「竹中直人」タグアーカイブ

吉沢悠、馬場ふみか、香里奈 ら登壇!映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2020年に開催される東京オリンピックで、 初めて公式競技に採用されることが決まった「サーフィン」。

オリンピックに先駆け、美しい海が広がる種子島を舞台に、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男が、再びサーフィンを通して自身と向き合い、 人生の輝きを取り戻していく物語が誕生しました!

5月31日(金)に初日舞台挨拶が行われ、吉沢悠さん、馬場ふみかさん、香里奈さん、立石ケンさん、森高愛さん、松原奈佑さん、南 美沙さん、竹中直人さん、喜多一郎監督が登壇しました!

映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶
日程: 2019年5月31日(金)
場所:新宿バルト9
登壇:吉沢悠、馬場ふみか、香里奈、立石ケン、森高愛、松原奈佑、南美沙、竹中直人、喜多一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭
喜多一郎監督:本作は監督12作目なんですけれど、僕の映画には一貫したテーマがあります。『人間再生』です。一つの挫折で立ち直れなくなってしまう人も多いと思うんですけれど、そういう人たちに明日を笑顔で迎えられるヒントを与えられたらいいなと思いながら監督しています。

と映画製作のポリシーをあかし。主演の吉沢悠(ひさし)さんは

吉沢さん:1年前に撮影したんですけれど、終わってからもサーフィンを続けています。千葉や湘南の海で『楽しみにしているよ』という声を沢山いただいたので、今日を迎えるのを楽しみにしていました。
と挨拶。サーファーの間でも、早くも話題の様子。

本作で吉沢さんが演じたサーファー・梅原光太郎は、種子島で出会った人々、特に泉谷しげるさんなどが演じる、病院に通う高齢者との交流を通して、人生の輝きを取り戻していきます。撮影のエピソードを聞かれ

吉沢さん:泉谷しげるさんは70代で初めてサーフィンに挑戦されました。泉谷さんにサーフィンを教えるシーンの撮影では、監督に『吉沢に全部任せるから』と言われました。スタッフさんがいると映像に入っちゃうので、実際に僕が泉谷さんを押して、ドキュメンタリーのような感じで撮りました。泉谷さんが3本、4本とサーフィンを挑戦されていく中で、『吉沢、サーフィン楽しいな』とおっしゃったんです。僕自身もサーフィンが好きでやっているので、同じような気持ちを持っていただけて、撮影中とはいえ、同じサーファーが一人増えて嬉しかったです。

と嬉しそうに語りました。


映画情報どっとこむ ralph 馬場ふみかさん演じる本作のヒロイン・工藤美夏は、最初は光太郎を嫌っていますが、光太郎が変わるとともに、光太郎の良さにも気づいていきます。
馬場さん:繊細な心情の変化が多かったです。美夏ってすごく言葉が強いので、その中でも優しさなどを表現していくのはすごく難しいなと思ったんですが、シーンの順番通りに撮影ができたので、自然と自分の心情も美夏と一緒に動いて行ったかなと思います。

とのこと。美夏が海に入るシーンでは、海のコンディションがよくなかったそうで、

馬場さん:すごかったですよね。地元のサーファーの方々が万全の体制でサポートしてくださって、『何かあったらすぐ助けるから』と近くにいてくださったので、心強かったですし、なんとか撮ることができました。

と話しました。


光太郎に仕事を紹介してあげる、面倒見のいい、レストランカフェ『イーストコースト』の店長・沙織を演じた香里奈さんは、
香里奈さん:私の役としては、皆さんを暖かく見守ったりだとか、背中をそっと押してあげたりだとか、そういうような立ち位置だったので、そういう気持ちを大事にしながら演じさせていただきました。

