「篠原涼子」タグアーカイブ

答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。『人魚の眠る家』第1弾ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 稀代のベストセラー作家・東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を篠原涼子さん、西島秀俊さんで映画化。


この度、本作の第1弾ビジュアルが完成しました。公開日は11月16日(金)に決定しました。

そして、追加キャストとして、篠原涼子演じる播磨薫子の妹・美晴役に山口紗弥加さん。薫子の娘・瑞穂に向き合う医師・進藤に田中哲司さんが発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 第1弾ビジュアルの制作意図

水面から柔らかな光が差し込む水中に、ひとり佇む主人公・播磨薫子(篠原涼子)。胸には、安らかに眠るわが子を抱いているようだ。慈愛に満ちた微笑みを浮かべるその姿は聖母のようで、まっすぐにこちらを見つめるその瞳は、愁いを帯びながらも強い意志を感じさせる。

「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか。」

衝撃的な問いかけは何を意味するのか。愛する人へ捧げたその無償の行為は、善か、悪か、愛か、欲望か?


東野圭吾の禁断のミステリーが、ついに幕を開ける。

人魚の眠る家

2018年11月16日(金)公開です。

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子 山口紗弥加 田中哲司

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


篠原涼子・広瀬すず『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編が解禁


映画情報どっとこむ ralph 斬新でポップな映像表現で常に話題をさらう鬼才・大根仁の最新作『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』は、8月31日(金)より全国東宝系にて公開となります!
原作映画『サニー 永遠の仲間たち』に心掴まれたファンのひとりである大根が、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築し、監督・脚本を一手に担います。

かつての仲間=“SUNNY(サニー)”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校時代を広瀬すずが演じ、現在のサニーメンバーを板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が、90年代に青春を謳歌した高校時代のサニーメンバーを池田エライザ、山本舞香らが演じ、フレッシュな顔ぶれから実力派まで超豪華女優陣の競演も必見です!

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、本作の予告編(90秒)が解禁となりました!



「SWEET 19 BLUES」「強い気持ち・強い愛」2曲を贅沢に使用し、特報からのポップなイメージを残しつつも、篠原涼子をはじめとした女優陣が涙を流すシーンが随所に散りばめられたエモーショナルな予告映像。90年代に最高の青春を過ごすコギャル時代の“SUNNY”たちのキラキラした眩しい姿と、20年の時を経てそれぞれが問題を抱える現在の“SUNNY”たちの姿が対照的な、切なさが際立つエモい予告編が完成しました!

強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの笑いと涙がつまった『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編は、6月8日(金)より全国の映画館で上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 青春を経験した誰もが共感して泣ける。

青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

公式HP
http://sunny-movie.jp/

8月31日(金)より全国東宝系にて公開!!!

90年代に青春を謳歌した女子高生グループ<サニー>の6人。
20年以上の時を経て、彼女たちはそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
メンバーのひとりだった専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた…。

「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」

芹香の願いを叶えるため、止まっていた時が動き出す。

***********************************

監督・脚本:大根仁
音楽:小室哲哉
企画・プロデュース:川村元気
出演:篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生
三浦春馬 ・ リリー・フランキー / 板谷由夏
製作プロダクション:東宝映画 オフィスクレッシェンド
配給: 東宝
©2018「SUNNY」製作委員会


『人魚の眠る家』第2弾キャストに坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれた話題の小説「人魚の眠る家」を篠原涼子、西島秀俊で映画化。 11月に全国公開となります。

この度、新たなるキャストの出演情報が解禁。それは・・・

坂口健太郎は、西島秀俊演じる播磨和昌が経営する会社に勤務する研究員を演じ、川栄李奈はその恋人役。田中泯は播磨和昌の父親役。松坂慶子は、篠原涼子演じる播磨薫子の母親役を演じます。詳細は・・・

映画情報どっとこむ ralph 坂口健太郎​
星野祐也(ほしの・ゆうや)役​
IT系機器メーカー・ハリマテクスの研究員。​社長である播磨和昌から、​研究分野の最新技術を娘の治療に生かせるか​相談を受ける。​

​コメント​
僕が演じた星野という研究者は、命に対しての選択を迫られる家族の側で、少しずつ純粋に、そして盲目的になっていきます。正解がない現実を星野なりの苦悩をしながら生きる姿を是非ご覧ください。 ​坂口健太郎は、西島秀俊演じる播磨和昌が経営する会社に勤務する研究員を演じています。


