「石田祐康監督」タグアーカイブ

宇多田ヒカルが主題歌!予告映像初解禁!映画『ペンギン・ハイウェイ』


映画情報どっとこむ ralph 『夜は短し歩けよ乙女』、『有頂天家族』など、数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』。
公開が8月17日(金)に決定し、いよいよ前売り券の発売が5月18日(金)からスタート。

特典としてとっても可愛らしいペンギンのイラスト付き“ペンギン・ハイウェイ マスキングテープ”が付属します。

そしてこの度、本作のために宇多田ヒカルが書き下ろした主題歌「Good Night」の音源初解禁とともに、本作の最新予告映像が初解禁となりました!

今年デビュー20周年を迎え、自身初の新人アーティストプロデュース、コンサートツアーの開催決定、レーベル移籍後初となる7枚目のオリジナルアルバム『初恋』のリリースなど、ますます精力的な活動で、常に日本音楽界をけん引する宇多田ヒカルに制作サイドが熱烈オファー。



宇多田ヒカル本人が原作を読み、書き下ろした主題歌とのタイアップが実現しました。宇多田がアニメーション映画の主題歌を担当するのは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年発売「桜流し」)以来約6年ぶりとなります。胸に迫る切ないメロディにのせ、シンプルながら引き込まれる歌詞に、一層本作への期待が高まります。

新曲「Good Night」は、6月27日発売のオリジナルアルバム『初恋』に収録されます!。

映画情報どっとこむ ralph 声優キャスト、監督からのコメントが届いています!

北 香那さん(アオヤマ君役)からのコメント

『Good Night』というタイトルにまさにぴったりな、優しくてゆらゆらと気持ちよく眠りについてしまいそうなメロディー、それと対照的な歌詞の力強さが、凄く印象的でした。聞けば聴くほど心地の良い歌声にも、何度も鳥肌が立ちました。歌詞の中に、どこかアオヤマくんを連想させるような部分も出てくるので、映画とのコラボレーションに今からワクワクしています。

蒼井 優さん(お姉さん役)からのコメント

最初の「愉しげに埃が舞う」という、軽やかで優しいフレーズに一気に引き込まれ、聞き進めると、幼少期の愛おしい時間の匂いがし始め、胸がぎゅっとなりました。
ノスタルジックだけど、明日に繋がって行く歌です。早くこの歌を皆さんと共有したいです。
私は今、宇多田ヒカルさんに感激しています。

石田祐康監督からのコメント

この曲には空間があります。それも、実家の陽に照らされて埃舞う小さな部屋の片隅から、宇宙的な遠い彼方にまで至るとても広いレンジを持って。それは「ペンギン・ハイウェイ」が持つ日常とSF、親近感とロマンが同居する姿と重なって聴こえるんです。
広大な空間に宇多田さんの歌声は波となってどこまでも響き渡ります。その温かさと力強さ。この作品のために見事に歌い上げていただき、本当にありがとうございました!


キャスト・監督写真は北香那 蒼井優 登壇!『ペンギン・ハイウェイ』製作発表会見から
http://eigajoho.com/101391

映画情報どっとこむ ralph
映画『ペンギン・ハイウェイ

8月17日(金)より、全国ロードショー

【STORY】
小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、 学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったら
どれほど偉くなるか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君を、 ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが現れ、そして消えた。アオヤマ君は、“お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。お姉さん”とペンギンの関係とは?少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語が始まる。

公式サイト:
penguin-highway.com

***********************************

出演:北 香那、蒼井 優
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎 
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


北香那 蒼井優 登壇!『ペンギン・ハイウェイ』製作発表会見


映画情報どっとこむ ralph 『夜は短し歩けよ乙女』など多くの代表作を持ち、数多の文学賞を受賞している今最も注目の作家、森見登美彦。
彼の“新境地”にして最高傑作との呼び声高い小説『ペンギン・ハイウェイ』のアニメーション映画化が遂に決定!

