「福田雄一監督」タグアーカイブ

山田孝之と長澤まさみの大人ラブストーリー『50回目のファーストキス』予告&平井堅 主題歌解禁!


映画情報どっとこむ ralph 山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務め、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などで知られる福田雄一監督が手掛ける初のラブストーリー、『50回目のファーストキス』が6月1日(金)より全国公開します。

本作はハワイのオアフ島を舞台に、記憶障害で前日の出来事を全て忘れてしまう瑠依(長澤まさみ)と、そんな彼女に一目惚れした大輔(山田孝之)との恋の行方を描いたラブストーリー。


そしてこの度、本予告・主題歌が解禁となりました!



解禁された予告篇では、大輔(山田)がカフェで瑠依(長澤)に一目惚れするシーン、ハワイの美しいロケーションでの二人のデートや「ファーストキスって最高!」と叫ぶ瑠衣などのロマンティックな映像、そして一転して、苦悩しさけぶ瑠衣と涙を流す大輔の姿など、今までの福田監督からは想像もつかない、思わず涙を誘われるような映像が完成いたしまいしました!

映画情報どっとこむ ralph そして、予告の映像とともに、平井堅の担当する主題歌「トドカナイカラ」も同時に解禁。

松橋真三プロデューサーは、「最近、恋愛映画はティーンのものになって、大人が観たいものが少なくなっている印象があります。『50回目のファーストキス』で、我々は恋愛映画を大人に取り戻したいと思っています。そのために、どうしても平井堅さんの力が必要でした。」と起用の理由を語っている。
これまでにも数多くの映画主題歌を担当してきた平井が今回のために書き下ろした新曲は、どんなに好きな人に気持ちを伝えても次の日には相手の記憶が1日で消えてしまうという今作の切なさに寄り添った、渾身のラブソングが完成。その繊細な歌声で、映画をよりドラマチックに盛り上げます。


平井堅さんからのコメントが届いています!

オリジナル映画も大好きだったので、このお話を頂いた時は勝手にデスティニーを感じました(笑)。愛とは継続するものだけれど、実は日々忘れて思い出しての繰り返しの中で構築され、磨かれていくものなのかもしれない。そんな思いで書きました。

“トドカナイカラ”がトドキマスヨウニ。

映画情報どっとこむ ralph 映画『50回目のファーストキス

6月1日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://50kiss.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/50kissjp

物語・・・
ハワイのオアフ島。ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしている、プレイボーイの大輔は、ある日、カフェで瑠依という明るくて魅力的な地元の女性と出会う。
たちまち意気投合するふたりだったが、翌朝会った瑠依は、大輔のことをまるで覚えていない。瑠依は、新しい記憶が一晩でリセットされるという事故の後遺症を患っていた。
そんな彼女に本気になった大輔は、毎日初対面の彼女をあの手この手で口説き落とす。ふたりは毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをくりかえす。
しかし、ふとした事件で瑠依は自分の記憶のズレに気づき、苦しむことに。そのことすら1日で忘れてしまうのだが、このままでは瑠依の人生は失われたままだと考えた大輔は、彼女のため、ある〝新たな試み“をしかける・・・!

***********************************

主演:山田孝之 長澤まさみ
ムロツヨシ 勝矢 太賀 山崎紘菜/
大和田伸也 佐藤二朗

脚本・監督:福田雄一
プロデューサー:北島直明 松橋真三
製作:『50回目のファーストキス』製作委員会
制作プロダクション:Plus D
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会


2017年邦画実写映画No.1『銀魂』レンタル セル 邦画部門 1位~4位独占!!


ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントより、先日劇場版実写映画『銀魂 パート2』(仮)の製作決定と、2018年夏休み公開予定がサプライズ発表された劇場版実写映画『銀魂』が、週間レンタルランキング全ジャンルで初登場第1位を獲得いたしました。

また、邦画部門の週間販売ランキングでは、DVDが初登場第1位、【初回仕様】 プレミアム・エディション(DVD)が第2位、【初回仕様】 プレミアム・エディション(ブルーレイ)が第3位、ブルーレイが第4位を獲得し、1位~4位を独占いたしました。
さらに<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>も第9位にランクインを果たしています。
(集計期間: 11/20~11/26、TSUTAYA調べ)

◆ブルーレイ、DVD 発売中/ブルーレイ、DVD レンタル中/デジタル配信中 『銀魂』
【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥7,990+税
【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2枚組) ¥6,990+税

<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) ¥5,990+税 ブルーレイ ¥4,990+税 DVD ¥3,990+税

ブルーレイ、DVDレンタル デジタル配信

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 過去記事も良かったらどうぞ!

映画『銀魂パート2(仮)』製作決定!BD&DVDリリース記念 小栗旬、福田雄一監督イベントで
http://eigajoho.com/90121


***********************************



映画『銀魂パート2(仮)』製作決定!BD&DVDリリース記念 小栗旬、福田雄一監督イベントで


映画情報どっとこむ ralph 2017年11月22日(水)に実写映画『銀魂』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始いたします。また、デジタル先行配信中です。

そして!!

この度、予約殺到中のブルーレイ&DVDリリースの大ヒットを祈願して、小栗旬、福田雄一監督によるトークイベントを実施!ピー音なしでは流せないめっちゃ面白トークが繰り広げられました。
このイベントの中で「銀魂パート2(仮)」の製作が発表となり、公開は2018年夏休み!だそうです。

日時:2017年11月16日
会場:秋葉原UDX THEATER
登壇:小栗旬、福田雄一監督

映画情報どっとこむ ralph 挨拶も早々に、トークは全開モードに。
ブルーレイ プレミアム・エディション特典のコメンタリー収録時にリラックスし過ぎたとのことで、話過ぎてピー音入りまくりだそう。

ここでは書きにくい色々な話の後。

小栗さん:映画が面白くって途中から、観てましたからね。

と、小栗さんはDVDもらって帰り家でじっくり見たそう。しかし、実は初号試写はちゃんと観たそうですが・・・
小栗さん:初号試写の時は昼の回は菅田とか橋本とかで盛り上がってたと聞いたのですが、僕が行った夜はスーツの大人ばかりで、シーンとしていて、クスリともしないんで。大丈夫かなこの映画と思いました。しかも、一緒に観ていた山田孝之ちょっと怒ってる感じで。笑わない。(笑)

と、心配になったそう。

話はアクションシーンの撮影の話に。

小栗さん:新井君とは撮影で十日間くらい戦ってたんです。最後、新井君はもう腕上がらなったですからね。でも出来上がったの観たら一瞬。
監督:マッサージ師呼んでおいたんですけどね。

小栗さん:新井君は福田組で笑いないしって!と嘆いてましたよ。

監督:アクションはオファー来るよって言ったらアクション二度とやらないって(笑)

と、かなりアクションの撮影は過酷だったと話します。そのアクションを付けたのがチャン監督。
監督:銀魂なんでチャンバラじゃないほうがいいなと思っていたんで、アクション監督は、小栗が紹介してくれたチャン監督。韓国公開の時に舞台挨拶しに行きます。

との事。

演出に関して一番時間かけたのが

監督:環環(橋本環奈)が鼻ほじる、指を入れて広げたところで、口全開で白目。あそこ。あと歌の時のしゃくれ。(笑)

さらに話は勘九郎さんのピーーーーーーーーーーの話に。

監督:リアルを追求するには、出さなきゃ!って直談判されてね。

と、リアルを追求する姿勢の勘九郎さんでしたが、被害者は柳楽さん。

それを目の前にNG連発したそう。

映画情報どっとこむ ralph そして!!!!

続編「銀魂パート2」の製作が決定の発表!!

監督:良かったです!来年の夏休み公開。

小栗さん:主役が僕じゃなくなってるってのは?ムロさんが銀さん。もう銀髪にはしたくない。切れてなくなってたんで、地毛無理ですって。
監督によると実は、もう本が出来てるいるそうなので、こうご期待です。

さらにジャンプフェスタで追加発表があるそうです!たぶん。

映画情報どっとこむ ralph 映画『銀魂』 2017年11月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース/デジタル先行配信中

■【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥7,990+税
■【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2枚組)¥6,990+税
■【3000セット限定生産】ブルーレイ スチールブック仕様 ¥6,490+税
■<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組) ¥5,990+税
■ブルーレイ ¥4,990+税 ■DVD ¥3,990+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

絶対買うあるよ!!!

***********************************



福田雄一監督『斉木楠雄のΨ難』ロケ地足利市で舞台挨拶。山﨑賢人は可愛いい!


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督 福田雄一、主演・山﨑賢人で大ヒット公開中の『斉木楠雄のΨ難』。ロケ地となった栃木県足利市のユナイテッド・シネマアシコタウンあしかがにて、福田雄一監督が舞台挨拶とQ&Aを行いました!

『斉木楠雄のΨ難』
日付:11月12日(日)
場所:ユナイテッド・シネマアシコタウンあしかが
登壇:福田雄一監督

映画情報どっとこむ ralph Q:監督ご出身の栃木県ですが足利市での撮影はいかがですか?

福田監督:実は、今まで足利にはあまり来たことがありませんでした。栃木県民だけどあまり他の場所に足を運ばないんですよ。みんなもそうですよね?小山(監督出身地)とかいきます?(笑)
映画を観てお分かりかと思いますが、夜のシーンないので、毎日賢人くんとカンカン(橋本環奈)たちとかなりご飯を食べに行きました。足利で最も愛して止まないのが、餃子ですが、焼肉も寿司もいろいろ食べましたよ。

Q:出演者の中で最も面白かったのは?

福田監督:みんな面白かったですが、ギャップと言う意味では橋本さん。こんなことをやってくれる女優さんはいないですよ。(会場の人に意見を求めて)だって、みんなもあんなこと(振り切った演技)はできないでしょう?橋本さんは映画の公開後に初めて映画を観たのですが、自分でも「がんばったな」と思ったそうですよ。


Q:今後キャスティングしたい人は?(ムロツヨシさん好きの小学生からの質問)

福田監督:ムロツヨシは今後もどんどんキャスティングしていきますよ。一生涯、僕の映画には出る契約なので。(笑)
『女子ーズ』という映画で、全くスケジュールの合わないのに、「どうしても出たい」と言うので、「明日、電車のシーンがあるから出る?」と台本にもないのに、出ることになったんですよ。(笑)
今後にも使っていきます

Q:山﨑賢人さんは撮影現場ではどういう人でしたか?

福田監督:皆さんが思っているままの印象だと思いますが、「天然」という言葉で片付けていいのかわからない面白さがあります。狙ってないので、発言が神がかっていてすごく面白い。とにかく可愛くて仕方なくて、かなり可愛がりましたよ。(笑)
毎日ロケが終わった後に、一緒にご飯を食べていました。山﨑さんが早く終わると帰ってもいいのに、モニター横でちょこんと座って待っててくれるんですよ。でもある日、僕がロケで足利から離れた場所で夜遅くまで撮影していて、ご飯が一緒に食べれない日があったんです。その日はさすがに1人でご飯食べているんだろうなぁ、と思っていたら「監督、ホテルで待っています」と女子からもらったら相当嬉しいメールをもらいました。(笑)キュンとしちゃいました。懐に入ってくる可愛らしさがあるんですよね。

映画情報どっとこむ ralph 斉木楠雄のΨ難
全国大ヒット上映中!!

物語・・・
生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄。毎年恒例の一大イベント、文化祭で、なぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんで、災難が次から次へとふりかかりまくる。ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?


「斉木楠雄のΨ難」 麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
2012年より週刊少年ジャンプで連載中のシリーズ累計発行部数500万部を超える異色の大人気ギャグコメディ!実写映画化だけでなく、ゲーム、アニメなど幅広く展開がなされ、テレビアニメは熱狂の渦の中、放送が終了、その人気ぶりから続編の制作がすでに決定、発表されている。


***********************************

出演:山﨑賢人 橋本環奈
新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸/賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗
内田有紀 田辺誠一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・監督:福田雄一  音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
制作プロダクション:プラスディー 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース
公式サイト:saikikusuo-movie.jp (C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会


映画『銀魂』福田雄一監督日経BPが選ぶ「ヒットメイカー・オブ・ザ・イヤー2017」に選出!


映画情報どっとこむ ralph この度、「日経エンタテイメント!」(日経BP社)が選ぶ「ヒットメイカー・オブ・ザ・イヤー2017」 グランプリに本作の福田雄一監督が選出されました。そして本日、TREND EXPO TOKYO 2017にて その表彰式が行われ、福田雄一監督と、本作で神楽役を演じた橋本環奈が登壇しました。

映画『銀魂』は興行収入38.4億円※を記録し、2017年の邦画実 写映画No.1となる大ヒットを記録。(※10月25日時点)
本作が実写化が難しいとされるマンガ原作映画では破格のヒットを収め、10月21日に公開した 『斉木楠雄のψ難』ほか、ドラマや舞台でも多くの観客を魅了した事が評価されました。

授賞式には『銀魂』でヒロインの神楽役を演じた橋本環奈さんもプレゼンターとして登場。表彰状を渡された福田監督

福田監督:僕みたいな者がこの賞をいただくのは沢 山のクリエイターの方々の勇気につながると思う。

とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 授賞式後のトークショーで福田組に初参加した感想を聞かれ

橋本さん:福田さんは“福田組”への参加を役者に望まれる監督。 自分が出演できると決まった時は楽しみだった。

と語り、本作でコメディに挑戦した事について

橋本さん:福田監督は的確に指示をしてくれて、結果的に観て面白いので任せられる。何も考えずにとにかくやりきる事を考えた。

と監督の演出に対する信頼を見せた。また、大胆に鼻をほじるシーンでは“第一関節まで指を中に入れる”という細かい指示や厳しい指導があった事を明かした。

対して橋本を起用した理由を聞かれた福田監督は

福田監督:個人的に好みだった。

と回答し

橋本さん:今日はちゃんと話そうって言ったじゃないですか!!!!

と叱られると・・・

福田監督:2,3 分話しただけでコメディの才能がわかった。

と、橋本さんを”希代のコメディエンヌ”と絶賛。
それを受け橋本が福田組の現場では“監督を笑わせたい願望”が出て来ると述べると、

福田監督:僕の現場は役者が監督を笑わせたもの勝ちになる。僕は面白くない と全然笑わないので笑ってないと役者は不安になるらしい。だからほぼ全作でご一緒しているムロくん(ムロツヨシ)や二朗さん(佐藤 二朗)は、僕が一回観たことある演技に笑わないのは地獄の様な事だと思う。それでもムロくんも二朗さんもいつも違う演技を見せてく れるし、それに対して僕も今回は面白くないと言われたくない緊張感がある。

と福田組の笑いが作られる秘訣を語った。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

お笑いをテーマにした映画がなかなかヒットしない中、今年監督した2作がヒットした事について聞かれ

福田監督:“これは なし”という考え方を“これはこれであり”という考え方にするだけでいろんなジャンルにエンターテイメントは広がっていく。ちょっとでも 皆がそう思ってくれたらいいなと思う。

という期待を述べ、授賞式を終えた。

映画情報どっとこむ ralph 銀魂
2017年11 月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース/デジタル先行配信中
【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)¥7,990+税
【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2 枚組)¥6,990+税
【3000 セット限定生産】ブルーレイ スチールブック仕様 ¥6,490+税
<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2 枚組) ¥5,990+税
ブルーレイ ¥4,990+税
DVD ¥3,990+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社
©2017 映画「銀魂」製作委員会

***********************************