「筒井真理子」タグアーカイブ

奥田瑛二 、筒井道隆、水崎綾女ら8名登壇!映画『洗骨』公開直前試写会


映画情報どっとこむ ralph 「ガレッジセール」のゴリこと照屋年之さんが監督を務め、第40回モスクワ国際映画祭、上海映画祭、ハワイ映画祭な ど世界各国の映画祭でも話題を呼んでいる映画『洗骨』の公開直前試写会が 1 月 17 日(木)に東京・有楽町の丸の内 TOEI で行われ、上映前に照屋年之監督をはじめ、奥田瑛二さん、筒井道隆さん、水崎綾女さん、坂本あきらさん、鈴木Q太郎さん、筒井真理子さん、古謝美佐子さんが登壇した。

日付:1月17日(木)
場所:東京・有楽町の丸の内 TOEI
登壇:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、坂本あきら、鈴木 Q 太郎、筒井真理子、古謝美佐子
照屋年之監督(「ガレッジセール」ゴリ)

映画情報どっとこむ ralph “洗骨”とは、沖縄の離島などごく一部に今なお残っている、死者を風葬にし、さらに数年後にもう一度 取り出して骨を洗うという風習。


照屋監督:3 年前 まで沖縄出身の僕さえ知らなかったです。え? いまのこの時代にミイラ洗ってんの? 怖いな…って最初は思ったけど、話を聞いて、実際の映像 を見ると、全く怖くなくて。命を繋いでくれたご先祖 にいまの自分があるのを感謝するというとても美し い行為だったので、映画にしたいと思った。

と明かす。

これから映画を見る観客を前に

奥田さん:これだけは断言します。損はさせません。みなさんを裏切ってみせます! 以上です!

と自信満々。

沖縄の男・信綱を演じるにあたって

奥田さん:東京で台本を何度も手繰って イメージして臨んだけど、現地に行くと、自然の美しさ、空気感、想像を超える幻のようなものがあって『沖 縄には勝てないな』と思いました。とにかく無になって、何も考えずそこに肉体を置こうと思いました。朝起きても信 綱、撮影中も信綱、撮影後に泡盛を飲んでも信綱、2 杯飲んでも信綱…3 杯飲むと奥田瑛二が出てきて、4 杯飲むと スケベな奥田になって、12 時を回ると解散(笑)。撮影中の記憶がない。

と振り返った。 これに対し、

照屋監督:僕らは酔っぱらった奥田さんの一言一句をよく覚えてます。

水崎さん:5 時から 12 時までずっと覚えてます(笑)

とツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。

筒井さんは信綱の長男・剛を演じたが、信綱との間に確執がある関係のため、現場ではほとんど奥田さんと言葉を交わさなかったとのこと。

筒井さん:多少ですよ。

と笑うが、

照屋監督:撮影中も食事中も、一切、話さないので、確執のあ る人たちをキャスティングしたのかと思った!!

と苦笑を浮かべていた。


映画情報どっとこむ ralph 水崎さんは、信綱の長女で臨月の妊婦である優子を演じたが

水崎さん:最初は(お腹を)タオルで膨らませる予定でしたが『命を繋ぐ』『生と死』がテーマで、妊娠姿が重要だったので、『自腹でもいいので(お腹に装着する)シリコンの重いやつ を用意してほしい』とお願いして、寝るときもごはんの時も、お風呂に入る時以外はずっとつけっぱなしで生活して いました。

と明かす。 そのため、撮影期間中、沖縄の人々に本当に妊娠していると誤解されることもあったそう。

照屋監督は、奥田さんとお 腹の大きな水崎さんが撮影後に食堂で食事をしていた時のエピソードを明かし

照屋監督:周りのお客さんが(2 人を)チラチ ラ見てました(笑)。奥田瑛二が若い女優をはらませて、落ち着くまで沖縄潜伏してるんじゃないかと(笑)。誰も声を 掛けられず『隣にいるのって奥さん? いや、水崎綾女…?』って(笑)

と思わぬスキャンダル未遂事件(?)を暴露 し、会場は爆笑に包まれた。

坂本さんは、

坂本さん:沖縄は暑かったです。この映画を見て熱くなってください!

