「石橋静河」タグアーカイブ

綾野 剛 主演『楽園』追加キャスト発表!!柄本 明、村上虹郎ら6名発表!


映画情報どっとこむ ralph 楽園を知らない青年、楽園を探し求める少女、楽園を信じていた男― 人はなぜ、罪を犯すのか?

今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。2007年「悪人」、2014年「怒り」に続き、自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」を映画化!映画『楽園』2019年秋 全国公開となります!

青田に囲まれたY字路――。
ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけが残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。それから12年後、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する―。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか?なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。
主人公の豪士役・綾野 剛、紡役・杉咲 花、善次郎役・佐藤浩市に続き豪華キャスト解禁です!

映画情報どっとこむ ralph
幼女誘拐事件の被害少女の祖父・藤木五郎役には、日本を代表するベテラン俳優・柄本 明。

柄本明さんコメント
吉田修一さん原作は『悪人』に続き2回目ですが、やはり今回も吉田さんの世界だなと感じました。綾野さん、杉咲さん、佐藤さんともこれまでにご一緒しており、現場も楽しかったです。人間なんて恐ろしい存在だから、本当のところは誰も分からない。紛れもなく瀬々監督の映画になっていると思うので、あとは映画を見て頂ければ嬉しいです。


杉咲 花演じる紡に想いを寄せる幼馴染・野上広呂役に、今最も注目を浴び、急成長を遂げる若手俳優・村上虹郎。

●村上虹郎さんコメント
天使なのか、悪魔なのか。大事な人物を演じさせて頂きました。初の瀬々組ですが、監督の鋭い目つきにゾクワクする日々でした。監督の名台詞集をすぐにでも出版できそうですが此処ではひとつだけ、”さっきの方がグビッときた”スクリーンでお逢いできるのを心待ちにしています。


そして、佐藤浩市演じる善次郎の身を案じる女性・久子役に片岡礼子、

●片岡礼子さんコメント
原作の吉田さんと瀬々監督の強い思い。原作から膨らんでいるような印象の久子。その久子としてその場に居ること。書くとシンプルですが、現場では迷い…考え過ぎる自分をやめたい日々でした。途中から久子の家族や善次郎との未来を信じることだけに集中することにしていました。物語が生きてるかのように変化し続けていたことにも現場で何度も鳥肌が立っていました。映画を見届けるまで現場が終わらないような気分です。


綾野 剛演じる豪士の母・中村洋子役に黒沢あすか、

●黒沢あすかさんコメント
喜びと共にひと筋縄ではいかない役柄を与えられるなと直感。楽しみでした。
台本をめくっていくと綾野さんのお母さん役・中村洋子。ト書にはアジア訛りの日本語を話すと記されていました。
後日、デモCDを手にし洋子という名のクメール人になりきる役作り。発音取りに試行錯誤しながらカタイ頭が柔らかくなっていく手応えを感じていきました。
クランクアップの日は満ち足りた気分でした。今は完成する日が待ち遠しくて仕方ありません。


五郎の妻・藤木朝子役に根岸季衣、

●根岸季衣さんコメント
今迄にも老け役は何度か経験して来ましたが、遂に!初の認知症役でした。幸いあらぬ事を叫び続ける事もなく、余りに辛い現実から逃避するかのように、夫役の柄本明さんの手を拠り所にしっかり握って静かに惚けて行く朝子は、幸せにも思えました。前半には事件が起きる前のテキパキとした姿も演じられたので、落差を描けるのも楽しかったです。素敵なキャストが揃っているので、出来上がりを拝見するのが本当に楽しみです。


善次郎の亡き妻・田中紀子役に石橋静河 

●石橋静河さんコメント
人間の恐ろしさと同時に、誰しもが心の中に持っている、狂気や哀しみが描かれているのが、この作品だと思います。初めて今回の脚本を読んだ時、私が演じさせていただいた紀子という役はこの物語の中のひとつの希望なのだと感じ、その灯りを大切に演じたいと思いました。
たくさんの方たちにこの映画が届くことを願っています。

