「第30回東京国際映画祭」タグアーカイブ

橋本環奈 第30回東京国際映画祭アンバサダーに就任!


映画情報どっとこむ ralph 今年、第30回記念開催を迎える東京国際映画祭(10月25日(水)~11月3日(金・祝))は大きなビジョンの一つとして「映画の未来の開拓」を掲げています。

この度、同世代の若い方々に映画の魅力を伝えていく大使として、今年の邦画興行収入ナンバーワン映画の『銀魂』のヒロインの神楽役を演じ、同じくヒロインを演じる『斉木楠雄のΨ難』が公開を間近に控える、橋本環奈さんに「第30回東京国際映画祭アンバサダー」に就任して頂くことになりました。

橋本さんには初日のレッド・カーペットやオープニングセレモニーに参加頂き、映画祭の「映画の未来の開拓」に向けた取り組みを世界に広く紹介していくそうです!

最近、コメディエンヌになってるがやっぱり天使な橋本さんの活躍に期待です!

第30回東京国際映画祭
開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:www.tiff-jp.net/

***********************************


第30回東京国際映画祭 アニメの名手「映画監督 原恵一の世界」決定!


映画情報どっとこむ ralph 10月25日より開催する第30回東京国際映画祭のアニメーション特集は、「映画監督 原恵一の世界」をお届けします。2001年公開の『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』で大人も泣かせるアニメの名手として脚光を浴びた原恵一監督初の大規模特集上映は、今年で監督デビュー30周年となるフィルモグラフィーの中から7つの代表作を選び、各回上映後に原恵一監督によるトークショーを実施。

さらに監督と縁のあるゲストの登壇も決定しています。

①気になるゲストは?
劇作家・脚本家の中島かずきさん、映画監督の樋口真嗣さん、俳優の上川隆也さん、作曲家の富貴晴美さん、映画評論家の町山智浩さん、俳優の加瀬亮さんという超豪華メンバーが登場します。

②注目の入場者特典は!
「映画監督 原恵一の世界」オフィシャルガイド(B5判・36p/非売品)を観客全員にプレゼント。この機会を逃すと二度と手に入らないビギナーズガイドは、まさにファン垂涎の一冊です。

③噂の監督最新作!?
今回の特集上映を記念して新作イメージボードを解禁! 10/27(金)『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』上映後にチラ見せしますので、どうぞお楽しみに!!

映画情報どっとこむ ralph アニメーション特集「映画監督 原恵一の世界」開催概要
会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
料金:一般1,300円、学生1,000円、当日学生500円(上映当日0:00〜)
日時・タイトル・ゲスト

10/26(木)20:15
『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ アッパレ!戦国大合戦』
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
原 恵一(映画監督)×中島かずき(劇作家・脚本家)

10/27(金)11:50
『映画クレヨンしんちゃん 嵐をよぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
原 恵一(映画監督)×樋口真嗣(映画監督)

10/28(土)10:15
『河童のクゥと夏休み』
©2007小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
原 恵一(映画監督)×上川隆也(俳優)★

10/29(日)21:00
『エスパー魔美 星空のダンシングドール』ほか/
「エスパー魔美 星空のダンシングドール」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
原 恵一(映画監督)

10/30(月)20:40
『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』
©2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
原 恵一(映画監督)×富貴晴美(作曲家)

10/31(火)17:50
『カラフル』
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
原 恵一(映画監督)×町山智浩(映画評論家)

11/2(木)20:20
『はじまりのみち』
©2013「はじまりのみち」製作委員会
原 恵一(映画監督)×加瀬 亮(俳優)

映画情報どっとこむ ralph <第30回東京国際映画祭 開催概要>
イベントタイトル:第 30 回東京国際映画祭
開催期間:2017年 10 月 25 日(水)~11 月 3 日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
http://www.tiff-jp.net 

***********************************

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
©藤子プロ/シンエイ
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
©2007 小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
©2013「はじまりのみち」製作委員会
©2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 1988
©藤子プロ/シンエイ
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2002
©2007 小暮正夫/「河童のクゥと夏休み」製作委員会
©2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
©2013「はじまりのみち」製作委員会
©2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会


CROSSCUT ASIAを鑑賞で斎藤工インタビュー&エリック・クーイラスト特別ブックレット配布決定!