まっすぐな目で未来を見つめる少し生意気な小学4年生「アオヤマ君」のひと夏の「すこし・ふしぎ」な体験を瑞々しく描く本作。制作は、その力量と将来性が各方面から絶賛され、コラボレーションオファーの絶えない「スタジオコロリド」が担当。フルデジタルアニメーションながらも繊細かつ温かみのある表現で、原作の爽やかなテイストそのままに、よりスケールアップした感動を届けます。

監督は、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した、弱冠29歳の新鋭・石田祐康。業界大注目のクリエイターが本作で待望の長編デビューを果たします。

この度、製作発表会見が行われ、オーディションで本作の主人公・小学4年生の「アオヤマ君」役を勝ち取り、声優初挑戦にして初主演を務める北 香那さん。そのアオヤマ君の初恋相手でミステリアスな歯科助手の「お姉さん」役を務めるのは、蒼井優。アニメーションの声優は『花とアリス殺人事件』以来3年振り。さらにスタジオコロリドの石田祐康監督、原作の森見登美彦さんが登壇しました。

『ペンギン・ハイウェイ』 製作発表会見 実施概要
日時:3月1日(木)
場所:東宝株式会社
登壇:北 香那、蒼井優、石田祐康監督、森見登美彦(原作)

映画情報どっとこむ ralph 多くのマスコミが集まった会場に登場すると、北さんと監督は、端から見ていてもわかる緊張ぶり。
一言挨拶でこの緊張が爆発してオモシロキャラな監督挨拶で場を和ませ、イベントはスタート。

今回オーディションで択ばれた北さんは初声優に挑戦。ですが、この日流れた特報ではまるで声優さんのようにうまいアフレコ。
北さん:声優さんが憧れで、声のお仕事もしたくて、夢でもあって。ドキドキしたんです。緊張しましたが、妹の授業参観を見に行ったりして、オーディションに活かせたんじゃないかと。

と、話す北さんに、オーディションのことを思い出して監督は
監督:北さんは、今の様に緊張されていたかもです。その後の頑張りが凄く印象良くて。

と、選んだ時のことを語ると

北さん:嬉しいです。決まったときには感極まって泣きました!夢がかなったと思いました。

と、嬉しそうな北さん。北さんは蒼井さんと仕事をしたことを聞かれ

北さん:蒼井優さんだ!ってドキドキが留まらなかったです。

と言います。
蒼井さんは・・・

蒼井さん:『ペンギン・ハイウェイ』 と台本を読み進めると全く違う方向に進んでいくので。。読み終わって。キラキラしていた時間を思い出させてもらえて。小さいお子さんも楽しめますけど、お母さん世代にも楽しんでいただけると。もちろんお父さんにも見ていただきたいです!

と、家族全員で観て欲しいという蒼井さんは、KEYとなるお姉さん役
蒼井さん:アオヤマ君に影響を与えるお姉さんですが・・・私自身お姉さん的な要素がないことがなくて難しかったです。いまいち小さい子を引っ張っていく役をやったことがないことにきづいて新しいチャレンジができました。現在半分録り終えてますので、この流れで吹き込んでいければと思っています。

と大女優が苦戦を漸く乗り越えたと語ります。
監督:お二人の声めっちゃ好きです。ハマってくれた!と、幸せな気持ちでいっぱいです。

と満面の笑みの監督。

映画情報どっとこむ ralph そんな蒼井さんと北さんの声に本作の原作者は
森見先生:初めは映像化に、抵抗があって心配しながら送り出しました。『ペンギン・ハイウェイ』 は特別で、自分の子どもの頃を舞台にする作品は自分の原点を出すことになるので。それぞれハイウエイの世界に命を吹き込んでいただけてるのは光栄です!監督も原作に対する熱意がとってもあって。素敵な作品になりそうです。

監督:ありがとうございます。そのお言葉に応えるよう全力で頑張ります!

と、原作者のお墨付きをもらえて嬉しそうな監督。


この後、記者からの質問タイムを終え

最後に・・・
監督:今まで小さなスタジオと、小規模な作品で細々と一生懸命やってきました。この様な舞台にたてて作品が造れて、嬉しいのとおっかない気持ちですが、吹っ切ってやったろう!と思っています。作品がより多くの方に、観ていただければと早くお届けして反応をみたいです。

と、締めました。監督のキャラクターの面白さに終始笑いの絶えない製作発表会見となりました!

ペンギン・ハイウェイ

公式サイト:
penguin-highway.com

***********************************

出演:北 香那、蒼井優
原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊)
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会