「福山雅治」タグアーカイブ

岩井俊二監督が松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治で紡ぐ珠玉のラブストーリー『Last Letter』公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph このたび、数々の名作を世に送り出してきた映画監督・岩井俊二によるオリジナルのラブストーリー『Last Letter』の映画化が決定しました。

夏の宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリーです。名作『Love Letter』(1995年)を感じさせる世界観でありながら、全く新しいエンタテインメントとして作り上げます。

監督・原作・脚本・編集を務めるのは、岩井俊二監督。
20年以上ものキャリアの中で、巧みにその時代を切り取りながら様々な愛の形を表現し、いずれも熱狂的なファンを生み出してきた岩井が、自身の原体験を詰め込んだ集大成として、初めて出身地である宮城でのロケーションで本作に挑みます。

【コメント】
かつて「Love Letter」という映画を作りましたが、当時は手紙のやりとりのあった時代でした。あれから通信手段は激変し、SNSでやり取りできてしまうこの時代にあって、手紙を使った物語は現代においては不可能だと思っていましたが、ある日それを可能にするアイディアを思いついてしまったところからこの物語の構想がスタートしました。ある夏休みの間に起きた世代を超えた手紙物語です。今回初めてロケーションを故郷宮城に設定しました。劇映画としては初の試みです。今回は川村元気プロデューサーとのお仕事ということでこのユニットのコラボを楽しもうと思っています。ご一緒するのが初めての俳優さんもいるし以前お仕事をしたことのある俳優さんもいます。プロの俳優さんもいればそうでない方もいます。そこからどういう化学反応が起きるか今から楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 主人公である岸辺野裕里を演じるのは、松たか子。裕里の姉・未咲の高校生時代と、未咲の娘(裕里の姪)である遠野鮎美という“母娘”を一人二役で演じるのは広瀬すず。同級生であった未咲に恋をし、再会を願って同窓会に参加。ひょんなことから裕里と文通を始めることになる乙坂鏡史郎役には福山雅治。岩井俊二が、「この役は福山雅治しかいない」と出演を熱望したことから、待望の岩井組初参加が実現しました。そして、高校生時代の鏡史郎役を務めるのは神木隆之介。神木も、岩井組には初参加となり、憧れの存在でもある福山との二人一役を演じます。さらに、数々の美少女を発掘してきた岩井俊二が出会った新人・森七菜。松演じる裕里の娘・颯香と高校生時代の裕里の二役を演じ、新人ならではの瑞々しさで作品を彩ります。また、数々のアニメーションや実写映画で監督を務める庵野秀明、歌手として活躍する水越けいこ、小室等といった様々な分野で活躍するユニークなキャスティングが実現!

●きしべ岸辺の野ゆうり裕里(43)
松たか子
遠野未咲の妹で、夫:宗二郎と、娘:颯香、息子:瑛斗の四人暮らしをしている主婦。

【コメント】 
岩井監督と仕事をするのは、本当に久々で、『四月物語』から時間を経て、再びお話しをいただけてとてもうれしかったです。このお仕事をしていて、新しい方と出会うことも面白いことではありますが、一度ご一緒した方に声をかけてもらえると「あっ、嫌われてはいなかったのかな」とも思ったりします(笑)。でも時間は経っているので、”今”の仕事になるよう、一生懸命頑張りたいと思っています。だいぶ大人になって岩井さんとまたお仕事できる楽しみが今回の役にはあるのかなと思っています。この作品には切ない気持ちみたいなものが溢れていますが、決して岩井さんがそれだけを思っているのではないのかも、とも思います。回想シーンがまるで“今”のように描かれていますので、うまくそれがつながっていくといいなと思います。緊張したまま終わるのかなって思いますが、それでもいいかなって思っています(笑)。


●とおの遠野あゆ鮎み美(16) とおの遠野みさき未咲(18・回想)
広瀬すず
遠野鮎美:母親である未咲が亡くなり、祖父母の過ごす未咲と裕里の実家に身を寄せている。
遠野未咲:裕里の姉。学校のヒロイン的存在。

【コメント】
 岩井さんの作品に参加させて頂けることが、とにかく嬉しいです。 岩井さんの作られる映画の空気が大好きなので、カメラの前で感じられた空気、温度を大切に、
嘘なく、演じられるよう頑張ります。 キャストの皆様もご一緒させて頂いたことがある方が多いので、楽しみです!


●おとさか乙坂きょう鏡しろう史郎(18・回想)
神木隆之介
裕里・未咲の高校に転入してきた転校生。

【コメント】
岩井監督の作品に初めて参加させて頂くことになりました。過去作品も拝見しており、人間味溢れる暖かい作品が多い印象なので、今回演じる乙坂鏡史郎として、岩井監督が撮られる世界観の中で精一杯生きたいと思います。そして、僕にとって憧れでもある福山雅治さん。今回は福山さんの学生時代を演じさせて頂くので、嬉しさとプレッシャーでいっぱいですが、先輩の胸をお借りするつもりで丁寧に演じたいと思います。広瀬すずさんは、以前ドラマでご一緒させて頂きましたが、また共演することが出来て嬉しいです。素敵な共演者の皆さんに囲まれて芝居が出来る喜びを噛みしめながら、日々撮影に励みたいと思います。



●おとさか乙坂きょう鏡しろう史郎(44)
福山雅治
小説家として活動するも、デビュー作以降、全く書けていない。

【コメント】
唯一無二の美しさで描かれる岩井監督作品への初参加、そして、松さんとはおよそ20年ぶりにご一緒させていただけること、それぞれの出会いにとても興奮しています。監督からオファーをいただいた「乙坂鏡史郎」という役柄は、監督自身のドキュメントを色濃く反映しているキャラクターだと感じています。その役を、監督の故郷である夏の仙台で撮る。岩井監督が平成最後の夏に『Last Letter』という作品を撮られることの意味、そしてその現場に立ち会えることの幸運を全身で感じながら撮影に臨ませていただきます。


●きしべのそよ岸辺野颯か香(14)/とおの遠野ゆうり裕里(回想)
森七菜
岸辺野颯香:裕里と宗二郎の娘。

●きしべ岸辺のそう野宗じろう二郎(48)
庵野秀明
裕里の夫で漫画家。

●きしべ岸辺の野あきこ昭子(72)
水越けいこ
裕里の義母

●はとばしょうぞう波戸場正三(79)
小室等
岸辺野昭子の学生時代の教師

映画情報どっとこむ ralph 『Last Letter』

2019年全国東宝系にて公開!

物語・・・
岸辺野裕里(松)は夫と子供二人の四人暮らし。裕里は姉・遠野未咲の葬儀で、未咲の娘・遠野鮎美(広瀬)と久しぶりに再会する。母親である未咲の死を受け入れられず、気持ちの整理がつかない鮎美は、母親から残された“一通の手紙”を開ける事が出来なかった。

裕里は未咲宛に来ていた同窓会の知らせを見つけ、後日、未咲の死を伝えるために同窓会に参加することに。未咲の同級生へ真実を伝えられずにいると、学校のヒロインだった未咲と間違われ壇上でスピーチをする羽目に。真実を伝えられずにその場を乗り切ってしまう裕里だが、そのことがきっかけで、自身の初恋の相手であり、小説家として暮らす乙坂鏡史郎(福山)と再会する。鏡史郎は裕里を未咲と誤解したままで、連絡先を交換。“君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?”鏡史郎から未咲宛のメッセージを受け取る裕里の胸中は複雑。だが、未咲と間違われながらも初恋の人との交流に胸を躍らせ、鏡史郎へ手紙を送る。しかし、夫にやりとりが知られぬよう、手紙には自分の住所、返信先を載せないでいた。
一方、返信先の無い手紙を受け取った鏡史郎は、昔の卒業アルバムを引っ張り出し、未咲の実家に返信を送る。だが今そこに住んでいるのは未咲の娘の鮎美。亡き母宛に立て続けに送られてくる手紙には、学生時代の鏡史郎(神木)と未咲(広瀬)の淡い思い出話が綴られていた。葬儀以降気持ちの沈んでいた鮎美は、自分の知らない母に触れられる鏡史郎からの手紙に返信を書き、文通を心待ちにするようになっていく―。


名匠・岩井俊二のもとに、超豪華キャスト、クリエイターが一堂に集結。
いまだ読めずにいる“最後の手紙”に込められた、初恋の記憶———
日本映画史に残る珠玉のラブストーリーは2019年公開!

