「竹中直人」タグアーカイブ

竹中直人、山田孝之、齊藤工、監督として『ゾッキ』共同映画制作決定!!


映画情報どっとこむ ralph この度、日本を代表する3人の俳優、【竹中直人・山田孝之・齊藤工】が映画監督として、長編映画を共同制作することを決定致しました。

3人が惚れ込んだ原作は”孤高の天才”と称される【漫画家・大橋裕之】の【最高傑作『ゾッキ』】
映画監督として、8 作目となるベテランの竹中、3 作目の齊藤、映画作品初監督となる山田。

キャリアの異なる3人ですが、共通して、俳優として第一線で作品至上主義を徹底してきました。
その上で枠にとらわれず、映画監督、プロデューサー、クリエイターとしても表現している3 人が一丸となり、『ゾッキ』が生まれた原点である、大橋氏の生まれ故郷・愛知県蒲郡市での全編オールロケを敢行し、今後発表となる多彩なキャスト・音楽など、それぞれのこだわりや人脈を集結させて映画『ゾッキ』を制作!2021 年の全国公開に向けて、来月2 月に撮影をスタートします。

監督を務める3人からコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph ■竹中直人(監督)コメント
まさかこんなときがくるなんて…
大ファンだった大橋裕之さんの作品を映画にすることが出来るなんて…
まるで夢のようなできごと…
夢のまたゆめのようなできごと…
ぼくが感じた大橋さんの世界をどこまで映像化出来るのか…
この思いに集まって来てくれた方々と夢中になって作ります!
★映画監督として、91 年に主演も務めた初監督作『無能の人』がヴェネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞、第34 回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞したほか、監督作・出演作で受賞多数。監督作品は『119』『東京日和』『サヨナラCOLOR』など、本作が監督8作目。


■山田孝之(監督)コメント
初めてゾッキを読んだ時の衝撃、感動、恐怖、希望。それらを自分なりの表現で伝える。怖くもあるけどゲボが出るほど楽しみです。監督のイメージはあるものの監督をしたことがない僕ですが、竹中監督、齊藤監督と協力して心を刺激する作品に仕上げたいと思います。
★19 年に映画『デイアンドナイト』をプロデュース。16 年、ミュージシャンTEE の『恋のはじまり』MV を監督、映画は本作が初監督となる。


■齊藤工(監督)コメント
監督陣がやや派手な門構えに見えるかも知れませんが、作品至上主義の映画人が集まっていて、大橋裕之さんの最高過ぎる原作に忠実に、かつ実写ならではの裏切りを行いたいと思っております。このプロジェクトの発起人である竹中直人さん、そして、この作品に関わるきっかけをくださった前野朋哉さんに心から感謝致します。
★多くのショートムービー・MV を監督。18 年、19 年に監督したHBO ASIA
オムニバスドラマ「TATAMI」「Life in a Box」で「Asian Academy Creative
Awards」3 冠受賞。18 年に長編デビュー作『blank13』で第20 回上海国際映画祭でアジア新人賞部門最優秀監督賞を始め8 冠を獲得。本作は、本年2 月公開の『COMPLY+-ANCE』に続き劇場公開長編3作目となる。

映画情報どっとこむ ralph 『ゾッキ』

2021年 全国公開予定

▼【竹中直人・山田孝之・齊藤工】が【傑作『ゾッキ』の実写映画化】を熱望!
2018 年お竹中直人が大橋氏の傑作漫画『ゾッキ』に惚れ込み、「絶対、実写映画化したい!」と強く熱望。
映画監督として齊藤工、山田孝之にオファーしたことから、超豪華3人の監督による共同映画制作がスタートした。
映画監督として、8 作目となるベテランの竹中、3 作目の齊藤、映画作品初監督となる山田。キャリアの異なる3人だが、共通して、俳優として第一線で作品至上主義を徹底してきた。その上で枠にとらわれず、映画監督、プロデューサー、クリエイターとしても表現している彼らが、今『ゾッキ』の実写映画化に向けて一丸となっている。
「ゾッキ」の語源は「寄せ集め」「ひとまとめにした」という古本用語。古本市場で使われる特殊用語で、安い価格で売られるひとまとめで束ねられた「ゾッキ本」からきている。
原作『ゾッキ』の独特な世界観をどう実写に落とし込むのか。大橋氏の生まれ故郷・愛知県蒲郡市での全編オールロケを敢行し、今後発表となる多彩なキャスト・音楽など、3 人のこだわりや人脈を集結させたクリエイティブに期待が高まる。脚本は、監督たちの感性や原作の作品性を大切にまとめ、舞台演出家・劇作家の倉持裕が書き上げた。倉持氏は演劇界の新鋭で、村上春樹原作の舞台化作品で話題となり、2019 年映画脚本に進出。その『十二人の死にたい子どもたち』(監督:堤幸彦)が大ヒットを記録し、今映画界からオファーが絶えない脚本家である。

▼【大橋氏の生まれ故郷】【愛知県蒲郡市で全編オールロケ】来月2 月に撮影スタート!
ロケ地は、大橋氏の生まれ故郷、愛知県蒲郡市(がまごおり)。
3 人の監督は、傑作『ゾッキ』を生んだ原点の町で全編を撮影することにこだわった。
蒲郡は「海のまち」と呼ばれ、ゆったりと広がる穏やかな三河湾や山々、情緒ある風景がある豊かな所。ラグーナテンボス、竹島、4つの温泉郷、ボートレース蒲郡など観光スポットも充実している。山田は先行単独で蒲郡市に入り、ロケ地の視察や現地の方と交流をして準備をしてきた。蒲郡市は行政・企業・民間から組成される「映画『ゾッキ』蒲郡プロジェクト委員会(仮)」を100 名規模で発起。撮影協力にとどまらず、委員会メンバーを追ったドキュメンタリー制作や、出演者オーディションの開催、映画とコラボレーションした商品開発、エコ・チャリティー活動を取り入れるなど新たな映画製作の取り組みにチャレンジし、来年の公開に向けて映画『ゾッキ』を盛り上げていく。

