「笠松将」タグアーカイブ

笠松将 主演『花と雨』 監督:土屋貴史「言葉ではなく映像で語る映画が撮りたかった」


映画情報どっとこむ ralph 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開!


<ミュージック・クリップ、CMで数々の受賞歴のある映像ディレクターであり長編初監督の土屋貴史が話題になっている映像美のこわだりを語る。>

長編映画の初監督について「いつか長編を撮りたいと思って、いろいろアイデアは考えてきましたけど、なかなか実現までもっていくのは大変だった。」と語る。

「『花と雨』は映画好きに観てほしいです。正直言ってあまり一般のニーズに合わせて映画を作ることに意味があると思えないんですよね。どうせ超大変なんだったら、好きなものを好きなように作るしかないなって思った。」と笑顔を見せる。「自分は説明しすぎる作品が苦手で、今回結構突き放した描写もできると思ったんですね。この作品はラップの世界を描いた作品なわけですけど、ラップってそもそも言葉だから、それ以上あまり言葉を付け足しても意味がないと思って。できるだけ言葉ではなく、映像で語ることを意識して取り組みました。だから、脚本にあったのに、最終的に削ぎ落とした台詞やシーンもかなりありましたね。」

映像美が素晴らしいと話題の本作。
「言葉のみに頼ることなく、映像全体で体験として登場人物の感情の揺らぎを表現しようとしているので、映像が美しいという反応は単純に嬉しいです。色の華やかさから、ミュージック・ビデオ的と捉えられる方もいるようですが、常に感情と結びついた画面設計になっています。フォーカスが合っていない部分にこそ空気や気配を宿らせられるので、ボケ味が独特で、奥行きの表現がしやすいアナモルフィックレンズを使うことによってパッケージしています。また色彩のコントラストも重要でした。常に暗部に青味を帯びた色を使うことによって映画全体での色のトーン、雨の湿気、を絶やさないようにしています。東京の街の光や影、が印象に残るようになっているかと思います。」と、こだわった点を話した。

映画情報どっとこむ ralph 花と雨

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

公式サイト:
Phantom-film.com/hanatoame/

映画『花と雨』key
ストーリー
幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか? 
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。

***********************************


出演:笠松将 
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 
つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史 原案:SEEDA・吉田理美 脚本:堀江貴大・土屋貴史 音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 

製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S. 配給:ファントム・フィルム  
(C)2019「花と雨」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笠松将 主演『花と雨』の世界観を感じる場面写真解禁!公式サイトオープン!


映画情報どっとこむ ralph いつもお世話になっております。日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開!

今回、解禁された場面写真では、吉田の孤独でありながらHipHopにのめり込んでいく姿や、唯一見せる姉・麻里への笑顔、ラップバトルへ挑戦するシーンなど8点を追加。

映画情報どっとこむ ralph 『花と雨』

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

公式サイト:
Phantom-film.com/hanatoame/

映画『花と雨』key ストーリー
幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラ
ッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。
しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか? 吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。

***********************************


出演:笠松将 
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美 脚本:堀江貴大・土屋貴史 音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 

製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S. 配給:ファントム・フィルム  
(C)2019「花と雨」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笠松将x祷キララ 森田和樹監督の最新作「ファンファーレが鳴り響く」クランクイン


映画情報どっとこむ ralph 2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭においてグランプリ&シネガーアワードを受賞した森田和樹監督の最新作「ファンファーレが鳴り響く」が11月2日にクランクインした。 主演は若手実力派の笠松将。ヒロインは祷キララ。

その他、黒沢あすか、川瀬陽太、上西雄大、大西信満、木下ほうかなど実力派が集結した新世代の青春スプラッターロードムービー。

本作は2020年の夏に開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭での上映後に、都内および主要都市で上映予定。

尚、本作は製作費の支援をクラウドファンディングでも募集中です。

2019年11月25日まで3,000円~、エンドロールにお名前を記載、撮影用台本をプレゼントなどさまざまな特典を用意している。

詳しくは、下記、CAMPFIREのサイトまで。

映画情報どっとこむ ralph 森田和樹監督コメント
「2年前に大病にかかり、今も毎日飲む13錠の薬に生かされている自分。
もう死にたいと思う日々がありました。映画がなければ未だに鬱屈した日々を過ごしていたと思います。
そんな中でも映画に縋り、ニュースを見ては伝えたい事が出てきて、自身の欲を沢山入れたのが今作です。枠にハマる映画にはしたくない。
好きだと感じた方々を面白ろおかしくする為だけな撮り方作り方はしたくない。
今の自分に出来る精一杯の事を。」

映画情報どっとこむ ralph 「ファンファーレが鳴り響く」

2020年夏公開予定

【STORY】
高校1年生で吃音症の神戸明彦はクラスでイジメの対象になり、鬱屈した日々を過ごしていた。 耐えて何食わぬ顔で家で過ごす明彦は、脳内で神様を殺す日々。 ある日、クラスメイトで才色兼備の完璧な女子生徒・七尾光莉が猫を殺しているのを偶然に見てしまう。 光莉は生理の時に見た自分の血に興味を駆られて、他者の血を見たい欲求を持っていた。 そして光莉は明彦に殺人欲求がある事を打ち明けイジメグループを殺そうと提案する。 そして2人は殺しを始め、逃げるように東に向かいながらも殺しを行なっていく。新世代の青春スプラッターロードムービー。

***********************************


出演者
笠松将、祷キララ、黒沢あすか、川瀬陽太、上西雄大、大西信満、木下ほうか、他

監督・脚本:森田和樹

プロデューサー:小林良二、鈴木祐介、角田陸、塩月隆史
撮影:吉沢和晃 録音:西山秀明
助監督:森山茂雄 特殊造形:土肥良成
制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会
©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笠松将・土屋貴史監督 登壇 映画『花と雨』TIFF舞台挨拶・Q&Aイベント @東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph SEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開されます!第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門に正式出品される、『花と雨』の主演笠松将、土屋貴史 監督が舞台挨拶に登場しました。
映画『花と雨』TIFF舞台挨拶・Q&A
日時:11/4(月)
舞台挨拶 ゲスト:笠松将、土屋貴史(監督)
上映後:Q&A ゲスト:笠松将、土屋貴史(監督)

映画情報どっとこむ ralph 11/1のワールドプレミアに続いて満員御礼となった会場にて、主演の笠松将、土屋貴史(監督)が登壇。土屋監督は「ワールドプレミアはめちゃくちゃ緊張したのですが、今日は大分余裕があります。いろいろお話させていただきます。」と挨拶。本日27歳の誕生日を迎えた主演の笠松は「連休最後日の夜に集まってくださってありがとうございます。この映画を見た方からどのような感想が出てくるのか少し不安もありますが、とにかくこんなに多くの方に見てもらえてすごく嬉しいです。」と挨拶をした。

これからこの作品を見る観客に対して土屋監督は、「この作品の大前提をフォローすると、この映画の中ではヒップホップに関する描写や差別問題など、見辛いと思う部分もあるかもしれない。でもそういった細かい要素を取っ払ってもらうと、主人公・吉田と、それを演じる笠松さんの感情を追いかけている作品になっていると思うので、スクリーンに映る笠松さんの顔を追いかけるだけでも楽しんでもらえる作品になっていると思います。」と語った。

本作でとてもチャレンジングなスキルを要求されたことについて笠松は、「SEEDAさんをはじめ、ヒップホップアーティストの皆さんを改めてリスペクトした」と初挑戦したラップの難しさを語り、役作りに関しては、「初めはSEEDAさんのモノマネをどれだけ完璧にできるかということを考えていましたが、台本を読み込み、監督とディスカッションを重ねていくうちに、これは一人の青年の青春を純粋に映した作品だと思い、目の前で起こる出来事にまっすぐ反応しようと、役者の原点に帰るような芝居でのぞみました。ラップに関しても、吉田の葛藤や叫びがそのままラップになっているので、セリフのようにラップを披露することができたと思います。」と作品への取り組み方について話した。

映画情報どっとこむ ralph 上映後に行われたQ&Aでは、独特な色彩表現で作られた映像に関して問われ、土屋監督は「洋画なら当たり前にやっているような表現をしていると思います。言葉で感情を説明するのではなくて、絵全体で役者たちの表現を表したかったので、照明や色の調整をかなり細かくこだわって仕上げました。」と映像表現へのこだわりを語った。

吉田と家族の関係性の作り込みについての質問に対して笠松は、「吉田自身は外の世界に仲間がいないと思っている。ラップをやっても認めてくれない。そういった環境の中で認めるとか認めないという概念がなく接してくれているのが家族で、大西礼芳さん演じる姉が、吉田の唯一の理解者になってくれていることを意識して関係性を作りました」と語り、監督は大西さんについて、「とらえどころのないトーンがとても今回の役にはまっていました。オフの姿も優しいけれど、どこか謎が残っている雰囲気がとても印象的な方です」と語った。

また本作の演出に関して印象的だったことを問われた笠松は、「最初台本をもらって芝居をした時に、テンポを倍速にしてくれ、とよく言われました。テンポを速く、会話をたたみ掛けることで間が光る。新しい芝居のテクニックを学ぶことができました」と話した。

映画情報どっとこむ ralph 『花と雨』

1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他にて全国公開



Phantom-film.com/hanatoame/

映画『花と雨』key
***********************************


出演:笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 
つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑
監督:土屋貴史 原案:SEEDA・吉田理美  脚本:堀江貴大・土屋貴史 音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 
製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム
(C)2019「花と雨」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笠松将、大西礼芳、土屋貴史監督 舞台挨拶・Q&A『花と雨』第32回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 「SEEDAさんが“笠松さんにこの作品を託したい”と言ってくれた。自分も期待に応えられるように一生懸命作ろうと思った。」

日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開されます!

第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門に正式出品される、『花と雨』の主演笠松将、大西礼芳、土屋貴史 監督が舞台挨拶に登場!


『花と雨』第32回東京国際映画祭 舞台挨拶・Q&A
日時:11/1(金)

舞台挨拶 
ゲスト:笠松将、大西礼芳、土屋貴史監督
笠松将、大西礼芳『花と雨』 舞台挨拶第32回東京国際映画祭 (1) 上映後:Q&A 
ゲスト:笠松将、土屋貴史監督
笠松将・土屋貴史監督『花と雨』Q&A 舞台挨拶第32回東京国際映画祭
映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には満員御礼の中、主演の笠松将、大西礼芳、土屋貴史(監督)が登壇。

緊張気味の土屋監督は

土屋監督:今回は一般的の方にはじめての公開される機会になります。皆さんでこの作品を育ててくださると嬉しいです。
と挨拶。主役を演じて

笠松さん:平日なのにこんなにたくさんの方に集まって頂いて嬉しいです。親切な映画ではないですが、今ここにいる三人だけじゃなく、他のキャストやスタッフで気持ちを込めて作った作品です。みなさんのいい意見だけ受け止めるんで(笑)
よろしくお願いします。

と挨拶。吉田の最愛の姉・麻里を演じた大西さんは

大西さん:みんな歳が近く、準備期間も長く取ってくれたので、キャスト全員の気持ちがとても合わさった作品です。

と映画への思いを話した。
初めての長編映画作品の上映となる土屋監督。
気持ちを聞かれると

土屋監督:ともかく緊張しています。舞台挨拶以上にみなさんの前のお披露目ということで、口の中パサパサです。

と大滝の汗を拭くと会場から笑いが。


本作でラップを初挑戦して

笠松さん:もともとSEEDAさんの曲も聞いていたし、ラップもヒップホップも好きで。歌える曲もあった。だからそんな難しくないと思っていたんです。最高峰のMC・仙人掌(センニンショウ)さんが演技指導を担当してくれたんですが、初めてヘッドホンをつけて歌った時に、音程も外れるし、難しいし、焦って満足いくものができなかった。奥の深い分野だなと思いましたね。
笠松将『花と雨』-舞台挨拶第32回東京国際映画祭 とヒップポップの大変さを吐露。役作りについて聞かれ

大西さん:弟(笠松)がひたむきに音楽に向き合っていながら、ストレスフルな人生を送っているので、日々現場でも麻里と同じように笠松くんに接していました。私達がイギリス育ちという設定なので、英語の練習しなくてはいけなくて、笠松くんもノートを真っ黒にしながら、歌詞や英語の練習をしている姿を観ていたら、自然とそれが私の役作りになっていたんだと思います。
大西礼芳『花と雨』-舞台挨拶第32回東京国際映画祭 と微笑ましいエピソードを語った。

SEEDAとの出会いについて

笠松さん:一言で片づけられない人。一番のエピソードが、クランクインの前日にSEEDAさんから2人で会いたいと言われて、何を言われるんだろうとドキドキしながら会ったんです。深夜に高速道路を走りながら“このシーンではあんなことがあったんだよ”“この時はこんな歌詞を書いたんだよ”といろいろと話してくれた。笠松さんにこの作品を託したいと言ってくれた時には、自分も期待に応えられるように一生懸命作ろうと思った。

とこの作品に懸ける意気込みを話した。


映画情報どっとこむ ralph 上映後に行われたQ&Aでは、笠松の起用に対して

土屋監督:オーディションのお芝居が圧倒的に良かったんです。お芝居の途中で“もういいです”と言ったらキレて帰っちゃって(笑)主人公そのままじゃないですか(笑)
と暴露。

仙人掌との練習に関しては
笠松さん:5ヶ月ぐらい。自分で撮影して送ったりしたんですけど、最初は褒めてくれるので調子に乗ってたんですよね。でも最後の1ヶ月スパルタでした。仙人掌さんの家に行ったり、深夜に電話したり、音楽以外でもいろいろ話しました。
と語る。上手い方が書くラップの違いは

土屋監督:役者さんは態度を売りにしているので、態度の大きさを表現できる人。」と監督。笠松は「僕が歌詞を書いたシーンがあって、それをSEEDAさんが足したり引いたりした。どんなジャンルでも引き算が上手な人が凄いんだと思いました。

とSEEDAさんへのリスペクトを伝えた。

この映画の見どころであるビジュアルや色について監督は「撮影の際も感情を色に表せるようにいろいろ試しました。」と撮影へのこだわりを話した。

映画情報どっとこむ ralph 『花と雨』

公式サイト
Phantom-film.com/hanatoame/

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

『花と雨』
ストーリー

幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか? 
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。

映画情報どっとこむ ralph TIFF
<第 32 回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)
会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用

公式サイト:
http://www.tiff-jp.net

©TIFF
東京国際映画祭
***********************************

出演:笠松将 
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史 原案:SEEDA・吉田理美 脚本:堀江貴大・土屋貴史 音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 

製作:藤田晋・中祖眞一郎
制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム  
(C)2019「花と雨」製作委員会 
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

笠松将主演『花と雨』第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門出品決定


映画情報どっとこむ ralph 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開されます!
『花と雨』
この度、第32回東京国際映画祭(TIFF)日本映画スプラッシュ部門の出品が決定しました!ワールドプレミアとなる東京国際映画祭では映画上映後に土屋貴史監督によるQ&Aも決定!!

TIFFはアジア最大の映画祭。
(第32回は2019年10月28日(月)~11月5日(火)開催予定)その中で日本映画スプラッシュは、海外への飛躍を強く意識しており、活況を呈する日本のインディペンデント映画から、個性が強く、独創性とチャレンジ精神に溢れる作品を監督のキャリアを問わず紹介される部門です。

映画情報どっとこむ ralph 【本作の概要】
■笠松将が主演!向こう意気の強さと脆い雰囲気で主人公吉田を見事に演じ切る

■大西礼芳、岡本智礼を始めとするフレッシュなキャストが脇を固める

■監督はミュージック・クリップやCMで数々の受賞歴を持ち、「Perfume」や「水曜日のカンパネラ」「ゆず」「Bjork」など多くのアーティストのMVを手掛ける映像ディレクター土屋貴史。長編映画は初監督なる。

■原案は、2000年代から今日に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティスト・SEEDAが2006年に発表し、多くのアーティストに影響を与えた日本のHipHopにおける伝説的アルバム「花と雨」。彼の自伝的なエピソードも交え、“何者かになりたい”一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く

■本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースを、東京最高峰のMC・仙人掌が演技指導を担当し話題を呼んでいる

映画情報どっとこむ ralph 笠松将主演『花と雨』

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

公式サイト 
Phantom-film.com/hanatoame/



ストーリー
幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか? 
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。

***********************************


出演:笠松将 
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美
脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 

製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム  
(C)2019「花と雨」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

SEEDAの名盤を原案 笠松将 主演 土屋貴史監督『花と雨』 2020年公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花と雨』が、2020年1月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開されます!

幼少期をロンドンで過ごした主人公・吉田は閉塞的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。次第に学校から距離を置く吉田にとって唯一”Hip Hop”だけが彼の拠り所だった。
海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸に、アーティストとして独り立ちするべく練習や活動に没頭する。
しかし吉田は初めて自分の居場所を見つけたと思った矢先、チャンスを掴みかけては裏切られ、現実の厳しさに晒され次第に自分を見失っていく。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。
このままでは、俺は負ける。吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えるべく立ち上がる…。

映画情報どっとこむ ralph 主演にはオーディションを勝ち抜いた笠松将。向こう意気の強さと脆い雰囲気を兼ね備え、役への熱量と圧倒的なパフォーマンスで主人公吉田を見事に演じ切る。他にも大西礼芳、岡本智礼を始めとするフレッシュなキャスト達が魅せる渾身の演技は観る者たちの心を揺さぶる。

監督はミュージック・クリップやCMで数々の受賞歴を持ち、「Perfume」や「水曜日のカンパネラ」「ゆず」「Bjork」など多くのアーティストのMVを手掛ける映像ディレクター土屋貴史。長編映画初監督作とは思えない、その計算し尽くされた抒情的な映像美、独特のリズム、大胆なカメラワークなど新しい映画作家の誕生を感じさせる。

原案は、2000年代から今日に至るまで、独自の感性でその最先端を走り続けてきたアーティスト・SEEDAが2006年に発表し、多くのアーティストに影響を与えた日本のHipHopにおける伝説的アルバム「花と雨」。
SEEDA
彼の自伝的なエピソードも交え、「現実と理想」「生と死」「アイデンティティの探求」など様々なテーマを通じて、“何者かになりたい”一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。尚、本作ではSEEDA自身が音楽プロデュースを、東京最高峰のMC・仙人掌が演技指導を担当し、観客が映画と一緒にドライブする本物志向の音楽青春映画が誕生した。

映画情報どっとこむ ralph <笠松将コメント>

僕はこの作品と共に、一番に這い上がりたい。部室でSEEDAさんを先輩たちと聴いていた日々が懐かしいです。
親切な映画ではないかもしれません。物語を追うことより、目の前の出来事一つ一つを楽しんでもらえたら嬉しいです。
観た人によって見解が大きく異なる映画かなと思います。観終わった後の皆さんと早く話しがしたいです。

笠松将 ・プロフィール
1992年11月4日生まれ。主な出演映画に2017年は『デメキン』(山口義高監督)、『カランコエの花』(中川駿監督)、『リベンジgirl』(三木康一郎監督)。18年は『このまちで暮らせば』(高橋秀綱監督)、『響-HIBIKI-』(月川翔監督)、『さかな』(神徳幸治監督)。19年は『デイアンドナイト』(藤井道人監督)、『ラ』(高橋朋広監督)、『CAST:』(林響太朗監督)。テレビ『ウチの夫は仕事ができない』(17/NTV)、『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(18/CX)、『平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』(19/CX)、『向かいのバズる家族』(19/YTV)など多数。待機作に『おいしい家族』(ふくだももこ監督)、『転がるビー玉』(宇賀那健一監督)。



<土屋貴史監督コメント>

初めての長編映画に関わらず、可能性を見出してくれたSEEDA氏と完成公開まで推し進めてくれた関係スタッフに感謝したいと思います。自分が監督するからには、偉大なアルバムであることはわかった上で、それを殊更に強調したり、それに寄りかかった映画に仕上げるのとは違うアプローチを考えました。なぜなら、そこには極私的な内容、描写の中に、若者の抱えている苛立ちや葛藤、普遍的なテーマが描かれていることに気づいたからです。解釈を強制するのではなく、観客自身がこの映画や主人公に対して能動的に自分を重ね合わせていけるような感覚を大切にしました。また、当時それぞれが「花と雨」のアルバムを聴いた時のことを思い出して、時代の空気感と共に能動的に体験できるような作品になっているかと思っています。

この映画では、本当の自分の気持ちがわからなかったり、自分を変えようと願ったことがある人間が、世界の抑圧から自由になる瞬間を描いています。一人の若者が自分が何者かを探し、不器用ながら本当の自分を見つける手掛かりを得て、初めて自分や自分の周りの世界を把握します。同時に、成長することは常に何かを犠牲にすることでしかなし得ないということにも気づくのです。

土屋貴史監督 ・プロフィール
1979年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。フリーのディレクターとしてTVCMやMVなど数多くの仕事を手がける傍、様々なアーティストとのコラボレーションにより自主制作での映像作品を作り続ける。ジャンルを問わない表現手法により、これまで海外の短編映画祭やメディアアートフェスティバル、広告祭を中心に受賞、選出。美術展での大型映像作品や、VR、インスタレーションなども演出し、フィールドを超えた表現を得意とする。「花と雨」で長編商業映画デビュー。

映画情報どっとこむ ralph 主演『花と雨』

2020年1月17日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷 他、全国公開

公式サイト:
Phantom-film.com/hanatoame/

『花と雨』
■ストーリー
幼少期、ロンドンで育った主人公の吉田は、閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま、高校生活を送っていた。同級生や現実を冷めた態度で見つめ満たされない日々。そして次第に学校から距離を置くようになった時、”Hip Hop”と出会った。Hip Hopを通じて日本で初めて自分が表現できる場所・仲間とも出合い、身も心も”Hip Hop”にのめり込んでいく。吉田は、いつか海外での活躍を目指す姉・麻里との約束を胸にラッパーとしての練習や活動をしながらストリートでは、ドラッグディールで実績と自信をつけていく。しかし、物事はそう簡単にうまくはいかなかった。ラップバトルで再会する同級生には負け、掴みかけたチャンスは仲間に裏切られ次々と失った。初めて自分の居場所だと思えたからこそ、その現実の厳しさに晒され、自分を見失って行く。
Hip Hopへの情熱も薄れ、いつしか単なるドラッグディーラーに成り下がっていた。
夢に邁進する姉の麻里とも距離を置くようになり、いつまでもうまくいかない現実から逃げる吉田は、ついに逮捕されるはめに。そしてその先に待っていたのは、最愛の姉との別れだった。これが、自分のやりたかったことなのか? 
吉田はラッパーとして、1人の人間として、現実を乗り越えられるのか…。

***********************************

出演:笠松将 
大西礼芳 岡本智礼 中村織央 光根恭平 花沢将人 MAX サンディー海 木村圭作 紗羅マリー 西原誠吾 飯田基祐 
つみきみほ 松尾貴史 高岡蒼佑

監督:土屋貴史
原案:SEEDA・吉田理美
脚本:堀江貴大・土屋貴史
音楽プロデューサー:SEEDA・CALUMECS 
製作:藤田晋・中祖眞一郎 制作プロダクション: P.I.C.S.
配給:ファントム・フィルム  
(C)2019「花と雨」製作委員会 
笠松アー写(C)Timgallo




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

杉野遥亮×福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』愛のカタチは様々!?超ラブリーな追加場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ『マンガボックス』で閲覧数1位を独走した、自殺志願の男の子×殺人鬼の美少女が贈る、スプラッター・ラブコメディ漫画「穴殺人」(作者:裸村)が『羊とオオカミの恋と殺人』のタイトルで実写映画化され、 2019年11月29日(金)にTOHOシネマズ日比谷他全国公開となります!

「羊とオオカミの恋と殺人」
映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された追加場面写真は計7カット。以前解禁された場面写真とは雰囲気の一転したカットが多数解禁された。

杉野遥亮演じる黒須越郎と福原遥演じる宮市莉央が二人並んでパピコを食べるカット、
杉野遥亮×福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』
二人が見つめ合いながら手を繋ぐカット、 
杉野遥亮×福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』
江口のりこ演じる延命寺玲奈が黒須にコンビニで馬乗りになるカット、
杉野遥亮 江口のりこ『羊とオオカミの恋と殺人』
江野沢愛美演じる川崎春子と黒須が見つめ合いながら頬に手を寄せるカットの他、
江野沢愛美x杉野遥亮『羊とオオカミの恋と殺人』
春子が恋する乙女の目で黒須を見つめるカット、
『羊とオオカミの恋と殺人』
黒須が公園で洗濯を行っているカット、
杉野遥亮『羊とオオカミの恋と殺人』
宮市がスプーンを持ちながら指についたケチャップを口で拭うカットなど、
福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』
愛のカタチは様々なれど、ラブリーな場面写真となっている。

映画情報どっとこむ ralph 『羊とオオカミの恋と殺人』

2019年11月29日(金) TOHOシネマズ日比谷他 全国ロードショー

公式HP:
http://hitsujitookami.com/ 
Twitter:
@hitsujitookami

自殺志願の男の子の黒須越郎役には『キセキ ーあの日のソビトー』「花にけだもの」『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』等、ドラマや映画、CMで活躍中の杉野遥亮が映画初主演!殺人鬼の美少女・宮市莉央役には、『4月の君、スピカ。』や「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で話題を呼んだ福原遥が、W主演として強烈なキャラクターを見事に演じております!監督はスラッシャー・ホラー映画の『クソすばらしいこの世界』や『女の子よ死体と踊れ』を手掛けた期待の新鋭、朝倉加葉子が務めます。
羊とオオカミの恋と殺人_poster
大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野遥亮)は、
壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまう。
穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原遥)の生活が丸見えで・・・。
その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。
しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまう。
目撃行為が見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。
殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに!
アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。
しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。
次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに!?

***********************************

監督:朝倉加葉子  
脚本:髙橋泉
出演:杉野遥亮 福原遥 江野沢愛美 笠松将 清水尚哉 一ノ瀬ワタル/江口のりこ
配給:プレシディオ
©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