「竹富聖花」タグアーカイブ

SixTONES ジェシー・松村北斗・田中樹の初主演作バニラボーイ 予告編解禁


映画情報どっとこむ mari ジャニーズJr.内グループ「SixTONES(ストーンズ)」ジェシー、松村北斗、田中樹の映画初主演作『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』。

その予告編が完成し、公式HP:vanilla-boy.com及びクロックワークス公式YOUTUBEチャンネルにて、解禁です。

ジャニーズの新時代を担うジャニーズJr.内グループ「SixTONES(ストーンズ)」のジェシー×松村北斗×田中樹が、満を持して臨んだ映画初主演作。本作で映画デビューを飾るのは、「アンフェア」シリーズなどのテレビドラマを数多く手掛ける根本和政監督。「バカフライエフェクト」という世界平和を揺るがす驚異的な能力がありながら、自分自身は全くそのことに気づいていない、いかにも天然な高校生【太田和毅】を演じるジェシー。和毅の幼なじみで天才だが、少し自信家ぶりが鼻につくイケメン【林秀太】を松村北斗、同じく和毅の幼なじみで、頭が良くてズバ抜けた身体能力も兼ね備える【松永英男】を田中樹が演じ、ジャニーズJr.の3人が、魅力あふれるボーイズを熱演しています。
VanillaBoy 解禁となった待望の予告映像では、ジェシー扮するごく平凡な高校生・太田和毅の“秘密”が明らかに!なんと彼は世界を揺るがす特殊能力の持ち主だった!世界の均衡を保つため、太田の身の安全は常に監視されているが、本人は全く気付いていない様子。海のない栃木県でサーフィン部の仲間たちと部活動に明け暮れる姿が、なんとも楽しげで微笑ましい。しかし、竹富聖花演じる謎の美少女・三井清美の登場で、恋に落ちてしまった太田、そして事態は急展開にもつれ込んでいく!
なぜか舞台は沖縄に移動し、やっとサーフィンに打ち込めるかと思いきや、太田の能力を手に入れようともくろむ怪しげな敵の姿、人質として捕えられる清美、銃撃戦まで繰り広げられる大事件が勃発―――!?自身の能力を知ってしまった太田は、どのようにして強大な敵に立ち向かうのか?そして太田の恋の行方は??青春、恋愛、スポ根、コメディ、SFまであらゆるジャンルを全部載せした驚異の青春フルスロットルエンタテイメントがさく裂する映像に、ますます目が離せない!

映画情報どっとこむ mari 物語・・・
海のない栃木県でサーフィン部に入っている、平凡で若干イケてない高校生・太田。しかし、彼が何事もなく普通の毎日を過ごすこと=世界の平和が保たれるという、摩訶不思議な力を持った超重要人物だった。親友のスーパー頭脳と身体能力を持った林、松永をはじめ、彼の通う高校の教師らが日本政府から国家機密として受けていた使命は、秘密裏に彼を守ることだった。そんな太田が、心の均衡が保てない出来事、つまり恋に落ちてしまった!その壮大な力を巡り、NSA(米国家安全保障局)やテロリストまでもが絡む、大事件が繰り広げられていく!果して太田の初恋の行方は?そして世界の平和は、保たれることが出来るのか?

バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』。

9月3日(土)より全国にて公開です。

***********************************



ジェシー 松村北斗 田中 樹 竹富聖花 / 小西成弥 前田航基 美山加恋 山﨑萌香

要 潤 / ブラザートム 西村和彦 姜 暢雄 北川弘美 高橋ユウ / 船越英一郎

監督:根本和政
脚本:保木本真也 根本和政
配給:クロックワークス
製作:バニラボーイ製作委員会
2016年/日本/118分/カラー/16:9/5.1ch
(C)2016「バニラボーイ」製作委員会


SixTONES ジェシー、松村北斗、田中樹バニラボーイ特報映像解禁



映画情報どっとこむ mari ジャニーズJr.内グループ「SixTONES(ストーンズ)」ジェシー、松村北斗、田中樹の映画初主演作『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』が9月3日(土)より全国にて公開されることが決定!!

待望の特報映像が公式HPにて解禁となりました!
公式サイト:vanilla-boy.com

VanillaBoy_LOGO
本作を手掛けたのは、「アンフェア」シリーズなどのテレビドラマを数多く手掛ける根本和政監督。

「バタフライエフェクト」という世界平和を揺るがす驚異的な能力がありながら、自分自身は全くそのことに気づいていない、いかにも天然な高校生【太田和毅】を演じるジェシー。


和毅の幼なじみで天才だが、少し自信家ぶりが鼻につくイケメン【林秀太】を松村北斗。

同じく和毅の幼なじみで、頭が良くてズバ抜けた身体能力も兼ね備える【松永英男】を田中樹が演じ、ジャニーズJr.の3人が、魅力あふれるボーイズを熱演しています。

映画情報どっとこむ mari 物語・・・

海のない栃木県でサーフィン部に入っている、平凡で若干イケてない高校生・太田。しかし、彼が何事もなく普通の毎日を過ごすこと=世界の平和が保たれるという、摩訶不思議な力を持った超重要人物だった。親友のスーパー頭脳と身体能力を持った村松、田中をはじめ、彼の通う高校の教師らが日本政府から国家機密として受けていた使命は、秘密裏に彼を守ることだった。そんな太田が、心の均衡が保てない出来事、つまり恋に落ちてしまった!その壮大な力を巡り、NSA(米国家安全保障局)やテロリストまでもが絡む、大事件が繰り広げられていく!果して太田の初恋の行方は?そして世界の平和は、保たれることが出来るのか?

青春、恋愛、スポ根、コメディ、SFまであらゆるジャンルを全部載せした驚異の青春フルスロットルエンタテイメントがさく裂する本編を、早く劇場で観たいですよね。

バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ

9月3日(土)、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

***********************************

ジェシー  松村北斗  田中 樹  竹富聖花
/ 小西成弥 前田航基 美山加恋 山﨑萌香

要 潤 / ブラザートム 西村和彦 姜 暢雄 北川弘美 高橋ユウ / 船越英一郎

監督:根本和政 
脚本:保木本真也 根本和政  
配給:クロックワークス 
製作:バニラボーイ製作委員会 
2016年/日本/118分/カラー/16:9/5.1ch 
(C)2016「バニラボーイ」製作委員会


ジャニーズJr.のジェシー、松村北斗、田中樹 映画初主演作公開決定!コメント到着


映画情報どっとこむ ralph ジャニーズJr.内グループ「SixTONES(ストーンズ)」ジェシー、松村北斗、田中樹の映画初主演作となる『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』が9月3日(土)より全国公開されることが決定しました。

監督は「アンフェア」シリーズなどのテレビドラマを数多く手掛ける根本和政氏。本作が映画デビュー作です。
バニラボーイ
映画情報どっとこむ ralph 昨年初夏に栃木県、沖縄県を舞台に撮影された本作は・・・。

【1】 ジャニーズJr.のジェシー、松村北斗、田中樹 映画初主演!!
ジャニーズの新時代を担うジャニーズJr.内グループ「SixTONES(ストーンズ)」のジェシー×松村北斗×田中樹が、満を持して臨んだ映画初主演作。「バカフライエフェクト」という世界平和を揺るがす驚異的な能力がありながら、自分自身は全くそのことに気づいていない、いかにも天然な主人公・太田和毅役を演じるジェシー。和毅の幼なじみで天才だが、少し自信家ぶりが鼻につくイケメン・林秀太役に松村北斗、同じく和毅の幼なじみで、頭が良くてズバ抜けた身体能力も兼ね備えた松永英男役に田中樹と、ジャニーズJr.の3人が、魅力あふれるボーイズを熱演する。

【2】 丘サーフィン部!?世界の平和は主人公の恋の行方次第!?こんな映画みたことない!
海のない栃木の高校でサーフィン部に所属する、平凡で若干イケてない高校生・太田。彼が何事もなく普通の毎日を過ごすこと=世界の平和が保たれるという摩訶不思議な力の持ち主で、日本政府は秘密裏で彼を守衛・監視していた。そんな太田が、心の均衡が保てない出来事、つまり恋に落ちてしまった!その壮大な力を巡り、日本政府、合衆国、そしてテロリストまでも登場し、騒動が繰り広げられる!!全世界の平和は、太田の恋の行方に託された!!

【3】 感動のSF(青春フルスロットル)エンタテイメント!!
栃木が舞台なのに、そのスケールは世界規模!そして、青春、恋愛、友情、スポ根、コメディ、SF、いろんなジャンルを欲張りに全部のせ!青春グラフィティなのに、最初からSF映画というくくりの大風呂敷を広げたかと思いきや、小ネタやギャグをジャブのように連打し続け、予想外のトラップやオチまでも用意されており、最後は感動が待ち受ける。一瞬たりとも予断を許さない、ジェットコースター的なストーリーが繰り広げられる、感動のSF(青春フルスロットル)エンタテイメント!!

【4】 若手実力派俳優、豪華キャストが集結!
太田が恋に落ちる才色兼備のヒロイン三井清美役に竹富聖花が出演。その他、小西成弥、前田航基、美山加恋、山﨑萌香ら若手実力派俳優たちが“丘サーフィン部”に大集結!その他、モデル出身の北川弘美と高橋ユウが大人のフェロモンを振りまき、船越英一郎、要潤、西村和彦、姜暢雄、ブラザートムら豪華キャストが脇を固め、それぞれに濃すぎるキャラを炸裂させている。

映画情報どっとこむ ralph コメントが到着!

太田和毅役/ジェシーさん
初めての主演映画と言うことで、とてもプレッシャーを感じていたのですが、素晴らしいキャストの方々とお芝居をさせていただき、楽しんで撮影に臨むことができました。観て下さるお客様にも沢山笑ってもらえるようバニラボーイチームが一丸となってつくりあげた作品なので是非楽しみにしてください!


林秀太役/松村北斗さん
今回、久しぶりにお芝居をさせていただきかなり緊張して、なかなかうまくいかなかったことが多かったことを覚えています。そんな不安の中で完成した作品を見て驚きました。面白いです。これは老若男女全ての皆様に楽しんでいただける作品になったと思います。その場で思いついたギャグが満載で、とても、生き生きとした自分が見られると思いますので、みなさん是非見に来てください。


松永英男役/田中樹さん
メインのキャストとして一つの作品に出演させていただくことが僕自身久しぶりで、嬉しい反面不安や緊張でいっぱいでした。スタッフさんや他の共演者の方々とは自然と溶け込むことも出来て楽しく時間を過ごすことが出来ました。動きや口調などアドリブでやらせていただいたシーンがあるので、そこが最大の見せ場です!


根本和政監督
「普通ってなんだろう?」最初に思ったこと。
昨今の映画は原作ありきで作られることが多い。しかし『バニラボーイ』は完全オリジナルである。そこでどんな物語を作るか考える。青春群像劇を作ろう!今時の“普通”の高校生の日常を描いた作品は数多く存在する。でも“普通”って何?現役の学生は自分のこと“普通”って思ってるの?“普通”だと思っていた日常が“普通”じゃなかったら… そんなお話です。

映画情報どっとこむ ralph 『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』

は、9/3(土)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショーです。

公式サイト:vanilla-boy.com

物語・・・
海のない栃木県でサーフィン部に入っている、平凡で若干イケてない高校生・太田。しかし、彼が何事もなく普通の毎日を過ごすこと=世界の平和が保たれるという、摩訶不思議な力を持った超重要人物だった。親友のスーパー頭脳と身体能力を持った村松、田中をはじめ、彼の通う高校の教師らが日本政府から国家機密として受けていた使命は、秘密裏に彼を守ることだった。そんな太田が、心の均衡が保てない出来事、つまり恋に落ちてしまった!その壮大な力を巡り、NSA(米国家安全保障局)やテロリストまでもが絡む、大事件が繰り広げられていく!果して太田の初恋の行方は?そして世界の平和は、保たれることが出来るのか?

***********************************

ジェシー  松村北斗  田中 樹  竹富聖花

小西成弥 前田航基 美山加恋 山﨑萌香

要 潤 / ブラザートム 西村和彦 姜 暢雄 北川弘美 高橋ユウ / 船越英一郎

監督:根本和政 
脚本:保木本真也 根本和政  
配給:クロックワークス 
製作:バニラボーイ製作委員会 
2016年/日本/118分/カラー/16:9/5.1ch 
©2016「バニラボーイ」製作委員会
  


能年さんの答えは7秒後。『ホットロード』初日舞台挨拶



いよいよ本日、8月16日公開となりました
『ホットロード』。
能年玲奈・登坂広臣・木村佳乃・小澤征悦・鈴木亮平・太田莉菜・落合モトキ・竹富聖花・三木孝浩監督 登壇の初日舞台挨拶が行われました!!

日本史上最多216館で 全国同時中継!
なんと1万5千人が舞台挨拶をリアルタイムに見たことになります!

さらに舞台挨拶中には、全国の劇場で鑑賞したばかりのお客様からの感想ツイートを、キャストが立つ舞台背後スクリーンにリアルタイムで投影。全国から寄せられるまさにリアルでホットなツイート・質問に、登壇者が答えました!

『ホットロード』初日舞台挨拶
日時:8月16日(土)
登壇者:能年玲奈 、登坂広臣
場所:丸の内ピカデリー1

ホットロード舞台挨拶3
先ずはご挨拶
能年玲奈さん:皆様今日は見ていただいたということで、今日はしっかりとお話ししたいと思います。
能年玲奈2
登坂広臣さん:無事に初日が迎えられて今日は映画の話をできたらなと思います。
登坂広臣2
木村佳乃さん:みなさま今日はありがとうございます。ママ役をやらしていただきました。
木村佳乃1
小澤征悦さん:今回は鈴木役をやらせていただきました。
小澤1
鈴木亮平さん:カリスマカップルの一人。玉見トオルをやらせていただきました。
鈴木亮平
太田莉菜さん:カリスマの相方の宏子をやらせていただきました。今日は頭はヤンキーみたいでぴったりかなと思います。
太田莉菜
竹富聖花さん:絵里役をやらせていただきました
竹富聖花1
落合モトキさん:リチャード役をやらせていただきました。
落合モトキ
三木孝浩監督:今回監督させていただきました。今日は宜しくお願いします。
三木孝浩監督1
全国の劇場からのツイートがスクリーンに映され登壇者が回答します。
ツイッター
MC: 湘南からのツイートですね。監督。湘南の風景がたくさん出てきて地元民としてうれしかったです。湘南での撮影はいかがでしたか?
監督:江の島が象徴的ですが。今回冬の撮影で清んだ湘南の海がすごくきれいで。夜から朝方の撮影ではマジックタイムという日の出る前のブルーを狙って撮ったりして。とてもきれいでした。湘南の空気感が原作のイメージなので丁寧に撮りました。登坂君は素肌が出ている感じの特攻服でバイクで寒かったと思います。
登坂さん:すごい寒かったです。結構生地が薄いんで。。。過酷中の過酷。特攻服は来たの初めてでしたけどさらし巻いて着ると男と指摘が引き締まる感じでした。リアルに来ていた方たちの気持ちがわかりました。

MC:竹冨さん、能年さんとの共演エピソードを教えてください。
竹富さん:真冬の撮影だったので、クリスマスを挟んでいたので、メリークリスマスって書いたお菓子の袋をいただきました!すごいうれし方です。
能年さん:竹富さんも駄菓子をくれました。皆さんに何かイベントがあるとモチベーションが上がるかなと思って配りました。
登坂さん:こんなサンタさんいるんだなと思って。うれしかったです。

MC:登坂さんとの共演エピソードを!
落合さん:オミ、モトキって呼び合える仲なんで。
登坂さん:そうだっけ?
落合さん:すみません。嘘つきました。でも、この前の番組収録の時ちょいちょい呼んで他の気づきませんでした?
登坂さん:全然気づいたなかった!
落合さん:冬で寒かったので、登坂さんからベンチジャンパーをいただきました。

MC:神戸からですね。鈴木さんはチームリーダーでしたが昔やんちゃでしたか?
鈴木さん:全然そんなことなかったです。ですから必死に悪いことをやってきた人のカリスマ感を出しました。どちらかというと僕はすごくやかましい学生でした。ロングコートなどの衣装が良さを引き立ててくれたのだと思います。パッと見かっこいいんですけど、裏面もある人なんでミステリアスな感じで演じました。
鈴木&太田
MC:太田さんの独特のかっこよさはどうやって出したのですか?
太田さん:実は撮影3日ぐらいで、セリフも少ないですし。役作りは衣装の力が大きかったと思います。
鈴木さん:もともとスタイルがいいし、カリスマ性有りますよ。
太田さん:ありがとうございます。
監督:セリフが少ないだけに爽快感がある人じゃないと宏子にあわないので。太田さんがぴったりだと思ったんです。時代観を感じさせない凛とした感をだしていただいてかっこよくなったかなとおもいます。

