「笠井信輔」タグアーカイブ

桜沢エリカと笠井信輔アナが語った!『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph フジテレビの笠井信輔アナウンサーと漫画家の桜沢エリカさんが講師を務める日比谷ブロードウェイ大学feat.『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』のトークイベントが、東京・日比谷シャンテの「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」で行われました!


日比谷ブロードウェイ大学feat.『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
日付:5月17日(金)
場所:日比谷シャンテ3F HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE
登壇:桜沢エリカ(漫画家)、笠井信輔(フジテレビアナウンサー)

映画情報どっとこむ ralph 「日比谷ブロードウェイ大学」は演劇・映画街である「日比谷」の地を日本のエンターテインメントの中心地に育て、より一層の地域認知向上と、エンターテインメント作品の鑑賞体験を、より興味深いものにしてもらうために作品の魅力を知的な面からも掘り下げるレクチュアプログラムを提供するもの。

笠井アナによる第1回講義の題材として、『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』が取り上げられた。

『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』は『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』で知られるレイフ・ファインズが構想20年を経て、満を持して発表した最新作。

「バレエの歴史を変えた」と言われる伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフのダンスへの<情熱>と、身に危険が迫る中で究極の決断をする<勇気>を描く。テレビ業界一の映画通で知られる笠井アナが、映画の見どころを解説しながら、傑作バレエ漫画「バレエ・リュス」の作者・桜沢さんに聞くという形で進行。
笠井アナは「ホワイト・クロウ」と「バレエ・リュス」には共通点があると分析。
リアリティーを追求したレイフ・ファインズ監督の演出術の意図などを解き明かすと、桜沢さんも「読み解きがすごいですね。これを聞いてから観たかったです」とビックリした様子。
また、桜沢さんは「ヌレエフは(「バレエ・リュス」にも登場する)ニジンスキーの再来と言われていましたよね。彼はパリオペラ座の監督になって、若手を育てたという印象があります。」と話し、『ホワイト・クロウ』の主演オレグ・イヴェンコについては「タタールのプリンシパルということでしたが、全然知りませんでした。ヌレエフ本人によく似ていますね。亡命シーンは派手なシーンがないのに、手に汗に握る心理劇になっていました。」と作品についてコメント。

最後に「本当に面白い映画なので、ぜひご覧になってください。観た方も、笠井先生の講義を受けてから観ると、いっそう楽しめると思います」と熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

大ヒット上映中!!


物語・・・
ある日突然、絶体絶命の状況下で迫られた究極の選択―
23歳の青年の決断が、20世紀の芸術史を変えた

1961年。ルドルフ・ヌレエフはキーロフ・バレエ(現マリインスキーバレエ)の一員として、パリ公演のために生まれて初めて祖国ソ連を出た。傲慢・我儘・反逆児と評される一方で、踊りへの情熱は誰よりも強いルドルフは、異国で得られるものすべてを吸収しようとするが、その行動はKGBに監視され、政府の圧力は強まるばかりだった。 6月16日、次の公演地へ向かおうとするルドルフは、突然帰国を命じられる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示していた。団員たちが旅立ち、KGBと共に空港に残されたルドルフが、不安と恐怖に襲われる中くだした決断とは一


***********************************

監督:レイフ・ファインズ
脚本::デヴィッド・ヘアー『めぐりあう時間たち』『愛を読むひと』

出演:オレグ・イヴェンコ/セルゲイ・ポルーニン『ダンサー、 セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』/アデル・エグザルホプロス『アデル、ブルーは熱い色』/ルイス・ホフマン 『ヒトラーの忘れもの』/チュルパン・ハマートヴァ『グッバイ、レーニン! 』/ラファエル・ペルソナ 『黒いスーツを着た男』/レイフ・ファインズ 『シンドラーのリスト』 『イングリッシュ・ペイシェント』

配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「東アジア文化都市2019豊島」2月1日(金)開幕式典開催だ!ゼーット!!


映画情報どっとこむ ralph 豊島区は、中国 西安市、韓国 仁川広域市とともに2019年、《東アジア文化都市》開催都市に選定され、「舞台芸術」「マンガ・アニメ」「祭事・芸能」の3つの柱を中心に、様々な文化イベントを「オールとしま」の体制で、世界に向けて発信していきます。

国内では6都市目、東京都では初の開催となる本事業の開幕式典を2月1日(金)東京芸術劇場コンサートホールにて開催いたしました。

◆日時:2月1日(金)17:00~19:30
◆会場:東京芸術劇場コンサートホール
◆司会:笠井信輔(豊島区国際アート・カルチャー都市プロデューサー/フジテレビアナウンサー)
◆内容

・奏上:野村 萬(能楽師・人間国宝)
・主催者挨拶:高野之夫(実行委員会委員長/豊島区長)浮島智子(文部科学副大臣)宮田亮平(文化庁長官)
・2019年東アジア文化都市 祝辞:徐 明非(中国 西安市副市長)朴 俊夏(韓国 仁川広域市副市長)
・開幕宣言:吉岡知哉(実行委員会 全体統括)
・中国芸能団公演:ハ唐詩の朗読、尺八演奏 ・韓国芸能団公演:仁川市立舞踊団 韓国舞踊
・豊島区公演:アニメ音楽オーケストラコンサート「アニケストラ」

指揮:和田一樹
演奏:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
ゲスト:水木一郎

【開幕式典】では、

豊島区名誉区民で能楽師・人間国宝の野村萬氏による奏上後、高野之夫豊島区長、中国 西安市副市長、韓国 仁川広域市副市長らが開幕を祝うメッセージを交わし、3都市の芸能団による文化交流ステージパフォーマンスを実施。

中国 西安市からは唐を代表する詩人、王維が市にある香責寺を題材に読んだハ唐詩の朗読と尺八演奏、
韓国 仁川広域市からは世界各国で公演を行ってきた、市を代表する仁川市立舞踊団による韓国舞踊を披露。
最後、「マンガ・アニメの聖地」豊島区は、 《東アジア文化都市2019豊島》プロモーション映像、池袋PRアニメの上映後、アニメソング界の帝王水木一郎氏をゲストに迎え神奈川フィルハーモニー管弦楽団によるアニメ音楽オーケストラコンサート“アニケストラ”で、開幕式典を盛り上げました。指揮者がデビルマン燕尾服!!!!

映画情報どっとこむ ralph なお、開幕式典と同時に本日2月1日より、東京芸術劇場ギャラリー1にて『オールとしま・ウエルカム・東アジア』を、豊島区役所本庁舎にて『区庁舎がマンガ・アニメの城になる』を、マンガ・アニメ部門のスペシャル事業として開催しています。


2019年、はらはら、どきどき、文化がいっぱい!

最も輝くカルチャースポット豊島区で開催中の 《東アジア文化都市2019豊島》を、是非ご期待ください!



***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

いよいよスタート!第31回東京国際映画祭レッドカーペット その1


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭の10月25日(木)開幕。
レッドカーペットイベントが行われ、多くのゲストが登場しました。

<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭 
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

映画情報どっとこむ ralph 映画の司会と言えばこの人、映画パーソナリティー:いとうさとり

第31回東京国際映画祭アンバサダー:松岡茉優とフェスティバル・ディレクター:久松猛朗

メディアパートナーLINE LIVE:永島聖羅ら

セレモニーパーティ司会:笠井信輔

熱狂宣言: 奥山和由監督、江角早由里(プロデューサー)、松村厚久、近藤太香巳

TIFFプラス


日本映画スプラッシュ:21世紀の女の子:
山戸結希(監督/プロデューサー)、井樫彩(監督)、枝優花(監督)、加藤綾佳(監督)、坂本ユカリ (監督)、首藤凜(監督)、竹内里紗(監督)、夏都愛未(監督)、東佳苗(監督)、ふくだももこ(監 督)、松本花奈(監督)、安川有果(監督)、山中瑶子(監督)、金子由里奈(監督) 柳英里紗、北浦愛、杉野希妃、神尾てん子、Lee Yoko、松林うらら、古川琴音、久保陽香、土居 志央梨、小川あん、筒井のどか、三浦透子、清水くるみ、松井玲奈、木下あかり、唐田えりか、竹内 ももこ、詩歩、瀧内公美、手島実優、石橋静河、堀春菜、倉島颯良、福島珠理、日南響子

ハード・コア:山下敦弘監督、ロボオ(石井モタコ)

ギャングース:入江悠監督、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、伊東蒼、菅原健

26thキネコ国際映画祭

PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.1 & Case.2 PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 & Case.2 First Guardian
関智一、野島健児、東地宏樹、佐倉綾音、塩谷直義監督

アジア三面鏡 2018:Journey
デグナー監督、チェン・ジン、ゴン・チェ、ナンダーミャッアウン、長谷川博己、松永大司監督、エドウィン 監督、ニコラス・サプットゥラ、オカ・アンタラ、アグニ・プラティスタ

みなと委員会

DJ KOO

ミッドナイト・フィルム・フェス!
蹴る:中村和彦監督、永岡真理、北沢豪

ジョホールバル 1997
植田朝日、黒田耕平、田川博文(チーフプロデューサー)、ワタベカズ彦(アートディレクター/映像王 子)、ヤナガワゴーッ!(スチール)


その2へ続く。

その3へ

***********************************

PHOTO:TJ
©TIFF




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今年の開催まで、あと1ヶ月!『第31 回東京国際映画祭』ラインナップ発表記者会見レポート


映画情報どっとこむ ralph 第31回東京国際映画祭開催まで残すところあと約1カ月!本日虎ノ門ヒルズメインホールにて各部門の全ラインナップ・審査委員・各イベントの魅力・見所を発表する記者会見が行われました。


<第31回東京国際映画祭 ラインナップ発表記者会見>
日時:9月25日(火)14:00~
会場:虎ノ門ヒルズ メインホール
司会:笠井信輔アナウンサー
ゲスト:
松岡茉優(第31回東京国際映画祭アンバサダー)
阪本順治監督(コンペティション部門『半世界』より)
今泉力哉監督、岸井ゆきの(コンペティション部門『愛がなんだ』より)
湯浅政明監督(アニメーション特集『アニメーション監督 湯浅政明の世界』より)

映画情報どっとこむ ralph イベント冒頭、久松猛朗フェスティバル・ディレクターより開催の挨拶と今回の企画や上映に関する発表がありました。

コンペティション部門出品作品一覧

タイトル  製作国  監督名
アマンダ(原題) フランス ミカエル・アース
堕ちた希望   イタリア エドゥアルド・デ・アンジェリス
ブラ物語     ドイツ・アゼルバイジャン ファイト・ヘルマー
ホワイト・クロウ(原題) イギリス他 レイフ・ファインズ
ヒズ・マスターズ・ヴォイス   ハンガリー パールフィ・ジョルジ
氷の季節     デンマーク マイケル・ノーア
大いなる闇の日々 カナダ マキシム・ジルー
ヒストリー・レッスン メキシコ マルチェリーノ・イスラス・エルナンデス
翳りゆく父 ブラジル ガブリエラ・アルメイア
シレンズ・コール   トルコ ラミン・マタン
テルアビブ・オン・ファイア  イスラエル他 ザメー・ゾアビ
ザ・リバー   カザフスタン エミール・バイガジン
詩人   中国 リウ・ハオ(劉浩)
三人の夫   中国 フルーツ・チャン
愛がなんだ   日本 今泉力哉
半世界   日本 阪本順治

109の国と地域、1829本もの応募の中から16作品がコンペティション部門に選ばれ日本からも『愛がなんだ』と『半世界』の2作品が選出されました。                             

映画情報どっとこむ ralph ゲストとして、第31回東京国際映画祭アンバサダーを務める、女優の松岡茉優(まつおかまゆ)さん

この東京国際映画祭に華を添えられるように、若手の力を示せるように頑張りたいなと思っております。宜しくお願い致します。

Q. まずは、今年の映画祭アンバサダーに就任されてのお気持ちをお聞かせください
A.最初お話を頂いた時「(私で)いいんんですかね?」と言いました。私は昨年新設されました「東京ジェムストーン賞」を頂いたものですから、せっかく第 1 回の賞に選んでもらったからには、その賞が今後もっと華やいだものになる為に頑張ろうと1年邁進してきましたので、その1年後にアンバサダーとはなかなか良いルート?(笑)いいタイミングで進んでいるんではないかと、ちょっと自信が持てました。

