「第31回東京国際映画祭」タグアーカイブ

「アマンダ(原題)」第31回東京国際映画祭コンペ最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞W受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品「アマンダ(原題)」が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!!


審査委員長 ブリランテ・メンドーサ監督 コメント
本作は、一見シンプルに見えるものの決して単純な作品ではなく、私たちの心をとても強く惹きつけ、複雑な人間の感情を映画として体験させてくれる素晴らしい作品だ。

ミカエル・アース監督 動画コメント
受賞に慣れていないのに二つも受賞し、しかもひとつはグランプリと、大変幸せで誇りに思います。一緒に映画祭に参加したプロデューサーのピエール・ギュイヤールとこの賞を受賞した喜びを分かち合います。そしてヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレーらの俳優たちとも。観客のみなさんとは、作品上映後に素晴らしい議論が交わせました。地球の反対側くらい離れていても映画が人々を感動させる、これ以上大きなご褒美はありません。みなさんの情熱と寛大さに感謝します。改めてメンドーサ監督、そして素晴らしい審査員のみなさんのご厚意に感謝します。同席できないことが残念ですが、また日本でみなさんと再会して交流し、議論できる日が待ちきれません。

映画情報どっとこむ ralph 美しいパリを舞台に、悲しみから乗り越えようとする青年と少女の心の機微を優しく丁寧に紡いだストーリー、そして全ての人びとの心に寄り添う普遍的なテーマが評価され、見事W受賞へと輝いた。

「アマンダ(原題)」原題:AMANDA

は、来年2019年初夏、シネスイッチ銀座ほか全国公開する。

便利屋業をしているダヴィッドは、パリに出てきたてのレナに出会い、恋に落ちる。しかしその直後、姉の突然の死によって彼の人生は無残に壊れていく。

ダヴィッドはショックと辛さを乗り越え、まだ若い姪っ子アマンダの世話をしながら自分を取り戻していくストーリー。

今年フランスで主演作が3本公開される大注目の若手俳優 ヴァンサン・ラコストを主演に迎え、恋人役には『グッバイ・ゴダール』のステイシー・マーティン、さらにアマンダ役には今作が初の演技経験であるイゾール・ミュルトゥリエが好演している。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF

***********************************

監督・脚本:ミカエル・アース
共同脚本:モード・アメリーヌ
撮影監督:セバスチアン・ブーフマン
音楽:アントン・サンコー

出演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトゥリエ、ステイシー・マーティン、オフェリア・コルブ、マリアンヌ・バスレー、

ジョナタン・コーエン、グレタ・スカッキ 

2018 年/フランス/107 分
配給:ビターズ・エンド


野村萬斎 舞台挨拶 第31回東京国際映画祭 WOWOW「野村家三代 パリに舞う ~万作・萬斎・裕基、未来へ」


映画情報どっとこむ ralph 野村家三代を追ったドキュメンタリー「ノンフィクションW 野村家三代 パリに舞う ~万作・萬斎・裕基、未来へ」。

野村萬斎が父と息子とともに行ったパリ公演にも密着。 WOWOW では、狂言 650 年の歴史を担い、未来へ伝える野村万作・萬斎・裕基の野村家三代の「挑戦」を追った WOWOW オリジナルドキュメンタリー ノンフィクション W「野村家三代 パリに舞う ~万作・萬斎・裕基、未来へ」を制作。10 月 31 日には、現在開催中の第 31 回東京国際映画祭の会場となる TOHO シネマズ 六本木ヒルズでワールドプレミア上映会を行い、上映後の舞台挨拶に野村萬斎さんが登壇しました。


日時:10月31日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:野村萬斎

映画情報どっとこむ ralph 2018年9月、野村家の親子三代がパリで、“狂言師・究極の舞”といわれる「三番叟(さんばそう)」を日替わりで披露するという前代未聞の舞台に挑戦するさまを描き出した本番組。

上映後、大勢集まった観客に向かって

萬斎さん:皆さんようこそおいでくださいまし た。ご覧になった直後かと思いますが、いかがでしたでしょうか?

と尋ねた萬斎に、会場からは大きな拍手が送られた。

完成した番組について


萬斎さん:われわれは無形の文化、ライブパフォーマンスアートをやっているので、映像化されるということはう れしい反面、いろんなものが残るという諸刃の剣がありますが、87歳の父とわたし、そして駆け出しですが、18歳のうちの息子の裕 基の『三番叟』がとにかくいい形で残って良かったなと思います。

と感無量の様子をみせる。

萬斎さんは、東京2020大会開会式・閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(東京2020総合)に就任した。

そのことを踏まえ、2020 年に向けてどのように伝統芸能を世界に伝えていきたいかと尋ねられた萬斎さんは、

萬斎さん:料理に例えると分かりや すいですが、レシピは一緒ということですよね。われわれは型を伝承しつつ、型を使って演じるということです。ただ食す方、つまり観 客の皆さんはいつも違うので、それに対して合わせていかなければなりません。多少塩味をきかせようとか、薄めにしようとかいうのは、 その場その場であるわけですが。でも一番失ってはいけない精神的なものが重要かなと思っております。式典のことを考えると、中 身にある精神性みたいなところが、うまく分かりやすく伝わるようにする。そのためにこだわり続けないといけない外側よりも、中身をう まく、現代的に伝えるということが時に必要だと思います。

と続けた。

映画情報どっとこむ ralph そして観客から「芸は一代という部分を感じるという上で、お父さんと息子さんに嫉妬する部分はありますか?」という質問を受けて、
萬斎さん:いい質問ですねぇ。芸は一代と言いつつもなんらかの形で受け継いでいくわけで。こうやってドキ ュメンタリーで映像に残していただくと、形として残りますが、基本的に舞台の演技はそれきりだから、芸のDNAを息子に転写するというか、継承するということは、息子の身体を借りて生きているような感覚があるのかもしれません。とはいえ個性は違うので。父とわ たしは声の高さなど違いますし、息子とわたしとは手足の長さが違いますが、でも声は似ています。

とコメント。 さらに

萬斎さん:そして性格は違いますね。父は生真面目な人ですが、わたしはええ加減な人ですし。そして息子は隔世遺伝なのか、生真面目なんで、親父に似ているなと思います。きっと息子は、基礎を身体にたたき込むうちにだんだんと個性が出てきて、彼なりの 芸が出てくると思う。

と続けると、

萬斎さん:やっぱり父が長生きするのはありがたいことですけど、それだけハードルがあがるということでもあるわ けです。これは嫉妬というよりは、困るなということかもしれません。まだまだ 18 歳の子は体力でやるし、わたしは何かある種の解釈 や自我が見えたりするんですが、でも父には自我がない。型もどこかになくなるというか、わたしはよく解脱するという仏教用語を使う んですが、脱しているんですね。そういう世界観を見せられると、まだ自己から抜け出ていない人間はとても叶わない。そういう名優 を観ていると皆さんの目が肥えてくるばかりで困るなというところは多少はあります。でも芸が、若木の桜から、多少なりとも成木になり、老い木の花になるというような。まさしく世阿弥が言っていたように、最上級の花を咲かせることになるという世 界観を今回は観ていただけたんじゃないかと思っています。

と付け加えた。
映画情報どっとこむ ralph <放送表記>
WOWOWオリジナルドキュメンタリー
ノンフィクションW 野村家三代 パリに舞う ~万作・萬斎・裕基、未来へ
11 月 11 日(日)夜 6:30[WOWOWプライム]

特集:野村萬斎の世界

11 月 11 日(日)午後 0:00~
『陰陽師~おんみょうじ~』『陰陽師Ⅱ』『のぼうの城』

11 月 17 日(土)午後 2:10~
野村万作・萬斎 狂言劇場 その壱「三番叟」「鎌腹」「川上」 野村万作・萬斎 狂言劇場 その弐「鏡冠者」「節分」「髭櫓カケリ入」 野村万作・萬斎 狂言劇場 特別版― 能『鷹姫』・狂言『楢山節考』 「シャンハイムーン」野村萬斎×広末涼子

作:井上ひさし
演出:栗山民也

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

©TIFF


『ハード・コア』山下敦弘監督、ロボオがレッドカーペット!第31回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」(15)で絶妙なコンビネーションを見せ、「山田孝之のカンヌ映画祭」『映画 山田孝之3D』(17)の2本では、自由な映像表現で映画ファンを驚愕させた俳優の山田孝之と監督・山下敦弘。そんな盟友コンビによる待望の劇映画『ハード・コア』が11月23日(金・祝)に全国公開となります!
そしてこの度、本作が第31回東京国際映画祭 特別招待作品に選出され、10月25日(木)行われたオープニングイベントのレッドカーペットに山下敦弘監督と、劇中に登場する謎のロボット“ロボオ”が登場しました!山下監督は第19回東京国際映画祭で『松ヶ根乱射事件』(06)をコンペティション部門に出品しており、12年ぶりの東京国際映画祭となりました。


《第31回東京国際映画祭 オープニングイベント レッドカーペット》
日時:10月25日(木)
場所:六本木アリーナ
登壇:山下敦弘監督、ロボオ(内臓:石井モタコ)

映画情報どっとこむ ralph ロボオ(中:石井モタコ)は超がつく豪華な顔ぶれがレッドカーペットを歩く中でも一際目を引く出で立ちでレッドカーペットデビューを飾り、海外メディアの取材にも堂々とした様子で受け答えし会場を盛り上げました。また、山下監督は本年度の「アジアの未来」審査委員も務めており、審査委員チームともレッドカーペットを歩かれました。

東京国際映画祭でのレッドカーペットについての感想を訊かれ

山下監督:ロボットと歩くなんて想像もしてなかったので、自分がこの場にいることが不思議ですし楽しかったですね。

と興奮した様子でコメントをしました。
また、上映を楽しみにしている方々に対して

山下監督:〈ハード・コア〉という原作を山田くんと語り合った時からもう8年くらい経ちますけど、ようやく映画が完成して、こういうとこでお披露目出来て感慨深いです。一つ自分の中で何かが終わってしまった気がするんですけど、まだ公開は先なので、宣伝も含めて楽しみですね。

と本作に対しての熱い思いをコメントしました。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、90年代に漫画雑誌「グランドチャンピオン」で連載され、多くの読者の共感を呼んだ伝説のコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の待望の映画化。10年前に本書を読んで「男たちの結末に泣いた」という山田と20年近く前に愛読していた山下監督。映画化を夢みていた念願の企画が、ふたりがそれを表現するのに相応しい年齢になったいま、最高の形で具現化されます。30年近く前の男たちの狂おしくも熱いドラマが、生身の人間に命を吹き込まれてスクリーンで蘇ります!


劇映画『ハード・コア

hardcore-movie.jp

【ストーリー】
現代日本―。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田孝之)はあまりにも純粋で、曲がったことが大嫌いだ。間違いを正そうとする自らの信念をいつも暴力に転嫁させてしまうため、仕事も居場所もなくしてきた。そんな右近の仕事は、山奥で怪しい活動家の埋蔵金探しを手伝うこと。共に働く牛山(荒川良々)だけが唯一心を許せる友人だ。二人を見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐藤健)。一流商社に勤務するエリートだが、腐った世の中にうんざりし、希望を失っていた。ある日、そんな彼らの前に、謎の古びたロボットが現れ、男たちの人生が一変するような一大事が巻き起こる。

***********************************

山田孝之 佐藤 健 荒川良々 石橋けい  首くくり栲象  康すおん / 松たか子
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
原作:狩撫麻礼・いましろたかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
音楽:Ovall(Shingo Suzuki mabanua 関口シンゴ)
エンディングテーマ:Ovall feat. Gotch 「なだらかな夜」(origami PRODUCTIONS)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:マッチポイント
©2018「ハード・コア」製作委員会 


岸部一徳 原日出子 木竜麻生ら『 鈴木家の嘘 』御一行 第31回東京国際映画祭レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開。この度、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品された本作のキャストが、レッドカーペットに参加しました。

東京国際映画祭のオープニングにはふさわしい晴天。

会場の六本木ヒルズアリーナには多くの人が訪れ、盛り上がりを見せていた。東京国際映画祭のレッドカーペットでは世界中の多くのゲストが階段の上から登場する中、『鈴木家の嘘』御一行は日本映画スプラッシュ部門出品作品で唯一ハイヤーに乗って登場!!主演の岸部一徳や原日出子、加瀬亮、大森南朋、岸本加世子などベテラン俳優の登場!

また本作のヒロインを務め、この度の映画祭が初参加となる木竜麻生は、はじめ緊張の面持ちだったが、岸部や加瀬ら俳優陣にエスコートされ、安心したのかいつもの笑顔を取り戻し、レッドカーペットを楽しむ様子も見られた。


監督を務めた野尻克己は本作がデビュー作となり、今回が監督として人生初の映画祭参加となる。脚本を読んだ時点でキャスト全員が出演することを決めるほど優れた脚本は監督による完全オリジナル。取材陣へ本作の想いを熱く語るキャストらと一緒に歩く監督は、嬉しさがあふれ出し感極まった表情も見せる。

大勢のファンが集まるなか取材陣の質問に答えながらも、ファンへ握手やサインを書くなど真摯に対応した岸部ら。歩く姿から「本物の家族みたい」と声がもれるほど、

キャスト陣の仲の良さに感嘆するファンが多く見られた。

映画情報どっとこむ ralph 岸部「チームワークはとても良い!」と太鼓判!
レッドカーペットも終盤にさしかかり、岸部一徳へ今日の感想を聞くと「楽しかったですね」とにっこり。原は「何よりこの作品を多くの方に観てもらいと思っているので、今日皆さんに知って頂けたことが何より嬉しい」と喜びをかみしめた。「緊張したけど、みんなと一緒だったからとても楽しかった」と同じ感想述べた木竜と加瀬は、まるで本物の兄妹のような笑顔を見せた。キャスト陣のコメントを聞いた野尻監督は少し目を潤ませながら「本物の家族のようなものです。本当に」と感動した様子。「チームワークはとても良いと思います」と、岸部も太鼓判を押すほどの期待作となっている『鈴木家の嘘』。

そんな本作が同映画祭10月28日(日)についにワールドプレミアとなる!野尻監督の門出を祝う場となるワールドプレミアでは、どのようなトークが繰り広げられるか楽しみだ。

鈴木家の嘘

11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

公式サイト:
www.suzukikenouso.com


あらすじ
あまりにも突然に訪れた長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと―。母の笑顔を守るべく奮闘する父と娘の姿をユーモラスに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に紡ぐ感動作。

***********************************

監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮 岸本加世子 大森南朋

音楽・主題歌:明星/Akeboshi「点と線」(RoofTop Owl) 製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム

配給:松竹ブロードキャスティング/ビターズ・エンド ©松竹ブロードキャスティング

2018年/日本/133分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP
PHOTO:©TIFF