映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭にて、アジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」の第4弾として、「ネクスト!東南アジア」と題し、東南アジアの名監督たちが推薦する若手監督の作品を大特集します。

フィリピンのブリランテ・メンドーサが推薦するHF・ヤンバオの『キリスト』(2016)、
シンガポールのエリック・クーが推薦するカーステン・タンの『ポップ・アイ』(2017)、
タイのアピチャッポン・ウィーラセタクンが推薦するウィットチャーノン・ソムウムチャーンの『4月の終わりに霧雨が降る』(2012)、
カンボジアのリティ・パンが推薦する若手短編集など、

東南アジアの映画界を牽引する名監督が、直々に推薦する若手監督たちの作品を紹介し、先輩から後輩へとつながる東南アジア映画の系譜に注目。

会期中には各作品の監督や出演者などが来日し、上映後のQ&Aやシンポジウムも予定しています。


そして、この度、豪華顔ぶれの推薦監督たちのコメント映像と本特集の特別予告編を公開。


会場ではCROSSCUT ASIAをご鑑賞の方に、斎藤工インタビュー&エリック・クー貴重イラストなどが付いた特別ブックレットも配布するそうです。

映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金アジアセンターpresents
「CROSSCUT ASIA#04 ネクスト!東南アジア」


上映日時等、詳しくは公式HPからご覧ください。
2017.tiff-jp.net/ja/


<13本10プログラム(長編9本、短編4本)>

◆トラン・アン・ユン監督推薦
『大親父と、小親父と、その他の話』(2015年 ベトナム、フランス、ドイツ、オランダ/102分)

◆ガリン・ヌグロホ監督推薦
『回転木馬は止まらない』(2017年 インドネシア/84分)

◆アピチャッポン・ウィーラセタクン監督推薦
『4月の終わりに霧雨が降る』(2012年 タイ、オランダ/77分)

◆ブリランテ・メンドーサ監督推薦
『キリスト』(2016年 フィリピン/92分)

◆女優シャリファ・アマニ推薦
『私のヒーローたち』(2017年 マレーシア/122分)

◆エリック・クー監督推薦
『ポップ・アイ』(2017年 シンガポール、タイ/102分)

◆リリ・リザ監督推薦
『他者の言葉の物語』(2016年 インドネシア/82分)

◆石坂健治プログラミング・ディレクター推薦
『ヤスミンさん』(2017年 マレーシア/70分) 

◆カンボジア若手短編集
『ABCなんて知らない』(2015年/22分)
『赤インク』(2016年/21分)
『三輪』(2015年/21分)
『20ドル』(2017年/13分)

◆『カカバカバ・カ・バ?』(1980年 フィリピン/106分)

映画情報どっとこむ ralph
<第30回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル:第30回東京国際映画祭 
開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:www.tiff-jp.net/

【チケット発売日】※部門別での発売開始となります。
10月14日(土)12:00~アジアの未来/CROSSCUT ASIA/企画上映
        16:00~コンペティション/Japan Now/日本映画クラシックス
10月15日(日)12:00~日本映画スプラッシュ/ワールド・フォーカス/ユース
        16:00~特別招待作品/特別上映

詳しくは公式サイトでご確認ください。

***********************************




蜷川実花の撮影 東京国際映画祭銀幕 のミューズたち


映画情報どっとこむ ralph 10月25日(水)~11月3日(金・祝)の期間に開催される東京国際映画祭はアニバーサリーイヤーの30回目を迎えます。

今、世界に発信したい日本を代表する作品の数々を、映画祭独自の視点でセレクションするJapan Now部門。

アニバーサリーイヤーの本年は特別編として、日本映画界のクリエイターをインスパイアし、スクリーンで輝く現代のミューズ、女優の安藤サクラさん、蒼井優さん、満島ひかりさん、宮﨑あおいさんの4名を特集します。(名称:アルファベット順)

同世代でありながら、別々の個性を持ち、その魅力で日本映画シーンを牽引する女優陣の最新作やターニングポイントとなった作品などを上映するとともに、ご本人と実際にインスパイアを受けた監督やクリエイターにご登壇頂きトークイベントを実施する予定です。

そしてこの度、女優の皆さんの魅力を世界へと発信していく取り組みの一つとしての蜷川実花さんの撮影によるスペシャルビジュアルを作成。これから約4週に渡り公式サイトでは週替わりのビジュアルをご紹介をしていくほか、公式プログラム、映画祭会場内でも展示を行う予定だそうです。

映画情報どっとこむ ralph また、「Japan Now 銀幕のミューズたち」ラインナップは以下となります。

安藤サクラさん上映作品 『0.5mm』 『かぞくのくに』

蒼井優さん上映作品 『家族はつらいよ2』 『花とアリス』

満島ひかりさん上映作品 『海辺の生と死』 『愚行録』

宮﨑あおいさん上映作品 『怒り』 『EUREKA』


映画情報どっとこむ ralph <第30回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
www.tiff-jp.net/

10月14日(土)より一般チケット発売予定!
※一部9月下旬より抽選販売作品あり。詳しくは公式サイトでご確認ください。

***********************************



『不都合な真実2』アル・ゴア元米副大統領の来日決定!西尾由佳理ナレの予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 2006年に公開され、第79回アカデミー賞で2部門受賞し、ノーベル平和賞を授与されたアル・ゴア元米副大統領の伝説的ドキュメンタリー『不都合な真実』。

その続編である『不都合な真実2:放置された地球』が、11月17日(金)から日本公開となります。


この度、第30回東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれた本作の上映に合わせアル・ゴアの来日が決定しました!


映画情報どっとこむ ralph 映画プロモーションでは前作『不都合な真実』以来10年ぶりとなる来日決定に伴い、本人からメッセージが届きました。

『不都合な真実2:放置された地球』が2017年の東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれたことを光栄に思います。
また、最近の異常気象により被害に遭われた日本の皆様に対し心からお悔やみを申し上げます。
来日し、異常気象の問題に警鐘を鳴らす機会に恵まれることを心待ちにしております。
―アル・ゴア―

映画情報どっとこむ ralph また、この度解禁された予告編では、止まらない地球温暖化と異常気象に対し、人気フリーアナウンサー西尾由佳理さんが警笛を鳴らすナレーションから始まります。


今、私たちにできることは一体何か?そう考え、やっとの思いでパリ協定を締結させ、歓喜に沸く様子から一転、トランプ大統領の口から発せられた“撤廃”という二文字-。

しかし、そんな厳しい現実が襲いかかろうとも、アル・ゴアは決して諦めません。「人類の運命は今の私たちに懸かっている。未来の子どもたちを救おう!!」「未来に希望を残せ!!」と、温厚で知られるアル・ゴアが珍しく声を荒げ、未来を生きる世代を思って熱く語りかける姿に、胸を打たれる映像に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph アル・ゴアが前作で語った「真実」は世界の意識を変え、地球は美しく生まれ変わっているはずだったにも関わらず、地球温暖化の影響で起こる異常気象は発生し続け、あれから10年、地球はかつてないほどの危機に瀕しています。

今年6月には米国トランプ政権によるパリ協定(地球温暖化対策の国際的枠組み)離脱発表がされ、世界中で大きな話題となりました。

日々進行し続ける地球温暖化に対し警鐘を鳴らす本作は、2020年にオリンピック・パラリンピックを控え、“環境にやさしい大会”、“環境都市”の実現を目指す東京で開かれる映画祭で上映となります。

公式HP:
http://futsugou2.jp/

公式TW:
@futsugou2

公式FB :
@futsugou2.jp

***********************************

監督:ボニー・コーエン、ジョン・シェンク『南の島の大統領 沈みゆくモルディブ』

製作総指揮:
ジェフ・スコール『スポットライト』『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
デイヴィス・グッゲンハイム『不都合な真実』(監督)
ローレンス・ベンダー『パルプ・フィクション』『グッド・ウィル・ハンティング』
ローリー・デイヴィッド
スコット・Z・バーンズ『不都合な真実』
レスリー・チルコット『不都合な真実』

製作:リチャード・バージ、ダイアン・ワイアーマン『不都合な真実』

全米公開: 2017年7月28日
日本公開: 2017年11月17日
(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.