「神さまの轍」タグアーカイブ

荒井敦史、岡山天音ら登壇!『神さまの轍‐Checkpoint of the life-』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を京都井手町を舞台に描く映画『神さまの轍‐Checkpoint of the life-』が、京都、神戸、大阪にて先行公開中。そして、いよいよ3月17日から新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなりました!

その全国公開を記念して初日舞台挨拶が行われ、W主演の荒井敦史さん、岡山天音さんをはじめ、望月歩さん、吉沢太陽さん、阿部進之介さん、作道監督が登壇して和気藹々なトークを繰り広げました!

映画『神さまの轍‐Checkpoint of the life-』初日舞台挨拶
日時:3月17日 (土)
場所:新宿武蔵野館
登壇:荒井敦史、岡山天音、望月歩、吉沢太陽、阿部進之介
MC:作道雄監督
映画情報どっとこむ ralph 今回、作道監督が司会ですすめられた本イベント、


荒井さん:京都、大阪で先行上映!そして、この度東京での公開となりました。皆さまには観ていただいて広めていただければと。

岡山さん:撮影はおととし。やっと公開の運びとなり、足をお運びいただきありがとうございます。

望月さん:撮影した皆さんとこうして舞台挨拶に立てて嬉しいです。

吉沢さん:少し前まで、受験生で、劇中でも進路迷っていたり、そのリアルな葛藤と青春を感じて欲しいです。

阿部さん:監督が想いを込めて作った映画です。楽しんでください!

映画情報どっとこむ ralph 本作はロードバイクの映画。撮影時はかなり自転車に乗っていて、

荒井さん:実は合同で練習をして、ペダルと足がふっついているので、河川敷で2-3回倒れました。その時駅で阿部さんを待っていたらサングラスで、本当の外国人選手かと思いました(笑)。

実はレースシーンも自分たちで走っていたそうで、
天音さん:結構な距離を競い合うシーンで、何度も撮り直して。急に下半身の力が入らなくなって。感じたことがない、下半身無くなったかなと思ったぐらいでした!(笑)
荒井さん:スタッフが天音さんがたおれました!って騒いでいて、外人の選手が甘いものを!って。

監督:全然お芝居とリアルが境が無くなってましたよ!その咆哮はスタッフ震えました!

天音さん:監督がテイク重ねたんです!

と、和気藹々。

そして、荒井さんの中学時代を演じた望月さんは映画『真田十勇士』でも共演。
望月さん:自分の家族に荒井さんが似ているのと、よく知っているので・・・、自分の大人?ってシックリきませんでした!が嬉しかったです。

と話すと。

同じく、天音さんの中学生役の吉沢さんは似てるか不安だったそうで
吉沢さん:独特な雰囲気は似てるかと思いますが・・・。

監督:お芝居が似てるんですよね。二組とも。

阿部さん:完成観て空気感近いですよね。直球の二人と癖のある二人。

阿部さんは振り返って
阿部さん:中学生チームと撮影無かったんです。天音君の同僚役だったので、僕の役はうざい感じ。それを見事にいなすんですよね。マタドールみたいにかわす。

と、その演技を分析。

映画情報どっとこむ ralph ここで、撮影現場の京都府井手町役場の後藤さんと炊き出しをしてくれていた寺島さんが花束を持って登壇。

先行上映後に、ロードバイクの方たちが足を運んでくれる数が増えたそうで、ロードバイク用のラックを増やしているそうです。

最後に・・・
荒井さん:京都の井手町で、地元の方たちの協力もあって出来上がった映画がこうして観ていただけるのは嬉しいです。身近な人生の分岐点を感じていただければと思います。
岡山さん:監督、キャスト、スタッフの想いを込めて作ってきた作品です。何か引っかかってくれればと。


神さまの轍

2 月24日(土)京都先行公開(イオンシネマ久御山、イオンシネマ高の原、京都シネマ)
3月17日(土)新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国ロードショー!!

公式 HP:
kamisamanowadachi.com

物語・・・
夢を掴んだものと、夢すら見つけられなかったものとの人生が思い出の地でいま、交錯する。京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ 続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。

数年後、二人は再会する。

勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人と なった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。

そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう 勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース大会《ツールド KYOTO2019》で交錯する。
白熱するロードレースの中、二人の若者が選ぶそれぞれの未来とは。

***********************************

荒井敦史 岡山天音 望月歩 吉沢太陽 川村亮介 久保陽香 アベラヒデノブ 小貫加恵 松林慎司 月亭太遊 泉原豊 阿部進之介 津田寛治 六角精児

企画・脚本・監督 作道雄
音楽 宮内優里/中村佳穂 主題歌 フレデリック「たりない eye」(A-sketch)
制作プロダクション クリエイティブスタジオゲツクロ
配給 エレファントハウス
後援 京都府・井手町・京都産業大学・京都府自転車競技連盟・日本自転車普及協会
Ⓒ2018 映画『神さまの轍』製作委員会


荒井敦史 x 岡山天音 W 主演『神さまの轍』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を京都井手町を舞台に荒井敦史と岡山天音のW主演で描く映画『神さまの轍』が 2018年2月24日から京都にて先行公開、さらに3月17日から新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなります!
ロードバイクの才能に恵まれた若者と、恵まれなかった親友が大人になって再会したとき、彼らの人生が再びロードレースを通じて交差していく。

この度解禁となった予告編では、W 主演を務める荒井敦史と岡山天音の2人がロードバイクを漕ぐシーンからスタート!