***********************************

製作:映画『ゾッキ』製作委員会
制作:and pictures、ポリゴンマジック
配給:イオンエンターテイメント
支援:映画『ゾッキ』蒲郡プロジェクト委員会(仮)
後援:蒲郡市、蒲郡商工会議所、蒲郡市観光協会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

万感の想いで 成田凌が舞台挨拶特別の口上を披露!『カツベン!』公開記念


映画情報どっとこむ ralph この度、『カツベン!』の公開記念舞台挨拶を12月14日(土)に実施。

今からおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われ、音がまだなかった時代。独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」、通称“カツベン”が映画界のスーパースターとして活躍。

初主演となる映画が公開となった成田凌さんは、本作でしゃべりのスーパースターである活動弁士を演じるために半年にも及ぶ活弁の猛特訓、そして本作の完成後も様々なプロモーション活動で、オーディションの日から延べ616日間、並々ならぬ想いをもって本作と向き合ってきました。

成田さんは本作で演じた役さながらの本物の活動弁士の口上で、2分間ひとりしゃべり!万感の想いをお客様へ伝えました!

そんな成田さんの呼び込みで、ヒロインの黒島結菜さん、永瀬正敏さん、高良健吾さん、竹中直人さん、井上真央さん、竹野内豊さん、周防正行監督らが豪華登壇!お客様への感謝と公開後への更なるご愛顧を願った「ついに開幕!カツベン!よろしくお願い申し上げます!!」と書かれた高さ4m、幅8mの巨大バナーの前で、遂に公開された本作に込められた想いを伝えました!


日付:12月14日(土)
会場:丸の内TOEI
登壇:
成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、竹中直人、井上真央、竹野内豊、周防正行監督

映画情報どっとこむ ralph いよいよ初主演となる映画が公開された成田凌さんは、本作でしゃべりのスーパースターである活動弁士を演じるために半年にも及ぶ活弁の猛特訓、そして本作の完成後も様々なプロモーション活動で、オーディションの日から延べ616日間を本作と共に過ごしました。成田の活弁の猛特訓の様子から、撮影現場のメイキング映像などを交えた特別映像で、成田と『カツベン!』の歩みを振り返りました。

映像が流れたあと、成田凌が一人突然登場。成田がこの作品で身に付けた活弁の成果が伺える、この舞台挨拶特別の口上を披露!

後日解禁となった口上の映像はこちら

<成田凌 口上文言>
厳寒(げんかん)の時節、森羅万象(しんらばんしょう)、白い吐息を漏らす折から、賑々(にぎにぎ)しき御来館を賜りまして、関係者・出演者一同になり代わり、主演・成田凌、厚く厚く御礼申し上げます。
この『カツベン!』は映画を愛する皆(みな)の力で艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越え、なれど苦労は詳しく言わぬが花の吉野山。
多くのみなさまにご覧いただきたく、日々宣伝活動に勤(いそ)しんでまいりました。
思えば、ともに走り続けてきた、この616日。
私自身、片時たりとも、「カツベン!」を忘れたことはございません。
昨日、初日を迎えましたこの作品はもはや皆々様のものでございます。
我が子を送り出す心持ちでお届け致しますこの作品、末永く愛して頂けましたら、我ら歓喜雀躍(かんきじゃくやく)、見の幸せ。
本日のみならず、これからも映画『カツベン!』ご高覧の程!宜しくお願い申し上げます!

本物の活動弁士にふさわしい口上で始まった公開記念舞台挨拶!
主演である成田さんの呼び込みで、黒島結菜さん、永瀬正敏さん、高良健吾さん、竹中直人さん、井上真央さん、竹野内豊さん、周防正行監督らが登場した。

映画情報どっとこむ ralph 映画初主演として背負ってきた作品が、公開迎えた気持ちを聞かれ

成田さん:クランクイン前に主演てなんだろうなって思ってましたけど、今も正直わからないです。でも昨日、公開初日に友達と観にいって、すごくウケていて嬉しかったです。カツベン!の中に実際に出てくるように笑いが伝染していき、映画館がすごく賑やかでした!

とカツベン!の素晴らしさを語った。また、170もの番組や取材を受けたことについて

成田さん:街中で声をかけてもらえることが増えて、カツベン!みるよ!って言ってくるおじさんとかもいて(笑)すごく届いているのだな、知っていただいて光栄です。でも監督の方が全然やってくださっています。

と話し、それに続き、全国400もの取材を受けて、日本全国を回ったことについて聞かれると

周防監督:カツベン!の説明する事に磨きがかかっていて、右に出るものはいないですね(笑)とにかく『カツベン!』という題名をつけた以上、=活動弁士、そして活動弁士とはどういう人たちのことなのか伝えようと思ってやりました。

と、話した。続けて活弁にチャレンジした感想について聞かれると

黒島さん:私は二つの声の演じ分けだったのに本当に大変でした。皆さんすごく練習されているのを見てましたし…本当にすごいなと思いました。でも監督からは活弁ではなく、二人の会話のようにやって欲しいと言われて、照れ臭かったです。

と、初々しく答えた。

また、成田との共演について聞かれると

永瀬さん:ほんとに僕は現場で救われました。太陽みたい存在でした。」と答えるも、成田は続けて「本当に憧れで、ただただ質問攻め。永瀬さんのこと色々知りたくて。横をくっついて歩いていました。

と話し、内容について尋ねられると

永瀬さん:2人の秘密です。はい。

と言い、笑いを誘った。次に活弁のトレーニングについて聞かれ

高良さん:一生に一度出会えるか出会えないかの役、みんなに辛かったでしょ?と言われるんですけど、ずっと楽しかったです。もともと映画が好きですが、映画というものが、より好きなものになりました。

