「竹中直人」タグアーカイブ

『モデル 雅子 を追う旅』公開初日に竹中直人の登壇決定、コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2015年1月29日、50歳の若さで逝去したモデル 雅子。
4年の歳月が経った今年、モデルとして、女性としての彼女の人生を辿った映画『モデル 雅子 を追う旅』が7/26(金)よりUPLINK吉祥寺にて公開となります。
モデル 雅子 を追う旅 19歳でモデルとしてデビューして以降、誰よりも強いプロ意識を持ち、雑誌「an・an」や「装苑」など時代の最先端で活躍した雅子。役者としてもその才能を開花し、CMや映画『リング』(98年)で貞子の母 志津子を演じるなど大きな話題となりました。その素顔は、映画とフランスとチョコレートが大好きで、等身大の美しさを大切にする一人の女性でした。
モデル-雅子-を追う旅
映画情報どっとこむ ralph 本作では俳優の竹中直人、高嶋政宏ら生前の雅子を知る人々に夫である大岡氏が自らインタビューを敢行。美しさに隠された、愛すべき素顔が明かされます。与えられた環境の中で地に根を張りながら華麗に咲き誇り、花のように生きたひと。彼女の香りは残された人々の心の中に遺っています。
当初、UPLINK吉祥寺では1週間限定上映を予定していましたが、公開前に全日程が完売となり、急遽8/2以降の続映が決定いたしました。また、7/26(金)には本作出演者であり、雅子が出演した映画『サヨナラCOLOR』(05年)の監督でもある竹中直人さんの登壇も決定。本作公開にあたり、コメントが届きました。

映画情報どっとこむ ralph <竹中直人さんコメント>
雅子さんとは渋谷にシネマライズがあった頃、ヴィンセント・ギャロ監督作品《ブラウンバニー》(2003)の試写会で偶然お会いしました。夜の渋谷、シネマライズには試写会に並ぶ人の行列が出来ていました。近づいて行くとそこに佇む雅子さんとしっかり目が合ったのです。お互い初対面だったのですがほんの数秒しばらく目が合ったままでした。今もあの時の雅子さんの眼差しをふと思い出します。妖艶なあの眼差しを…
ご主人である大岡さんがどのような思いを抱いて雅子さんというひとりの女性を描いたのか…苦しくも美しくせつない映画になっているのでしょうね…。わたくしごときをトークイベントにお呼び下さり感謝しております。
モデル 雅子 を追う旅 竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 公開に先だって実施された内覧会では子育て世代の父親らから、「こんなに素敵なラブレターはない」「妻や子供と一緒に観たい」との声が多数寄せられ、女性だけではなく男性からの支持も熱い本作。UPLINK吉祥寺にて上映後、神奈川・大阪・京都など、全国順次公開を予定しております。

『モデル 雅子 を追う旅』

公式HP:
www.masakomonange.com
モデル-雅子-を追う旅
***********************************

監督・プロデューサー:大岡大介
出演:雅子 、安珠、田村翔子、藤井かほり、髙嶋政宏、中田秀夫、石井たまよ、竹中直人他
配給&宣伝:フリーストーン
スペック:2019/日本/カラー/16:9/ステレオ/88分
©︎2019 Masako, mon ange.


映画『どすこい!すけひら』草川拓弥(超特急)、金子大地ら豪華追加キャスト&コメント


映画情報どっとこむ ralph この度、2019年11月公開の知英主演映画『どすこい!すけひら』(漫画:たむら純子 原案:清智英の人気漫画)より、追加キャストが解禁となりました。

本作は、元どすこいの鈍感女子をめぐる、“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる、ジェットコースター・三角関係ラブコメディ作品です。知英さんが凄いことになっています。

今回解禁となりますのは知英演じる主人公 助平綾音が淡い恋心を抱く、人気アイドルの湊拓巳(みなとたくみ)役を人気グループ・超特急のメンバーであり、俳優としても今季大注目の草川拓弥が演じます。

