「福田雄一」タグアーカイブ

山﨑賢人&新井浩文 『斉木楠雄のψ難』大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督 福田雄一、コメディ初主演 山﨑賢人ほか豪華キャストで贈る超話題作『斉木楠雄のΨ難』が、10月21日(土)より全国公開を迎え、ギャグ映画としては異例の大ヒットスタートを切りました。

週刊少年ジャンプで大人気連載中の漫画家・麻生周一による原作コミックを「勇者ヨシヒコ」シリーズや『銀魂』で圧倒的な人気を誇る福田雄一監督が映画化!原作の秀逸な設定と福田監督の独特なギャグセンスを見事に融合した、新たな福田ワールドが誕生しました。

この度、18日(土)に、新宿ピカデリーにて<大ヒット御礼舞台挨拶>が行われ、主演の山﨑賢人と、共演の新井浩文が登壇しました。

映画『斉木楠雄のΨ難』大ヒット御礼舞台挨拶
日程:11月18日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:山﨑賢人、新井浩文

映画情報どっとこむ ralph 公開後の反響について聞かれると・・・
山﨑さん:結構メールをいただいています。あれ、あんまりないかも。本当はあんまりないですね。

と天然コメント。

新井さん:Twitterではあるけれど、友達からはありません。大体友達からは来ないよね?

と不思議な雰囲気を作り上げていた。


この日は、本作のファンからの質問に答える企画を実施。
お互いの好きなところは?という質問に

新井さん:愛嬌がある。先輩からみても可愛い。うちは女好きだけど、それにしても山﨑君は可愛い。

とニヤリ。それに

山﨑さん:嬉しいですね。新井さんは現場でもフラットに接してくれて、大先輩だけど嬉しい。それが嬉しかった。

と相思相愛だった。
また撮影で大変だったことを聞かれ、

新井さん:うちは髪型。地毛だったので、撮影が終わっても半年くらい何もできなかった。

とモヒカンヘアーの苦労を回想。

山﨑さん:頑張ったところ…ワイヤーで空中に浮くシーンは初めて吊られたので、ハーネスの食い込みが凄くて驚いた。

と初体験を挙げた。

映画情報どっとこむ ralph 高校に戻ってやりたいことについて

山﨑さん:屋上に行ったことがないので、屋上に行って授業をさぼったりしてダラダラしたい。

と青春してみたい願望。
新井さん:うちは戻りたくないという前提がありますが・・・そのころからマージャンを覚えて、やっていたかった。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph またサプライズで、原作者の麻生周一先生による手紙が読み上げられた。

<原作者・麻生周一先生お手紙全文>

映画『斉木楠雄のΨ難』が好評だと聞き、原作者として、そしていち出演者として、とても嬉しく思っております。
これも、劇場に足を運んでくださった皆様の応援と、福田監督を初めとした優秀な制作スタッフ陣、 素晴らしい主題歌を提供してくれたゆずさん、そして今登壇しているお二人を含めた俳優さん達の怪演のおかげだと思います。
山﨑さん、主演としてモノローグだらけの難しい役をやりとげていただき、ありがとうございました。
スンとした表情や佇まい、物凄く斉木楠雄でした! ただ撮影現場などで何度かお会いして、斉木にしとくのが勿体ないくらいの面白ポテンシャルを感じました。

いつか笑いをこらえる方ではなく笑わせる役柄もやって欲しいなと思っています。 新井さん、実写化なんて無理だろと思っていた燃堂を完全再現していただき、ありがとうございました。

撮影現場でお会いした時はもう、そのもの過ぎて軽く恐怖すら覚えました。

ツイッターで似顔絵を描いた色紙を持って来るように言われていたのですが、仕事の為駆けつけられず申し訳ありません!

あとここにはいらっしゃいませんが橋本環奈さん。好きです。 その他全ての出演者さんに一人一人お礼を申し上げたい所ですが、長くなってしまいますのでこの辺で。 ともあれ皆様のおかげで実写映画が期待以上にいいものになって僕は幸せです。改めて、本当にありがとうございました!