木村&小澤1 MC:札幌、木村さん、小澤さん。撮影の間どんなことを話していましたか?
小澤さん:僕とよしのは学生時代から知りあいですが、共演するのは初めてなんです。で、ホットロードの設定に似た学生からの知り合いで恋人どおし。
木村さん:恋人ではないです。夫も子供もいますので!確かに小学生から一緒の学校でしたので、今回は多少のテレはありましたけどやりやすかったです。
小澤さん:センスがいいですからね。高いレベルで入りやすかったです。能年さんとも少しご一緒させていただいたのですが、彼女のしゃべるテンポ感が好きなんです。質問した答えが7秒後くらいに帰ってきて。かわいらしいなと思って。ぼくの言葉は彼女に届いてないというセリフが言いやすかったです。(場内爆笑)

能年さん: 良かったです。

MC:浜松、登坂さんの初演技ということで眠れなかったです。普段の登坂さんは春山みたいにストレートな告白をするんですか?
登坂さん:ストレートに言います。けど、あんな強めには言えないです。丁寧に。好きだったら好きって言います。

登坂&鈴木 鈴木さん:例えばどういう風に言うの?
登坂さん:好きだ。付き合ってください!(場内黄色い声!!!)ごめんなさいね。セリフ言えばよかったですね。「俺の女になってくれない?」っては恥ずかしくて言えない(笑)
登坂広臣 監督:50点だな~

MC:福岡から。能年さん、私はホットロード原作世代です。和希とっても良かったです。能年さんは和希と似ているところはあるのですか?
能年玲奈能年:そうですね。多分正反対なんだと思いました。でも和希の一生懸命さは共感できたのでそこから広げていただければいなと思いました。。。。。。頑張りました。和希は感情で一杯一杯で素直になれない女の子ですけど、私は中学生の頃お母さんに声に出してストレートにぶつけてたので、そこが大きく違います。仲はよかったですよ。楽観的なお母さんなので、当時は許せなかったですけど。

MC:最後に能年さんから皆様にご挨拶を
能年さん:青春がたくさん詰まった映画です。その青春に共鳴して何か響いていただけたら嬉しです。皆さんの中で特別な映画になったら幸せです。今日はありがとうございます。

『ホットロード』

8月16日(土)より、全国公開中です。

公式HP http://www.hotroad-movie.jp




********************************************************************


物語
亡き父親の写真が1枚もない家でママと暮らす14歳の少女・宮市和希は、自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めている。
ある日、学校に馴染めずにいた親友に誘われるまま、夜の湘南で出会ったのは、Nights(ナイツ)という不良チームの少年、春山洋志。
はじめは傷つけ合っていたふたりだが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく。
春山もまた和希の純粋さに惹かれるが、Nightsのリーダーとなったことで、敵対するチームとの抗争に巻き込まれてしまう――。

■出演:
能年玲奈 登坂広臣 木村佳乃 小澤征悦
鈴木亮平 太田莉菜 竹富聖花 落合モトキ 山田裕貴
鷲尾真知子 野間口徹 利重剛 松田美由紀

主題歌:尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」ソニー・ミュージックレコーズ 
原作: 紡木たく「ホットロード」集英社文庫<コミック版>
監督: 三木孝浩 『僕等がいた』『陽だまりの彼女』
配給:松竹株式会社
(C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C)紡木たく/集英社
 
 


能年、登坂・・・新宿大通りブルーカーペット「ホットロード」


集英社少女漫画史上最速で100万部突破、全4巻で700万部という驚異的な発行部数を誇った伝説的少女漫画「ホットロード」の実写映画がいよいよ完成し、完成披露試写イベントが行われました。

ホットロード_ブルーカーペットTOP
新宿の大通りにブルーカーペットが登場、主演の能年玲奈さん、登坂広臣さんほか豪華キャストがあらわれ、新宿大通りをホットロード色に染め上げました!

日時:7月13日(日) 14:45~

ブルーカーペットセレモニー:新宿大通りステージ(伊勢丹正面入り口前大通り)

登壇者:能年玲奈、登坂広臣、鈴木亮平、太田莉菜、竹富聖花、落合モトキ

先ずは警視庁による交通安全PRでピーポくん登場からから始まり、
主催者実行委員会長 竹之内の理事長のご挨拶。中山新宿区長のご挨拶。

そして、本作制作の松竹の吉田プロデューサーの挨拶と理事長、区長とトークセッションが行われ。。。。

警察・挨拶・トークセッション
そして、長編予告が流れる中。。
ホットロード_ブルーカーペット
キャストがブルーカーペットに登場。
ファンサービスとサウンドバイツ(TV取材)を行います。

竹富聖花、落合モトキ
落合モトキx竹富聖花

鈴木亮平x太田莉菜
鈴木亮平x太田莉菜

鈴木亮平x太田莉菜
鈴木亮平x太田莉菜

能年玲奈x登坂広臣
登坂広臣x能年玲奈


そして、ステージ上でキャストにより、映画を観た感想トークが行われました。

能年さん:私はまだ1度しか見ていないんですけど。自分の反省ばかりしてしまって。感想はもう一度見たいって想いです。
能年玲奈
登坂さん:ぼくも観させていただきました。最初は慣れないところもあったので冷や汗をかきながら、亮平君にずっと隣に座ってもらいながら観たんですけど。最初自分で見ると第三者目線で観れなかったのですが。何度か観ているうちに、自分がやらせてもらった映画の重みとか、深みだとか自分でもわかってきた作品だったので。今の10代20代の人もそうですし、ホットロードをリアルタイムで読んでいた方たちにも観ていただきたいなと思う作品です。
登坂広臣
鈴木さん:初号試写を見させていただいたんですが、僕らキャストにも主題歌は誰のどんな歌かは知らされていなかったんですよ。メイク室とかで音楽をかける時には、いつも尾崎豊を流していたんです。本当に尾崎豊だったらいいのに。。難しいいのかなと。。映画を最後まで観てエンドロールで、「OH MY LITTLE GIRL」が流れてきて。僕はそこで涙してしまいました。
鈴木亮平
大田さん:主人公2人のピュアな恋愛も含めて何ですけど、映画全体で描かれているのは、その2人を主軸にして、家族とのかかわりとか、友情の絆ですとか。その一つ一つが凄く綺麗に純粋に描かれているんですね。本当に透き通るようなみずみずしい。見ていて心がスーッとしました。ひろこ自体はあまり出番がおおくなかった、皆さんと競演する時間は無かったんですけど。映画を観て気づかされました。私ももう一度みたいなと思います。
太田莉菜
武富さん:完成したのをみて、本当に映像が素敵で。もう一度江ノ島にいってみたり思ったり。主役の二人の恋愛が純粋で。私ももう一度みたいなと思いました。
竹富聖花
落合さん:この作品、去年の12月ごろ江ノ島で撮っていて、夏のシーンが多くて半そでで江ノ島。凄く寒かったなと。それがスクリーンで映っていなかったのはよかったなと。三木監督の作品が好きだったので、作品に出れて嬉しかったです。
落合モトキ
このあと、新宿ピカデリーに移動して完成披露試写会&舞台挨拶が行われました。

『ホットロード』

8月16日(土)より、全国公開です。

『ホットロード』公式HP: http://www.hotroad-movie.jp



********************************************************************


<ストーリー>

ホットロード本ポスター亡き父親の写真が1枚もない家でママと暮らす14歳の少女・宮市和希は、自分が望まれて生まれてきた子どもではないことに心を痛めている。

ある日、学校に馴染めずにいた親友に誘われるまま、夜の湘南で出会ったのは、Nights(ナイツ)という不良チームの少年、春山洋志。

はじめは傷つけ合っていたふたりだが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく。

春山もまた和希の純粋さに惹かれるが、Nightsのリーダーとなったことで、敵対するチームとの抗争に巻き込まれてしまう――。

出演:
能年玲奈 登坂広臣 木村佳乃 小澤征悦
鈴木亮平 太田莉菜 竹富聖花 落合モトキ 山田裕貴
鷲尾真知子 野間口徹 利重剛 松田美由紀

主題歌:尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」ソニー・ミュージックレコーズ 

原作: 紡木たく「ホットロード」集英社文庫<コミック版>

監督: 三木孝浩 『僕等がいた』『陽だまりの彼女』

配給:松竹株式会社
(C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C)紡木たく/集英社