「素敵なダイナマイトスキャンダル」タグアーカイブ

新人女優賞 平手友梨奈クールに登壇!第28回日本映画批評家大賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 今年で 28 年の歴史を数える『日本映画批評家大賞授賞式』。

映画批評家ならではの視点で選ばれる各賞を祝いに大勢の映画人と、映画ファンが集まり、豪華な受賞者を迎えて授賞式を行ないました。

第28回日本映画批評家大賞授賞式
開催日:2019 年5月30日(木)
場所:スパイラルホール(東京・青山)

映画情報どっとこむ ralph 作品賞 ファントム・フィルム『焼肉ドラゴン』
鄭義信監督

監督賞 白石和彌『孤狼の血』 代理

主演男優賞 柄本佑『素敵なダイナマイトスキャンダル』

主演女優賞 石橋静河『きみの鳥はうたえる』

助演男優賞 寛 一 郎『菊とギロチン』

助演女優賞 友近『嘘八百』

新人男優賞(南俊子賞) 佐野勇斗『ちはやふる-結び-』

新人男優賞(南俊子賞) 濱津隆之『カメラを止めるな!』

新人女優賞 (小森和子賞) 南沙良『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

新人女優賞 (小森和子賞) 平手友梨奈『響-HIBIKI-』

特別新人賞 滝川広志(コロッケ)『ゆずりは』

新人監督賞 枝優花『少女邂逅』

ドキュメンタリー賞 松竹株式会社『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』

編集賞(浦岡敬一賞) 川瀬功『空飛ぶタイヤ』
恒例の浦岡夫人の頭なでなで。

特別賞(松永武賞) TAMA 映画フォーラム実行委員会
第28回日本映画批評家大賞授賞式
特別作品賞 株式会社ザフール『STILL LIFE OF MEMORIES』

シルバー賞 小川欽也

アニメーション作品賞 ギャガ株式会社『若おかみは小学生!』

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

尾野真千子の究極の選択に一同唖然!『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph カルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭さんの自伝的エッセイを、柄本佑主演で映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が本日公開を迎え、その初日舞台挨拶が行われました。

登壇したのは、主人公の末井昭を演じた柄本佑さん、妻・牧子役の前田敦子さん、愛人・笛子役の三浦透子さん、母・富子役の尾野真千子さん、末井の心の友・近松役の峯田和伸さん、写真家・荒木役としてスクリーンデビューを果たした音楽監督の菊地成孔さん、原作者の末井昭さん、そして冨永昌敬監督が登壇しました。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶
日時:3月17日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸、菊地成孔(音楽監督)、末井昭(原作)、冨永昌敬(監督)

映画情報どっとこむ ralph “知る人ぞ知る伝説の編集長・末井昭”を演じて

柄本さん:原作エッセイの表紙で女装姿の末井さんを見て、“昔、夜中にパチンコ雑誌のCMに出てた人だ!”と一致しました。僕と全体的に似てると思いました。女装のシーンでは末井さんから“パンティーとブラジャーは見えなくてもスイッチだからつけるといいよ”とアドバイスを頂きました。

と話す柄本さん。

また先月のプレミア上映の際に末井さん本人と初対面して

前田さん:プレミアの時は出演者の方だと思っていて、舞台に立って気づきました。ちゃんとご挨拶できなくて…はじめまして(笑)

と演じた“天然な妻”そのもので挨拶。

作品に関わる前に唯一、末井さんを知っていたという峯田さんは

峯田さん:原作も読んでいて、末井さんと交流はあったのでどんな形でもいいので出たいと思いました。

と、一緒に仕事ができた喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、“初めての試み”を明かすコーナーでは

柄本さん:ストリーキングとか…やったことあったら、今ここにいないですよね(笑)

前田さん:冨永監督とご一緒するのが初めて。

三浦さん:ベッドシーンと20〜30代と幅のある役。

尾野さん:着物の帯にダイナマイトを差したこと。まさかそこに差すと思ってなかったです。

菊地さん:俳優ではないので決まったセリフで動くということが初めて。当時の荒木先生の体型に近づけるよう役づくりしました。デ・ニーロメソッドです(笑)

と、それぞれ。

【母がダイナマイト心中】【伝説のエロ雑誌編集長】【ストリーキング】と何かとスキャンダルな原作者・末井の半生を描いているということで、「エロ雑誌編集長とストリーキング。やるならどっち!?」という究極の質問に

尾野さんのみがまさかの“ストリーキング”を選択。

どよめく登壇者と会場に

尾野さん:究極だから!究極の選択だからやるの。究極じゃなかったらもちろんやりたくない!

