「神宮寺勇太」タグアーカイブ

永瀬 廉 x 清原 翔『うちの執事が言うことには』主題歌もKing & Prince&最新予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化、累計発行部数75万部を超える極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)が、豪華キャストを迎え待望の実写映画化。5月17日(金)より全国ロードショーとなります。
主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、昨年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。
当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二のキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。
永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、清原 翔。雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍、今年は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」へ出演予定の若手注目俳優の1人です。若き当主と、仏頂面の執事――気が合わないどころか“一触即発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に立ち向かいます。

さらには、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、赤目刻弥を演じるのは永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太。物語の鍵を握るミステリアスな役柄で、スクリーンデビューを飾ります。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の主題歌がKing & Princeが歌う「君に ありがとう」に決定。その楽曲が初お披露目となる最新の予告編映像と、最新のポスタービジュアルが解禁となります!
解禁された予告編映像では、大人気原作小説でも伝説的なシーン。永瀬演じる若き当主花穎と、清原演じる仏頂面の執事・衣更月の突然の出会い、不本意ながら主従関係を結ぶ羽目になるところから始まります。「烏丸家のご当主として分別をお忘れなきよう」と衣更月に小言を言われる花穎。<一触即発>火花散るピリピリモードの状況が映し出されています。



そして次々と起こる不可解な事件。花穎が当主になって初めて招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーでは女性の悲鳴が。そこで出会った、神宮寺演じる赤目はなぜか親しげに花穎に近づいてきて・・・。彼はいったい何者なのか?
さらには、烏丸家にも事件が起こり始めます。使用人への襲撃、濡れ衣を着せられる事…
「誰かが烏丸家を陥れようとしている気がするー」 誰が、何の為に。
「僕がみんなを守る」と決意した花穎は、不本意ながらコンビを組んだ執事・衣更月と、難事件の謎を解き明かすことができるのか?
誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かなキャラクターたちが織りなすストーリー展開に期待高まる映像に仕上がっています。


本日解禁!King & Princeが歌う主題歌「君に ありがとう」は、自分を成長させてくれた大切な人への感謝を綴った内容になっていて、永瀬廉初主演映画のために書き下ろされた楽曲。花穎&衣更月の2人が数々の事件をとおして築いていく信頼関係を思わせる歌詞と、さわやかなメロディが、作品を彩っています。

映画情報どっとこむ ralph また、最新のビジュアルでは、すべての女子の妄想膨らむような世界観の中で妖艶な花に囲まれる花穎、衣更月、赤目。それぞれの表情に何を思うのかーー気品溢れる優雅な雰囲気を醸し出す空間、美しすぎる3人の佇まいは、本作の世界を見事に表現しています。

上流階級、社交界、執事、ミステリー・・・。

「うち執」の独特の世界感に魅せられる!


極上の上流階級ミステリーの誕生にご期待ください。

映画『うちの執事が言うことには

公式HP:
uchinoshitsuji.com


【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  前原 滉  田辺桃子  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  吹越 満  奥田瑛二

原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島武
主題歌:King & Prince 「君に ありがとう」 (Johnnys’ Universe)
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 


King & Prince 永瀬 廉 20歳の誕生日記念で『うちの執事が言うことには』新場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 角川文庫極上のミステリー小説『うちの執事が言うことには』が、待望の実写映画化。2019年5月17日(金)より全国ロードショーとなります。

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、King & Princeの永瀬 廉さん。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。

この度、2019年1月23日に20歳の誕生日を迎え新成人となった永瀬 廉の新場面写真が解禁となりました!


