「米林宏昌監督」タグアーカイブ

浴衣で登場!尾野真千子、木村文乃、鈴木梨央『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』


映画情報どっとこむ ralph
スタジオポノック最新作、ポノック短編劇場、第一弾となる『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日(金)東宝系にて全国公開。 “子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という志からスタートした本プロジェクト。

いよいよ、公開と言うことで、声の出演をした「カニーニとカニーノ」の木村文乃さんと鈴木梨央さん、「サムライエッグ」の尾野真千子さんと 監督らを迎え、上映後に公開記念舞台挨拶イベントを行い、女優陣は華やかに浴衣で登場しました!


公開記念舞台挨拶イベント
日時:8 月 25 日(土)
会場:TOHOシネマズ日比谷 スクリーン9
登壇:「カニーニとカニーノ」木村文乃、鈴木梨央、 「サムライエッグ」尾野真千子、 米林宏昌監督、百瀬義行監督、山下明彦監督

映画情報どっとこむ ralph 本作は、米林宏昌監督によるカニの兄弟の大冒険 ファンタジー「カニーニとカニーノ」、百瀬義行監督による母と少年の愛と感動の人間ドラマ「サムライエッグ」、山下明彦監督が見えない男の孤独な 闘いをスペクタクルアクションで描く「透明人間」の短編3作品で構成されるエンターテインメント!

華やかな女優陣の浴衣での登場に暖かな拍手と「サイコー」「カワ(・∀・)イイ!!」の掛け声。

先ずは「カニーニとカニーノ」チーム

木村さん:とても暖かく大きな声援で迎え入れて下さってありがとうございます。

鈴木さん:お暑い中、足を運んでいただきありがとうございます。三作品を観て色々感じていただければと思います。

と大人な挨拶。

米林監督:上映の後の挨拶は緊張します。観た後ですからね。。。

「サムライエッグ」チーム

尾野さん:今日は楽しい一日にしたいなと。ひまわり持ってくれてる!嬉しいですね。

百瀬監督:ここまで来るのに汗だくで。ここでも緊張で汗だくです。どんなふうに観ていただけたのか気になっています!


「透明人間」チーム

山下監督:オダギリジョーさんいますが、透明人間なので、見えていません!無口ですし(笑)。

と、笑いを取る山下監督。

山下監督:最後の一本がどんよりで。大丈夫かな?と思っています!背景が暗いのは主人公の心理描写を背景で行うのが目的です。ほぼどんよりですが。そして、面白いですけどあえて難解にしたんです。
と、語る監督。明るくなる部分を探してみるのも面白いかも。

映画情報どっとこむ ralph 今回、尾野さんはプレスコによる声入れを行ったそうで

尾野さん:声の仕事初めてで、出来上がったアニメの口にあわせて吹き込むのかなと想っていましたが。様子がおかしい。絵がカタカタで動かないんですよ。リップを併せないのは良かったんですが。。。でも、楽しかったです。

百瀬監督:優しい感じにしたくて。合わせるのを意識しないで、演じて欲しかったんです。声を聞きながら絵を描き上げました。尾野さんの表情も取り入れました!

とリアリティーを追求したそう。

本編を見た木村さんと鈴木さんは

木村さん:私たちが普段見ている自然が、視点を変えるとこんなに違って見えるのだなと。第一印象でした。動物や魚はカニーニとカニーノにとっては恐怖ですが、人間からの視点との違いは面白くて、童心に帰った気分でした。
監督は、奥多摩に出向いて水中カメラで川の中の様子を撮って参考にして、アニメ的に誇張したそう。さらに

米林監督:カニを捕まえて、参考にしていて、今でもスタジオで元気に暮らしています!

鈴木さん:世界観が凄くて、映像もきれいで、表情も可愛くて。18分なのに物語がたっぷり詰まっています!
と的確な鈴木さん。

映画情報どっとこむ ralph 監督がそれぞれ他の作品を観て

百瀬監督:三つとも全然違うことに驚きました。面白かったですね。

山下監督:怒られましたが・・・観ていないんです。いつもそうですが、人の作品に嫉妬したりするので・・・見ないんです。予告は観ましたが。。。面白そうで。観て悔しくならないように観ていません!未来のミライも社内試写も見れませんでした。

と話す山下監督。

米林監督:僕は面白く見させていただきましたよ。同じ部屋で創ってましたからね。そもそもアニメーターって透明人間のようですし。サムライエッグは自分の0歳児の子供の事のようにドキドキして観ました。


身近にいる英雄。

尾野さん:事務所の方々。陰で色々頑張っている英雄です!
木村さん:赤ちゃんが印象的に描かれていて、彼らがそれぞれに英雄になっていくんだろうなと。ですから、赤ちゃんですね。
鈴木さん:信頼している友達。優しくて・・大切で、英雄です!
と明かし、フォトセッションに。

ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』

絶賛公開中!




***********************************

「カニーニとカニーノ」
監督:米林宏昌
音楽:村松崇継
声の出演:木村文乃 鈴木梨央
「サムライエッグ」
監督:百瀬義行
音楽:島田昌典
声の出演:尾野真千子 篠原湊大 坂口健太郎
「透明人間」
監督:山下明彦
音楽:中田ヤスタカ
声の出演:オダギリジョー 田中泯

エンディングテーマ:木村カエラ「ちいさな英雄」(ELA/ビクターエンタテインメント)
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック/スタジオポノック・日本テレビ・電通 提携作品
配給:東宝
(C)2018 STUDIO PONOC
   


木村カエラ エンディングテーマを熱唱!『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』完成披露プレミア試写会イベント


映画情報どっとこむ ralph 昨夏、『メアリと魔女の花』を発表したスタジオポノックが短編アニメーション制作レーベル「ポノック短編劇場」を新設。この夏、第一弾となる『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日(金)東宝系にて全国公開となります。 本作の完成披露プレミア試写会が 8 月 19 日(日)に東京・品川のステラボールにて行われ、 『カニーニとカニーノ』で声優を務めた木村文乃、鈴木梨央、『サムライエッグ』の尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎、『透明人間』の田中泯、それぞれの作品のメガホンを握った米林宏昌監督、百瀬義行監督、山下明彦監督による舞台挨拶が行われました。

さらに、エンディングテーマを手がけた木村カエラも駆けつけ、初披露となるエンディングテーマ「ちいさな英雄」を熱唱しました!


日程:8 月 19 日(日)16:30~17:15
会場:品川ステラボール
登壇:
「カニーニとカニーノ」 米林宏昌監督/木村文乃、鈴木梨央
「サムライエッグ」 百瀬義行監督/尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎
「透明人間」 山下明彦監督/田中泯

エンディングテーマ/木村カエラ

映画情報どっとこむ ralph スタジオポノックの西村義明プロデューサーは本作について

西村P:実は完成したのは 6 日前くらい。ギリギリまで 最高の映画をと思って作り続けていました!

と明かし、3編の短編で構成されているが、実はもともとの構想では 4 編あり、残りの 1 編を今年 4 月に亡くなった高畑勲監督に作ってもらおうと考えていたと告白。

西村P:厳しい方 だったけど、すごく応援してくれる方だったし、アニメーションに挑戦していこうというこの3作品の中に高畑勲監督は生きていると思う。今日もこの会場でこっそり見てくれているんじゃないかと思います。

と偲びました。

映画情報どっとこむ ralph 各作品の登壇陣は、それぞれの作品にまつわるキーワードをもとにトークを展開。


『透明人間』のキーワードは「存在」

山下監督:そこにいるんだけど、いないも同然の扱いを受けている人がいるんじゃないか?ちゃんといるんだよってことを認めた方がいいし、透明だと思われてる人も自信を持ってほしいという思いを込めた映画です。

と説明。

田中さん:僕も小さい頃は、いないも同然のような子どもでした。大人になって、僕のほうは小さい時の友達をみんな覚えてるけど、あちらの人たちが僕を覚えてなくて、(自分は)いなかったのか…という思いは随分しました。見えていてもいないのと、見えていなくていないのは違いますよね。

とうなずいた。 田中さんは盲目の男役を演じているが、アフレコの際、役柄に合わせてあえて目をつぶって演技をしたという。

田中さん:見えてしゃべるのと、見えないでしゃべるのでは全く世界が違います。画を全く見ない状態でやらせてもらいました。

と明かしました。


『サムライエッグ』のキーワードは「歯」。

尾野さん:ちょっと歯が出てくるんです!

と意味ありげにニヤリ。

坂口さん:歯がすごく印象的な シーンがあったり、(主人公の少年)シュンくんに繋がるんです

と説明。尾野さんは、プレスコ“と呼ばれる先に声を収録し、それに合わせて画を作っていく方法で今回の役に臨んでいて

坂口さん:とても苦労しました!声優さん、超すげーなって尊敬しました!!

とその難しさを振り返りましたが、

百瀬監督:女優さんであられるので、セリフを言いながら自然と演技に出てくるものがあって、それを見ながら画に活かすことでよ りリアリティが出ました!

とあえてプレスコで制作した意図を語りました。

シュンを演じた篠原くんは、この日、初めて父親/医者の二役の坂口さん、母親役の尾野さんと対面を果たしたそうで

篠原君:すごく優しくて感激です!最後の最後にママからの大切な言葉があるのでそこに注目してください!

