「第31回東京国際映画祭」タグアーカイブ

村上虹郎主演『銃』父・淳の出演情報解禁!親子を越えた一役者どうしの熱演に注目!!


映画情報どっとこむ ralph 11 月 17 日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなります映画『』。10月25日より開催となる第 31 回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門へ出品、この機がワールドプレミア上映となります。


<第31回東京国際映画祭上映日時について>

【上映日時】

10/28(日)
21:05(開演)
*上映後トーク:武正晴監督、奥山和由プロデューサー

11/1(木)
16:05(開演)
*上映後トーク:村上虹郎、武正晴監督、奥山和由プロデューサー


上映会場 TOHO シネマズ六本木ヒルズ スクリーン1番
(両日、同会場です。)

映画情報どっとこむ ralph そして!

このたび、村上淳さんの出演情報が解禁になりました。


村上淳さんと村上虹郎さんの親子共演は、映画では河瀬直美監督作品『2つ目の窓』以来。

本作での村上淳さんは、 村上虹郎さん演じる主人公と対峙する、ある男の役を務めています。一役者どうしとしてぶつかり合うこの 1 シーン では、身震いする衝撃を目にすることでしょう。

村上淳さんコメント:
正直”親子共演”ということを意識しないかというとそうはいかない。 しかし今回出演を決めたのもオファーをいただきそれに向き合った結果であり、武組の空気を感じられる機会をいただいたことへ のアンサーです。 いち役者といち役者がなにかしらの縁で同じ座組になることは、そんなに珍しいことではないということです。 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。傑作”銃”をお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph 村上虹郎主演『銃』

2018年11 月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:
thegunmovie.official-movie.com

twitter
https://twitter.com/GunMovie


ストーリー
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には 魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリル が増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。 そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、 あることを決意するが。

***********************************


村上虹郎 広瀬アリス 日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル) 中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹 リリー・フランキー
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)
脚本:武正晴・宍戸英紀 制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分/ R15+
Ⓒ吉本興業
    


『女王陛下のお気に入り』アメリカ公開に先駆け 第31回東京国際映画祭で初上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 第75回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)、女優賞(オリヴィア・コールマン)のW受賞で話題を呼んでいます『女王陛下のお気に入り』が、2019年2月より全国ロードショーします。

この度、11/23からのアメリカ劇場公開に先駆け、第31回東京国際映画祭で特別招待作品として日本初上映されることが決定!本日より上映の東京国際映画祭、劇場予告編にて情報解禁されました。


FOXサーチライトは、今年公開され6つのアカデミー賞を受賞した「シェイプ・オブ・ウォーター」「スリー・ビルボード」も昨年の東京国際映画祭で特別招待作品として出品。

上映当初から話題沸騰となり、翌年のアカデミー賞発表まで熱狂が続きました。

本年もベネチア映画祭でのW受賞を追い風に、「女王陛下のお気に入り」の出品を決定。昨年に引き続き、チケット争奪戦が必至である。
「女王陛下のお気に入り」の映画祭チケットの一般発売は10/14(日)に予定されています。

映画情報どっとこむ ralph
女王陛下のお気に入り

2019年2月 全国ロードショー!


監督は『ロブスター』でカンヌ国際映画祭 審査員賞、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』でカンヌ国際映画祭 脚本賞を受賞した、今最も注目されるギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス。

オリヴィア・コールマンは、18世紀初頭、最後のイングランド国王と呼ばれたアン女王を演じ、女官アビゲイル(エマ・ストーン)、女王の幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)の2人側近を相手に、女王としての威厳とその深い孤独を快演。

貴族への返り咲きを狙う女官アビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞(R)主演女優賞を受賞し、最新作『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』でも肉体改造し、実在するテニスの女王を演じて新境地を開いたエマ・ストーン、女王の幼なじみで親友のレディ・サラには同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、ランティモス監督が信頼を寄せる実力派三女優が集結。

美しい宮廷を舞台に巻き起こる、三人の女たちの複雑な関係性を、豪奢なセットと美術品のように美しい衣裳とともに華麗に描きだし、【ベネチア】で大喝采を浴びました。また、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンといった、フレッシュな美形英国俳優たちが脇を固め、華やかさに色を添えています。


【STORY】

18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。
そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。

***********************************


監督:ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox


高杉真宙・加藤諒・渡辺大知『ギャングース』第31回東京国際映画祭“特別招待作品”へ出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描く漫画・肥谷圭介先生×ストーリー共同制作・鈴木大介先生による青春漫画の実写映画化『ギャングース』が11月23日(金)に公開となります。

この作品が10月25日(木)〜11月3日(土・祝)まで開催される第31回東京国際映画祭の“特別招待作品”への出品が決定しました。
本映画祭での上映が、日本国内では初上映となります。
公開に先駆け、いち早く鑑賞できる機会でもあり注目される。上映日は後日発表の予定。