今回お披露目された場面写真は、名門烏丸家の当主となった花穎(永瀬)に、新米執事・衣更月(清原)への信頼が芽生え始めたそのとき、烏丸家の庭である不可解な事件が起こるシーン。
未熟な当主ながら必死に烏丸家にふりかかる陰謀に立ち向かおうとする花穎の強い意志を、鋭い瞳が物語っています。永瀬演じる花穎は烏丸家を守ることができるのかー。

永瀬は、King & Princeのメンバーとしてめざましい活躍を見せているが、デビューを果たした昨年5月の多忙極める中、初主演映画の本作を撮影。

日ごろの関西弁を封印、慣れない上流階級のマナーを学び、監督と一緒に「花穎」というキャラクターを作り上げていったという。

「毎日台詞は完璧に覚えてきて、現場ではほとんど台本を見返すこともなく、堂々としたものだった」と制作スタッフも感嘆するほどだったそう。

映画情報どっとこむ ralph 上流階級、社交界、執事、ミステリー・・・妄想膨らむ非日常、独特の世界感に魅せられる! 永瀬 廉(King & Prince)初主演作

うちの執事が言うことには

は、2019年5月17日(金)より、全国にて公開となります。

uchinoshitsuji.com


【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

【登場人物】  
◆烏丸 花穎(からすま・かえい)<永瀬 廉(King & Prince)/ながせ・れん)>
名門・鳥丸家27代目当主、18歳。色彩感知能力が高く、目を庇うためにいつもメガネをかけている。
◆衣更月 蒼馬(きさらぎ・そうま)<清原 翔(きよはら・しょう)>
烏丸家の新執事。仏頂面であまり感情を表に出さない。前執事の鳳に心酔している。
◆赤目 刻弥(あかめ・ときや)<神宮寺勇太(King & Prince/じんぐうじ・ゆうた)>
大学生で企業家。パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー。花穎に親しげに近づくがミステリアスな面を持つ。

◆雪倉美優(ゆきくら・みゆ)<優希美青(ゆうき・みお)>
雪倉叶絵の長女(妹)ハウスキーパー代理 
◆雪倉 峻(ゆきくら・しゅん)<神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)>
雪倉叶絵の長男(兄)ハウスキーパー代理
◆駒地(こまぢ)<矢柴俊博(やしば・としひろ)>
烏丸家の使用人。運転手
◆桐山(きりやま)<村上 淳(むらかみ・じゅん>
烏丸家の使用人。庭師。
◆雪倉叶絵(ゆきくら・かなえ)<原 日出子(はら・ひでこ)>
烏丸家の使用人。ハウスキーパー兼料理人
◆烏丸真一郎(からすま・しんいちろう)<吹越 満(ふきこし・みつる)>
花穎の父。烏丸家第26代目当主。
◆鳳(おおとり)<奥田瑛二(おくだ・えいじ)>
花穎が幼いころから絶大な信頼をよせる、烏丸家の前執事。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  吹越 満  奥田瑛二
原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路 脚本:青島 武
配給:東映 ©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 


永瀬廉 × 清原翔 x 神宮寺勇太 『うちの執事が言うことには』特報映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」が、永瀬廉の主演で待望の実写映画化、2019年 5 月17 日(金)より全国ロードショー。

この度、映画初主演となる永瀬廉(King & Prince)本人がナレーションを務める、本作の特報映像が完成しました。 大人気原作小説でも伝説的なシーンで、永瀬演じる烏丸家第27代当主となる主人公・花穎と、清原演じる仏頂面の新米執事・ 衣更月の出会いから始まります。

不本意ながら主従関係を結ぶ羽目になった2人の「烏丸家のご当主として・・・」「僕に、指図を するな!」と、気が合わず、一触即発な状況が映し出されています。 さらには、芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーに招待され、ある事件に巻き込まれる花穎。人並外れて優れている、 “色彩感知能力”がこの事件解決の鍵を握るのかー?さらには、神宮寺勇太演じる現役大学生ながら起業家・赤目刻弥も登場。 「はじめまして、花穎。」と初対面のはずなのにどこか親しげで・・・。

「誰かが烏丸家を陥れようとしている気がするー」 これから、烏丸家に降りかかる最大の危機を暗示させる言葉で締められ、 遂に動き出した個性豊かなキャラクターたち、そして今後のストーリー展開に期待高まる映像に仕上がっています。


映画情報どっとこむ ralph 上流階級、社交界、執事、ミステリー・・・妄想膨らむ非日常、独特の世界感に魅せられる!
永瀬 廉(King & Prince) 初主演作

うちの執事が言うことには

は、2019 年 5 月 17 日(金)より、全国にて公開となります。

uchinoshitsuji.com

King & Prince 永瀬 廉初主演映画!極上の上流階級ミステリー うちの執事が言うことには 当主・永瀬 廉×執事・清原 翔 〈一触即発〉 不本意コンビ誕生! 大学生にして起業家・神宮寺勇太の姿もお披露目!

