「石橋静河」タグアーカイブ

加藤雅也x石橋静河『二階堂家物語』ポスタービジュアル&場面写真が到着!


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が 2019 年 1月 25 日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開となります。そしてこの度、ポスタービジュアル&場面写真が到着!


本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む 3 世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってし まった辰也に対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが・・・

映画情報どっとこむ ralph 監督は 2015 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞し、注目を浴びたイランの若手監督 アイダ・パナハンデさん。なら国際映画祭 2016 にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞。本作は NARAtive 映画製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなる。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは映画作家・河瀨直美さん。

伝統と威厳を保ち名家の存続を守ろうとする主人公 二階堂辰也を演じるのは、今年デビュー30 周年を迎える加藤雅也さん。

自らの恋と跡継ぎ問題の間で想いが揺れ る娘 由子に石橋静河さん。

由子へ密かに想いを寄せる幼馴染の多田洋輔を町田啓太さん。


そして、辰也の母で跡継ぎ問題に気 を揉む ハルを白川和子さん、洋輔の父 源二郎を田中要次さん、辰也と互いに想いを寄せ合う、辰也の秘書 沙羅を陽月華さんが演じます。

映画情報どっとこむ ralph この度、新たに解禁された場面写真は 4 点。

縁側で祖母ハルの白髪を染め、辰也の髪を切る由子。跡継ぎ問題を除けば仲の良い家族そのものである。

歳を重ね仕事のミスが 増えてきた多田を降格させた辰也。ある出来事がきっかけで多田は憤りを爆発させ、商談の場に乗り込んでくる。

カラオケで羽目を外す由子を迎えに来た辰也。

そして納屋の 戸にもたれ、自分のために大切にしまわれていた雛飾りを抱きしめる由子。

ぐっと何か を堪えるような表情を浮かべている、過去の出来事や跡継ぎ問題がきっかけで親子の間 には徐々に埋められない溝ができてしまっていた。


果たして辰也と由子は歩み寄ること ができるのか?二階堂家の行く末とは・・・?展開が気になる場面写真の数々!

映画情報どっとこむ ralph また 9 月 20 日(木)より開催される、なら国際映画祭 2018 のオープニングセレモニーにて加藤雅也さん、石橋静河さん、町田啓太さん、田中要次さん、白川和子さんら豪華キャスト陣のレッドカーペット登壇が決定。そしてこの度 21 日(金)に『二階堂家物語』の撮影現場を追った、松井みさき監督ドキュメンタリー作品『ペルシャからの風』NARAtive 2018“二階堂 家物語”メイキング・ドキュメンタリーの上映が決定!

詳細、チケットインフォメーションは公式 HP (http://nara-iff.jp/2018/)まで。

『二階堂家物語』

2019 年1月 25 日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に 対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎ を巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ
配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival


脚本家・岡田惠和 x 峯田和伸 映画「いちごの唄」を古舘佑太郎 x 石橋静河で製作が決定


映画情報どっとこむ ralph この度、主演に古舘佑太郎さん、共演に石橋静河さんを迎え、映画「いちごの唄」の製作が決定しました。

“恋”と“青春”を歌い続け、絶大な支持を受けるカリスマロックバンド“銀杏BOYZ”がこの世界へ産み落とした名曲の数々を脚本家・岡田惠和先生が、峯田和伸さんの楽曲を映像界でトリビュート!!

数々の名誉あるドラマ賞を総なめにした「奇跡の人」(BSプレミアム)、記憶に新しい朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)で、脚本家と出演者という形で競演した岡田惠和先生と峯田和伸さん。

そこから意気投合した2人は親交を深め、2018年春発売、共著による小説「いちごの唄」(朝日新聞出版社)へと発展した。

「いちごの唄」は小説化と映画化を同時並行で実践。

小説原作と映画の脚本を手掛けた岡田先生が銀杏BOYZの楽曲7曲からインスパイアされ、イメージされた物語をオリジナルで紡ぎ、峯田さんは、小説をイラストという形で共著し、映画への出演も決定している。そして映画は、銀杏BOYZを愛して止まないキャスト・スタッフが集結しています。

