「福山潤」タグアーカイブ

福山潤が『HUMAN LOST 人間失格』イベント初登壇!〝イチロク〟語った


映画情報どっとこむ ralph 破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔、太宰治「人間失格」を狂気のSF・ダークヒーローアクションへ再構築した現在公開中の劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』。

この度、貧困エリア〝イチロク〟の暴走集団のリーダー・竹一役の福山潤、監督の木﨑文智、ストーリー原案・脚本の冲方丁を迎え、本編でも印象的な竹一の生き様を語り尽くすイベントを12月21日(土)実施しました。

会場には、福山さん演じる竹一ファンで埋め尽くされ、収録秘話や竹一というキャラクター像を演じるにあたってのエピソードなどを語り大いに盛り上がりました!


『HUMAN LOST 人間失格』〝イチロク〟集会 舞台挨拶
日付:12月21日
登壇:福山潤(竹一役)、木﨑文智監督、冲方丁(ストーリー原案・脚本)
MC:吉田健人(MAGNET)

映画情報どっとこむ ralph 監督:原作通りやると暗くなり過ぎてしまうので、エンターテインメントとして盛り上げていくために竹一には葉藏とは全く逆の性質を与えることで作品の導入を引っ張ってもらうようにしました。

冲方さん:世界観を説明してくれる、ある種の道化的だけどイントロデュースになるキャラなので、一方的に世界観を説明してくれるくらいの力をもったキャラとして作りました。

福山さん:僕は台本を読んだときに、「人が死んでんですけどー」という台詞で、あれでどういう人なのかという起点になりました。収録前に「ハッチャケてやってください」とプロデューサーの後押しがあったので、楽しくやらせていただきました。

監督:そこであのアドリブが生まれたんだね。

福山さん:ただ、僕の中でアドリブをやったという印象よりも、台本通りにやって、これくらいなら許されるかなと思ってちょっと思い切ってやってみたら、それがたまたま目立つところにあったのかなと。

冲方さん:僕の中で脚本を書いた時と全く違った印象だったので、最初、監督が書き直したのかと思いました。監督に上をいかれた感じがしました。

監督:それは嬉しいですね。結果がいい方向に行って良かったです。

映画情報どっとこむ ralph 壮絶な最期を遂げた竹一を偲ぶ言葉

監督:竹一、惜しい人を亡くしたかな。彼は自分の思いを遂げれらて最高に幸せな人だったなって思います。

冲方さん:竹一は葉藏にとってなくてはならないキャラでしたし、前半の主人公のように感じました。面倒見が良くて良いやつですね。

福山さん:悲壮感は感じなかったので、自分の中ではやってやったなって。良いやつだったので良い幕引きができたとな思います。

最後の一言

福山さん:収録から時間が経っておりますが、このようにお客様に観ていただいた事で、ようやく僕の中でこの作品が完結したなと思っています。何回も観ることで新しい発見はまだまだあると思います。これからも長く愛される作品になることを願っています。

『HUMAN LOST 人間失格』
『HUMAN LOST 人間失格』

11月29日(金)全国公開 

<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
@HUMANLOST_PR

<STORY>
昭和 111年――医療革命により死を克服し、環境に配慮しない経済活動と19時間労働政策の末、GDP世界1位、年金支給額1億円を実現した無病長寿大国・日本、東京。
大気汚染と貧困の広がる環状16号線外“アウトサイド”で薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに特権階級が住まう環状7号線内”インサイド”へ突貫し、激しい闘争に巻き込まれる。

そこで”ロスト体”と呼ばれる異形体に遭遇した葉藏は、不思議な力をもった女性“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力をもつことを知る。

暴走集団に薬をばらまき、ロスト体を生み出していたのは、葉藏や美子と同じ力をもつ男“堀木正雄”。正雄はいう。

進み過ぎた社会システムにすべての人間は「失格」した、と。文明崩壊にむけ自らのために行動する堀木正雄、文明再生にむけ誰かのために行動する柊美子。平均寿命120歳を祝う人類初のイベント“人間合格式”を100日後にひかえ、死への逃避を奪われ、人ならざる者となった大庭葉藏が、その果てに選択するものとは――

***********************************


<CAST>
大庭葉藏:宮野真守 
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山 潤 
澁田:松田健一
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子 :千菅春香


<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
監督:木﨑文智
スーパーバイザー:本広克行
ストーリー原案・脚本:冲方 丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
グラフィックデザイン:桑原竜也
CGスーパーバイザー:石橋拓馬
アニメーションディレクター:大竹広志
美術監督:池田繁美 / 丸山由紀子
色彩設計:野地弘納
撮影監督:平林 章
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
主題歌:m-flo「HUMAN LOST feat. J. Balvin」(rhythm zone/LDH MUSIC)
©2019 HUMAN LOST Project




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『HUMAN LOST 人間失格』追加キャストに福山潤が決定!映像&コメント解禁


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、貧困エリア“イチロク”の暴走集団のリーダーで、宮野真守演じる主人公・の唯一の友であり、生き方に惑う彼に絵を描くきっかけを与えた男、のキャラクター映像が解禁。
演じるのは、『コードギアス 復活のルルーシュ』のルルーシュ・ランペルージ役や『おそ松さん』の松野一松役など、多彩な人気キャラクターを数多く演じ、アーティストとしても活躍する福山潤に決定!コメントも到着しました。

竹一(CV.福山潤) キャラクター映像



竹一役・福山潤よりコメント到着!

Q. 竹一というキャラクターについての印象をお聞かせください

命の延命化が進み、怪我でも寿命でも死ぬ事が出来なくなっている中で、死への欲求にかられ危険に身を投じる行為によって生と自己を掴み取ろうとしている印象の強い人物です。
ですが悲壮感はなく、享楽的とも快楽的ともとれる活力溢れる人物に受け止めています。

Q. 本作を楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願いします

考えさせられつつも、胸躍り、手に汗握る展開をもった作品だと感じております。
皆様に観て頂いて、どのように感じ、受け止められるのかとても楽しみです。是非とも劇場でご覧ください!