音楽を務めるのは小林武史。
『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など多くの作品で岩井俊二とタッグを組んできた小林が、今回も岩井監督ならではのストーリー、映像美を汲み取った楽曲によって、唯一無二の世界観を作り上げます。企画・プロデュースは、『告白』『モテキ』『君の名は。』など数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気。川村自身、念願の岩井監督とのタッグとなります。


***********************************

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年7月~8月(仙台市内を中心とした宮城県内各所、東京都内)
ⓒ2019「Last Letter」製作委員会


福山雅治✕石田ゆり子で切なく美しい大人ラブストーリー『マチネの終わりに』映画化決定!


映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家・平野啓一郎が2016年に刊行した、日本・パリ・ニューヨークを舞台にクラシック・ギタリストの主人公と海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす“切なくも美しい大人のラブストーリー”「マチネの終わりに」が遂に映画化。40代の男女2人が、6年間にたった3度の出会いの中で悩み、愛し合っていく大人の恋愛小説は、渡辺淳一文学賞を受賞。

純文学としては異例の17万部を突破し、大きな話題を生み出しました。さらに幾多の小説を発表してきた平野啓一郎ですが、意外にも映像化となるのは今作が初となります。

主人公の天才クラシック・ギタリスト蒔野聡史を演じるのは、アーティストとしても俳優としても第一線で活躍し続ける福山雅治。天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足が出来ずに自分の音楽を見失っているという苦悩を抱える役を演じます。

そして、フランスの通信社に所属のジャーナリスト・小峰洋子には、老若男女問わず好感度が高く、人気実力ともに兼ね備えた女優・石田ゆり子。婚約者がいるものの、蒔野と惹かれあい叶わぬ恋に翻弄される女性ジャーナリストを演じます。


福山雅治と石田ゆり子はCMやバラエティ番組での共演はあるものの、俳優としては初共演。その二人が、6年の歳月を通し、大人だからこそ簡単には決められず進められない現実や社会問題にも向き合い、“たった三度しか会わなかった人が、人生で誰よりも愛した存在”になるまでを情感豊かに演じ上げる。切なくも美しい本格ラブストーリー映画となること必至です!!

また、本作のメガフォンを取るのは、福山雅治主演の『ガリレオ』シリーズや『昼顔』(2017)等の西谷弘監督。

映画情報どっとこむ ralph そして!福山さん、石田さん、西谷監督、原作者の平野先生からコメントが届いています!


福山雅治(蒔野聡史役)さんからのコメント
「それでも、人は人を愛さずには生きていけない」。長く余韻が残る読後感でした。恋愛する、恋愛しないに関わらず、どんな生き方も許容する現代において、「愛」とはどのような意味を持つのか?人が人を必要とするその時に名付けられる「愛」という感情。目には見えない無形の感情を、今作は可視化出来るのではないかと感じています。信頼する西谷監督の元で、深く原作に引き寄せられ、まさに洋子そのものが身体に宿っておられるであろう石田さんと、蒔野聡史として向き合えるよう頑張ります。

石田ゆり子(小峰洋子役)さんからのコメント
こんなふうに人を愛せたら…そんな気持ちで一気に読み終えた「マチネの終わりに」の映画化に参加できることに心震える想いです。初めてご一緒する西谷監督のもと、そして初共演の福山雅治さんと共に、この素晴らしい物語の中に生きることはこの上ない喜びです。私の演じる小峰洋子という女性は、人としても女性としてもこのようでありたいと憧れるような存在で、この役を演じることに背筋が伸びる想いです。かつてこんなラブストーリーがあっただろうかと思うほどこの物語は多面体で、知的で社会的でもあります。人を愛するということの素晴らしさと切なさがほとばしっている物語。緊張もしますがクランクインが楽しみでなりません。

西谷弘監督コメント
今作は珠玉のラブストーリーであると同時に、要の一つとして、主人公が奏でるクラシックギターの旋律があります。この音色という登場人物をどう映像化できるかが最大の課題だと思っています。主演の福山雅治さんはギタリストとしても最高峰の人。誰もが得意分野を演じると思われるでしょうが、今回、彼が手にするクラシックギターはエレキやアコギとは全くの異種。常に高みを目指す福山さんらしいチャレンジングな作品になるでしょう。
そして、ヒロインにはこれ以上ない適役の石田ゆり子さん。初共演の二人がどんなハーモニーを奏でるのか。まるで指揮者のような想いで今から心躍らせています。

平野啓一郎(原作者)先生コメント
僕の小説は映画化が難しく、これまで実現したことがなかったので、とても楽しみにしています。この分断と対立の時代に、様々な愛が交錯する美しい物語を通じて、見る人が精神的な高揚感を得られるような映画になることを期待しています。福山雅治さん、石田ゆり子さんが、原作を気に入って下さっていることを耳にし、喜んでいましたが、まさか、お二人が蒔野聡史と小峰洋子を演じて下さるとは!映画の完成を首を長くして待っています。

映画情報どっとこむ ralph 福山雅治×石田ゆり子による切なくも美しい大人のラブストーリー

映画『マチネの終わりに

は来年2019年秋全国東宝系にてロードショー予定です!! 


あらすじ
物語は、クラシック・ギタリストの蒔野聡史と、海外の通信社に勤務する小峰洋子の出会いから始まる。
ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた二人・・・。
初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた。しかし、洋子には婚約者がいた。世界を飛び回る仕事柄、そして時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いを心の底にしまったまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのかー

日本・パリ・ニューヨークを舞台に、切なくも美しい大人の愛が紡がれていく。
たった三度会った人が、誰よりも愛した人だった――

※『マチネ』とは語源はフランス語で「朝、午前」を意味し、演劇、音楽会などの昼間公演のことを指す。

***********************************

監督:西谷弘
原作:平野啓一郎「マチネの終わりに」
出演者:福山雅治、石田ゆり子
撮影時期:2018年9月中旬~2018年11月末 ※日本、パリ、ニューヨークにて撮影予定
公開時期:2019年秋予定
製作:フジテレビジョン、アミューズ、東宝、コルク
制作プロダクション:角川大映スタジオ
配給:東宝
(C)表記:2019「マチネの終わりに」製作委員会


福山雅治が本格的にアニメ参戦!細田守監督『未来のミライ』で!コメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』の細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日(金)に公開となります。


既に86の国と地域(5月9日現在)での配給が決定し、第71回カンヌ国際映画祭開催期間中に実施される「監督週間」に選出、正式上映されることも発表されています。さらにアヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出され、まさにワールドワイドに大きな話題となっています。

そしてこの度、本作にアーティスト・俳優として活躍する福山雅治さんが、物語の核となる人物を演じていることが発表されました!
映画情報どっとこむ ralph かねてより親交があったという細田、福山の両人。二人は互いのクリエイティブや日常についての話をする間柄で、お互いをリスペクトしあっていましたが、作品を一緒に創作するのはこれが初めてとのこと。

昨年から、細田監督は物語の中核を担う、「ある役」についてのオーディションを積み重ねていましたが、キャスティングは難航。人物と魂が呼応し、映画が必要とする表現を満たしてくれる俳優はいないか、ずっと探し続けていました。

今年に入って、細田監督と福山さんが再会したとき、細田監督はずっと探していたその「ある役」=「青年」のイメージと、福山さんの人間性が重なることに気付いたのだそうです。

肌は浅黒いですけど似てますよね!!

この青年は、主人公くんちゃんが時をこえた旅先で出会う物語のキーパーソン。予告編でくんちゃんを馬やバイクに乗せ、さっそうと走る姿が話題となっていた人物です。


細田監督が福山さんにこの人物についてや作品への想いを話すと、福山さんは細田監督が考える本作のテーマ性と新しいチャレンジに共感を抱いたとのこと。こうした時間が、細田守と福山雅治という特別なコラボレーションを生み出したのです。福山さんのアニメーション映画への本格的な出演はこれが初めてとなります。(※本人役でのカメオ出演経験あり)


福山雅治さんからのコメントです!

福山さん:今回、細田監督作品の住人になれる機会をいただけたことを大変嬉しく思います。収録前に、まだ絵も音も完成してない映像資料を観させていただきましたが、その段階ですでに、心引き込まれ感動出来るこの作品が持つ力に驚きました。歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。 僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています。

映画情報どっとこむ ralph 細田監督のもとにジャンルを問わない多種多様な才能が揃い、まもなく映画は完成を迎えます。そしてカンヌ国際映画祭「監督週間」で世界最速上映が行われます。世界の人々がこの映画に何を想い、何を感じるのか。小さなお兄ちゃんの大きな冒険に、どうぞご期待ください!