と話しました。また、種子島ロケについて、

香里奈さん:私が行くまでは晴れていたんですけれど、私は雨女で、私が行ったらすごく雨が降っていました。

と告白。

香里奈さん:光太郎が海でサーフィンをしているところを皆で覗くというシーンは結構雨だった。

と言うと、

吉沢さん:梅雨の時期だったんだよね。

と優しくフォロー。

監督:雨女と聞いていたので、室内のシーンを増やしておきました。

と付け加え、笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 種子島屈指のサーファー・洋を演じた立石ケンさんは、元々サーフィンが特技だったとのことだが、
立石さん:吉沢さんと千葉と伊豆に泊まり込みの合宿に行ったんですけれど、監督にテイクオフ(立つところ)をかっこよくやってほしいと言われ、いかに素早くかっこよくできるかをたくさん練習しました。

とのこと。

光太郎が交流を持つおばあさん・シメさんの孫役の森高愛さんは、おばあさん役の大方斐紗子さんとのエピソードを聞かれ、
森高さん:行きが同じ飛行機で、その時私は女の子っぽいワンピースを着ていたんですが、私の役はボーイッシュな格好が多かったので、現場に入った時に、驚かれました。

と話しました。また、

森高さん:空き時間に宇宙センターに連れて行ってもらって、ロケットだとかを体験したりと、色々なところに観光に行きました。

と種子島を満喫したエピソードを話しました。

南美沙さんは、サーフィンがうまくてイケメンの光太郎にお熱をあげるリサ役。「吉沢さんは実際にサーフィンがうまくて、イケメンなので、演技は難しくなかったのではないですか?」という質問に、
南さん:吉沢さんもすごく素敵な方なので、そのままのキャラでキャーキャー言っていました。

と回答。また、

南さん:私の役が劇中で働いている『イーストコースト』というカフェがあるんですけれど、ご飯がとってもおいしいので、ぜひ映画を観た方に行っていただきたいと思いました。

とオススメしました。

光太郎を雇う楽天的な病院の田上院長役の竹中直人さんは、心がけたことを聞かれ、
竹中さん:役作りには結構時間をかけるんで、1ヶ月位前から種子島に入って、撮影する病院を観察させて頂いて、色んな看護師の方々とお話しさせていただいて。

と言ったら、

松原さん:それ、私じゃないですか!

とご自身も正看護師国家資格をお持ちの看護師・奈緒役の松原奈佑(なゆ)さんが突っ込む場面も!
松原さん:種子島医療センターで働きながら、観察させていただきました」と撮影前の準備について話しました。竹中さんは、「種子島という町がとても素敵だったという印象があります。また行ってみたいなと思いました。

と種子島の魅力を伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

吉沢さん:本シリーズのパート1は大杉漣さんが主役をやられていまして、パート1の時は、中高年の方がその映画を見て、『サーフィンをやってみたい』というムーブメントが起こったと聞いています。この『2nd Wave』も、皆さんの力で ビッグウェーブを起こしたいので、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

と挨拶し舞台挨拶を締めました!

『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

5月31日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://lifeonthelongboard2.com


***********************************


キャスト&スタッフ

吉沢 悠 馬場ふみか
香里奈 立石ケン 森高愛 大方斐紗子 泉谷しげる
松原奈佑 南美沙 TEE 角田信朗
勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 金杉弘子
プロデューサー:半田健

制作プロダクション:オフィスアッシュ
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
2019年/日本/カラー/112分/ビスタ/5.1ch/DCP
映倫番号:121930
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会
   


斎藤工・もも・ベッキーら登壇『麻雀放浪記2020』 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 公開まで、立ちふさがる様々な困難を乗り越えてきた『麻雀放浪記2020』。
この度、4月5日についに公開初日を迎え、丸の内TOEIにて初日舞台挨拶が行われました。

登壇者には、昭和から平成へタイムスリップするギャンブラー”坊や哲“を熱演した主演の斎藤工さん、哲を現代で面倒をみることになる地下アイドルの ドテ子を演じた「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル・ももさん、ドテ子と哲をタレントとして売り出そうとする芸能プロダクションの社長・クソ丸役の 竹中直人さん、昭和の世界で哲に麻雀を教える麻雀クラブのママ・ユと AI 搭載アンドロイドの2役に挑戦したベッキーさん、電磁パルスを仕掛けるオタ クテロリスト・ドク役の岡崎体育さん。そして白石組としてお馴染みの音尾琢真さんらキャストの皆さんと。白石和彌監督!更に、シークレットゲストとして、舛添要一さんが登場しました。
日程:4月5日(金)
場所:丸の内TOEI
登壇:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、岡崎体育、音尾琢真、竹中直人、白石和彌監督
シークレットゲスト:舛添要一
バニーガール:鈴木ふみ奈、水口美香
ふんどしダンサー:藤田晋之輔、橋本侑哉

