「秋月三佳」タグアーカイブ

真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」ドイツ:第18回「ニッポン・コネクション」出品へ!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年5月29日から6月3日までドイツのヘッセン州フランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に、真野恵里菜主演映画「青の帰り道」(洋題:We are)が出展することが決定しました。


ニッポン・コネクションでは、藤井道人監督と出演者を代表して横浜流星がワールドプレミアで舞台挨拶をおこないます。

「ニッポン・コネクション」は世界最大の日本映画専門の映画祭で、18回目の開催を迎える今年は「ニッポン・シネマ」、「ニッポン・ヴィジョンズ」、「ニッポン・アニメーション」、「ニッポン・レトロ」、「ニッポン・キッズ」、「ニッポン・カルチャー」の6部門、合わせて100本以上の長編短編映画が上映される予定。同映画祭は上記の映画部門の他にも、日本文化を紹介するワークショップ、コンサート、パフォーマンスやアート展示など多彩な文化プログラムが展開されることから、ヘッセン州の最も大規模で重要な文化イベントの1つと言われています。

映画情報どっとこむ ralph 映画「青の帰り道」(洋題:We are)は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマで、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいくストーリーです。

主人公のカナを演じるのは、映画「坂道のアポロン」「不能犯」「君と100回目の恋」への出演の他にドラマ、CMなどマルチな活躍が著しい真野恵里菜さん。

舞台「新世界ロマンスオーケストラ」や劇団新感線「修羅天魔~髑髏城の七人season極」など大型舞台へも出演し多方面にて活躍中の清水くるみさん、映画「兄友」「虹色デイズ」「愛唄」と主演作が控えている横浜流星さんなど、脇を固める若手俳優陣の演技も注目の作品です。

映画情報どっとこむ ralph この度の「ニッポン・コネクション」への出展に伴い、本作でメガホンをとった藤井道人監督はじめ、主要キャスト7名のコメントも到着しました。


藤井道人監督コメント
この映画を完成させるための、想いや、苦労、喜び、その全てを吸い込んで「青の帰り道」は完成しました。時代が変わっても、変わらないでほしいことがある人たちの話を描きました。それはタラレバでしかないかもしれないけれど、そう強く願う気持ちを純粋に描くことでしか信じられない世界があると僕は思います。この作品が完成するまでの長い道のりを応援してくださったすべての方々に感謝しております。

真野恵里菜さんからのコメント
作品の完成がとても嬉しく、皆さんに観ていただけることが何よりも幸せに感じられる作品になりました。この作品に携わってくださった全ての方にとても感謝しています。
学生時代一緒にいた7人には、それぞれの道・幸せ・困難があるのですが、その中で夢を追うこと、仕事をすること、家族を想う気持ち、仲間の存在、懸命に生きようとする姿に「何か」を感じていただきたいです。

清水くるみさんからコメント
今まで色々な作品に出会ってきましたが、年月が経てば忘れ去られてしまう作品もあります。この「青の帰り道」は、1人でも多くの人の心の中に残ってほしいと思う作品です。ストーリーにも演じた役にも自分と重なる部分がたくさんあり運命を感じた作品でした。
映画祭も決まり、これから色々な方のもとにこの作品が届くのかなと思うと非常に楽しみです!

横浜流星さんからコメント
監督、キャスト、スタッフ一丸となって創った、自分にとって忘れられない大切な作品です。今回「ニッポン・コネクション」への出展が決まり、とても嬉しいです。お邪魔させて頂くことになったので、1人でも多くの方にこの作品が届く様、携わって下さった方々の思いを胸に責任を持って届けたいと思います。

森永悠希さんからコメント
本当に沢山の方の助力や、並々ならぬ熱意、愛情で出来上がったこの作品を、日本だけでなく、日本以外の方々に見て頂けることが、嬉しいです。国を越えてこの作品を見た方々がどう思い、どう感じとってくれるのか…今からとても楽しみです。

戸塚純貴さんからコメント
「青の帰り道」がこういった形で日本のみならず世界の方々に届くこと、大変光栄に思います!この作品がドイツでの上映で観て下さる方々がどういった反応するのかとても興味深いです。これからも沢山の輪が広がることを心から願っています。