未来のミライ
英題:『MIRAI』

ストーリー
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時を越えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受けるみたこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。
そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは。

映画公式サイト URL
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

スタジオ地図公式Instagram
https://www.instagram.com/studio_chizu/

***********************************


監督・脚本・原作:細田守

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、
『バケモノの子』(15)
キャスト:上白石萌歌 黒木華 星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治
オープニングテーマ・エンディングテーマ:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図
    


福山雅治が『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌で初タッグ!


映画情報どっとこむ ralph 2018年4月13日(金)より全国東宝系にて公開される名探偵コナン劇場版22作目は『名探偵コナン ゼロの執行人』!

東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、探偵であるコナンと公安警察が真っ向衝突するストーリーとなっており、 20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場します!

そして、本作の主題歌を福山雅治さんが担当することが決定!「名探偵コナン」と福山さんは今回が初タッグとなり、福山さん自身が脚本を読み込み、今作の世界観を追求して楽曲を書き下ろしました。
福山雅治さんからのコメント
主題歌のオファーをいただき大変光栄です。と同時に、歴史あるコナンの世界に音楽で参加させていただくことに身の引き締まる思いです。それぞれのキャラクターが持つ深い背景、世界が直面しているリアルタイムの危機、謎解きの伏線と回収、その秀逸さにいつも感動しております。真実を追求する者と己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突する今作を主題歌で表現出来ればと思っています。

江戸川コナンくんからのコメント
福山さんが書いてくださったすっごくカッコいい曲です!映画のストーリーに寄り添って作ってくれているし、熱や体温を感じさせる曲でとっても感動しました!しかも「真実はいつもひとつ」を歌詞に入れてくれていて本当にありがとうございます!今日は福山さんと一緒に写真を撮れて嬉しいです。みんなに自慢しちゃおうと思います!

映画情報どっとこむ ralph 更に、福山雅治のレギュラーラジオ番組「福山雅治福のラジオ」(TOKYO FM / JFN38局ネット 毎週土曜日14:00〜14:55放送)の3月3日のオンエアに、江戸川コナン君のゲスト出演も決定!コナン君と福山が出題されたなぞなぞを解き、バトルするという内容になっています。以前テレビドラマ「ガリレオ」で湯川学を演じていた福山雅治との対決が実現するのか!?

さらに、本日は主題歌を使用した最新の予告編映像も解禁!


真実、正義、そして、愛のため―――。
手段を厭わない「シークレット極秘ミッション任務」が執行される時
無慈悲な復讐の雨が、守るべきものに襲い掛かる!

名探偵コナン ゼロの執行人

4月13日(金)より全国東宝系にてロードショー
公式サイト:
http://www.conan-movie.jp/

***********************************


原  作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監  督:立川譲 
脚  本:櫻井武晴 
音  楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹 ほか
配給:東宝 
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント 

©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


福山雅治、桜庭ななみ、池内博之登壇!『マンハント』ジョン・ウー監督撮影秘話語る!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」の再映画化に挑んだ作品、映画『マンハント』が全国大ヒット公開中です!

その公開を記念し2月17日(土)に舞台挨拶が行われ、主演の福山雅治さん、桜庭ななみさん、池内博之さんが登壇!刑事・矢村聡とその助手・百田里香、そして天神製薬次期社長・酒井宏を演じた3人がジョンうー監督秘話をぶっちゃけてしまいました!
日程:2月17日(土)
場所:TOHOシネマズ新宿
登者:福山雅治、桜庭ななみ、池内博之

映画情報どっとこむ ralph MCの荘口さんの登場ですでに興奮ぎみの福山ファンが多い会場!3人が呼び込まれると大きな拍手と歓声が!

一言挨拶の後。息をするのを忘れるほどの一番戦闘能力の高いましゃを観ることができる本作
福山さん:これまで戦闘自体してこなかったので、完成見ていままでで一番戦闘能力の高い僕もそう思いました。(笑)今まで拳銃も持ち慣れてなかったですからね。監督はこだわりもあったので、回転して銃口を向ける角度とか・・・ですので拳銃(劇中で使うもの)持ち歩いていました。家でも触ったりしてました。

と、話す福山さんに
池内さん:監督が実弾でやれないかって!もちろん人がいないところでですが、リアリティー追求してるなと思います。

福山さん:スケール感が凄い!発想とやってみたいという想像は自由ですからね、ピュア!

と賞賛。続いて、今回水上バイクの免許を取って決死の覚悟をしたそうですが、と問われると・・・アクションの話ではなく、

福山さん:実は・・川の色が深い緑色で、ここに入るの!?と。水質的には大丈夫だとネットで書いてありましたが。アクションチームが入って水温テストしてたので、聞いたら魚が死んでたと。(笑)

と、確かに決死の覚悟がいる撮影。

映画情報どっとこむ ralph 一方女性陣は、敵味方呉越同舟で食事に行ったそうで
桜庭さん:和食を食べに行きました。お酒を飲んでガールズトークしました。劇中では怖いですが、実際は面白くて楽しかったです。

とオフのエピソードを語る一方で撮影は

桜庭さん:日本だと台本通りに進みますが、監督はワンシーン撮ったら閃いて、別の角度で撮影するので・・・ドキドキワクワクでした。

と、語る桜庭さん。これには

福山さん:是枝監督もそうなので・・わりと、きらいじゃない。いや、むしろ好き。
と、撮影方法が日本にも似た監督がいることを明かしました。
さらに桜庭さんは1度クランプアップした後に1か月後に呼び出されて撮影。2回クランクアップしたと驚きの情報を語り、更に

桜庭さん:3日間拘束のだんじりシーン。ずっと待ってたんです。ワンカットも撮らずに帰りました。

と、語ると

池内さん:いつ呼ばれるかわからないからね。

と言う池内さんはさらに驚きのエピソードを
池内さん:キャスティングされたときは福山さんを追う役だったんですけど、今の役に。

福山さん:監督、顔見てだね。

池内さん:違うって~(笑)。出演決まった1週間ぐらい後に、追うんだと!今の役は最初の段階にはなかったんです。

と、役も追加してしまう監督の奔放さ。

福山さん:最初のシーンは、カーチェイスと書かれていたのですが大阪では難しくて・・・溶鉱炉が舞台に変わって・・・・、最終的に、トラックにダイナマイトに変わったんです。

と、福山さん曰く監督のスケール感が計り知れないと。


映画情報どっとこむ ralph そんな監督は

池内さん:監督はものすごく、温厚で。あんなに温厚な方が、こんな素晴らしいハードなものが撮れるんだろう?と思いますね。それから福山さんと戦って痛かったです。

福山さん:それは僕が言いたい!池内さん柔道やってたから強いんですよ。体の強さがちがいますから。

と弱ブル福山さんが格闘技を習っているとばらす荘口MC。

そんな、格闘を近くで見てきた桜庭さんは

桜庭さん:かっこよかったです!!ひょって、しょって!

と擬音入りのかわいらしいキックの真似も!

映画情報どっとこむ ralph 初挑戦したいものを聞かれると
桜庭さん:次は銃を握りたいです。それから車の免許をこの撮影で取ったのに、その場面はカットされたので。

と本格アクション?をご所望の様子。一方池内さんは劇中で踊りを見せていますが

池内さん:ぼくは、踊り。(劇中の踊りをやってみて)あれじゃない。サルサとかタンゴとか。

と社交ダンスを挑戦したいと。特にラテンはめちゃめちゃ似合いそう。

福山さん:僕も踊ってみたいです。踊らない日本人として生きてくのもどんなかなと。
と、ダンスムービーに意欲!?の福山さんでした!

最後に・・・

池内さん:感動と興奮を、多くの方に宣伝お願いします。

桜庭さん:観た時にアトラクションに乗った後のようなドキドキの作品でした。皆さんにも是非感じていただきたいです!

福山さん:このスケール間で、日本ロケでアクションを撮る日本映画はこれからあるのか?と思えるようなアクションです。楽しんでいただきつつ、スカッとしたなと思ったら、まだまだ絶賛公開中です!よろしく!

***********************************


主演:
チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼

特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工

共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠

監督:ジョン・ウー

撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』、美術監督:種田陽平『三度目の殺人』、音楽:岩代太郎『レッドクリフ』、アクション振付:園村健介『GANTZ』、衣装デザイン:小川久美子『キル・ビル』

原作 西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画

© 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved