「竹原ピストル」タグアーカイブ

菅田将暉×小松菜奈 W主演映画『糸』榮倉奈々・斎藤工ら豪華キャスト13名解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2020年―長きにわたって愛されて続けてきた中島みゆきの珠玉の名曲「糸」に着想を得た映画、『糸』の公開日が2020年4月24日(金)に決定しました!

平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間を、中島みゆきの名曲「糸」に乗せ綴ります。
『糸』菅田将暉・小松菜奈
菅田将暉演じるのは、北海道で生まれ育ち、チーズ工房で働く青年・高橋漣。
そんな漣と運命的に出逢いつつも中学生の時に離れ離れとなってしまう少女・園田葵を小松菜奈が演じます。平成元年生まれた2人が出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を、雄大な北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールを舞台に描く、壮大な愛の物語です。

映画情報どっとこむ ralph そして、

この度、そんな本作にて、二人を取り巻く新キャストも解禁!13人の超豪華俳優陣が揃いました!!
映画『糸』榮倉奈々・斎藤工ら豪華キャスト13名

<新キャスト決定!!>
糸絡ませ…菅田×榮倉・小松×斎藤の四角関係に―
それぞれに主演作持つ主役級キャストが勢揃い!!
菅田将暉演じる高橋漣、小松菜奈演じる園田葵。
二人が強く想い合いながらもすれ違い、それぞれに歩んでいく人生で、出会う大切な相手役として、『アントキノイノチ』『64-ロクヨン- 前編/後編』と瀬々監督と3度目のタッグとなる榮倉奈々と、映画監督や白黒写真家等マルチな才能を発揮しつつ、数々の話題作に出演。『シン・ウルトラマン』の主演も話題となっている斎藤工が決定しました!!

■榮倉奈々(えいくら・なな)…桐野香(きりの・かおり)役
【コメント】
幅広い年代の人々に、長い間愛されている、中島みゆきさんの糸。
カテゴリは恋愛映画でありながら、人生の複雑さが描かれているこの作品で、糸の歌詞を改めて考えさせられると思います。
キャストの皆さんは、はじめまして、という挨拶からスタートする方々ばかりで緊張していますが、その緊張が解けるのが今から楽しみです。監督をはじめ、長年お世話になっているスタッフの皆様とは、再度お仕事ができる事で、めぐり逢いの幸せを感じさせていただいています。
北海道の四季を感じ、瀬々組のみなさんに助けてもらいながら、頑張ります。

■斎藤工(さいとう・たくみ)…水島大介(みずしま・だいすけ)役
【コメント】
“糸”と言う誰しもの中に想い描かれている名曲を、瀬々敬久監督が菅田将暉さん、小松菜奈さんと映画にするのならば、名作になる要素しかない。
また”平成”をぐるりと生きた人間として、この平成の足跡を辿る物語は、令和と言う時代の未来を照らす糸になると強く思いました。

その他、『友罪』から2度目の瀬々監督作品となる山本美月。瀬々組初参加となる倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ等、それぞれに主演作を持つ、主役級キャストの出演が決定しました!!

また、
珠玉の名曲「糸」が、出逢いの奇跡が織りなす壮大な愛の物語『糸』となり、大きな感動を紡ぎます。

映画情報どっとこむ ralph 監督は、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など、骨太な社会派ドラマから感動の恋愛物語まで、ジャンルを超えてその卓越した演出力を発揮、作品を成功に導いてきた人間ドラマの名手瀬々敬久監督。原案・企画プロデュースは、『黄泉がえり』、『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの感動作を手掛けてきた平野隆。

さらに、脚本は『永遠の0』林 民夫という強力布陣で、平成を駆け抜けた男女の愛と絆の奇跡を感動的に描きます。

『糸』

2020年4月24日(金)全国東宝系にてロードショー!!

ストーリー
13歳、初恋。二人は遠く引き離された。
21歳、再会。過ぎた時間は取り戻せなかった。
31歳、現在。もし、もういちどだけ、あなたとめぐり逢えたとしたら…。

人は奇跡のような確率で、誰かとめぐり逢っている。
これは、運命に引き離された二人が、再びめぐり逢うまでの壮大な愛の物語。

***********************************

クレジット 
菅田将暉 小松菜奈
山本美月 高杉真宙 馬場ふみか
倍賞美津子 永島敏行 竹原ピストル 二階堂ふみ
(友情出演)田中美佐子 山口紗弥加 成田凌
斎藤工 榮倉奈々

Inspired by 中島みゆき「糸」
原案・企画プロデュース:平野 隆   脚本:林 民夫   監督:瀬々敬久
製作:映画『糸』製作委員会  制作プロダクション:ファインエンターテイメント/ツインズジャパン  配給:東宝
(C)2020映画『糸』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西川美和 × 竹原ピストル『永い言い訳』ライブ&トークショー


映画情報どっとこむ ralph 妻が死んだ。
これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた。

第71回毎日映画コンクール監督賞(西川美和)・男優主演賞(本木雅弘)受賞!

