「私の人生なのに」タグアーカイブ

映画『私の人生なのに』ポスター&予告完成 JY「涙の理由」が主題歌に!


映画情報どっとこむ ralph 映画『私の人生なのに』が、7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となります。

本作は、金城瑞穂役の知英さんが、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり、絶望の中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介役の稲葉友さんと再会することで音楽と触れ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、人生がふたたび動き出していく青春サクセスストーリーです。

そのポスタービジュアルは、主演・知英さんが扮する瑞穂と、本作のほかに今年冬公開の映画『春待つ僕ら』への出演が決定するなど、舞台・ドラマ・映画など多方面から注目を集めている稲葉友さん扮する柏原淳之介が、“音楽”を通じて新たなステージに向かっていく貴重なシーンを再現しており、二人のギターセッションが、ビジュアルにインパクトを与えております。


予告は、瑞穂の絶望と孤独、家族との絆、幼なじみ淳之介と音楽を通じて新しいステージを目指していく二人の姿が描かれております。主題歌は、大ヒットソング「好きな人がいること」のJYが担当。

脚本を読んで書き下ろされた「涙の理由」が、ストーリーに深みを与え、涙を誘います。



知英さんと稲葉友さんのほかには、新体操部アスレチックトレーナー役に落合モトキや根岸季衣、深沢敦など個性的な実力派俳優が脇を固めており、物語にスパイスを効かせます。監督は、『全員、片想い~片想いスパイラル~』『小川町セレナーデ』などを手がけている原桂之介。この夏、清智英・東きゆう著書の原作『私の人生なのに』(講談社刊)から生まれたほろ苦い青春映画が、皆様の心を熱くします。


物語・・・
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ

新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。
塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは?

***********************************

知英
稲葉友  /  落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 
?橋洋  赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎 
衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 
制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ  
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
?2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分


稲葉友が知英:瑞穂の幼馴染の柏原淳之介役!映画「私の人生なのに」


映画情報どっとこむ ralph 知英、主演の映画「私の人生なのに」。

幼馴染の柏原淳之介役が稲葉友さんだとわかりました!

本作は、金城瑞穂(知英)が、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり、絶望の中、音楽と出会うことで人生がふたたび動き出し、新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリー。


今回出演が発表されたのは、映画「春待つ僕ら」など話題作への出演も決定している若手実力派俳優・稲葉友。
稲葉演じる柏原淳之介は、瑞穂の前に数年ぶりに現れた幼なじみで、瑞穂が再び前を向くきっかけとなる重要な役どころなんです。

瑞穂と淳之介。
それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、新しいステージを目指していく二人の姿が印象的に描かれる。今回の作品で稲葉は、ギター演奏と歌唱を“初”披露することもわかっており、新たな一面にも注目が集まりまする。

映画情報どっとこむ ralph 稲葉友さんからのコメントです!

稲葉さん:脊髄梗塞になった主人公、金城瑞穂と再会する幼馴染の柏原淳之介を演じます。作品が決まってからは毎日ギターを弾いて、曲を作って、歌っていました。その時の心も身体も全部捧げました。知英さんをはじめとするキャストの皆様、原監督をはじめとするスタッフの皆様、エキストラで集まってくださった皆様、撮影に関わってくださった全ての人の力が、とても確かにグッと込もった映画です。「生きる」って何だろうと、そんな誰もが抱えるテーマを真っ直ぐにひたむきに描いた作品になっています。「私の人生なのに」このタイトルに続く言葉を、是非とも映画館に確認しにきてください。


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督は『小川町セレナーデ』原桂之介!注目です。

私の人生なのに

今夏、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://watashinojinsei.com



***********************************

知英
稲葉友

監督・脚本:原桂之介

原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作:瀬井哲也
プロデューサー:行実良、柴原祐一
共同プロデューサー:長井龍
撮影:加藤十大 照明:志村昭裕
録音:小林武史 美術:田口貴久
編集:相良直一郎

衣裳:岡本華菜子
ヘアメイク:及川奈緒美
キャスティング:あんだ敬一
助監督:岩坪梨絵

制作担当:金子堅太郎
ラインプロデューサー:傳野貴之
制作プロダクション:ダブ
協力:J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
©2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ



知英 最新主演映画は原桂之介監督『私の人生なのに』今夏、公開決定!特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中の主演映画『レオン』が大ヒット中の“知英”。
次回作となる最新主演映画『私の人生なのに』が、今夏、全国公開が決定しました。

彼女が贈る最新作『私の人生なのに』は、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり絶望を彷徨う中、音楽と出会うことで人生に彩りが戻り、自分を受け入れながら新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリーです。原作は清智英先生・東きゆう先生の同名ライトノベル『私の人生なのに』。

本日、特報と映画場面写真が解禁となりました!


女性アイドルグループKARAのメンバー時代からダンスで鍛えた身体能力をいかしながら、新体操のリボンの練習をかなり重ねて金城瑞穂役に挑みました。

また車椅子で生活する女性の役でもあるため、日常生活でも車椅子を何ヶ月も利用し自身の生活の一部にしながら役作りを続けて撮影。

脚本・監督は『小川町セレナーデ』原桂之介!

注目です。


私の人生なのに

今夏、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://watashinojinsei.com

***********************************

知英
脚本・監督|原桂之介『平成ポンチ』『小川町セレナーデ』
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
企画|VAP 制作|ダブ 
協力|J-Workout 
配給|プレシディオ 
宣伝|MUSA
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
©2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