映画情報どっとこむ ralph 出演者はミュージシャンであり俳優としての活躍も注目される古舘佑太郎さん

<古舘佑太郎さんコメント>
『いちごの唄』の世界の中で、僕らはどう生きて、どう笑ったり泣いたりして、どんな恋をするのか、楽しみでもあり扉を開ける前の恐怖もあります。初めて銀杏BOYZの曲を聴いた時、部活帰りの汚れたユニフォームのままベッドの上を暴れ回った事を思い出しました。あの時の衝動は何だったのか。この映画を通して僕自身の目で覗いてみたいし、観てくれた方たちと少しでもこの想いが通じ合えたら嬉しいです。大先輩である峯田和伸さんと岡田惠和さんのタッグによって生まれたこの物語を、石橋静河さん、菅原監督と共に全力で駆け抜けて青春したいと思います。


2017年には新人女優賞を総なめ、NHK連続テレビドラマ「半分、青い」などの出演でひっぱりだこの石橋静河さん。

<石橋静河さんコメント>
峯田さんの音楽から紡がれたこの素敵な物語が映画になることが、私自身とても楽しみです。
絡まってほどけなくなった心をほどいて、また大切に編み上げるように千日という女の子を演じてみたいと思いました。
古舘さんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと、ひとつひとつのシーンを丁寧に積み上げていけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph 青春時代。
笑って泣けて、痛くて切なく、そして愛らしい。
全ては “あの日”から始まった―かつて誰もが体験したであろう、小さくも真っ赤に実った“初めての恋”の物語を10年の時を経て描く、愛と青春の物語。

2019年、全国ロードショー

公式サイト: ichigonouta.com

物語・・・
なのに僕は恋をする。
恋しちゃいけない、“天の川の女神”に。
冷凍食品の製造工場で働く、笹沢コウタ。
バカでさえない、かっこよくもないコウタの、唯一の親友だった伸二。
しかしその伸二は、2人が大好きだった“女神”あーちゃんを交通事故から守り、死んでいく。
伸二君の死から10年後、コウタはあーちゃんと偶然再会する…。

***********************************

出演:古舘佑太郎 石橋静河 ほか
監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和 
原作:岡田惠和・峯田和伸(朝日新聞出版)
幹事・企画・制作プロダクション:ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム


現場はワチャワチャ!疲れるまで楽しんだ!柄本佑、石橋静河、染谷将太ら『きみの鳥はうたえる』初日挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)、『オーバー・フェンス』(16)と代表作が次々に映画化され、選集や評伝も出版されるなど、改めて再評価の波が続く函館出身の小説家、佐藤泰志の初期最高傑作と呼ばれる同名小説の映画化『きみの鳥はうたえる』がいよいよ9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかにて全国公開となり。

本作のメインキャストの柄本佑さん、石橋静河さん、染谷将太さんに加え、出演者の足立智充さん、山本亜依さん、柴田貴哉さん、そして三宅唱監督が登壇して初日舞台挨拶が行われ、小劇団感イッパイなイベントとなりました!

『きみの鳥はうたえる』初日舞台挨拶 イベント
日時:9月1日(土)
場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3丁目27−10 武蔵野ビル 3F)
登壇:柄本佑、石橋静河、染谷将太、足立智充、山本亜依、柴田貴哉、三宅唱監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられた、キャストと監督。一言挨拶の後、撮影の印象や思いを語ることに。

柄本さん:撮影の雰囲気は・・・割とわちゃわちゃでしたね。三人で戯れているところは監督も交えて戯れて。監督がい無くなって撮るか演出。結構疲れました!真剣に疲れました。豊かな現場でした。

石橋さん:函館についたところから、たくさん笑ったし、たくさん食べたし、たくさん飲みました!本当に疲れた良い時間でした!

染谷さん:疲れるまで楽しんだ現場でしたね。楽しむのって疲れるんだなって知りました!佑さんが笑わしてくれて、
柄本さん:ちょっと壊れてたよね。おれ。

と、ワイワイして撮影したご様子の3人と監督。


足立さん:楽しかったです。一度帰ってまた戻ってみたら、みんないい顔してて。ずっと居たかったなと思いました。
と、ちょっと羨まし気。

初々しいを絵にかいたような、緊張が伝わってくる山本さんは・・・

山本さん:私にとって、初出演の映画でした。1週間いたのですが、スクリーンで今まで観てきた大先輩たちが得るものが多かったです。撮影の合間も話しかけて下さって。美味しいもの食べたり、写真を撮ったり。良い1週間でした。楽しかったです。

柄本さん:ホントイイ子だよね。。

と、ぽろり。

柴田さん:楽しかったな。3人の雰囲気が良くて羨ましかったです。ずっとバイト(役)してました。

そもそもこの映画に出演した経緯を聞かれ


柄本さん:三年前に、初台で舞台やってて、その時に監督からSNSで会いたいと。初台の新国立裏で焼肉を食べながら映画を撮りませんかと。是非と。感慨深そうに見えないかもしれませんが・・・感慨深いなと思ってます。でも、僕が終わるの・・・寂しいね。

三宅監督:素晴らしい俳優たちが佐藤泰志さんの作品と言う大きな器の中で僕たちが自由にさせていただきましたし。函館の方たちの協力で溶け込むような映像になっていると思います。僕にとって大事な作品になりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
柄本さん:真剣に遊んで、真剣に楽しんで、こういう作品が出来ました。挑戦した映画です。観終えたら彼らと一緒に劇場をでたつもりでお帰り下さい!映画の中に入っていける映画だと自負しています。

石橋さん:娘がお嫁に行く気持ちです。寂しいです。皆さん多くの方に伝えて下さい!友達に、家族に、知らない人に広めて下さい!(笑)
染谷さん:我々と一緒の時間を楽しんでいただけるように、あの時間を過ごしていたんだなと。寂しいですが、皆さんに届けば。
足立さん:参加して楽しく、観ても楽しかった作品です。観てくれた方と共有できれば、嬉しいな。と思います。
山本さん:この映画を観て、函館の音や色や景色そういうものも含めて、凄く素敵な映画です。沢山の皆さんい観ていただきたいです。
柴田さん:新しい映画だと思います。気づいて欲しい!

三宅監督:函館の映画館シネマアイリスの開館 20 周年を記念で、映画館が映画を創ろう!という企画に混ぜてもらいました。それがこうして作品となり、皆さんがこうして映画館に足を運んでくれて。映画館中心にいろんな体験できるのを嬉しく思っています。


きみの鳥はうたえる

公式HP:
kiminotori.com

あらすじ・・・
函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)と一緒に暮らす失業中の静雄(染谷将太)。「僕」と同じ書店で働く佐知子(石橋静河)が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。
***********************************

函館シネマアイリス開館20周年記念作品『きみの鳥はうたえる』2018年/106分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱/原作:佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」河出書房新社/クレイン刊)/音楽:Hi’Spec/撮影:四宮秀俊/照明:秋山恵二郎/録音:川井崇満/美術:井上心平/企画・製作・プロデュース:菅原和博/プロデューサー:松井宏/製作:函館シネマアイリス/制作:Pigdom/配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS


柄本佑・石橋静河・染谷将太『きみの鳥はうたえる』メインビジュアル&本予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 函館の夏、僕たち 3 人はいつも一緒だった。

この度、解禁された本ビジュアルは、ティザービジュアルの夜のクラブでのシーンから一転、函館の柔らかい光に包まれ、何かを決意 したような3人の、それぞれの表情を捉えたビジュアルになっている。
「この夏が、いつまでも続くような気がした」というコピーも 添えられ、この3人がどのように、ひと夏を過ごし、終わりをむかえることになるのか気になるところ。


