「福地桃子」タグアーカイブ

映画『あの日のオルガン』スペシャルメイキング10分間映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph これが、映画『あの日のオルガン』の全記録!
ボリュームたっぷり&見どころだらけの10分間!スペシャルメイキング映像解禁!                           
太平洋戦争末期、日本で初めて保育園を疎開させることに挑み、子どもたちのいのちを守った保母たちの実話を描く、 映画『あの日のオルガン』が、2月22日(金)に公開となりました!

この度、ボリュームたっぷり&見どころだらけの10分間!保母と子どもたちの約一ヶ月に及ぶ疑似疎開生活の軌跡を完全収録したスペシャルメイキング映像を解禁いたします!

本作の公開を記念して、主演の戸田や大原をはじめ保母を演じた女優陣が、約1ヶ月に渡って子どもたちと過ごした濃密な時間、その中で築かれた芝居を超える関係性がすべて映し出された、ここまで見せていいのか!?と思えるほど驚異の長尺メイキング映像をお披露目いたします!

 

撮影中以外にもずっと子どもたちの面倒を見ていたという保母を演じた女優陣が、実際に戸田がおんぶに抱っこであやしている姿や、大原が撮影の合間もオルガンを演奏して子どもたちと遊んでいる様子が映し出されます。全力で子どもたちと触れ合い、笑い合い、時には大きな声で叱ったりと、その苦労を常に感じながら撮影に臨んだ女優陣が見せる表情や仕草ひとつひとつが皆まるで本物の保母のよう!他にも監督が強いこだわりを持って描いた大原と佐久間による自転車二人乗りシーンや、シリアスな場面ながら緊張と緩和のギャップで笑いが止まらない戸田&大原のビンタシーン、人々を悲しみの淵に沈ませた緊迫感漂う東京大空襲のシーンなど、計10分間にも及ぶボリュームたっぷり、見どころ充分な撮影奮闘記。この作品に携わるすべての人の想いが詰まったこのメイキング映像を観れば、元号が変わり時代が変わろうとしている今、先人の大切な想いを語りつぐ本作に期待高まること間違いなし!


あの日のオルガン

オフィシャルサイト:
anohi-organ.com 

オフィシャルツイッター/フェイスブック:
@anohinoorugan
#あの日のオルガン


あらすじ・・・
東京も安全ではなくなっていた1944年。戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、なんとか子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で、我が子を保母たちに託すことを決意。しかし、戸越保育所の所長がようやく見つけてきた先は古びた荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、地元の世話役の協力をえて、子どもたちと向き合い、みっちゃん先生はオルガンを奏で、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を来襲。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。


***********************************


出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功

監督・脚本:平松恵美子
原作:久保つぎこ『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版)
音楽:村松崇継 
主題歌:アン・サリー「満月の夕(2018ver.)」(ソングエクス・ジャズ)
配給:マンシーズエンターテインメント 
(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会 
文部科学省特別選定作品(一般劇映画)


福地桃子ら登壇『あまのがわ』初日舞台挨拶 OriHime開発者 吉藤オリィも登場!


映画情報どっとこむ ralph 母との確執により心を閉ざしてしまった女子高生と、交通事故により体の自由を失った青年が、ロボット・OriHimeを通じて心の交流をし、成長していく姿を描いた福地桃子主演映画『あまのがわ』が、2月9日に全国公開となりました。 。

そして、その初日舞台挨拶が行われ、主演の福地桃子、共演の生田智子、水野久美、住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、そして古新舜監督が参加した。


『あまのがわ』初日舞台挨拶
日程:2月9日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:福地桃子、生田智子、水野久美、 住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか (校庭カメラアクトレス)、古新舜監督
スペシャルゲスト:OriHime開発者 吉藤オリィ

映画情報どっとこむ ralph 映画初出演・初主演の福地さんは

福地さん:皆さんに初めて観てもらうと思うとドキドキです。

と全国公開に期待と不安が入り混じったご様子。
母親役の生田さん、祖母役の水野さんらベテラン女優に

福地さん:沢山助けていただきました。劇中では親子関係が大事なので、撮影以外ではこちらが力を抜いて話せるような瞬間を作っていただきました。

と感謝。

すると祖母役の水野さんは自らのデビュー当時を振り返り

水野さん:デビュー作というのは一番よく覚えているもの。だから私も初心に戻ろうと努力しています。

と笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph また和太鼓の練習場所で二十歳の誕生日を迎えた福地さんは

福地さん:生田さんから二十歳の誕生日をサプライズで祝ってもらい、生田さんの娘さんとおそろいのリュックをプレゼントしてもらいました。

と嬉しそう。劇中では福地さんに厳しく当たる母親という役どころを演じる生田さんは、

生田さん:普段の私はボーッとしていますが、娘を思う気持ちや愛情は同じ。娘に対して間違った方向に行ってほしくないという思いが、厳しい接し方になってしまったんだと思う」と同じ親として役柄に共感を寄せていた。