と呼びかけたが、

照屋監督:地元の 漁師に見えました。

と絶賛の声が! 一方、水崎さん演じる優子の恋人役で俳優デビューを果たした鈴木さんは、

鈴木さん:監督から「バラエティのクセでカメラ目線でしゃべってた」とダメ出しを食らって、「全力でやりましたんで、みなさん、温かい目で見てください!

と呼びかけていたが、“恋人”水崎さんから

水崎さん:全力のイエスキリストさまが見られます。

といじられ

鈴木さん:カレシです!

と強調していた。

沖縄出身の古謝さんは

古謝さん:私に父親もオバアも洗骨しました。オバアは私が高校生の時ではっきり覚えています。映画 を見て、オヤジやオバアを思い出して涙が出ました。

としみじみと語った。

そして、信綱の妻役で数シーンの出演を果たしている筒井真理子は、司会者の「出番は少なくともある意味で主役のようでした」との言葉に

筒井(真)さん:そう見えたなら、(家族を演じた)みなさんの母や妻を思う気持ちが素晴らしかったから。

とニッコリ。照屋監督によると、遺影の表情や病死して埋葬される際のメイクについて、筒井さんからは何度も提案、 リテイクの要求があったそう。

照屋監督:(死体役で)桶に入っても、何度も目を開けて『監督、頬がこけるメイク をもうちょっといいですか?』と言われて、『早く死ねよ!』と思った(笑)

と冗談交じりに筒井さんの執念の演技を 称賛した。

一方で、彼女の死を受け止められない情けない男を熱演した奥田さんについても

照屋監督:汚い白ブリーフの奥田瑛二を見るのはみなさん、初めてだと思います!

と改めて、その役者魂を惜しみなく讃え、上映へ。

映画情報どっとこむ ralph そして!
上映終了後、エンドロールが終了すると同時に、場内から大きな拍手が沸き起こりました!
映後にも登場した照屋監督とキャスト陣。撮影のエピソードからもチームワークの良さが伺えました。
そして、音楽を担当した佐原一哉さんがキーボードを、そして古謝美佐子さんが三線を手に披露されたのは、主題歌である「童神」。

古謝さんの、強い生命力を感じるような力強く美しい歌声が響く渾身のパフォーマンス。

場内のお客様のみならず、舞台上でともに聞いていた奥田瑛二さん、水崎綾女さんが思わず涙をぬぐう場面も。


奥田さん:まいりましたね。こよなく愛せるキャラクターを照屋監督が与えてくれた。そういったことを思い出して、感無量になってしまいました。

と何度も涙をぬぐう。

水崎さん:個人的に、今日は阪神淡路大震災が起こって24 年。わたしは 5 歳のときに被災しました。命をつなぐというのがテーマのこの作品で、個人的にこみ上げてくるものがあります。

と涙ながらに語った。

最後に・・・

照屋監督:みんな 100%の自信なんて持てない人がほとんどだと思う。不安やおびえ、コンプレックスを持った人を描きたいと思ってきました。そんなこといっても明日は来るから、一歩を踏み出してみようと映画にしたいと思いました。人に会いたくなる映画になれば

と語り、大きな拍手とあたたかな空気に包まれて舞台挨拶は終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『洗骨』

1月18日(金)より沖縄先行公開 /2月9日(土)より全国公開

公式HP:
senkotsu-movie.com


物語・・・
洗骨――。
今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島では西側に位置する「あの世」に 風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と別れを告げることになる。 沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4 年ぶりに故郷・粟国島に戻ってきた。 実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、妻の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。そこへ、名古屋で美 容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来 るが、優子の様子に家族一同 驚きを隠せない。様々な人生の苦労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つ になるはずの“洗骨”の日まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?
***********************************


奥田瑛二 筒井道隆 水崎綾女 / 大島蓉子 坂本あきら 山城智二 前原エリ 内間敢大 外間心絢 城間祐司 普久原明 福田加奈子 古謝美佐子 鈴木Q太郎 筒井真理子