と、映画を題材にいた本作の深さを語った。



そして、周防組に欠かせない竹中さんは、今回の周防組と今までの出演作品について聞かれると

竹中さん:成田君は170?監督が400?の媒体の取材受けてんだって!?驚いて年取っちゃたよ。

と声をおじいちゃんのようにゆっくりとした口調に変え、周防組の現場と同様、竹中節が炸裂。その後続けて、

竹中さん:周防組はいつも楽しくて、離れるのが嫌で。

と周防組にいつまでもい続けたいというような気持ちを伝えた。

これまでのイメージと違うキャラクターを演じた感想を聞かれ

井上さん:ただただ、周防組を楽しませていただきました。モガのファッションを楽しんで欲しいと監督からも言われまして。ただこれまで庶民の役が多かったので、ドレスをキレイに見せる役とかなかったですし、勉強になりました。

と、話した。普段あまり演じることのないコミカルなキャラクターを演じたことについて

竹野内さん:コミカルにやってるつもりはなかった(笑)念願の周防作品に出れる!と、思って力んでいったが、竹中さん渡辺さんなどがのびのびしてるように見えて、もっと遊び心を持っていいんだなと、思いました。ただ真面目な顔してましたけど!竹中さんが監督にセリフの確認をしたあと、本番で全然違うこと言うんです。ほんと笑いをこらえるのに必死でした。

と、撮影中のエピソードを披露した。

映画情報どっとこむ ralph そして、年末を控え、来年叶えたい夢についての話題へ。

成田さん:健吾さんと九州旅に行く約束したんでいきたいんですよね!

それに対し

高良さん:活弁やりましょう!九州で。僕は新車が欲しいので、交通費はいらないので大人の皆さんお願いします。

と言い笑いを誘った。

黒島さん:登山をしたいです、一昨年に富士山登ったぐらいなので。

と、言い会場をどよめかせた。

永瀬さん:僕も一応活動弁士役やったので、九州行かせてもらおうかな?

と、言い「ぜひぜひ!」と成田さんと高良さんも大喜び。

竹中さん:僕何も考えたことないです(笑)

と、またも会場や共演者を笑いの渦に巻き込んだ。次に

井上さん:オリンピックを生で観たいです!チケット一枚も当たってなくて、、なんでもいいから本当に見たい。

と、庶民的な一面をのぞかせた。

竹野内さん:自然と触れ合える時間がほしい、九州組にぜひ参加させていただけたら。

と、言い笑顔をのぞかせた。

周防監督:20年以上も夢なんですが、草野球でパーフェクトゲームができたら野球をやめる!と、言うのがあるので、来年こそはと思っております。

と、意外な一面をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

成田さん:口上をやらせていただけて嬉しかったです。100年前に娯楽の王様と言われた活動弁士を、今回のカツベン!で初めて知る人もいると思ってますし、責任をもって演じさせていただきました。帰ってから面白かったなと思ってもらえたら、”歓喜雀躍、身の幸せでございます”誠にありがとうございました!

と改めて口上の一節を披露し幕は下した。

映画『カツベン!』ポスターs
周防監督最新作!『カツベン!

は全国ロードショー中です。


【STORY】
一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ!俊太郎の夢、恋、青春の行方は・・・!俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。

***********************************

出演:成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
監督:周防正行
脚本・監督補:片島章三
音楽:周防義和

撮影:藤澤順一
照明:長田達也 
美術:磯田典宏
録音:郡 弘道
活動弁士監修:澤登 翠
活動弁士指導:片岡一郎 坂本頼光




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

アニメ映画『音楽』坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人豪華声優陣発表! 


映画情報どっとこむ ralph 2020年1月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しているアニメーション映画『音楽』(監督:岩井澤健治 原作:大橋裕之)。楽器を触ったこともなかった不良たちが思いつきでバンドを組むところから始まるロック奇譚です。

個人による制作期間7年超、作画枚数は実に40,000枚超、71分を全て手描き、クライマックスの野外フェスシーンをダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行。分業制、CG制作が主流のアニメーション制作において、何もかもが前代未聞の長編アニメーションプロジェクトです。9月に開催される世界四大アニメーション映画祭のひとつ、カナダのオタワ国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門にノミネートされるなど、注目を集めております。

映画情報どっとこむ ralph この度、豪華声優陣を発表いたします! 楽器未経験ながら思いつきでバンド「古武術」を組む不良高校生・研二役に坂本慎太郎、研二の同級生、亜矢役に駒井蓮、「古武術」のメンバー、太田と朝倉役に前野朋哉と芹澤興人、「古武術」をフェスに誘う「古美術」のメンバー、森田役に平岩紙、そして研二を敵視する丸竹工業の不良・大場役に竹中直人がキャスティングされました。このほか、山本圭祐、れっぴーず、姫乃たま、天久聖一も参加しています。
「音楽」声優 坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 発表にあたりキャストからのコメントも到着いたしました! 

研二役:坂本慎太郎
大橋さんから「研二の声をやってほしい」と言われた時は本当に驚きました。
アフレコは楽しかったです。もともと好きな漫画ですし、7年も一人で描き続けているという監督の執念にも痺れていたので、このような形で参加できて光栄です。

亜矢役:駒井蓮
それぞれのキャラクターがとても魅力的で、すぐに『音楽』の虜になりました。そこに声を吹き込んでいくのは凄く緊張しましたが、坂本さんをはじめとする皆さんと、楽しみながらアフレコをさせて頂きました。
身、公開が楽しみです!

太田役:前野朋哉
『音楽』に自分が参加できると決まった時、感激で震えました。アフレコでは出来上がっている映像を観て震えました。そして坂本慎太郎さんの声を聞いて震えました。ずっと震えてました。まだ完成は観れていませんがきっと震える事になるでしょう!

朝倉役:芹澤興人
大橋さんの『音楽』に声と音楽が入るだけでも凄いのに、そこに岩井澤監督の執念のアニメーションが絡まってるんです。
浴びたことのない多幸感溢れる作品になっているはずです。僕も早く観たい。

森田役:平岩紙
まずは、この映画に参加できたことを、とても嬉しく思っています。
アフレコの際、皆さんそれぞれの声とキャラクターとのハマり方に感動しました。今回、私は1日のアフレコでしたが、あれから数ヶ月たった今も、もう一度森田くんを演じたいと思っているほど大切な作品となりました。
監督をはじめ、スタッフの皆さんの長年の熱意と労力が見事に謳歌して作り上げられた『音楽』の世界を1人でも多くの方に
ご堪能いただきたいです!

大場役:竹中直人
大ファンだった大橋裕之さんの作品にまさか自分が参加するなどと思う訳がない。
ところが!ぼくは参加してしまったのだ!
まさかの出来事に僕のこころと脳は破裂するに違いないっ!…と心底思った…!
しかし!ぼくはまだ確実に生きている!
きっと大橋さんとの出会いはこれだけでは終わらないのだ!いや終わらせてたまるか!
「大橋さん!みこしぶっこわそー!うおー!うわぁー!ずうおー!!!」

映画情報どっとこむ ralph

アニメーション映画『音楽』

2020年1月 新宿武蔵野館ほか全国順次公開決定!

公式サイト:
on-gaku.info   
Twitter:
@eiga_ongaku

劇場窓口で「生ラフ原画付き前売り券」絶賛発売中! 1500円(税込) 
※数量限定、先着順。一部劇場を除く。※図柄は選べません。

アニメーション映画『音楽』
***********************************


監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之(「音楽と漫画」太田出版)
CV:坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人

プロデューサー:松江哲明
アソシエイトプロデューサー:九龍ジョー、迫田明宏

配給:ロックンロール・マウンテン
配給協力:アーク・フィルムズ

2019/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/71分

©大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

魂揺さぶるメッセージに男のロマン!“西部劇”の魅力を竹中直人が語った!映画『荒野の誓い』


映画情報どっとこむ ralph クリスチャン・ベール主演、『ブラック・スキャンダル』、『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーがメガホンを取った映画『荒野の誓い』が9月6日(金)より全国公開となります。
荒野の誓い
ドラマも演出も演技も映像もハイレベルのクオリティ。
それらが噛み合ったことで、奇跡の逸品へと昇華した本作は、『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続く、ウェスタン・ノワールの第3 弾。魂を揺さぶらずにおかない令和最初の傑作です。この度本作の公開を記念して、映画をこよなく愛する竹中直人さんから“西部劇”を知らない若者たちに向けて、その魅力を語りつくすトークイベントを実施しました。
荒野の誓い_トークイベント竹中直人
『荒野の誓い』トークイベント
日時:8月23日(金)
会場:赤坂ビデオセンター
登壇:竹中直人

映画情報どっとこむ ralph 黒い派手なコートに黒いサングラスを身に着けて軽快なステップを踏みながら竹中直人さんが登場し、イベントがスタートした。
映画好きであり、クリスチャン・ベールの大ファンでもある竹中さんは本作を

竹中さん:最高でした。本当に何度も観たい映画で、夢のようでした。クリスチャン・ベールをまたスクリーンで見つめる事が出来て、最高の映画です。
荒野の誓い_トークイベント竹中直人 と絶賛。

クリント・イーストウッドの名作西部劇『許されざる者』以来の傑作と言われている本作だが、

竹中さん:全然!『許されざる者』を超えちゃってますよ、もっとすごいです。深く染み入ってくる作品なので、何度でも劇場で観たいですね。すべての俳優が多くを語らないんですよね。人種を超えて魂が繋がるっていうか、それが深く染み込んでくるんですよ。」と作品の魅力を力強く語り、続けて「この映画のカメラマンが高柳雅暢さんで、ニューメキシコの風景を日本人ならではのカメラワークで撮影していて、やっぱり全然違うんですよ。風景がまた素晴らしかった。

と西部劇ならではの原風景の美しさを熱弁。

竹中さん:劇中の衣装にも西部劇ならではの魅力があるんです。服がいい具合にくたっているんですよ。クリスチャン・ベールの着こなしが完璧!とにかく汗が染み込んだ泥だらけの制服なんです!

と細部まで本作を堪能した様子。


本作をある意味ロードムービーだという竹中さんは、だからこそ本作は絶対に劇場で観るべき作品だと解説。

竹中さん:その時に映し出される風景を見ているだけでもすごい。これは携帯で観る映画じゃないので、大きなスクリーンでそれを感じるというか、西部劇ならではの映像というものがありますから。

また、時代劇などでの乗馬経験を踏まえ

竹中さん:馬は怖いですよ、人を馬鹿にするから(笑)

と自身が乗馬の練習をしていた時、いきなり馬が暴走してしまい、馬の首にしがみついて「助けて―!助けて―!」と、人生で最も叫んでしまったことがあるという恐怖体験を語ってくれた。

クリスチャン・ベールの出演作をほぼ観ている竹中さんは

竹中さん:この映画でクリスチャン・ベールがちょっと眉間にしわを寄せて俯くシーンがあるんですけど、その眉間と眉毛がバッドウィングになっているんですよ!本当にあるんですよ!

とベール好きならではのマニアックな視点に場内は大きな笑いに包まれた。スコット・クーパー監督の作風については

竹中さん:静かに、淡々と撮りながら、最後にはズシンと心に監督のメッセージや想いが伝わってくるんですね。深く刺さりました。

とその奥深さを評価。本作の西部劇としての魅力と、主演クリスチャン・ベールの魅力を存分に映し出した本作を「胸熱!」と何度も力強く繰り返し、イベントを締めくくった。
荒野の誓い_トークイベント竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 『荒野の誓い』
原題:HOSTILES

9月6日(金)新宿バルト9 ほか全国公開です。

荒野の誓い
<ストーリー>
1892年アメリカ。産業革命によって辺境の地が急速に開拓地や街へと変貌を遂げつつあるニューメキシコ州。インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務める騎兵大尉のジョー・ブロッカー(クリスチャン・ベール)は、かつて宿敵関係にあり、寿命僅かなシャイアン族の長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、部族の所有地があるモンタナ州へ護送する任務に就く。道中にコマンチ族の殺戮により家族を失ったトラウマを持つロザリー・クウェイド(ロザムンド・パイク)と出会い、彼女もこの一触即発の旅に加わることに。一行は厳しい辺境地をなんとか乗り越え、1,000マイルほど移動した頃、遂にお互いの協力なしでは生きていけない状況に陥ってしまう。果たして彼らは敵意と恐怖心を押し殺し、手を取り合い、目的地まで辿り着くことができるのだろうか。

***********************************

出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ベン・フォスター、ティモシー・シャラメ
監督・脚本・製作:スコット・クーパー(『ブラック・スキャンダル』『ファーナス 訣別の朝』『クレイジー・ハート』)
撮影:マサノブ・タカヤナギ(『スポットライト 世紀のスクープ』)
2017/アメリカ/135分/英語・シャイアン/シネマスコープ/DCP5.1ch
配給:クロックワークス/ STAR CHANNEL MOVIES
提供:東北新社
© 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『モデル 雅子 を追う旅』公開初日に竹中直人の登壇決定、コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2015年1月29日、50歳の若さで逝去したモデル 雅子。
4年の歳月が経った今年、モデルとして、女性としての彼女の人生を辿った映画『モデル 雅子 を追う旅』が7/26(金)よりUPLINK吉祥寺にて公開となります。
モデル 雅子 を追う旅 19歳でモデルとしてデビューして以降、誰よりも強いプロ意識を持ち、雑誌「an・an」や「装苑」など時代の最先端で活躍した雅子。役者としてもその才能を開花し、CMや映画『リング』(98年)で貞子の母 志津子を演じるなど大きな話題となりました。その素顔は、映画とフランスとチョコレートが大好きで、等身大の美しさを大切にする一人の女性でした。
モデル-雅子-を追う旅
映画情報どっとこむ ralph 本作では俳優の竹中直人、高嶋政宏ら生前の雅子を知る人々に夫である大岡氏が自らインタビューを敢行。美しさに隠された、愛すべき素顔が明かされます。与えられた環境の中で地に根を張りながら華麗に咲き誇り、花のように生きたひと。彼女の香りは残された人々の心の中に遺っています。
当初、UPLINK吉祥寺では1週間限定上映を予定していましたが、公開前に全日程が完売となり、急遽8/2以降の続映が決定いたしました。また、7/26(金)には本作出演者であり、雅子が出演した映画『サヨナラCOLOR』(05年)の監督でもある竹中直人さんの登壇も決定。本作公開にあたり、コメントが届きました。

映画情報どっとこむ ralph <竹中直人さんコメント>
雅子さんとは渋谷にシネマライズがあった頃、ヴィンセント・ギャロ監督作品《ブラウンバニー》(2003)の試写会で偶然お会いしました。夜の渋谷、シネマライズには試写会に並ぶ人の行列が出来ていました。近づいて行くとそこに佇む雅子さんとしっかり目が合ったのです。お互い初対面だったのですがほんの数秒しばらく目が合ったままでした。今もあの時の雅子さんの眼差しをふと思い出します。妖艶なあの眼差しを…
ご主人である大岡さんがどのような思いを抱いて雅子さんというひとりの女性を描いたのか…苦しくも美しくせつない映画になっているのでしょうね…。わたくしごときをトークイベントにお呼び下さり感謝しております。
モデル 雅子 を追う旅 竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 公開に先だって実施された内覧会では子育て世代の父親らから、「こんなに素敵なラブレターはない」「妻や子供と一緒に観たい」との声が多数寄せられ、女性だけではなく男性からの支持も熱い本作。UPLINK吉祥寺にて上映後、神奈川・大阪・京都など、全国順次公開を予定しております。

『モデル 雅子 を追う旅』

公式HP:
www.masakomonange.com
モデル-雅子-を追う旅
***********************************

監督・プロデューサー:大岡大介
出演:雅子 、安珠、田村翔子、藤井かほり、髙嶋政宏、中田秀夫、石井たまよ、竹中直人他
配給&宣伝:フリーストーン
スペック:2019/日本/カラー/16:9/ステレオ/88分
©︎2019 Masako, mon ange.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『どすこい!すけひら』草川拓弥(超特急)、金子大地ら豪華追加キャスト&コメント


映画情報どっとこむ ralph この度、2019年11月公開の知英主演映画『どすこい!すけひら』(漫画:たむら純子 原案:清智英の人気漫画)より、追加キャストが解禁となりました。

本作は、元どすこいの鈍感女子をめぐる、“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる、ジェットコースター・三角関係ラブコメディ作品です。知英さんが凄いことになっています。

今回解禁となりますのは知英演じる主人公 助平綾音が淡い恋心を抱く、人気アイドルの湊拓巳(みなとたくみ)役を人気グループ・超特急のメンバーであり、俳優としても今季大注目の草川拓弥が演じます。

そんな拓巳にライバル心を抱く馬渕隼人(まぶちはやと)役をデビューと共に注目を浴び、数々のドラマや映画に引っ張りだこの金子大地、拓巳の大ファンであり綾音のよき理解者であるオカマの友人フレッド役にタレントとして幅広い分野で活躍しながらも今回初めて演者として映画に出演するりゅうちぇる、拓巳の恋人!?であり人気女優の藤代あい役をモデル・女優に幅広く活躍する松井愛莉が務めます。

更に、イタリアで出会う医師役をモデルからコメンテーターなど個性的なキャラクターで大人気のパンツェッタ・ジローラモが演じ、彩音が働くエステの超VIP客、横濱健二役を圧倒的な存在感を示し続ける名優竹中直人が務めます。
映画情報どっとこむ ralph 【コメント】