そんな拓巳にライバル心を抱く馬渕隼人(まぶちはやと)役をデビューと共に注目を浴び、数々のドラマや映画に引っ張りだこの金子大地、拓巳の大ファンであり綾音のよき理解者であるオカマの友人フレッド役にタレントとして幅広い分野で活躍しながらも今回初めて演者として映画に出演するりゅうちぇる、拓巳の恋人!?であり人気女優の藤代あい役をモデル・女優に幅広く活躍する松井愛莉が務めます。

更に、イタリアで出会う医師役をモデルからコメンテーターなど個性的なキャラクターで大人気のパンツェッタ・ジローラモが演じ、彩音が働くエステの超VIP客、横濱健二役を圧倒的な存在感を示し続ける名優竹中直人が務めます。
映画情報どっとこむ ralph 【コメント】

●草川拓弥さん/湊拓巳 
湊拓巳を演じるにあたり、自分自身の中で役を掴むまでに時間がかかったりとなかなか難しい部分もありましたが、撮影がとても楽しく本当にあっという間でした。とにかく笑えるし、感動するし、面白いしハイスピードエンターテイメント作品です。ぜひ劇場に足を運んでください。
映画『どすこい!すけひら』草川拓弥(超特急)
●金子大地さん/馬渕隼人   
今作のお話を聞いた時、これまでの恋愛作品にはない面白さを感じ、是非演じてみたいなと思いました。なんと言っても、知英さんが太った姿に扮しているところが見所です!去年の夏に撮影したのですが、本当に暑そうでした…。特殊メイクをした知英さんとお芝居することが多かったので、ファットスーツを着ていない知英さんとお芝居した時は実は少し照れてしまいました(笑)友達、カップル、家族など、誰と観ても楽しめる作品だと思います。是非!
映画『どすこい!すけひら』-金子大地
●りゅうちぇるさん/フレッド・ミラー
今回、僕にとって初めて映画に出させていただくことになり、最初は自分と違う人になるとか演じるということがとても不安でしたが、僕が演じさせていただいたフレッド・ミラーという役が僕とものすごく似てるところがあって、素の自分も出しながら、とても楽しく演技させていただきました!スタッフさんもとても優しくて楽しい思い出になりました!ラブコメディらしい、キュンキュンあり、笑いありはもちろん、心に響く名ゼリフもたくさん出てくる映画になっているので、ぜひ映画館でたのしんでください♡
映画『どすこい!すけひら』 りゅうちぇる
●松井愛莉さん/藤代あい
藤代あいは、知英さん演じるあかねの恋敵です!
拓巳を好きすぎるがうえに、彩音に嫌がらせを企むあいは、一見嫌な女に見えるけれど、実はとても一途な女の子です。そんな不器用さを愛おしく思いながら演じさせていただきました。映画の注目ポイントは、知英さん演じる綾音の100キロ越えの特殊メイクと四角関係です!ぜひ注目して楽しんで頂けたら嬉しいです。
映画『どすこい!すけひら』松井愛莉
●ジローラモさん/イタリア人医師 
映画『どすこい!すけひら』ジローラモ
●竹中直人さん/横濱健二
映画『どすこい!すけひら』 竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 映画『どすこい!すけひら』

映画公式サイト:
dosukoi-movie.com

【あらすじ】
これは、恋に”相当”不器用な女性の成長物語
大好きなチョコレートに囲まれて暮らすため、イタリアに移住したぽっちゃり体型の主人公・綾音。
ひょんなことから事故に巻き込まれ、昏睡状態から目覚めると…誰もがうらやむナイスバディに大変身!帰国後は、エステティシャンとして働き、実家の農家の搾乳で磨き上げた指使いで、お客様のハートを鷲掴みにしていた綾音。昔、どすこいだったこともあり、恋愛には無関心で、大好きなチョコレートと、趣味のゲームに没頭する日々を送っていた。

そんなある日、サロンの超VIPで人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われる。楽しいデートをして、拓巳に淡い恋心を抱くが拓巳に恋人がいることが発覚し、「元どすこいの私なんかを、拓巳が本気で好きになってくれるわけない」と心を閉ざしてしまう…。綾音は、過去の自分を乗り越え、本気の恋をすることができるのか!?