西川美和監督が本木雅弘で『永い言い訳』。

昨年 10 月の劇場公開以降、国内外で高い評価を受けた本作のBlu-rayとDVD が本日4月21日(金)発売されました。

これを記念し、西川美和監督と、最新アルバム「PEACE OUT」を発売したばかり、大宮 陽一役の竹原ピストルが登壇、トークショー&スペシャルライブを行いました。

竹原ピストルライブ
西川美和×竹原ピストルトークショー
日時:4月21日(金)
場所:タワーレコード渋谷店
登壇:西川美和、竹原ピストル

映画情報どっとこむ ralph

ライブ後、西川美和監督は竹原さんのライブ T シャツ、竹原さんは「MOTOKI MASAHITO」T シャツを着て、登壇した2人。

MC より撮影で印象に残ったことを聞かれた竹原さんは、一番緊張したこととして、子役の最終選考に参加して、一緒にエチュードをやったことを挙げた。

竹原さん:できないとすごくごねたのに、参加させられたんですよね(笑)

に対し、

監督:か っちりとした演技をされる幸夫役の本木さんに対して、陽一役はミュージシャンの人の対応能力は豊かだと思いキャスティングしたが、蓋を開けてみたら、一挙手一投足指示されないと動けませんと言われ驚きました。

と言うものの、楽曲のイメージ、自由な振り幅をもっているだけでなく、職人的な積み重ね 緻密なものがある人だということを知って、同じものづくりをする人間と しては、近いものを感じたそう。

監督:おそらくご本人は意識していないだろうけど、子どもたちとの距離の近さを感じたし、この人なら任せられると安心していた

と語りました。

次に、公開されて25週間が過ぎた今だからこそ聞いてみたいこと、という質問には

竹原さん:監督に・・ 海外での反応はどうでした?

という質問が。 本作は、カナダ・トロント国際映画祭を皮切りに、韓国、ローマ、台湾などで上映されてきたが、

監督:正直 あまり日本のリアクションと変わらない。

と話、どこの国にも、自分は幸夫だという人はいたのだそう。 ただ、香港で

「女の人じゃなくて男を主人公にしたのは何故か?夫を亡くした妻の話じゃダメなのか」という質問があがり

監督:妻を失った夫のほうが、ダメージが大きいんじゃないか?よりドラマティックになるんじゃないかと思ったから!

と答えたところ、 香港は女性の社会進出率が高く、共働きで、喪失感の男女差がないと言われたことは強く印象に残ったそう。

映画情報どっとこむ ralph その後は、事前にツイッターで募集した質問に答えていった。

◇ 本木雅弘さんのアップが多いのは何故か?イケメン好きだから?

監督:確かに。顔立ちに関わらず、顔をいうものが好き。今までもアップで終わる映画が多い。 山下敦弘監督にも顔好きですね、と言われた。思っていることを正直に言えない人間=幸夫を、本木さんも 演じるのが大変だったと思う。複雑な心情を、ちゃんと撮りたいと思ったからじゃないかな。 でも、アップに耐えられる顔こそ、映画俳優の顔。そういった意味では、竹原ピストルさんもすごく良い表情するので、これからもスクリーンで観続けたい。

◇劇中で一番好きなシーンは?

竹原さん:ひときわ切ないのは、陽一が真平(息子)をトラックの助手席側にのせ走り出すシーンで、幸夫が手を振った後に 振りかえって歩いていくシーン。実際には、あのトラックは、ドライバーさんが運転していて、本木さんの横にいたんだけど撮影中に近くなれた気がしていた本木さんが、スクリーンに戻っていってしまったような気が現場でしていて、今見ても 切ない気持ちになる。

監督:クランクアップの日(10/28)に撮影した、ラストの場面で、ピストルさんが、幸夫にニコっと笑うシーン。 このシーンを撮れたから、この映画は大丈夫だと確信した。

本日発売されたブルーレイの特典に、自信があるという監督は、その見どころもたっぷりと語った。
まず、本編の編集でカットしなくても良かったんじゃないか?というシーンについて、そのシーンと、なぜカットしたのかというトークを挙げ、ぜひ観てもらって、それぞれでも考えて観て欲しい。長い時間をかけて丁寧につくってくれたメイキングについて は、映画づくりは、こんな些細なことを気にしながらつくっているものだ、ということをみて欲しい。さらに劇中で、陽一の娘、灯 が観ているアニメ「ちゃぷちゃぷローリー」を、自身の過去作をみて泣いたことがなかった自分が泣いた、素晴らしいアニメー ターさんがつくってくれたもの、と絶賛。一方の竹原さんは、メイキングで、撮影中の監督の表情にぐっときたので、そこも楽しんで欲しいとPRした。

他に、監督から竹原さんの最新アルバム「PEACE OUT」は、電車に乗っている間に聞くと、危うく泣いてしまう曲。家でじっくり 聞くべき、という感想や、ロンドンからの本木雅弘さんのメッセージが読み上げられたりと、常に笑いが絶えないトークイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph

『永い言い訳』は本日よりブルーレイ&DVD が絶賛発売開始! さらに、4/29~5/5、キネカ大森での上映も決定ますので是非!

原作・脚本・監督:西川美和
出演:本木雅弘 竹原ピストル 池松壮亮 黒木華
山田真歩 深津絵里

発売・販売元:バンダイビジュアル

(c)2016「永い言い訳」製作委員会

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

オダギリジョー「永い言い訳 自分が主人公を演じたかった」


映画情報どっとこむ TJ 西川美和xオダギリジョー 『ゆれる』以来、10年ぶりのトークショー実施!

%e3%82%aa%e3%83%80%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bcx%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作『永い言い訳』が現在全国で公開中です。

そして!!