主題歌も担当している住岡さんは

住岡さん:屋久島の撮影を終えた後に、作品の持つテーマを織り込みながら作った思い入れのある曲。

と紹介すると、

古新監督:僕が昭和歌謡が好きなので、『木綿のハンカチーフ』のような楽曲をリクエストしました。でも住岡さんはその曲をご存じないようで、そこにジェネレーションギャップを感じました。

と笑いを交えて楽曲誕生秘話を明かした。

高校生役の渡邉さんは

渡邉さん:私は現役高校生ではないので、久しぶりに制服を着てテンションが上がりました。お弁当を食べるシーンも『高校時代はこうだったよなぁー』と思い出しながら演じました。

と“JK”再体験に喜び。
一方、高校生役とは言え撮影時中学3年生だった園田さんは

園田さん:すごく寒い撮影だったけれど、スタッフさんが気遣ってくれて優しかった。

と慣れない撮影現場での思い出を振り返っていた。

現場の温かい雰囲気について

福地さん:この映画の現場は、みんなで作ろう!という雰囲気があった。私は映画出演も主演も初めてで不安だったけれど、この現場特有の温かさがあり、スタッフさんとの距離感を含めて、コミュニケーションをとる機会が多かった。

とアットホーム感を強調。それに対し、

古新監督:手作り感のある映画ですが、限られた時間の中で、いかにポジティブに向き合うかを大切にしました。現場スタッフの『いけるよ、いけるよ』という励ましの言葉に救われた。

と苦楽を共にした現場スタッフに感謝を込めた。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶には、物語で重要な役割を担うロボットOriHimeとともに、開発者である吉藤オリィ氏も登壇。

「コミュニケーションテクノロジーによって人類の孤独を解消する」というコンセプトにもとづいて開発されたOriHimeが、医療現場や高齢者介護の現場だけにとどまらず、より多くの人の日常生活に寄り添うロボットとしての多様な可能性について言及。

吉藤さん:OriHimeを使えば、海外に行くのが難しい祖父母を、ハワイの結婚式に連れていくこともできます。

などと語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・昨年の東京国際映画祭での上映を振り返り

福地さん:たくさんの海外の方々にも観ていただき、日本の素晴らしい技術や屋久島の豊かな自然を感じてもらえたと思います。

と手応えを口にし

福地さん:誰かの背中を押すことのできるようなきっかけの作品になれたら嬉しい。誰かに元気を与えられることを願っています。

とアピール。OriHimeについても

福地さん:映画同様に現実世界でもたくさんの人を助けているロボット。もっともっと広まってほしいです。

とさらなる認知に期待を込めた。

映画『あまのがわ

公式サイト:
amanogawa-movie.com

物語・・・
母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるAIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************


出演:福地桃子/柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか/杉本彩、生田智子、水野久美 他

監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」
(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
©あまのがわフィルムパートナーズ
   


住岡梨奈 映画『あまのがわ』主題歌「あまのがわ」配信スタート


映画情報どっとこむ ralph この度、2月9日(土)の全国公開に先駆け、映画『あまのがわ』の主題歌「あまのがわ」が2月6日0時より配信スタートとなりました!

この曲は住岡梨奈さんが、映画「あまのがわ」の主題歌として書き下ろした楽曲で、映画には役者としても出演し、初演技を披露しています。
さらに、劇中歌の制作も担当。

楽曲は映画の舞台・屋久島での撮影直後に書き上げられ、映画に込められたメッセージと実際に役を演じて感じた思いが込められていて、、映画の世界により引き込まれるドラマティックな作品に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph 【住岡梨奈さんからのコメント】

初めて訪れた屋久島で、初めて演技に挑戦し、感じ取った全てを主題歌「あまのがわ」に詰め込みました。史織と星空の気持ちを自分なりに感じ取り、監督とも時間をかけて話し合い、映画に込められたメッセージを大切にしながら仕上げられたと思います。
主題歌「あまのがわ」を皆さんそれぞれの気持ちを重ねて聴いていただけたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 【楽曲情報】
<ストリーミング>
住岡梨奈「あまのがわ」
配信日:2019年2月6日(水)
TWEB-373 ¥231+税

レコチョク

iTunes

他主要サイトで配信中

映画情報どっとこむ ralph 【住岡梨奈 プロフィール】
北海道出身。1990年生まれ。
2012年6月にシングル「feel you」でデビュー。翌年7月より、海辺のシェアハウスで
共同生活を送る様子を放送する人気番組「テラスハウス」に出演。2017年8月にオリジナル
曲とカバー曲からなるダブルミニアルバム「colors」をリリース。2018年6月から
新しいライブ企画「Sumioka PLUS+」(スミオカプラス)をスタートさせ、9月には
「Sumioka PLUS+」でのツアーを全国7ヶ所で開催。また、2019年2月9日公開の
映画『あまのがわ』で主題歌と劇中歌を担当し、役者としても映画に初出演。
屋久島での撮影を終えた直後に書き上げた、主題歌「あまのがわ」を2月6日に配信リリースする。

■住岡梨奈オフィシャルサイト:
http://www.sumiokarina.com/
■住岡梨奈公式twitter :
@SumiokaRina

映画情報どっとこむ ralph 映画『あまのがわ』

2月9日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開

http://amanogawa-movie.com


物語・・・

母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。

一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。

***********************************


出演:福地桃子
柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか
杉本彩、生田智子、水野久美 他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
(c)あまのがわフィルムパートナーズ


福地桃子・柳喬之&ロボット OriHime が織りなす『あまのがわ』場面写真一挙解禁!!


映画情報どっとこむ ralph この度、2019年2月9日に公開される映画『あまのがわ』。

心をなくした史織の晴れやかな祭りのシーンの場面写真をはじめ、
史織の母であり人工知能の研究者(生田智子)との確執が垣間見れるワンショット、
史織を応援する祖母(水野久美)とのワンショットなど、場面写真が解禁となりました。
史織を演じ、本作で映画初主演を飾るのは、透明感と卓越した演技力で注目を集める福地桃子。
体の自由をなくした青年・星空を演じるのは、「仮面ライダーゴースト」で知られる柳喬之。
更に星空の母に杉本彩、
本作のKEYになる会話ができるAIロボットをOriHimeが演じています。

映画『あまのがわ

場面写真一挙解禁!!

2019年2月9日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
http://amanogawa-movie.com


物語・・・

母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるAIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった―。
***********************************

出演:福地桃子
柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか
杉本彩、生田智子、水野久美 他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
(c)映画「あまのがわ」製作委員会


福地桃子 x OriHime 映画『あまのがわ』本ポスター到着


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『あまのがわ』の初日が2019年2月9日に決定し、本ポスタービジュアルが到着しました!

今回の本ポスターは、先に解禁されているティザーとは異なり、

希望と元気に満ち溢れた主人公・史織の太鼓を打つ姿が起用されました!

本作は、大好きな太鼓を母に反対され、母との意思の疎通もうまくいかず、現実から逃げ出したい毎日を過ごしていた高校生の史織が、祖母の住む屋久島で心を取り戻していく成長物語です。ポスター左上に飛んでいるのが、本作で大事な役割を担うロボット。

この2人の出会いが、史織の成長を助けるのですが、ロボットの持つ秘密が明らかにされたとき、そこには無限に広がる可能性を感じるそうです。

心を無くした史織と、身体を無くした彼との旅は、自然に溢れた屋久島の風景とともに描かれ、心温まる感動のラストへと進んでいきます。

史織を演じるのは、卓越した演技力で注目を集める福地桃子さん。本作が映画初主演作となります。

体の自由をなくした青年・星空を演じるのは、「仮面ライダーゴースト」の住職代理の山ノ内御成で知られる柳喬之さん。

更に星空の母に杉本彩、史織の母であり人工知能の研究者には生田智子、史織の祖母には水野久美と、ベテラン女優たちが華麗に脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 更に、本作で映画初出演を果たすロボット・OriHime(オリヒメ)は、人と人をつなぐロボットとして、各界からの注目を集めている実在のロボット。 レンタルが2015年から行われてもいます。

http://orihime.orylab.com/

映画情報どっとこむ ralph 映画『あまのがわ

2019年2月9日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開です。

公式サイト:
amanogawa-movie.com

物語・・・

母と2人で暮らす高校生の琴浦史織(福地桃子)は、大好きな太鼓を母(生田智子)に反対され、母との関係性が上手くいかず、不登校になっていた。母も家も友達との関係も、全てが嫌になってしまった史織は、次第に心を閉ざしていく。ある日、祖母(水野久美)のいる屋久島を訪れた史織は、そこで1台のロボットと出会う。会話ができるAIロボットに興味を示し、自分の心の内を吐露していく史織。ロボットとの不思議な交流の中で、やがてロボットは史織にとって唯一心を許せる友達になっていく。一方、交通事故で半身不随になってしまった鷲尾星空(柳喬之)は、病室の中で生きる目的も見失い、空虚な日々を過ごしていた。そしてそんな星空を献身的の様子に心を痛める母(杉本彩)。心を無くした史織と、身体を無くした星空には何の接点もないはずだったが…。そして、いつも史織と一緒に過ごしていたロボットには、ある秘密が隠されていたのだった。

***********************************

出演:福地桃子/柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ、住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか/杉本彩、生田智子、水野久美他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
配給:アークエンタテインメント
©映画「あまのがわ」製作委員会