と、豪華かつ個性溢れる面々が揃った。豪華キャスト・スタッフが集結し、2019年新たな衝撃作が誕生する。

映画情報どっとこむ ralph ●綾野 剛:中村豪士/母親と共にリサイクル品販売をする孤独な青年。
●杉咲 花:湯川 紡/幼女誘拐事件の被害者と事件直前まで一緒にいた少女。心に傷を負う。
●佐藤浩市:田中善次郎/父の介護のため村へ戻り、愛犬と暮らす養蜂家。村おこし事業を進めるが…。
●柄本明:藤木五郎/幼女誘拐事件の被害少女の祖父
●村上虹郎:野上広呂/紡に想いを寄せる幼馴染
●片岡礼子:久子/善次郎の身を案じる女性
●黒沢あすか:中村洋子/豪士の母
●根岸季衣:藤木朝子/五郎の妻
●石橋静河:田中紀子/善次郎の亡き妻

映画情報どっとこむ ralph 『楽園』

2019年秋 全国公開

あらすじ・・・
豪士(綾野剛)は、母親と共にリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女・愛華の誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うこことなった。事件から12年後―、高校を卒業した紡(杉咲花)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、準備で集まった公民館で、紡は豪士と出会い、孤独な豪士に対して感情が芽生える。そして祭りの日―、12年前と同じY字路で、再び少女が行方不明となる。やがて豪士が犯人だと疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。それから1年後、東京の青果市場で働く紡。Y字路に続く限界集落では、養蜂家の善次郎(佐藤浩市)が愛犬レオと生活していた。祭りの前日、手伝いで地元に帰省していた紡は善次郎と出会う。そんなある日、善次郎が計画していた村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分によって善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する――。


***********************************

綾野剛 / 杉咲花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(KADOKAWA刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会
   


シリアスなシーンが多い現場は仲良くなる!趣里・菅田将暉ら7名登壇!『生きてるだけで、愛。』完成披露上映会で


映画情報どっとこむ ralph 今を懸命に生きる、不器用な男女の真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー。

趣里・菅田将暉『生きてるだけで、愛。』が、来る11月9日に全国公開となります。

その完成披露上映会が20日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の趣里、共演の菅田将暉、仲 里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が参加した。


『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台挨拶
日時:10月20日(土)
会場:丸の内ピカデリー
登壇:趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督

映画情報どっとこむ ralph 理不尽な感情にさいなまれる引きこもりのヒロイン・寧子役の趣里さんは
趣里さん:脚本を読んだときに物凄いエネルギーを感じて、それを初期衝動として大切に演じました。外から見たら難のあるキャラクターだけれど、生きていたら楽しいことだけではなくて、辛いことや悲しいこともある。だから共感できる部分は沢山ありました。

と熱演を報告。寧子と同棲するゴシップ雑誌記者・津奈木役の菅田との初共演には

趣里さん:とても自然体な方ですよね。現場でも本当にそのままで。寧子のエキセントリックな部分を受け止めてもらいました。
と感謝していた。

菅田さん:シリアスなシーンが多い映画の現場の方が仲良くなる。現場をどうやって楽しむかと考えることが多いので、実際に現場では楽しくやっていました。趣里さんからはストレッチとかを習っていましたね。僕は体が硬いから。

と和気あいあいな現場の風景を振り返り、

趣里さん:菅田さんからはボクシングを教えてもらいました。
とすると

菅田さん:趣里さんはボクシング経験がないのに、3分くらいミット打ちができていたくらい体力が凄い…なんかラジオの収録みたいな舞台挨拶だね。

と笑顔を見せていました。

映画情報どっとこむ ralph 津奈木の元カノ・安堂役の仲さんは

仲さん:とりあえずセリフが長くて辛かった。自分ではよくわからないようなことをセリフで言っているので…。
とぶっちゃけつつも、

仲さん:久々の映画の撮影だったので、いい経験ができました。16ミリフィルムで撮影する映画も久々だったので、身が引き締まって。でもフィルムの値段が高い分、NGが出せないというプレッシャーと長いセリフで“どうしよう!”とパニックになっていました。