物語・・・
日本が誇る名門・烏丸家の第 27 代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18 歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関し て特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少 時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した 突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月 との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。 親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階 級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince) 清原 翔 神宮寺勇太(King & Prince) 優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上 淳 原 日出子 吹越 満 奥田瑛二

原作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島 武
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
  


映画「うちの執事が言うことには」コミカライズ描き下ろしビジュアルお披露目!


映画情報どっとこむ ralph 2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」が、待望の実写映画化、2019年5月17日(金)より全国ロードショーいたします。

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、今年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、年末のNHK紅白歌合戦への初出場も決定するなど、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。
そんな実写映画化に期待が高まる中、12月22日に新刊、原作小説シリーズ「うちの執事に願ったならば」第6巻とコミック「うちの執事が言うことには」第9巻が発売、映画のビジュアルをあしらった帯の展開も始まります。

映画情報どっとこむ ralph また同22日発売、「うちの執事が言うことには」コミカライズ連載中・月刊ASUKA2月号の表紙では、同コミックの作画を手がける音中さわき氏が映画ティザービジュアルの構図を、コミックのキャラクターで描き下ろし完全再現!映画の世界観がコラボする、貴重なビジュアルが完成しました!
さらには、月刊ASUKA2月号では、撮影現場のレポートなどを掲載、「うち執」大特集号となっています。

映画公開まであと半年!
原作小説&コミックスを読みながら、映画の世界に飛び込む準備をすれば、上流階級、社交界、執事・・・妄想膨らむ非日常、
独特の世界感に魅せられることまちがいなし!

【書籍情報】
タイトル:うちの執事に願ったならば 6
著:高里椎奈
イラスト:佐原ミズ
定価:560円(税別)
ISBN:978-4041069912
角川文庫刊
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]


【書籍情報】
タイトル:うちの執事が言うことには 第9巻
作画:音中 さわき
原作:高里 椎奈/キャラクター原案:佐原 ミズ
あすかコミックスDX
定価:580円(税別)
ISBN:978- 4041077412
あすかコミックスDX
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]

映画情報どっとこむ ralph 映画「うちの執事が言うことには」

【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。
《肖像写真のWEB掲載に関する注意事項》
・本リリースにおける出演者の画像データは、お渡しした素材1点に限りWEBでもご使用いただけます。
・お渡しした素材に関して、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。
・トリミングでの使用はご遠慮ください。

公式サイト:
http://uchinoshitsuji.com/

***********************************

永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上淳
原日出子 吹越満 奥田瑛二
監督:久万真路 脚本:青島武
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫)
公開日:2019年5月17日(金)全国公開
配給:東映

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


King & Prince 永瀬 廉 初主演映画『うちの執事が言うことには』豪華キャスト陣が解禁!


映画情報どっとこむ ralph King & Prince 永瀬 廉 初主演映画『うちの執事が言うことには』待望!
名門・烏丸家に集う個性豊かなキャラクターたち、豪華キャスト陣が解禁となりました!


