「秋月三佳」タグアーカイブ

真野恵里菜,清水くるみ,横浜流星,森永悠希,秋月三佳,冨田佳輔,藤井道人監督登壇「青の帰り道」完成披露決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に出展され、12月7日(金)より全国順次公開される映画「青の帰り道」の完成披露上映会が実施されることが決定しました。


若手実力派が集結した本作は、7人の若者達が群馬県前橋市と東京を舞台に繰り広げる苦悩と成長を描いた青春物語。

完成披露の舞台を飾るのは、主演・真野恵里菜をはじめ、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、秋月三佳、冨田佳輔といった豪華キャスト。

戸塚純貴は、特別コメント映像にて参加いたします。更に、本作でメガホンをとった藤井道人監督が華をそえます。

【完成披露上映会 概要】
日程:11月13日(火) 
時間:18:30開演
場所:新宿バルト9
登壇(予定):真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、秋月三佳、冨田佳輔、藤井道人監督

映画情報どっとこむ ralph 映画「青の帰り道

12月7日(金)新宿バルト9ほか全国順次公開

公式サイト:
aono-kaerimichi.com

物語・・・
2008年、東京近郊の町でまもなく高校卒業を迎える7人の若者たち。歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。家族と上手くいかず実家を出て東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。できちゃった婚で結婚を決めたコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。7人がそれぞれに大人への階段を上り始めて3年後、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者――7人7様の人生模様が繰り広げられる。
そして、再び“あの場所”に戻った者たちの胸に宿る思いとは――。

***********************************

出演:真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満  
監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ  
制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー  
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ  
©映画「青の帰り道」製作委員会 


もしも僕が天才だったら。真野恵里菜 主演「青の帰り道」場面写真が一挙解禁


映画情報どっとこむ ralph この度12月7日(金)に劇場公開される「青の帰り道」より待望の場面写真が一挙解禁となりました!!!

本作は、7人の若者達が群馬県前橋市と東京を舞台に繰り広げる苦悩と成長を描いた青春物語です。

それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ向かって進んでいく様を瑞々しく映し出します。歌手を夢見て東京で暮らす主人公カナ(真野恵里菜)。

カナの親友キリ(清水くるみ)。

硬派でやんちゃなリョウ(横浜流星)。

カナとともに音楽を愛する青年、タツオ(森永悠希)。

地元に残り結婚するコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。


現役で大学進学を果たし都会に出ていくユウキ(冨田佳輔)。

楽しそうな表情や、どこか寂し気な表情など、彼らの様々な状況が映し出された場面写真から見えてくるものとは?!


誰もが通過する青春時代の一幕と、大人への道程。すべての年代の人たちの心に残る青春映画。

青の帰り道

公式サイト:aono-kaerimichi.com

12月7日(金)新宿バルト9ほか全国順次公開です。

物語・・・
2008年、東京近郊の町でまもなく高校卒業を迎える7人の若者たち。歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。家族と上手くいかず実家を出て東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。できちゃった婚で結婚を決めたコウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。7人がそれぞれに大人への階段を上り始めて3年後、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者――7人7様の人生模様が繰り広げられる。そして、再び“あの場所”に戻った者たちの胸に宿る思いとは――。

***********************************

出演:真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満
監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ
制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「青の帰り道」製作委員会 


気分屋で毒舌家!でも優しい森崎ウィン場面写真解禁!『母さんがどんな に僕を嫌いでも』


映画情報どっとこむ ralph 太賀が主演。吉田羊共演『母さんがどんな に僕を嫌いでも』が11月16日(金)より新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開となります。

今回、主人公タイジの親友キミツを演じた、若手注目俳優・森崎ウィンの場面写真が解禁となりました!

気分屋で毒舌家、イヤミも言うけど… 時折見せる優しい笑顔に胸キュン!

森崎ウィン演じる“キミツ” は華やかな生活を送るお金持ち。

社会人劇団に参加するキミツは、劇団見学に訪 れたタイジ(太賀)と出会った瞬間から、容赦ない毒舌を放ちタイジを動揺させる。
しかし、その飾り気のない 言葉にはキミツなりの優しさがあり、タイジはそんなキミツへ次第に心を開いていく。

この度解禁された場面写真は、タイジの部屋に突然現れ、我がもの顔で部屋に居座りタイジへ説教を始めるシーン、
ズカズカとタイジの懐に入り込む、いかにもキミツらしい 場面が切り取られている。

さらに、砂浜に座ってタイジが過去の出来事を大将(白石隼也)とカナ(秋月三佳) に打ち明け、涙を誘うシーンでは、なぜか一人だけ背を向け、ふてくされたような顔で寝転ぶ姿が。
『レディ・ プレイヤー1』で魅せた精悍な顔つきとは一変、口は悪いが憎めない、しかし本当は誰よりも友人思いのキミツ を様々な表情で演じている。本編では、キミツがタイジへ投げかける心温まる言葉たちも必見だ。

映画情報どっとこむ ralph 母さんがどんな に僕を嫌いでも

公式サイト:
hahaboku-movie.jp

11月16日(金)より 新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開!


物語・・・
タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で 育てられた。耐え かねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と 向き合う覚悟をする。大人になって も自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために 立ち向かっていく。

***********************************

太賀 吉田羊
森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花

原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)
主題歌:ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
   


太賀、吉田羊 母子が心揺さぶる渾身の演技『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国 公開となる太賀、吉田羊が親子役で共演する映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の予告編と本ビジュアルが解禁となりました。


親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまで の奇跡の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。主人公・タイジを演じるのは、太賀。タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役には、吉田羊。

タイジを支える 友人役を森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳が好演し、他にも木野花をはじめとした実力派俳優陣が脇を固めている作品。

この度解禁された予告編は、「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ 母のショッキングな映像から幕を開ける。吉田羊がいままでの爽やかな明るさを 封印し、見たことのないような険しい表情を見せ、息子につらく当たる母親を熱 演。美しさの中にある影を携えた表情にハッとさせられる人も多いだろう。かた や母親との壮絶な過去を経て、大人になったタイジは、心をふさいだような伏し 目がちな表情が、友人との出会いで徐々に前向きになり、ついには決意に満ちた 力強い表情で「負けてたまるか」と母への想いを新たにする。母に拒絶され続け た息子が前を向き、果敢に向かっていく様を全身全霊で演じた太賀の姿に胸打た れるはず。タイジが母親を背負いながら「母さん、僕がいるから!」と叫ぶシー ン。そして二人が顔を合わせ涙するシーンからは、息子の母への強い愛が、凍り ついた母の心を優しく溶かしていく姿を垣間見ることができる。



映画情報どっとこむ ralph 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

11月16日(金)より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開決定
公式サイト:hahaboku-movie.jp

物語・・・
タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で 育てられた。 耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と 向き合う覚悟をする。大人 になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために 立ち向かっていく。

***********************************

太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花

原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)
主題歌:ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)

監督:御法川修
脚本:大谷洋介
制作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会


真野恵里菜 主演映画「青の帰り道」初日決定!主題歌決定!日本版ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph
この度ドイツのヘッセン州フランクフルトで開催された世界最大の世界最大の日本映画祭 第18回「ニッポン・コネクション」に出展され、スタンディングオーベーションを巻き起こした「青の帰り道」が12月7日(金)に劇場公開されることが決定しました。

更に初日解禁に伴い、日本版ポスタービジュアルが解禁。
既に解禁されている海外版ポスターのビジュアルをそのまま生かし、

キャッチコピーには「もしも僕が天才だったら。」

というフレーズが起用されました。

このフレーズは、本作で主題歌となった「たられば」の歌詞から引用されたものです。楽曲を担当したのは、青森県在住の秋田ひろむを中心とするバンドamazarashi。「たられば」は、「生きていたら誰もが心の中で思う数々の“たられば”」を、秋田ひろむが独自の歌詞で表現した楽曲です。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、7人の若者達が、群馬県前橋市と東京を舞台に、それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら新しい未来へ向かって進んでいく様を瑞々しく描いた青春群像劇です。

歌手を夢見る主人公カナを演じたのはハロー!プロジェクトで歌手活動を行っていた頃から演技力が注目され、現在は女優として活躍する真野恵里菜。

カナの親友キリ役には、映画「桐島、部活やめるってよ」で注目を集めた清水くるみ。

唯一硬派でやんちゃなキャラクターリョウを演じたのは、「虹色デイズ」「愛唄」など話題の主演作が続き、その演技力に注目が集まる横浜流星。

カナとともに音楽を愛する青年、タツオを演じたのは、「ちはやふる」シリーズ(16・18)で知られる森永悠希。

地元に残り結婚したコウタとマリコには、戸塚純貴と秋月三佳。

現役で大学進学を果たし希望に満ちて都会に出ていくユウキには、冨田佳輔と、正に今最も旬な若手キャストが集結。

更に、キリの母には、工藤夕貴、タツオの父には平田満といった、ベテラン俳優が脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph そして伊坂幸太郎原作の映画「オー!ファーザー」で長編デビューを果たし、2019年には山田孝之プロデュース映画「デイアンドナイト」の公開が控える藤井道人監督がメガホンをとっています。

【主題歌情報】

・amazaraashi「地方都市のメメント・モリ」(アルバム)内収録※ 2017.12.13 Release.

・曲名:たられば

・販売価格:
[CD+DVD+365日詩集ダイアリー]※特殊仕様スペシャルパッケージ¥4,500(tax out)
初回生産限定盤B[2CD+DVD]¥3,900(tax out)

通常盤[CD]¥3,000(tax out)



***********************************


出演:
真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、工藤夕貴、平田満

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ

制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone 配給協力:ティ・ジョイ
(c)映画「青の帰り道」製作委員会