監督・脚本:照屋年之
音楽:佐原一哉 主題歌:「童神」(歌:古謝美佐子)
製作総指揮:白岩久弥
製作:藤原 寛 小西啓介 宮崎伸夫 武富和彦 エグゼクティブ・プロデューサー:片岡秀介 プロデューサー:高畑正和 小西啓介 協力プロデューサー:飯田雅裕 具志堅 毅 アシスタントプロデューサー:南 陽 ラインプロデューサー:金森 保 撮影:今井孝博(J.S.C) 照明:鳥越博文 録音:横澤匡広 美術:木下沙和美 装飾:石上淳一 ヘアメイク:荒井ゆう子 スタイリスト:むらたゆみ キャスティングディレクター:杉野 剛 沖縄コーディネート:鳥越一枝 編集:堀 善介 音響効果:佐藤祐美 助監督:丸谷ちひろ 制作担当:刈屋 真 柴野 淳 宣伝協力:新垣尊大 須藤淳子 平野誠也 スペシャルサンクス:粟国村 粟国村の皆さん 制作協力:キリシマ1945

制作プロダクション:ファントム・フィルム

制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:『洗骨』製作委員会(吉本興業 ファントム・フィルム 朝日新聞社 沖縄タイムス社)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
2018/日本/カラー/スコープサイズ/上映時間 111 分
(C)『洗骨』製作委員会


有村架純 國村隼ら9名登壇!映画『かぞくいろ』完成披露試写会 


映画情報どっとこむ ralph 人生を鉄道になぞらえて描いてきた映画「RAILWAYS」シリーズの最新作「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」が11月30 日(金)より全国ロードショーとなります。

そして、この度完成披露試写会が行われ、舞台挨拶には、有村架純さん、國村隼さん、桜庭ななみさん、歸山竜成さん、木下ほうかさん、筒井真理子さん、板尾創路さん 青木崇高さん、吉田康弘監督が登壇しました。


『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』完成披露試写会
日時:10月18日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路 青木崇高、吉田康弘監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台は、鹿児島県?熊本県を結ぶ〈肥薩おれんじ鉄道〉。美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った“ふそ゛ろい “な 3 人の家族の再出発を描き、映画を観たあと誰もか゛愛しい「家族」に会いたくなる─すへ゛ての人へ贈る、愛と希望に満ちた感動作です。

温かな拍手の中に登場したキャストと監督。青木さんは歸山くんを肩車で登場!会場を沸かせました!

有村さん:こんばんは!こんなに沢山の方が足を運んでくれてうれしいです!

國村さん:かぞくいろを日本で初めてご覧になる皆さんです!楽しんでください!

桜庭さん:皆さんおみていただけることワクワクしてました。心に残る作品になると思います。

歸山さん:青木さんとは撮影に入る前に野球したり、ご飯食べに行ったりして、役作りに励みました。役には入れたと思います。僕の一番お力を出した演技なので楽しんでみてください!

木下さん:こんばんは!ぶつぶつ

筒井さん:日本で初めての上映に立ち会えて幸せです。

板尾さん:ハロー!

と、本当に一言の板尾さん。

青木さん:(歸山さんに)全力で頑張ったんだよな!素敵な映画ですので楽しんで!

監督:お越しいただきありがとうございます!楽しんで帰ってください。

と、それぞれ一言あいさつ。

映画情報どっとこむ ralph 早速映画の話に!母親でシングルマザーは初めての有村さんは役作りは苦労したそうで

有村さん:私自身も母親という役割がわからないところでしたので、役に寄り添えるように頑張りました。物語以前の背景がなかったので、どういう人生を歩んできたのかは、監督と共有しながら作っていきました。

と、役の作りの裏を披露。ベテラン運転士役の国村さんは

國村さん:この映画は、登場してくる人はどこか皆、不器用。中でも私の役は不器用で頑固。そのイメージで演じました。ベテランなので運転はそこは違うやろ!って言われないように、ご指導いただいて細かく気を付けて演じました。

今回のロケ地は桜庭さんの出身地の鹿児島。撮影を振り返り

桜庭さん:普段は標準語だったり、ほかの方言で演じますが、今回は地元鹿児島の言葉だったので、自分の言葉で話せた気がしました。リラックスできましたし、小さいころから見ていた風景の中ので心も体も元気になりました。

歸山君:海沿いのシーンは寒くて、長そでも寒かったので休憩中もみんなしゃべらなくて・・・國村さん見たら半そでシャツ一枚で気まずかったです!