西川美和監督が、自身の大ヒット作『ゆれる』(06年)に主演したオダギリジョーさんをお招きして、トークショーを実施。

『ゆれる』をきっかけに盟友として交流を深めてきたふたりの公の場でのツーショットは『ゆれる』以来10年ぶり。この10年間のそれぞれの活動や、役者論などを中心にここでしか聞けない濃いトークが繰り広げられました。

日時:12月3日(土)
場所:池袋シネマ・ロサ
登壇:西川美和監督、オダギリジョー 

映画情報どっとこむ TJ 池袋・シネマロサにて行われた今回のトークショー、『永い言い訳』西川美和監督と、以前西川監督の『ゆれる』(2006年)で主演・早川猛をつとめたオダギリジョーが登場。西川監督はオダギリさんを

西川監督:とても信頼している俳優です。

オダギリさん:嘘くさいですね(笑)。西川監督のこの『永い言い訳』は傑作です。

%e3%82%aa%e3%83%80%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc

とベタ褒め。

西川監督:嘘くさいですね、今の流れだと(笑)。

と監督も笑顔をみせた。『永い言い訳』を二回観たというオダギリさんは、今回の西川監督とのトークショーに登壇するにあたり、06年の公開以来初めて『ゆれる』を観たそうで、

「20代最後の作品で、十分に気合いを入れて臨んだはずなのに、今観ると自分がショボいですね。取り直したい(笑)。

とコメント。

西川監督:やり直すか・・

と息ピッタリの掛け合いを見せ、会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ TJ 『永い言い訳』での印象に残っている台詞を聞かれると、

オダギリさん:本木さんの『そうでしょう?』は、あれは台詞ですか?本木さんのリアルな口癖だから。本木さんには幸夫役がピッタリ、本木さんが幸夫じゃなかったら観ないですもん。

と、本木の役のハマりっぷりを証言。

オダギリさん:僕、本木さんから影響受けてるところが20%くらい…言い過ぎか、17%くらいあるんですよ。芝居もそうだけどファッションとか。

と、以前より本木さんの大ファンであること明かし。普段からオダギリの活躍に注目している監督は・・・

西川監督:最近の作品を観ていると、私と一緒にやっていた頃はとんがっていたんだなと思います。

オダギリさん:僕も『ゆれる』のメイキングを観ていて、自分生意気だなと思いました。

と若い頃の自分を振り返った。

%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3

西川監督:オダギリさんは良い緊張感を出してくる。目指しているものも近いものがあると思うし、同志として特別に思っています。

とオダギリへの信頼を見せると、

オダギリさん:こんな凄い作品撮ったら、次に撮りたいものがないでしょう。西川作品の完成形を見せつけられた気がします。観点が素晴らしく、同世代なのに西川監督は、研ぎ澄まされすぎています。拝みそうになっちゃった!

と絶賛。

映画情報どっとこむ TJ また、

永い言い訳オダギリさん:自分の演じた早川が歳をとったら、幸夫みたいな人間になるんだと思う。西川監督の作品が一本繋がっているように見えました。

と自身が主演した『ゆれる』と『永い言い訳』に通じる接点を語った。

息の合ったトークを繰り広げていたふたりだったが、トーク終了時間を司会者から伝えられると

オダギリさん:僕、今日時間があるからまだできますよ。

と西川監督との久しぶりの再会に、笑顔で終わりを惜しむ姿を見せた。

公式サイト:
nagai-iiwake.com 

公式twitter:
@nagai_iiwake

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊) 
製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、
テレビ大阪株式会社) 制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース  ©2016「永い言い訳」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本木雅弘&西川美和監督『永い言い訳』オーストラリア日本映画祭ペアルック登場


映画情報どっとこむ TJ 西川美和監督&本木雅弘『永い言い訳』が現在全国で公開中です。

この度、第20回オーストラリア日本映画祭(会期:10月14日~12月4日)より招待を受け、主演の本木雅弘と西川美和監督が渡豪!!
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9

オーストラリア日本映画祭は1997年から始まった国際交流基金が主催する日本映画普及のための映画祭。その規模や動員数は毎年拡大しており、いまやシドニー・メルボルン・キャンベラ・アデレード・パース・ブリスベンの六都市を巡回する世界最大規模の日本映画祭となっています。

本木さんは本映画祭には初参加。
2009年に『おくりびと』でアジア・パシフィック・スクリーン・アワード最優秀主演男優賞を受賞した際、ゴールドコーストで行われた受賞式に長男を伴って出席して以来の渡豪となりました。

西川美和監督は前作『夢売るふたり』に続く二度目の参加。今回、「オーストラリアでの受賞歴もある世界的な俳優と、海外映画祭でも高く評価されている稀有な女性監督を是非招待したい」と映画祭側に熱望され、両名揃っての訪豪が実現しました。
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2

映画情報どっとこむ TJ 10月27日(日)夜(現地時間)、本木と西川監督はシドニーのイベント・シネマズで行われたクロージング上映後のQ&Aに、

%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad竹原ピストルの名前を書いたTシャツ(本木)と、本木の名前を書いたTシャツ(西川)、そして黒のスーツにコアラのぬいぐるみをあしらうという完全ペアルックで仲良く登場。

約400人のファンに超満席となった客席は笑顔でふたりを迎えました。

ロンドン在住の本木さんは、

本木さん:This film “The Long Excuse” looks into the people’s helpless and fragile state of mind. It’s not quite a dramatic story, but I hope you’ve found some connections with their subtle emotional journey. (訳:この映画『永い言い訳』はどうしようもなさ、もろさを心に抱えた人々を描いています。およそ劇的とは言えない物語ですが、そんな人々のささやかな心の旅に皆さんが何かつながりを見出してくれたんじゃないかと思います)。

と、流暢な英語で挨拶しました。

映画情報どっとこむ TJ シドニーでのQ&Aの詳細は下記のとおりです。シドニー・オペラハウス前及び会場での舞台挨拶写真と、是非本情報をお取扱いのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

Q:この映画を作るきっかけ

西川監督:きっかけになったのは、2011年東日本大震災という大きな地震、津波、災害が起き、直接被害にあった方はもちろんのこと、当たり前にある日常がいかにあっけなく失われてしまうかということを実感し、この物語を着想しました。

Q:本木さんは、どんな役作りをされましたか。
本木さん:This film “The Long Excuse” looks into the people’s helpless and fragile stat
e of mind. It’s not quite a dramatic story, but I hope you’ve found some connections with their subtle emotional journey. (訳:この映画『永い言い訳』はどうしようもなさ、もろさを心に抱えた人々を描いています。およそ劇的とは言えない物語ですが、そんな人々のささやかな心の旅に皆さんが何かつながりを見出してくれたんじゃないかと思います)私自身、非常に自意識が高く、うまくいかない人生を抱えていて、共感する部分が多々ありました。それをそのままフィルムに焼き付けたという形です。この映画は、人間とは誰でも不完全なんだということを認めて愛してくれる映画だと思います。私自身は、物語が示してくれている最終的なゴール、答え、頂けたアイデアにたどり着けるように、という気持ちで演じました。
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad_%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98

Q:撮影一日目のことを考えてみて、主人公のキャラクターを完全にとらえた状態で臨んだのか、それとも撮影してゆくうちにキャラクターが降臨してきたのか。テイク1の演技をいまどう思いますか。

本木さん:もちろん役者としての自分と演じなくてはならないキャラクターの相互の自意識を行ったり来たりするのですが、役者としての自分の芝居にはいつも何か届かないところがあって、正直なことを言えば、撮影初日の方…というよりは、全部もう一度撮り直したいです(笑)。

Q:クリエイターたちの人生というものについて話を聞かせてください。あなた方表現者たちの人生は、半分が「呪い」であり、もう半分は「贈り物」だと思います。それぞれからご自分の人生についてお聞かせください。

本木さん:おそらく皆さんの人生も、考えてみればその半分半分だと思います。でも、やはり私たちはもともと背負う量というか浴びる量が強烈なので、陰影も強い。世間の仕打ちがキツイ時もあるし、神に守られているなと感じ、天にも昇るような幸福なことが起きるときもあります。私の場合、今日はみなさんの反応次第で幸福度が変わってきます(笑)。

西川監督:ものづくりに携わっている人間には、こうして多くの方々に拍手で迎えられる日もありますが、机に向かって一人で物語を考えたり書いたりしているときは本当に一人ぼっちで、血の通った人との関係性を考えられない時間も非常に長くあります。脚光を浴びる仕事である反面、非常に孤独で人間関係が希薄で、社会性の乏しい仕事でもあると思います。ですから、私自身もそうですし、こういう仕事をしている人間というのはどこか未成熟な部分があったり、社会経験が乏しく、人間関係も希薄であるところがあるという、他の人たちには想像もつかないようなクリエイター特有の性質を幸夫というキャラクターに反映させました。映画の中の幸夫も大宮家の人たちとのかかわりの中で新たな変化をしていったように、私も、最初は一人で机の上で書いていた物語を、最終的にこうしてたくさんの色々な人生を送っている方々、“他者”に観て頂くことで、ようやく自分の人生も変化してくるんだな、と思います。映画は作っているときはまだ映画ではなく、観て頂いて初めて映画になってゆくんだなという実感を、こういう場所にきて改めて感じることができています。こういうところで皆さんの反応を頂くことで、改めてまた孤独な机に向かうことができるのかな、と思います。

映画情報どっとこむ TJ Q:子どもたちの演技が素晴らしかったですが、どのように選んだのですか?

%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad_%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3
西川監督:今回のふたりはほとんど演技経験がありませんでした。子供らしさを重視し、泣いてくれと言ったら泣いてくれるという技術ではなくて、彼ら自身がもっている性格や環境がいかに役に近いかで選びました。本木さんは子どもたちとしっかり距離をとりつつ、彼らにとっていなくてはならない「お助けマン」として、現場でオセロをやってくれたり、凧揚げをしてくれたりしてうまく演出をつけてくださいました。

本木さん:ひとつ言っておきたいのは父親役のシンガーソングライター竹原ピストルさんについてです。今彼の(名前が入った)Tシャツを着ているんですが(と言ってTシャツを見せる)、彼もどんなお芝居をしてくるかわらからない、それがスリリングで私もリアルなお芝居ができました。チャンスがあればぜひ彼の唄を聞いてみてください。なぜ監督が竹原さんをキャスティングしたのかわかると思います。

Q:本木さんへ。『おくりびと』がオスカーを獲ったこと、義理の母が樹木希林さんであること、人生の大きな二大イベントだと思いますが、それが本木さんにとってどんな影響を与えているか教えてください。

本木さん:『おくりびと』は個人でいただいた賞ではないですし自分が何かをいただいたという感覚はないんですけれども、時代と作品の出会いというものが重要だということを勉強させていただきました。役者としての自分にはハリウッドからお声がかかることもなく、特別な変化はありませんでした(笑)。樹木さんは西川監督と同様に人間への観察眼が非常に鋭くて辛辣ですが、慈愛に満ちている人で、私の心を柔らかく導いてくれる存在です。

Q:本木さんは監督からどのような演出を受けたのですか?

本木さん: 自分の気持ちを吐き出す鍋パーティーのシーンがありまして、普段の私はもっと簡単な表現で心を吐き出すんです が、自分のうまくいかない自分に自分がいちばん傷つけられるという、怒りを吐き出すだけでなく自分が消え入りそうになるという瞬間があるという感情の波を表現するように指導された気がします。それが役者としていい糧になりました。

西川監督: 本木さんは自分に近いキャラクターだったので、自分だったらどうするかということを試されていて、また、小説をもとにこの幸夫だったらどうするかということも振り幅をもって私に見せてくださいました。ただ私は小説の生き写しのような幸夫を求めていたわけではないので、ふたりでじゃあどうやったらこの映画にふさわしい幸夫の感情表現になるのか、と、本当にたくさんのテイクを重ねました。私が今まで撮ってきた映画の中で最も主演俳優のテイクを重ねた作品になりました。