本作でロードバイクに青春を捧げた若者を演じる両者だが、ロードバイクに乗る撮影では実際の自転車競技部部員らによ る猛特訓の末に、全カットを本人達で撮影できるまでに上達した。映像の中での彼らの表情や吐息は、決して演技では ない真に迫ったリアリティあふれるものなのである。さらに本作のレースシーンではおよそ100人のエキストラが参加し、その ほぼ全員が地元、京都府南部に在住のレーサーたちであった。この度解禁となった映像では約100人のエキストラが疾走 する様子も収められており、実際のレーサーたちの躍動感も本作の魅力の一つとなっている。



そして、フレデリックが歌う主題歌「たりない eye」が爽やかで疾走感のあるメロディーが彩る。ロードマイクに青春を捧 げた2人の若者、一度は離れた彼らが再会することで 2 人の運命は大きく動き出す。果たして彼らが最後に選ぶそれぞれの道とは。

映画情報どっとこむ ralph さらに合わせて解禁となった場面写真では、

津田寛治が演じる主人公たちの中学時代の担任の姿や、
六角精児扮する知的障害を抱えた中年男性、通称「自転車おじさん」の様子も切り取られている。

映画情報どっとこむ ralph がむしゃらに生きるすべての人に、元気と情熱を注入する

『神さまの轍』

2 月24日(土)京都先行公開(イオンシネマ久御山、イオンシネマ高の原、京都シネマ)
3月17日(土)新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国ロードショー!!

公式 HP:
kamisamanowadachi.com

物語・・・
夢を掴んだものと、夢すら見つけられなかったものとの人生が思い出の地でいま、交錯する。京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ 続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。

数年後、二人は再会する。

勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人と なった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。

そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう 勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース大会《ツールド KYOTO2019》で交錯する。

白熱するロードレースの中、二人の若者が選ぶそれぞれの未来とは。
***********************************

荒井敦史 岡山天音 望月歩 吉沢太陽 川村亮介 久保陽香 アベラヒデノブ 小貫加恵 松林慎司 月亭太遊 泉原豊 阿部進之介 津田寛治 六角精児

企画・脚本・監督 作道雄
音楽 宮内優里/中村佳穂 主題歌 フレデリック「たりない eye」(A-sketch)
制作プロダクション クリエイティブスタジオゲツクロ
配給 エレファントハウス
後援 京都府・井手町・京都産業大学・京都府自転車競技連盟・日本自転車普及協会
Ⓒ2018 映画『神さまの轍』製作委員会


ロードバイクの青春!荒井敦史 岡山天音W主演『神さまの轍』公開日決定!特報到着!


映画情報どっとこむ ralph ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を京都井手町を舞台に描く映画『神さまの轍』が 2018 年 2 月下旬から京都にて先行公開、さらに 3 月 17 日から新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなることが決定しました!

ロードバイクの才能に 恵まれた若者と、恵まれなかった親友が大人になって再会したとき、彼らの人生が再びロードレースを通じて交差していく。がむし ゃらに生きるすべての人に、元気と情熱を注入する青春映画が誕生しました!

主演は「真田十勇士」(’16)、「水戸黄門」 (’17)新シリーズで「格さん」こと渥美格之進役に抜擢されるなど、 近年ドラマや映画での活躍が目覚ましい荒井敦史。また NHK 連続テレビ小説「ひよっこ」(’17)で全国区の顔となった岡山天音の 2 人が W 主演で挑みます。
さらに、六角精児、津田 寛治、阿部進之介らベテラン勢が脇をかため、望月歩と吉沢太陽が主人公の中学生時代を演じます。

監督・脚本・企画は本 作が商業映画デビューとなる作道雄。

映画情報どっとこむ ralph 特報映像も解禁!
この度解禁となった特報は、映画の見せ場の一つでもある疾走感あふれるロードバイクレースの映像で幕を開けます。そして大 人になって再会した主人公の勇利(荒井敦史)と洋介(岡山天音)の姿が意味深に映し出され、互いの人生が再びロードレー スを通じて交差していく模様がフレデリックの曲にのせ爽やかに描かれています。ただ何かになりたくて、必死にペダル漕いだ 10 年間。果たして二人の若者はレースの先で何を見つけるのだろうか・・・。そんな青春100%の特報が解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph さらにさらに、本作の主題歌が人気急上昇中バンド、フレデリックの「たりないeye」に決定

フレデリック 三原康司からのコメント
青春時代は大人になるにつれ薄れてしまうといいますがそんなのはうそだと思います。 過ぎ去ってしまった青春をもう一度掴み取る姿はいくつであっても少年時代よりも青 い。映画から感じたこれから始まる新しい青春に胸踊りました。 少しでもフレデリックの音楽で寄り添えたらと思います。


神さまの轍

2 月24日(土)京都先行公開(イオンシネマ久御山、イオンシネマ高の原、京都シネマ) 3月17日(土)新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国ロードショー!!

公式 HP:
kamisamanowadachi.com

物語・・・
夢を掴んだものと、夢すら見つけられなかったものとの人生が思い出の地でいま、交錯する。 京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ 続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。数年後、二人は再会する。勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人と なった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう 勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース大会《ツールド KYOTO2019》で 交錯する。白熱するロードレースの中、二人の若者が選ぶそれぞれの未来とは。

***********************************

荒井敦史 岡山天音 望月歩 吉沢太陽 川村亮介 久保陽香 アベラヒデノブ 小貫加恵 松林慎司 月亭太遊 泉原豊 阿部進之介 津田寛治 六角精児 企画・脚本・監督 作道雄 音楽 宮内優里/中村佳穂 主題歌 フレデリック「たりない eye」(A-sketch) 制作プロダクション クリエイティブスタジオゲツクロ 配給 エレファントハウス 後援 京都府・井手町・京都産業大学・京都府自転車競技連盟・日本自転車普及協会 Ⓒ2018 映画『神さまの轍』製作委員会