「第76回ヴェネチア国際映画祭」タグアーカイブ

村上虹郎、日本映画の良さをもっと伝えていきたい『楽園』第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久によって、遂に映画化。
心えぐられる衝撃作、映画『楽園』が10月18日(金)に全国公開となります。

この度、ヴェネチア国際映画祭(2019年8月28日~9月7日)にて初めての開催となるプレス・業界関係者向けの日本映画特集上映&交流イベント「ジャパン・フォーカス」が開幕。選出された『楽園』、『人間失格 太宰治と3人の女たち』、『カツベン!』、『蜜蜂と遠雷』の関係者から、代表者が現地時間の9月2日に行われた合同記者会見に出席した。


第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント 「ジャパン・フォーカス」
日程: 2 019 年 9月2日(月)、3日(火)
会場 Sala Pasinetti
上映作品:
『楽園』 瀬々敬久監督 (KADOKAWA 配給)
『人間失格 太宰治と3人の女たち』 蜷川実花監督 (松竹 アスミック・エース配給) 『カツベン!』 周防正行監督 (東映配給) 『蜜蜂と遠雷』 石川慶監督 (東宝配給)

映画情報どっとこむ ralph 今回が初開催となる「ジャパン・フォーカス」の記者会見の場には各国から多くのメディアが集まり、本イベントに対する現地の期待の高さが感じ取れる。映画『楽園』からは俳優の村上虹郎と二宮直彦プロデューサーの両名が記者会見に出席。
村上虹郎 映画『楽園』「ジャパン・フォーカス」 村上さん:映画祭は色々な人と出会える、ご縁のある場所だと思っていて、僕もデビュー作で海外の映画祭に行かせていただき、様々な映画監督や俳優さんと出会えて、今もそのご縁が続いているのがありがたい。こういった海外の映画祭で日本という国、そして日本映画の良さをもっともっと伝えて行きたいです。

と歴史あるヴェネチア国際映画祭に参加出来た喜びをコメントし、

二宮プロデューサー:全世界共通だと思いますが、映画が完成するのは小さな奇跡の連続だと思っています。『楽園』が完成したのは2つの奇跡がありました。一つは瀬々監督の脚本。この脚本無くしてはこの企画は成立しませんでした。そしてもう一つは、主演の綾野さんやここにいる村上さんを始めとした、日本を代表するキャスト陣が魂と心を削りながら演じてくれたことです。

と世界に向けて堂々と作品をアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 合同記者会見と同日に行われたレッドカーペットセレモニーには「ジャパン・フォーカス」に選出された面々が登場すると会場は拍手喝采!
『楽園』二宮直彦P、村上虹郎 『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花監督、池田史嗣P、『カツベン!』天野和人P
〈『楽園』二宮直彦プロデューサー、村上虹郎〉、〈『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花監督、池田史嗣プロデューサー〉、〈『カツベン!』天野和人プロデューサー

レッドカーペットを囲うようメディアが溢れかえっており、様々な言語が飛び交い国境を越えた映画の祭典を盛り上げていた。レッドカーペットを歩いた村上さんは各国のメディアからのリクエストに丁寧に答え、時には蜷川監督と2ショットでの取材に応じるなど楽しんでいた。

村上さん:今回は是枝裕和監督、塚本晋也監督、オダギリジョーさんなど日本映画界の先輩方が数多く来ており、改めて日本と密接にある映画祭だと感じました。

と映画人としてヴェネチアの地に降り立った喜びを語った。
雷雨の予報で天候が危ぶまれたが、見事もちなおし華やかなレッドカーペットとなった。

『楽園』二宮直彦P、村上虹郎 『人間失格 太宰治と3人の女たち』蜷川実花監督、池田史嗣P、『カツベン!』天野和人P 今回、世界三大映画祭の一つで歴史あるヴェネチア国際映画祭にて、日本映画の最新話題作を集めた上映会の催しは初めてであり、イタリアの映画業界並びに欧州において日本映画のプレゼンスをより高めることを期待され開催されることとなった。日本での公開に先立ってヴェネチアで盛り上がりを見せる映画『楽園』の公開に期待が高まる。※映画『楽園』の上映は〈現地時間9月3日17時〉から上映となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『楽園』

公式HP:
rakuen-movie.jp 

公式Twitter:
@rakuen_movie

『楽園』本ポスター ストーリー:
ある地方都市で起きた少女失踪事件。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤独を深める次第に正気は失われ、誰もが想像つかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、粗衣の陰に隠される真実とはー。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだものの運命とはー。

***********************************

綾野 剛 / 杉咲 花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
©2019「楽園」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

オダギリジョー監督作と出演作、ヴェネチア映画祭2作品の正式出品が決定


映画情報どっとこむ ralph 第76回ヴェネチア国際映画祭にて
監督作『ある船頭の話』が<ヴェニス・デイズ>部門
出演作『サタデー・フィクション』が<コンペティション>部門
監督作と出演作、2作品の正式出品が決定いたしました!

8月28日に開幕する第76回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門が発表となり、オダギリジョー出演の『サタデー・フィクション』(2020年日本公開予定)が選出、正式出品作品として上映が決定した。ヴェネチア国際映画祭はカンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭のひとつに数えられる、世界最古の歴史を持つ映画祭。革新性や探求心、オリジナリティー、インディペンデント精神などに優れたハイ・クオリテイーな作品を紹介することを目的とした<ヴェニス・デイズ>部門においては監督作『ある船頭の話』での出品が先日発表され、今回は最高賞「金獅子賞」を争う<コンペティション>部門で出演作『サタデー・フィクション』の出品が発表となった。オダギリにとってヴェネチア国際映画祭は、『蟲師』『叫』(ともに06年)、『サッド ヴァケイション』(07年)、『プラスティック・シティ』(08年)と出演作が三年連続で出品された縁のある映画祭だが、『ある船頭の話』はオダギリにとっての長編「初」監督作品、その映画がヴェニス・デイズ部門に邦画長編として史上「初」選出、さらに俳優として参加した出演作が同じ映画祭に同時出品されることは、歴史ある映画祭においても類い稀な快挙となった。まさに今年のヴェネチアはオダギリ色に染められそうだ。オダギリジョーは両作品の上映に合わせて現地入りをする予定。受賞結果は、ヴェニス・デイズは9月6日、コンペティションは翌7日(現地時間)に発表される。

映画情報どっとこむ ralph この度の正式出品を受け、オダギリジョーの喜びのコメント

オダギリ ジョー:
「今年のヴェネチア国際映画祭は、アジア映画にとっては向かい風の強い年になったにもかかわらず、その中に、監督作、出演作がともに入るなんて、信じられません。これも全て、厄年を越えたからだと思います。これからは『ヴェネチアを愛し、ヴェネチアに愛された男、オダギリ』と名乗っていこうと思います。」

映画情報どっとこむ ralph 『ある船頭の話』

一艘の舟。全ては、そこから始まる―。
近代産業化とともに橋の建設が進む山あいの村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人たちが橋の完成を心待ちにする中、それでも黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前に現れた一人の少女。何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始める―。
ある船頭の話 脚本・監督:オダギリ ジョー
出演:柄本明、川島鈴遥、村上虹郎/伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優/笹野高史、草笛光子/細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功撮影監督:クリストファー・ドイル   衣装デザイン:ワダエミ   音楽:ティグラン・ハマシアン
配給:キノフィルムズ/木下グループ 
© 2019「ある船頭の話」製作委員会



『サタデー・フィクション』

映画の舞台は第二次世界大戦が勃発する直 前の、世界各国の諜報員が暗躍する東洋の魔 都、上海。実在する「蘭心劇場」で巻き起こる 愛と謀略の物語。 主演は、ディズニー・アニメーション『ムー ラン』の実写版に出演が決定するなどハリウ ッドでも活躍する、中国を代表する女優のコ ン・リー。コン演じる主人公は、華やかなショ ー・ビジネスの世界で活躍しながら、諜報員と いう裏の顔をもつミステリアスな大女優。共 演のオダギリジョーは、日本から来た暗号通 信の専門家として物語のカギを握る重要な役どころを演じる。さらに、オダギリ演じる専門家の護衛役として、 映画やテレビで活躍する中島歩も参加。
サタデー・フィクション_(コンリー、オダギリジョー)
監督:ロウ・イエ
出演:コン・リー、オダギリジョー、中島歩、トム・ヴラシア、パスカル・グレゴリー、マーク・チャオ
原題:蘭心大劇院
英題:SATURDAY FICTION
配給・宣伝:アップリンク
2019年/中国/中国語、英語、日本語
(c)YINGFILMS

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