映画情報どっとこむ ralph 社会で生きる術は犯罪しかないという犯罪少年たちの実情をもとにしたリアルなストーリーラインと、個性豊かな登場人物、“タタキ”仕事のエンターテインメント性溢れる描写が評判を呼んだ青春漫画を実写映画化した本作。

情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは高杉真宙さん。
また工具全般担当のカズキを加藤諒さん。
そして車両・機動担当のタケオには渡辺大知さん。

映画情報どっとこむ ralph サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達には、世界的ギタリストのMIYAVIさん。
その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキさん。加藤の部下で恋人のアゲハには篠田麻里子さん。情報屋の高田には林遣都さんなど豪華キャストが集結しています。

監督と脚本には、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーに定評のある入江悠。主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメント。

映画『ギャングース』

は11/23公開です。


公式HP:
gangoose-movie.jp
twitter:
https://twitter.com/MovieGangoose

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社
R15+


マイケル・ムーア砲、トランプ直撃。『華氏119』11月2日(金)緊急公開決定


映画情報どっとこむ ralph ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、米国の銃社会に風穴を開けた『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02)、医療問題に鋭いメスを入れた『シッコ』(07)と、これまでも巨大な権力に対抗し、アポなし突撃取材を敢行し病んだアメリカ社会に一石を投じ、議論と波紋を呼び続ける世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作 『Fahrenheit 11/9(原題)』が邦題 『華氏119』として11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他にて全国緊急公開が決定しました。


ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトルになっている。

2016年7月、大統領選のさなか「大統領選でトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き変人扱いを受けながらもその予測を見事に的中させたムーア。

彼がトランプ大統領を突撃粛々と取材するうちに分かってきたのは、

ムーア監督:トランプは‘悪の天才’。感心するほどの狡猾さでトランプを笑っている私たちでさえ彼の術中にはめられている。

という驚愕の事実。アメリカの国民はもちろんジャーナリストやメディア、憲法や司法システム、更には他国の政治や国民すら利用し、どんなにスキャンダルが起こっても大統領の座からおりなくてもすむように仕組んでいるというのだ!

映画情報どっとこむ ralph しかし、ムーアが全てに歯止めをかけようと新作を完成!

本作ではトランプ・ファミリーが必ず崩壊する<ネタ>を大暴露、トランプを当選させたアメリカ社会に鋭く切り込みを入れこの‘暗黒時代’をどう抜け出すかを披露する。果たして、2年前の11/9にスタートしたアメリカの、世界のファイナルカウントダウンは止める事はできるのか?11月の中間選挙に打撃を与える事はできるのか?ムーアVSトランプの宿命のリアルエンターテイメント日本上陸!


また本作は、第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品として現地時間9/6夜に全世界に先駆けて上映、更に第31回東京国際映画祭(10/25-11/3)への出品も決定しております。

***********************************


ⓒPaul Morigi / gettyimages


第31回東京国際映画祭の日程が決定!!!


映画情報どっとこむ ralph 昨年、第30回開催という大きな節目を迎えた東京国際映画祭。これまで、素晴らしい映画・映画人にスポットを当て、世界に広く紹介する使命のもと、多くの作品を紹介、上映してまいりました。

新たなスタートとして本年開催の第31回東京国際映画祭の日程が決定。

「第31 回東京国際映画祭」は、2018年10月25日(木)~11月3日(土)の10日間、六本木ヒルズ、EXシアター六本木をメイン会場に、 また、併設マーケットの「TIFFCOM2018」は10月23日(火)~25日(木)の3日間、池袋を会場に開催する事も決定しました。

皆様からの多大なるご支援を賜りました昨年の第30回東京国際映画祭では、アニバーサリーイヤーと して祝祭感ある新たな企画の導入などにより、総入場者数は201,790人に上りました。(昨年比111%)

 東京国際映画祭は、「アートとエンターテイメントの調和」をスローガンに、【映画を観る喜びの共有】、【映画人たちの交流の促進】、【映画の未来の開拓】の三つをビジョンとして掲げ、さらに充実したプログラムで、国内外多くの映画関係者の皆様、映画ファン、そしてマスコミの皆様をお迎え、より一層、映画文化の交流ができる映画祭を実施できるよう、スタッフ一同一丸となって務めて参ります。


久松猛朗フェスティバル・ディレクターよりご挨拶
昨年の第30回東京国際映画祭では大変お世話になりました。今年の東京国際映画祭も更に内容を充実させて、より魅力的な映画祭とするべく、スタッフ一同、全力で取り組んで参ります。引き続きご 支援ご協力のほど、是非よろしくお願い致します。


第31回東京国際映画祭 / TIFFCOM2018 開催概要>
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土)   
会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木 ほか 
★作品エントリーは、4月に公式サイトに掲載予定

【TIFFCOM2018】 開催期間: 2018年10月23 日(火)~25日(木) 
会場:池袋

主催:公益財団法人ユニジャパン

映画祭公式サイト:
www.tiff-jp.net 

TIFFCOM公式サイト:
http://www.jcs.tokyo/ja/

***********************************