Q. 昨年のコンペ部門に出品された主演作『勝手にふるえてろ』が、観客賞を受賞。あの受賞はどんな体験でしたか?
A.観客賞を頂くともう1度上映があるんですが、ちょうどその日ドラマの撮影がたまたま早く終わりまして、「これはいかなければ!」と思い特別上映に伺いました。会場の熱気、そして国際色豊かな方の意見が聞けるのが素晴らしい時間だったなと思いました。

Q.アンバサダーになって映画祭に期待することもあるわけですね?
A.普段ショッピングや美術館、映画など色んなことを六本木ヒルズさんで楽しませてもらっているのですが、そこがお祭りになるというのがとても素晴らしいですし、大好きな時間です。また私は東京都出身なので、自信をもって地元の大好きな映画祭ですと言えることが、アンバサダーとしても嬉しいことです。

Q.『勝手にふるえてろ』観客賞、『万引き家族』がカンヌのパルムドール、凄いことですよね。どうでした?
A.私の初めての国際映画祭は東京国際映画祭なので、『万引き家族』 のカンヌ国際映画祭でのレッドカーペットだって歩けるぞと思っていたのですが、寒さと緊張で足がガタガタ震えました。やっぱりカンヌは凄かったです。でも東京国際映画祭の映画愛の熱量はカンヌにも負けてないぞ!と思いました。カンヌや上海国際映画祭といろいろ巡ってきた『万引き家族』が今年 JAPAN NOWで、日本そして海外の皆さんにも、もう1度観てもらえるのが大変嬉しいです。

Q.『万引き家族』で共演された樹木希林さんが亡くなられました。どんなお気持ちですか?
A.樹木さんとの思い出は、たくさんたくさん宝物なんです。悲しい気持ちはあまりなく、1度映画の中でお別れしているのですが、そこでありがとうも沢山言えたし、私にとっては2度目のお別れのような感じがしております。樹木さんと同じ時代に生まれて、樹木さんの作品をたくさん観れる時代に生まれて、そして私が若い世代として新しい世代につなぐ役目としては、同じ時代に生まれたことに誇りをもってさらに勉強し、樹木さんのようになりたい、次の世代に渡せるような存在になりたいと強く決意しております。


『愛がなんだ』から、今泉力哉(いまいずみりきや)監督

東京国際映画祭には、何度か観客として、そして日本スプラッシュという部門などで携わってきてから、この度コンペに選んで頂きとても光栄に思っております。

Q.コンペ出品のお気持ちは?
A.色んな人の出会いを通じて、1 番最初は『サッドティー』で日本スプラッシュ部門に参加してから5年6年と、1年に1本作るたびに東京国際映画祭でお披露目できるのが続いていて、日本スプラッシュ部門ですごく成長させてもらったのですが、海外の作品と並んでみて頂けるコンペに選出された嬉しさがありました。切磋琢磨してきた松居大悟監督がコンペに選ばれていたのを観てきたので、「やっとたどり着いたんだな…」とじんわりきました。ただゴールではないので、どう観て頂けるか楽しみです。

Q.東京国際映画との縁についてどう思いますか?
A.映画祭の縁ももちろんですが、矢田部さんはもちろん、矢田部さんをつないでくれた方や、スタッフ&キャスト、そしてお客さん含
め個々との縁がすごく大きいです。運をすごく感じますし、自信を持って作品を作り続けてきたこと、みなさんにも沢山の映画と出会
ってほしいですし、映画祭との出会いに恵まれていたと思います。また、賞が取れなかったのが1つのバネになって翌年戻ってこれた
し、賞を取った監督や上映された監督、そして審査員らと仲良くなって、また翌年来ようと思えるのが映画祭ならではだなと思いま


主演の岸井ゆきの(きしいゆきの)さん
こんな映画愛の強い方々に選んで頂き、より嬉しくなりました。

Q.コンペというのは全世界の中から 1800 本の中からの16本ですが、いかがですか?
本当に嬉しいです。今まで3回スプラッシュ部門でレッドカーペットを歩きましたが、コンペというところに行けたというのは、凄く嬉しかったです。世界の方々と一緒に上映される、そしてこの作品は世界共通の普遍的な物語なのでる本当に嬉しいです。

Q.監督はダメ恋愛映画を撮るのが大の得意ですが、今回も主人公のテルコも本当にダメダメでしたね。演じてみていかがでしたか?