と弁解する尾野さん。それに対し

三浦さん:極論ですが、ストリーキングはやろうと思えば明日できるじゃないですか!

と答え、「それもそうだね」と柄本はじめ全員が納得しかけたところ、

尾野さん:みんなおかしいよ!

とツッコミ。そこに冷静に

峯田さん:ストリーキングみたいなことは、ずっとやってきたんで…

と呟くと、ライブパファーマンスで裸になる峯田さんに全員が納得。

末井さん:もぞもぞしちゃダメなんですよ。一瞬でね(笑)

と被せて会場は大爆笑。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

監督:当時を知っている人にはもちろんですが、若い人に観て頂きたいです。平成生まれの人にとっては絵空事みたいなものかも知れませんが、末井さんの半生はすごくヒントがある。若い人が観て、末井さんより自分の方が面白いと思って欲しい。

と語り、舞台挨拶を締めました。


素敵なダイナマイトスキャンダル

絶賛公開中!

公式HP:
dynamitemovie.jp

芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************


柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作
監督・脚本:冨永昌敬 原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊) 音楽:菊地成孔 小田朋美 主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.) 配給・宣伝:東京テアトル 
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

尾野真千子×菊地成孔×末井昭×冨永昌敬監督 登壇「素敵なダイナマイトスキャンダル」サントラ発売記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 3月17日(土)公開の映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」のサントラ発売を記念し、本作の主題歌「山の音」を歌った尾野真千子さん、菊地成孔(音楽監督)さん、末井昭(原作者)さん、冨永昌敬監督によるトークイベントが行われ、レコーディング時の裏話や主題歌とサントラを担当した菊地成孔さんが、アラーキー役で出演するまでの経緯などが話されました。


「素敵なダイナマイトスキャンダル」サントラ発売記念イベント
“爆発する母と息子たちのスキャンダルな夜”

日時:3月15日(木) 
場所:週プレ酒場
登壇:尾野真千子、菊地成孔、末井昭(原作者)、冨永昌敬監督

映画情報どっとこむ ralph 場所は本作のサブカル感にとってもよく合った雰囲気の新宿歌舞伎町週刊プレイボーイの酒場「週プレ酒場」。

お客さんとマスコミでいっぱいの会場は熱気に包まれ、ゲストが登場すると暖かな拍手が。


末井さんの『素敵なダイナマイトスキャンダル』をどうしても映画化したかった冨永監督は
冨永監督:末井さんに7年前に喫煙所で声を掛けて、映画化をお願いしました。

と言い、承諾した原作者の末井さんは
末井さん:映画化「えっ」と思いましたが、映画に出来るのかな?と思いました。その後具体化しないので、駄目になったのだろうとおもってました

冨永監督:ようやく形になりました!

と語る本作「素敵なダイナマイトスキャンダル」は今週土曜日3月17日公開です。

映画情報どっとこむ ralph そして、この日発売となったサントラの菊池さんに音楽を担当してもらったのは、7年前の末井さんにOKをもらった直ぐのようで、

冨永監督:最初から決めてましたね。いつもお願いしたいんですけど・・・色々あるわけですよ(笑)

そして、菊地さんはカメラマンのアラーキーさん役で出演しています。
嫌がる菊池さんに会うたびに出演交渉をしていた監督に、条件提示したそうで
菊池さん:出演女優さんが、主題歌を歌ってくれるならと。

そして、白羽の矢が立った尾野さんは主題歌を歌って!のオファーを振り返って
尾野さん:ハジメから決まっていたのじゃなくて、編集が終わった後ですよ。オファー。お母さんだから!って、逃げようのない理由で。

と、会場を沸かせます。そんな尾野さんは、渡したデモ通りに歌ってくれたそうですが

菊地さん:尾野さんはどちらかというと歌うことに、のりのりではなかったですね。女優さんだなと思ったのは、デモの小野さんにそっくり。女優さんはスキミング能力凄いなと。ひりひり感が良かったです。気持ちよく歌ってもらうよう頑張りました。末井さんはノリノリでしたけど。我流で。
尾野さん:何回も何回も歌ってたまにいいでえすねっていわれて。ブースの外の話しているのが、悪口言ってると思ってました(笑)。

と、被害妄想がひどかったのだそう。

菊地さん:悩みは末井さんから来てたんです。

尾野さん:あの場で言って欲しかった。悶々として帰ってんですよ!