***********************************

原作:「どすこい!すけひら」漫画:たむら純子 原案:清智英 (ホットドッグプレス・講談社刊)
監督:宮脇亮(映画『あのコの、トリコ。』)
出演:知英  草川拓弥(超特急) 金子大地 松井愛莉/パンツェッタ・ジローラモ(友情出演)/りゅうちぇる / 竹中直人
制作プロダクション:The icon
配給:アークエンタテインメント  配給協力:イオンエンターテイメント  宣伝:ギグリーボックス
© 2019 劇場版「どすこい!すけひら」製作委員会 
©清智英・たむら純子/講談社


伊藤健太郎 竹中直人 LAワールドプレミアに参上!『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』


映画情報どっとこむ ralph ついに明日より世界最速公開される、スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦い後の世界が描かれ、MCUフェーズ3完結作である本作のワールドプレミアがロサンゼルスのチャイニーズ・シアターで開催されました!

ワールドプレミアにはアンバサダーの伊藤健太郎さんと、ニック・フューリーの日本語吹替版声優を務めた竹中直人さんが参戦!トム・ホランドらとともに、レッドカーペットを歩き、対面を果たしました!
伊藤健太郎、竹中直人『スパイダーマン:FFH』ワールドプレミア
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ワールドプレミア
日時:6月27日(木)9:30~<日本時間>/6月26日(水)17:30~<現地時間>
場所:ロサンゼルス チャイニーズ・シアター
登壇:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイク・ギレンホール、ゼンデイヤ、伊藤健太郎、竹中直人

映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のワールドプレミアが、現地時間6月26日(水)<日本時間:6月27日(木)>にロサンゼルスのチャイニーズ・シアターにて開催されました。レッドカーペット上には糸を放つ巨大なスパイダーマンのオブジェがお出迎え!会場前のハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにはスパイダーマンのコスプレをしたファンたちや、ポスターやスマホを手にしたファンたちが群れをなし、ハリウッドの街が熱狂と興奮に包まれました。

今回日本からは、ニック・フューリー役の日本語吹替版声優を務めた竹中直人さんとともに、無類の映画好きとして知られ、特に『スパイダーマン』シリーズをこよなく愛する伊藤健太郎さんがアンバサダーとして参戦!

ワールドプレミアに人生で初めて参加した伊藤さんは、ハリウッドならではの豪華なレッドカーペットやファンの盛り上がりを目の当たりにして、

伊藤さん:すごいテンション上がりますね!スパイダーマンファンなので、本物のスパイダーマンであるトム・ホランドや、サミュエル(・L・ジャクソン)とジェイク(・ギレンホール)に会えるのは、めちゃくちゃ楽しみです!!

と興奮を抑えきれない様子。竹中さんは全身黒ずくめの服装に左目には眼帯と、まさに“日本のニック・フューリー”の出で立ちで登場。

竹中さん:本物のキャストに会えるなんて最高!

と笑顔を見せ、サミュエルとの再会について聞かれると

竹中さん:本人を目の当たりにするだけで満足です!!

と謙虚にコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 満を持して主演のトム・ホランドが登場すると、ファンのボルテージも最高潮!

約800人のファンからの大歓声を浴びながら、ファンサービスを行いました。そして竹中さんが見守る中、見事、伊藤さんがトム・ホランドと対面成功!!

伊藤さん:今の気分は?

と声をかけると、

トム・ホランドさん:最高の気分だよ。でもちょっと圧倒されてるかな、正直なところ。ちょっぴり緊張しているよ。でも順調に進んでいるし、映画も世界中で観てもらえるし、すごくワクワクしている。すごく誇らしい作品だし、ソニーもマーベルもすごく誇らしく思っている。だからとにかく早く観てもらいたい!

と笑顔を見せました。さらに

トムさん:日本のみんなは僕がどのくらい日本を好きかわかっていると思うけど、日本の人も食も大好きだし、本当に素晴らしいところだから早くまた日本に行きたいよ」と日本へラブコール!「大傑作エンドゲームから続く映画で、フェーズ3の結末でもあり、フェーズ4の序章でもある。がっかりはさせないよ!