となれない状況での緊張を明かした。

寧子が働くことになるカフェバーのマスターの妻・真紀役の
西田さん:普通さが寧子に刺さればいいと思って、普通の塩梅を意識しました。いいカフェでした。

と報告。カフェバーの従業員・莉奈役の織田さんは
織田さん:緊張感がなく自由な感じの現場なのかなと思ったけれど、フィルムでの撮影が緊張しました。

とフィルム撮影を意識したことを告白。

関根監督はフィルム撮影の狙いについて、
関根監督:原作を読んだときに、真っ先にフィルムで撮りたいと思った。フィルムは人の心の動きが映ると僕が信じているからです。
とその理由を説明した。津奈木の同僚・美里役の石橋さんは

石橋さん:映像も美しく、途中から他人事に思えなくなるほどそれぞれのキャラが愛おしくなりました。
と完成作品の印象を語った。

映画情報どっとこむ ralph また映画にちなんで“分かり合えたと思えた瞬間”を聞かれ

趣里さん:舞台をやると、お客様と通じ合えているような瞬間を感じることがある。同じ時間に生きて、存在しているんだというのが空気でわかる。そんな幸せを感じる時にお芝居をやっていて良かったと思う。

としみじみ。一方、
菅田さん:ささいなことですが、コンビニに入ったら、自分の曲が流れていて、店員さんと目があった。この人が僕の曲をかけたのか?と。気まずくてレジに行きにくくなりましたけれど…。そんなシンクロがありました。

と偶然の一致を紹介。

俳優の中尾明慶を夫に持つ仲さんは、

仲さん:旦那さんのお仕事が終わるころかなと思って『終わった?』と連絡をしたのと同時に、連絡が同時にあるということが結構ある。そんなときに分かり合えているなと思う。
と以心伝心報告で、さらに

仲さん:何を食べたい?と聞いても返事がなかったのに、ハヤシライスを作っておいたら、帰ってきた時に『ハヤシライスが食べたいと言おうと思っていた』と言われたこともある。
と仲睦まじい熱々の夫婦シンクロを紹介し、場を盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

主演の趣里は、キャストを代表して
趣里さん:撮影ではスタッフさん一人一人の熱い思いを感じ、映画の力を感じていました。『生きてるだけで、愛。』というタイトルがすべてですが、葛藤や愛おしさが詰まっている作品です。

とアピールした。


生きてるだけで、愛。

11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:
http://ikiai.jp

物語・・・
生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。



***********************************


出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗

原作 :本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)

監督・脚本:関根光才
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
    


加藤雅也ら登壇!なら国際映画祭OPで『二階堂家物語』ワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開します。

本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む 3 世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

今回、なら国際映画祭 2016 にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞。本作は NARAtive 映画 製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなる。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは 映画作家・河瀨直美。

そしてこの度、なら国際映画祭 2018 レッドカーペットに加藤雅也、石橋静河、町田啓太、田中要次、白川和子、脚本のアイダ・アーサラン、アイダ・パナハンデ監督が登場しました。


日付:9月20日(木)
場所:奈良県文化会館
登壇:加藤雅也、石橋静河、町田啓太、田中要次、白川和子、アイダ・アーサラン(脚本)、アイダ・パナハンデ監督
MC:ネルソン・バビンコイ、谷口キヨコ(FM OH!DJ)

映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭 2018 のオープニング上映となる、『二階堂家物語』ワールドプレミアを開催。

同キャスト・ スタッフ陣(加藤雅也、石橋静河、町田啓太、田中要次、白川和子、アイダ・アーサラン、アイダ・パナハン デ監督)の舞台挨拶も行われた。


アイダ監督:まずは、河瀨直美さんへ感謝を述べたいです。彼女のサポー ト無しでは作れなかった映画です。そして撮影クルーや素晴らしいキャストにも感謝したい。そしてこの映画は天理市だけではなく奈良の映画です。皆様のサポート有難うございます。