映画情報どっとこむ ralph バニーガールとふんどしダンサーに先導され、キャスト監督が客席を通って登壇。

斎藤さん:紆余曲折ありましたが、本日をめがけて構想十年。この映画に寄り添わせていただきました。この日を迎えることが出来て心から幸せに思っています。

ももさん:公開できて凄く嬉しいです!

ベッキーさん:今回二役。今日はAIの方を意識してやってきました。

岡崎さん:今回の作品が、僕の銀幕デビューとなりました。

音尾さん:白石監督の作品に何作も出させていただいてます。今回もお歳暮を贈った甲斐がありました。

竹中さん:みんなでくそ丸!!って呼んでくれ!行くぜ(観客:くそ丸!)YEAH!

白石監督:この日を迎えられて本当にうれしく思っています。この映画は楽しい思いを感じてもらいたい一念で創った映画です。楽しんで帰ってください!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、マスコミも含めて、一切試写をしなかった珍しい作品。映画を観て、ぶっ飛んでいる!ここはくだらない!なお勧めシーンを聞かれ
斎藤さん:全編通してあり過ぎです。僕らが試写したのが8か月ほど前の一度きり。なので、今一番見たい映画がこの映画です。しいて言えば、岡崎さんのハマり具合と。音尾さんのあるシーンですね。

ももさん:私は・・・・映画の中で、相手がシマウマなことが多かったんで。。音尾さんとのシーンで監督が「音尾君シマウマになれる?」って聞いて「ハイ!」ってシマウマになっていたので、そのシーンです!

ベッキーさん:エンドロールの後。おまけがあって、劇中の明かりがつくまでステイでお願いします!

と発言。実は・・・・劇場で!

岡崎さん:そうですね。演じてる感じなくて、普段通りの僕がハマったみたいです。おすすめは、麻雀知らなくても楽しめます。

音尾さん:この映画試写見逃して、今日の昼に、そこのK列12番で観ました。あなたの場所です。面白いですこの映画。竹中さんいいですね。サイコーです。

竹中さん:工君が熱湯の中に手を突っ込んでしゃぶしゃぶ肉をくらう。ビックリしました。岡崎君はこれから俳優になっちゃうんだろうな~。モモちゃん可愛いし。ベッキーは相変わらず圧倒的に不愉快で素敵でした。

これにたまらず、竹中さんを指さして、
ベッキーさん:感じ悪いっすよ!

竹中さん:失敬だぞ!

ベッキーさん:齊藤工さんは本当にレディーファーストでホントに素敵だったんですよ。ある日豹変して、竹中さんがいじってるの見て、ベッキーはいじってOKなんだと。メイクさんにベッキーさんひげ生えてきてます!とか
斎藤さん:午後だったんで、生えてきてましたよ。指さないでください!新婚だからって失礼です!

と、いつもの茶番を繰り広げました。

ももさん:ずーっと、こんな感じだったんですよ!撮影現場。楽しかったんです!
と現場の雰囲気が良かったそうです!

監督:麻雀シーンは知らない人にもわかりやすいように、時間かけて撮りました。的場さんと工君と、ベッキーと小松の親分で麻雀の卓を囲むシーンはずーっとこの調子でした、小松の親分がずーっとオモシロいこと言ってたんですよね。
と、現場の雰囲気が良かったと回顧。

映画情報どっとこむ ralph ここで、シークレットゲストがいます!とのMCの言葉に、驚くキャストと観客。

まさか、〇〇中のあの人が謝罪に!?とザワザワ。

すると、現れたのは、舛添要一さん。まだ映画を観ていないお客さんたちはキョトン。
舛添さん;大変面白い映画になったと思います。実は、元東京都知事役。自分自身をやるのは初めてで難しかったです。

どんな役かは劇場でチェック。

で、フォトセッション。
映画情報どっとこむ ralph 更に嬉しい発表が!4月13日から開催の北京国際映画祭での公式上映決定です!