映画情報どっとこむ ralph このメッセージを受け取って

山﨑さん:面白いものを描かれている麻生さんに褒めてもらって、笑わせる役をやってほしいと言われて嬉しい。やってみたいと思った。

と意気込み。一方、「キャラクターの完全再現ぶりに恐怖すら感じた。」と評された

新井さん:まあ、仕事ですから…。

とドヤ顔だった。

最後に・・・

山﨑さん:この作品で自分の殻というか、新たな一面というか、なんか色々と見せられたと思う。

と初挑戦のコメディで新境地開拓を実感し

山﨑さん:自分にとって転機になった作品。観てもらって笑って幸せになるのが一番。これからも『斉木楠雄のΨ難』を広げていってほしい。

とメッセージした。

映画情報どっとこむ ralph 斉木楠雄のΨ難

全国大ヒット上映中!!

公式サイト:
saikikusuo-movie.jp

生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄。毎年恒例の一大イベント、文化祭で、なぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんで、災難が次から次へとふりかかりまくる。ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?

***********************************

出演:山﨑賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸/賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一

原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
制作プロダクション:プラスディー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース
(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会
   


山﨑賢人と橋本環奈が『斉木楠雄のΨ難』主題歌 恋ハジ 双子ダンスでインスタランク1位に!


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督 福田雄一、主演 山﨑賢人のタッグで、大ヒット公開中の映画『斉木楠雄のψ難』。

「ゆず」が歌う映画主題歌「恋、弾けました。」(※通称”恋ハジ”)のミュージックビデオで披露されている双子ダンスを、主演の山﨑賢人が共演の橋本環奈と踊った映像を自身のInstagramアカウントにアップしたところ、このたび、再生回数6,192,618回と、国内のInstagram月間再生回数ランキング堂々の1位を獲得しました!
山﨑賢人と橋本環奈が踊る『斉木楠雄のΨ難』恋、弾けました。“双子ダンス”がインスタ月間再生ランキング1位

双子ダンス:インスタサイト


そして、一般の方々が、友だちで、兄弟で、そして双子で“踊ってみた”と映像が投稿され、拡散し続ける「恋、弾けました。」の“双子ダンス”が巻き起こす大旋風

そして、本家。ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
2017年10月13日(金)リリース
iTunes Store、レコチョクほか、配信サイトにて配信中。
ジャケット写真は『斉木楠雄のΨ難』原作者の麻生周一の描き下ろし!


再生回数170万回突破!

公式サイト:saikikusuo-movie.jp

映画情報どっとこむ ralph 『斉木楠雄のΨ難』も幅広い客層に愛され、大ヒット中!

物語・・・

生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄。
毎年恒例の一大イベント、文化祭で、なぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんで、災難が次から次へとふりかかりまくる。

ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?


***********************************

出演:山﨑賢人 橋本環奈
新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸/賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗
内田有紀 田辺誠一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
制作プロダクション:プラスディー 
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース
(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会
    


福田雄一が山田孝之×長澤まさみで恋愛映画『50回目のファーストキス』企画発表


映画情報どっとこむ ralph 明日には僕を忘れてしまう君へ
明日も初めてのキスをしよう。

映画『50回目のファーストキス』を2018年6月1日(金)に公開することが決定しました。
ハワイのオアフ島。ツアーガイドのバイトをしているプレイボーイの大輔は、ある日、カフェで瑠依という明るくて魅力的な地元の女性と出会う。ふたりはたちまち意気投合し、次の日も会うことに。でも、翌朝会った瑠依は、大輔のことをまるで覚えていない。瑠依はかつて事故に遭い、新しい記憶が一晩でリセットされてしまうという後遺症を抱えていたのだ。そんな彼女に本気になった大輔は、毎日初対面の瑠依をあの手この手で口説き落とす。ふたりは毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをくりかえすことになるのだが・・・。