秋月三佳さんからコメント
今年、ドイツのニッポン・コネクションで『青の帰り道』が上映されるという、この幸せな、少し衝撃的な機会に感謝しています。ドイツの人がどう思うのかすごく興味があります。この映画は、私が今置かれている”現実”とは何なのかを見つけている時に、答えを教えてくれました。今を生きる人、未来を生きていく人の心に、深く残る作品だと思います。‬

冨田佳輔さんからコメント
今回ニッポン・コネクションに出品される事を聞き、こんなにも早く皆さんに観て頂けるのか。と思うと同時に、やっと観て頂けるのかと思ってしまうほどこの映画の上映を心待ちにしていました。それもドイツで日本の方のみならず海外の方々にも観て頂けることがとても嬉しいです。
あの夏の僕らの想いを少しでも、心で感じてもらえる事を楽しみにしています。

映画情報どっとこむ ralph 真野恵里菜 主演映画『青の帰り道

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

***********************************


出演:真野恵里菜
清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔
工藤夕貴/平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人
アベラヒデノブ
製作プロダクション:and pictures
製作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」制作委員会
© 2018 Nippon Connection


太賀、吉田羊『母さんがどんなに僕を嫌いでも』感動の実話特報映像


映画情報どっとこむ ralph 3月に映画化が発表され、注目の若手俳優の太賀が主演を務め、実力派女優の吉田羊と共演することで大きな話 題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が2018年11月より全国公開されます。その特報映像および場面写真が解禁となりました。
親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、母から愛をつかみ取るまでの感動 の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。せつなくも、どこまでも温かい愛に包まれた原作は、糸井重里氏 から「心臓が、なんどもぎゅうっとなった。」と絶賛コメントが寄せられ、多くの読者の心を打ち、瞬く間に 話題作となった。 映画化にあたり主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも高い演技力を誇る太賀。

母を演じる実力 派女優の吉田羊は、さわやかなイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露。

共演には森崎ウィン、白石隼也、 秋月三佳のフレッシュな顔ぶれに加え、木野花ら実力派が脇を固める。

監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や『ドラマW ダブル・ファンタジー』の御法川修が務める。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁された特報では、「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ母の衝撃的なセリフから幕を 開ける。太賀の目に溢れる涙や感情を露わにする痛切な場面、さらには吉田演じる母のさびしげな横顔が次々 と映し出され、心を揺さぶられる感動の物語を予感させる。 併せて解禁された場面写真は、特報の緊張感とは一転、仲むつまじい親子にしか見えない太賀と吉田が映し 出されている。わずか15秒の特報と場面写真だけでも、“誰も見たことがない太賀と吉田羊”に出会えるという 期待が高まる。



映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも

は11月に全国ロードショー。

公式サイト:
hahaboku-movie.jp

***********************************

太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花

原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
制作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会


太賀×吉田羊が親子を熱演!『母さんがどんなに僕を嫌いでも』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、人気ブロガーで漫画家、小説家としても活躍する 歌川たいじが自身の母親との関係を描き、多くの感動と反響 を呼んだコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)が映画化され、主演に太賀さんが、また主人公の母親役に吉田羊さんが抜擢され、今秋より全国公開されることが決定しました。


太賀(主演:タイジ役)
歌川さんの実人生を追体験するのは勇気がいる事でしたが、タイジという役の 人間的な愛おしさと、たくさんの困難を乗り越えて来たという事実が、何より も僕を突き動かし、演じるうえでの原動力になりました。心の底から嬉しかっ たことや、心の底から悲しかったこと、主人公が感じてきた事が何一つとして 溢れ落ちないよう、全力で演じました。歌川さんの半生を描いたこの作品が、 見てくださる方の喜びになれば幸いです。

吉田羊(光子役)
脚本を読んでも原作を読んでも、この「母さん」に共感できない、なのに気付 けばボロボロ泣いていました。 子の躰の底から湧いて尽きない母への愛の叫びが、太賀さんの苦しいほどに繊 細なお芝居と私演じる未熟な母を通して皆様の心に届いたら幸いです。 「母親像」は人それぞれ。いろんな感想があるでしょうが、観終わったあと 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の後に続くのは、愛の言葉だといいな。

映画情報どっとこむ ralph 原作は2013年に発売され、作者である歌川たいじ自身が実際に経験した母子間の問題を乗り越え、母の愛を取り戻していく物語。

映画は社会人として働くタイジが、友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年 ものあいだ関係を断っていた母と向き合い、母への愛を一心に伝え、その愛を取り戻そうとする親子の愛を描 いた物語。

そして、主人公を支える友人役には、 俳優としてスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』へ出演を果たし、ダンスボーカルユニットPrizmaXのメンバーとしても活躍する森崎ウィン(キミツ役)、「仮面ライダーウィザード」で人 気を博し、大河ドラマ「真田丸」や『東京喰種』など映像作品への出演が相次ぐ白石隼也(大将役)、秋月三 佳(カナ役)らが名を連ねる。幼少期のタイジ役を人気子役の小山春朋、父親役を斉藤陽一郎が演じ、幼少時 代よりタイジの心の支えとなり、彼の人生に転機をもたらす重要な役どころである婆ちゃん役を木野花が演じ るなど、実力派俳優が脇を固めています。

監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修。

母さんがどんなに僕を嫌いでも

2018年秋より全国公開

公式サイト:
hahaboku-movie.jp

***********************************

太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花
原作:歌川たいじ著「母さんがどんなに僕を嫌いでも」KADOKAWA刊
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
制作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会



石井杏奈チョッピリ涙!『ガールズ・ステップ』初日舞台挨拶


地味でイケてない女子…通称“ジミーズ”が、ひょんなことからダンス部を結成することに…。『ガールズ・ステップ』が9月12日から公開となり、その初日舞台挨拶が行われました!石井杏奈さん、小芝風花さん、小野花梨さん、秋月三佳さん、上原実矩さん、川村泰祐さんと川村泰祐監督が登壇!

さらに、主題歌『ALL FOR YOU』を歌うGENERATIONS from EXILE TRIBEから片寄涼太さん、数原龍友さん、小森隼さん、佐野玲於さん、中務裕太さん、も顔を揃えイベントを盛り上げました。
ガールズステップ初日舞台挨拶ph
『ガールズ・ステップ』初日舞台挨拶
日付:9月12日
場所:丸の内 TOEI
登壇者:
石井杏奈、小芝風花、小野花梨、秋月三佳、上原実矩
川村泰祐監督
GENERATIONS from EXILE TRIBE
片寄涼太、数原龍友、小森隼、佐野玲於、中務裕太

MC:ご挨拶と映画でのダンスについて

石井さん:初日を迎えられて幸せです。5人で何もないところ2か月間毎日レッスンして、作り上げました。多くの方の前で踊った時は達成感で楽しかったです。
石井杏奈
小芝さん:短い時間ですが楽しんでいってください。ダンスは、難しかったです。まさかE-Girlsの杏奈ちゃんと踊るなんて。兎に角、しがみついて頑張りました!杏奈ちゃんが本当に優しく教えてくれて良い先生でした。
小芝風花
小野さん:沢山の人たちに支えられてこうして初日を迎えられることが出来き嬉しく思います。ダンスは練習の期間を長くとっていただけたので、一緒に居る時間が長かったので気持ちを共有出来て。そういう時間がありがたかったです。
小野花梨
秋月さん:Put your Hands UP! E-Girlsだと思うようにしていました。E-girlsのパフォーマンス見てると私居るんだろうなぐらいなイメージでいました。『ALL FOR YOU』が涙腺を刺激するので、撮影時号泣してしまいました。
秋月三佳
上原さん:初日を迎えられて本当に嬉しいです。ダンスは毎日練習で本当に大変で。もうやりたくないなと思ったときもありましたが、舞台に立って踊ると気持ちよくて。積み重ねてきたことが大事だなと思います。ダンスの良さを知りました。
上原実矩
川村監督:数ある映画の中から『ガールズ☆ステップ』を選んでいただきありがとうございます。今回、台本を読んでGENERATIONSさんい楽曲を作っていただいたので、ジミーズにあたるような詞でお願いしました。
川村泰祐監督
MC:主題歌を歌われているGENERATIONS from EXILE TRIBEの皆さんお願いします!

GENERATIONS片寄涼太2 片寄さん:ガールズステップ初日おめでとうございます。このような素敵な映画に僕たちも主題歌として携われて光栄に思っています!

数原さん:短い時間ですが、皆さんと素敵な思い出を作れたらと思っています。

小森さん:こうして素敵なステージに立たせていただけてうれしく思います。

佐野さん:自分たちが少しでも書かわることで、映画が盛り上がれば凄いうれしいです。

中務さん:ガールズステップをともに盛り上げさせていただきたいとおもいます。

MC:ジミーズとしてまた踊りたくないですか?

石井さん:また踊りたいですね。是非沢山の方に観ていただいて第2弾を。

川村監督:当たってもらえれば是非第2弾を。その時にはGENERATIONSのみなさんに出演していただければと思います。

MC:若い時にこの女優陣に経験しておくべきことは何でしょうか監督?

川村監督:“苦労”は買っててでもしてほしいのと。“恋”。人を好きになるということを覚えて欲しい。

石井さん:小説とか漫画とかを読んで勉強します。

ガールズステップ初日舞台挨拶2
MC:『ALL FOR YOU』いかがですか?

ガールズ・ステップ練習小芝さん:『ALL FOR YOU』を聞くとダンスが体に染みついているので撮影風景がよみがえってきます。

石井さん:ジーミーズにリンクしていて、曲を聞くと頑張ろうって思いました。

MC:主演の石井杏奈さんはどんな存在ですか?小芝さん。

小芝さん:笑顔が可愛いんですが、ジミーズにしか見せない顔もあるんですよ。そこも可愛くって。大好きです。

川村監督:日本一面倒見のいい主演女優だと思いますよ。全くダンスが出来ない子たちをここまで持ってこれたのは素晴らしいなと思います。

石井さん:撮影しているときに主演でどうしようと思っていると、監督スタッフのみなさんの笑顔があって・・(ちょっと涙目)・レッスンも苦じゃなくて。最後に思ったのはみんながジミーズで良かったなと思いました。
石井杏奈涙
MC:ガールズステップは「自分の殻を破る瞬間」ですが

石井さん:この映画ですね。初主演の夢もかなうことが出来て、みんなと出合えて、監督やスタッフさんたちと仕事が出来て、沢山の思いを経験させていただけて。一年前よりガールズステップできたのではないかと思います。

未成年なので鏡割りはお酒が入っていないバージョンです!
ガールズステップ初日舞台挨拶鏡割り
最後に

石井さん:自分の未来なんてわかりません!自分たちの殻を破って、凄い楽しい幸せな人生にしてください。そんな皆さんを映画が後押ししてくれたらと思っています。
ガールズステップ初日舞台挨拶last
『ガールズ・ステップ』

9月12日(土)ROADSHOW 絶賛公開中!

公式サイト:http://www.girls-step.com/



********************************************************************

物語・・・
幼いころにいじめられたトラウマから、誰に対しても調子よく接してしまう高校2年生のあずさ(石井杏奈)。
ガールズ・ステップ_ポスターある日、あずさはひょんな出来事から、ダンス部を結成する羽目に…。一緒に集められたメンバーは、クラスに友達のいないボッチで地味な4人。根暗の愛海(小芝風花)に勘違い女の葉月(小野花梨)、それからガリ勉の環(秋月三佳)にヤンキーの美香(上原実矩)。通称“ジミーズ”と呼ばれる面々だった。更に、コーチとしてやってきたケニー(塚本高史)は、とにかくチャラいしなんか胡散臭い…!!元々友達のいない“ジミーズ”に、チームワークなど芽生えるはずもなく、ダンスも散々。だが、失敗を重ねながらもひたむきに挑む彼女たちに、まさかの友情が芽生えはじめ…!?

…でも、この友情…本物の友情なの…?初めて味わう友達という存在に戸惑うジミーズ。
やっとできた気兼ねなく笑いあえる仲間を失いたくないからこそ、本当の自分を見せあうことが出来ない彼女たち。果たして、ジミーズは本当の「仲間」と呼び合える存在になれるのだろうか。
そして、ダンス選手権という大きな舞台に挑むことを決めたジミーズの行方は…!?

キャスト
石井杏奈 小芝風花 小野花梨 秋月三佳 上原実矩
磯村勇斗 / 大東駿介(友情出演)  
音月 桂 / 山本裕典  塚本高史
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
原作:宇山佳佑『ガールズ・ステップ』集英社文庫
主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE 『ALL FOR YOU』

©宇山佳佑/集英社 ©「ガールズ・ステップ」製作委員会