A.演じてる時は全然ダメだと思っていなくて、マモルに向かっていくこの有志を見てくれぐらいの勢いでしたが…。最近スクリーンで見たのですが、やっぱりテルコの肩を持っちゃって応援しちゃいたくなる映画でした。


『半世界』から監督の阪本順治(さかもとじゅんじ)監督

Q.阪本順治監督は 2006 年の『魂萌え!』(たまもえ)以来、12 年ぶりのコンぺになりますが、 今回コンペ部門に出品されてのお気持ちをお聞かせください。
A.旅が苦手なので、荷造りをしないで済む国際映画祭は大好きです。何日かで 60 歳になるのですが、60 歳になってコンペに選ばれるのは若い時に全く予想していなかったので、本当に光栄です。華やかな場所は苦手なんで、これからレッドカーペットを歩くとなると身構えてしまうんです。意外とはしゃいてしまうのです。今年で監督 30 年目なので嬉しいし、作品に関わったみんな喜んでくれているのが一番嬉しいです。

Q.『半世界』は完全なオリジナル作品で、脚本も監督ご自身で書かれていますが、本作を撮ろうと思ったきっかけは?
A.本作は、映画化できなかった企画がいくつかあって、1つめは同級生たちの話、2つめは炭焼き職人の話。この2本をいつか映画化したいと思っていました。プラス、稲垣吾郎君が土の匂いのする役をやってみたら面白いんじゃないか、と2つのあらすじを1つにまとめて、稲垣君へオファーしました。その他のキャラクターもほとんどあて書きですが、頭に描きながら脚本を書きました。

Q. 主演、稲垣吾郎さんをはじめ、長谷川博己さん、渋川清彦さん、池脇千鶴さんなど 魅力的な役者陣がそろっていますね。
A.4人の方々は初めてお仕事するのですが、僕からするとみなさん楽器は違うが面白いセッションが出来るんではないかと思いました。ボールに例えると、稲垣君は、きれいな回転を描きながらミッドに収まる速球、長谷川君はサッカーで言うと無回転シュートのようなどこに落ちるかわからない、渋川君は一生懸命投げているんだがワンバウンド、池脇さんはピンを弾き飛ばすボーリングのボールのような破壊力がありました。

Q.炭焼き職人の稲垣さんはどうでしたか?
A.何度か会ったことはありますが、普段の彼は非常に素朴さを感じました。淡々と炭を焼く土着な人間が実は似合うのは何となくわかっていました。


さらにアニメーション特集「アニメーション監督 湯浅政明の世界」から湯浅政明(ゆあさまさあき)監督

このような大きな映画祭で特集をして頂けるとのことで、とても光栄です。この機会に観て頂きたいと思います。今日はスーツなので、トレードマークの帽子は被らないで着ました。

Q.TIFF で特集されることについての率直な気持ちはいかがですか?
去年原さんで、ネットで今年は湯浅なんじゃないか?とガセネタが飛んでいて、もしそうなったらいいな…と思っていたのですが、いざなってみたら今までスゴイ方がやっていらっしゃって、ちょっと格が違う、間違いかと思いましたが…。こういう機会に恵まれて、大変有難く嬉しいです。

Q.貴重な作品上映になると思うのは何ですか?
「ちびまる子ちゃん」2本目の映画は DVD 化されていないくて、いい映画なんですが、ミュージックシーンを担当していました。「クレヨンしんちゃんーぶりぶりざえもんの冒険―」というちょっと毛色が違う作品も上映されます。演出をやり始めた頃の作品で、演出・作画・脚本・ミュージックシーンもそうです。ちびまる子ちゃんのミュージックシーンは『わたしの好きな歌』です。さくらさんが選んだ曲を担当してどうやるかプレゼンしました。さくらさんにプレゼンして「ああ、いいんじゃない?」と言ってくれました。とてもざっくばらんに接してくださって、スタッフにも優しくてとても楽しい思い出だったので残念です。

Q.個人的にデビルマンの上映がとても楽しみです。
NET FLIX に入っていらっしゃる方は世界的に見て頂けチャンスがあったのですが、入っていらっしゃらない方は是非この機会に観て頂ければと思います。ハードで原作も凄い内容なのですが、そこも割と上手く出来ていると思いますので、是非この機会に観て頂ければと思っています。