映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』

HUMAN LOST 人間失格
STORY
「恥の多い生涯を送って来ました。」
医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。
しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。
日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。

大気汚染の広がる――イチロク。
薬物に溺れ怠惰な暮らしをおくる“大庭葉藏”は、ある日、暴走集団とともに行動する謎の男“堀木正雄”とともに特権階級の住まうへの突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。
そこでヒューマン・ロストした異形体――“ロスト体”に遭遇した葉藏は、対ロスト体機関“ヒラメ”に属する不思議な力をもった少女“柊美子”に命を救われ、自分もまた人とは違う力を持つことを知る――
 
堕落と死。生と希望。男は運命に翻弄され、胸を引き裂き、叫ぶ。
怒り。悲しみ。憐れみ――絶望に呑みこまれ、血の涙とともに大庭葉藏は“鬼”と化す。

貴方は、人間合格か、人間失格か――



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『明治東亰恋伽』チャーリー役:小林 豊がサプライズ参加!


映画情報どっとこむ ralph 累計プレイヤー40万人以上を誇るタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム原作で“バブリーダンス”

を披露して話題となり女優として活躍する伊原六花の初主演作品であるドラマ&映画『明治東亰恋伽』がいよいよドラマシリーズが4月から放送&配信。

ドラマの放送が迫る3月23日(土)に同原作であり、TOKYO MXほか全国放送中で最終回直前であるTVアニメシリーズが東京ビックサイトで開催しているAnimeJapan2019のメインステージでアニメキャストである浪川大輔(森鴎外役)、KENN(菱田春草役)、岡本信彦(泉鏡花役)、福山潤(藤田五郎役)が登壇した”TVアニメ「明治東亰恋伽」AnimeJapanスペシャルステージ”にドラマ映画のチャーリー役:小林豊がサプライズとしてゲスト出演しました。

<TVアニメ「明治東亰恋伽」AnimeJapanスペシャルステージ>
日程:3月23日(土)  
場所:東京ビックサイト
AnimeJapan2019 AJ“ROCK“STAGE/ROSE RED STAGE    
登壇:
【アニメキャスト】
浪川大輔(森鴎外役)、KENN(菱田春草役)、岡本信彦(泉鏡花役)、福山潤(藤田五郎役)
【ドラマ映画キャスト】
小林豊(チャーリー役)

映画情報どっとこむ ralph 最終回直前の3月23日にAnimeJapan2019のメインステージ(AJ“ROCK“STAGE/ROSE RED STAGE)でTVアニメシリーズのメインキャストである浪川大輔(森鴎外役)、KENN(菱田春草役)、岡本信彦(泉鏡花役)、福山潤(藤田五郎役)迎えた”TVアニメ「明治東亰恋伽」AnimeJapanスペシャルステージ”が開催され、そのステージドラマ映画キャストを代表してドラマ映画のチャーリー役:小林豊がサプライズとしてゲスト出演した。

「めいこい」ファンで満員のメインステージ(AJ“ROCK“STAGE/ROSE RED STAGE)にTVアニメシリーズのメインキャストである浪川大輔、KENN、岡本信彦、福山潤がステージに登場し、大きな歓声に包まれた。それぞれの挨拶に続き、登壇キャストにMCから「めいこい一問一答!」として作品や、作品に関わる質問が。息の合った発言や、おもしろ回答を連発し、大きく会場を盛り上げる。

遂にアニメが3月に最終回を迎えるが、その後、4月からドラマがスタートすることを伝えられる。

ステージに登壇したKENNがドラマでも主題歌を担当することを聞かれ、「「明治東亰恋伽」始まった時から主題歌を担当させていただいているので、ドラマでも主題歌を担当させていただくことは本当に光栄でしたし、楽曲もすごく“めいこい”らしい仕上がりなりましたので、ドラマと合わせて主題歌も楽しんでいただけれと思います」とアピール。

さらに、浪川大輔と岡本信彦がドラマに出てくる付喪神(つくもがみ)の声で出演することについて、岡本「僕の役は万年筆役で出演しているのですが、(浪川から「ぴったりだよね」と言われ)そうですか?我こそは万年筆を演じたら、日本一と自負していますが、浪川さんは日本一の蓄音機でした」と同じく付喪神を演じた浪川にコメントを振ると、浪川は「やっぱり蓄音機ですよね。(まわりから似合うとの意見に)まあ、僕は蓄音機をやるために声優になったので(笑)」と答え、会場が笑いに包まれた。

アニメキャストからのドラマ参加の質問に続き、ドラマ映画での小林豊演じるチャーリーの特別映像が流れると、小林豊がステージにサプライズ登壇。会場の観客に向かって「みなさんはじめまして、BOYS AND MENというグループで活動しています小林豊です。よろしくお願いします!」と元気いっぱいに挨拶。

アニメキャスト、ドラマ映画キャストが揃ったところで、アニメも、実写ドラマも 一緒に盛り上げるために、会場に向かって登壇者が一人ずつ 「思わず胸がキュンッ」となる一言を披露する。 「しりとり」形式で登壇者5名で数珠つなぎで行うが、発言した言葉が”胸キュンッ”の判断は運営が行うこととなり、胸キュンッでないと判断された場合には言い直しとなるルール。順番は浪川、KENN、岡本、福山、ラストは小林で行うことに。

最初の浪川のお題は「めいこい」の「い」から始まる。浪川は「いい子リスちゃんだね」と自分の演じる森鴎外になり、もちろん判定はOK。続いてKENNは「ね」から「ねこと同じぐらいかわいいね」と答え、判定OK。ここで次の岡本から「ね」続き悩むが、岡本「ねえ、そっちにいっていい?ね」答え、次も「ね」でつなぎ、会場を盛り上げる。ここで、セリフの最後も「ね」縛りとするルール追加され、キャラクター的に「ね」をつけづらい福山が悩んだ末にセリフを噛んでNGに。最終的には「眠れないのか、だったらとなりに来て、一緒に寝よう、ね」と無理矢理「ね」をを付け、ラストの小林へ。ついにラスト小林と順番となる。小林は「ねえ、芽衣ちゃん、ずっと一緒にいようね」と自身の演じるチャーリーのセリフで締め、数珠つなぎは無事成功!