●草川拓弥さん/湊拓巳 
湊拓巳を演じるにあたり、自分自身の中で役を掴むまでに時間がかかったりとなかなか難しい部分もありましたが、撮影がとても楽しく本当にあっという間でした。とにかく笑えるし、感動するし、面白いしハイスピードエンターテイメント作品です。ぜひ劇場に足を運んでください。
映画『どすこい!すけひら』草川拓弥(超特急)
●金子大地さん/馬渕隼人   
今作のお話を聞いた時、これまでの恋愛作品にはない面白さを感じ、是非演じてみたいなと思いました。なんと言っても、知英さんが太った姿に扮しているところが見所です!去年の夏に撮影したのですが、本当に暑そうでした…。特殊メイクをした知英さんとお芝居することが多かったので、ファットスーツを着ていない知英さんとお芝居した時は実は少し照れてしまいました(笑)友達、カップル、家族など、誰と観ても楽しめる作品だと思います。是非!
映画『どすこい!すけひら』-金子大地
●りゅうちぇるさん/フレッド・ミラー
今回、僕にとって初めて映画に出させていただくことになり、最初は自分と違う人になるとか演じるということがとても不安でしたが、僕が演じさせていただいたフレッド・ミラーという役が僕とものすごく似てるところがあって、素の自分も出しながら、とても楽しく演技させていただきました!スタッフさんもとても優しくて楽しい思い出になりました!ラブコメディらしい、キュンキュンあり、笑いありはもちろん、心に響く名ゼリフもたくさん出てくる映画になっているので、ぜひ映画館でたのしんでください♡
映画『どすこい!すけひら』 りゅうちぇる
●松井愛莉さん/藤代あい
藤代あいは、知英さん演じるあかねの恋敵です!
拓巳を好きすぎるがうえに、彩音に嫌がらせを企むあいは、一見嫌な女に見えるけれど、実はとても一途な女の子です。そんな不器用さを愛おしく思いながら演じさせていただきました。映画の注目ポイントは、知英さん演じる綾音の100キロ越えの特殊メイクと四角関係です!ぜひ注目して楽しんで頂けたら嬉しいです。
映画『どすこい!すけひら』松井愛莉
●ジローラモさん/イタリア人医師 
映画『どすこい!すけひら』ジローラモ
●竹中直人さん/横濱健二
映画『どすこい!すけひら』 竹中直人
映画情報どっとこむ ralph 映画『どすこい!すけひら』

映画公式サイト:
dosukoi-movie.com

【あらすじ】
これは、恋に”相当”不器用な女性の成長物語
大好きなチョコレートに囲まれて暮らすため、イタリアに移住したぽっちゃり体型の主人公・綾音。
ひょんなことから事故に巻き込まれ、昏睡状態から目覚めると…誰もがうらやむナイスバディに大変身!帰国後は、エステティシャンとして働き、実家の農家の搾乳で磨き上げた指使いで、お客様のハートを鷲掴みにしていた綾音。昔、どすこいだったこともあり、恋愛には無関心で、大好きなチョコレートと、趣味のゲームに没頭する日々を送っていた。

そんなある日、サロンの超VIPで人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われる。楽しいデートをして、拓巳に淡い恋心を抱くが拓巳に恋人がいることが発覚し、「元どすこいの私なんかを、拓巳が本気で好きになってくれるわけない」と心を閉ざしてしまう…。綾音は、過去の自分を乗り越え、本気の恋をすることができるのか!?

***********************************

原作:「どすこい!すけひら」漫画:たむら純子 原案:清智英 (ホットドッグプレス・講談社刊)
監督:宮脇亮(映画『あのコの、トリコ。』)
出演:知英  草川拓弥(超特急) 金子大地 松井愛莉/パンツェッタ・ジローラモ(友情出演)/りゅうちぇる / 竹中直人
制作プロダクション:The icon
配給:アークエンタテインメント  配給協力:イオンエンターテイメント  宣伝:ギグリーボックス
© 2019 劇場版「どすこい!すけひら」製作委員会 
©清智英・たむら純子/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

伊藤健太郎 竹中直人 LAワールドプレミアに参上!『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』


映画情報どっとこむ ralph ついに明日より世界最速公開される、スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦い後の世界が描かれ、MCUフェーズ3完結作である本作のワールドプレミアがロサンゼルスのチャイニーズ・シアターで開催されました!

ワールドプレミアにはアンバサダーの伊藤健太郎さんと、ニック・フューリーの日本語吹替版声優を務めた竹中直人さんが参戦!トム・ホランドらとともに、レッドカーペットを歩き、対面を果たしました!
伊藤健太郎、竹中直人『スパイダーマン:FFH』ワールドプレミア
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ワールドプレミア
日時:6月27日(木)9:30~<日本時間>/6月26日(水)17:30~<現地時間>
場所:ロサンゼルス チャイニーズ・シアター
登壇:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイク・ギレンホール、ゼンデイヤ、伊藤健太郎、竹中直人

映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のワールドプレミアが、現地時間6月26日(水)<日本時間:6月27日(木)>にロサンゼルスのチャイニーズ・シアターにて開催されました。レッドカーペット上には糸を放つ巨大なスパイダーマンのオブジェがお出迎え!会場前のハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにはスパイダーマンのコスプレをしたファンたちや、ポスターやスマホを手にしたファンたちが群れをなし、ハリウッドの街が熱狂と興奮に包まれました。

今回日本からは、ニック・フューリー役の日本語吹替版声優を務めた竹中直人さんとともに、無類の映画好きとして知られ、特に『スパイダーマン』シリーズをこよなく愛する伊藤健太郎さんがアンバサダーとして参戦!

ワールドプレミアに人生で初めて参加した伊藤さんは、ハリウッドならではの豪華なレッドカーペットやファンの盛り上がりを目の当たりにして、

伊藤さん:すごいテンション上がりますね!スパイダーマンファンなので、本物のスパイダーマンであるトム・ホランドや、サミュエル(・L・ジャクソン)とジェイク(・ギレンホール)に会えるのは、めちゃくちゃ楽しみです!!

と興奮を抑えきれない様子。竹中さんは全身黒ずくめの服装に左目には眼帯と、まさに“日本のニック・フューリー”の出で立ちで登場。

竹中さん:本物のキャストに会えるなんて最高!

と笑顔を見せ、サミュエルとの再会について聞かれると

竹中さん:本人を目の当たりにするだけで満足です!!

と謙虚にコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph 満を持して主演のトム・ホランドが登場すると、ファンのボルテージも最高潮!

約800人のファンからの大歓声を浴びながら、ファンサービスを行いました。そして竹中さんが見守る中、見事、伊藤さんがトム・ホランドと対面成功!!

伊藤さん:今の気分は?

と声をかけると、

トム・ホランドさん:最高の気分だよ。でもちょっと圧倒されてるかな、正直なところ。ちょっぴり緊張しているよ。でも順調に進んでいるし、映画も世界中で観てもらえるし、すごくワクワクしている。すごく誇らしい作品だし、ソニーもマーベルもすごく誇らしく思っている。だからとにかく早く観てもらいたい!

と笑顔を見せました。さらに

トムさん:日本のみんなは僕がどのくらい日本を好きかわかっていると思うけど、日本の人も食も大好きだし、本当に素晴らしいところだから早くまた日本に行きたいよ」と日本へラブコール!「大傑作エンドゲームから続く映画で、フェーズ3の結末でもあり、フェーズ4の序章でもある。がっかりはさせないよ!

と日本のファンへメッセージを送りました。

今回、新しいヒーローとなるミステリオを演じたジェイク・ギレンホールは

ギレンホールさん:すごく光栄だったよ。この大きなユニバースの一部になることができて。彼ら(マーベル)は何年もかけて何本もの素晴らしい映画を作ってきた。今回の脚本のミステリオも素晴らしかったんだ。だから光栄だったよ!

と、MCU作品に参加できた喜びを語りました。ピーター・パーカーとのロマンスが気になるMJ役のゼンデイヤは背中が大きくあいたセクシーなドレスで登場。

ゼンデイヤさん:たくさんの愛と応援をありがとう! この作品を楽しんでもらえることを心から願っています。

とコメントしました。

また、ニック・フューリーの日本語吹替版声優を務めた竹中さんは、2012年8月の『アベンジャーズ』ジャパン・プレミア以来、7年ぶりにサミュエル・L・ジャクソンと再会!なんとサミュエルが先に竹中さんに気付き笑顔で駆け寄り、熱いハグを!

サミュエルさん:また会えて嬉しいよ!元気だった?

と再会を喜び、

竹中さん:サミュエルに会えて良かった!

と満足げな表情で、記念撮影を楽しんでいました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、伊藤さんはキャストらとともにいち早く本作を鑑賞。公開を待ち望む日本のファンへ

伊藤さん:前作『ホームカミング』が好きだったので、すごく楽しく観させていただきました!『アベンジャーズ/エンドゲーム』から繋がっている部分もあり、アイアンマンがいない中でのピーターの葛藤が丁寧に描かれていました。あと、MJとのラブストーリーがすごく魅力的でした!

と興奮気味にコメント。好きなシーンを聞かれると

伊藤さん:飛行機の中でスパイダーマンが自分のスーツを作るシーンがあるのですが、それを(アイアンマンの親友の)ハッピーが後ろから見て、どこかピーターがアイアンマンと重なっているように見えて微笑んでいるシーンが一番好きです!アイアンマンの後をこれからスパイダーマンが継いでいくのを彷彿とさせているようで、あれは是非、観てほしいです!

と一番の感動ポイントを熱く語り、見事アンバサダーの大役を果たしました。

映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
(原題:Spider-Man:Far From Home)

6月28日(金) 世界最速公開!

全米公開:2019年7月2日

公式サイト:
http://www.spiderman-movie.jp/

公式Twitter:
@ispidermanfilmjp

#スパイダーマン


物語・・・
ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこに待っていたのは、元S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いに向けてスパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる圧倒的な敵にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るエレメンタルズ。ニックは異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせ、彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。そしてこの戦いに、ソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。ピーター=スパイダーマンはこの厳しい戦いにどう立ち向かうのか――今、世界は彼に託される・・!

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
脚本:クリス・マッケナ & エリック・ソマーズ 
マーベル・コミック・ブック原作:スタン・リー and スティーヴ・ディッコ
製作:ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル
キャスト:トム・ホランド、サミュエル・L・ジャクソン、ゼンデイヤ、コビー・スマルダーズ、ジョン・ファヴロー、J・B・スムーヴ、ジェイコブ・バタロン、マーティン・スター withマリサ・トメイ and ジェイク・ギレンホール

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

吉沢悠、馬場ふみか、香里奈 ら登壇!映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2020年に開催される東京オリンピックで、 初めて公式競技に採用されることが決まった「サーフィン」。

オリンピックに先駆け、美しい海が広がる種子島を舞台に、夢に挑戦することから逃げ出した一人の男が、再びサーフィンを通して自身と向き合い、 人生の輝きを取り戻していく物語が誕生しました!

5月31日(金)に初日舞台挨拶が行われ、吉沢悠さん、馬場ふみかさん、香里奈さん、立石ケンさん、森高愛さん、松原奈佑さん、南 美沙さん、竹中直人さん、喜多一郎監督が登壇しました!

映画 『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』初日舞台挨拶
日程: 2019年5月31日(金)
場所:新宿バルト9
登壇:吉沢悠、馬場ふみか、香里奈、立石ケン、森高愛、松原奈佑、南美沙、竹中直人、喜多一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭
喜多一郎監督:本作は監督12作目なんですけれど、僕の映画には一貫したテーマがあります。『人間再生』です。一つの挫折で立ち直れなくなってしまう人も多いと思うんですけれど、そういう人たちに明日を笑顔で迎えられるヒントを与えられたらいいなと思いながら監督しています。

と映画製作のポリシーをあかし。主演の吉沢悠(ひさし)さんは

吉沢さん:1年前に撮影したんですけれど、終わってからもサーフィンを続けています。千葉や湘南の海で『楽しみにしているよ』という声を沢山いただいたので、今日を迎えるのを楽しみにしていました。
と挨拶。サーファーの間でも、早くも話題の様子。

本作で吉沢さんが演じたサーファー・梅原光太郎は、種子島で出会った人々、特に泉谷しげるさんなどが演じる、病院に通う高齢者との交流を通して、人生の輝きを取り戻していきます。撮影のエピソードを聞かれ

吉沢さん:泉谷しげるさんは70代で初めてサーフィンに挑戦されました。泉谷さんにサーフィンを教えるシーンの撮影では、監督に『吉沢に全部任せるから』と言われました。スタッフさんがいると映像に入っちゃうので、実際に僕が泉谷さんを押して、ドキュメンタリーのような感じで撮りました。泉谷さんが3本、4本とサーフィンを挑戦されていく中で、『吉沢、サーフィン楽しいな』とおっしゃったんです。僕自身もサーフィンが好きでやっているので、同じような気持ちを持っていただけて、撮影中とはいえ、同じサーファーが一人増えて嬉しかったです。

と嬉しそうに語りました。


映画情報どっとこむ ralph 馬場ふみかさん演じる本作のヒロイン・工藤美夏は、最初は光太郎を嫌っていますが、光太郎が変わるとともに、光太郎の良さにも気づいていきます。
馬場さん:繊細な心情の変化が多かったです。美夏ってすごく言葉が強いので、その中でも優しさなどを表現していくのはすごく難しいなと思ったんですが、シーンの順番通りに撮影ができたので、自然と自分の心情も美夏と一緒に動いて行ったかなと思います。

とのこと。美夏が海に入るシーンでは、海のコンディションがよくなかったそうで、

馬場さん:すごかったですよね。地元のサーファーの方々が万全の体制でサポートしてくださって、『何かあったらすぐ助けるから』と近くにいてくださったので、心強かったですし、なんとか撮ることができました。

と話しました。


光太郎に仕事を紹介してあげる、面倒見のいい、レストランカフェ『イーストコースト』の店長・沙織を演じた香里奈さんは、
香里奈さん:私の役としては、皆さんを暖かく見守ったりだとか、背中をそっと押してあげたりだとか、そういうような立ち位置だったので、そういう気持ちを大事にしながら演じさせていただきました。

と話しました。また、種子島ロケについて、

香里奈さん:私が行くまでは晴れていたんですけれど、私は雨女で、私が行ったらすごく雨が降っていました。

と告白。

香里奈さん:光太郎が海でサーフィンをしているところを皆で覗くというシーンは結構雨だった。

と言うと、

吉沢さん:梅雨の時期だったんだよね。

と優しくフォロー。

監督:雨女と聞いていたので、室内のシーンを増やしておきました。

と付け加え、笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 種子島屈指のサーファー・洋を演じた立石ケンさんは、元々サーフィンが特技だったとのことだが、
立石さん:吉沢さんと千葉と伊豆に泊まり込みの合宿に行ったんですけれど、監督にテイクオフ(立つところ)をかっこよくやってほしいと言われ、いかに素早くかっこよくできるかをたくさん練習しました。

とのこと。

光太郎が交流を持つおばあさん・シメさんの孫役の森高愛さんは、おばあさん役の大方斐紗子さんとのエピソードを聞かれ、
森高さん:行きが同じ飛行機で、その時私は女の子っぽいワンピースを着ていたんですが、私の役はボーイッシュな格好が多かったので、現場に入った時に、驚かれました。

と話しました。また、

森高さん:空き時間に宇宙センターに連れて行ってもらって、ロケットだとかを体験したりと、色々なところに観光に行きました。

と種子島を満喫したエピソードを話しました。

南美沙さんは、サーフィンがうまくてイケメンの光太郎にお熱をあげるリサ役。「吉沢さんは実際にサーフィンがうまくて、イケメンなので、演技は難しくなかったのではないですか?」という質問に、
南さん:吉沢さんもすごく素敵な方なので、そのままのキャラでキャーキャー言っていました。

と回答。また、

南さん:私の役が劇中で働いている『イーストコースト』というカフェがあるんですけれど、ご飯がとってもおいしいので、ぜひ映画を観た方に行っていただきたいと思いました。

とオススメしました。

光太郎を雇う楽天的な病院の田上院長役の竹中直人さんは、心がけたことを聞かれ、
竹中さん:役作りには結構時間をかけるんで、1ヶ月位前から種子島に入って、撮影する病院を観察させて頂いて、色んな看護師の方々とお話しさせていただいて。

と言ったら、

松原さん:それ、私じゃないですか!

とご自身も正看護師国家資格をお持ちの看護師・奈緒役の松原奈佑(なゆ)さんが突っ込む場面も!
松原さん:種子島医療センターで働きながら、観察させていただきました」と撮影前の準備について話しました。竹中さんは、「種子島という町がとても素敵だったという印象があります。また行ってみたいなと思いました。

と種子島の魅力を伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

吉沢さん:本シリーズのパート1は大杉漣さんが主役をやられていまして、パート1の時は、中高年の方がその映画を見て、『サーフィンをやってみたい』というムーブメントが起こったと聞いています。この『2nd Wave』も、皆さんの力で ビッグウェーブを起こしたいので、ぜひ応援よろしくお願いいたします!

と挨拶し舞台挨拶を締めました!

『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』

5月31日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://lifeonthelongboard2.com


***********************************


キャスト&スタッフ

吉沢 悠 馬場ふみか
香里奈 立石ケン 森高愛 大方斐紗子 泉谷しげる
松原奈佑 南美沙 TEE 角田信朗
勝野洋/榎木孝明(特別出演)/竹中直人

監督:喜多一郎
脚本:喜多一郎 金杉弘子
プロデューサー:半田健

制作プロダクション:オフィスアッシュ
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
2019年/日本/カラー/112分/ビスタ/5.1ch/DCP
映倫番号:121930
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©2019『Life on the Longboard 2ndWave』製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