最後に・・・
斎藤さん:僕も今日知ったんですが、麻雀はもともと中国から来たもの。その中国で上映すると言うことは原作の阿佐田先生の贐になるのではと思います。リメイクを反対する人も多いの中、白石監督を筆頭に、七転び八起きで初日を迎えました。ここからは皆様のものにあります。育ててやってください!


映画情報どっとこむ ralph 映画「麻雀放浪記2020」がいよいよ4月5日に公開。

主人公・坊や哲が 1945 年の【戦後】から、新たな戦争が起こった後の 2020 年の【戦後】に突然現れると、そこは、東京オリンピックが中止になり、マイナンバーがチップになり体に埋め込まれる 管理社会、AI による労働環境破壊など、坊や哲にとっては信じられない世界だった。坊や哲は、麻雀を武器にその〈世界〉に挑戦する!原案は、 不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」。戦後のアウトローを描いた傑作をリ スペクトしつつ、新たなアンチヒーローの物語が生まれた!荒唐無稽に見える、この〈世界〉は、ブラックジョークなのか、もしかして〈現実〉なの か?!
***********************************

キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 舛添要一
鈴木ふみ奈、水口美香、藤田晋之輔、橋本侑哉
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
映倫区分: PG12
上映時間: 118分
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


斎藤工、もも、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督『麻雀放浪記2020』完成披露しないイベント


映画情報どっとこむ ralph 一時公開も危ぶまれた本作。映画『麻雀放浪記2020』は、製作委員会・東映等の協議の結果、予定通り4月5日(金)に公開することを決めたと記者会見で発表。

これを受けて、本作にとっての初のイベントとなる、完成報告ファンミーティング&完成披露イベントが行われ、斎藤工さん、もも(チャラン・ポ・ランタン)さん、ベッキーさん、竹中直人さん、白石和彌監督が登壇しました!


ファンミーティングを終えたキャストと監督は劇場へ移動し、完成披露しない舞台挨拶へ・・・

今回、何が上映されるかは、お客様へはシークレットのまま舞台挨拶が始まりました。
日程:3月20日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督 

映画情報どっとこむ ralph なんと、MC界の重鎮。伊藤さとりさんさえ試写をしていないと言うとんでもない状況の本作。

客席を通って登壇したキャストと監督を温かい拍手で迎える観客。

斎藤さん:上映しない!と言うイベントになぜ皆さん集まったのか・・・・

と、切り出す斎藤さん。
斎藤さん:ひとまず完成しまして、今日公開が決定して。ご参加ありがとうございます。結構映画観ている僕が観たことのない映画になっています。白石作品としても新しい扉を開けたと思います。

ももさん:普段は歌を歌っているので、こんなにがっつり演技をすることは無かったので。舞台挨拶もドキドキです。普段は豚のぬいぐるみを抱えて歌っているのですが。今日はシマウマを・・・撮影で・・・。4月5日に内容明らかになります。

と、口籠るももさん。

ベッキーさん:今回は二役やらせていただいてます。やりがいがあって、この作品の一部に成れたことが大変うれしいです。個人的にはエンドロールのその先まで観て下さい!iPhoneで撮っていますが、凄いクオリティーになっています!

と話すベッキーさん。続いて、竹中さんは、この日63歳のお誕生日!

竹中さん:久しぶりのはまり役に巡り合いました。今日(上映)やらないんだよね。今日63歳になりました!皆さん祝ってくれてありがとう!(大拍手)

白石監督:誰もが楽しんでいただける映画になったとお思います。麻雀ファンタスティック・・・SFコメディです。内容もりもり過ぎて。見どころ其々です。こうやって公開できることを嬉しく思っています。旧作を大好きな人には多少叱られるかもしれませんが。。。魂は引き継いで作りました!
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 『麻雀放浪記』がお気に入りの斎藤さんは

