「箱田優子」タグアーカイブ

新藤兼人賞2019 最終ノミネーション監督13名が決定!


映画情報どっとこむ ralph 協同組合 日本映画製作者協会は、今年度公開作品の中から将来性のある新人監督を選出し、『新藤兼人賞』金賞・銀賞を贈ります。2019年度は、230作品が選考対象となり、ノミネーション監督13名が決定しました。

本年24回目を迎える本賞は、歴代受賞者のその後の活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と新人監督の登竜門として高く評価されるようになりました。

ノミネートされた13名の中から11月25日(月)に金賞と銀賞が決定します。

受賞者には、正賞として故・新藤兼人監督デザインのオリジナルトロフィー副賞として、金賞には賞金50万円、銀賞には賞金25万円が贈呈されます。授賞式は、12月6日(金)正午より如水会館オリオンルームにて開催の予定です。

≪ノミネート監督と作品≫ ※順不同
(監督)甲斐さやか 『赤い雪 Red Snow』
(監督)照屋年之 『洗骨』
(監督)片山慎三 『岬の兄妹』
(監督)鶴岡慧子 『まく子』
(監督)山崎 裕 『柄本家のゴトー』
(監督)奥山大史 『僕はイエス様が嫌い』
(監督)穐山茉由 『月極オトコトモダチ』
(監督)長久 允 『ウィーアーリトルゾンビーズ』
(監督)村上浩康 『東京干潟』/『蟹の惑星』
(監督)田中征爾 『メランコリック』
(監督)オダギリジョー 『ある船頭の話』
(監督)真利子哲也 『宮本から君へ』
(監督)箱田優子 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

映画情報どっとこむ ralph ≪新藤兼人賞2019年度審査員≫
審査員長:孫家邦(株式会社リトルモア)
審査員:宇田川寧(株式会社ダブ)、松田広子(株式会社オフィス・シロウズ)、山上徹二郎(株式会社シグロ)、山本章(株式会社ジャンゴフィルム)

「新藤兼人賞」2019
WEB:
https://www.nitieikyo.com/  

新藤兼人賞web site:
https://www.nitieikyo.com/shindokanetoawards

TW:
https://twitter.com/nichieikyo
***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上海国際映画祭アジア新人部門にて箱田優子監督が最優秀監督賞を受賞!『ブルーアワーにぶっ飛ばす』


映画情報どっとこむ ralph 主演 夏帆×シム・ウンギョン×箱田優子監督

ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開となります。

そして!

この度、第22回上海国際映画祭アジア新人部門にて最優秀監督賞を受賞しました!
上海国際映画祭_箱田優子監督
映画情報どっとこむ ralph 現在、中国・上海で開催されている第22回上海国際映画祭のアジア新人部門最優秀作品賞と最優秀監督賞にノミネートされ、公式上映でも満席を記録し、サイン会も長蛇の列ができるほどの注目を集めた『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が、同部門最優秀監督賞を受賞!


アジア圏最大規模の同映画祭。アジア新人部門は、アジア圏の新人監督作品を対象とし、これからの映画界を担う才能に各賞が授与される。アジア新人部門の審査員長を務めた中国のニン・ハオ監督は「作品賞と監督賞のどちらにするか、最後まで審査員皆で悩んだ」と明かし、また同じく審査員を務めた中国の実力派女優のタン・ジュオも「大好きな作品ですし、ぜひ自分を(箱田監督の)次の作品で使ってもらいたい!」と猛烈アピールするほどの絶賛ぶりだった。


授賞式では緊張もあってか

「Thank you very much for everyone!ありがとう!」

と一言で喜びを伝えた監督。

授賞式後、自身のSNSで

「夏帆ちゃん、ウンギョンちゃんおめでとう。スタッフキャスト、関わってくれたみんなの賞なのでみんなおめでとう!」

と感謝の気持ちを綴った。

映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

ブルーアワーにぶっ飛ばす 本作は、『嘘を愛する女』(18/中江和仁監督)、『ルームロンダリング』(18/片桐健滋監督)など新進気鋭の若手映像作家を生み出したプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」にて2016年審査員特別賞に輝き、CM界で活躍する箱田優子の初監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』。

砂田を演じるのは、『天然コケッコー』『海街diary』『友罪』など、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。「一番やりたかった役にやっと巡り合えた」と言う夏帆は、本作でこれまでのイメージを一新させる演技を魅せる!親友・清浦には、『サニー永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では初主演作『新聞記者』(6/28公開)を控え、映画・舞台などで今大注目のシム・ウンギョンが扮する。ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。


***********************************

出演:夏帆 シム・ウンギョン  渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子
製作:中西一雄
企画・プロデュース:遠山大輔
プロデューサー:星野秀樹
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武
美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分

(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆主演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ドイツ日本映画祭・第21回台北映画祭出品&箱田優子監督参加!


映画情報どっとこむ ralph 箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開。

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、現地で絶賛の嵐だった本作。


この度、ドイツにて開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」、第21回台北映画祭への出品が決定しました。

ドイツ日本映画祭「ニッポン・コネクション」&第21回台北映画祭出品決定!!

台北映画祭へは箱田優子監督も参加!

先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペティション部門へ出品され、満員御礼、観た人から絶賛の声が絶えなかった本作。

日本公開前から海外で注目集めている本作が、この度5月28日よりドイツ、フランクフルトで開催される第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」の出品が決定!世界最大の日本映画祭と言われる同映画祭では、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、世界から多大な注目を集めた『寝ても覚めても』や、第75回ヴェネチア国際映画祭出品『斬、』、第69回ベルリン映画祭出品『きみの鳥はうたえる』なども上映される予定。

世界各国を賑わせた日本映画が参加する中、新人監督の箱田優子の『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がニッポン・ビジョン部門での上映が決定し、同映画祭がヨーロッパプレミアとなる!

映画情報どっとこむ ralph さらに6月27日から台北で開催する第21回台北映画祭の国際ニュータレントコンペティション部門への出品も決定した。

毎年約160作品が上映され、約10万人の映画ファンが参加する台北最大の映画祭。
2007年より「国際ニュータレントコンペティション部門」が設けられ、国際審査員によって「最優秀映画」および「特別審査員賞」が選出される。新人監督の発掘に力を入れている同映画祭へ、箱田監督が『ブルーアワーにぶっ飛ばす』を引っさげ参加する予定。

映画情報どっとこむ ralph 初監督作品にして続々と世界各国の映画祭への出品が決まる『ブルーアワーぶっ飛ばす』。

10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー!

www.blue-hour.jp

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン  渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 
製作:中西一雄 
企画・プロデュース:遠山大輔 
プロデューサー:星野秀樹 

撮影:近藤龍人 
照明:藤井勇 録音:小川 武 
美術:井上心平 
編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン 

配給:ビターズ・エンド
2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分
©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆 心が荒みきった30歳役『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ブラックでポップな30秒特報が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開となります。

この度、劇場公開日が10月11日(金)に決定。


併せて30秒特報が解禁となりました。

<「本当の私とか、クソくらえだバカ野郎!」心が荒みきった30歳の自分探し!>

この度解禁された特報映像では、荒みきった表情で暴言を吐く砂田(夏帆)のシーンからはじまる。
30歳でCMディレクターの砂田は、東京で仕事に明け暮れる毎日。
「走り過ぎでしょう止まったら死にそう。」と仕事仲間に言われれば「だったら半分死んでるわ。」と毒づいてばかり。

そんなある日、大っ嫌いな地元茨城(いばらき)に帰ることになる。
ついて来たのは自由奔放な“秘密の友達” 清浦(シム・ウンギョン)。

砂田は地元で何を考え、どう変わるのか…?
ブラックでテンション低めな砂田と天真爛漫な清浦のコントラストが見どころであり、美しい茨城の映像とともにスピード感あふれる特報に仕上がっている。



映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月11日(金)より、 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 本作は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」にて2016年審査員特別賞に輝いた箱田優子の初監督作品。
主演の砂田を演じるのは、『天然コケッコー』『海街diary』『友罪』など、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
親友・清浦には、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では初主演作『新聞記者』(6/28公開)や舞台出演など控える今大注目のシム・ウンギョンが扮する。
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。

また先日追加キャストも解禁され、今話題作に引っ張りだこの若手実力派女優・伊藤沙莉が、茨城のスナック店員に扮しコメディーに振り切った演技を披露。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演した人気子役・上杉美風が砂田の幼少期を演じる。
そのほか小野敦子や高山のえみらも出演し、物語に彩りを与えている。

***********************************

出演:夏帆 シム・ウンギョン
渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 
伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 

製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹 
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
制作プロダクション:ツインズジャパン 
配給:ビターズ・エンド
2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分 

(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆の“ふてくされ顔”がイイ!ビジュアル解禁!『ブルーアワーにぶっ飛ばす』


映画情報どっとこむ ralph 新進気鋭の若手映像作家を生み出したプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」にて2016年審査員特別賞に輝き、CM界で活躍する箱田優子の初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』。

先日の第43回香港国際映画祭では「女性の描き方が今までにない作品!」「斬新な編集に驚いた!」と高い評価を得た勢いそのままに、待望のティザービジュアル&追加キャストが発表となりました。

映画情報どっとこむ ralph 砂田を演じるのは、『天然コケッコー』『海街diary』『友罪』など、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じ、多くの映画ファンを魅了してきた演技派女優・夏帆。「一番やりたかった役にやっと巡り合えた」と言う夏帆は、本作でこれまでのイメージを一新させる演技を魅せる!
親友・清浦には、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇り、日本では初主演作『新聞記者』(6/28公開)や舞台出演など控える今大注目のシム・ウンギョンが扮する。ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。

また追加キャストも解禁され、今話題作に引っ張りだこの若手実力派女優・伊藤沙莉が、茨城のスナック店員に扮しコメディーに振り切った演技を披露。またNHK連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演した人気子役・上杉美風が砂田の幼少期を演じる。そのほか小野敦子や高山のえみらも出演し、物語に彩りを与えている。

映画情報どっとこむ ralph さらに、待望のティザービジュアルが解禁!

「自分探しとかほんとうの私とか。んなもん、クソくらえだバカ野郎」

と、主人公・砂田の心の叫びとも言える痛烈なコピーと夏帆渾身の“ふてくされ顔”がマッチした勢いのあるビジュアルが完成した。
大嫌いな地元で佇む様子は怒りを感じさせるが、

「上手に生きているようにみえて、実は不器用で不自由な私の人生。」

のコピーが、都会で満ち足りた生活を送る砂田の空虚感を隠し強がる心が見え隠れする。彼女のその表情は何を意味するのかー?

物語がますます気になるビジュアルです。


映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開!

30歳のCMディレクター砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも、理解ある優しい夫もいて、満ち足りた人生を送っている…ように見えるが、口をひらけば毒づいてばかりで心は荒みきっている。そんなある日、病気の祖母を見舞うため、砂田は自由奔放な親友・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることに。いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう二人だが、実は清浦がついてくるのには理由があったー。

***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン  渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作 伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子 

製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹 
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
制作プロダクション:ツインズジャパン 
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分 

(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演の夏帆「一番やりたかった役に巡り合えた」『 ブルーアワーにぶっ飛ばす 』製作発表


映画情報どっとこむ ralph この度、2016 年に行われた「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」で審査員特別賞を受賞した、箱田 優子の「ブルーアワー」が、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』と いうタイトルで製作され、主演に夏帆・共演にシム・ウンギョ ンを迎えて2019年に公開することが決定しました!

主演は『友罪』『ビブリア古書堂の事件手帖』など、清純派から シリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆さん。30歳、何者 にもなれない自分や大嫌いな田舎にコンプレックスを抱きながら も奮闘する、主人公の砂田を熱演している。共演は、映画『怪し い彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョンさん。本作で は日本語の台詞に挑戦しており、明るく自由奔放な女性・清浦を 演じている。ほかにも、渡辺大知さん、ユースケ・サンタマリアさん、黒田大輔さん、嶋田久作さん、でんでんさん、南果歩さんの出演も決まっています。

15 日(木)に行われた「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018」では、夏帆、シム・ウンギョン、箱田優子監督が揃っ て登壇した。 2年ぶりに再び壇上に戻ってきた監督。

箱田監督:2年前が昨日のことの ようで、まさにタイトルのごとく、ぶっ飛ばして今日にやってきた気持ちです。自分が一番見たい映画を脚本にして、こうして映画化できる機会を与えてくれたことに本当に感謝しています。一般のお客さんの目で見ても、とても面白い作品になったと思います!

と想い を語った。 監督のたっての願いで、撮影前も3人は沢山コミュニケーション の時間をとっていたそう。

箱田監督:撮影やリハーサル以外でも、ご飯を食べ に行ったり、できるだけ一緒の時間を過ごしました。

と語ります。

夏帆さんは撮影前に行うロケハンにも初めて参加したそうで

夏帆さん:監督の実家に行って、監督のご両親に会いに行ったり。。。監督はすごく面白い人。撮影の時、いつも寄り添ってくれて本当に心強かったです。監督のおかげ で、清浦役の芝居をやり通すことができたと思います。感謝です!

と感謝の言葉を伝えました。

会話劇が中心の本作で、日本語に挑戦し ているシムさん。

箱田監督:本当に現場でも日本語を頑張っていて…。

と感慨深げに言うと

シムさん:丸暗記しました。

と返すシムに、会場は大きな 笑いに包まれた。
さらに、今回審査員として参加していた南果歩さんは、夏帆さん演じる砂田の母親役として出演している。

南さん:監督はユーモアが あって、一番元気。でもカメラの脇に入ると、存在が保護色になって馴染みだし、みんなを見守る存在になるのです。 何より良かったのは、茨城に行ってリハーサルができたこと。監督の実家やご両親のやっている牛舎に行ったりと、茨城 ロケを満喫しました。いま紹介されたパイロット版を観て、早く映画を観たくなっちゃいました!

と語った。 夏帆さんは、主人公の砂田役に対して

夏帆さん:砂田の役が本当に大好きで、撮影後半には自分なのか砂田なのかよく分から なくなるっていうくらいでした。いま一番やりたかった役に、やっと巡り会えたと思ったんです。だからこそ、自分をすべて さらけ出す気持ちで挑みました。

と熱い気持ちを伝えると、

箱田監督:そんな事言うと泣いちゃうよー!

と監督は喜びの顔を見せていました。

ブルーアワーにぶっ飛ばす
2019年ロードショー!!

物語・・・
30歳の砂田(夏帆)は、東京で働く CM ディレクター。仕事にも人生にもぼやいてばかりな日々を過ごしている。そんな ある日、祖母の見舞いに行くため、砂田は自由奔放な友人・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰 ることに―。

***********************************


監督・脚本:箱田優子
出演:夏帆、シム・ウンギョン
渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作 でんでん、南果歩

製作:『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会
配給:ビターズ・エンド
©2019『ブルーアワーにぶっ飛ばす』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