映画情報どっとこむ ralph 大輔と瑠依を演じるのは、山田孝之さんと長澤まさみさん。

「勇者ヨシヒコ」『闇金ウシジマくん』シリーズなど多数の代表作をもち俳優として特異なスタンスを築いた山田が、今回満を持して“王道ラブストーリー”に帰ってくる!山田が演じる大輔は、ハワイでツアーガイドのアルバイトをしながら天文学の研究をしているという設定。あとグサれのない恋愛が信条のプレイボーイだが、瑠依に一目惚れし奮闘するという実は一途で真面目な主人公。“男が惚れる男”・山田が、“女が惚れる男”に!ユーモアと大人の色気を炸裂させながら、優しい包容力で全女性の心を虜にする!

山田孝之 さんからコメント

脚本を読む度に、こんなに笑って、こんなに泣いたのは初めてではないだろうか。ラブストーリーとして素晴らしく感動的で、コメディとして素晴らしく面白い。その素晴らしい脚本をキャスト、スタッフが心の底から愛していて、きっとその全てを映像に収めることができた。完成作を見たときも涙が止まらないことが想像できる。そして劇場を後にする際、我々は思うだろう。「福田雄一に泣かされたことが少し納得いかない」と。

映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞5度受賞、演技派女優としてますます磨きがかかる長澤が演じる瑠依は、記憶障害を抱えながらもそのことを覚えていられず、とても明るくけなげに生きているチャーミングな女性。『銀魂』での弾けっぷりも記憶に新しいが、本作で見せる破壊的な可愛さは『モテキ』以来?!最強のヒロイン誕生、あの“笑顔”にまたしても全国民が恋をする!さらに、秘められた哀しさの繊細な表現に、誰もが思わず涙を誘われるに違いない。

長澤まさみ さんからコメント

瑠依は、家族を大切にし、人に対しても優しく接する事ができる絵に描いたような大和撫子のような人ですが、一方でたくましさも持ち合わせるユーモアのある人です。福田監督には『銀魂』でお世話になりましたが、真面目にコメディがやれたら楽しそうだなと思っていたので、願ったり叶ったりでした。山田さんとは10年前に映画でご一緒させていただいてから共演する機会がほぼなかったので、再共演できる事がとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。なんだか毎日良い作品ができるのではないかという気配を感じて、キャスト・スタッフ一丸となって撮影できたような気がしています。絶対に面白くなるであろう作品に出会えた事が嬉しく、撮影が終わって早くたくさんの人に見て欲しいという思いが募る一方です。

映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督を務めるのは、今年も映画『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』の2本が公開、見事2017年ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた今最も忙しい監督福田雄一。コメディ街道をひた走ってきた“コメディの王者”福田監督が、今作で初めて渾身の“ラブストーリー”に挑む!原案は、熱狂的なファンをもつロマンティック・コメディの傑作ハリウッド映画『50回目のファースト・キス』(2004/ピーター・シーガル監督/出演:アダム・サンドラ―、ドリュー・バリモア/原題:Fifty First Dates)。福田監督が長年の盟友・山田、『銀魂』で初顔合わせとなった長澤とともに、オリジナル映画の舞台でもあるハワイでオールロケを敢行した。

福田雄一監督 コメント

この映画のお話を頂いてから原作の映画を観ました。ハワイで長期で滞在する機会があり、ハワイにもリゾート地とは違う、とてものんびりとした住民の人たちの生活があることを知りました。リゾートとしてのハワイしか知らなかったらこの映画を撮ることに勝算は持てなかったと思います。ちゃんと違う側面を知ったからこそ、このお話をお受け出来たと思っています。気心知れた山田くんと長澤まさみちゃんはまさにイメージ通りのキャストでした。ハワイでの撮影は丸々1カ月でしたが、あっという間でした。初めてのラブストーリーに挑戦ですが、あのザッカー兄弟のジェリーが「ゴースト」をやっているように、ギャグコメディばかりやってきたこのチームでラブストーリーやってるだけで新鮮で楽しくて仕方ないんです。笑えますし、しっかりとラブストーリーとして仕上げました。幅広い世代のお客様に楽しんで頂けると思います。ちなみに僕、初めて撮影中、モニター観ながら泣きましたし、編集してまた泣きました。

映画情報どっとこむ ralph コメディー王者な監督が果たしてどんなラブストーリーを生み出すのか!?

映画『50回目のファーストキス』
2018年6月1日(金)全国ロードショー!!


公式サイトURL:
50kiss.jp
公式Twitterアカウント:
@50kissjp


物語・・・
ハワイのオアフ島。ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしている、プレイボーイの大輔は、ある日、カフェで瑠依という明るくて魅力的な地元の女性と出会う。

たちまち意気投合するふたりだったが、翌朝会った瑠依は、大輔のことをまるで覚えていない。瑠依は、新しい記憶が一晩でリセットされるという事故の後遺症を患っていた。そんな彼女に本気になった大輔は、毎日初対面の彼女をあの手この手で口説き落とす。ふたりは毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをくりかえす。

しかし、ふとした事件で瑠依は自分の記憶のズレに気づき、苦しむことに。そのことすら1日で忘れてしまうのだが、このままでは瑠依の人生は失われたままだと考えた大輔は、彼女のため、ある〝新たな試み“をしかける・・・!

***********************************

主演:山田孝之 長澤まさみ
脚本・監督:福田雄一
プロデューサー:北島直明 松橋真三
製作:『50回目のファーストキス』製作委員会
制作プロダクション:Plus D
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会
     


映画『銀魂』福田雄一監督日経BPが選ぶ「ヒットメイカー・オブ・ザ・イヤー2017」に選出!


映画情報どっとこむ ralph この度、「日経エンタテイメント!」(日経BP社)が選ぶ「ヒットメイカー・オブ・ザ・イヤー2017」 グランプリに本作の福田雄一監督が選出されました。そして本日、TREND EXPO TOKYO 2017にて その表彰式が行われ、福田雄一監督と、本作で神楽役を演じた橋本環奈が登壇しました。

映画『銀魂』は興行収入38.4億円※を記録し、2017年の邦画実 写映画No.1となる大ヒットを記録。(※10月25日時点)
本作が実写化が難しいとされるマンガ原作映画では破格のヒットを収め、10月21日に公開した 『斉木楠雄のψ難』ほか、ドラマや舞台でも多くの観客を魅了した事が評価されました。

授賞式には『銀魂』でヒロインの神楽役を演じた橋本環奈さんもプレゼンターとして登場。表彰状を渡された福田監督

福田監督:僕みたいな者がこの賞をいただくのは沢 山のクリエイターの方々の勇気につながると思う。

とコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 授賞式後のトークショーで福田組に初参加した感想を聞かれ

橋本さん:福田さんは“福田組”への参加を役者に望まれる監督。 自分が出演できると決まった時は楽しみだった。

と語り、本作でコメディに挑戦した事について

橋本さん:福田監督は的確に指示をしてくれて、結果的に観て面白いので任せられる。何も考えずにとにかくやりきる事を考えた。

と監督の演出に対する信頼を見せた。また、大胆に鼻をほじるシーンでは“第一関節まで指を中に入れる”という細かい指示や厳しい指導があった事を明かした。

対して橋本を起用した理由を聞かれた福田監督は

福田監督:個人的に好みだった。

と回答し

橋本さん:今日はちゃんと話そうって言ったじゃないですか!!!!

と叱られると・・・

福田監督:2,3 分話しただけでコメディの才能がわかった。

と、橋本さんを”希代のコメディエンヌ”と絶賛。
それを受け橋本が福田組の現場では“監督を笑わせたい願望”が出て来ると述べると、

福田監督:僕の現場は役者が監督を笑わせたもの勝ちになる。僕は面白くない と全然笑わないので笑ってないと役者は不安になるらしい。だからほぼ全作でご一緒しているムロくん(ムロツヨシ)や二朗さん(佐藤 二朗)は、僕が一回観たことある演技に笑わないのは地獄の様な事だと思う。それでもムロくんも二朗さんもいつも違う演技を見せてく れるし、それに対して僕も今回は面白くないと言われたくない緊張感がある。

と福田組の笑いが作られる秘訣を語った。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

お笑いをテーマにした映画がなかなかヒットしない中、今年監督した2作がヒットした事について聞かれ

福田監督:“これは なし”という考え方を“これはこれであり”という考え方にするだけでいろんなジャンルにエンターテイメントは広がっていく。ちょっとでも 皆がそう思ってくれたらいいなと思う。

という期待を述べ、授賞式を終えた。

映画情報どっとこむ ralph 銀魂
2017年11 月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース/デジタル先行配信中
【初回仕様】ブルーレイ プレミアム・エディション(2 枚組)¥7,990+税
【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2 枚組)¥6,990+税
【3000 セット限定生産】ブルーレイ スチールブック仕様 ¥6,490+税
<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2 枚組) ¥5,990+税
ブルーレイ ¥4,990+税
DVD ¥3,990+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©空知英秋/集英社
©2017 映画「銀魂」製作委員会

***********************************

    


映画『斉木楠雄のΨ難』LINEスタンプの販売が決定


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督 福田雄一、主演 山﨑賢人の超話題作『斉木楠雄のΨ難』が、10月21日(土)より全国公開となります。

そして!!!公開直前!
<映画『斉木楠雄のΨ難』LINEスタンプ>の販売が決定しました!

LINE STORE

全40種類からなる本作のLINEスタンプでは、ビジュアル公開するやいなや、再現度が高すぎると評判の”実写版”の超個性的キャラクターたちが、劇中のカットに併せて、”らしさ”全開のセリフを思い思いに発しています!


生まれながらにとんでもない超能力を持ちながら、普通の生活を願う、山﨑賢人扮する主人公・斉木楠雄は「やれやれ」と、災難に見舞われてしまっている様子がスタンプになっているほか、橋本環奈演じる学園のアイドル照橋心美は「身の程知らずの恋をしてもいいのよ」と、天下無敵の美少女であることを自覚しているがゆえの腹黒い心の声がそのままスタンプに。

そのほかにも、高校生離れした外見の自称斉木の”相棒”・燃堂力(新井浩文)の「お?」や、どっぷり中二病に浸かっている海藤瞬(吉沢亮)の「漆黒の翼」。熱血の学級委員長・灰呂杵志(笠原秀幸)「もっと熱くなれよオオオ!!」。見た目は真面目そうだが、暴走族の元総長・窪谷須亜蓮(賀来賢人)「夜露死苦」。トラブルを巻き起こしがちの大人気イリュージョニスト・蝶野雨緑(ムロツヨシ)「アメージング」。ちょっとエロい校長先生・神田品助(佐藤二朗)「なるほど」。などなど、個性派揃いのキャラクターたちが、映画の世界を飛び出して、スタンプの中でも所狭しとそれぞれの個性を大爆発させています。

いますぐ使いたくなること間違いなしなスタンプを使って、映画のキャラクターにも負けない存在感を存分にアピール!

映画情報どっとこむ ralph 斉木楠雄のΨ難

10月21日(土)全国ロードショー
物語・・・
生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄。毎年恒例の一大イベント、文化祭で、なぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんで、災難が次から次へとふりかかりまくる。ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?

公式サイト:
saikikusuo-movie.jp

***********************************


出演:山﨑賢人 橋本環奈

新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸/賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗
内田有紀 田辺誠一

原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)

制作プロダクション:プラスディー
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント=アスミック・エース
(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会