斎藤さん:映画をフィクションを観ているはずなんですが、ドキュメンタリーを見ている感覚になって、子供心にトラウマになりました。でも、戦後日本の人々がこうやって立ち上がったんだと。見えない何かを吸収してしまったんです。

ももさんは、ドテ子やく。今回の作品ではシマウマといたしてしまう役だそうで、
ももさん:何を?そうなんですよ。(どうでしたか?)そうですね。映画のお仕事が来ていると。でもシマウマといたす役だと。でも、私とリンクする役なんです。

と、話すももさんに白石監督は
白石監督:唄がなければ、わたしはドテ子です!と言われまして。大丈夫かな。この人とと思った覚えはあります。

と、付け加える監督。

ベッキーさんの役は以前、加賀まりこさんが演じた役。

ベッキーさん:オリジナルで加賀さんが元禄積といういかさまをワンカット撮影でしていて、それを同じことを1か月練習して、ワンカットで撮りました。
監督は3回目でOKを出したが、ベッキーさんは納得がいくまで、14テイクも行ったそう。

白石監督:ベッキーさんのOKカットを採用させていただきました。美しい映像になりました。

竹中さん:『麻雀放浪記』未だ髪の毛があったころに観た記憶があるね。実は麻雀出来ないんです。プロの役なのに難しくって。監督の優しいまなざしの元、何とかしました。
映画情報どっとこむ ralph 『麻雀放浪記2020』に関して。

斎藤さん:10年の紆余曲折の後、リメイクがなかなかオリジナルを超える作品は少なくて。形として、今回リョウガしたのではないかと思っています。
白石監督:普通は試写をやって、メディアの方から評判を聞きますが、試写を一切行っていないので、僕自身不安でしょうがないんです。ただ、どこにもない映画。今年一ぶっ飛んだ映画になっていると思います!楽しんでみていただきたいです。非常に中毒性のある映画です。僕も8月に完成した後、東映さんが見せてくれないので、今一番見たい映画になっています。

と、徹底した管理がされているご様子。

白石監督:今日は『麻雀放浪記2020』試写をしないと銘打っていますが・・・・今日上映するのは

斎藤さん:映画『昼顔』・・・
ベッキーさん:おかしい!違う!!!!白石監督撮りました?

斎藤さん:あの傑作、『麻雀放浪記』を僕らと一緒に観ましょう!そして、2020のムビチケを後で配ります!
と舞台挨拶をおえました。

映画情報どっとこむ ralph 麻雀放浪記2020

4月5日(金)全国ロードショー!

公式HP:
mahjongg2020.jp


***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
主演・斎藤工 x 監督・白石和彌
斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督
ピエール瀧、岡崎体育 他
配給:東映 
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


映画公開決定に安堵。斎藤工・白石和彌監督ら登壇『麻雀放浪記2020』完成報告ファンミーティング


映画情報どっとこむ ralph 映画『麻雀放浪記2020』製作委員会・東映等の協議の結果、ノーカットで4月5日(金)に公開することを決めたとの発表を受けて、本作にとっての初のイベントとなる完成報告ファンミーティング&完成披露しないイベントが行われ、斎藤工さん、もも(チャラン・ポ・ランタン)さん、ベッキーさん、竹中直人さん、白石和彌監督が登壇しました!

白石監督は、涙をためて公開の報告をファンに向けて行いました。

日程:3月20日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督 

映画情報どっとこむ ralph バルト9のバルコニーの階段を登壇者が下りてくる演出。
斎藤工さん、もも(チャラン・ポ・ランタン)さん、ベッキーさん、竹中直人さん、白石和彌監督がファンの真中に登場!

斎藤さん:構想10年。阿佐田哲也さんの奥様と出会ってから、映画化を夢見て寄り添ってきたので、今朝公開する発表があるまで不安の中で過ごしましたけれど、この日を迎えられて皆さんに笑顔で迎えていただいて嬉しいです。(どんな映画?)ピータンを初めて食べた時のようですね。何を食べたのか?公開後に僕ももう一度確かめたいと。関わっていますが、もう一度観させていただけない状況でしたので、、、、

ももさん:公開されるか不安でしたが、ニュースを見てホントに良かったって!思いました。4月5日を楽しみに待っててください!(どんな映画?)テンポのいい、ぶっ飛び映画でした!何が起きたのか整理が出来ない状態です。

ベッキーさん:現場で出演者スタッフのみなさんの頑張りを見てきた者として公開されること。ホッとしています。(どんな映画?)ちゃんじゃのような映画、ない是?どう咀嚼すればいいの?でも癖になる。そんな映画です。

竹中さん:ありがとう!嬉しいです!ホッとしてます。監督大好きです。心からほっとしています。。(どんな映画?)斎藤君がシャブ。。しゃぶの中に手を突っ込んで肉を食う。熱くねーのか。
竹中さん:ももは恋人役で可愛いんで。(ももさん:そうでした?あ!そうですね)

白石監督:きょう午前中に会見しまして。こういう決断が正しかったのかはまだわかりませんが、ご批判を受けることもあるかと思いますが決断しました。『麻雀放浪記2020』は和田誠監督の傑作『麻雀放浪記』が好きな人には怒られる映画です。ただ、今まで見たことのない映画にはなったかなと。お客様に楽しんでいただきたいと作った映画です。(ファンの皆さんの大拍手)

映画情報どっとこむ ralph 今回の公開にあたり、
斎藤さん:映画作りは公開までに紆余曲折があるものですが、この作品は今日の朝まで難産で。色々な作品のとっても重要な一つだった、これから起こることは計り知れませんが、ベッキーさんも言っていましたが、現場で汗水流して作った皆さんも公開して人に届けることをゴールに突っ走ってきたものなので、ひとまず御英断にホッとしています。応援よろしくお願いします。

と、語ると、目に涙をため、鼻を赤くした監督は

白石監督:凶悪からピエール瀧さんが大好きになって、瀧さんが・・瀧容疑者が長い時間があったのですが、その中で気づけなかった。瀧さんがしたことを許すことはできませんし、ただ作品には罪がないと、この映画だけでなく過去の作品も無くすのは、どうかと思います。この決断が正しいのかはわからないですけど。いつか・・・間違ってなかったと。思える日が来ることを望んでいます。そして、僕は作品の中で禁止薬物を使用するシーンを撮って来たので、良くないことだと言う啓発活動を個人的にしていきたいと思います。

とのコメントに温かい拍手が。

ももさん:瀧さんの事は、映画の中で一緒のシーン合は無かったのですが、一緒の映画に出られることは嬉しかったんです。本当に残念です。

ベッキーさん:ニュースを見て驚きましたし、いろいろな作品がどうなるのかとおもっていました。そんな中、今朝予定通りの公開を聞いてほっとしました。

竹中さん:僕もとても好きな俳優でミュージシャンだったので。知ったときには、胸をえぐられるようでした。監督の言葉を聞いて、抱きしめたいなと。
とする竹中さんですが、心の中が整理がついていないとも語っていました。

映画情報どっとこむ ralph オファーを受けた時のことを

白石監督:和田誠監督の『麻雀放浪記』があるので、最初は作っちゃいけない映画だとオファーを受けた時は思いました。だから、お叱り頂くかと思いますが、ぶっ飛び映画にして、今の世の中を笑い飛ばす映画にしたかったんです。iPhoneでの撮影は、僕が映画のカメラで撮ると、昭和っぽくなっちゃうんです。孤狼の血はマッチしたんですけど。今回2020年なので、昭和臭はダメだと。だいぶポップに撮れてると思いす。
斎藤さん:回転ずしの目線は多分世界初。あれは素晴らしい。大正解だと思います。
フォトセッションの後、降壇する際、ベッキーさんを優しくエスコートする工さん。

完成披露しない舞台挨拶へ移動 続く


『麻雀放浪記2020』

4月5日(金)全国ロードショー!

公式HP:
mahjongg2020.jp
***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
主演・斎藤工 x 監督・白石和彌
斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督
ピエール瀧、岡崎体育 他
配給:東映 
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


佐藤健 世界へ「和の心」を感じて欲しいです!『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2月22日(金)より公開。

2月23日(土)に、本作の公開記念舞台挨拶が行われ、佐藤健さん、小松菜奈さん、森山未來さん、染谷将太さん、青木崇高さん、小関裕太さん、竹中直人さん、バーナード・ローズ監督が登壇しました。


日付:2月23日(土)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人、バーナード・ローズ監督
映画情報どっとこむ ralph 本編を観終えたばかりの観客の中を歩いてキャストと監督が登場!
歓声を上げながらマラソン応援のようにフラッグを振り出迎えた。

主演の佐藤さんは、本作の撮影を
佐藤さん:僕が経験した現場の中で最もスリリングでした。動きや台詞さえも決めぬまま本番に突入し、役者が自分の役を本当に理解していないと成り立たないような環境の中で、やらせてもらいました。そんな監督の“無茶ぶり”をとことん楽しめる役者たちの中で芝居が出来たことを嬉しく思います。

と笑顔を見せ、ヒロインの雪姫を演じた小松さんは
小松さん:走ったり馬に乗ったり殺陣をしたり、めまぐるしい日々でした。監督がとてもパワフルで、私たちもその勢いに乗って日々戦いながら演技していた姿が、映画に美しく残っているので、映画館で楽しんでいただけたら嬉しいです!

と熱く語ります。
バーナード監督:時代劇を作るのはクレイジーで奇妙な、自分の夢でもあった。素晴らしいキャストにも恵まれ、日本で映画を作ると言う最高の体現ができて本当に感謝しています!

と、公開に感慨深げ。

映画情報どっとこむ ralph 続いて話題は、本作の役作りについて。

ただ一人藩に迫る危機を知り、藩を守るために奔走する唐沢甚内を演じて
佐藤さん:撮影にあたり歴史や時代と向き合い、江戸時代に生きていた人々や侍のイメージというのは、映画が作り上げたものだと思うんです。。だったら今回僕たちが作るこの映画、僕が演じるこの役は、過去に作られた映画をなぞるのではなく、自分たちが新しい歴史を提供するんだという思いで、芝居をさせていただきました!

と、本作に対する思いを明かした。

画家を夢見る行動的な姫で、城を抜け出すために男装して遠足(とおあし)に参加する雪姫を演じて
小松さん:雪姫は凛としていて向上心もある女の子なので、城の外に出た時の解放感、自由に生きているパワフルさを出せたら良いなと思った。現場で相手の方のお芝居に反応しながら、そこで起こるものを感じながら演じさせていただきました!

と、バーナード監督の独特な演出や撮影現場が、演技に役立ったことを語った。

そんな雪姫との結婚をもくろむ傲慢な侍・辻村平九郎を演じた森山さんは、本作で乗馬に初挑戦したことでも話題に。

青木さん:僕らの中では“森山ケンタウロス”と呼んでいます!

というほど見事な乗馬シーンを絶賛され

森山さん:やっぱり腰つき、体幹ですね。

と秘訣をコメント。さらに、

森山さん:生き物同士のコミュニケーションとして、どちらが上かはっきりさせるような“マッチョな姿勢”も持っておかないといけないんだなと思いました!
として、馬と関係性を築く難しさを明かした。

映画情報どっとこむ ralph 佐藤さん演じる甚内の上司、植木義邦を演じた青木さんは、劇中に登場する佐藤との殺陣シーン。『るろうに剣心』では相棒として共演していたことを上げるMCに
青木さん:その名前は出してOK? なるべく危機迫るような、時代劇らしくないリアルに近い戦いを見せて欲しいと監督に言われていたので、二人で話して作っていきました。
として、佐藤との相変わらずの相性の良さを語った。


侍に憧れる俊足の足軽・上杉広之進を演じた染谷さんは、劇中で「一着になって名誉を得るか、八百長に乗って家族に楽をさせるか」の選択を迫られる役に挑戦。染谷さんならどちらを選択するか問われると、
染谷さん:私自身は一着になることは絶対ないです・・・・(爆笑)森山未來さんのスピードについていくのが大変で、追いつくのにいっぱいいっぱいでした!