最後にステージ登壇者から挨拶。
最初は小林から「最初にご挨拶をさせていただきましたが、はじめましての方がたくさんいらっしゃると思います。そんなはじめましての方を”二度目まして”にしていきたいと思います。今日からドラマめいこいの方も、応援よろしくお願いします」と語り、アニメファンへドラマ映画をアピール。

続いて福山は「めいこいはゲームからスタートしてアニメになり、アニメが大変すばらしい出来になっている、そしてこのままドラマ、映画と進んでいきます。これからもいろんな形でめいこいを広げていき、また一緒に盛り上げていければと思います」と伝える。

岡本は「めいこいはいろんなことをやっていく作品で、次はイベントもあります。次のイベントはどんな内容になるか楽しみです。いろいろな展開をしているめいこいの情報は月一で配信している浪漫deナイトを聞いて下さい」と語る。

KENNは「めいこいに出演させていただき、いろんなことをやらせていただき、4月からドラマもありますので、これからも“めいこい”づくしで行きたいと思いますので、皆さん是非ついてきてください」とアピール。

最後は浪川から「いろんなところで言わせていただいているですが、めいこいは長く続いているのですが、今回ドラマも始まるということで、これは皆様が応援してくれるおかげです。みなさんがいるからめいこいがこのように展開できていると思い、感謝しております」とファンに感謝を伝えた。

全員の挨拶に合わせて会場からは大きな拍手で包まれた。

映画情報どっとこむ ralph <ドラマ映画>
◼タイトル: 明治東京恋伽
◼︎表  記: テレビ神奈川ほか全国8局にて2019年4月から放送&U-NEXTにて独占配信
◼公開表記: 6月21日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開
© MAGES./LOVE&ART ©ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会

<アニメ>
◼タイトル: 明治東京恋伽
◼︎表  記: 4月8日より TOKYO MXで毎週月曜23:00~再放送スタート
© LOVE&ART/めいこい製作委員会

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

櫻井孝宏・福山潤・小野大輔・鈴村健一登壇 シェーWAVE「おそ松ステーション」公開録音


映画情報どっとこむ ralph 東京ビッグサイトで開催された世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan2019」メインステージにて、劇場版「えいがのおそ松さん」公開を記念して(大ヒット上映中)、WEBラジオ シェーWAVE「おそ松ステーション」の公開録音を実施しました。

TVアニメ「おそ松さん」の人気企画のひとつ、公式WEBラジオ シェーWAVE「おそ松ステーション」の公開録音が行われるのは、2018年4月以来3回目。メインパーソナリティーをイヤミ役の鈴村健一さんが務め、おそ松役:櫻井孝宏さん、一松役:福山潤さん、十四松役:小野大輔さんをゲストに迎え、約1000人の観客で満員となった会場では爆笑トークに加え、劇場版「えいがのおそ松さん」6週連続舞台挨拶の4週目に行われる舞台挨拶付き上映の決定も解禁され、大盛況となりました。

映画情報どっとこむ ralph 公開録音のオープニングトークでは、“普通のお便りを紹介するコーナー”『おた松さん』からスタート。

劇場版「えいがのおそ松さん」を鑑賞してくださったお客さんからたくさんの感想が寄せられ、櫻井孝宏(おそ松役)は、「最後(オチ)言いたい~!(笑)」、福山潤(一松役)は「僕が一番グッときたシーンは、僕ら(6つ子)が一切しゃべっていないシーンです!」と、TVアニメシリーズでおなじみのギャグに加えて、今回の劇場版で描かれている『青春』や『感動』を感じるシーンをおススメ。鈴村健一(イヤミ役)も「映画ならではの音楽シーンの使い方などが絶妙だった」と、小野大輔(十四松役)も「たしかに!」と十四松風に応じるなど来場している観客へのサービスも満点。また、PN「あいだ罪夫」さん(男性)から『AnimeJapan2019にはいくけれども、別のステージを見に行くのでメールだけ送っておきます』というお便りを読み上げると、キャスト陣が一斉に「あいだー!メール読んだよー!」「どこのステージ行ってんのー!」「あいだー!この後もアニメジャパン楽しんでねー!」と呼びかける一幕もあり、会場は笑いに包まれました。

そして、メインパーソナリティ―鈴村健一が、中継スタイルでお知らせをお届けする人気コーナー『おし松さん』では、劇場版「えいがのおそ松さん」で実施している6週連続舞台挨拶の4週目の舞台挨拶が決定し、4月6日(土)に、福山潤、上田燿司(デカパン役)、飛田展男(ダヨーン役)、そして4月7日(日)には鈴村健一、中村悠一(カラ松役)の登壇が発表され、会場からは大きな歓声が上がりました。

つづく、“ナンセンスでシュールな質問を受け付ける”『おこ松さん』では、大喜利コーナーで、寄せられた質問ひとつひとつに、櫻井孝宏は「何言ってんの(笑)」「え、誤植?(笑)」と丁寧に突っ込みを繰り広げていきます。そして、キャスト陣が『チョロ松』のカードを選んだところ、質問は『ペットのミキちゃんの名前を教えてください』という難解な質問。難しい問題にキャスト陣全員頭を抱え、小野大輔は「うわぁ~一番パンチのあるやつひいちゃったよ~!」と笑い、みんなが混乱する中、福山潤は「ヒト科であるミキちゃんをペットにしたなら名前を付けないといけない」と真面目なフォローをし、「さすがのプロファイリング能力!」と拍手が起こりました。最終的に、小野大輔が名前をつけることに。

また、コーナー最後に、会場から「おぉ~!」というどよめきと拍手が湧き起った櫻井孝宏の回答も、是非放送でお聞きください(4月中に公式HPにて配信予定)
そして、公開録音終了後、キャスト陣が観客と一緒に記念撮影を行うと、鈴村健一が「えいが観るザンス!」とイヤミの声で観客にコール、会場からは「シェー!」とレスポンスが返ってくるなど会場が一体となり、本イベントを締めくくりました。

劇場版「えいがのおそ松さん」は全国絶賛上映中です。本イベントの大盛況是非に加え、6週連続の舞台挨拶、そして3月31日には6つ子のオールキャストの登壇が決定している舞台挨拶(全国ライブビューイング上映)も決定している本作、引き続き、ご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph 新情報解禁!
6週連続舞台挨拶付き上映、4週目が決定!

◆4月6日(土)
劇場:109シネマズ二子玉川  /時間:11:00の回上映後/14:00の回上映前
登壇者:福山潤、上田 燿司、飛田 展男(予定・敬称略)
◆4月7日(日)
劇場:ユナイテッド・シネマ豊洲  /時間:9:30の回上映後/12:30の回上映前 
登壇者:鈴村健一、中村悠一(予定・敬称略)
→本日、24日(日)16:45~先行プレリザーブ抽選販売開始!詳しくは、HPをご覧ください! 

映画情報どっとこむ ralph 劇場版「えいがのおそ松さん」

3月15日(金) 全国ロードショー!

公式サイト:
https://osomatsusan-movie.com

公式Twitter:
@osomatsu_movie



初めて描かれる「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリー!

赤塚不二夫生誕の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、2度にわたって制作・放送されたTVアニメ「おそ松さん」。

“クズ”で“ニート”、しかも、全員“彼女ナシ”で“童貞”。ダメだけど、どこか憎めない大人に成長した松野家6兄弟が主役として描かれた、予測不能なギャグコメディとして、2016年度の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象を巻き起こした。

完全新作となる劇場版には、高校生時代の6つ子たちも登場し、「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが、初めて明らかになる…!“笑い”はもちろん、まさかの“青春”や“感動”も詰め込んで贈る「おそ松さん」の新境地。

***********************************

キャスト: おそ松:櫻井孝宏/カラ松:中村悠一/チョロ松:神谷浩史/一松:福山 潤/十四松:小野大輔 トド松:入野自由/トト子:遠藤 綾/イヤミ:鈴村健一/チビ太:國立 幸/デカパン:上田燿司 ダヨーン:飛田展男/ハタ坊:斎藤桃子 ほか

原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫
監督:藤田陽一 
脚本:松原 秀 
キャラクターデザイン:浅野直之
美術監督:田村せいき
色彩設計:垣田由紀子
編集:坂本久美子
音楽:橋本由香利
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:菊田浩巳
音響製作:楽音舎
アニメーション制作:studioぴえろ
主題歌「Good Goodbye」Dream Ami(rhythm zone)
配給:松竹
©赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

福山潤、櫻井孝宏、村瀬歩、谷口悟朗監督、家入レオ登壇!『コードギアス 復活のルルーシュ』初日


映画情報どっとこむ ralph 劇場総集編 3 部作 Blu-ray&DVD が好評発売中の『コードギアス 反逆のルルーシュ』。

その続編となる完全新作映画『コードギアス 復活のルルーシュ』 は本日2月9日(土)公開初日を迎えました。

かつて世界を握り世界を壊した男がいた。
その男の名はルルーシュ・ヴィ・ブリタニア。
彼の亡き後の世界、そこにあるのは秩序か混沌か、時代を席巻し一大 ムーブメントを築き上げたコードギアスシリーズ、その新たな扉が今開く。監督・谷口悟朗、脚本・大河内一楼、キャラクターデザイン原案・CLAMP のコー ドギアスチームが完全新作を制作。コードギアスの新たな伝説が今再び華麗に開幕!

この度、2月 9 日(土)に本作の初日舞台挨拶を行いました。

日付:2月9日(土)
場所:新宿バルト 9
登壇:福山潤、櫻井孝宏、村瀬歩、谷口悟朗監督、家入レオ
MC:サンキュータツオ

映画情報どっとこむ ralph 伝説的アニメ“コードギアス”が 新作映画として遂に公開!! 初日舞台挨拶にキャスト・監督が集結! 福山潤、櫻井孝宏、村瀬歩、谷口悟朗(監督) さらに、OP 主題歌 家入レオも登壇!

「コードギアス」シリーズを支え続けた主人公ルルーシュ役 福山潤、ルルーシュの親友スザク役 櫻井孝宏、そして、本作の舞台となるジルクスタン王国の若き国王で、謎多きキャラクターシャリオ役 村瀬歩、本シリーズを常に牽引してきた監督 谷口悟朗が登壇した。

満員の客席の前に登場したキャスト・監督は、都内でも雪が降る悪天候にも関わらず公開初日の初回上映に足を運んでくれた観客に感謝を述べた。福山が本作の公開を祝してコードギアスシリーズお馴染みの掛け声「オールハイルブリタニア!」と乾杯の音頭をとり、イベントがスタート。

プロジェクトの製作発表から 2 年、ついに公開初日を迎えた心境を「ファンとの約束が果たせた」と語る谷口は肩の荷が下りたと安堵の表情を浮かべた。福山は「今までのキャリアの中でも、どう表現していいのか分からない」と 12 年続いたシリーズのひとつの“けじめ”のような作品が公開を迎えたことに感慨深い様子。続く櫻井は、“復活”と銘打っているが全貌が見えないまま公開を迎えた本作に対して「皆さんを巻き込むような形でコードギアスの世界に浸れたことが嬉しかった」と語った。

本作でコードギアスシリーズに初出演した村瀬。自身が高校生の時にコードギアスのテレビシリーズを観ていてファンだったという村瀬は、福山演じるルルーシュや櫻井演じるスザクなど、「自分が観ていたキャラクターと一緒の場にいられたことが今でも信じられない」と出演の際の感激を振り返った。また「ファンとしても劇場の大画面でも観たいです」と一人のコードギアスファンの目線からも語った。

今回鑑賞した観客に対し 2 回目以降のみどころについて、福山は全部の情報を知ったうえでみると「印象が変わる、考察できるところが沢山ある」とし、自身が 2 回目の鑑賞をした際の感想を踏まえて語った。続く櫻井も今作を「掘り下げられる作品」と印象を語り、今まで見られなかったキャラクター同士のつながりにも注目してほしいとアピールした。村瀬は自身の演じたシャリオの視点から、「姉のシャムナの台詞を意識して観てみると意図が理解できる」と語った。谷口は、各キャラクターの行動や表情のこだわりを吐露し、その魅力を存分にアピールした。

谷口監督の印象について、2016 年のイベントぶりに谷口監督と一緒に登壇した福山は、「今回のプロジェクトがひとつの区りとして谷口監督が本作を大事に考えていると思った」と監督の想いを汲んだ。またテレビシリーズの時は怖い印象をもっていたが、今回はずっと笑っていた監督をみて「逆に怖かった」と冗談めかしながら会場の笑いを誘った。谷口監督に哲学を感じたという村瀬は、「本能に任せて演じることが多いため、熱の持ち方など勉強になった」と印象を語った。