と、会場爆笑!

歸山さん:有村さんとは、毎回のシーンで一緒だったので、一杯ありすぎて選べません!

と、うらやましい思い出一杯の歸山さん。

鉄道に乗る仕事もされてる木下さん

木下さん:本当は運転したかったですけどね。飲みに行くのが楽しくてね。。。毎晩行ってて記憶を飛ばした日もありました!地元の人に一升瓶もらったりね。
と、かなり、地元に打ち解けていたご様子。

筒井さん:最初のシーンで有村さんが捨て猫のようにかわいくて、、、厳しいこと言うのがつらかったです!
といわれて、照れる有村さん。

板尾さん:僕が有村さんに教えるんでエスが、もっと厳しくすればよかったなと。オンの人が運転するのが新鮮で・けなげで、鉄道会社の人も協力してくれて、撮り放題でした。カメラの柴崎さんが撮った風景なども見どころです。

青木さん:あまり親子を考えずに、カレーを作ったり、電車に乗ったり、デニーズ行ったり、気の許した関係で、始めました。個人的にも有村さんとの出会いも見どころです。

作品に込めた想いを

監督:大切な人を失ったかなしに見どう向き合っていくかというテーマ・悲しみを抱えて一緒に生きていく。哀しみに、寄り添った映画を作りたいなと。現実と地続きであるべきと思って映画を創っています。この家族を鹿児島にいる現実にいる家族だと思っていただければ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、俳優にならなかったら、どの職業に就くとしたら?

有村さん:体調カウンセラー

國村さん:もっと大きなものを運転したい、次は飛行機を操縦してみたいですね。

桜庭さん:ナース。スカウトした時もナースの役出来るからって言われてここに立ってます。

歸山さん:殺陣をやってるので、殺陣の講師にもなりたい!

木下さん:美容師・・・ネイリスト・・・か、農業。

筒井さん:映画のモギリ!

板尾さん:生まれ変わっても私になりたい!

青木さん:杜氏 利き酒師の免許もとったので。

映画情報どっとこむ ralph 最後に
有村さん:この作品は映像も美しいですし、家族の在り方とは何かを改めて考えさえせられる映画です。そして温かい気持ちで帰れると思います。

この後すぐ見る観客に、

國村さん:どんなふうに見ていただけるのか楽しみです。
と閉めてイベントは終了。上映となりました。

映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』

公式HP:
http://www.railwaysmovie.jp/

わたしたちにしか描けない、 家族のカタチ。

晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく―。

***********************************


有村架純  國村 隼
桜庭ななみ 歸山竜成/木下ほうか 筒井真理子/板尾創路 青木崇高

エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司

監督・脚本:??田康弘 音楽:富貴晴美 プロデューサー:石田和義/秋吉朝子/櫛山 慶/石田聡子 ライン・フ゜ロテ゛ューサー:渡辺栄二

撮影:柴崎幸三 照明:上田なりゆき 美術:古積弘二 装飾:小林宙央 録音:白取 貢 編集:村上雅樹 サウント゛エフェクト:北田雅也 特機:奥田 悟 衣裳:岡田敦之/牧 亜矢美 ヘア・メイク:宮内三千代 スクリプター:赤澤 環 助監督:甲斐聖太郎 制作担当:間口 彰 特別協賛:出水酒造 協賛:鹿児島県阿久根市/映画「かそ゛くいろ」制作を応援する会 撮影協力:肥薩おれんし゛鉄道/九州旅客鉄道 製作:「かそ゛くいろ」製作委員会 企画:阿部秀司事務所/ROBOT
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹

©2018「かぞくいろ」製作委員会


岸井ゆき x 成田凌『愛がなんだ』追加キャストに深川麻衣、若葉竜也ら5名発表


映画情報どっとこむ ralph この度、直木賞作家の角田光代が2003年に発表した傑作小説を主演岸井ゆきの、共演に成田凌で映画化した『愛がなんだ』を2019 年春に全国公開する運びとなりました。


監督は今泉力哉監督。

出演者の岸井、成田に加え、新たに 深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこの出演情報が解禁。

映画の主人公は 28 歳の OL テルコ。
彼女は一目ぼれ したマモルに想いを寄せている。自分の時間のすべてを マモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に 冷たい目で見られても、マモルがいてくれるならテルコ はこの上なく幸せだと思っている。

けれど、マモルにとって、テルコはただ都合のいい女でしかない。そのことをわかっているテルコは今の関係を保つことに必死で自分からは一切連絡をしないし、決して「好き」とは伝えない。しかし、そんなある日、マモルからの連絡が突然途絶えてしまう…。

3ヶ月が経ったころ、マモルから急に電話がかかってきて、会いにいくと、彼の隣には年上の女性、すみれ がいた…。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、仕事や友人、自身の生活全てを犠牲にしてもいいほどの“愛”を持ったテルコと、彼女を取り巻く様々な人物 を描いた恋愛群像劇です。
テルコと最も近しい友人である“葉子”役には、『パンとバスと 2 度目のハツコイ』(17)に続き 2 度目の今泉 監督作品への出演となる深川麻衣。テルコの親友で、達観した価値観を持ちながらも、色男や流行りものに目がないと いう難しい役どころの葉子を演じ、これまでに見せたことのない新たな一面を披露している。

葉子に想いを寄せ、友人以上恋人未満の関係を続け、テルコの一番の理解者であるプロカメラマン志望の青年・ナカムラには、『葛城事件』(16)、『南瓜とマヨネーズ』(17)、『パンク侍、斬られて候(18)』などに出演し、若手きっての演技力 と存在感をスクリーンに焼き付ける若葉竜也、テルコの仕事場の上司役に、熊切和嘉監督作『武曲』(17)や『ハッシ ュ!』や『ぐるりのこと』など橋口良輔監督の作品に数多く出演する片岡礼子、葉子の母親に『淵に立つ』などの筒井真 理子、マモルがテルコに突然紹介する年上の女性・すみれには、自由自在に演じる役柄に同化し観るものに忘れられ ない印象を残す江口のりこ、など実力派が揃い、作品に厚みを加えています。『愛がなんだ』は 2019 年春より公開いた します。

***********************************

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)

監督:今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ

配給:エレファントハウス
©️2019 映画「愛がなんだ」製作委員会


緒方貴臣監督、衝撃の最新作『飢えたライオン』ポスタービジュアルが完成


映画情報どっとこむ ralph 海外映画祭オファーラッシュ&海外映画祭で三冠!!
『子宮に沈める』の緒方貴臣監督、衝撃の最新作!

この度、9月15日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開となる映画『飢えたライオン』のポスタービジュアルが完成しました。

また、公開に先立ちバレンシア国際映画祭にて「最優秀脚本賞」「若手 審査員賞」をW受賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭にて 「NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)」を受賞しました。

「飢えたライオン」は誰か?

映画情報どっとこむ ralph 海外映画祭オファー殺到!
海外映画祭三冠受賞!! チケットが即日完売となった第30回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門の上映を皮切りに、海外映画祭の上映 オファーが10以上殺到している本作。7月12~22日に韓国で行われた第22回プチョン国際ファンタスティック映画祭で は、最も注目すべきアジア映画に与えられる「NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)」を受賞。過去には、『百円の恋』 (武正晴監督/第19回)、『桐島、部活やめるってよ』(吉田大八監督/第18回)といった作品が同賞を受賞してい また、6月22日~29日にスペインで行われた第33回バレンシア国際映画祭CINEMA JOVEでは「最優秀脚本賞」「若 手審査員賞」をW受賞し、海外映画祭で三冠を達成した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『飢えたライオン

公式サイト:
http://hungrylion.paranoidkitchen.com/

物語・・・
ある朝、高校のホームルームで瞳の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。
担任の性的動画が流出し、その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと思っていたデマは事実のように広がっていき、追いつめられた瞳は自殺をしてしまう。
担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は加熱していく。
そして社会によって瞳の「虚像」が作られていくが・・・。
9月15日(土)より、テアトル新宿にてレイトショー!以降全国順次公開!

***********************************

出演:松林うらら 水石亜飛夢 筒井真理子 菅井知美 日高七海 加藤才紀子 / 品田誠 上原実矩 菅原大吉 小木戸利光 遠藤祐美 / 竹中直人

プロデューサー・脚本・監督:緒方貴臣
脚本:池田芙樹
共同プロデューサー:小野川浩幸
撮影監督:根岸憲一
編集:澤井祐美
配給・宣伝:キャットパワー
2017 年/日本映画/78 分/カラー/ステレオ/日本語
©2017 The Hungry Lion


津田寛治がW主演 駒井蓮 べた褒め&次世代俳優をチェックして!「名前」初日舞台挨拶 で


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・道尾秀介が書き下ろしたオリジナル原案を元に作られ、大阪アジアン映画祭、ウーディネ・ファーイースト映画祭など国内外の映画祭で注目を集めている映画『名前』が、いよいよ6 月 30日(土)より新宿シネマカリテほか 全国順次公開となりました。

その公開初日にW主演を務めた津田寛治さん・駒井蓮さんら計11名が登壇して舞台挨拶が決定が行われました。

「名前」初日舞台挨拶
日時:6月30 日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:津田寛治 駒井蓮
勧修寺保都 池田良 木嶋のりこ 金澤美穂 川瀬陽太
田村泰二郎 筒井真理子 道尾秀介(原案・主題歌) 戸田彬弘監督

映画情報どっとこむ ralph 即完売となった初回上映、

津田さん:こんなにお暑い中、沢山の方にお集まりいただき物凄く嬉しいです。

駒井さん:初日と言う日を迎えられて、本当に本当に嬉しいです。最後まで楽しんでいってください。

とのW主演お二人のご挨拶からスタート。


続けて・・・
勧修寺さん:まだまだ先だと思っていた6月30日。あっという間で、嬉しいです。この映画がもっと広まるよう拡散願います。演じたのは素直な役で、駒井さんのことを好きになるのですが。。。駒井さんが良い人なので、役作りせずに日に日に好きになる演技が出来ました!

と、公開告白!?

木嶋さん:土曜日ですが。。即完売を勝ち取った皆さまと一緒にこのお時間を楽しみたいと思います。津田さんの妻役ですが・・作品の中では向き合って欲しい・・・と言う思いで演じていました。ただ、カメラの廻っていないときは、映画やお芝居の話をしたり、実際は向き合ってくれる方なんだと。安心しました。

池田さん:完成披露の時、役名忘れて今日は覚えてきました!津田さんは大好きなお兄ちゃんなんです。僕のことをよく褒めてくれるんです。(津田さん:大好きだから)常に見習いたい存在です。

金澤さん:お気に入りのシーンが心に残ればよいなと思っています。演劇部員として、嘘をつくな!芝居をするな!と台詞で言いますが、私自身が嘘をつかないように心からの言葉が出るように演じました

川瀬さん:映画は良かったということで!

年間何本の舞台挨拶に出てるんだろう・・・な河瀨さん。

田村さん:外ではサッカー、中では『名前』しっとりした映画。懐かし感じ。チエホフ出てくるし、芝居が好きなやつが監督なんだなと感じました。それから、女学生っていいなと。(笑)

筒井さん:今日は万引き家族ではなくこちらに来ていただいて本当に嬉しく思っています。


原作および音楽担当の道尾さん。

道尾さん:DENで主題歌を使ってもらいました。普段ご一緒できない方々と、お会いできたのは楽しかったです。先ほど津田さんに何回ぐらい死にましたかって聞いたら、「数えきれないほどと。」人生観もかわるんだろうなと思いました(笑)。

戸田監督:今日は朝早くからありがとうございます。映画は誰かの人生と出会いだと感じています。この映画が良い出会いになればと嬉しいなと思っています。

と一言挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 津田さんは素性を偽る男。今回は1本の映画の中で何役も演じていることに
津田さん:まさにそこが台本をいただいて面白いと思ったところです。役者という仕事だけではなく人って普段から演じているなと。。演じることで自分の社会でのポジションを作っているなと感じていた時に、このオファーをいただきまして。接する人によって、名前も接し方変えていく。監督に、全く違う役のように演じるかを尋ねたところ、喰い気味に「演じなくてよいです」と言われました。それで、監督を信頼できたんですね。無意識に演じ分けてる感じに出来上がっていて。監督若いのに力量あるなと。

筒井さんは津田さんとの共演は2度目だそうで・・・
筒井さん:津田さんとは2度目。純粋な方なんですよ、前回は鬼嫁の役で土下座させたりして・・・この現場で、筒井さん怖い人じゃなかったんですねって。芝居なんだけど・・・

津田さん:あの時は、カメラ廻ってなくても怖かったですよ。

と、入り込む憑依系女優であることが披露されました。

初主演の駒井さんは劇中劇も見どころ演じるにあたって、

駒井さん:他人を演じる為には元から持ってるもの使って誰かになる作業だ思うので、他人と自分がセットになったものだと思います。

映画情報どっとこむ ralph 道尾さん原作を監督するにあたって、

戸田監督:道尾先生はミステリーのイメージ多いと思いますが。今回は津田さんと駒井さんの居心地のいい交流を描きたくて、大事に描きました。お二人勝手に仲良くなってたんで。二人の人柄に任せました。

と話す監督。

道尾さん:原案を渡して脚本も!と言われたのですが、映像はないので、プロの人にやってもらいました。チェックの過程で問題ないって言ってましたが。実は1ページも読んでなかったんです。餅は餅屋ですから。お任せです。初めて試写の時に全体を知って・・プロに任せてよかったなと。

と、エピソードを明かしてくれました。

戸田監督:一番の思い出は・・・最後の方のシーンで。トラブルで場所を移動して、長回しをしたんですが、台本にセリフがないのにアドリブでやってるんです。いいシーンになってるなと。津田寛治さんの底が凄いなと。

津田さん:クランクインの前にワークショップしていて、撮影も最後の方だったから関係性もできていて。だからあの長台詞も出てきたんです。どちらかと言うと、役と言うより津田寛治が駒井蓮に言ってる言葉です。ビックリしたのは駒井さんがアドリブをしっかり受けてくれたことです。

どんなシーンかは是非劇場で!


最後に・・・
津田さん:2年前に撮影していて、やっと公開に漕ぎ着けて感無量です!滅茶苦茶嬉しいです。次世代を担う俳優が沢山出ています。そして、筒井さんはじめ日本映画を支えてきた俳優との共演を是非。

駒井さん:私にとってこの作品は宝物です。

名前

6 月 30 日 ( 土)より新宿シネマカリテほか、全国ロードショー

物語・・・
経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男。様々な他人の名前を周囲に偽って使い、体裁を保ちながら自堕落な暮らしを送 っていた。ある日素性がバレそうになり窮地に陥っていた正男のもとへ、彼を「お父さん」と呼ぶ女子高生・葉山笑子が突然現れる。笑子のペースに 振り回されながらも、親子のような生活に束の間の平穏を見出す正男。しかし、笑子がある事情から正男のことを、自分の生き別れた父親だと思っ ていることに気づき、自分の消してきた過去のことを考え始める。正男には死産した娘がいたのだった・・・。 そして心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も、演劇部で主演のひとりに抜擢され、少しずつ変わっていく。
***********************************


原案:道尾秀介
監督・編集:戸田彬弘
脚本:守口悠介
製作統括:井川楊枝
プロデューサー:前信介 音楽:茂野雅道
撮影:根岸憲一
録音:鈴木健太郎
MA:吉方淳二 音響効果:國分玲 助監督:平波亘 制作担当:森田博之 衣装:博多屋あい ヘアメイク:堀奈津子

アシスタントプロデューサー:雨無麻友子
スチール:北島元朗

出演:津田寛治 駒井蓮 / 勧修寺保都 松本穂香 / 内田理央 池田良 木嶋のりこ 金澤美穂 比嘉梨乃 真広佳奈 小槙まこ 戸畑心 柿本朱里 アベラヒデノブ 田山由起 竹下かおり 信國輝彦 松林慎司 稲荷卓央 / 波岡一喜 川瀬陽太 田村泰二郎 西山繭子 / 筒井真理子