と日本のファンへメッセージを送りました。

今回、新しいヒーローとなるミステリオを演じたジェイク・ギレンホールは

ギレンホールさん:すごく光栄だったよ。この大きなユニバースの一部になることができて。彼ら(マーベル)は何年もかけて何本もの素晴らしい映画を作ってきた。今回の脚本のミステリオも素晴らしかったんだ。だから光栄だったよ!

と、MCU作品に参加できた喜びを語りました。ピーター・パーカーとのロマンスが気になるMJ役のゼンデイヤは背中が大きくあいたセクシーなドレスで登場。

ゼンデイヤさん:たくさんの愛と応援をありがとう! この作品を楽しんでもらえることを心から願っています。

とコメントしました。

また、ニック・フューリーの日本語吹替版声優を務めた竹中さんは、2012年8月の『アベンジャーズ』ジャパン・プレミア以来、7年ぶりにサミュエル・L・ジャクソンと再会!なんとサミュエルが先に竹中さんに気付き笑顔で駆け寄り、熱いハグを!

サミュエルさん:また会えて嬉しいよ!元気だった?

と再会を喜び、

竹中さん:サミュエルに会えて良かった!

と満足げな表情で、記念撮影を楽しんでいました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、伊藤さんはキャストらとともにいち早く本作を鑑賞。公開を待ち望む日本のファンへ

伊藤さん:前作『ホームカミング』が好きだったので、すごく楽しく観させていただきました!『アベンジャーズ/エンドゲーム』から繋がっている部分もあり、アイアンマンがいない中でのピーターの葛藤が丁寧に描かれていました。あと、MJとのラブストーリーがすごく魅力的でした!

と興奮気味にコメント。好きなシーンを聞かれると

伊藤さん:飛行機の中でスパイダーマンが自分のスーツを作るシーンがあるのですが、それを(アイアンマンの親友の)ハッピーが後ろから見て、どこかピーターがアイアンマンと重なっているように見えて微笑んでいるシーンが一番好きです!アイアンマンの後をこれからスパイダーマンが継いでいくのを彷彿とさせているようで、あれは是非、観てほしいです!

と一番の感動ポイントを熱く語り、見事アンバサダーの大役を果たしました。

映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
(原題:Spider-Man:Far From Home)

6月28日(金) 世界最速公開!

全米公開:2019年7月2日

公式サイト:
http://www.spiderman-movie.jp/

公式Twitter:
@ispidermanfilmjp

#スパイダーマン


物語・・・
ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いに向けてスパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる圧倒的な敵にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るエレメンタルズ。ニックは異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせ、彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。ピーター=スパイダーマンはこの厳しい戦いにどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
脚本:クリス・マッケナ & エリック・ソマーズ 
マーベル・コミック・ブック原作:スタン・リー and スティーヴ・ディッコ
製作:ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル
キャスト:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、ジョン・ファヴロー、J・B・スムーヴ、ジェイコブ・バタロン、マーティン・スター withマリサ・トメイ and ジェイク・ギレンホール

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.



吉沢悠、馬場ふみか、香里奈 ら登壇!映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2020年に開催される東京オリンピックで、 初めて公式競技に採用されることが決まった「サーフィン」。

オリンピックに先駆け、美しい海が広がる種子島を舞台に、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男が、再びサーフィンを通して自身と向き合い、 人生の輝きを取り戻していく物語が誕生しました!

5月31日(金)に初日舞台挨拶が行われ、吉沢悠さん、馬場ふみかさん、香里奈さん、立石ケンさん、森高愛さん、松原奈佑さん、南 美沙さん、竹中直人さん、喜多一郎監督が登壇しました!

映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶
日程: 2019年5月31日(金)
場所:新宿バルト9
登壇:吉沢悠、馬場ふみか、香里奈、立石ケン、森高愛、松原奈佑、南美沙、竹中直人、喜多一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭
喜多一郎監督:本作は監督12作目なんですけれど、僕の映画には一貫したテーマがあります。『人間再生』です。一つの挫折で立ち直れなくなってしまう人も多いと思うんですけれど、そういう人たちに明日を笑顔で迎えられるヒントを与えられたらいいなと思いながら監督しています。

と映画製作のポリシーをあかし。主演の吉沢悠(ひさし)さんは

吉沢さん:1年前に撮影したんですけれど、終わってからもサーフィンを続けています。千葉や湘南の海で『楽しみにしているよ』という声を沢山いただいたので、今日を迎えるのを楽しみにしていました。
と挨拶。サーファーの間でも、早くも話題の様子。

本作で吉沢さんが演じたサーファー・梅原光太郎は、種子島で出会った人々、特に泉谷しげるさんなどが演じる、病院に通う高齢者との交流を通して、人生の輝きを取り戻していきます。撮影のエピソードを聞かれ

吉沢さん:泉谷しげるさんは70代で初めてサーフィンに挑戦されました。泉谷さんにサーフィンを教えるシーンの撮影では、監督に『吉沢に全部任せるから』と言われました。スタッフさんがいると映像に入っちゃうので、実際に僕が泉谷さんを押して、ドキュメンタリーのような感じで撮りました。泉谷さんが3本、4本とサーフィンを挑戦されていく中で、『吉沢、サーフィン楽しいな』とおっしゃったんです。僕自身もサーフィンが好きでやっているので、同じような気持ちを持っていただけて、撮影中とはいえ、同じサーファーが一人増えて嬉しかったです。

と嬉しそうに語りました。


映画情報どっとこむ ralph 馬場ふみかさん演じる本作のヒロイン・工藤美夏は、最初は光太郎を嫌っていますが、光太郎が変わるとともに、光太郎の良さにも気づいていきます。
馬場さん:繊細な心情の変化が多かったです。美夏ってすごく言葉が強いので、その中でも優しさなどを表現していくのはすごく難しいなと思ったんですが、シーンの順番通りに撮影ができたので、自然と自分の心情も美夏と一緒に動いて行ったかなと思います。

とのこと。美夏が海に入るシーンでは、海のコンディションがよくなかったそうで、

馬場さん:すごかったですよね。地元のサーファーの方々が万全の体制でサポートしてくださって、『何かあったらすぐ助けるから』と近くにいてくださったので、心強かったですし、なんとか撮ることができました。

と話しました。


光太郎に仕事を紹介してあげる、面倒見のいい、レストランカフェ『イーストコースト』の店長・沙織を演じた香里奈さんは、
香里奈さん:私の役としては、皆さんを暖かく見守ったりだとか、背中をそっと押してあげたりだとか、そういうような立ち位置だったので、そういう気持ちを大事にしながら演じさせていただきました。

と話しました。また、種子島ロケについて、

香里奈さん:私が行くまでは晴れていたんですけれど、私は雨女で、私が行ったらすごく雨が降っていました。

と告白。

香里奈さん:光太郎が海でサーフィンをしているところを皆で覗くというシーンは結構雨だった。

と言うと、

吉沢さん:梅雨の時期だったんだよね。

と優しくフォロー。

監督:雨女と聞いていたので、室内のシーンを増やしておきました。

と付け加え、笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 種子島屈指のサーファー・洋を演じた立石ケンさんは、元々サーフィンが特技だったとのことだが、
立石さん:吉沢さんと千葉と伊豆に泊まり込みの合宿に行ったんですけれど、監督にテイクオフ(立つところ)をかっこよくやってほしいと言われ、いかに素早くかっこよくできるかをたくさん練習しました。

とのこと。

光太郎が交流を持つおばあさん・シメさんの孫役の森高愛さんは、おばあさん役の大方斐紗子さんとのエピソードを聞かれ、
森高さん:行きが同じ飛行機で、その時私は女の子っぽいワンピースを着ていたんですが、私の役はボーイッシュな格好が多かったので、現場に入った時に、驚かれました。

と話しました。また、

森高さん:空き時間に宇宙センターに連れて行ってもらって、ロケットだとかを体験したりと、色々なところに観光に行きました。

と種子島を満喫したエピソードを話しました。

南美沙さんは、サーフィンがうまくてイケメンの光太郎にお熱をあげるリサ役。「吉沢さんは実際にサーフィンがうまくて、イケメンなので、演技は難しくなかったのではないですか?」という質問に、
南さん:吉沢さんもすごく素敵な方なので、そのままのキャラでキャーキャー言っていました。

と回答。また、

南さん:私の役が劇中で働いている『イーストコースト』というカフェがあるんですけれど、ご飯がとってもおいしいので、ぜひ映画を観た方に行っていただきたいと思いました。

とオススメしました。

光太郎を雇う楽天的な病院の田上院長役の竹中直人さんは、心がけたことを聞かれ、
竹中さん:役作りには結構時間をかけるんで、1ヶ月位前から種子島に入って、撮影する病院を観察させて頂いて、色んな看護師の方々とお話しさせていただいて。

と言ったら、

松原さん:それ、私じゃないですか!