とコメント。次に

白川さん:丁度1年前の私の誕生日、9月30日に撮影に入りましたが、1年たち改めて、素敵な出会いを有難うご ざいました。

と出会いへの感謝を述べた。続いて

田中さん:2年前はなら国際映画祭へ監督として参加したの ですが、クロージングをこの会場の隅で見ていました。レッドカーペットを歩きたい、この舞台に上がりた いと思っていた。今回その時のグランプリの監督の作品に参加できて、2年前これからは監督業に力を入れようと思わずに、地道に役者をやってきてよかった。

と夢が叶ったことを告白。

町田さん:僕は群馬の田舎育 ちだったので、天理で田舎の匂いを感じながら撮影できたことが本当にうれしかった。

と撮影時の喜びをコメント。

石橋さん:アイダ監督のかっこいい姿に私も何とか応えたいと思い参加していました。本当にありが とうございました。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

加藤さん:この映画祭にもっと協力したいです。よく僕が出身は奈良県 ですというと、奈良の感じがしないと東京の人によく言われます。奈良県出身らしさがどんなものかという と、この映画見て頂いたらわかります。私は奈良の街に溶け込んでいます(笑)溶け込んだ姿を見てください。

とコメント。

上映後は観客がスタンディングオベーションを送り、アイダ監督と河瀨直美が 熱い握手。そして壇上では加藤とアイダ監督が抱擁を交わしワールドプレミア上映は大成功に終わりました。

映画情報どっとこむ ralph 3世代の家族の愛と葛藤を描いた人間ドラマがここに誕生!

二階堂家物語

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望まぬ相手との 結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れ だしていくが…。


***********************************


監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美

出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival


加藤雅也x石橋静河『二階堂家物語』ポスタービジュアル&場面写真が到着!


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が 2019 年 1月 25 日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開となります。そしてこの度、ポスタービジュアル&場面写真が到着!


本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む 3 世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってし まった辰也に対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが・・・

映画情報どっとこむ ralph 監督は 2015 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞し、注目を浴びたイランの若手監督 アイダ・パナハンデさん。なら国際映画祭 2016 にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞。本作は NARAtive 映画製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなる。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは映画作家・河瀨直美さん。

伝統と威厳を保ち名家の存続を守ろうとする主人公 二階堂辰也を演じるのは、今年デビュー30 周年を迎える加藤雅也さん。

自らの恋と跡継ぎ問題の間で想いが揺れ る娘 由子に石橋静河さん。

由子へ密かに想いを寄せる幼馴染の多田洋輔を町田啓太さん。


そして、辰也の母で跡継ぎ問題に気 を揉む ハルを白川和子さん、洋輔の父 源二郎を田中要次さん、辰也と互いに想いを寄せ合う、辰也の秘書 沙羅を陽月華さんが演じます。

映画情報どっとこむ ralph この度、新たに解禁された場面写真は 4 点。

縁側で祖母ハルの白髪を染め、辰也の髪を切る由子。跡継ぎ問題を除けば仲の良い家族そのものである。

歳を重ね仕事のミスが 増えてきた多田を降格させた辰也。ある出来事がきっかけで多田は憤りを爆発させ、商談の場に乗り込んでくる。

カラオケで羽目を外す由子を迎えに来た辰也。

そして納屋の 戸にもたれ、自分のために大切にしまわれていた雛飾りを抱きしめる由子。

ぐっと何か を堪えるような表情を浮かべている、過去の出来事や跡継ぎ問題がきっかけで親子の間 には徐々に埋められない溝ができてしまっていた。


果たして辰也と由子は歩み寄ること ができるのか?二階堂家の行く末とは・・・?展開が気になる場面写真の数々!

映画情報どっとこむ ralph また 9 月 20 日(木)より開催される、なら国際映画祭 2018 のオープニングセレモニーにて加藤雅也さん、石橋静河さん、町田啓太さん、田中要次さん、白川和子さんら豪華キャスト陣のレッドカーペット登壇が決定。そしてこの度 21 日(金)に『二階堂家物語』の撮影現場を追った、松井みさき監督ドキュメンタリー作品『ペルシャからの風』NARAtive 2018“二階堂 家物語”メイキング・ドキュメンタリーの上映が決定!

詳細、チケットインフォメーションは公式 HP (http://nara-iff.jp/2018/)まで。

『二階堂家物語』

2019 年1月 25 日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に 対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎ を巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ
配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival


脚本家・岡田惠和 x 峯田和伸 映画「いちごの唄」を古舘佑太郎 x 石橋静河で製作が決定


映画情報どっとこむ ralph この度、主演に古舘佑太郎さん、共演に石橋静河さんを迎え、映画「いちごの唄」の製作が決定しました。

“恋”と“青春”を歌い続け、絶大な支持を受けるカリスマロックバンド“銀杏BOYZ”がこの世界へ産み落とした名曲の数々を脚本家・岡田惠和先生が、峯田和伸さんの楽曲を映像界でトリビュート!!

数々の名誉あるドラマ賞を総なめにした「奇跡の人」(BSプレミアム)、記憶に新しい朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)で、脚本家と出演者という形で競演した岡田惠和先生と峯田和伸さん。

そこから意気投合した2人は親交を深め、2018年春発売、共著による小説「いちごの唄」(朝日新聞出版社)へと発展した。

「いちごの唄」は小説化と映画化を同時並行で実践。

小説原作と映画の脚本を手掛けた岡田先生が銀杏BOYZの楽曲7曲からインスパイアされ、イメージされた物語をオリジナルで紡ぎ、峯田さんは、小説をイラストという形で共著し、映画への出演も決定している。そして映画は、銀杏BOYZを愛して止まないキャスト・スタッフが集結しています。

映画情報どっとこむ ralph 出演者はミュージシャンであり俳優としての活躍も注目される古舘佑太郎さん

<古舘佑太郎さんコメント>
『いちごの唄』の世界の中で、僕らはどう生きて、どう笑ったり泣いたりして、どんな恋をするのか、楽しみでもあり扉を開ける前の恐怖もあります。初めて銀杏BOYZの曲を聴いた時、部活帰りの汚れたユニフォームのままベッドの上を暴れ回った事を思い出しました。あの時の衝動は何だったのか。この映画を通して僕自身の目で覗いてみたいし、観てくれた方たちと少しでもこの想いが通じ合えたら嬉しいです。大先輩である峯田和伸さんと岡田惠和さんのタッグによって生まれたこの物語を、石橋静河さん、菅原監督と共に全力で駆け抜けて青春したいと思います。


2017年には新人女優賞を総なめ、NHK連続テレビドラマ「半分、青い」などの出演でひっぱりだこの石橋静河さん。

<石橋静河さんコメント>
峯田さんの音楽から紡がれたこの素敵な物語が映画になることが、私自身とても楽しみです。
絡まってほどけなくなった心をほどいて、また大切に編み上げるように千日という女の子を演じてみたいと思いました。
古舘さんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと、ひとつひとつのシーンを丁寧に積み上げていけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 青春時代。
笑って泣けて、痛くて切なく、そして愛らしい。
全ては “あの日”から始まった―かつて誰もが体験したであろう、小さくも真っ赤に実った“初めての恋”の物語を10年の時を経て描く、愛と青春の物語。

2019年、全国ロードショー

公式サイト: ichigonouta.com

物語・・・
なのに僕は恋をする。
恋しちゃいけない、“天の川の女神”に。
冷凍食品の製造工場で働く、笹沢コウタ。
バカでさえない、かっこよくもないコウタの、唯一の親友だった伸二。
しかしその伸二は、2人が大好きだった“女神”あーちゃんを交通事故から守り、死んでいく。
伸二君の死から10年後、コウタはあーちゃんと偶然再会する…。

***********************************

出演:古舘佑太郎 石橋静河 ほか
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和 
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
幹事・企画・制作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム