「稲垣吾郎」タグアーカイブ

稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛『クソ野郎と美しき世界』の公開を記念にAMAZONでサントラ独占配信!


映画情報どっとこむ ralph Amazonは、4/6(金) より稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛が出演するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』の公開を記念し、映画のオリジナル・サウンドトラックアルバムを同日よりAmazon Music Unlimited(アマゾン・ミュージック・アンリミテッド)にて独占ストリーミング配信することを発表します。

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が4名の気鋭監督とコラボレーションしたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』 は、4/6(金)から2週間限定で全国公開されます。

ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞の園子温監督、岸田國士戯曲賞受賞の演出家で劇作家の山内ケンジ、お笑いタレント・文筆家として活躍する爆笑問題の太田光、世界三大広告賞すべてのインターネット部門でグランプリを受賞の映像ディレクター・児玉裕一。

ボーダレスに活躍する創作の天才たちと、「新しい地図」という新たな場所で挑戦し続ける稲垣五郎、草彅剛、香取慎吾らとの夢のコラボがついに実現した、アクション、ファンタジー、ラブ、そしてミュージカルの要素を含む、カッティング・エッジなオールジャンルムービーに仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph 今回、映画公開と合わせて、オリジナル・サウンドトラック『クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack-』をリリースしたクソ野郎★ALL STARSの稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾より、次のメッセージが寄せられました。

「映画『クソ野郎と美しき世界』が本日公開となりました!アクション、ファンタジー、恋愛と、多彩なジャンルを盛り込んだ4つのエピソードがリンクするこの映画のオリジナル・サウンドトラックが、Amazon Music Unlimited限定でサブスクリプション配信されます!クソ野郎★ALL STARSがお届けする映画と音楽の世界を、劇場、そしてAmazonを通じてより多くの方に楽しんで頂けると嬉しいです。」

稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾

映画情報どっとこむ ralph Amazon Music Unlimitedなら、いつでもどこでも手軽に同作のサウンドトラックアルバムを聴くことができ、劇場観賞後、思う存分《極悪でバカで泣けて踊れる、クソ野郎だらけの4つのストーリー!》の美しき世界観の余韻に浸れます。

Amazon デジタルミュージックでも4/6(金)より『クソ野郎と美しき世界』 サウンドトラックのMP3音源をご購入いただくことが可能です。

なお、稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛3名の楽曲がサブスクリプション型の音楽ストリーミングサービスで独占配信されるのは今回が初めてとなります。


【配信トラックリスト】
https://www.amazon.co.jp/kusoyaro

アーティスト名:クソ野郎★ALL STARS
アルバム名:『クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack-』

Track List
1.KUSO UNIVERSE
2.あるピアニストのテーマ
3.MAD DOGのテーマ
4.新しい詩
5.地球最後の日


クソ野郎と美しき世界

公式HP:http://kusoyaro.net/

***********************************



映画『クソ野郎と美しき世界』の世界を楽しめる期間限定『POP UP SHOP』日比谷にオープン!


映画情報どっとこむ ralph 映画界を超え各界で活躍する創作の天才たち4人が監督を務め、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん、さらに浅野忠信さんら豪華出演者陣が彩る 映画「クソ野郎と美しき世界」が、4月6日(金)より全国86(野郎)館で公開となり、いよいよ公開まで1ヶ月に迫っている。

このたび、映画公開を目前に控え、アクション&ファンタジー&ラブ&ミュージカルの世界観をそのままに具現化した「POP UP SHOP」が3月20日(火)にオープンすることが決定した。


映画「クソ野郎と美しき世界」POP UP SHOP概要

店舗:帝国ホテルプラザ東京 1階 (東京都千代田区内幸町1丁目1−1)
開店期間:3月20日(火)~4月20日(金)
営業時間:毎日午前11時00分~夜7時00分(開催期間中は定休日はありません)
詳細:http://kusoyaro.net/shop.html

映画情報どっとこむ ralph このショップは、劇場や映画館が並ぶ街「東京・日比谷」で1890年の開業以来、伝統と格式を重んじ日本を代表するホテルとして輝かしい歴史を積み上げてきた帝国ホテルの商業施設「帝国ホテルプラザ」の1階で、4月20日(金)までの1ヶ月にわたり営業されます。

今回、帝国ホテルプラザでショップを開くことになった背景には、新しい歩みを始めた3人の思いがあった。

120年以上の歴史があり、世界各国の人々が集まる文化の中心である帝国ホテルは憧れであり、その商業施設にショップができることで自分たち自身の活動も長く続けられたらという思いから実現したもの。


<稲垣吾郎さんからのコメント>
日比谷で120年以上に渡る歴史を刻み続ける帝国ホテルプラザで開店にいたったことについて、出演した稲垣吾郎さんは「憧れの街、日比谷にPOP UP SHOPを開くことができて少し大人になった気分です。ぜひ映画も観ていただけたらと思います。」と語り、今から本人たちもショップ開店を心待ちにしているのだそう。

映画情報どっとこむ ralph <展示とインスタ映え>
ショップ内には、この映画の世界を存分に堪能できるよう、「実際に映画で使用されたピアノ」、「キャストが実際に身に付けた衣装」、「装飾品」の数々など、映画のストーリーを象徴する展示物が数多く並び、映画を見た人なら一度は手にしたいと思うであろう「まさかの一品」も、ここで購入することができる。そして、映画にちなんだ(?)「BIGオブジェ」も店内に登場!その異様な形状に誰もが笑わずにはいられないはず。
インスタグラムなどSNSで投稿したくなる仕組みが溢れている。

<長尺の貴重映像を放映>
ショップ内モニターにてショップ限定の映像を放映。稲垣さん・草彅さん・香取さんのコメントや撮影現場の裏側を収録した、超貴重!「撮影現場メイキング映像」、そして「長尺ダイジェスト映像」を特別に放映。公開前に作品を垣間見ることができるのはショップのみとなっている。

<カフェ と 世界一 クソ 高貴な「コピ・ルアック」の最高級コーヒー>
 店内では、この映画の世界を目で楽しむだけではなく「舌」でも楽しんでもらえるよう、店内に「カフェ」も併設し、ミャンマー産 SL34(フルーティと爽やかな酸味)とジャコウネコのフンから採れる希少価値が最も高い、インドネシア産コピ・ルアック(フルーティでナチュラル感)の奇跡のコラボにより、「世界一高貴で最高級のコーヒー」を味わうことができる。最高級なコーヒーを片手に映像を楽しむことができる(次ページにコーヒーの詳細あり)

<オリジナル・グッズ>
「クソ野郎と美しき世界」オリジナルデザインのマグカップ、ハンカチ、A5リングノート、Tシャツ、ポストカード、ポーチ、トートバッグ、ペーパーカップセットなど、ここでしか手に入らないグッズが多数並ぶ。特にポストカードは、映画のエピソード1〜4までのシーンからセレクトされた写真が使用されている。稲垣さん、草彅さん、香取さんらのスタイリッシュなビジュアルが躍動するグッズなどファンにとってはたまらないオリジナルグッズが販売され、コンサートさながらに「映画オリジナルグッズ」を手に映画館へ向かえばライブ感覚で盛り上がれること必至。(次ページにグッズの詳細あり)
※ オリジナルグッズをご購入いただいた方には豪華特典をプレゼント!

この「POP UP SHOP」には、映画の世界を楽しむための様々な仕掛けが用意され、映画を観る前に訪れて「予習」をし、観終わった後に訪れて「映画の余韻に浸る」ことができ、何度でも来店したくなる企画満載の空間となっている。


<販売グッズ一覧>
POP UP SHOPでしか購入できない「オリジナルグッズ」の数々を販売!
■クソ野郎ベーグル(1日数量限定販売)400円
■マグカップ      1,700円 
■ハンカチ       1,300円
■A5リングノート     900円  
■Tシャツ        3,800円
■ポストカードセット  1,200円
■ポーチ        1,600円
■トートバッグ     2,900円
■ペーパーカップセット 900円
■映画『クソ野郎と美しき世界』各ムビチケ等
(販売商品内容・価格変更の可能性あり。すべて税込み)



春休みでもあり日本中から多くのファンが詰めかけることが予想され、映画主催者側では万全の安全運営体制を整え、現在開店に向け準備しているそう。(開催期間中は整理券を配布する予定)日比谷の街が新しく生まれ変わる今年、「POP UP SHOP」が日比谷の新しい歴史の1ぺージを飾る。訪れた人々はグッズを手に街へ飛び出し映画色であらゆる場所を彩ることになりそう。

映画情報どっとこむ ralph そして!肝心の映画の情報を載せないと!ですね。

アクション&ファンタジー&ラブ&ミュージカルのオールジャンルムービー!

映画「クソ野郎と美しき世界」
4月6日(金)2週間限定 86(野郎)館全国公開!
kusoyaro.net

極悪でバカで泣けて踊れる、クソ野郎だらけの4つのストーリー!
1話~4話がつながり一本の映画になる仕掛けに!最後は豪華ミュージカル!!

『ピアニストを撃つな!』
監督&脚本:園子温
浅野忠信・満島真之介・馬場ふみか
でんでん、神楽坂恵、野崎萌香、冨手麻妙、スプツニ子!
稲垣吾郎

『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』
監督&脚本:山内ケンジ
中島セナ(新人)・古舘寛治・香取慎吾

『光へ、航る』
監督&脚本:太田光
尾野真千子・新井浩文・健太郎・草彅剛

『新しいうた詩』
監督&脚本:児玉裕一  出演:クソ野郎★ALL STARS 

恋に落ちたピアニスト、歌を喰われたアーティスト、
息子を亡くした父親、そんな彼らが迷い込んだ、
美しき世界とは¯¯-。

全力で走る女、フジコ。フジコを追う不気味なマスクをした極悪人「マッドドッグ」。彼らが向かう先には天才ピアニスト。歌を食べて生きる少女「歌喰い」と歌えなくなったアーティストの不思議な関係。失った息子の右腕を探す旅を続ける夫婦。2人が沖縄の海で出会ったのは・・・?夜な夜なクソ野郎たちが集まるダンスフロアで繰り広げられるショー。

それぞれ脚本を執筆しメガフォンを取るのは、『ピアニストを撃つな!』に『愛のむきだし』でベルリン国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し映画界の寵児となった園子温さん、『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』に舞台『トロワグロ』で岸田國士戯曲賞を受賞した山内ケンジさん、『光へ、航る』にお笑いタレントや文筆家としてマルチな才能を発揮している爆笑問題の太田光さん、『新しいうた詩』(※“詩”はルビで“うた”)に手掛けたウェブ広告が世界三大広告賞すべてのインターネット部門でグランプリを受賞した映像ディレクターの児玉裕一さん。

ボーダレスに活躍する創作の天才たちと、「新しい地図」という新たな場所で挑戦し続ける稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんらとの夢のコラボが実現です!

***********************************

出演:
浅野忠信、満島真之介、馬場ふみか、でんでん、神楽坂恵、野崎萌香、冨手麻妙、スプツニ子!、稲垣吾郎/中島セナ、古舘寛治、香取慎吾/尾野真千子、新井浩文、健太郎、草彅剛/クソ野郎★ALL STARS

監督:園子温/山内ケンジ/太田光/児玉裕一  企画:多田琢、山崎隆明、権八成裕
製作・宣伝:新しい地図
制作:ギークサイト
配給協力:キノフィルムズ
©2018 ATARASHIICHIZU MOVIE


本田翼、山本美月、稲垣吾郎らの闇とは!?『少女』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ヨル(夜)の綱渡り。
17歳という年代を生きる少女たちは、暗闇のなかで綱渡りをしているような、そんな危うい毎日を生きている。映画『少女』は、湊かなえ(原作)×主演・本田翼、山本美月×監督・三島有紀子=4人の“女性たち”が仕掛ける、“死”にまつわる禁断の世界を描いた長編ミステリーです。
%e3%80%8e%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%80%8f%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6 そして、ついに迎えた本日10月8日(土)公開初日を迎え、主演の本田翼さん、山本美月さんをはじめ、稲垣吾郎さん、佐藤玲さん、児嶋一哉さん、三島有紀子監督、原作の湊かなえ先生の総勢7名による初日舞台挨拶が行われました。

『少女』初日舞台挨拶
日付:10月8日(土)  
場所:新宿バルト9 シアター9
登壇:本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児嶋一哉、三島有紀子監督、湊かなえ(原作)

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後の舞台挨拶にキャスト陣が登壇すると声援と拍手の渦に。大盛り上がりの中、イベントはスタート。

映画鑑賞後の興奮冷めやらぬ観客に本田さんをはじめとするご登壇の皆さんに、無事に初日を迎えた気持ち・・・そして、自分の中の闇とは。

まずはご挨拶から・・・

本田さん:無事初日を迎えられてとても嬉しいです!キャンペーンでは、皆さん温かく迎え入れて下さったこともすごく良い思い出になっています。

山本さん:今日、無事初日を迎えて嬉しい反面、私達の手から離れてお客様の元に行くのが寂しい気持ちもあります。キャンペーンでは、地元の福岡を訪れ、学校で舞台挨拶をさせて頂いたんですが、後輩の子たちから「美月先輩、おかえりなさい」と言って頂けたことがすごくうれしかったです!ちなみに、私の母校は登下校時は必ず一礼、スカートの丈はひざ下10cmなどと校則が厳しい学校だったので、今回映画に出てきた学校と似ているんですよね。

稲垣さん:生きていく中で誰もが抱える闇や心の傷に寄り添う好きな作品となりました。皆様も気に入ってもらえて2回3回と観に来てもらえればうれしいです。

佐藤さん:こんなに沢山の人に観て頂け嬉しいです。

児嶋さん:(登場するやいなや)児嶋だよ!(笑) 僕がこの場にいるのは場違いに見えるかもしれませんが、初日を迎えることができとても嬉しいです。

三島監督:この映画は皆様の闇を開くかもしれませんが、寄り添い、その先を見つめて頂けたらと思います。

湊先生:「人が死ぬところを見たい」というこの映画のテーマは、後にも先にもこの映画だけだと思います。ハッピーエンドかバッドエンドか、皆さまそれぞれ感じ方は違うと思いますが、今回、素晴らしいキャスト・スタッフの皆様に映画と言う形にして頂け、とてもうれしく思っています。