今回オープニング曲「この世界で」を担当した家入レオは、本作を鑑賞した際に「“退廃的”や“世界の果て”というイメージが湧きそのスケール感に圧倒された」と語り、そのイメージから「スケール感のある無駄なものを一切省いた音数の少ない曲でいこうと決めた」と本作に込めた想いを語った。
今回女性の立ち位置から歌を歌ってくれる方を探していたという谷口監督。そんな中、白羽の矢が立ったのが家入だったという。画をみながら曲のスピード感の調整など、家入とキャッチボールしながら作り上げていったと、オープニング曲に対する監督からのオーダーも明らかとなった。


今作を楽しみに待っていてくれた、テレビシリーズそして劇場総集編3部作から全てのファンに対し、谷口監督は、「これからのギアスを一緒に作り上げていく仲間だと思っています」と感謝の想いを述べた。また、今作が初の映画オープニング主題歌となった家入は「こんなに愛されているアニメに関われてうれしかった」と改めて、本イベントでファンの熱量の高さを感じた様子。そんな家入の曲について櫻井は「すごく大事な部分を担っている」とし、本作については「ともに歩いた年月分の想いは届いているのではと思う」とシリーズに携わった 12 年分の想いも含めて熱く語った。最後に福山は、オリジナルコンテンツとして始まったコードギアスが12年という時を経て、新しい物語がはじまることに対し、「すべてを出し尽くした完全新作」と本作を自信満々にアピール。「どういった言葉で、どういった気持ちで皆さまが語っていただけるのか楽しみでなりません」と語り大盛況のなかイベントは幕を閉じた。


***********************************


【スタッフ】
監督:谷口悟朗/脚本:大河内一楼/キャラクターデザイン原案:CLAMP/キャラクターデザイン:木村貴宏/ナイトメアフレームデザイン原案:安田朗
ナイトメアフレームデザイン:中田栄治/メカニカルデザイン・コンセプトデザイン:寺岡賢司/メインアニメーター:木村貴宏、千羽由利子、中田栄治、中谷誠一
美術監督:菱沼由典/色彩設計:柴田亜紀子/撮影監督:千葉洋之/編集:森田清次/音響監督:井澤基、浦上靖之/音楽:中川幸太郎/配給:ショウゲート
製作:サンライズ、コードギアス製作委員会

【キャスト】
C.C. : ゆかな/スザク:櫻井孝宏/ナナリー:名塚佳織/カレン:小清水亜美/ロイド:白鳥哲/咲世子:新井里美
シャムナ:戸田恵子/シャリオ:村瀬歩/フォーグナー:大塚明夫/シェスタール:島﨑信長/ビトゥル:高木渉/クジャパット:津田健次郎

©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

水瀬いのり、福山潤、井上喜久子登壇 劇場版「フリクリ プログレ」初日舞台挨拶開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 『新世紀エヴァンゲリオン』に続くガイナックス待望の新作として企画され、2000年から2001年にかけて全6巻でリリースされたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)シリーズ作品『フリクリ』(共同制作:Production I.G)。

この度、9月28日(金)にTOHOシネマズ日比谷にて劇場版「フリクリ プログレ」初日舞台挨拶を行います!


舞台挨拶には雲雀弄ヒドミ役・水瀬いのり、井出交役・福山潤、雲雀弄ヒナエ役・井上喜久子の登壇が決定!
収録時のエピソードや、キャストそれぞれが作品から感じとった「フリクリイズム」を存分に語って頂きます!

また、公開日より配布の入場者プレゼントは、主題歌を担当したthe pillowsとのスペシャルコラボ・ステッカーに決定!
そして9月28日より上映劇場にて販売のグッズ情報も解禁となりました!

映画情報どっとこむ ralph ■劇場版「フリクリ プログレ」初日舞台挨拶開催決定!
日時:9月28日(金)19:30の回 ※上映後舞台挨拶
場所:TOHOシネマズ日比谷SC12
東京都千代田区有楽町1-1-3 東京宝塚ビル地下1F
ゲスト:水瀬いのり(雲雀弄ヒドミ役)、福山潤(井出交役)、井上喜久子(雲雀弄ヒナエ役)、
MC 柳原哲也(アメリカザリガニ)(予定)
チケット料金:通常料金(ムビチケ使用可)

チケット発売:9/21(金)24:00(=9/22(土)0:00)vitにて発売
※詳細は劇場WEBサイト
https://www.tohotheater.jp/event/flcl-progre.html

■劇場版「フリクリ プログレ」入場者プレゼントは「FLCL×the pillows」
スペシャルコラボ・ステッカーに決定!
公開日より配布の入場者プレゼントは、主題歌を担当したthe pillowsとのスペシャルコラボ・ステッカーに決定!
スタッフパスのように衣類に貼っても剥がれにくい特別仕様になっております。
無くなり次第終了となりますので是非お早目に劇場にてGETしてください!

■9月28日(金)より上映劇場にて販売の劇場版「フリクリ プログレ」グッズ情報解禁!
劇場版「フリクリ プログレ」公開日の9月28日(金)より上映劇場にて販売のグッズラインナップが解禁!

映画情報どっとこむ ralph
■ABOUT「フリクリ」
全世界待望「フリクリ」の完全新作!
伝説のアニメが再び世界を揺るがす!
2000年、全6巻のOVAとして発表され、たちまち世界中のアニメファンを熱狂させた名作「フリクリ」。
鋭いデザインワーク、予測のつかない演出、そして「the pillows」のオルタナティヴ・ロックのメロディーを乗せたダイナミックなアクションシーンの数々は、日本国内だけではなく、全世界に大きなインパクトを与えた。
その「フリクリ」が2018年、新たに劇場版「フリクリ オルタナ」、劇場版「フリクリ プログレ」 として公開される。
新作の制作にあたっては、スーパーバイザーを「フリクリ」の生みの親・鶴巻和哉、キャラクター原案を貞本義行が務め、the pillowsが主題歌・挿入歌を提供する。
劇場版「フリクリ オルタナ」の監督には、「幼女戦記」で重厚な戦闘描写を描き、「パンチライン」ではポップな演出を見せた上村泰が務める。
そしてOVAシリーズに引き続きハルハラ・ハル子を新谷真弓がパワフルにクレイジーに演じる。
劇場版「フリクリ プログレ」の監督には、荒井和人・海谷敏久・小川優樹・井端義秀・末澤慧・博史池畠ら6名のフリクリ愛溢れる個性豊かなクリエイターが集結。
劇場版「フリクリ プログレ」ではなんとハル子が二人に分裂する。
そのうちの1人、ハルハ・ラハルを林原めぐみが、もう一人のジンユを沢城みゆきが演じる。
狂信的なフリクリ愛を持つクリエイターたちによる劇場版「フリクリ オルタナ」、劇場版「フリクリ プログレ」。
ダイナミックでソリッドでポップにスクラップしつつビルディングする本作で、再び世界を驚愕させるー...はず!

■INTRODUCTION 劇場版「フリクリ プログレ」
ありとあらゆる命題に明確な答えを用意せず、
生理的欲動の充足のみをシコシコ満喫しその日暮らすような説得力ゼロ青少年たち。
その中でなんてことない日常を過ごすヘッドフォンの少女ヒドミ。
彼女が轢かれた夜、クラスメイトの少年・井出の額から巨大ロボットが出現した!
ハル子から分裂したラハルとジンユと出会い、
〝特別なことなんてない日常〟が終わりを告げる―!!!!!

■STAFF&CAST CREDIT 劇場版「フリクリ プログレ」
■スタッフ
監督:荒井和人/海谷敏久/小川優樹/井端義秀/末澤慧/博史池畠
脚本:岩井秀人
キャラクター原案:貞本義行
キャラクターデザイン:久保田誓
サブキャラクターデザイン:米山舞
メカデザイン:押山清高(スタジオドリアン)
プロップデザイン:村山章子/久原陽子
美術監督:荒井和浩
色彩設計:有澤法子
CGディレクター:高柳陽
撮影監督:田中宏侍
編集:濱宇津妙子
音楽監督・音楽:R・O・N
音響監督:なかのとおる
主題歌:the pillows「Spiky Seeds」
スーパーバイザー:鶴巻和哉
総監督:本広克行
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部
製作:劇場版フリクリ製作委員会


■キャスト
ハルハ・ラハル:林原めぐみ
ジンユ:沢城みゆき
雲雀弄ヒドミ:水瀬いのり
井出 交:福山 潤
森 吾郎:村中 知
マルコ野方:中澤まさとも
アイコ:黒沢ともよ
雲雀弄ヒナエ:井上喜久子
マスラオ:大倉孝二
アイパッチ:菅生隆之
屯吉:浦山 迅
花枝タミ:鈴木れい子

©︎ 2018 Production I.G / 東宝
***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

水瀬いのり&福山潤 登壇!劇場版「フリクリ プログレ」完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph 新世紀エヴァンゲリオン』に続くガイナックス待望の新作として企画され、2000年から2001年にかけて全6巻でリリースされたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)シリーズ作品『フリクリ』(共同制作:Production I.G)。

新作となる劇場版「フリクリ オルタナ」が9月7日(金)に、劇場版「フリクリ プログレ」が9月28日(金)にそれぞれ劇場公開となります。

そして!この度、8月27日(月)にTOHOシネマズ 日比谷にて劇場版「フリクリ プログレ」の完成披露上映会を実施致しました!上映前の舞台挨拶には本作のヒロイン・雲雀弄ヒドミ役の水瀬いのりと、ヒドミのクラスメイトの井出交役の福山潤が登壇!本作に関する貴重なトークを、溢れんばかりの「フリクリ愛」とともに語ってくれました!


劇場版「フリクリ プログレ」完成披露上映会
日時:8月27日(月)
場所:TOHOシネマズ日比谷 SC12
登壇:水瀬いのり(雲雀弄ヒドミ(ヒバジリヒドミ)役)、福山潤(井出交(イデコウ)役)
MC:柳原哲也(アメリカザリガニ)

映画情報どっとこむ ralph 大勢の「フリクリ」フリークで埋め尽くされた会場に登壇した水瀬さんと福山さんが大きな手と歓声に迎えられ

Q:本作のお披露目を迎えた今の心境は?

水瀬いのり:2000年のOVAが発表された頃、私はまだ5歳で幼稚園に通っていました。当時多くの方々がご覧になっていた作品の新作に22歳になった今、参加させて頂けるというのはとても嬉しく思います。今、その喜びを噛み締めています。

と語り、

福山潤:僕はデビューして3年目くらいでした。当時から「フリクリ」という作品のことは認識していて、人気があるということも知ってましたが、まさか18年の時を経て、当時5歳だった水瀬さんと同級生の役を演じるなんて思ってもみませんでした(笑)。アニメの可能性というのはすごいですね!

会場を沸かせました。

Q:完成した本作を観た感想は?

水瀬いのり:率直な感想を言うと「わからないなー」と思いました。わからないことが正義なのかなと(笑)。そのわからなさというものが悶々とするものではなくて、「わからないけどなんかサイコー!」という感じのものでした。たくさん疑問があると思いますが、それぞれシーンは怒涛の展開を見せていくので、観る人は振り回されると思います。


福山潤:楽しかったです!わかるとか、わからないではなく純粋に楽しかった!アフレコ前にもネットでも色々と「フリクリ」が好きな人の感想を見ていて、「わからないけれど、それが良い」という感じなのかなと思って、頭の中を空っぽにして見たら最後に何かわかっちゃったものもあるんです(笑)

Q:それぞれ演じたキャラクターについて

水瀬いのり:私が演じた雲雀弄ヒドミは、見た目や公式サイトでの説明だとクールな女の子で、いつもヘッドフォンをして他者との繋がりを遮断しているように見えるのですが、本当は自分を持った強い女の子です。しかも「フリクリ」に出てくる以上それだけではない何かを持っています。PVなどの印象に引っ張られ過ぎず、映画の本編を見て彼女を知って欲しいです。


福山潤:僕が演じた井出交は、学ランを着て、眉毛が太くて、暑苦しくて、チャラけたことをしつつ、熱血な部分もある。僕をアニメキャラにしたらこんな感じの男になるなと思います(笑)。


Q:アフレコの様子について

水瀬いのり:ハルハ・ラハル役の林原めぐみさんとは、今回のアフレコで初めてご一緒させて頂きました。とても色々な刺激を受け、林原さんだから出来ること、林原さんだからこそ生まれるものがたくさんありました。目で台本を追うのがもったいなく感じるほどで、読んでいる台本を閉じて林原さんのお芝居を見る、いち視聴者になりたい思うほどでした。また、アフレコ現場に手作りのお弁当を差し入れに持ってきてくださって、食べやすいように一口サイズのおにぎりにしてくださったり、とても細やかな気遣いをして下さったのが印象的でした。

福山潤:アフレコ現場での林原さんを見ていると、「理屈はわかるが実際には到底できないようなことが多い中でも、普通にやってのける人」という感じでした。僕たちもプロなので真剣に仕事に取り組むのですが、自分のセリフが終わると脇に台本を置いて、林原さんの演じる後ろ姿をじっと見入ってしまいました。僕が初めて主演を演じたアニメのヒロインが林原さんで「その頃と比べると少しは追いつけるようになったのかな?」なんて思ったりもしていたけれど、全然追いつけていませんでした(笑)。

映画情報どっとこむ ralph Q:作中の「思春期特有の感情の高ぶりで、おでこからとんでもないものがニョキニョキ生えてしまう現象」N.OにちなんでこれまででN.Oが生えてしまう程に心が高ぶった瞬間は?