とご自身も正看護師国家資格をお持ちの看護師・奈緒役の松原奈佑(なゆ)さんが突っ込む場面も!
松原さん:種子島医療センターで働きながら、観察させていただきました」と撮影前の準備について話しました。竹中さんは、「種子島という町がとても素敵だったという印象があります。また行ってみたいなと思いました。

と種子島の魅力を伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

吉沢さん:本シリーズのパート1は大杉漣さんが主役をやられていまして、パート1の時は、中高年の方がその映画を見て、『サーフィンをやってみたい』というムーブメントが起こったと聞いています。この『2nd Wave』も、皆さんの力で ビッグウェーブを起こしたいので、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

と挨拶し舞台挨拶を締めました!

『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

5月31日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://lifeonthelongboard2.com


***********************************


キャスト&スタッフ

吉沢 悠 馬場ふみか
香里奈 立石ケン 森高愛 大方斐紗子 泉谷しげる
松原奈佑 南美沙 TEE 角田信朗
勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 金杉弘子
プロデューサー:半田健

制作プロダクション:オフィスアッシュ
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
2019年/日本/カラー/112分/ビスタ/5.1ch/DCP
映倫番号:121930
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会
   


斎藤工・もも・ベッキーら登壇『麻雀放浪記2020』 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 公開まで、立ちふさがる様々な困難を乗り越えてきた『麻雀放浪記2020』。
この度、4月5日についに公開初日を迎え、丸の内TOEIにて初日舞台挨拶が行われました。

登壇者には、昭和から平成へタイムスリップするギャンブラー”坊や哲“を熱演した主演の斎藤工さん、哲を現代で面倒をみることになる地下アイドルの ドテ子を演じた「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル・ももさん、ドテ子と哲をタレントとして売り出そうとする芸能プロダクションの社長・クソ丸役の 竹中直人さん、昭和の世界で哲に麻雀を教える麻雀クラブのママ・ユと AI 搭載アンドロイドの2役に挑戦したベッキーさん、電磁パルスを仕掛けるオタ クテロリスト・ドク役の岡崎体育さん。そして白石組としてお馴染みの音尾琢真さんらキャストの皆さんと。白石和彌監督!更に、シークレットゲストとして、舛添要一さんが登場しました。
日程:4月5日(金)
場所:丸の内TOEI
登壇:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、岡崎体育、音尾琢真、竹中直人、白石和彌監督
シークレットゲスト:舛添要一
バニーガール:鈴木ふみ奈、水口美香
ふんどしダンサー:藤田晋之輔、橋本侑哉

映画情報どっとこむ ralph バニーガールとふんどしダンサーに先導され、キャスト監督が客席を通って登壇。

斎藤さん:紆余曲折ありましたが、本日をめがけて構想十年。この映画に寄り添わせていただきました。この日を迎えることが出来て心から幸せに思っています。

ももさん:公開できて凄く嬉しいです!

ベッキーさん:今回二役。今日はAIの方を意識してやってきました。

岡崎さん:今回の作品が、僕の銀幕デビューとなりました。

音尾さん:白石監督の作品に何作も出させていただいてます。今回もお歳暮を贈った甲斐がありました。

竹中さん:みんなでくそ丸!!って呼んでくれ!行くぜ(観客:くそ丸!)YEAH!

白石監督:この日を迎えられて本当にうれしく思っています。この映画は楽しい思いを感じてもらいたい一念で創った映画です。楽しんで帰ってください!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、マスコミも含めて、一切試写をしなかった珍しい作品。映画を観て、ぶっ飛んでいる!ここはくだらない!なお勧めシーンを聞かれ
斎藤さん:全編通してあり過ぎです。僕らが試写したのが8か月ほど前の一度きり。なので、今一番見たい映画がこの映画です。しいて言えば、岡崎さんのハマり具合と。音尾さんのあるシーンですね。

ももさん:私は・・・・映画の中で、相手がシマウマなことが多かったんで。。音尾さんとのシーンで監督が「音尾君シマウマになれる?」って聞いて「ハイ!」ってシマウマになっていたので、そのシーンです!

ベッキーさん:エンドロールの後。おまけがあって、劇中の明かりがつくまでステイでお願いします!

と発言。実は・・・・劇場で!

岡崎さん:そうですね。演じてる感じなくて、普段通りの僕がハマったみたいです。おすすめは、麻雀知らなくても楽しめます。

音尾さん:この映画試写見逃して、今日の昼に、そこのK列12番で観ました。あなたの場所です。面白いですこの映画。竹中さんいいですね。サイコーです。

竹中さん:工君が熱湯の中に手を突っ込んでしゃぶしゃぶ肉をくらう。ビックリしました。岡崎君はこれから俳優になっちゃうんだろうな~。モモちゃん可愛いし。ベッキーは相変わらず圧倒的に不愉快で素敵でした。

これにたまらず、竹中さんを指さして、
ベッキーさん:感じ悪いっすよ!

竹中さん:失敬だぞ!

ベッキーさん:齊藤工さんは本当にレディーファーストでホントに素敵だったんですよ。ある日豹変して、竹中さんがいじってるの見て、ベッキーはいじってOKなんだと。メイクさんにベッキーさんひげ生えてきてます!とか
斎藤さん:午後だったんで、生えてきてましたよ。指さないでください!新婚だからって失礼です!

と、いつもの茶番を繰り広げました。

ももさん:ずーっと、こんな感じだったんですよ!撮影現場。楽しかったんです!
と現場の雰囲気が良かったそうです!

監督:麻雀シーンは知らない人にもわかりやすいように、時間かけて撮りました。的場さんと工君と、ベッキーと小松の親分で麻雀の卓を囲むシーンはずーっとこの調子でした、小松の親分がずーっとオモシロいこと言ってたんですよね。
と、現場の雰囲気が良かったと回顧。

映画情報どっとこむ ralph ここで、シークレットゲストがいます!とのMCの言葉に、驚くキャストと観客。

まさか、〇〇中のあの人が謝罪に!?とザワザワ。

すると、現れたのは、舛添要一さん。まだ映画を観ていないお客さんたちはキョトン。
舛添さん;大変面白い映画になったと思います。実は、元東京都知事役。自分自身をやるのは初めてで難しかったです。

どんな役かは劇場でチェック。

で、フォトセッション。
映画情報どっとこむ ralph 更に嬉しい発表が!4月13日から開催の北京国際映画祭での公式上映決定です!

最後に・・・
斎藤さん:僕も今日知ったんですが、麻雀はもともと中国から来たもの。その中国で上映すると言うことは原作の阿佐田先生の贐になるのではと思います。リメイクを反対する人も多いの中、白石監督を筆頭に、七転び八起きで初日を迎えました。ここからは皆様のものにあります。育ててやってください!


映画情報どっとこむ ralph 映画「麻雀放浪記2020」がいよいよ4月5日に公開。

主人公・坊や哲が 1945 年の【戦後】から、新たな戦争が起こった後の 2020 年の【戦後】に突然現れると、そこは、東京オリンピックが中止になり、マイナンバーがチップになり体に埋め込まれる 管理社会、AI による労働環境破壊など、坊や哲にとっては信じられない世界だった。坊や哲は、麻雀を武器にその〈世界〉に挑戦する!原案は、 不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」。戦後のアウトローを描いた傑作をリ スペクトしつつ、新たなアンチヒーローの物語が生まれた!荒唐無稽に見える、この〈世界〉は、ブラックジョークなのか、もしかして〈現実〉なの か?!
***********************************

キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 舛添要一
鈴木ふみ奈、水口美香、藤田晋之輔、橋本侑哉
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
映倫区分: PG12
上映時間: 118分
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会