川栄李奈​
川嶋真緒(かわしま・まお)役​
動物病院の助手。星野の恋人で、結婚の約束をしている。研究にのめり込んでいく星野を心配する。​

コメント​
原作を読んで、とても深いテーマだと感じ、その中で真緒の生き方や在り方を上手く表現できればいいなと思いました。真緒は物語の中では播磨家を客観的に見ている登場人物の1人です。恋人の星野のことを一番に考え待ち続ける、心が広く優しい女性です。現場では、とても難しい役に挑まれた篠原涼子さんの、母親の強さや感情の表現を間近で見ることができ、とても勉強になりました。守るべきものがある全ての方に見ていただきたいです。​

映画情報どっとこむ ralph 田中泯​
播磨多津朗(はりま・たつろう)役​
和昌の父親。ハリマテクスの創業者。すでに現役を引退し隠遁生活を送っている。孫娘を襲った悲劇に心を痛めつつ、和昌の行動に苦言を呈す。​

コメント​
動いている物が生き物だ、イノチある物だと子供は思った。「動く」生き物の世界と同時に「眠る」ことが生きかえるための休息であることを子供は急速に勉強をした。幾年かたって子供はカクレンボという遊びの中で、一人息を潜めて「動かない」でいる自分を発見する。その時、カラダの中に走り回る自分がいること、ドキドキしている自分がいることを発見する。​僕は赤ん坊の時から自分のカラダの外側に興味を持って生きてきた。今も生き続けている僕は、子供の頃からのイキテイル当事者であろうとしている。そして誰かが、そのドキドキを見つけてくれるのを待っている… それをもしかしたら人生とよぶのかもしれない。イノチとは、僕の中側でいつまでもドキドキとしている僕自身のことなのではないだろうか。​植物も動物も一緒だ。カラダの中にイノチがある。​


松坂慶子​
千鶴子(ちづこ)役​
薫子の母親。孫娘の瑞穂をプールに連れて行った先で​事故が起きてしまい、強く責任を感じている。​薫子とともに意識を失った瑞穂の生活を支える。​

コメント​
19歳で初めて松竹の映画に出演し、本作でついに​本格的な“おばあちゃん”役デビューをさせてもらいました。​最初は戸惑ったものの、孫役の3人から「おばあちゃん!」​と慕ってもらって。堤監督とも初めてご一緒させて頂きました。​いい状態で仕事できるよう常に配慮して下さるとても素敵な監督さんで、今回私は責任を感じる役どころでもあり、いろんな意味で皆さんに助けて頂いた現場になりました。​

映画情報どっとこむ ralph 幼い娘に起きた突然の事故、眠り続ける少女の命を巡り、激しくぶつかり合う豪華キャストの熱演に期待です!

人魚の眠る家

2018年11月全国公開

***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)

出演:篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、田中泯、松坂慶子

配給:松竹
©2018「人魚の眠る家」 製作委員会


東野圭吾原作 篠原涼子主演『人魚の眠る家』《超特報》映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 東野圭吾作家デビュー30周年記念小説「人魚の眠る家」が映画化、11月に全国公開となります。

この度、本篇初公開となる超特報映像が解禁。​


初公開となる本篇映像は3カット。物語の舞台となる“家”の俯瞰、庭先で眠る少女の姿、そして「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか?」という衝撃的な問いかけとともに、最後は願いとも、迷いともとれる複雑な表情でカメラを見つめる母親・薫子(篠原涼子)の姿がおさめられています。

原作者である東野圭吾が、「こんな小説を自分が書いていいのか?今も悩み続けています。」と語る本作。

そして、本作「人魚の眠る家」原作の《文庫本》が5月末に幻冬舎文庫より発売となります。​

映画情報どっとこむ ralph 愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦―それは愛か、欲望か?​

衝撃と感涙の東野ミステリー誕生!!​
娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の元に、ある日突然、悲報が届く。 「娘がプールで溺れた―」。愛するわが子は意識不明のまま、医師から回復の見込みはないといわれる。深く眠り続ける娘を前に、究極の選択を迫られた夫婦が下した決断、そのことが過酷な運命の歯車を動かしていく―。東野圭吾の作家デビュー30周年記念ベストセラー小説を、『明日の記憶』 『TRICK』『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化。篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、衝撃と感涙のヒューマンミステリーが誕生します。​
***********************************

監督:堤 幸彦
脚本:篠﨑絵里子
原作:東野圭吾「人魚の眠る家」(幻冬舎刊)​

出演:篠原涼子、西島秀俊
配給:松竹​


篠原涼子 広瀬すず『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』特報解禁 音楽は小室哲哉!


映画情報どっとこむ ralph 斬新でポップな映像表現で常に話題をさらう鬼才・大根仁が映画化を熱望し続けた最新作『サニーSUNNY 強い気持ち・強い愛』。

原作となった映画は、日本でもリピーターが続出し異例のロングランヒットとなった『サニー 永遠の仲間たち』。

心掴まれたファンのひとりでもある大根監督が、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築し、監督・脚本を一手に担います。

かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、20年以上の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた…。強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描く本作。夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代が交差して紡がれる、笑いと涙がつまった最高の青春音楽ムービーです!
そしてこの度、待望の音楽担当&劇中使用曲が解禁となりました。なんと音楽は小室哲哉が担当!

主人公・奈美たちが青春時代を過ごした90年代。まさに当時、ミュージックシーンの先頭を走り続けていた小室哲哉が、本作のために劇伴24曲を完全オリジナルで制作。2017年3月に映画サイドからの熱烈オファーを快諾し楽曲制作を開始。2017年11月下旬には本編撮影の現場にも一度訪れ、大根監督・篠原涼子・リリー・フランキーと談笑をかわしながら、2時間以上撮影の様子を見学しました。丸1年の制作期間を経て本編と共に全ての楽曲が完成しました。主演の篠原涼子とは、1994年に【篠原涼子 with t.komuro】としてリリースしたシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が大ヒットしており、まさにあの時代を駆け抜けた2人が約20年の時を経て、主演女優&音楽担当として再タッグを果たしました!

映画情報どっとこむ ralph そして大根監督が起用した超豪華な劇中使用曲も解禁!
「SWEET 19 BLUES」(安室奈美恵)をはじめとする5曲の小室哲哉プロデュース楽曲や、サブタイトルにもなっている「強い気持ち・強い愛」(小沢健二)など、90年代を彩る珠玉のJ-POP合計11曲が揃いました。なんと劇中使用曲のCD売上累計枚数は、脅威の1000万枚超え!!今もカラオケなどで歌い継がれている名曲の数々に彩られた本作は、世代を超えて心躍ること間違いなしです。どのようにこの豪華な楽曲たちが劇中で流れるのか、渾身の“大根マジック”を期待していてください!

また、同時に本編映像と、ティザービジュアルが初解禁となりました!

本編映像が初めて使われた特報(30秒)では早速「SWEET 19 BLUES」「強い気持ち・強い愛」が使用され、超豪華な90年代J-POPに彩られた『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の世界観をいち早く感じることができます。さらにラストでは、篠原涼子がコギャルコスプレ(?)で「Don’t wanna cry」を熱唱! 90年代を知る世代なら興奮せずにはいられない仕上がりとなりました。この特報は、90年代と現在をつなぐイメージのティザービジュアルがあしらわれたチラシと併せて、4月27日(金)より全国の映画館で目にすることができます。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」特報映像


映画情報どっとこむ ralph 青春を経験した誰もが共感して泣ける、青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、8月31日(金)公開となります!

映画公式サイト
http://sunny-movie.jp/

“サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校時代を広瀬すずが演じ、現在のサニーメンバーを板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が、90年代に青春を謳歌した高校時代のサニーメンバーを池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生が演じ、フレッシュな顔ぶれから実力派まで超豪華女優陣の競演も話題の本作!!
 
90年代に青春を謳歌した女子高生グループ<サニー>の6人。
20年以上の時を経て、彼女たちはそれぞれ問題を抱える大人になっていた。
メンバーのひとりだった専業主婦の奈美は、ある日、久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた…。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」
芹香の願いを叶えるため、止まっていた時が動き出す――

***********************************

監督・脚本 大根仁
音楽 小室哲哉
企画・プロデュース 川村元気
出演 篠原涼子 広瀬すず
小池栄子 ともさかりえ 渡辺直美
池田エライザ 山本舞香 野田美桜 田辺桃子 富田望生
三浦春馬 ・ リリー・フランキー / 板谷由夏
製作プロダクション 東宝映画 オフィスクレッシェンド
配給 東宝
©2018「SUNNY」製作委員会