水瀬いのり:私は基本的にせっかちで、隙間の時間があるのが好きではないので、一連で流れるように仕事をしたいのですが、ひとりで演じる仕事の時などでノーリテイクで一発で終わった時は、誰にも共有出来ないけれどキュッと袖口を握って心の中で「やった!私ってすごいのでは!?」なんて思ったりしています(笑)。

福山潤:仕事に真剣に取り組んでいくなかで、緊迫なシーンの瞬間にダジャレが思いついた瞬間、とても心が高ぶりますね(笑)。そのダジャレをぐっとこらえた瞬間も、そして我慢しきれずに言ってしまった瞬間も、それにOKが出た瞬間もすごく高ぶります!しかもそれがカットされてたりするんですよ(笑)。

Q:本作の見所について

水瀬いのり:2000年の「フリクリ」から応援している人も、今回初めて観るという方もいるかと思いますが、この作品は簡単に言うとすごく中二病的なんです!変わりたくても変われない、朝起きたら自分にすごい力が宿っている、俺はあのグループとは違うという、そんな感じ。「自分は誰かよりも・・・」というのがひとつの鍵になっていて、大人が観ても学生が観ても楽しめる、リアルな青春群像劇になっています。

福山潤:純粋に、こういった作品に関われて嬉しいと思う作品です。18年の時を経て新作が公開となるのですが、僕がアニメを見始めた時に感じていた面白さがある作品です。自分がなんでアニメを好きになったのかを思い出す、デジャヴを感じる作品で、この作品に関われて良かったと心から思います。


Q:締めの一言挨拶

水瀬いのり:本日は本当に有難うございました!この作品を観る時の大事なキーワードは「考えるな、感じろ!」です(笑)。是非、画面の隅の隅まで観て頂いてご自身の感想を感じて頂きたいです。

福山潤:本日はどうもありがとうございました!18年前から「フリクリ」が好きな方も、今回初めて「フリクリ」に触れるという方も是非楽しんで頂きたいです。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版「フリクリ オルタナ
9月7日(金)公開

劇場版「フリクリ プログレ
9月28日(金)公開


公式HP:
flcl-anime.com

***********************************

© ︎2018 Production I.G / 東宝




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

七つの大罪声優7人初勢揃い!和気藹々初日挨拶&乃木坂46:山下美月・与田祐希が花を!


映画情報どっとこむ ralph 遂に「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」が公開初日!

〈七つの大罪〉の団長・メリオダスの声優を務める人気声優・梶裕貴さんをはじめ、悠木碧さん、鈴木達央さん、福山潤さん、髙木裕平さん、坂本真綾さん、杉田智和さんら、大罪人であり伝説の騎士団〈七つの大罪〉メンバーのキャスト7名全員が初めてステージ に揃いました!

またエリザベスの声優を務める雨宮天、ホークの声優・久野美咲、劇場版オリジナルの敵役・〈黒の六騎士〉のリーダー・ベルリオンの声優を務めた森川智之も登壇!!超豪華な舞台
挨拶に!
さらに応援隊長のよゐこの二人が進行を務め、主題歌を担当した乃木坂46のメンバー(山下美月&与田祐希)がスペシャルゲストとしてお祝いに駆けつけました!

日程:8月18日(土)
場所:丸の内TOEI
登壇:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、坂本真綾、杉田智和、森川智之
応援隊長:濱口優(よゐこ)、有野晋哉(よゐこ)
スペシャルゲスト:山下美月(乃木坂46)、与田祐希(乃木坂46)
 
映画情報どっとこむ ralph 濱口優(よゐこ)、有野晋哉(よゐこ)さんが応援隊長として登場!
濱口さん:まさか自分がね。作品に出られるとは!

有野さん:光栄です!

と、兵士役で出演のよゐこのお二人が7つの大罪の面々を呼び込み!


なんと七つの大罪のメンバー七人が舞台に揃うのは今日が初めて出そう!
マーリン:坂本真綾さん:マーリン役ですが、普段の声はこんなです!今日は初めて七つの大罪が揃いました!珍しい事なので楽しんでいってください!

エスカノール:杉田智和さん:日の高いうちから舞台挨拶。エスカノール絶好調です。声優さんは割とこんな感じです。

と、独特。

キング:福山潤さん:キング役。中の人はこんな感じです。

ディアンヌ:悠木碧さん:物語の中では大きいのですが・・・中の人はこんな感じです!(笑)初日をみんなで迎えられて本当に嬉しいです!

ベルリオン:森川智之さん:今日唯一悪役ベルリオンです。アウェイ感があります!中の人はとってもいい人です!

メリオダス:梶 裕貴さん:劇場版遂に公開となって嬉しく思っています!もともとメリオダスは七つの大罪を集めるところから旅が始まったわけですから、舞台上に7人集まったのは感慨深いです!今日はまず僕たちのトークを楽しんでください。

エリザベス:雨宮天さん:七つの大罪が原作の漫画からTVシリーズを経て映画化。感慨深いです!

ホーク:久野美咲さん:今日、目が覚めて幸せだなーと思いました(笑)。嬉しいです!(今日の衣装はホーク色!)

バン:鈴木達央さん:この日が来ることを本当に楽しみにしていました。小さいお子さんから、子供の心を忘れない大人までみんなで楽しめる楽しい作品になっています。

ゴウセル:髙木裕平さん:ゴウセルは空気の読めないですが・・・僕は空気を読もうとしてテンパる男です!(笑)

映画情報どっとこむ ralph ここで印象に残った言葉
梶さん:タイトルに罪があるので、「お前は俺の大切なものを傷つけたそれがお前の罪だ!」ですね。

悠木さん:ホークのトントコトコトコが大好きです!これを聞くと大罪に帰って来たな!って思えます!生トントコして!

と、無茶振りを受けて恥じらいながらも・・・

久野さん:トントコトコトコ、トントコトコトコ!(大拍手)

鈴木さん:バンとして(有野さん:バンぽく言って!)いつか必ず・・・・・・お前を奪う!
生台詞に会場の女性から声が漏れます!(有野さん:ホークで言ってもらえますか?)

久野さん:えっ?・・・いつか必ず・・・・・・お前を奪う!
と、残飯に向かって精一杯解き放ちます!

高木さん:封印された代償は高くつくぞ人間!登場のシーンですね。

有野さんのたっての希望で本域のメリオダスのセリフが聞きたいとの希望で

梶さん:お前は俺の大切なものを傷つけたそれがお前の罪だゼ!フルカウンター(大拍手)

有野さん:フルカウンターをホークで!樋口カッター!!でもいいけど。

ここで、雨宮さんが加勢

雨宮さん&久野さん:フルカウンター!!
このレア感に場内騒然!

映画情報どっとこむ ralph キャストの皆さんに一言で「七つの大罪」を言い表すと!

高木さん:化学反応!個々が強いのが混ざり合って展開する。
鈴木さん:食と酒。こんなアニメないです。(梶さん:中の人もね。(笑))
久野さん:とんとことんとこ。台詞は台本になくてアドリブでしたが、初めて劇場版で台詞になってました。嬉しかったです!
雨宮さん:信頼関係!お互いの信頼を前提にしてるので。
梶さん:愛です。メリオダスを演じるうえで、エリザベスとの愛と仲間たちとの物語だと心において演じています。原作者の先生の愛も感じています。
森川さん:僕も愛!・・・平成最後の夏。七つの大罪に今回間に合ったなと。XXXもね。最後の夏かな。
福山さん:皆さんと被ってます。梶!(大爆笑!)梶と化学反応、梶と食と酒、梶ととんとことことこ。梶と信頼関係!梶と言えば愛!平成最後と言えば梶!合技は梶!
杉田さん:書けと言われたので・・エスカノールを描いてみました!おこがましい!
(上手過ぎ!!!!!)
坂本さん:声。二日間でみんな頑張って。声優さんて凄いなーって思って。(笑)
と様々。

映画情報どっとこむ ralph ここで、劇場公開をお祝いして主題歌を担当した乃木坂46のメンバー山下美月さんと与田祐希さんが花束を持って登場!

二人が天空の旅をするなら、どのキャラクターと聞かれ

山下さん:みんなしてみたいですが・・・バンがいいですね!料理をたくさん作ってもらって、料理を教えてもらいたい。

鈴木さん:嬉しいですね。でも俺にはエレインがいるんだよ!

と、山下さんまさかの公開で振られてしまう大波乱!

与田さん:私は安全な旅ならホークちゃん。ホークちゃん癒しなので大好きです。危険ならメリオダス!
久野さん:うれしーーーーー!

ここで、後列の久野さんと与田さんが見えないと言うことで、前列の大罪メンバーが空気椅子と言う過酷なフォトセッションに!
足はプルプルでも、顔は笑顔の皆さん!

最後に・・・

梶さん:七つの大罪は僕たちが4年以上の歳月をかけて一緒につくってきた作品。夏にぴったりな作品になっていますので何度も足を運んでいただければ!

と締めました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

劇場版公式サイト:
http://www.7-taizai-movie.net/

ストーリー
七人の大罪人、空を翔ける!!! ここは妖精族や女神族や魔神族が存在する世界。魔神族の暗躍により、滅亡寸前だった大国・リオネス王国を救ったのは、 大罪人であり伝説の騎士団〈七つの大罪〉と、
ひとりの王女だった。そして、リオネス王国に平穏がもたらされてから少し時が流れたころ――。 国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやって来た
〈七つの大罪〉たち。団長のメリオダスと、人の言葉を話す豚の ホークは、天空魚を求めるうちに空高く、雲の上に存在する天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまう。天空宮には翼をもつ“天翼人”が暮 らしている。メリ
オダスは掟を破った天翼人の少年と間違えられて牢屋へ入れられてしまう。天空宮では三千年間封印される凶悪な魔獣の解放 を防ぐため、儀式の準備をしていた。だが封印を解こうと天翼
人の命を狙う、“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集団〈黒の六騎士〉が姿を 現す。残虐非道な彼らからみんなを守るため、メリオダスたちは〈黒の六騎士〉と激突する!


過去記事:
乃木坂46 梅澤美波、山下美月、与田祐希 嫉妬しちゃうのは!? 「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」完成披露
http://eigajoho.com/119920


***********************************

キャスト メリオダス:梶 裕貴 エリザベス:雨宮天 ホーク:久野美咲 ディアンヌ:悠木碧 バン:鈴木達央 キング:福山潤 ゴウセル:髙木裕平 マーリン:坂本真綾 エスカノール:杉田智和 ソラーダ:代永 翼 エルラッテ:戸松遥 ベルリオン:森川智之


スタッフ 原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載) 総監督:阿部記之(「BLEACH」シリーズ、劇場版「黒執事 Book of theAtlantic」ほか) 監督:西片康人(「BLEACH」シリーズ
演出、劇場版「黒執事 Book of theAtlantic」演出 ほか) 脚本:上江洲誠(「暗殺教室」、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ」 ほか) キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木
啓悟(「七つの大罪」、「青の祓魔師」ほか) プロップデザイン:宮川治雄 色彩設計:茂木孝浩/岡崎菜々子 美術監督:伊東広道 美術設定:成田偉保 撮影監督:木村俊也 CG監督:
軽部優 編集:後藤正浩 音楽: 澤野弘之(「進撃の巨人」、「機動戦士ガンダムUC」、「連続テレビ小説まれ」ほか)/ 和田貴史(「テラフォーマーズ リベンジ」ほか) 音響監督:若
林和弘 制作: A-1 Pictures(「心が叫びたがってるんだ。」、「ソードアート・オンライン」ほか)

主題歌『空扉(そらとびら)』 乃木坂46 ( 作詞:秋元康 作曲:URUTA&Dr.Lilcom )
配給:東映
製作:「劇場版七つの大罪」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