「第70回カンヌ国際映画祭」タグアーカイブ

緊急決定!ホン・サンス監督最新作『それから』公開記念 キム・ミニ大ヒット作『お嬢さん』限定上映!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され話題となった、名匠ホン・サンス監督最新作『それから』。

主演をつとめるキム・ミニは、昨年、R18指定にも関わらず大ヒットを記録した『お嬢さん』(パク・チャヌク監督作/2016年)で、妖しくミステリアスな令嬢・秀子役を演じ、衝撃のラブシーンにも堂々と挑み国際的に評価されました。

現在では、カンヌ・ベルリン・ヴェネチアなど世界の映画祭が絶賛する名匠ホン・サンスの新たなるミューズとして、その存在感を確固たるものとし、既にホン・サンス監督作で5作品の主演をとつめています。

2015年のホン・サンス×キム・ミニの初タッグ作『正しい日間違えた日』はロカルノ国際映画祭グランプリを受賞、続く『夜の浜辺でひとり』ではキム・ミニが韓国俳優史上初となるベルリン国際映画祭女優賞(銀熊賞)に輝く快挙を達成しました。また『クレアのカメラ』では大女優イザベル・ユペールとの共演を果たし、今年のベルリン国際映画祭に出品された「Grass」(原題)でホン・サンス作品の5本目の主演となり、今、キム・ミニには世界から熱い視線が送られています。


キム・ミニとホン・サンス監督の4度目のタッグとなる最新作『それから』は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、かつてロベルト・ロッセリーニとイングリット・バーグマン、ジャン=リュック・ゴダールとアンナ・カリーナ、小津安二郎と原節子といった名監督と名女優のコンビが生み出してきた名作に連なる作品として喝采を浴びました。

モデル出身の抜群のスタイルとユニークな顔立ちが印象的なキム・ミニは、ファッションリーダーとしても女性から絶大な支持を受けています。中学生の頃からモデルとして活動した後、90年代末からテレビドラマと映画で女優としての活動をはじめ、現在は37歳。意外に長いキャリアの中で、2012年に出演した宮部みゆきの原作を映画化した『火車 HELPLESS』の演技が称賛され、パク・チャヌク監督の目に留まったことで主演した『お嬢さん』の演技が、国際的に高く評価され数々の受賞に輝きました。

映画情報どっとこむ ralph このたび、日本で2週間しか上映されていなかった、「スペシャル・エクステンデッド版」を、ホン・サンス監督最新作『それから』公開記念、新ミューズ キム・ミニの大ヒット作として限定上映が決定しました。

ホン・サンスが見出した新ミューズ、キム・ミニ主演の大ヒット作!

お嬢さん
スペシャル・エクステンデッド版 

6/2(土)~8(金) 限定上映決定!ヒューマントラストシネマ渋谷にて 

監督:パク・チャヌク
出演:キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ
2016年/韓国/169分/R18+ 
配給:ファントム・フィルム
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンス×女優キム・ミニ 作品一挙公開!

6/16(土) 『夜の浜辺でひとり』ロードショー 
6/30(土) 『正しい日 間違えた日』 ロードショー 
7/14(土) 『クレアのカメラ』 ロードショー 

映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンス×女優キム・ミニ(『お嬢さん』)が紡ぐ、男と女の可笑しみ。

映画監督と女優の幸せなコラボレーションから生まれた、人間ドラマの最高傑作。
そこはかとなく漂うユーモアが理不尽な世の中を突き破る。

それから

原題:그 후/英題:The Day

6/9(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

公式サイト:crest-inter.co.jp/sorekara 

【STORY】

妻に浮気を疑われ、窮地に立たされている社長ボンワン(クォン・ヘヒョ)が経営する出版社に勤めることになったアルム(キム・ミニ)。

出勤初日早々、社長の妻がやってきて、アルムを夫の不倫相手と決めつけ騒ぎ立てる。

同じ日の夜、前任者であり社長の愛人であった女がひょっこり戻ってきたことで、事態は思わぬ方向へ…。

***********************************


監督・脚本:ホン・サンス
出演:クォン・ヘヒョ、キム・ミニ、キム・セビョク、チョ・ユニ

2017年/韓国/91分/モノクロ/ビスタ/

配給:クレストインターナショナル


『BPM (Beats Per Minute)』日本公開2018年3月決定、11/23「TOKYO AIDS WEEKS 2017」にてジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph この度、第70回カンヌ国際映画祭においてグランプリを受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM (Beats Per Minute)』(原題)の日本公開が2018年3月に決まり、「TOKYO AIDS WEEKS 2017」にてジャパンプレミア上映することが決定しました。

第90回アカデミー賞 外国語映画部門のフランス代表にも選出され、本年度のオスカーへのノミネートにも期待がかかる『BPM (Beats Per Minute) 』。

エイズ発症者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体Act up Parisの活動を通して恋と人生の輝きを描いた本作ですが、この度、11月末に開催される「TOKYO AIDS WEEK 2017」にてジャパンプレミア上映することが決定いたしました。

「TOKYO AIDS WEEK 2017」〈オープニング・イベント〉
映画『BPM(Beats Per Minute)』ジャパンプレミア試写会&トーク

11月23日(木・祝)
18:30~21:30
会場:なかのZERO小ホール

映画情報どっとこむ ralph TOKYO AIDS WEEKS 2017
2017.11.23(木・祝)~26日(日)
[会場]中野区産業振興センター(中野区中野2-13-14)
     なかのZERO小ホール(中野区2-9-7)
[主催]TOKYO AIDS WEEKS 2017実行委員会
[共催]中野区

*「TOKYO AIDS WEEKS 2017」とは?➡
『第31回 日本エイズ学会学術集会・総会』(11月24日~26日)と、12月1日の世界エイズデーに連動したウィークイベントで、今回は日本エイズ学会が中野区で開催されるということで、中野区内の施設を会場として、トークショーや映画上映、シンポジウムや講演、合唱コンサートなど、約20余りのイベントが集結。この機会に、HIV/エイズに関するあなたのイメージをアップデート。

*ACT UPとは?
正式名称:the AIDS Coalition to Unleash Power =力を解き放つためのエイズ連合
アクトアップ・ニューヨークは1987年3月にニューヨークで発足したエイズ・アクティビストの団体。エイズ政策に感染者の声を反映させることに力を入れ、差別や不当な扱いに抗議して、政府、製薬会社などに対しデモなどの直接行動に訴えることもしばしばある。現在は全米各地やフランス、インド、ネパールなどにもアクトアップが作られている。

映画情報どっとこむ ralph 『BPM (Beats Per Minute)』(原題)
2018年3月よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペース 他にて全国ロードショー

作品情報
本作は、第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。舞台は1990年代初めのパリ。エイズ発症者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体Act up Parisの活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる、感動作。

***********************************

出演:ナウエル・ペレ・ビスカヤー(グランド・セントラル)、アーノード・ヴァロワ、アデル・エネル(午後8時の訪問者) 他
脚本・監督:ロバン・カンピヨ 製作国:フランス 
© Céline Nieszawer


奈良県を舞台にジュリエット・ビノシュ x 永瀬正敏、河瀨直美監督『Vision』撮影開始


映画情報どっとこむ ralph 世界で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る俳優永瀬正敏をダブル主演に迎え、新作映画を手がける。
全編奈良で撮影を敢行する本作は、世界中を旅して紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌと、自然豊かな神秘の地・吉野の山々を守る山守の男・智(とも)が出会い、言葉や文化の壁を超え、心を通わせていく物語。ジャンヌはなぜ奈良を訪れたのか。山とともに生きる智が見た未来とは。

河瀨監督待望の新作タイトルは『Vision』に決定。2018年の全国公開を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、河瀨直美。映画への愛で長年トップを走り続けるランナー達。

永瀬正敏、河瀨直美が監督作『光』で今年5月の「第70回カンヌ国際映画祭」へ訪問した時に運命的な出会いを果たしたことがプロジェクトの発端。

本作のプロデューサーであるマリアン・スロットが映画祭の公式ディナーで偶然にも河瀨監督と同席となり、国籍や言語の違いを越えて繋がる“映画への愛”を共通のワードに、スロットが河瀨監督にビノシュを引き合わせたそう。

以前よりお互いをリスペクトしていた二人は意気投合。

ビノシュは河瀬監督の次回作出演に意欲を見せ、翌6月には制作が決定。すぐさま河瀨監督はオリジナル脚本の執筆し、この運命的な出会いからわずか3ヶ月あまりで世界各国の注目を集める河瀬直美監督最新作がスタートしたそうです。

映画情報どっとこむ ralph お三方からのメッセージが届いています


河瀨直美監督からのコメント
今年のカンヌでジュリエット・ビノシュに出逢い、彼女とともに「映画」を創りたいと思った瞬間から、全ての準備がパズルのピースように次々と奇跡的にはまっていき、カンヌから帰国して 3ヶ月ほどで、ゼロからの企画がこうして立ち上がりました。
ジュリエットの映画に対する姿勢とフレームの中の存在感は圧倒的です。彼女もやらなければいけない映画という使命と運命を感じてくれていて、日本の奥深い森に来るのは永年の夢だったと聞きました。これからの撮影が楽しみです。

ジュリエット・ビノシュさんからのコメント
今年のカンヌ国際映画祭で初めて河瀬監督に会い、彼女の存在感に圧倒されました。監督の作品は拝見していますが、作品で彼女はいつも自然に寄り添い、人のことを愛していますね。フランスで河瀬監督の作品は非常にリスペクトされていて、彼女が紡ぐ表現方法などとても独特で素晴らしいと感じていました。
私は昔から、日本の、特に地方を訪れてみたいと思っていました。
その土地に住んで、その地域の人たちの生活に触れてみることを夢見ていましたが、今回、その夢が叶いましたね。都会では何も感じることができないけれど、こうして人間のルーツに戻るべきだと改めて思いました。今作の撮影で、実はハリウッド映画の撮影に入っていたのですが、自然のタイミングに合わせスケジュールを調整しました。
ここ奈良では自然に囲まれた中で最高に贅沢な時間を味あわせてもらっています。
神様へのお祈りにも参加させていただき、地球、世界と繋がっていることを再認識することができ、とても感動しました。

永瀬正敏さんからのコメント
まず再び奈良の地で河瀨監督の世界に浸らせて頂ける事、とても光栄です。今年のカンヌ国際映画祭で偶然にも出逢った3人が、僅か3ヶ月後同じゴールを目指し未来へ向かっている、、、。日本を代表する、フランスを代表する、と言う肩書きにはもはや収まらない河瀨直美監督とジュリエット・ビノシュさんと共に、しっかりとその未来を見つめたいと思っています。
***********************************


第70回カンヌ国際映画祭 グランプリに『BPM (Beats Per Minute)』


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されていた、『BPM (Beats Per Minute)』が、コンペ部門のFIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞と審査員特別グランプリを受賞しました。
*BPMとは ➡心拍数を表す単位。

作品名が読み上げられた後、会場からは熱烈なスタンディングオベーションが贈られました。

ロバン・カンピヨ監督は言葉を感極まった様子で、壇上に上がり、一言一言噛みしめながら次のようにスピーチいたしました。

カンピヨ監督:この作品は決して一人では成し遂げられませんでした。役者、スタッフの皆さん、プロデューサー、サポーターをしてくださった方々のおかげです。この映画は、知的で力強く、物語としても、グループとしても冒険でしたが、みんなと一緒だからこそできたことです。そしてこの映画祭は、私にとって力強い感情を与えてくれました。この作品は、エイズで亡くなられた方へのオマージュであるとともに、頑張って生きている方々を勇気づけるものでもあります。勇気を持って闘い続けてている人、当時命を懸けて(ACTUP)の活動を行った人を想い、この作品を作りました。本当にありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 作品情報

本作は、第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ』では第70回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。

舞台は1990年代初めのパリ。
エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」(*)の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。

明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる、感動作。

*ACT UPとは?
正式名称:the AIDS Coalition to Unleash Power =力を解き放つためのエイズ連合
アクトアップ・ニューヨークは1987年3月にニューヨークで発足したエイズ・アクティビストの団体。
エイズ政策に感染者の声を反映させることに力を入れ、差別や不当な扱いに抗議して、政府、製薬会社などに対しデモなどの直接行動に訴えることもしばしばある。現在は全米各地やフランス、インド、ネパールなどにもアクトアップが作られている。

映画情報どっとこむ ralph ★各誌で絶賛の声!!!★
●ヴァラエティ誌:21世紀、世界的に、中でも特にゲイコミュニティに影を落としたヘルス危機を、アメリカ以外の視点から描いているのは稀で貴重。『フィラデルフィア』や『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のような政治色の強いAIDSドラマと比べて熱が感じられる。ゲイや彼らのエロディズムを恐れることなく描いているが、感情に訴えかけてくるものは、LGBTというニッチなジャンルを超越している。主人公のショーンとネイサンの優しく互いを支え合うロマンスは、それぞれの人間性の奥深い部分を見せてくれる。

●IndieWire誌:
感動的なラブストーリーであると同時に、社会的活動が無関心な人々の目を覚めさせるためにいかに有効的かを証明していて、政治的にも関心も呼ぶにちがいない!

●ヴァニティ・フェア誌:
半分ドキュドラマであり、もう半分は病に犯された人物の物語。この二つのジャンルが、アートフルなシーンや激しく交わされる議論と交わり、啓発的かつ親密的な作品に仕上がっている。パルムドール候補に挙げられるのも納得!AIDS患者の数が増えているにも関わらず、1980~1990年代のトラウマが薄らいでいってしまっている中、きちんと配給およびマーケティングされることを願っている。

***********************************

出演:ナウエル・ペレ・ビスカヤー、アーノード・ヴァロワ、アデル・エネル ほか
脚本・監督:ロバン・カンピヨ
製作国:フランス


第70回カンヌ国際映画祭 河瀬直美監督作『光』パルムドール逃す


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭の授賞式がフランス現地時間28日に行われ、最高賞のパルムドールはオストルンド監督『The Square(原題)』が受賞。

グランプリはロバン・カンピヨ監督『BPM (Beats per Minute)』(フランス)が受賞しました。

残念ながら、日本からコンペ部門に出品していた河瀬直美監督作『光』は受賞を逃しましたが、カンヌ国際映画祭の独⽴立部門であるエキュメニカル審査員賞。
『光』は5月27日(土)から全国公開中です。初日舞台挨拶の模様はこちら


ベスト監督賞 AWARD FOR BEST DIRECTOR
SOFIA COPPOLA (THE BEGUILED Sofia COPPOLA)

ベスト女優賞 AWARD FOR BEST ACTRESS
DIANE KRUGER (AUS DEM NICHTS /IN THE FADE)

ベスト男優賞 AWARD FOR BEST ACTOR
JOAQUIN PHOENIX (YOU WERE NEVER REALLY HERE)

70TH ANNIVERSARY PRIZE
NICOLE KIDMAN

***********************************


©2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
©Kazuko Wakayama