と大人顔負けのコメントで喝采を浴びました!

また、物語の舞台となる東京・府中市は

坂口さん:学生の時、よく行っていた馴染み深い街です。学生時代に遊びに行っていたお祭りのシーンが出てきたり、街並みが懐かしい感じがありましたね。

と嬉しそうに語っていました。


そして『カニーニとカニーノ』のキーワードはずばり「カニ語」!

米林監督:日本語ではなく全編カニ語です!

と木村さんが演じるカニーニ、 鈴木さん演じるカニーノの兄弟らが、カニ語とジェスチャーで会話をすると説明。

木村さん:伝えたい気持ちがあったら、意外と言葉の形ってあまりいらないんだなって思えました、

と述懐。カニ語に関してはアフレコしながら常に相談しながら作っていったそうで

木村さん:大人たちが皆揃って真剣にカニ語を考えるというシュールな現場でした(笑)。アドリブで、どう言ったらいいんだろう? と思ってうっかり(日本語で)『よい しょ』と言ってしまったりして…(苦笑)

と現場を振り返ると

鈴木さん:あまりカニ語って意識せず、木村さんと2人でアフレコをしていて、気が付いたら2時間も経っててびっくりしました。

と語り、

木村さん:一緒にやらせてもらって、兄弟感が出たと思います。

と壇上でも仲睦まじい様子を見せていました。

映画情報どっとこむ ralph そして、スペシャルゲストとしてエンディングテーマを担当し、自ら歌詞も書いた木村カエラさんが登場!

カエラさん:とにかく、真っすぐで明るい曲にしよう! お客さんが見終わって、口ずさんで劇場を後にできるような明るい曲なれば、と言葉選びをしていきました。親子で見てほしいという西村プロデューサーの願いもあって、子どもがどろんこになっても、どういう状態になっていても抱っこできるような、“無償の愛”、子どもがのびのびと育っていく喜びとかを入れられたらいいなと思って書きました!

と歌詞に込めた思いを説明。

カエラさん:西村プロデューサーに聴いてもらうのに緊張し過ぎて、前日の夜、家で泣いたんです(笑)。自分でこの曲が『いいな』と思えたら、余計に緊張して作り手の気持ちに合ってい
るのか? とかいろいろ考えたら涙ぐんでしまって…。

と制作秘話を明かした。そうして完成 したエンディングテーマ「ちいさな英雄」をこの日、初めて観客の前で熱唱!
その明るく力強い歌声に包まれ会場は大きな盛り上がりを見せました!

映画情報どっとこむ ralph レーベル名:ポノック短編劇場
ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―

8月24日(金)全国公開。

公式サイト:
ponoc.jp/eiyu

***********************************

企画・制作:スタジオポノック
スタジオポノック・日本テレビ・電通 提携作品

配給:東宝
(C)2018 STUDIO PONOC


杉咲、神木、セカオワ登壇『メアリと魔女の花』花の日スペシャル舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 7月8日(土)に公開され、公開30日間22億円を超え大ヒットを記録している『メアリと魔女の花』。さらに世界155の国と地域で公開していくことも発表されるなど、この夏一番の話題作として日本中から注目を集めています。
そんな映画の大ヒットを記念して、作品のタイトルでもあり、劇中でも重要なカギを握るアイテムである“花”にちなみ、8月7日=花(はな)の日ということで大ヒット御礼舞台挨拶を、大阪・TOHOシネマズ梅田にておこなわれました!

舞台挨拶にはヒロイン・メアリ役を演じ、名前にも“花”の一文字が入っている杉咲花さんに加え、杉咲のことを“花様”と呼び数多くのプロモーションを共にしてきた神木隆之介さん、映画のラストに主題歌で“花”を添えたSEKAI NO OWARIさんのメンバーが登場!さらに米林宏昌監督と西村義明プロデューサーも駆けつけチームメアリが再び集結しました!

日付:8月7日
場所:大阪・TOHOシネマズ梅田
登壇:杉咲花、神木隆之介、SEKAI NO OWARI、米林宏昌監督、西村義明プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
イベントでは夏休み期間中ということで各キャストが夏休みにしてみたいことを発表!

杉咲さん:大人数でBBQに挑戦したい!

神木さん:ラベンダー畑に行ってみたい!そこでFukaseさんにRAINを歌ってほしい!

とSEKAI NO OWARIさんへのラブコールを送りました。
SEKAI NO OWARIを代表して

DJ LOVEさん:ウォータースライダーなどプールで遊びたい!