永瀬演じる若き当主・花穎が幼いころから絶大な信頼をよせる烏丸家の前執事・鳳には、最新主演作『洗骨』が来年公開を控えるなど、出演作が絶えない名優・奥田瑛二。

6歳で母を亡くした花穎にずっと寄り添い、長年烏丸家を司ってきたベテラン執事を演じます。花穎の父で、第26代烏丸家当主の烏丸真一郎に、現在放送中のドラマ「忘却のサチコ」にも出演中、ドラマ、舞台、映画などで、変幻自在の活躍をみせる吹越 満。

突如自身の引退を表明し、花穎を当主、衣更月を執事に任命したが、2人にはともに成長していってほしいと願っています。続いて烏丸家の使用人たち、ハウスキーパー兼料理人・雪倉叶絵には、『鈴木家の嘘』が絶賛公開中、多数のドラマと映画で活躍し、理想の母親像として定着する女優、原 日出子。花穎はこの雪倉の焼くパンケーキが大好物。雪倉家の長女で母叶絵が病欠時にハウスキーパー代理として烏丸家に仕える雪倉美優(ゆきくら・みゆ)に、若手の中でも演技に定評がある『ちはやふる~結び~』(18)の優希美青。同じく雪倉家の長男で美優の兄、ハウスキーパー代理を務める雪倉 峻(ゆきくら・しゅん)に、衝撃作「恋のツキ」(18)での演技が印象的だった神尾楓珠。烏丸家の明るいムードメーカー、運転手・駒地(こまぢ)には、『新宿パンチ』(18)の公開も控え、名脇役として欠かせない存在、矢柴俊博。庭師の・桐山(きりやま)には、絶賛公開中の『銃』で親子競演も話題となった個性派俳優、村上 淳。少しぶっきらぼうだが完璧な仕事をこなし、番犬となる子犬のペロに一番なつかれているかも・・・。

若き当主・花穎(永瀬)を取巻く個性豊かなキャラクターたちに、豪華競演陣が集結しました。

本作が映画初主演となる永瀬は撮影終了後、「皆さん経験が豊富でめっちゃ勉強になりました。この映画をやらせてもらうにあたって「全部吸収したい」と宣言していたんですけど、ベテランの俳優さんたちから自分の範囲で学べることはすべて学んだつもりです。」と
語っています。

映画情報どっとこむ ralph 【登場人物】 
◆烏丸 花穎(からすま・かえい)<永瀬 廉(King & Prince)/ながせ・れん)>
名門・鳥丸家27代目当主、18歳。色彩感知能力が高く、目を庇うためにいつもメガネをかけている。
◆衣更月 蒼馬(きさらぎ・そうま)<清原 翔(きよはら・しょう)>
烏丸家の新執事。仏頂面であまり感情を表に出さない。前執事の鳳に心酔している。
◆赤目 刻弥(あかめ・ときや)<神宮寺勇太(King & Prince/じんぐうじ・ゆうた)>
大学生で企業家。パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー。花穎に親しげに近づくがミステリアスな面を持つ。
◆雪倉美優(ゆきくら・みゆ)<優希美青(ゆうき・みお)>
雪倉叶絵の長女(妹)ハウスキーパー代理 
◆雪倉 峻(ゆきくら・しゅん)<神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)>
雪倉叶絵の長男(兄)ハウスキーパー代理
◆駒地(こまぢ)<矢柴俊博(やしば・としひろ)>
烏丸家の使用人。運転手
◆桐山(きりやま)<村上 淳(むらかみ・じゅん>
烏丸家の使用人。庭師。
◆雪倉叶絵(ゆきくら・かなえ)<原 日出子(はら・ひでこ)>
烏丸家の使用人。ハウスキーパー兼料理人
◆烏丸真一郎(からすま・しんいちろう)<吹越 満(ふきこし・みつる)>
花穎の父。烏丸家第26代目当主。
◆鳳(おおとり)<奥田瑛二(おくだ・えいじ)>
花穎が幼いころから絶大な信頼をよせる、烏丸家の前執事。

映画情報どっとこむ ralph 上流階級、社交界、執事・・・妄想膨らむ非日常、独特の世界感に魅せられる!

映画『うちの執事が言うことには

は、2019年5月17日(金)より全国ロードショーです。

uchinoshitsuji.com


【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  吹越 満  奥田瑛二
原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路 脚本:青島 武
配給:東映 ©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会