「篠原哲雄」タグアーカイブ

山崎まさよしが泥棒!映像到着!映画『影踏み』


映画情報どっとこむ ralph 「お前が俺を殺したんだ」衝撃発言に隠された真実とはー!?

監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎えた映画『影踏み』が 11月より全国公開することが決定しました。


本作のはじまりは映画「月とキャベツ」(監督:篠原哲雄、主演:山崎まさよし)のロケ地、群馬県・中之条町。

同作が切っ掛けとなり始まった同地の「伊参スタジオ映画祭」に、偶然にも 2016 年にゲストとして参加した山崎、篠原監督、横山氏が運命的な出会いを果たす。

もともと互いのファンだった山崎と横山氏が意気投合したのは言うまでもなく、その約一年後の2018年初頭には映像化困難とされていた小説「影踏み」の映画化が発表されることになる。山崎は「8 月のクリスマス」(05)以来、約 14 年ぶりに長編映画の主演を務め、篠原監督とは『月とキャベツ』(96)以来、約 22年ぶりのタッグ結成となった。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の特報映像が解禁された。
単なる空き巣とは異なり、深夜に寝静まった民家に侵入し盗みを働く泥棒(通称:ノビ師)。その忍び込みの技術の巧みさ故に、警察から“ノビカベ”とあだ名されるほどのすご腕のノビ師・真壁修一は、ある深夜、県議会職員宅に忍び込み、偶然放火殺人未遂を目撃する。この事件をきっかけに、真壁がずっと心の奥底に押し込めていた 20 年前の事件の記憶が呼び醒まされる―そして彼を取り巻く運命の歯車が動き出す。

家中で燃え盛る炎。その炎の中にうっすらと見える人影。「生きたまま焼かれるのがどういうことかわかるか」という言葉の意味とは。

そして、その後も「まだ自分を許せない?」「自分が救われたいだけだろ?」と次々と発せられる、心に突き刺さるような言葉たちは本作が描く重厚な人間ドラマを予感させる。

更にラストには「俺がお前を殺したんだ」という真壁の衝撃的な発言も。その言葉に隠された真実とは・・・?
果たして、真壁は封印した過去を克服し、事件の謎を解き明かす事ができるのか。

本映像で共演の尾野真千子、北村匠海、大竹しのぶら豪華俳優陣の姿も解禁となり、この異色の犯罪ミステリーがどのような結末を迎えるのか、今から目が離せない。



***********************************


出演:山崎まさよし  尾野真千子  北村匠海
鶴見辰吾 滝藤賢一 中村ゆり 中尾明慶 下條アトム 根岸季衣 / 大竹しのぶ

監督:篠原哲雄
脚本:菅野友恵
原作:横山秀夫「影踏み」(祥伝社文庫)
音楽:山崎将義
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社
制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:東京テアトル
©2019 「影踏み」製作委員会


秋沢健太朗主演!映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』公開決定!山崎まさよしが主題歌


映画情報どっとこむ ralph このたび、アトリエレオパード企画・製作・配給による映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』の公開が決定しました。

1996 年に公開されて以来、今でも根強い人気がある映画『月とキャベツ』。

主演を務めた山崎まさよしが歌う 主題歌「One more time, One more chance」は、今でも山崎の代表作。

その『月とキャベツ』の誕生からずっと育まれてきたスタッフ・キャストたちの手により、本作は製作されました。 若者が集う東京の下北沢の街を背景に、青春時代に誰しもが体験したであろう甘酸っぱい想いが描かれており、 冬・夏・秋の 3 つの季節の短編からなる抒情詩のような映画です。

メガホンを取ったのは、篠原哲雄監督。

自身も劇団の演出家役で映画に初出演を果たしています。音楽と主題歌 を担当したのは、山崎将義(山崎まさよし)。主題歌「Eyes On You」は、本作のために書き下ろされた楽曲です。 (11/21 にリリースされた New Single「アイムホーム」に収録。)

撮影監督には上野彰吾、プロデューサーには『月とキャベツ』でヘアメイクを担当し、本作でもメイクアップ デザインを担当した馮啓孝。

映画情報どっとこむ ralph 主演は、舞台を中心に活動をしている秋沢健太朗。
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」やミュージ カル「忍たま乱太郎」などで注目を集めつつありますが、まだまだ経験も浅い彼にとって本作は大抜擢となりま す。しかしながら、着実に前進をし続ける彼がみせる情熱は、本作の主人公が年上女性に一途に恋をする姿と重なり、初々しい。そして秋沢の得意ワールドである舞台の剣術シーンは迫力があり、見応えがあります。
また、ヒロインを務めるのは、『月とキャベツ』でもヒロインを務めた真田麻垂美。当時、ギタリスト役で出演 していた田中要次も本作に出演しています。そして夏編では、一部当時のロケーション地だった群馬県の伊参で も撮影が行われました。
ほか、 共演には中村優一、渡部龍平、根岸季衣も顔を揃えています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』

2019年1月12日(土)よりシネマート新宿にてロードショー
(2週間限定上映)

公式サイト:
http://kimikara-movie.info/

***********************************

秋沢健太朗 真田麻垂美 渡部龍平 中村優一/田中要次/根岸季衣
監督:篠原哲雄
音楽 主題歌:「Eyes On You」作詞・作曲 山崎将義 歌 山崎まさよし(EMI Records)
企画・製作・配給:アトリエレオパード
2018年/日本/カラー/ ビスタ/5.1ch/86分

Ⓒ2018 アトリエレオパード


文音 草笛光子W主演 篠原哲雄監督 映画『ばぁちゃんロード』本ビジュアル完成!


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります映画『ばぁちゃんロード』の本ビジュアルが完成しました。

本作の主人公は、結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足をケガして施設で暮らす祖母。
両親が共働きだった孫娘にとって、子供の頃からずっと側で見守ってくれた祖母は何よりも大切な存在。祖母を元気づけるために思いついた「一緒にバージンロードを歩きたい」という孫娘の願いは、施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、希望へ向かって一緒に奮闘する。

今回、解禁となった本作のビジュアルは、絆と愛がテーマ。
まぶしいくらいの純白のウエディングドレスに身を包み、優しくばぁちゃんに微笑む孫娘と礼服姿で少し緊張ぎみのばぁちゃんが、何とも微笑ましい。


出演は、女優・文音(『八重子のハミング』『おみおくり』)と日本を代表する名女優・草笛光子がW主演。

文音が、いつも明るく、真っ直ぐに目標へ向かう純粋な孫娘・夏海を表情豊かに活き活きと演じ、また草笛が、孫娘の願いに応えようと頑張る、芯の強い祖母・キヨを演じています。文音は、デビュー作『三本木農業高校、馬術部』(08)以来の主演映画であり、また草笛はスクリーンデビューを飾った『純潔革命』(53)以来、数々の作品へ出演するなかで、新たな主演映画が加わりました。


ほか共演陣には、夏海の婚約者に三浦貴大、キヨが暮らす施設でリハビリ治療を行う理学療法士に桜田通、また夏海の優しい父に鶴見辰吾など、若手、ベテランの実力派俳優が集結しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた教育機関、映画美学校が行った「映画美学校プロットコンペティション2016」にて最優秀賞を受賞した上村奈帆のプロット(ストーリー)から生まれた脚本を名匠・篠原哲雄監督(『月とキャベツ』『花戦さ』)がメガホンを取って映画化。撮影は、風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に2017年夏に行われました。さらに、大貫妙子が歌う「この道」(作詞:北原白秋/作曲:山田耕筰)が主題歌に起用されました。世代を越えて歌い継がれているこの童謡が、孫娘とばぁちゃんの絆を優しく包み込んでいます。

『ばぁちゃんロード』
4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
http://baachan-road.com

***********************************

出演

文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄 脚本:上村奈帆

配給:アークエンタテインメント
(c)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会
   


あたたかく愛おしい想いは届くのか。映画『ばぁちゃんロード』予告編完成


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります映画『ばぁちゃんロード』の予告編がこのたび完成しました。

結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足を怪我して施設で暮らす祖母。子どもの頃から両親が共働きで不在だったために、子供の頃からずっと隣りで見守ってくれていたばぁちゃんを励ますために、孫娘は宣言する。

「ばぁちゃんと一緒にバージンロードを歩きたい!」

その願いは施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、いつしか祖母の生きがいとなる。はたして、孫娘の想いは届くのか…。
この予告編を観て、公開前の春いちばん、ほっこりはいかが。



物語・・
ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦貴大)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛光子)のもとへ出向く。夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。
自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった・・・。

***********************************

出演:
文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
配給:アークエンタテインメント
(c)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会


文音・草笛光子 W主演映画『ばぁちゃんロード』製作発表!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ばぁちゃんロード』の製作を発表となりました!

舞台は海沿いの田舎町。
結婚を間近に控えた根っからのおばあちゃんっ子の孫娘・夏海と、足を怪我して施設で暮らす祖母・キヨが、一緒にバージンロードを歩くという無謀とも言える目標に向けて2人でリハビリを重ね奮闘する物語。

人間関係の希薄化が取りざたされるこの時代に、世代を超えた家族の絆や生きる希望を描いたハートウォーミングな映画が誕生します。

そして、女優・文音(29)と草笛光子(83)が、孫・夏海と祖母・キヨ役でダブル主演を務めることが決定しました。二人はドラマでの共演をきっかけにプライベートでも交流を深め、文音は草笛を実の祖母のように慕い、草笛は孫のように可愛がる相思相愛の仲。

まさに運命のような縁を感じるダブル主演決定に、2人は以下の通り、喜びのコメントを寄せています。

文音さんからのコメント

今回、素晴らしい脚本と素晴らしい監督に出会い、まだ撮影は始まっていませんが今からこの作品がどう出来上がっていくのか楽しみです。プライベートでも交流のある草笛さんがおばあちゃん役と聞いた時は本当に嬉しくて、私達にしか出来ないばぁちゃんロードが必ず出来る!!、と確信しています。精一杯、夏海という役を愛し感じ演じさせて頂きたいと思います。


草笛光子さんからのコメント

2年ぶりの映画の仕事なので、チョットワクワクしております。これは孫娘との愛の物語なので、相手役の文音さんとの心の交流、思いやりが大切な軸になります。ですからその事だけを思って、演じるように見えない演じ方をしたいです。おばあちゃん思いの孫と、孫思いのおばあちゃんの感動のお話です。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた教育機関、映画美学校が行った第一回プロットコンペにて最優秀賞を受賞したプロット(ストーリー)を映画化するもの。映画『花戦さ』が絶賛公開中の名匠・篠原哲雄監督(55)がメガホンを取ります。

篠原哲雄 監督からのコメント

ふた世代離れた祖母と孫が共に歩んで行く姿は、親子関係とは違う深さや強固さが表せると思います。若い孫は昭和を生きたばあちゃんから逆境に立ち向かう「たくましさ」を学び、ばあちゃんは孫から幸せに向かう「人の思いの強さ」を見つけだします。二人の結びつきを俳優さんの自然体な芝居から感じられるように撮っていきたいと思います。文音さんにはひたむきに目標に向かう純粋さと健気さを、草笛光子さんには人が持つ芯の強さみたいなものを、僕がどこまで引き出せるかだと思います。富山県・氷見の風情ある町並みを背景に、日本映画の一つの伝統とも言える「泣ける映画」を作ってみせたく思います。

共演陣には、三浦貴大、桜田通、鶴見慎吾など、若手、ベテランの実力派俳優が集結。撮影は、風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に行われ、8月下旬にクランクイン。完成は12月を予定しております。

***********************************


出演
文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 辻本晃良 富永沙織 竹内晶子 /鶴見辰吾

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
プロデューサー:佐藤現
製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会
製作幹事:セントラル・アーツ