%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%ef%bc%bf%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%b8%ad

映画情報どっとこむ TJ 両名は、翌10月28日(月)夜(現地時間)にメルボルン・オーストラリア国立映像博物館での上映後Q&Aにも登壇しました。二都市を巡る短い滞在ながら、

西川監督:観てくださった方の反応はどの国も共通している。何か通じてくれているものがあるのだと思います。

本木さん:ここでも観た人が身につまされつつもどこか前向きになってくれていると感じる。かすかな幸福感が満足感につながっているようでうれしいです。

と作品へのさらなる手ごたえを語り、世界を舞台にこの作品が広く愛されていくことに期待を寄せました。

永い言い訳』絶賛上映中

公式サイト:
nagai-iiwake.com/

永い言い訳公式twitter:
@nagai_iiwake
STORY:

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが・・・

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊)
製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

制作プロダクション:株式会社AOI Pro.
配給:アスミック・エース
©2016「永い言い訳」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

竹原ピストルドキュメント番組放送決定!池松壮亮がナレーション


映画情報どっとこむ ralph 西川美和監督が本木雅弘で、自らの小説を映画化した『永い言い訳』大ヒット公開中です。

主人公の幸夫役に『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』での演技が高い評価を得て、昨年度日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等を受賞した本木雅弘。その他ミュージシャンの竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固め、ひとときも見逃したくない緊張感と豊かさにあふれた映画空間を創り上げています。
%e7%ab%b9%e5%8e%9f%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ab

そして!耳に残る話題の住生のCMソング、独特な言い回しの歌詞と耳に残る野太い歌声が、人々の心を掴んで離さない“ネクストブレイカー”。

それが孤高の歌うたい・竹原ピストル(39)。

実は松本人志など芸能界にも多くのファンを持つ逸材。

そして、その才能に強烈に惚れ込むもう一人の人物が今回の番組のプレゼンター、俳優・本木雅弘(50)。

竹原を知ったきっかけは10月14日公開の映画 西川美和監督最新作『永い言い訳』での共演。撮影現場で竹原の魅力に取り憑かれた本木は、待ち時間にいつも竹原の歌を聞き、歌詞を完璧に覚えて口ずさむほどだったと言う。
next_breaker4

映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する実力派俳優・本木雅弘を心酔させる、竹原ピストルとは一体どんな人物なのか?

しかし、その活動のベースは、大きなステージとは呼び難い全国各地のライブハウスを一人転々とし、年間200本にも及ぶと言われる“ドサ回り”ツアーにあった。

300日間にも渡る“ドサ回り”に密着したドキュメンタリー。

ネクストブレイカー 竹原ピストル

NHK BS プレミアムにて10/30(日)22:00〜22:59放送

next_breaker2
本木自らがインタビュアーとなって、人間味溢れる彼の魅力に迫った、濃密な対談。さらに“ネクストブレイカー”と呼ばれる所以でもある、渾身のライブの模様を竹原のツアーファイナルからお届け。

埋もれてきた逸材がメジャーシーンへと駆け上がる等身大の姿は必見。

ナレーションは、同じく『永い言い訳』で共演した池松壮亮が務めています。

映画情報どっとこむ ralph 永い言い訳s3

『永い言い訳』大ヒット公開中!

公式サイト:nagai-iiwake.com/
公式twitter: @nagai_iiwake

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊)

製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)
制作プロダクション:株式会社AOI Pro.
配給:アスミック・エース
©2016「永い言い訳」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香港アジアン映画祭に西川監督『永い言い訳』


映画情報どっとこむ ralph 『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作『永い言い訳』が大ヒット公開中です。

この度、ブロードウェイシネマが主催する「香港アジアン映画祭(Hong Kong Asian Film Festival 2016)」(10月13日~10月31日)に西川美和監督が『永い言い訳』を引っ提げ参加しました。
%e3%80%8e%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3%e3%80%8f%e9%a6%99%e6%b8%af_%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3
厳選されたアジアの映画作品を映画ファンに届けるイベント。

本年のDirector in Focus部門では、西川美和監督の長編監督作品全5作(『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『永い言い訳』)を上映。過去には、2007年にイ・チャンドン監督、2009年に園子温監督なども特集上映を組まれた実績はありますが、本年度の監督特集としては西川監督が唯一。

映画情報どっとこむ ralph 現地時間10月24日(火)の夜、ブロードウェイ・シネマテークで行われた『永い言い訳』の上映後Q&Aに西川美和監督。
%e3%80%8e%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3%e3%80%8f%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad

香港で公開された西川映画は『夢売るふたり』のみにも関わらず、現代日本を代表する映画監督として西川監督の知名度・注目度は抜群。

さらに日本のテレビドラマもよく見られていることもあってか、本木雅弘・深津絵里のファンも多く、130席の客席は20代~60代の男女と幅広い客層で満席。冒頭に西川監督は「大家好(ダイカハオ)」と広東語で挨拶し、温かい拍手を受けました。

映画情報どっとこむ ralph Q:小説と映画の違いは? なぜ小説を先に書いたのか?
A:両者のどこが違うのかを探るために、先に小説を書いてみました。映画は映っている俳優の動きを通してしか伝わらないのが、小説はほんの数行でも登場人物の考えていることを伝えられるという点で、制約なく思う存分心情を書けるというメリットがありました。

%e3%80%8e%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3%e3%80%8f%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad1Q:本作のストーリーを書くことになったきっかけは?
A:2011年東日本大震災で、ごく当たり前の日常が一瞬にして消え去ってしまう経験をしました。
震災をテーマに物語を書くこともできなかったし、人のためになるようなことができない自分に無力さを感じていた。そんなとき、テレビで家族を失った悲しみを語る人々の姿を観て、こんな風に泣けずにいる「突然の苦い別れ」を迎えた人もいたんじゃないだろうか、という想像をしてこの物語を書き始めた。

Q:主人公の幸夫くんと本木雅弘さんは本当に似ているのですか?(※是枝監督から本木さん本人が幸夫に似ているからとキャスティングを薦められたという情報を知っている観客から)
Aそのまま、まったく同じです(笑)。本木さんの人間らしいパーソナリティに現場が引っ張られて進んでいたように思います。

Q:物語の中の子どもとの関わりによって変化してゆく様子というのは、監督の実感?
A:中年になって子どもがいない不安感を実感しています。その不安感を描いてみようというのも今回の大きな目的の一つでした。

Q:監督は今回本映画祭で全作品上映されていますが、どの映画が一番好きですか?
A:監督というのは、常に最新作が一番最良の出来であるはずだと信じたい生き物。あんまり過去の作品ばかり褒められると、過去に大切な何かを置き忘れてしまったのだろうかとか、才能が枯渇してしまったのではないかと感じてしまうものなのです。なので皆さん、嘘でも「『永い言い訳』が一番良かった!」とほめてください!

最後はサインと写真攻めに合いました。
%e3%80%8e%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3%e3%80%8f%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%82%a2_%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3

映画情報どっとこむ ralph 永い言い訳』が大ヒット公開中です。

永い言い訳人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが・・・

主人公の幸夫役に『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』での演技が高い評価を得て、昨年度日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等を受賞した本木雅弘。その他ミュージシャンの竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固め、ひとときも見逃したくない緊張感と豊かさにあふれた映画空間を創り上げます。

公式サイト:
nagai-iiwake.com/ 

公式twitter:
@nagai_iiwake

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和 原作:『永い言い訳』(文春文庫刊) 
製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社) 
制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 
配給:アスミック・エース  
©2016「永い言い訳」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本木雅弘x西川美和監督登壇ローマ国際映画祭『永い言い訳』


映画情報どっとこむ TJ %e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad_%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98%e3%81%a8%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a301『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督、最新作『永い言い訳』が全国大ヒット公開中です。

本木雅弘を主演に、竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固め、ひとときも見逃したくない緊張感と豊かさにあふれた映画空間を創り上げています。

初日舞台あいさつで監督がおっしゃっていた第11回ローマ国際映画祭のオフィシャルセレクション。現地時間の10月19日夜、レッドカーペットと公式上映に主演の本木雅弘と西川美和監督が登場しました。

映画情報どっとこむ TJ Roman Holidayなローマ市内観光で羽をちょっぴり伸ばす本木さんと西川監督。
%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98%e3%81%a8%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3-in-%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e
%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98%e3%81%a8%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3-in-%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e02

映画情報どっとこむ TJ レッドカーペットではヨーロッパプレミアでもある上映の期待を問われた西川監督は

西川監督:文化も違いますし、どのように主人公の人物像を捉えられるのかということが、半分怖いような気持ちです。

と緊張の面持ちで語りました。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad_%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98%e3%81%a8%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a3002

映画情報どっとこむ TJ 上映は400席の会場が満席!!!
終映後は場内から割れんばかりの拍手が鳴りやまず。

上映後

本木さん:イタリア語で挨拶をしようと思っていましたが、映画に夢中になってしまい、すっかり忘れてしまいました。

と茶目っ気たっぷりに挨拶。

本木さん:こんなに自分の国とは離れた場所で上映されて、皆さんが物語に集中してくださっている、映画がつないでくれるものというのは、素晴らしいものだなと改めて実感しました。上映の機会をくれた映画祭の皆さん、遅い時間にも関わらず、映画をご覧になってくださった皆さんに本当に心から感謝いたします。いい記念になりました。

と感無量の様子で謝辞を述べた。また、西川監督との仕事について聞かれた本木は、

本木さん:だいたいの方が、見られたくない感情を暴き出す作風の監督だと思っていると思いますが、今回そんな西川さんが絆が壊れていく話ではなく、そこから他者とつながっていき、人間が変わっていくきっかけが生まれるという優しさが加わったところが新鮮に思えたので、ご一緒してとてもよかったと思っています。

と監督への思いを熱く語ると、初タッグで長期間の撮影をともにした主演俳優の温かい言葉に、西川監督が思わず涙を浮かべる場面もありました。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad_%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98%e3%81%a8%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%be%8e%e5%92%8c%e7%9b%a3%e7%9d%a302

映画情報どっとこむ TJ 『永い言い訳』は日本映画では唯一の招待作品であり、22日に発表される観客賞に大きな期待です!

10月14日(金) 全国ロードショー!

公式サイト:
nagai-iiwake.com/ 
公式twitter:
@nagai_iiwake

***********************************

永い言い訳出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督: 西川美和

製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊) 
挿入歌:手嶌葵「オンブラ・マイ・フ」
制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 
配給:アスミック・エース 
(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

池松壮亮に本木雅弘&西川監督メロメロ『永い言い訳』舞台挨拶で


映画情報どっとこむ TJ この度、『永い言い訳』の公開記念として公開二日目の10月15日(土)に主演の本木雅弘さん、竹原ピストルさん、藤田健心さん、白鳥玉季さん、池松壮亮さん、そして、西川美和監督が登壇して舞台挨拶が行われました。エピソードトークのほか、撮影現場で見た!聞いた!本木雅弘の素顔!を本木さんに内緒で企画!本木さんの反応は・・・。

そして、最後に全長170cmの“永い言いわケーキ”前にてフォトセッションが行われました。
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b61

日時:10月15日(土)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、池松壮亮、西川美和監督

映画情報どっとこむ TJ 上映後の余韻も抜けぬままイベントに突入!盛大な拍手の中、キャスト陣と監督が登壇しました。
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98

7年ぶりの主演で各地をプロモーションをされてきた本木さんは・・

本木さん:あちこち行けましてたね。今回、皆さんの立場によって感想が違うのが印象的でした。今回(プロモーション)頑張ったんです!ですので名残惜しいような。既にマラソンなら38km地点まで来た感じです。後は皆さんに託します。

と、後の4.195kmは観客の皆さんが引き継ぐ格好に。
続いて、MCが普段はミュージシャンの竹原さんに撮影の感想を問うと
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e7%ab%b9%e5%8e%9f%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ab

竹原さん:健心が覚えているかわかりませんが。撮影終わりに名残惜しくって。終わっても。仲良しでいてと言ったら、「そりゃ、そうだよ」って。嬉しかったです。かけがえのない1年間でした。

と、コワモテながら、とっても優しいコメント。

本木さん:竹原さんの存在感は素晴らしかったです!音楽だけでなく、この先も映画界に帰ってきて欲しいです。

と、本木さんも名残おしそう。

西川組へ念願の参加がかなった池松さんは・・
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%b1%a0%e6%9d%be%e5%a3%ae%e4%ba%ae

池松さん:監督の作品を観ていて、恐ろしく優しい人なんだろうと思っていたら・・そうでした。西川さん、本木さん、竹原さん・・・三人の天才との現場。幸せでした。

と、落ち着いた喋りに、軽快すぎる本木さんは・・

本木さん:声素敵だね。うっとりしちゃいました。

監督:見入っちゃうよね。

と、池松さんにべたぼれの本木さんと西川監督。

映画情報どっとこむ TJ ここでサプライズ!各自パネルに事前に書いておいた「本木さんってどんな人?」を披露!

白鳥ちゃん:お菓子箱のような人!お菓子食べた時って幸せになりませんか?そういう幸せにしてくれる人だからです。幸せになったよ!
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e7%99%bd%e9%b3%a5%e7%8e%89%e5%ad%a3

とのコメントに、本木さんは可愛くって食べちゃいたいというと、白鳥ちゃんに「食べちゃダメ」と、めちゃ可愛くたしなめられました。続いて
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e8%97%a4%e7%94%b0%e5%81%a5%e5%bf%83

藤田くん:とにかく若い!元気だった。お兄さんみたい!

本木さん:ずっとしゃべってる、おばさんみたいじゃなかった?

と自虐コメント。続いて池松さんは・・・

池松さん:本木さんは、職人のような人。何かを極める人は、個に向かってるのかなと。人として敵わないです。

と、人間性にほれ込んでいる様子に、恐縮しながらも、逆に

本木さん:池松さんこそ。職人です。リハで、服がめくれて僕のおなかが出ているのを気にしていたら、本番では見えないようにしてくれたんです。

池松さん:監督は撮りたそうでしたけど、本木さんがね。隠しました!

監督:職人ですね。俳優のタイプが違う本木さんと池松さんの組み合わせが。生身をちゃんと撮れば映画になるなと感じました。

そして、また次回も!!!と西川監督は池松さんにラブコール。

そして、このやり取りにぴったりの竹原さんのパネル・・・

竹原さん:そこんとこ、ハッキリしてほしい人。本木さんは、自分といるときは可愛がってくれたんですけど。スタッフに聞くと池松さんともイチャイチャしてるみたいなんです。

と、嫉妬を吐露し・・

本木さんは、すかさず、本妻(竹原さん)と愛人(池松さん)と答え、映画のシチュエーションが現場でも。
%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%9b%a3%e7%9d%a3
ラストは監督。

監督:本木さんは、アイドル。正真正銘のアイドルです。本当に人間らしくって愛してしまわざるを得ない人です。生まれながらにして愛される。アイドルです。

本木さん:私にとって、監督がアイドルです。

と、コーナーを締め・・・

映画情報どっとこむ TJ %e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6last

最後に

本木さん:今回の作品で、思っていた役者の水準にいたらなかったと思っています。至らなさを子供たちや竹原さんたちに支えていただきました。組み合わせの妙であり。出会いだったと思います。次回までに役者修行しておきます!

監督:温かい雰囲気で ありがとうございます。ローマ映画祭から正式招待がありました。明日から私と本木さんと行って、ヨーロッパプレミア見届けてまいります!

とイベントは終了しました。

%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6

ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描く。
観る者の感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

『永い言い訳』
10月14日(金) 全国公開中!

公式サイト:
nagai-iiwake.com

公式twitter:
@nagai_iiwake

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊) 
製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、
テレビ大阪株式会社) 
制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 
配給:アスミック・エース  
©2016「永い言い訳」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

竹原ピストルの暴露に西川監督苦笑『永い言い訳』公開初日


映画情報どっとこむ mari 『永い言い訳』公開初日 西川美和監督×竹原ピストルトークイベント

俳優の本木雅弘が映画『おくりびと』以来約7年ぶりに映画主演を務める、『永い言い訳』が公開となりました。その特別試写会トークイベントが10月14日(金)映画の公開初日に渋谷のHMV & BOOKS TOKYOで行われ、西川美和監督と大宮陽一役の竹原ピストルさんが登場しました!
%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%9b%a3%e7%9d%a3x%e7%ab%b9%e5%8e%9f%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ab

日付:10月14日
場所:渋谷のHMV & BOOKS TOKYO
登壇:西川美和監督、竹原ピストル

映画情報どっとこむ mari この日は、映画公開初日ということで、すでに映画を観ていた竹原ピストルも本日改めて劇場で鑑賞したそうで

竹原さん:前に観た時とは違い、だいぶフラットに観ることができました。素敵な映画に出させていただいたと思います。

と改めて映画の感想を語りました。

劇中では、トラックの運転手である陽一を演じた竹原さん。トラックを運転しているシーンは数分しかないものの、そのために、西川監督に大型免許をとらされたことを先日終了した全国ツアー各所でトークネタとして愚痴っていたことを明かすと、それを聞いた西川監督は

西川監督:ギアチェンジしてなかったからね。私には言わない愚痴を全国でね。

と笑ってみせた。竹原ピストルキャスティングの経緯を聞かれた監督は、

西川さん:実際に会った時に、竹原さんが『映画に出させていただく暁には、一挙手一投足、全力でやらせていただきます!』と大声で言ったんです。

と当時のエピソードを披露。その意気揚々とした様子を観てキャスティングしない理由がないと、その場にいたスタッフの満票一致で、竹原が陽一役に決まったそう。
主演で幸夫役の、本木雅弘の第一印象を聞かれると、

竹原さん:初めて会った日、すごく遠い人だと思っていた本木さんが、自分の歌を聴いてくれていて、一節歌ってくれて、なんて柔らかい人だろうと思いました。

とその印象を話す。撮影前のお祓いに、ビシッとスーツで決めてくる本木さんと違い、裸足で登場したという竹原さん。監督は、竹原さんのことをまさに大宮陽一と話すが、竹原さん自身は、陽一のように感情で生きることのできる人に憧れる、と胸の内を明かしました。

映画情報どっとこむ mari 今回、映画を撮る前に本作小説を執筆した西川監督。小説と映画の違いを聞かれると、

西川監督:今回は、一回全部書きたいことを書いてみようと、お金や時間に制限されることなく自由にやりたくて小説を書きました。その中では、誰にも頼れないという難しさもありました。映画の方は、いかに映像でしか表現できない方法があるかということを探るのが映画製作のプロセスだと思うんです。なるべく小説ではできなかったシーンを撮るとか、言葉にないシーンを撮るとか、後半は小説と映画で結構違うんです。

とそれぞれの制作への想いをコメント。熊切和嘉監督作品にも出演経験のある竹原は、監督の「カット」のかけ声で、そのシーンが良かったかどうかがわかったと西川監督の癖を披露する一幕も。

竹原さん:西川監督は『アイッ!』って言うんですよ!いいのが撮れた時。『アイッ!』じゃなかったときに、どうしたらいいんいいんだぁ!って思うんです。

と竹原さんが暴露すると、

西川さん:ばれてるんですね、OKの言い方で(笑)

と西川監督が苦笑。

映画情報どっとこむ mari 最後に、観客へメッセージを求められ・・・

永い言い訳竹原さん:とにかく、ご自分で観てみてください!

と思いをぶつけた竹原さん。一方・・・

西川監督さん:竹原ピストルに迫るドキュメント番組が放送されます。竹原ピストルツアーファイナルドキュメンタリーと本木雅弘の愛の物語です。本当にこの二人は、私が予想していた以上に愛を育んでいます。

と、本作での共演がきっかけで仲良くなった、本木と竹原の様子を明かし、会場を沸かせました。

ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描く。
観る者の感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

永い言い訳
10月14日(金) 全国公開中!

公式サイト:
nagai-iiwake.com

公式twitter:
@nagai_iiwake

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊) 
製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、
テレビ大阪株式会社) 
制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 
配給:アスミック・エース  
©2016「永い言い訳」製作委員会
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

本木雅弘撮り下ろしドキュメントDVD付『永い言い訳』パンフレット発売決定!


映画情報どっとこむ ralph その顔は、衣笠幸夫(役柄)?本木雅弘(本人)?
前代未聞!映画完成後に、役柄になりきりインタビュー撮り下ろしドキュメントDVD付
内容の盛りだくさんの豪華パンフレット発売!
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3p

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作『永い言い訳』(アスミック・エース配給)が10月14日(金)より公開になります。

『永い言い訳』パンフレット
『永い言い訳』パンフレット
劇場にて販売するパンフレットには、映画完成後に主人公・衣笠幸夫に本木雅弘がなりきって、インタビューを受ける前代未聞の撮り下ろしドキュメンタリーDVDが付録する。衣笠幸夫は、西川美和監督が生み出したキャラクターであるにも関わらず、主人公・衣笠幸夫の心情を演じた本木雅弘自身の言葉で語る、虚構のドキュメンタリーとなっている。撮影時には西川美和監督も同席して、衣笠幸夫にインタビューするうち、いつしか本木雅弘の顔が見え隠れして撮影時聞けなかった本音をあぶりだしていく一幕も。

そんな本特典DVDのダイジェスト映像が完成致しました!

パンフレット内容:
○撮り下ろしドキュメントDVD「幸夫について本木が知っている二、三の事柄」
○キャストインタビュー 対談本木雅弘×竹原ピストル
○キャストコメント 藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子、池松壮亮、黒木華、山田真歩、深津絵里
○寄稿エッセイ 内田也哉子、長嶋有
○プロダクションノート 広瀬奈々子(監督助手)
○劇中アニメ「ちゃぷちゃぷローリー」脚本 著:西川美和
(価格:1,000円)

映画情報どっとこむ ralph 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが・・・

観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー

永い言い訳

公式サイト:
nagai-iiwake.com

公式twitter:
@nagai_iiwake

過去記事:本木雅弘x樹木希林が人生相談!『永い言い訳』
eigajoho.com/?p=52264
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3_%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e7%9b%a3%e7%9d%a3_%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e9%9b%85%e5%bc%98_%e6%a8%b9%e6%9c%a8%e5%b8%8c%e6%9e%97

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督: 西川美和

製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)
挿入歌:手嶌葵「オンブラ・マイ・フ」
制作プロダクション:株式会社AOI Pro.
配給:アスミック・エース
(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