と発言すると、先日男子メンバーでプールに遊びに行っていたことが判明!NakajinとDJ LOVEがひと泳ぎした後にプールサイドでの会話を楽しむ中、一切誰とも会話をすることなくFukaseさんが黙々と泳ぎ続けていたというストイックエピソードも暴露され会場は笑いに!

映画情報どっとこむ ralph そして杉咲さんにはサプライズで神木さんから映画のプロモーションを完走した彼女への労いの気持ちを込めた“花”の冠をプレゼント!

突然のサプライズに杉咲は動揺を隠せず、

杉咲さん:生まれてはじめて花冠をかぶりました。本当に嬉しいです。大事にします。

とコメント。神木も大成功に終わったサプライズに満面の笑みを浮かべていました!

その後行われたフォトセッションでも舞台挨拶に集まった観客一人一人が“花”のパネルを持ち、劇場に壮大なお花畑を創出!まさに“花”尽くしの記念すべきイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph
杉咲さん:この映画を観て、日常に転がっている小さな幸せを見つけて、少しでも明日が楽しみになればと思います。私はこの映画が大好きです。何回でもこの映画を観て、みなさんにとっての魔法を見つけてもらえるとうれしいです。

神木さん:今日は本当に来てくださってありがとうございます。本当に心からこの映画を皆様が愛してくださっているのだなと感じることができて本当にうれしいです。先日、カラオケでRAINを歌ってみたのですが、歌いだしの部分が難しすぎて心が折れました(笑)

SEKAI NO OWARIコメント(代表して

Nakajinさん:こうしてチームメアリの一員として舞台挨拶に参加し、映画を観たお客さんの前でお話しする機会を与えていただいて本当に幸せです。主題歌RAIN」がこれからも長く、多くの人に愛される曲になればいいなと思います。

米林監督:今日は本当にすごくたくさんの人に集まってもらえてうれしいです。主題歌RAINが映画を観た皆様の心にしみわたり、心の中にきれいな花を咲かせることでいつまでも思い出として残ってもらえれば。

西村プロデューサー:今日は8月7日で“花”の日ということで、こうやって舞台挨拶を実施することができて本当にうれしいです。映画が公開され、最近は小さな子からお手紙や写真を送っていただく機会が増え、映画が本当に多くの方に愛していただいていることを実感しています。

映画情報どっとこむ ralph メアリと魔女の花

7月8日(土)全国東宝系公開中!
URL:maryflower.jp

あらすじ
この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。
魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。
メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。
しだいに明らかになる「魔女の花」の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。
魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。
メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会


『メアリと魔女の花 ジ・アート展』東京と大阪で開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 7月8日(土)より全国公開となる、米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』の公開を記念して『メアリと魔女の花 ジ・アート展』を開催することが決定いたしました。

小田急百貨店新宿店本館にて7月26日(水)から。
あべのハルカス近鉄本店にて8月5日(土)からとなります!

『メアリと魔女の花』は『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督の最新作であり、米林監督が最も得意とする精緻で美しい背景美術と圧倒的なアニメーションで、まさに静と動が融合した夏のエンタテインメント超大作です。

本展では、映画『メアリと魔女の花』のすべてがわかる貴重な資料を多数展示。美術家の男鹿和雄氏をアドバイザーに迎えた背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」による美しい美術の数々に出会え、さらにインスタレーションやグッズのコーナーも充実した、大人から子供まで存分にメアリの魅力を体感できる展覧会です。

映画情報どっとこむ ralph 【東京会場】
会期 :2017年7月26日(水)~7月31日(月)
会場 : 小田急百貨店 新宿店本館11階(新宿区西新宿1-1-3)
時間 : 午前10時~午後8時 30分
30日は午後8時閉場、最終日は午後5時閉場 ※ご入場はいずれも閉場30分前まで

【大阪会場】
会期 :2017年8月5日(土)~8月22日(火)
会場 :あべのハルカス近鉄本店 ウイング館4階(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)
時間 : 午前10時~午後8時
最終日は午後5時閉場 ※ご入場はいずれも閉場30分前まで

主催:「メアリと魔女の花」製作委員会
企画協力:スタジオポノック
制 作:ムービック・プロモートサービス
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 2017年7月8日全国ロードショー

メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。

7年に一度しか咲かない、かつて魔女の国から盗みだされた禁断の“魔女の花”。一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえたつ魔法大学‘エンドア’への入学を許可されるが、メアリがついたひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

***********************************

キャスト/杉咲花/天海祐希/小日向文世/満島ひかり/佐藤二朗/遠藤憲一/渡辺えり/大竹しのぶ

原作/メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本/坂口理子
監督・脚本/米林宏昌

音楽/村松 崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック 配給:東宝