と語ります。

菊地さん:尾野んさんはほぼほぼ無修正です。アラーキー役が言うとドキドキでしょ。末井さんのは大手術(笑)。


オリジナルサウンドトラックは30分程度。サントラ版なりたたないので今回のサントラは映画と違うリミックスも入っているそうで、

菊地さん:尾野さんの主題歌1点突破で創れと言われて。でもその後、尺が足りないと言われて映画音楽でリミックスもありかなと。うちのゼミ生も使って、色々リミックしました。

と、語ります。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

尾野さん:サントラもですが、今週末映画公開ですので、よろしくお願いいたします。
サントラはお恥ずかしいので。 どちらでも・・・・(笑)。


映画「素敵なダイナマイトスキャンダル

は、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの本年、3月17日(土)よりテアトル新宿、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開となります。

dynamitemovie.jp

芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。
昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊) 
音楽:菊地成孔 小田朋美 
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.) 
配給・宣伝:東京テアトル  
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柄本佑、冨永昌敬監督が登壇『素敵なダイナマイトスキャンダル』日本外国特派員協会記者会見


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」「NEW self」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。本作は、7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、70〜80年代のサブカルチャーを牽引する伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティです。

3月17日の公開に先駆け、この度、日本外国特派員協会にて記者会見を行いました。


「素敵なダイナマイトスキャンダル」日本外国特派員協会 記者会見
日時:3月14日(水)
場所:公益社団法人日本外国特派員協会
登壇:柄本佑、冨永昌敬監督

映画情報どっとこむ ralph 試写した直後の外国特派員に大きな拍手で迎えられた冨永昌敬監督と柄本佑による記者会見。

Q.エッセイが元だとは信じられないような話が展開されますが、どのくらい脚色をされましたか?

監督:末井昭さんは自伝的要素のあるエッセイをたくさん書かれています。ですからネタはたくさんありましたし、本に書いてないこともお話を伺いました。すべてを描こうとすると2時間の映画に収まらない。僕としては脚色したつもりはないですが、本来は5人いた人物を1人にしてみたり、まとめた感じはあります。末井さんの周りには、触れずにはいられないような面白い人がいます。ご自身の人間観察の目が秀でているのだと思います。主人公を追いかけつつ、周りの人たち、影響を与える人たちをいかに少人数で描くか。自分では脚色したとは思っていないですが、そういう意味では脚色しましたし、脚色して面白くなったと思います。

Q.実在の人物である末井昭を演じるにあたって、どのように役を研究されましたか?

柄本さん:最初にお話を頂いた時に、末井さんのエッセイの表紙にある女装姿を見て、単純に「俺と似ているな」と思いました。監督とお会いして、「実在の人物だけど佑くんのままでいいから」言われ、顔も似ているし大丈夫だと思いました。研究という意味では本を読んで、末井さんのお話を聞いて、末井さんを見るということが研究だったのかもしれません。現場に末井さんが6日間くらいいらっしゃって最初は緊張したんですが、いるものはしょうがないというか、いらっしゃるんだから逆になるだけ末井さんを見ておこう、と。人と話したりしているところよりも、末井さんが一人で佇む姿の方が参考になったと思います。

Q.登場人物が怪我をしていたり、曇ったメガネをかけていますが、意図は?

監督:原作にヒントがありました。主人公が若い頃に働いていたキャバレーでは店長や女の子、お客さんの揉め事が多かったそうです。みんな裕福ではないし、生活のためになりふり構っていられない。体を張って仕事をしている。彼らに限らず50年前の日本にはそういう人々が大勢いたと思います。そういうなりふり構っていられない人を描くために、メガネを曇らせました。今は、メガネを拭くための専用の布があります。でも、僕の想像ですが、当時は服や指で拭いていたと思うんです。メガネはただの道具で、見えればいい。少々怪我をしても仕事は休まない。そういう人たちが、他人の視線が気になっている自意識過剰な若い頃の主人公を見る。そういう視線に晒されるという繰り返しが、彼を鍛えていったのだと思うんです。彼が成長すると、メガネが曇っている人は出てこない。昔の日本人はメガネが曇っていたのではないか、という僕の想像の説に立脚しています。

Q.これほどチャーミングな柄本さんを始めてみました。柄本さんの魅力でしょうか。それとも、末井さんにお会いしたことが影響しているのでしょうか?

柄本さん:チャーミング、だったかなあ(笑)?嬉しいですが、意識はしていませんでした。監督が男性的な方で、現場で迷いがなく、確信めいている男性的な方で、僕は内面が女子なので「安心して抱かれていればいいな」と。それが面白くて、撮影中はノンストレスでした。そういう部分がチャーミングに写っているのかもしれません。

映画情報どっとこむ ralph 芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

素敵なダイナマイトスキャンダル』。

3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開!
dynamitemovie.jp

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。

稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬 原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔 小田朋美
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.) 
配給・宣伝:東京テアトル 
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画主題歌に初挑戦の尾野真千子が「恥ずかしい」連発!メイキング動画


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」、「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。

この度、尾野真千子と原作の末井昭が参加した主題歌のレコーディング収録時のメイキング動画&主題歌MVが解禁となりました。

本作では、主人公のその後の人生に大きく影響する【爆発する母・富子】を演じた尾野真千子さんと、【母に爆発された息子】の原作者・末井昭さんが、本作の主題歌「山の音」(やまのね)を歌うという、前代未聞の試みに挑戦! 
昭和カルチャーを駆け抜けたカリスマ編集者の青春物語のラストに流れるこの楽曲は、尾野さんが演じる映画の中の【母親】と、現実の【息子】末井さんによる時空を超えたデュエットとして、エンドロールに切なく響きます。

映画情報どっとこむ ralph 今回、本格的なレコーディングが初めてという尾野さんは、共に歌う末井さんに

恥ずかしくないですか?

と不安を隠しきれない様子で問いかけると、

末井さん:いや、もう必死ですよ。恥ずかしいとか言ってられない(笑)

と自分も緊張していることを明かして場を和ませ、

尾野さん:頑張ります。

と笑顔でブースの中へ。

主題歌を作曲し、本作の音楽をつとめた菊地成孔さんが見守る中、緊張気味でマイクの前に立ち、わざと低音、カメラ目線でワンフレーズを歌ってみせるなど自身で気持ちをほぐしています。実際にレコーディングがはじまると、艶のある切ないウィスパーボイスで歌い上げ、菊地も納得の表情で収録が終了。

映画情報どっとこむ ralph 今回、2人を主題歌に起用することの発案者でもある菊地さんは

菊地さん:映画史的に原作者が主題歌を歌ったことはないので、末井さんに歌って頂きましょうということになった。その時からデュエットで計画していて、末井さんはやってくださると思っていました。(この作品は)大きくは母子の物語なので、(母親役を演じた)尾野真千子さんにお願いしました。

と語りました。 


さらに、不安げな表情で初めての主題歌レコーディングに臨んだ尾野真千子の超貴重なメイキング動画となっています。


映画情報どっとこむ ralph また、メイキング動画と共に、本作監督の冨永昌敬さんが手がけた主題歌「山の音」のMVも解禁! 

尾野さん演じる母・富子の誘うような視線と、柄本佑さん演じる末井昭の視線が交錯する演出のなかで、母(尾野)と息子(末井)のデュエットが流れる倒錯的な魅力に溢れるMVとなっています。


この主題歌が収録されたオリジナル・サウンドトラック「「素敵なダイナマイトスキャンダル」
オリジナル・サウンドトラック (+remix)は3月14日リリース!

サントラ情報
「素敵なダイナマイトスキャンダル」 オリジナル・サウンドトラック (+remix)
菊地成孔 小田朋美 & ペンギン音楽大学RE-MIX LAB
3月14日(水)リリース VRCL-4043 2,700円(税込)
Sony Music Artists Inc. / TABOO
※主題歌解禁時から、発売日、サントラタイトルが変更になっております。

映画情報どっとこむ ralph 素敵なダイナマイトスキャンダル

3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開!
dynamitemovie.jp

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!

心中したのだ──。

青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。

昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。

この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は。

稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作
監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔 小田朋美 
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)
配給・宣伝:東京テアトル  
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

前田敦子・三浦透子・尾野真千子『素敵なダイナマイトスキャンダル』新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」、「NEW self」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭の自伝的エッセイを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。

本作は、7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、昭和のサブカルチャー界を牽引し、伝説の雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティです。若き日の末井と恋に落ち、不遇の時代を支えた妻・牧子を前田敦子。

編集長となった末井の前に現れた魅惑的な愛人・笛子を三浦透子。末井の人生に大きな影響を与える爆発する母・富子に尾野真千子。

末井の人生に深く関わる女性たちを演じた3女優の新場面写真が解禁。

映画情報どっとこむ ralph <度重なる夫の転職にも動じない! 妻・牧子(前田敦子)>
上京した末井が居を構えた長屋の隣の部屋に住んでいた牧子。寒さに震える末井を自室のコタツに誘う積極的な一面を持つ彼女は、結婚後も転々と職を変え、仕事が無い夫を支える献身的な妻。キャバレーの看板描きの仕事が決まれば「良かったじゃない!」と喜び、エロ雑誌のデザインの仕事が入れば共に夜なべで写植やベタ塗りを手伝う。しかし、売れる雑誌の編集長となった夫は、次第に家に帰ってこなくなり…。いつも笑顔の可憐な新妻から、常に眉間にしわを寄せ、顔を会わせれば喧嘩ばかりの倦怠期までを演じた前田敦子の演技は、夫婦にとっての年月の残酷さと、「愛情は無くなっても情はある」という苦労を共にしたからこその絆を感じさせます。


<翻弄しているつもりがドツボにハマった!? 愛人・笛子(三浦透子)>
流れに任せるままエロ雑誌の編集長となった末井の前に現れた、魅力的な新入社員・笛子。猛烈に彼女にアタックする末井を冷たくあしらいながらも、ベッドの上では積極的。末井との会話を楽しんでいるのか、聞き流しているのか分からない笛子にのめり込む末井だったが、笛子もまた、末井との結婚に執着するようになり精神のバランスを崩していく…。“魅力的な愛人が、実は地雷だった”という、男性にとって危険すぎる女を、『鈴木先生』(2013年)、『私たちのハァハァ』(2015年)などに出演し、注目を浴びる若手女優、三浦透子が熱演。本作では初のヌードにも挑戦し、全身で“地雷で電波な愛人”を演じています。


<よりによってなぜ!? ダイナマイトで爆発した母・富子(尾野真千子>
幼い息子2人を置いて、不倫相手の若者と心中した富子。結核を患い、村の人たちからつまはじきにされ、寡黙すぎる夫の重吉(村上淳)との仲もうまくいっていない毎日。家族で買い物に出かけた際、ふと目があった隣家の若者(若葉竜也)と不適切な関係に陥ってしまう。しかし、二人の関係を知り、怒り狂った重吉に火鉢を投げつけられ、衝動的に家を飛び出してしまう。行き場を失った富子は、夫が仕事で使うダイナマイトを持ち出し、若者とダイナマイト心中を遂げる。尾野真千子の色気と妖艶さが爆発した“富子”の演技は、柄本佑も大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 三人の女優による三様の“色気”を堪能できる映画

素敵なダイナマイトスキャンダル

は3月17日(土) テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開!

dynamitemovie.jp

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―

バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。

昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

過去記事:
柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子ら登壇!『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台挨拶
http://eigajoho.com/101044


***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子

中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬 原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊) 音楽:菊地成孔 小田朋美

主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)
配給・宣伝:東京テアトル

2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柄本佑、前田敦子、尾野真千子ら登壇!『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph それは7歳の時に母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、70〜80年代のサブカルチャーを牽引する伝説のエロ雑誌編集長となっていくまでを描いた青春グラフィティです。

3月17日の公開に先駆け、2月26日(月)テアトル新宿にて東京プレミア上映舞台挨拶が行われ、主人公の末井昭を演じた柄本佑さん、妻・牧子役の前田敦子さん、愛人・笛子役の三浦透子さん、母・富子役の尾野真千子さん、原作者の末井昭さん、そして冨永昌敬監督が登壇しました。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』東京プレミア上映舞台挨拶
日時:2月26日(月)
場所:テアトル新宿
登壇:柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、末井昭(原作)、冨永昌敬監督

映画情報どっとこむ ralph 3月17日(土)の公開に向けて意気込みを・・・

柄本さん:観て頂ければわかる作品です!面白いと思った方は宣伝の方お願いします!

前田さん:佑さんがすごいぴったりだと思いました。ぜひ楽しんで帰ってください

三浦さん:笛子(三浦が演じた役)のシーンはネタバレしないで話せないですが…

柄本さん:愛人て言うのもネタバレだしね。

三浦さん:(宣伝で)「電波な愛人」って、もう言っちゃってますしね(笑)。台本を頂いた時から映像になるのが楽しみでした。今日、観て頂けるのがすごく楽しみです。
尾野:爆発する尾野真千子です(笑)。とてもユニークな映画なので楽しんでご覧ください。


冨永監督:末井さんに映画化さしてくださいと言ったのが7、8年前、そのさらに5年くらい前に原作となる本を手にとって、絶対映画化しよう!と思いました。他の人に取られないよう早くしなきゃ!と。なので、感無量すぎて…他の作品でもこういう舞台挨拶の機会を頂きますが、今回は特に嬉しいです。ありがとうございます!

と話す監督。原作者の末井さんは既に3回見たそうで
末井さん:2時間18分の長い映画ですが、飽きない!何回も何回も観て欲しい。熱量も高いし、女優さんたちが素晴らしい演技だし。悪いところがないですね!

と、自分が主人公の映画を大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 女優3人と共演した感想を聞かれた柄本さんは

柄本さん:前田さんは「僕のあっちゃん」にしたくなる魅力のある人。他の作品に出ているのを見ると「僕はこうしたいんだ!」と思ってしまうような魅力的な女優さんです。色気を垂れ流した白いキャンバスですね。

前田さん:いいキャッチフレーズをつけて頂きました(笑)

柄本さん:三浦さんはチョイチョイチョイっというシーン(ラブシーン)があるんですけど、なんというかどっしりとされていて…僕の方がついていきます!みたいな。付いて行きたくなるくらい後ろ姿たくましい女優さんです。

と、後姿が逞しいと言われ、当然ながら不満げな三浦さん。

柄本さん:尾野さんとは共演シーンがないんです。完成を観て、すごい綺麗です!本当色っぽくて、スローのカットが必見!髪の毛がほつれてるんですけど、似合うんですよね。あまり観たことのない尾野さんを観ていただけるのかな、と。褒めてますよ!
尾野さんは満面の笑顔でよく言ったと言わんばかりに腕にタッチ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、原作者にご自身の奥さん役が前田さん、愛人役が三浦さん、母親役が尾野さんというキャスティングについて聞くと

末井さん:贅沢すぎるというか。びっくりしました。柄本さんとは初顔合わせの時に飲みに行きましたが、どうも他人に思えない。親戚のような人な気がしました(笑)

柄本さん:原作本の表紙の写真を見て、俺に似てると思いました。

と感想を述べる柄本さんは監督がどうしてもこの役をやって欲しかったようで

監督:単純に佑くんと仕事がしたかったというのもあるんですが、男前に見える時と面妖な時があって、両方持っている人。一瞬でその両方を見せてくれる人を佑くんしか知らないです。複雑だけど明るい人を誰がやるか考えたときに、佑くんしか出てこなかったんです。引き受けてくださってすごく嬉しかった。女優陣んのキャストは末井さんを驚かせたいなと。そしてお客さんも納得してくれる方達にしようと。

と監督ですが・・・

監督:引き受けてくださってびっくりしたんですけど(笑)

と笑いを誘っていました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、尾野さんと原作者の末井さんは主題歌「山の音」をデュエットしている本作。音楽を担当した菊地成孔さんのアイデアだったそうで

尾野さん:朝ドラの劇中歌を歌ったことはあるんですが、主題歌は初めてです…恥ずかしいわ〜!楽しかったんですが、恥ずかしいです。この話もういい、って思うくらい(笑)

柄本さん:エンドロールの歌ですが、ほとんど映画のラストシーンくらいの比重なので、最後まで観て頂ければ感動もひとしおかと。

尾野さん:あっちゃんが歌った方が良かった、って思わないでください(笑)
と、恐縮しきり。

映画情報どっとこむ ralph 実話なので、女装シーンのアドバイスを末井さんが行ったそうで

末井さん:振袖の女装シーンがあるんですが、その時にちょっとコツを教えてあげました。和服なので下は何を着てもいいんですが、それじゃダメ。女性用パンティとブラジャーをつけると、気持ちが入っていきます。

柄本さん:ブラジャーとパンティはスイッチなので着た方がいいよと言われて、すぐに衣装さんにお願いしました。そのまま胸囲を計られて準備してもらいました。着けているときは変化がないんですが、ブラジャーを外す時に思わずトップを隠してしまう。女性の気持ちがわかりました(笑)

と会場を温め、映画タイトルにちなみ、【現場でのスキャンダル】を披露。

柄本さん:劇中のストリーキングのシーンで前貼りが3回ほど外れていた!

というギリギリアウトな秘密を告白。尾野は着物の裾が乱れるシーンの撮影時、

尾野さん:監督がサーっときて、パっと乱すんです。スキャンダルですよね!

と、me too運動が盛んな映画業界で危うくセクハラ問題にも発展しそうな現場エピソードを暴露。

でも、一同爆笑のプレミアイベントとなりました。

dynamitemovie.jp

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************

柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子

中島歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔 小田朋美 主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)
配給・宣伝:東京テアトル 2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+

©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

尾野真千子が主題歌!『素敵なダイナマイトスキャンダル』


映画情報どっとこむ ralph 「写真時代」、「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した
編集長・末井昭氏の自伝的エッセイを、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』3月17日の公開に先駆け、<本>が解禁。

さらに、尾野真千子と原作者である末井昭本人がデュエットする前代未聞の主題歌「山の音」(やまのね)も解禁!

映画情報どっとこむ ralph 映画本編のエンドロールに流れるこの楽曲は、母が息子を包みこんでいるような歌詞内容となっており、母親役を演じた尾野と原作者・末井のデュエットは、時空を超えた母と息子の奇跡の親子デュエットが実現したともいえます。本作で、映画主題歌に初めて挑戦した尾野真千子は、アンニュイで艶めくその歌声でエンディングを豊かに彩っており、この楽曲は3月7日に発売される本作のオリジナル・サウンドトラックにも収録が決まっています。
主題歌/サントラ情報
「素敵なダイナマイトスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック 
2018/03/07発売 ¥2,500+税(VRCL-4043)
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)

映画情報どっとこむ ralph

そして予告最後のタイトルコールも、贅沢にも尾野真千子の声で収録。主題歌と共にこちらも初挑戦となりました。そのスキャンダラスな内容ゆえにシネコンでの公開も危ぶまれた結果〝ワォ❤︎〟〝ピー〟音で大事なセリフの一部を隠す処理をした前代未聞の本予告!大人の事情で隠されてしまった部分は、ぜひ劇場でご確認ください!


◉稀代の雑誌編集長:末井昭 役◉ 柄本 佑(30)コメント
コロコロと転がっていくような曲とちょっとヘンナ歌詞がとっても色っぽく、そこに重なる尾野真千子さんと末井昭さんのめくるめくコラボが聞いていて気持ちいい一曲です。更に映画を観てから聴くと、末井さんと末井さんのお母さんが奇跡のディエットをしている!と、素敵な錯覚を味わえます!

◉爆発する母:富子 役◉ 尾野真千子(36) コメント
(主題歌オファーがあった際)本当に私で良いの?嘘でしょ?と思いました。感覚が掴めずとても難しかったですが皆さんの励ましのおかげで、もっともっと歌ってみたい。という感情が湧き、皆さんがおだて上手だなと思いました。まさか原作者の末井昭さんとデュエット出来るなんて、とても貴重な体験をさせてもらいました。
(ご自身の歌についての感想は?) 何も言えません…(笑)

◉原作者◉末井 昭(69)コメント
ダイナマイト心中した母親がベースになっていますが、色んなイメージが膨らむ歌です。最初に聴いたとき涙ぐみました。
(尾 野さんの歌について)歌が上手くて、声が超カワイイです。女優さんってスゴイ! 
(収録時のエピソードについて)尾野さんは2時間ほどでレコーディングが終わりましたが、僕は2日かかりました。
一緒に行った妻が焦って、菊地さんに「スエイは歌えるんです。荒木経惟さんのパーティでよく宗右衛門町ブルースを歌う
んです」と言っていました。カラオケじゃないんだから。

◉音楽◉ 菊地成孔(54) コメント
音楽監督のオファーを頂いたときに、真っ先に閃いたのは、末井さんに主題歌として女優さんとのデュエットソングを歌って頂く事でした。これは、私が知る限り世界映画史上はじめての事ですし、複雑にねじれたマザコン映画(登場する女性ーー男性の一部さえもーーは全て末井さんの母親の変形した投影です)である本作の本質を突く事になり、本作に音楽からのオーラを与え、映画としての霊力的階級を一段階上げると確信したからです。母親役である尾野さんの素晴らしい歌唱によって、「残された子(本人)と母親(女優が演ずる虚構)」という倒錯的な構造にフォーカスが絞られました。この構造が発想された瞬間から、自然に歌詞も曲も出来ていました。小田朋美さんの中期ビートルズ風の素晴らしい管弦編曲も、無限の虚無と愛へのもがき、その葛藤を更に効果的に押し上げてくれました。素晴らしい主題歌だと思います。

◉写真家・荒木さん 役◉ 菊地成孔(54) コメント

(監督から荒木さん役で出演オファーがあったことについて)演技などできるはずがないので、3年断り続けましたが、とうとう逃げられなくなり、かなり軽い役に落として頂いく事、そして末井さんを主題歌に必ず起用する事、を条件にやらせて頂きました。私は過去、荒木先生に撮影して頂く機会があり、ちょっとした知己がある事、体型や声質や下町弁が似ていることから、冨永くんが勝手に興奮しただけであって、彼の判断は今でも間違っていたと思います。撮影自体は、自分の音楽のMVのそれより遥かに短時間で簡単に済みましたが、他人が考えた台詞とカメラの動かし方を覚えて、そこに体や顔の動きをつけ、他の俳優さんたちとお芝居を会わせるというのは、私にはとてもじゃありませんが無理で、そのことはキャメラが雄弁に記録していると思います。

◉監督・脚本◉ 冨永昌敬(42)コメント
「山の音」は、菊地さんと小田さんによって書かれた『素敵なダイナマイトスキャンダル』のエピローグです。これほど「主題」を補完してくれる主題歌はありません。たとえば歌詞の「地下鉄のトンネル」という一節(そんな場面は本編に存在しないし、そんな場面を撮りたかったと監督が思うほど、まさに補完)には、エンドクレジットの黒い背景も相まって無性にイメージを掻き立てられます。そして尾野さんと末井さんの歌唱は、二人のあたたかい声によって音響的な高揚を画面にもたらし、なお、散り散りに消えてゆく母と探し求める息子といったキャラクターさえ感じさせてくれるでしょう。この歌の魅力は、キャスティングの鮮やかさにまったく留まりません。じっくり聴いてほしいと思います。

映画情報どっとこむ ralph さらに本ポスターのビジュアルも完成!末井昭と彼を取り巻く無秩序な時代の狂乱をポップな色彩で描き、彼が世に送り出した雑誌タイトルを散りばめたスキャンダルでPOPなデザインとなっています。


映画「素敵なダイナマイトスキャンダル

は、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの本年、3月17日(土)よりテアトル新宿、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開となります。

dynamitemovie.jp

―芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年は、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。肺結核を患い、医者にまで見放された母親が、山中で隣家の若い男と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。青年となり上京した末井昭は、小さなエロ雑誌の出版社へ。のち編集長として新感覚のエロ雑誌を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々の中で荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川源平、嵐山光三郎ら、錚々たる表現者たちが参集する。その後も発禁と創刊を繰り返しながら、数々の雑誌を世におくりだしていく……。
昭和のアンダーグラウンドカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集長の実話を元に綴られた自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」がまさかの映画化!ダイナマイト心中という衝撃的な母の死。この数奇な運命を背負って、転がる石のように生きていた青年が辿り着いた先は──。稀代の雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ。

***********************************


柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子
中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作

監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊) 
音楽:菊地成孔 小田朋美 
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.) 
配給・宣伝:東京テアトル  
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