Q.この特集上映で監督のどんな姿が見えてくると思いますか?
A.色んなことやってるんだな、この人みたいな…。基本的には映像で楽しいことをやりたいと思っているのですが、意外と1つのテーマを奥に持ってやっているんだと思って下さる方もいるんじゃないかなと思います。若い時の方が奇抜な方向ですが、今はみんなと感動を共有できるものが出来ればと変わってきていると思います。スゴイ良いチャンスをもらっていると思います。まだ観ていない方、観て下さった方も是非この機会にご覧頂きたいです。

映画情報どっとこむ ralph またコンペティション部門の審査委員長は、『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭監督賞、『ローサは密告された』で、同じくカンヌ映画祭主演女優賞を受賞した、フィリピン映画界を牽引するブリランテ・メンドーサ監督です。これまでにもクロスカット・アジア部門での上映や、アジア三面鏡第1弾の監督の1人でもあり、東京国際映画祭とのつながりも深いメンドーサ監督が今年の審査委員長を務めます。

審査員として、J・J・エイブラムス作品や『ミッション:インポッシブル』シリーズを手掛けたプロデューサー、ブライアン・バークさん。昨年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した『セールスマン』の主演女優、タラネ・アリドゥスティさん。『ルージュ』や『フルムーン・イン・ニューヨーク』の監督でプロデューサーでもある、スタンリー・クワンさん。そして、日本からは、2010年の東京国際映画祭コンペ部門出品作品『海炭市叙景』や、『家族X』、『わが母の記』など、様々なジャンルの作品で強い印象を残す、女優の南果歩(みなみ かほ)さん。 以上、5名が審査員です。


第31回東京国際映画祭は10月25日(木)~11月3日(土・祝)の10日間の開催期間中、約200本の映画が上映され、世界中から訪れる様々なゲストが多数登場し、Q&Aやトークショーなど映画祭ならではのイベントが目白押しです。

※今年はクロージングの前日11月2日(金)に授賞式を行います。



映画情報どっとこむ ralph <第 31 回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間:2018 年 10 月 25 日(木)~11 月 3 日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか
都内の各劇場及び施設・ホールを使用
公式サイト:http://www.tiff-jp.net

©2018 TIFF

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

LiLiCo、男おばさん、吉田類『したコメ』名物イベント上映企画決定 


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年は10周年のアニバーサリーイヤーとなっており、2017年9月15日(金)〜9月18日(月・祝)に「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を開催。

そして!

したコメ名物 イベント上映!

第 10 回となる今年は各界名だたる著名人が集結!
LiLiCo、男おばさん、吉田類が参戦!! したコメ祭りだよ!全員集合!

映画情報どっとこむ ralph ~LiLiCoの映画卍固め~
特別招待作品『セントラル・インテリジェンス』


したコメに欠かせない映画コメンテーターLiLiCo氏が、第10回となる節目の年に満を持してお届けする作品は、ザ・ロックさまことドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートのムキムキマッチョバディームービー『セントラル・インテリジェンス』(特別招待作品・ジャパンプレミア)! 当日は「LiLiCoの映画卍固め」と題して、このムキムキ映画をLiLiCo氏が熱く語り倒します!果たしてこのムキムキマッチョ映画にLiLiCo氏はどう立ち向かいトークの卍固めを決めるのか今注目です!

特別招待作品『セントラル・インテリジェンス』~LiLiCoの映画卍固め~
◆会場:東京国立博物館平成館
◆開催日時:9月16日(土)開場 14:45 開映 15:15(予定)
◆登壇ゲスト:LiLiCo 他(予定)
※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください

『セントラル・インテリジェンス』
物語・・・
高校時代はスーパースターだったが、今はしがない中年会計 士のカルヴィン(ケヴィン・ハート)。そんな彼に突如、当 時おデブでいじめられっ子だったボブ(ドウェイン・ジョン ソン)から20年ぶりに会いたいとの連絡が。しぶしぶ会い に行くと、彼の前に現れたのは、マッチョな肉体へと変貌を 遂げていたボブの姿だった!しかも実は CIA で、濡れ衣を 着せられ組織から追われる身のため、どうしてもカルヴィン に助けてほしい、と言う。なぜか一緒に逃げるはめになった カルヴィン。果たして彼を信じていいのか?そしてボブは一 体何者なのかー?

監督: ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート 他
2016 年/アメリカ/107 分
© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

映画情報どっとこむ ralph フジテレビアナウンサー 軽部真一・笠井信輔
「男おばさん!!」公開収録公開収録


毎年恒例となった、フジテレビCS放送・日本映画専門チャンネルにて現在放送中のエンタメ情報番組「男おばさん!!」の公開収録を今年も開催!毎回招かれるゲストも楽しみなところ。今年はいったい誰がやって来るのか、、、
フジテレビ CS 放送・日本映画専門チャンネル「男おばさん!!」公開収録
◆会場:浅草公会堂 1F 展示ロビー
◆開催日時: 2017 年 9 月 16 日(土)16:00 開演(予定)

映画情報どっとこむ ralph したコメで「3D」上映? 『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』
飲んべえ3000万人のアイドル、吉田類氏の初主演映画『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』がしたコメにやってきます!今年公開されると、たちまち赤ちょうちん界隈では知らぬ人はいない人気映画となった本作、当日はゲストに吉田類氏をお呼びし、おじさんの社交場である酒場を語っていただくとともに、吉田類氏が行っているチャリティイベント「吉田類と仲間達」の番外編を開催!2D(映画)+D(Drunk:ほろ酔い)を合わせた、したコメ特別3D上映で映画をお楽しみいただけます!

『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』上映
◆会場:5656会館ときわホール
◆開催日時:9月17日(日)開場17:30 開映 18:00(予定)
◆登壇ゲスト:吉田類 他(予定)
※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください


監督: 長尾直樹
出演:出演:吉田類、伊藤淳史、松本妃代、菅原大吉、戸田昌宏、津田寛治
©2017『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』製作委員会
     
***********************************

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

したコメ企画 笠井アナ「男おばさん」公開収録&西村喜廣特殊メイク


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。

今年も2016年9月16日(金)~19日(月・祝)に「第9回したまちコメディ映画祭in台東」開催!
©内山勇士/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
©内山勇士/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会


第9回したまちコメディ映画祭in台東
(略称「したコメ」)


開催期間:
 2016年9月16日(金)
 ~19日(月・祝)

会場:
【上野地区】
「東京国立博物館 平成館」
「上野恩賜公園野外ステージ(不忍池水上音楽堂)」
【浅草地区】
「浅草公会堂」「雷5656会館 ときわホール」

そして!したコメ名物のロビー企画が決定しました!!

今年は・・・笠井アナ「男おばさん」公開収録&西村喜廣特殊メイクワークショップ!

映画情報どっとこむ ralph おかえり笠井アナ!「男おばさん!!」公開収録
男おばさんLCS放送で16年続く人気番組「男おばさん!!」大好きな映画の話題を中心に“おばさん”の様にしゃべりまくるフジテレビアナウンサー軽部真一アナ・笠井信輔アナの名コンビが今年もしたコメにやって来ます!昨年は、笠井信輔アナが声帯ポリープの手術の為まさかの参加を断念、ピンチヒッターとして三上真奈アナがしたコメに初参戦!今年は元気に笠井アナがしたコメの地に戻ってきます!


西村喜廣特殊メイクワークショップ” 今年は2日間開催!
昨年子どもたちを対象に行った本場の映画特殊メイクを体験できる特殊メイクワークショップを今年も開催します。登場するのは西村喜廣さん!超話題作『シン・ゴジラ』特殊造型プロデューサーも務めた特殊造型のプロ。2日間の内容は1日目妖怪編・2日目ゾンビ編で開催。

西村喜廣さんの技を直に体験できる貴重なワークショップです。

また、特殊メイクを施した参加者達が映画祭レッドカーペット上や浅草公会堂にも登場します。

※事前予約制 詳細はしたコメHPに掲載:こちらから

因みに、西村喜廣さんは虎影、戦闘少女 血の鉄仮面伝説、東京残酷警察などの監督もされています!

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第7回したまちコメディ映画祭in台東「オープニングセレモニー」


今年も始まりました!「第7回したまちコメディ映画祭in台東」

9月12日(金)~16日(火)の期間で開催されています。

13日。浅草公会堂前のオレンジ通りにて恒例人力車&レッドカーペットが行われました。(そちらの模様はこちら

その後、13:00から、その後公会堂内にて、オープニングセレモニーが行われました。

実施日時:9月13日(土)13:00
場所:浅草公会堂
登壇:吉住弘、和泉浩司、内海桂子、友吉鶴心、浅草ジンタ、ポカスカジャン、笠井信輔(フジテレビアナウンサー)、内山勇士監督、齊藤工監督、ニッチェ、関根勤監督、温水洋一、村松利史、酒井敏也、アマンダ、チャーリー・シストヴァリス

したコメオープニングセレモニー
オープニングアクト 
幇間(ほうかん) 伝統のお座敷芸!感動しました!かっぽれかっぽれ!お座敷で飲んでみたいって思わせてくれました。凄い芸です!

1かっぽれ
MCは、いとうせいこうさんと大場しょう太さんで進行です!
いとうせいこう&大場しょう太
吉住弘 台東区長:今日は天気が良くて、大勢の方にお越しいただき、感謝しております。16日まで、浅草並びに上野にも是非お越しください。

和泉浩司 台東区議会議長:ようこそお越しくださいました!映画って本当に良いものですから、ゆっくり見て行って頂きたいと思います。
2実行委員会会長&台頭議会議長
いとうせいこう:いろんな人たちに助けていただき、本日も沢山の方達にお越しいただき本当にありがたいと思っています。
いとうせいこう
台東区観光大使 友吉鶴心さん:毎年、いとうせいこうさんプロデュースで、楽しい映画祭にして頂いてありがとうございます。
4台東区観光大使友吉鶴心
浅草ジンタ:今年、10周年なんですけど、その10周年の内、7回出させて頂いてるんです。今年も盛り上げていきます!
4浅草ジンタ
ポカスカジャン:今回のリスペクトライブは西田敏行さん。今日、一足早く西田敏行さんがいらっしゃっているらしくて…!(会場ざわめき)あ、西田さんのモノマネをさせて頂きます(笑) うふふふ・・・(西田さん風)
6ポカスカジャン
笠井信輔さん:CSフジで「男おばさんL」という番組を軽部アナウンサーと14年間やっているんですが、今回初めてこの「したコメ」に呼んで頂けてとても嬉しいです! 軽部アナは公開録音には戻ってきます。無料のイベントです。ヨロシクお願いします。
7男おばさんL笠井信輔
内山勇士監督:「野良スコ」の監督をしてます内山です。僕自身、浅草はなじみの深い街なので、お呼び頂けて嬉しく思っています。
8野良スコ 内山勇士監督
齊藤工さん:(映画に出演して頂いた)ニッチェお二人とは阿佐ヶ谷で呑んでいまして、阿佐ヶ谷の血の通った温かい雰囲気と浅草の雰囲気は非常に近いなと思います。ちなみ、映画は、昨日完成しました(笑)。明日の上映なので皆さん、ぜひお越しください。
バランサー斎藤工 バランサー斎藤工&ニッちぇ
関根勤さん:開催おめでとうございます。ひょんなことから監督をすることになりまして、映画のジャンルはSFアクションコメディーです!この3名。温水洋一さん、村松利史さん、酒井敏也さんをどうしても主役にしたくて、プロデューサーにお願いして、スケジュール等おさえました。3人の活躍が華々しく、物悲しくて、笑えまる(笑)作品になりました。
騒音関根監督 騒音
チャップリン100周年!と言うことで特別コメディ栄誉賞を授与。受け取りにお孫さんが登場!
チャップリンの血が浅草に降り立ちます!

吉住弘 台東区長から表彰状を授与


チャーリー・シストヴァリス:特別コメディ栄誉賞を授与し本当にありがとうございます!私の祖父は今年で125歳になりますので、ここに来られないのが本当に残念です。ごめんなさい。私の祖父が愛したこの日本という国からこのような賞を頂けて、本当にうれしいです。私の祖父は、極貧の幼少時代を過ごしました。なので人から認められることは本当に大事なこと彼は言っていました。日本でこうやってまた認めて頂けて祖父はきっと喜んでいることだと思います。
チャプリン表彰
いとうせいこう:ラッキーセブンの第7回を迎えられて、とても嬉しいです。今年も最高の笑いをお届けいたしますので、帰りには一杯やっていっていただけると町の方も潤うので、どうぞよろしくお願いします。


「したコメ」は、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。

9月16日(火)、まで開催中です!

(c)2014 「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
********************************************************************

 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