そして、本ビジュアルと同時に解禁となった本予告では、柄本佑演じる 「僕」と石橋静河演じる佐知子が、親密に肌を寄せて微笑みあい、キスをするシーンから始まります。




そんななか、「僕」と同居し ている、染谷将太演じる静雄がちょうど帰ってきてしまい、二人の様子をうかかがいつつ、そっとドアを閉める姿も。

一緒になった「僕」と佐知子に、静雄も加わり、<僕たち3人はいつも一緒にいた>という字幕が示すように、夜通し酒を飲み、 踊り、笑いあう 3 人の楽し気に過ごす日々が描かれている。


続くシーンでは、萩原聖人演じる本屋の店長が、二日酔いで出勤する「僕」をいさめる姿、渡辺真紀子演じる静雄の母親が、静雄に 「飲みすぎだよ」と心配される姿を映し出し、さらには佐知子が 「若さってなくなっちゃうものなのかな?」と同僚らしき女性に話 す台詞がかぶさり、3 人の楽しかった日々がいつか終わる予感を暗 示させるものとなっている。 そして、ラストでは部屋で思い悩む佐知子の姿、そして今まで見せなかった真剣な表情で「佐知子!」と叫ぶ「僕」の姿をとらえて予告編は終わっている。

映画情報どっとこむ ralph きみの鳥はうたえる

8月25日(土)函館シネマアイリス先行公開 9月1日 (土)新宿武蔵野館 、 渋谷ユーロスペースほかロードショー!
以降全国順次公開!

公式 HP:kiminotori.com

本作は、『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)、『オーバー・フェンス』(16)と代表作 が次々に映画化され、選集や評伝も出版されるなど、改めて再評価の波が続く函館出身の小説家、佐藤泰志の 初期最高傑作と呼ばれる同名小説の映画化。原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館にうつし、現代の 物語として、みずみずしく息を吹きかえした。

監督を務めたのは、『Playback』(12)、『THE COCKPIT』(15)など意欲的な作品を制作してきた三宅唱。新鋭監督と若手実力派俳優がつくりだした、今 を生きる私たちのための青春映画がここに誕生した。

***********************************

2018 年/106 分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱
原作:佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」河出書房新社/クレイン刊)
音楽:Hi’Spec/撮影:四宮秀俊
照明:秋山恵二郎
録音:川井崇満
美術:井上心平
企画・製作・プロデュース:菅原和博
プロデューサー:松井宏
製作:函館シネマアイリス
制作:Pigdom
配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS


なら国際映画祭の映画製作プロジェクト 『二階堂家物語』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が 2019 年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開することが決定しました。

本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む3世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった 辰也に対し望まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子を取るように過剰な期待をかける辰也。名家の跡継ぎ を巡り家族の中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

監督には 2015 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞し、なら国際映画祭 2016 にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞したイランの若手アイダ・ パナハンデ監督。

本作は NARAtive 映画製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなります。

エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは映画作家・河瀨直美さん。

映画情報どっとこむ ralph そして、キャスト情報が一挙解禁!

伝統と威厳を保ち名家の存続を守ろうとする主人公 二階堂辰也を演じるのは、今年デビュー30 周年を迎える、日本を代 表する名優 加藤雅也さん。

自らの恋と跡継ぎ問題の間で想いが揺れる娘 由子に『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』にて主演を務め、第 60 回ブルーリボン賞 新人賞などを受賞した石橋静河さん。
由子へ密かに想いを寄せる幼馴染の多田洋輔を映画『OVER DRIVE』や大河ドラマ「西郷どん」にも出演している劇団EXILE 町田啓太さんが務める。


辰也の母で跡継ぎ問題に気を揉む ハルを 白川和子さん、洋輔の父 源二郎を田中要次さん、辰也と互いに想いを寄せ合う、辰也の秘書 沙羅を陽月華さんが演じています。

なお、9月20日(木)より開催される、なら国際映画祭 2018 のオープニングセレモニーにて加藤雅也さん、石橋静河さん、町田啓太さん、田中要次さん、白川和子さんら豪華キャスト陣が登壇することも決定しています。

二階堂家物語

2019年1月25日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国順次公開です。

***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival