「紗倉まな」タグアーカイブ

紗倉まな~山田宏一まで著名人絶賛コメント!映画『早春 デジタル・リマスター版』


映画情報どっとこむ ralph 1972年の日本初上映以来長らく劇場上映の機会がなく、ソフト化もされていないことからカルト的が高まっていた、イエジー・スコリモフスキ監督映画『早春 デジタル・リマスター版』が、いよいよ今週1月13日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA他にて待望の劇場公開。本作はロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイク(ジョン・モルダー=ブラウン)が、婚約者がいながら奔放な 性生活を働く年上の女性スーザン(ジェーン・アッシャー)の恋心を抱き、徐々にエスカレートしていく彼女への執着を描いた伝説の青春映画。

イエジー・スコリモフスキ監督独特の映像美がデジタル・リマスター版として鮮やかによみがえります!
この度本作の公開に寄せて 、 著名人より絶賛のコメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 恋は何故こんなにも人を面倒臭くさせるのだろうか。’好き’が次々と爆発して、どうしても真っ直ぐに進めない、その不器用さ。いつまでも観たくなりました。
紗倉まな(AV女優/作家)

映像の時代的古めかしさはむしろ新鮮で、おしゃれにすら映って楽しめる。少年の恋を思春期の危うさとともに描いているが、片思いのいら立ちを知っている者ならきっと感情移入する。これは確かに、「死ぬほどの恋」だ。
蒼井ブルー(作家/写真家)

誰もが気恥ずかしくも夢中で一度は死ぬほどの恋をする。滑稽で悲痛な、甘美で苦しい、初恋。スコリモフスキの『早春』は永遠に危うく不安な青春映画の傑作だ。
山田宏一(映画評論家)

童貞をこんなにも美しく、残酷に描いた映画があるだろうか。プールに浮かぶ少年と美女の看板のラブシーンは永遠に不滅だ。
町山智浩(映画評論家)

黄色いコートに身を包んだナイフみたいなジェーン・アッシャー。彼女が切り裂いた少年の心から流れた血が、透明な水にたゆたう。無垢が潰える瞬間をこんなにも残酷に、硬質に、甘美にとらえた映画も他にない。
山崎まどか(コラムニスト)

子供と大人の狭間。美しさと汚さの狭間。現実と夢の狭間…。どちらにも転ばない全てが危ういバランスで成り立つ儚い世界! 段々と笑えてきさえする青臭さ全開な主人公の行動が最高に愛おしいと思いました…!
テンテンコ(アーティスト)

「青春映画の幻の古典」とされているが、ロンドンのポップと東欧の暗さが絶妙にミックスされている混血的珍品。とまれ、様々な元ネタの塊である、魅力的で斬新なショットの数々。デジタルリマスターの威力ハンパねえ。
菊地成孔(音楽家/文筆家)

映画情報どっとこむ ralph ★イエジー・スコリモフスキ監督直筆ロゴをデザインしたオリジナルTシャツ限定販売!

サイズS.M.L 各3,800円(税込)で1月13日より劇場にて販売開始!

★劇場公開記念!映画批評家・廣瀬純トークショー

「暴力は色彩表面においてそのdeep endに達する」
1/19(金) YEBISU GARDEN CINEMA19:30上映終了後に開催決定!

映画情報どっとこむ ralph 早春 デジタル・リマスター版

1月13日よりYEBISU GARDEN CINEMAにてロードショー

***********************************

監督・脚本:イエジー・スコリモフスキ
脚本:イエジー・スコリモフスキ、イエジー・グルザ、ボレスワフ・スリク
撮影:チャーリー・スタインバーガー
出演:ジェーン・アッシャー、ジョン・モルダー=ブラウン、ダイアナ・ドース、カール・マイケ ル・フォーグラー、クリストファー・サンフォード、エリカ・ベール音楽:キャット・スティーヴンス、CAN 1970年
イギリス・西ドイツ
原題:Deep End
カラー
92分
デジタル・リマスター
提供:マーメイドフィルム、ディスクロード
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA
協力:ディスクユニオン
© 1971 Maran Films & KeRledrum ProducUons Inc. All Rights Reserved.
     


森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈 登壇『最低。』で最高の答えをしたのは


映画情報どっとこむ ralph AV女優・紗倉まなによる文芸小説を『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が完全映画化し、今年の東京国際映画祭・コンペティション部門にも出品され話題の映画『最低。』が、11/25(土)より全国順次公開となりました。

この度、角川シネマ新宿にて、瀬々敬久監督、主演の森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈が登壇して初日舞台挨拶が行われました。

映画『最低。』公開初日舞台挨拶
日程:11月25日(土)
場所:角川シネマ新宿
登壇:森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 見事なほどおじさんで埋め尽くされた劇場に女優陣と監督が登場!
大きな拍手の中、神妙な面持ちの女優陣。

瀬々監督:今日は火花、光でなく最低。を選んでくれてありがとうございます。感謝します。

と二日酔いの監督。。。。

森口さん:この作品を観ていただいてありがとうございます。

佐々木さん:こんなに沢山の方々に最低を観ていただいて最高です!

山田さん:今日はよろしくお願いいたします。

との挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 今回はかなり大胆な演技で挑戦が多かった森口さん

森口さん:原作を読ませていただいて、女性の居場所や自信を探し求めている描写に共感して、それを演じさせていただいて、誰かの勇気につながったらと演じました。この作品に選ばれたからには、私の持っているものすべてを捧げようという思いでした。(凄い清楚なのに色っぽかったですが)それは、瀬々監督が引き出してくださったものです。この作品で自信を持てました。

と語ると監督は

瀬々監督:初脱ぎなので、リアルにそういう感じが出て、あれは森口さんの素です。

との事。ちょっとそれを聞くとなまめかしい。

一方大胆は慣れている佐々木さんは・・・今日も家族が来ているそうですが
佐々木さん:散々脱ぎ倒しているので!脱ぐことには抵抗ないので。AV女優役はふつうは躊躇するのかもしれませんが、普通の女の子として演じることを心がけました。AV撮影の部分は劇中劇なのでどの程度の強弱をつけるべきか考えました。

と話します。

そして、今回ほぼ初演技の山田さん。

山田さん:映画の現場が初めてで、瀬々監督が暖かくも厳しく指導してくれたので、最後まで演じ切ることが出来ました。いい女優へのスタートが切れたなと思います。

と、喋り下手な山田さんは丸暗記を監督に見破られ
山田さん:ばれちゃいました!次も出たいので、褒められるように頑張ります。


瀬々監督:森口さんはAV女優の役で、オーディションに来ましたが清楚な感じなのでミホに。心音さんの役はいい人が見つからず・・・仕方なくです。嘘です。以前も仕事していて、安定の佐々木心音を指名しました。山田さんはオーディションもパワフルで。山田凄いです!本人次第ですがいい女優に。

と、山田さんを絶賛!

今まで最低だったことを聞くと・・・じゃんけんで順番を決めることに、負けたのは監督。

瀬々監督:今この状況・・・二日酔い。最低です。今井素がほしいぐらいです。

佐々木さん:一人で家のみで吐く。最低です。アンパンマン顔になっちゃいます。

山田さん:この作品のオーディションに遅刻したこと。最低。でした。

瀬々監督:鼻の頭に汗かいて、入ってきたのが可愛かったんです。

森口さん:トイレに携帯を落とすこと。毎回最低。と思ってました。乾かしました。ジップロックに米を入れて携帯入れておくと乾燥して復活します!

MC:最低な話ですが最高に役に立つ話を聞けました!

映画情報どっとこむ ralph
最後に、
森口さん:今日が映画「最低。」のお誕生日なので、お祝いする気持ちで周りにおすすめください!

佐々木さん:AV女優を題材にしていますが。本当に身近にいる女の子がもがいている姿だと思います。この作品で、偏見などが少しでもなくなればと思っています。

山田さん:映画の感想を周りに伝えて、もう一回来てくれると嬉しいです。

人前で脱ぐことが、果たして悪い事なのか?それでも彼女たちは自由に描いてくれてます。広めて下さい。今日来ていただいて感謝します。

と、締めました。

映画『最低。

公式サイト:
saitei-movie.jp

予告編:

***********************************

森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈

忍成修吾 森岡 龍 斉藤陽一郎 江口のりこ / 渡辺真起子 根岸季衣 高岡早紀

監督:瀬々敬久 原作:紗倉まな『最低。』(角川文庫 刊) 脚本:小川智子、瀬々敬久 主題歌:泉まくら「ふちどり」(術ノ穴/DLE)

製作・配給:KADOKAWA

2017年|日本|カラ―|DCP 5.1ch|ヴィスタサイズ|121分| ©2017 KADOKAWA

    


森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、紗倉まな 登壇『最低。』東京国際映画祭舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 現役AV女優・紗倉まなによる文芸小説を『64 -ロクヨン-』(16)の瀬々敬久監督が完全映画化して話題の映画『最低。』が、11月25日(土)より角川シネマ新宿ほかにて全国順次公開となります。

本作は現在開催中の第30回東京国際映画祭・コンペティション部門に選出され、先日のレッドカーペットでは大きな歓声で迎えられた「最低。」チーム。今宵は映画祭公式上映にて舞台挨拶が行われ、瀬々敬久監督、主演の森口彩乃さん、佐々木心音さん、山田愛奈さん、そして原作者・紗倉まなさんが登壇しました!
映画『最低。』東京国際映画祭公式上映舞台挨拶
日程:10月31日(火)
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:瀬々敬久監督、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、紗倉まな

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手の中、監督とキャストが登場。原作者の紗倉さんがひときわ大きな拍手と「まなちゃん」コール。人気が伺えます。

今年を代表する一本だと、選定したMCの矢田部さん。
監督:今日はどうもありがとうございました。『最低。』の世界初の上映となります。最低な上映にならないように祈ってます。

と、タイトルにかけてブラックユーモアーでスタート。

通常、東宝さんの大きな作品で舞台挨拶が行われるサイズのスクリーンでの上映に
森口さん:こんなに大きいスクリーンだと思ってなくて正直驚きました。普通の映画ですが4Dを観るような感覚で観て下さい。

佐々木さん:最低。の上映に来てくださった皆さん。最高。!です。愛してます!

山田さん:初めて映画のお仕事をするきっかけになった作品です。このような場所に立てて話せてとても嬉しいです。

ここで原作者の紗倉さん

紗倉さん:原作を書かせていただきました。気分は最高!と言いたかったのですが・・・。言われてしまったので・・・素晴らしい映画ですのでいろいろな余韻に浸っていただけたらなと思います。

と、挨拶。

映画情報どっとこむ ralph チャレンジングな作品にを演出するにあたり気を付けた点を
瀬々監督:AV女優さんがモチーフ。今AVは配信もあって身近なものです。できるだけ女優さんたちの生々しい感情を拾って描けたらと気を付けました。この女優たちの気持ちがぶつかってる様を受け止めていただけたらと思います。

と、話す監督に、神妙な面持ちの女優陣。

映画情報どっとこむ ralph その女優陣には心がけて演じた点を質問。
森口さん:私は主婦役なので、女性に観ていただいたときに、どこか共感していただけたらいいなと演じました。同じ目線で映画を最後まで見ていただけると理解していただきやすいのかなと思います。

佐々木さん:そうですね。しいて言えば・・・顔がアンパンマンにならないように。心がけました(笑)AV女優を演じるというよりは、一人の女の子を表現できるように気を付けて頑張りました。

初めての映画だった山田さんは、舞台挨拶になれていないのか緊張気味。途中監督に助けを求める目線を送りつつ

山田さん:思春期ならではのもやもや。誰もが通ってきただろう親からもらう愛の重さだったり。この映画を観て同年代の女子が、ちょっとでも肩の荷を下ろせたらなと思います。

と話されました。

自分の原作が映画化となって
紗倉さん:原作を書いたときは映像に向いていないものだと思っていたのですが、本当にうれしかったです。AV女優と言う職業はかなり特殊なものだともいますので、女優さんたちがどのように演じて下さるのか。凄く楽しみでしたし、感無量でした。
と、とてもクレバーな印象で話されました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『最低。』

公式サイト:saitei-movie.jp



***********************************

森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈
忍成修吾 森岡 龍 斉藤陽一郎 江口のりこ / 渡辺真起子 根岸季衣 高岡早紀
監督:瀬々敬久
原作:紗倉まな『最低。』(角川文庫 刊)
脚本:小川智子、瀬々敬久
主題歌:泉まくら「ふちどり」(術ノ穴/DLE)
製作・配給:KADOKAWA
2017年、日本、カラ―、DCP 5.1ch、ヴィスタサイズ、121分
©2017 KADOKAWA


森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈 『最低。』東京国際映画祭レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph AV女優・紗倉まなによる文芸小説を『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が完全映画化して話題の映画 『最低。』が、11月25日(土)より角川シネマ新宿ほかにて全国順次公開となります。

この度本作が第30回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品として、初日レッドカーペッドに瀬々敬久監督、主演の森口彩乃さん、佐々木心音さん、山田愛奈さん。そして原作者の紗倉まなさんが登場しました!!

第30回東京国際映画祭『最低。』レッドカーペット
日付:10月25日
会場:六本木ヒルズ
登壇:森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、瀬々敬久監督、紗倉まな

映画情報どっとこむ ralph 本作は“アダルトビデオ”と関わりを持ってしまった3人の女性たちを描いた物語。

果てしなく続く日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・美穂(森口彩乃)。

家族から逃げるように上京しAV女優として多忙な生活を送る彩乃 (佐々木心音)。

自由奔放な母親に振り回される女子高生、あやこ(山田愛奈)。運命に翻弄されながら自分らしく生きよう とする女性たちの姿を力強く、時に繊細に描き出し、今いる場所から一歩踏み出す勇気をくれる映画です。

映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督を筆頭に、主演の森口 彩乃さん、佐々木心音さん、山田愛奈さん、そして原作小説を手がけた紗倉まなさんらが初日レッドカーペットに 登場!

現役AV女優として活躍している紗倉さん原作を映画化するにあたり、
瀬々敬久監督:アダルトビデオに出演する女性の気持ちに関してはわからないこともありましたが、原作の小説がそんな女性たちの “日常”を描いている話 だったので、普通の人と変わらない女性たちの普段の生活を描きました。

とコメント。グレーのシックなレースドレスで登場した原作者で人気AV女優の紗倉まなさんは、映画化に対して
紗倉さん:映像化しにくい話 だと思っていましたが、瀬々監督に素敵に色付けてもらいとても感激しました。女優の皆さんには性描写のシーン もすごく綺麗に演じて下さって、胸がいっぱいの思いです。

とコメント。会場に駆けつけた多くのファンにも笑顔で応えていました。

映画情報どっとこむ ralph 白い清楚なドレス姿が印象的な森口彩乃さんは、AVの世界に足を踏み入れてしまう主婦・美穂役を演じ、
森口さん:撮影を追う ごとに役と自分自身が重なっていきました。映画を初めて見る方も、美穂と同じ目線で物語を追うことができると思 います。と語りました。

人気AV女優の役を熱演した佐々木心音さんは大胆で妖艶なシースルードレスで登場。本編では濃厚なラブシーンも 多く、
佐々木さん:心も身体も張った作品です。この映画に出たことで自分自身の殻も破れたと思います。

とコメント。


本作が初映画・初主演となり、次世代の注目女子としても取り上げられている山田愛奈は大人な雰囲気たっぷりの ドレスを披露。

山田さん:大人たちに振り回される思春期のもどかしさを演じるのが難しかったですが、映画の現場はこの作 品が初めて経験だったので、毎日の撮影がとても楽しかったです。
と振り返った。

映画『最低。

11月25日より角川シネマ新宿他にてロードショー

saitei-movie.jp

***********************************

森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈 / 忍成修吾 森岡 龍 斉藤陽一郎 江口のりこ / 渡辺真起子 根岸季衣 高岡早紀
監督:瀬々敬久
原作:紗倉まな『最低。』(KADOKAWA刊)
脚本:小川智子、瀬々敬久
主題歌:泉まくら「ふちどり」(術ノ穴/DLE)
製作・配給:KADOKAWA 2017年|日本|カラ―|DCP 5.1ch|ヴィスタサイズ|121分
©2017 KADOKAWA


AV女優紗倉まなの文芸小説「最低。」瀬々敬久監督が完全映画化。公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 現役AV女優として人気の紗倉まなが、境遇も年齢も性格も異なる女性たちの交差する運命を鮮やかに描き話題となった文芸小説「最低。」。若い女性から圧倒的な支持を受けたこのベストセラーを、自らもピンク映画を数多く手掛け、その後『ヘヴンズ ストーリー』(10)『64-ロクヨン-』(16)など骨太な題材を独自の世界観で見事に表現してきた瀬々敬久監督により完全映画化と発表され、大きな反響を呼んでいる映画『最低。』

この度本作の公開日が11月25日(土)に決定!それに併せてメインビジュアル、追加キャストが発表となりました!

映画情報どっとこむ ralph 先日発表された、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈ら三人主演の元に実力派俳優たちが結集!

孤独を抱える女子高生あやこ(山田愛奈)の、自由奔放でミステリアスな母・孝子役に、『モンスター』(13)『映画 深夜食堂』 (14)の高岡早紀。上京し、AV女優として働く彩乃(佐々木心音)の母・泉美役に、『ギリギリの女たち』(11)『AMY SAID エイミー・セッド』(16)の渡辺真起子。あやこの祖母・知恵役に『百円の恋』(14)『まなざし』(15)の根岸季衣。

その他、『ヘブンズ ストーリー』(10)の忍成修吾ほか、森岡龍、斉藤陽一郎、江口のりこといった邦画界を代表する役者陣が脇を固めます!

最低。

11月25日より角川シネマ新宿他にて全国公開


***********************************

森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈

忍成修吾 森岡 龍 斉藤陽一郎 江口のりこ / 渡辺真起子 根岸季衣 高岡早紀

監督:瀬々敬久
原作:紗倉まな『最低。』(KADOKAWA刊)
脚本:小川智子、瀬々敬久

製作・配給:KADOKAWA

2017年|日本|カラ―|DCP 5.1ch|ヴィスタサイズ|120分
(C)KADOKAWA 2017