映画情報どっとこむ ralph 久しぶりに再会した稲垣さんについて

三島監督:10代の方には共感してもらえたという意見を多く聞き、幅広い世代の方に自分の闇を見つけたと言って頂けました。男性の方にも児嶋さんが扮する自信に満ち溢れた教師役に共感したという声を聞き、特に冤罪で稲垣さんの役にも共感する方が多く、男性の方も心の傷が多いなと感じました。稲垣さんと初めてお会いした時に、稲垣さんは一歩下がられて話されるんですよ。その感じがこの役のイメージにぴったりだと感じました。(稲垣さんもパーソナルスペースは大切です!(笑)と答えました。)なので、演じるときにも他の人と距離を持っていただくことをお願いしました。あと、稲垣さんは体が堅そうだと思い、通勤のシーンは車でなく、自転車での通勤シーンにしました。自転車のこぎ方がぎこちなく、それが逆に良かったです(笑)

稲垣さん:本田さんと山本さんの役は大変な役で、自分が20代なら演じきれないのではないかと思いました。それを演じる2人の集中力が凄かったです!本田さんとは現場が一緒になることも少なかったですが、役柄上、あまり現場では会話はしなかったです。でも今思えばもっと話せば良かった(笑)児嶋さんとは和気藹々としていたんですけどね。(児嶋さんから「現場は一度も一緒ではないです。」とツッコまれ会場は笑いに包まれました。)

本田さん:稲垣さんと挨拶しか出来ていないです。(稲垣さんから「僕は話しかけにくいよね」と言われ)話しかけにくかったです!(笑)

山本さん:後半の泣くシーンは何回もやり直して、何時間もかかってしまいました。でも稲垣さんは嫌な顔をせず、優しく真摯に付き合ってくださって、結果すごく良いシーンが撮ることができました。最後は、嬉しくて本当に泣きそうになっちゃいましたね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 自分たちが抱える闇を・・・

本田さん:休みを頂いたのですが、一日中ご飯も食べずにぶっとうしでゲームしていました(笑)

山本さん:3日間休みを頂いたのですが、友達を誘うこともなく、ずっとアニメを見続けてたことですかね…(笑)1クール分すべて見ていました。

稲垣さん:僕は基本、闇ですね(笑)蛍光灯NGなんで、自宅は電気もほぼ付けず、間接照明とろうそくで闇のような場所で過ごしています。

児嶋さん:自分が出た番組のウケたところを何回も観て笑っていない人がいたら次会った時にそれを思い出し心から笑えない自分がいます(笑)

佐藤さん:私の家は子犬を飼えないので、1週間だけ祖母の家で預かったんですが、今はもうその子犬が忘れられず2週間程、子犬の夢を毎日見続けています。その寂しさを何で埋めたらいいですかね…(笑)

湊先生:以前、私の小説を読んでくれた人が、お会いした時に「本当によかったです」とおっしゃって頂いたんです。あるとき、その方のブログを発見して読んだら、めっちゃ、悪口が書いてあったんです(笑) その方が、もしこの映画を観て、ブログにどう書くのか楽しみです(笑)

三島監督:今回、高校生がおじさんを土下座しているのを、携帯の写メで撮るというシーンがあるのですが、それは実は、私の友人のことなんです。友人の場合は、サギではなくて、本当に痴漢に合って、それで「土下座させてやりました」っていうことなんですが、それを、自分の映画でネタにしてしまう、というのが、私の<闇>です。

と闇が明かされました・・・あなたのそっとかかえる闇は何?

映画『少女』大ヒット上映中!
少女ポスター 公式サイト:
www.shoujo.jp

自分自身に向ける「死にたい」という想い、他者に向ける「死ねばいいのに」という想い。

死というものが何なのか分からないからこそ、少女たちは死に興味を持つ。女子校のなかに潜む闇、そこで生きる2人の少女が抱える闇、物語が進むにつれて点と点がつながっていく。そして“死”というキーワードによって導き出される結末には一体、何があるのか? ヨルの綱渡りの先にあるものとは……。

***********************************

原作:湊かなえ『少女』(双葉文庫)
監督:三島有紀子(『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』)
出演:本田翼、山本美月、真剣佑 佐藤玲 児嶋一哉 / 稲垣吾郎

配給・宣伝:東映
(C)2016「少女」製作委員会