とその苦労を語ると森山さんは、

森山さん:監督から誰が勝つかが重要ではなく、誰が一着になってもいい!と言われたので、ガチで走ろうと思いました!

と明かすと、

染谷さん:かなわないですよ!

と、ぼやいていました。

映画情報どっとこむ ralph 幕府の刺客として戦いに身を投じる青年・三郎を演じた小関さんは、実は役柄に裏設定があったことをMCにバラされ、恥ずかしながらも
小関さん:なぜ三郎という若者が荒くれ者たちに混ざって戦いに身を投じたのか、その理由を監督たちとディスカッションする中で、思いついたのが「失恋」。三郎にとって失恋は重いもので、今までの自分を壊してみたいという気持ちから、戦に参加したんじゃないかという結論にたどりつきました。
と、自らキャラクターの背景を考案しながら演じていたことを語った。


お暇を出されるももう一花咲かそうとする老侍・栗田又衛門を演じた竹中さんは、バーナード監督の作品が大好きだったそうで
竹中さん:監督のホラー映画『キャンディマン』の大ファン。大好きな監督との撮影は嬉しかったです。監督のオーダーは、台本通りやらなくて良いというので、僕にとっては最高でした!!いきなり本番だから、毎日何が起こるかわからなくて楽しかったな!
と竹中ワールドな笑みで振り返った。

そんなバーナード監督は、これまでゲイリー・オールドマンやソフィー・マルソーなど世界的な俳優と映画を作り、本作で初めて日本人俳優と仕事したといい、
監督:サイコー!(日本語) 皆さん最高でした!本作は群像劇でもあるので、役者それぞれのキャラクター理解を表現してほしいと思っていた。僕の現場ではテストの段階からカメラを回していて、役者のアップなのか引きなのか、何を撮っているかわからないようにしたりしていたので、緊張感を持って演じていただけたと思います。今までのどの作品よりも最高のキャストでした!
と語ると、会場からは大きな拍手が起きた。

映画情報どっとこむ ralph またトークの最後には、キャスト陣が「平成最後にやってみたいこと」を発表するコーナーに。

小松さん:山登り。ちょっと精神を鍛えようかなと。平成が終わるまでに、2000m級2回山登りをしたいと思います!
と宣言した。これに、同調して?

小関さん:僕は猪に会う。今、現在山奥で撮影していて、猪が出るらしいので、今年は亥年だし、僕の干支も猪だし、猪に出会いたい!会えたら喜びます(笑)

と無邪気にコメント。佐藤さんは、やりたいことは信じられないぐらいやりきっているからとしながらも、

佐藤さん:オーロラを見たことがないから見てみたいかな。平成中には難しいかもしれないけど、宇宙にも行きたいしスカイダイビングもしたいし、平成をとっぱらえばやりたいことはいっぱいある!(笑)

と語り、会場を沸かせた。


最後に・・・

イギリス出身のバーナード監督は、本作を通じて日本の観客に

監督:とにかく楽しんでほしい!エンターテインメントなのですごく楽しさが詰まっているし、ワクワクできる映画だと思っているので、気に入ってくだされば嬉しいです!

と語った。

さらに、日本での公開を皮切りに、世界各国での公開に向けここからさらなる展開が期待される本作。
佐藤さん:海外の観客に向けて「和の心」を見てほしいです。バーナード監督は、日本人が持つ時代劇の先入観をすべてとっぱらってくれと。役者から出てくるエモーションを撮りたいから、自由にやってほしいとリクエストされましたが、自由に演じてと言われても、ここに立っているすべてのキャストの中に和の心があって、昔ながらの所作や着物の着こなし、日本語ならではの美しさなど、醸し出されるものがあると思っていて。この映画を観て、そういう日本人ならではの美しさを感じてもらえたら、それは僕たちの中から出てきたものです。ですから「和の心」を感じて欲しいです!

と語りフォトセッションへ!
さらに、監督によるセルフィーで舞台挨拶は終了しました。


映画『サムライマラソン』は大ヒット上映中!

公式サイト
GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON

***********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫) 脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明  音楽:フィリップ・グラス  衣装デザイン:ワダエミ  配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners