤさん:好きなヒロインは、『未来のミライ』の未来ちゃんです。

ユーキさん:好きなヒロインは、『未来のミライ』の未来ちゃんで、純粋な感じが好きです。

ユースケさん:好きなヒロインは、『バケモノの子』の楓。勉強を教えてくれるシーンがあるので、僕にも教えてほしい。

タカシさん:好きなヒロインは、『おおかみこどもの雨と雪』の花です。

と、其々の好みが明かされました!

映画情報どっとこむ ralph 本展示会は、細田監督が描く『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などを通じて立体的なイベントで再現することがコンセプト。

さわれるプロジェクションマッピングや、
劇中に登場する建築家・谷尻誠氏による「くんちゃんの家」の一部再現エリア、
『サマーウォーズ』で高い人気を誇るキャラクター“ラブマシーン”の巨大フィギュアをご覧いただけるほか、“細田作品インデックス”では、細田守監督の過去作の名場面の数々を、インタラクティブに体験・鑑賞いただけるなど、盛りだくさんな見ごたえのある展示会となっています。

7月25日(水)~9月17日(月・祝)東京ドームシティGallery AaMoにて開催です!

映画情報どっとこむ ralph そして、映画『未来のミライ』は全国公開中です!

映画公式サイト
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie


とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。

そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。

それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
そして父の面影を残す青年との出会い。

そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは

小さな庭から時をこえる旅へ

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。


***********************************

監督・脚本・原作:細田守

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)

キャスト:上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治

オープニングテーマ「ミライのテーマ」・エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎

音楽:髙木正勝
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図


『未来のミライ』サントラ発売記念 細田守監督・高木正勝・上白石萌歌がその音楽の魅力を語った


映画情報どっとこむ ralph 映画監督・細田守。
最新作『未来のミライ』で挑むのは、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語。

そして、その映画『未来のミライ』を彩る音楽を手掛けるのは細田作品ではおなじみとなる高木正勝。
7月11日(水)に映画のオリジナル・サウンドトラックをリリース。

本日7月16日(月・祝)にタワーレコード渋谷店にてCDの発売記念イベントを行いました。


日付:7月16日(月・祝)
場所:タワーレコード渋谷店
登壇:細田守監督、高木正勝、上白石萌歌

映画情報どっとこむ ralph イベントには細田守監督、さらには主役の“くんちゃん”の声優を務め、映画・ミュージカル・CMで注目されている若手女優の上白石萌歌も来場、この日集まった約150人のファンの前でクロストークを展開しました。

『未来のミライ』の音楽を作るにあたり、

高木さん:自分自身が弟ということもあり、(妹の)ミライちゃん目線で曲を作ることが多かったですね。

と語り、

細田監督:自分の世界観に合った方なので、音楽に関して特に注文はつけず、大まかなテーマをお伝えしました。

とオファーの仕方を明かしました。

イベント内では今作『未来のミライ』から「Inner garden」、「Rainy steps」、さらには細田守監督からのリクエストもあり、『おおかみこどもの雨と雪』から「おかあさんの唄」の高木さんによるピアノ生演奏までもが飛び出し、大いに会場を沸かせていた。


生演奏を聴いて、

上白石:優しすぎて泣きそうでした。

と感動のご様子。

細田守監督:こういった強いオリジナリティを発揮する音楽家は世界的にもいないです。

と称賛しました。

映画情報どっとこむ ralph また、細田監督は高木さんについて

細田さん:凄い才能・表現力をもつ方と映画を作れて誇らしく思います。

と語り、サウンドトラックを聴くのが大好きという上白石さんはこの作品を

上白石さん:映像を見なくても、様々な時空を旅している気分になる。是非映画と一緒に楽しんでほしい。

と語った。


映画情報どっとこむ ralph 映画『未来のミライ

は7月20日(金)の全国ロードショー。


尚、このイベントの模様は7/23(月)、7/30(月) TOKYO FM 「大家志津香のエン活!」(21:30~21:55)内にてオンエアされます。

「未来のミライ」オリジナルサウンドトラック
<発売日>2018年7月11日(水) 
2,500円(税込)
品番:WPCL-12908



物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんがその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受ける見たことない世界。そして、初めて知る様々な「家族の愛」の形。
様々な時間を経て、ささやかな成長を遂げていく、くんちゃん。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とは。

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
https://twitter.com/mirai_movie


■細田守監督作品ポスター復刻版ポストカードセット付き前売り券 発売中
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/mirai-no-mirai.html

映画情報どっとこむ ralph 【細田守 プロフィール】
1967年、富山県生まれ。
金沢美術工芸大学卒業後、1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社。
アニメーターを経て、1997年にTV アニメ『ゲゲゲの鬼太郎( 第4 期)』で演出家に。
1999年に『劇場版デジモンアドベンチャー』で映画監督デビュー。
2000年の監督2 作目、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 』(00)の先進性が話題となる。
その後、フリーとなり、2006年に公開した『時をかける少女』(原作:筒井康隆)がロングランを記録し、新時代の監督として知られるようになる。2009年に監督自身初となるオリジナル作品『サマーウォーズ』(09)を発表。
2011年に自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)と3 年おきに話題作を提示し、国内外で高い評価を得ている。
最新作『未来のミライ』は第71 回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出された。

【高木正勝 プロフィール】
音楽家/映像作家
1979年生まれ 京都府出身
12歳よりピアノに親しむ。19歳より世界を旅し撮影した映像作品を作りはじめる。
2001年アルバム『pia』をニューヨークより発表。以降、 国内外でのコンサートや展覧会をはじめ、映画音楽(『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、スタジオジブリを描いた『夢と狂気の王国』)、CM音楽、コラムの分野など幅広く活動している。

【上白石萌歌 プロフィール】
2000年生まれ
鹿児島県出身
大学 在学中
趣味:歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング
2011年 第7回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリ受賞


***********************************

監督・脚本・原作/細田守 
キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治 
音楽/高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 美術監督/大森崇、髙松洋平 プロデューサー/齋藤優一郎 企画・制作/スタジオ地図


星野源まさかの結婚宣言!?『未来のミライ』大阪親子試写会舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 細田守監督の全世界待望の最新作『未来のミライ』は、2018年7月20日(金)に公開となりました。

本作で細田守監督が挑むのは、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語です。

主人公である甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんを、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ・上白石萌歌さん、未来からやってくる妹・ミライちゃんを今作で細田作品3作目となる黒木華さんが務めます。

また、くんちゃんとミライちゃんの両親は、おとうさん役を俳優・音楽家・文筆家と様々なジャンルで活躍する星野源さんが務めます!

そして、このたび、映画の公開を記念して本日7月12日(木)に主演の上白石萌歌さん、黒木華さん、星野源さん、細田守監督が大阪に赴き、親子試写会の舞台挨拶に登壇しました。

日付:7月12日(木)
登壇:上白石萌歌、黒木華、星野源、細田守監督

映画情報どっとこむ ralph 本イベントには、映画のテーマでもある家族にちなんで、関西の親子800名が参加し、キャストや監督が登壇すると温かい拍手で包まれました。

そして、自分の子供のころの夏休みのエピソード

上白石さん:夏休みに朝6時に起きてラジオ体操に行くのが日課でした。今でも行きたい。

星野さん:公園で花火をしていたら半ズボンの隙間から花火の灰が中に入って股間を火傷したことがある(笑)皆さんは真似をしないように!
などを披露すると会場からは驚きのリアクションもあがりました。

映画情報どっとこむ ralph 子供たちからの質問コーナーでは、細田監督の熱烈なファンという女の子からファンレターが読み上げられて、直接細田監督に手渡しされ、温かい雰囲気に会場が包まれました。

また、『隣のクラスに気になる子がいるのだけど、どうしたらうまく行きますか?』という可愛らしい恋の悩みに対して、

上白石さん:私も小学生のころ隣のクラスに好きな子がいて手紙を渡した事があるので、是非手紙を書いてみては?

と自身の体験に基づくアドバイス。

そして、『星野さんはどうして結婚しないのですか?』という直球な質問が。
それに対して、

星野さん:したいです!相手を探してください!

さらに他の女の子から『好きです!結婚してください!』というまさかのプロポーズが飛び出しました!

星野さん:まさか結婚相手が現れるとは!よろしくお願いします!
と相思相愛で、二人だけでの写真撮影のポーズをするなど満更でもない様子でした。そして、フォトセッションでは、「未来のミライ」にふさわしく子供たちとキャスト・監督が一緒に笑顔で溢れる和やかな撮影となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

細田監督:とても楽しい時間をありがとうございました。この会場にいる子供たちの笑顔を見ていると3年間かけてアニメーションを作ってきて良かった。そんなに長くない映画なので最後まで楽しめると思います。是非楽しんでください!

とご挨拶。大盛況のうちに舞台挨拶は終了しました。


未来のミライ

は7月20日(金)全国公開です!

映画公式サイト
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

細田守監督作品ポスター復刻版ポストカードセット付き前売り券 発売中
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/mirai-no-mirai.html


とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。

そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。

それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
そして父の面影を残す青年との出会い。

そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは

小さな庭から時をこえる旅へ

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

***********************************

監督・脚本・原作:細田守

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)

キャスト:上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治

オープニングテーマ「ミライのテーマ」・エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎

音楽:髙木正勝
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図


超特急「未来のミライ展」細田守監督作品イルミネーション点灯式に登場!


映画情報どっとこむ ralph この夏、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』に続く、スタジオ地図が贈る細田守監督最新作『未来のミライ』が7月20日に公開される。本作公開に合わせて2018年7月25日(水)より、 “未来のミライ展~時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』 ”が東京ドームシティ Gallery AaMoにて開催。

そして、この度『未来のミライ展』オフィシャルサポーターとして話題の人気ボーイズグループ超特急の就任が決定した。本日7月6日(金)企画展開催に先駆け、東京ドームシティ ミーツポートにて、『未来のミライ展presents 細田守監督作品ストリート・イルミネーション』点灯式に超特急のメンバーからリョウガ、ユーキ、ユースケの3名が登場しました。
映画情報どっとこむ ralph オフィシャルサポーターに選ばれて・・・

リョウガさん:大好きな細田守監督作品のオフィシャルサポーターに選ばれて光栄です。主人公のくんちゃんは電車が大好きだからきっと僕たちのことも大好きです。

と笑いを誘った。

ユーキさん:特に大好きな作品は『サマーウォーズ』。授業の一環見て最先端のアニメに感動した。

と語る。さらに

ユースケさん:超特急の最終目標である東京ドームの近くでPRできるの嬉しい。東京ドームの様にダイナミックにPRしていきたいです!

と意気込みを語った。


映画情報どっとこむ ralph イベント終了後に改めてメンバーからのコメントも到着です!

リョウガからのコメント
「アニメーションが好きなので、アニメーション世界で有名な細田守監督の「未来のミライ」の展覧会のオフィシャルサポーターに決まって夢の様なことです。点灯式には3人だけだったけど、他のメンバーももちろん、8号車さんとも一緒に盛り上げていければと思っています。プライベートでも是非行きたい!」

ユースケからのコメント
「『時をかける少女』や『バケモノの子』などたくさんの人から愛されるであろう細田守監督の「未来のミライ」の展覧会のオフィシャルサポーターになれて純粋に嬉しいです。そして、たくさんの人に超特急のことも知っていただける機会だと思っています。」

ユーキからのコメント
「今日は3人だけで点灯式に出席しましたが、オフィシャルサポーターは超特急メンバー全員で務めます。僕は細田守監督作品の中で特に『サマーウォーズ』が大好き。中学校のころの青春の1ページです。『未来のミライ展』でこういったかたちでコラボできたのがほんとに嬉しい。映画では新幹線が目玉の一つになっているので超特急という名前があってからこそ実現したコラボレーションです。全力でPRしていきたいです!」

映画情報どっとこむ ralph 開催概要
会  期:2018年7月25日(水)~ 9月17日(月・祝)
会  場:東京ドームシティ Gallery AaMo(文京区後楽1-3-61)
時  間:10:00 – 18:00(17:30最終入場)※予定
公式ホームページ:
http://mirai-ten.jp/
公式twitter:
https://twitter.com/mirai_ten

主 催:日本テレビ放送網、ムービック・プロモートサービス、東京ドーム、KADOKAWA
特別協力:スタジオ地図
協力:面白法人カヤック、NTTドコモ
画像クレジット:©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU


物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。
 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんが出会ったのは、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんでした。このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。それは、誰も観たことのない、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。たくさんの人との出会い、待ち受ける困難や成長、そして家族の愛。時間も空間もこえて、二人がたどり着いたその場所とは?ミライちゃんがやってきたその理由とは。

2018年7月20日(金)全国ロードショー 

***********************************

監督・脚本・原作/細田守 
キャスト:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治 
音楽:高木正勝 オープニングテーマ・エンディングテーマ/
山下達郎
作画監督:青山浩行、秦綾子 
美術監督:大森崇、髙松洋平 
プロデューサー/:齋藤優一郎 
企画・制作:スタジオ地図
©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU