「笠菜月」タグアーカイブ

笠菜月、甲斐翔真、秋野暢子ら登壇!『写真甲子園 0.5 秒の夏』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」は、北海道・東川町で毎年開催され、来年で節目の第25回目を迎えることを記念して映画『写真甲子園 0.5 秒の夏』として映画化を発表。

先週11月11日(土)、映画が北海道先行公開いたしましたが、本日 11 月18日(土)、ついに全国公開しました。
主演:甲斐翔真、笠菜月、そして秋野暢子、菅原浩志監督がユナイテッド・シネマ豊洲の初日舞台挨拶に登場しました。
本作は、夏の東川町で行われる「全国高等学校写真選手権大会」を舞台に、葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に青春のすべてを賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリー。

映画『写真甲子園 0.5 秒の夏』初日舞台挨拶
日時:11月18日(土)
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:笠菜月、甲斐翔真、秋野暢子、菅原浩志監督

映画情報どっとこむ ralph 甲斐さん:ついに全国公開しました。この映画は、初主演映画であり初出演映画です。何もかも初めてだったので、役と向き合うとはどういうことなのか、どう向きあえばいいのかさえも当時は分からなかったけれど、菅原監督がすごく丁寧に心情の作り方や脚本の読み方なども教えてくれました。俳優をスタートさせた作品として、本当に心に残る作品になりました。プレゼンテーションのシーンは、実際の写真甲子園と同じように、自分たちで撮影した写真の中から8枚の組写真を選び、プレゼンテーションの内容も自分たちで決めました。奮闘しながら6時間以上かけて考えて作りました。 写真家の立木義浩さんや竹田津実さんも、写真をみながら台本無しでリアルな講評をして下さいました。俳優という職業に向きあって、葛藤しながら成長できた作品です。挑戦・挫折・協力・成長が描かれている青春映画です。勇気をだすこと、挑戦すること、前向きな気持ちを持って帰っていただけたら嬉しいです。

と自身の記念作品となったことに想いを込めながら語り、

笠さん:5歳の時、監督の作品に出演させていただいた経験があります。今回も1対1で指導してくださるなど、どこか懐かしい気持ちもあり、そして一生懸命撮影にのぞんでいこうと思いました。親切に向きあってくださり、仕事をまたご一緒できて幸せな気持ちでいっぱいです。写真甲子園本戦のシーンは、演技ではなくリアルな緊張感もあり、理屈ではない心の底からの気持ちがでていて、全身全霊で演じています。映画を観た後、プラスの気持ちが皆様の心に芽生えるようであれば嬉しいです。

と話しました。

秋野さん:フレッシュで若い方々が多数出演している作品で、一生懸命に映画に取り組んでいる気持ちがスクリーンを通して伝わってきます。まっすぐな青春映画です。この子達の熱が大人にも伝わってきて、大人の自分ももう一度何かに取り組もうと思えます。映画は年齢問わず、みんなで一生懸命作ります。そしてお客様に観ていただいて初めて「映画」として完成します。 また劇場にお越しいただければと思います。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph そして・・・・、

菅原監督:北海道・東川町で24年続いている写真甲子園の映画です。実際の写真甲子園を初めて見た時、写真を撮っている高校生たちがあまりにも真剣で、声もかけられませんでした。オシャレも恋愛もせずに、写真に全ての青春をかけている姿に感動し、「伝えたい。映画にしたい。」と思い映画化しました。 エンドロールに登場する写真は、24年間続く写真甲子園で生まれた写真です。長い歴史の中で作られた映画であることを伝えたくて使わせていただいております。本日は、初日第1回目の上映にお越しいただきまして、本当にありがとうございました!

と、24年間続いている写真甲子園へ参加したすべての高校生や関係者の皆様へ改めてお礼をした。

舞台挨拶の最後、監督からキャスト3名にサプライズで花束のプレゼントもあり、拍手喝采の初日舞台挨拶となりました。

映画『写真甲子園 0.5秒の夏』

は、11月18日(土)本日より全国順次公開中。


***********************************

笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/
助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス   


笠菜月、甲斐翔真、秋野暢子 札幌に登場『写真甲子園0.5秒の夏』北海道先行初日


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「 写真甲子園 」は、来年で節目の第25回目を迎えることを記念して“映画化”。11月11日(土)、映画『写真甲子園0.5秒の夏』が北海道先行公開となりました。

本作は、夏の北海道東川町を舞台に、葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に青春のすべてを賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリーとなっております。
映画『写真甲子園0.5秒の夏』北海道先行初日舞台挨拶
日時:11月11日(土)
会場:ディノスシネマズ札幌劇場
登壇:笠菜月、甲斐翔真、秋野暢子、菅原浩志監督

映画情報どっとこむ ralph 北海道に帰ってきてくれました!の司会者の声とともに、北海道先行初日を迎え舞台に登壇したのは、主演:甲斐翔真さん、笠菜月さん、そして秋野暢子さん、菅原浩志監督。


悪天候の初日となったものの満席の劇場

甲斐さん:足元の悪い中、この会場に来ていただきありがとうございます。ようやく初日を迎えられて嬉しく思っています。北海道は雄大な自然があり、この作品は本当に画が綺麗で、大自然が映っていて、人々の温かさも描かれていて、北海道らしさがでている映画だと思います!

と挨拶し、続けて笠さんは

笠さん:無事初日を無会えることができて、これから観ていただける事に対して、嬉しい気持ちでいっぱいです。北海道の真っ直ぐな長い一本道を走り続けるシーンが印象深いのでご注目下さい。この作品は、将来に対して希望を持っているからこそ明日があるということを、この映画を通して私も経験できました。素敵な映画です。

と映画の注目シーンなどを話しました。

秋野さん:最近とても悲惨な事件が起きていて、「死にたい」という気持ちを持っている。大人としてはとても苦しいし、15〜18歳という青春で一番輝いて、未来を見つめていける年代のはずなのに、そこが逆向きになってしまっていることは、今の社会に何かひずみがあるのだろうと思っています。この作品に登場する高校生たちは、カメラのファインダーを真っ直ぐ覗いています。これからぶつかっていくだろう困難もあるけれど、そこに夢や希望や友情や愛情をファインダーの向こうで覗いているのです。今の若い人に共感をもって観ていただけたらと思いますし、人生ベテランの方々も再生していく映画です。北海道先行初日舞台挨拶甲斐翔真、笠菜月、秋野暢子、菅原浩志監督が登壇初主演初日の甲斐翔真、二十歳の誕生日直前バースデーソングを贈られる若い方にはご自身の感覚でご覧になって、私と同世代の方は高校時代を思い出しながらこの映画を観ていただけたら有り難いです。

と、語り。。。そして、

菅原監督:今日、映画の初日を迎えますが、製作は約3年。けれどこの映画を作りたい、作ろうと思って諦めずにいた「東川町」の方々は24年間映画化を待ちに待ってこの日を迎えました。高校生が戦う姿、諦めず挑戦する姿、そういう姿を通して、全国の人々に若者たちには希望と可能性があることを伝えられたらと。そして音楽にもこだわりました。高校生にエールをおくってくれる楽曲をつくれるのは大黒摩季さんしかいないと思い、休業中の彼女にアプローチして快諾いただきました。1曲をかくために3ヶ月もかけながら、真剣に作ってくれました。

と音楽とのマッチングの素晴らしさの秘話を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 会場に「HAPPY BIRTHDAY」の内輪をもったお客さんを見つけた秋野さん、

秋野さん:甲斐くん、二十歳になるのね!皆で歌いましょう!

と音頭をとり、登壇者・お客様・スタッフが一体となって主演・甲斐翔真へのバースデーソングを歌うと、

甲斐さん:この映画は、僕にとって大きな存在です。俳優をスタートさせた映画であり初主演映画です。二十歳になる年に初主演の映画が初日を迎えるという記念の作品です。この作品で夢を追いかける高校生を演じ、挑戦する楽しさや、一歩踏み出し勇気を観ていただく方々に感じていただけたらと思いますし、今この世界で生きあっている人々と年齢を問わず影響をうけあっていくことで、よりより世界になるのではないかと感じさせてくれる作品だと思います。是非たくさんに人に観ていただきたいです!

とアピール。

札幌と旭川の劇場を周り、最終舞台挨拶場所となった「シネプレックス旭川」では、写真甲子園が開催されている東川町長も参加し、東川町の子供たちによる花束もプレゼントされました。

映画『写真甲子園0.5秒の夏

11月11日(土)より北海道先行公開中、11月18日(土)より全国順次公開

www.syakoumovie.jp

***********************************

笠菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花 河相我聞 平祐奈 
千葉真一 秋野暢子ほか

主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/東川町写真甲子園実行委員会/東川町写真甲子園映画化支援協議会配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス


東京国際映画祭で大黒摩季ライブ!!『写真甲子園 0.5秒の夏』上映記念


映画情報どっとこむ ralph 全国高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」は、2018年に25周年を迎える事を記念して、映画化が実現いたしました。

映画『写真甲子園 0.5秒の夏』は、11月11日(土)より北海道先行、11月18日(土)より全国順次公開となります。

現在、開催中の「第30回東京国際映画祭」の特別招待作品として出品中の本作。

その主題歌を担当しております北海道出身のアーティスト大黒摩季によるスペシャル・トーク&ミニライブを六本木ヒルズアリーナにて行われました。
10月26日(木)映画『写真甲子園 0.5秒の夏』上映記念
大黒摩季スペシャル・トーク&ミニライブ 詳細

日時:10月26日(木)
会場:六本木ヒルズアリーナ
登壇:大黒摩季
ゲスト:菅原浩志監督、甲斐翔真、笠菜月

映画情報どっとこむ ralph 東京で10月25日(水)からスタートした「第30回東京国際映画祭」特別招待記念作品に出品したことを記念し、本作の主題歌・挿入歌を担当した大黒摩季が、ミニライブを開催。

スペシャル・トーク&ミニライブに、

大黒さん:寒い中皆ありがとう!

と登場し「Lie,Lie.Lie>」を披露。

昨年、6年にも及ぶ病気療養から復帰した大黒さんですが

大黒さん:寒い中本当にようこそ。ここ、六本木ヒルズにも日々よく来ていたので、ここで歌えるのは嬉しいです。25周年を記念した映画『写真甲子園 0.5秒の夏』のスタートに立ち会えること、とても嬉しく思います。華やかなスタートにしたいと思います!
と観客に笑顔を向けた後、本作の主題歌「latitude~明日が来るから~」を熱唱し観客を魅了。

映画情報どっとこむ ralph その後、本作で監督を務めた菅原浩志監督、主演の甲斐翔真さん、笠菜月さんが応援に駆けつけ・・・

菅原監督:24年間、皆が映画にしようと企画を立てられてきました。それが今、皆さんの力でやっと映画になりました。感無量です!有難うございます!

笠さん:昨日も緊張しながらレッドカーペットを歩かせて頂いたんですが、今は嬉しさに変わっています!幸せです!

甲斐さん:俳優としてデビューしてから2年しか経っていないのに、大黒摩季さんと同じステージに立って、こうして話せているのが信じられないです。

と感動していました。

大黒さん:無条件で真っ直ぐな子供を大人が応援する映画やドラマは少ないですよね。これを観させて頂いた時、普通の観客として号泣してしまいました。

と本作品の魅力を語り。

大黒の代表曲「ら・ら・ら」歌唱前に、挿入歌を担当したBoooozeも呼び込み、出演者・観客全員で大合唱。

会場ボルテージは最高潮に!

『写真甲子園 0.5秒の夏』

は11月11日(土)より北海道先行公開、11月18日(土)より全国順次公開となる。
www.syakoumovie.jp

映画情報どっとこむ ralph 第30回東京国際映画祭

~11月3日(金・祝)まで開催中!
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:
www.tiff-jp.net/

***********************************

笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 平 祐奈/千葉真一 秋野暢子ほか
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)
監督・脚本:菅原浩志
製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス   


写真甲子園優勝校決定!映画『写真甲子園 0.5秒の夏』主題歌 大黒摩季熱唱!


映画情報どっとこむ ralph 「写真甲子園」は、来年で第25回目という節目を迎えるため、これを記念して映画『写真甲子園 0.5秒の夏』が製作され11月に全国公開が決定しています。
本作は、夏の北海道東川町を舞台に、葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に青春のすべてを賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリー。

そして!

この映画の元となる「全国高等学校写真選手権大会」通称「写真甲子園」の第24回目の本戦が、今年も写真の町・北海道東川町にて開催され7月28日に優勝校が決定!『和歌山県立神島高等学校』が3年連続3回目の出場で、見事、初優勝に輝きました。
本作品の主題歌と挿入歌を歌っております北海道出身のアーティスト大黒摩季さんが、本年度の「写真甲子園」閉会式にサプライズ登場。挿入歌「Zoom Up★」のPVが流れた後、映画主題歌である「latitude ~明日が来るから~」と自身のヒットソング「ら・ら・ら」を熱唱しました。

映画情報どっとこむ ralph さらに!

映画の舞台ともなっている北海道・東川町で、本日と明日の2日間、「どんとこい祭り2017!」が開催されていて、祭りの初日、東川町の小学校・中学校の生徒達によるバンド演奏、小太鼓演奏、越中踊り、三小よさこい踊りなどが披露され、大黒摩季ライブがスタートすると、会場の羽衣公園には12,000人のお客様が詰めかけ、総立ちとなり大きな賑わいをみせました。

ステージ後半のアンコールで、映画に出演しているキャストの笠 菜月、白波瀬海来、中田青渚、中川梨花と監督・脚本を手がけた菅原浩志もステージに登場し、映画をPRしました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『写真甲子園 0.5秒の夏』

11月に全国公開。


今を切り撮れ、一撃必撮!

「写真甲子園に行くのに、楽しいことなんかひとつもあらへん。でもな、行ったらほんま人生変わるで」熱く語る大阪、関西学園写真部の顧問、久華栄子(秋野暢子)。写真部員の尾山夢叶(笠 菜月)、山本さくら(白波瀬海来)、そして伊藤未来(中田青渚)の3人は、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称「写真甲子園」に出場し、「挑戦した人だけが見える世界」を体験したいと願っていた。一方、東京の進学校である桜ヶ丘学園3年生の椿山翔太(甲斐翔真)は、たったひとりの写真部員。大学進学に写真は役に立たないと他の部員は辞め、廊下の隅で活動している状態だった。受験勉強に専念するよう執拗に校長(緒形幹太)に反対されながらも、今年の夏が最後のチャンスとなる写真甲子園に、翔太はどうしても出場したいと思っていた。唯一の理解者は、写真部顧問、高島 晃(河相我聞)だけ。しかし、写真甲子園は3人がひとチーム。翔太は、受験勉強に必死な幼なじみの中野大輝(萩原利久)と、ボランティア部に所属している後輩の霧島絢香(中川梨花)に頼み込み、なんとかチームを結成する。

「写真甲子園」は、年に一度、夏の北海道東川町で開催され、全国から毎年500校以上の応募があり、その中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。
選抜18校が東川町に集結し、遂に全国高校写真部の頂点を争う熱き戦いの幕が切って落とされた。
大会中、夢叶や翔太のチームを次々と襲うトラブル。
挫折や葛藤に心折れそうになったときに気づく仲間との絆。
青春のすべてを賭けて必死にシャッターを切る選手たちは、「挑戦した人だけが見える世界」を目にすることができるのか、そして高校写真部日本一の行方は・・・。

***********************************

笠 菜月 白波瀬海来 中田青渚 甲斐翔真 萩原利久 中川梨花
河相我聞 緒形幹太 平 祐奈
中西良太 金山一彦 小柳友貴美 宮崎秋人 北見敏之
立木義浩 竹田津実
千葉真一 秋野暢子
主題歌:大黒摩季「latitude ~明日が来るから~」(ビーイング)
挿入歌:大黒摩季 with Booooze「Zoom Up★」(ビーイング)

監督・脚本:菅原浩志
プロデューサー:作間清子/音楽:吉村龍太/撮影:上野彰吾/
照明:赤津淳一/美術:長 寿恵/録音:室薗 剛/編集:時任賢三/
助監督:桑原昌英/ヘアメイク:井川成子/ラインプロデューサー:原田文宏

製作:シネボイス
製作賛助:写真文化首都「写真の町」東川町/
東川町写真甲子園実行委員会/東川町 写真甲子園映画化 支援協議会
配給:BS-TBS/宣伝:ニチホランド
【2017年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP/117分】
(C)シネボイス