「石橋菜津美」タグアーカイブ

一体 “7人の僕”に何が起きたのか?『水曜日が消えた』予告&ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語『水曜日が消えた』が5月15日(金) よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーされる。主人公を演じるのは、話題作への出演が相次ぐ中村倫也。そしてメガホンをとったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平。今回、満を持して自身発案の完全オリジナル脚本で長編映画デビューを果たし、監督・脚本・VFXをすべて自ら担当した。

“7人の僕”を知る元同級生・一ノ瀬に、ドラマ「夫のちんぽが入らない」の主演に抜擢され、話題を集めた石橋菜津美。物語の鍵を握る図書館司書・瑞野に、元「乃木坂46」のメンバーで近年は『愛がなんだ』(今泉力哉監督)など女優として活躍する深川麻衣。名バイプレイヤーとして多数の作品で活躍するきたろうが、“7人の僕”を少年時代から見守る医師・安藤を演じる。また、主演作『グッド・ストライプス』で第7回TAMA映画賞最優秀新進男優賞に輝いた中島歩が新任医師・新木役で、「ゲスの極み乙女。」のメンバーである休日課長が“月曜日”の友人・高橋役で映画初出演する。

この度、本作より予告とポスタービジュアルが解禁された。今回解禁された予告では、冒頭、主人公の“火曜日”が「毎日言っていることが違うから、ろくに友達ができない。」と、曜日ごとに入れ替わる7人の暮らしの様子がコミカルに描かれる。しかし、“水曜日が消えた”ことから自体は急展開。「あなたの中で異変が起きています」と医師・新木(中島)が忠告すると、「水曜日に来てたんだ。」と意味深な発言をする一ノ瀬(石橋)。瑞野(深川)や安藤(きたろう)など“7人の僕”を取り巻く人物が次々と登場し、“7人の僕”に降りかかる謎に交わっていく一方で、「仲間っていうか共犯者?」と話すのは“7人の僕”のうちの誰か―。この発言が意味するものとは―?さらにラストには「僕を見張れって?」というセリフも飛び出し、一体何が起きたのか、期待せずにはいられない映像だ。

映画情報どっとこむ ralph また、同時に解禁となった本ポスターは、“7人の僕”演じる中村倫也にガラス状の亀裂が入り、曜日ごとに入れ替わる主人公を表したサスペンスを感じさせるようなビジュアルになっている。
『水曜日が消えた』本ビジュアル
『水曜日が消えた』

5月15日(金) よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式HP:
wednesday-movie.jp 

公式Twitter:
@wednesday_movie

***********************************

出演:中村倫也/石橋菜津美 中島歩 休日課長/深川麻衣 きたろう 
監督・脚本・VFX:吉野耕平 音楽:林祐介
製作:沢桂一 新井重人 エグゼクティブプロデューサー:伊藤響 福家康孝 企画・プロデュース:櫛山慶 谷戸豊 プロデューサー:田中誠一
撮影:沖村志宏 照明:岡田佳樹 美術:丸尾知行 録音:山田幸治 編集:佐藤崇 音響効果:柴﨑憲治 音楽プロデューサー:和田亨 CG/VFX:金子哲
衣裳:袴田知世枝 ヘアメイク:酒井夢月 スクリプター:大西暁子 助監督:蔵方政俊 制作担当:斉藤大和
日本テレビ・日活共同作品 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 配給:日活
©2020『水曜日が消えた』製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

中村倫也 主演『水曜日が消えた』追加キャストに石橋菜津美・深川麻衣ら発表


映画情報どっとこむ ralph 本作は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語。
映画『水曜日が消えた』は5月15日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

主演:中村倫也 曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”
火曜日の“僕”に、決してくるはずのない水曜日の朝がきた―。

先日解禁された中村倫也演じる“7人の僕”のビジュアルが話題に上がったばかりの本作より、追加キャストが解禁となった。

“7人の僕”を知る元同級生・一ノ瀬に、ドラマ「夫のちんぽが入らない」の主演に抜擢され、話題を集めた石橋菜津美。

石橋菜津美さんのコメント

●脚本を読んだ時の感想
一度、読んだだけではどんな風に描かれるのか想像がつかない不思議な世界観の台本でした。
曜日で書かれた7人それぞれの個性が、読んでいくうちに広がっていく感じがして、
読めば読むほど自由に想像が広がる作品だと思いました!
素直に中村さんの演じる個性的な曜日たちに会えるのが楽しみでした。

●撮影を終えての感想
吉野監督の世界観や見えているものは本当に美しいと思っていて、
撮影中は吉野監督の見せたいものを感じ取りきれるか、
そしてそれに身を任せると言う事に集中して撮影に挑ませて頂きました。
撮影が進むうちに、自分がアニメーションや絵になった気分になる初めて感じる感覚の撮影でした。
どのシーンもどんな風に出来上がるのか撮影中も楽しみでした。
中村さんの演じる曜日たちは服装も言葉遣いも立ち振る舞いもみんな違って、
それぞれに「はじめまして」と言いたくなるくらい個性があって、
こんなに説得力のある曜日たちを演じる事ができるのは本当すごい事だと思いました。

物語の鍵を握る図書館司書・瑞野(みずの)に、元「乃木坂46」のメンバーで近年は『愛がなんだ』(今泉力哉監督)など女優として活躍する深川麻衣。

深川麻衣さんのコメント

●脚本を読んだ時の印象
初めて脚本をいただいたとき、これを映像でどうやって表現するんだろう??と、
今まで触れたことのない新しい世界観にドキドキと想像を膨らましながら読んだのを覚えています。

●撮影を終えての感想
人間ドラマであり、ファンタジーでもあり、ミステリーでもあり、SFのようでもあり。
吉野監督が生み出すあたたかい世界と映像美、そして圧倒される中村倫也さんの1人7役。
撮影期間はあっという間でしたが、この作品に瑞野として参加することができてとても嬉しかったです。
早く皆さまに届く日を楽しみにしています。

名バイプレイヤーとして多数の作品で活躍するきたろうが、“7人の僕”を少年時代から見守る医師を演じる。

きたろうさんのコメント

●脚本を読んだ時の感想
発想の面白さに脱帽しまた。型にはまらない一人の人間、多重人格にうらやましささえ感じました。 

●撮影を終えての感想
監督が現場で楽しそうだったので、気持ちよく演じることができました。
中村君との二人のシーンがほとんどでしたが、倫也君の微妙な間に、こいつはただ者じゃないと感心しました。
表現する事へのひたむきさ、これが役者です。僕もそうですけど。

また、主演作『グッド・ストライプス』で第7回TAMA映画賞最優秀新進男優賞に輝いた中島歩が新任医師・新木役で、「ゲスの極み乙女。」のメンバーである休日課長が“月曜日”の友人・高橋役で映画初出演する。

映画情報どっとこむ ralph また2月7日(金)より発売されるムビチケの特典は、中村倫也演じる“7人の僕”のキャラ解説付きポストカードセットに決定。表面に、キャラクタービジュアル、裏面にはそれぞれの性格、特徴、趣味などのプロフィールが記載されている。“7人の僕”を1人ずつ紹介する7枚セットで、映画の予習にはぴったりの特典となっている。さらに、映画公式HP限定販売の前売り特典付きムビチケの販売も3月に予定されている。

映画『水曜日が消えた』

は、5月15日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

***********************************

出演:中村倫也/石橋菜津美 中島歩 休日課長/深川麻衣 きたろう 
監督・脚本・VFX:吉野耕平 音楽:林祐介

製作:沢桂一 新井重人 エグゼクティブプロデューサー:伊藤響 福家康孝 企画・プロデュース:櫛山慶 谷戸豊 プロデューサー:田中誠一
撮影:沖村志宏 照明:岡田佳樹 美術:丸尾知行 録音:山田幸治 編集:佐藤崇 音響効果:柴﨑憲治 音楽プロデューサー:和田亨 CG/VFX:金子哲
衣裳:袴田知世枝 ヘアメイク:酒井夢月 スクリプター:大西暁子 助監督:蔵方政俊 制作担当:斉藤大和
日本テレビ・日活共同作品 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 配給:日活
©2020『水曜日が消えた』製作委員会 公式HP: wednesday-movie.jp 公式Twitter:@wednesday_movie




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

バカリズム原作・脚本・主演「架空OL日記」特別映像 OLの朝編・更衣室編・化粧室編 3本同時解禁


映画情報どっとこむ ralph バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」(小学館文庫 全2巻)。

2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマが遂に実写映画化!!2020年2月28(金)に全国公開となる。

ドラマ版でバカリズムのOL仲間を演じていたキャスト陣(夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子)に加えて、シム・ウンギョン、坂井真紀、志田未来、石橋菜津美の4人も出演。バカリズム演じる“私”とどのような化学反応を起こすのか。
さらに、「架空OL日記」には欠かせない存在である吉澤嘉代子が歌う「月曜日戦争」がドラマ版に引き続き主題歌に決定。週の始まりである憂鬱な月曜日と戦う等身大のOLの姿を歌い上げる「月曜日戦争」は映画版としてアコースティカルに再録されていてドラマ版との違いにも注目が集まる。

特別スポット映像、<更衣室編>、<化粧室編> 3本同時解禁!!
バカリズム本人が「劇場版だからといって引き続き何もおこりません。
引き続き地味なOLの日常で、僕が演じている事だけが引き続き狂気です。」とコメントしているように、解禁となった映像では、バカリズム演じる“私”や同僚たちの日常の様子を描いており、ドラマ版からのファンにとってはお馴染みのシーンとなり、まだドラマを見たことのない方にとってはバカリズムが当たり前のようにOLとして存在することに狂気を感じます。

映画情報どっとこむ ralph では、「女の朝はやることが多い」というナレーションとともに険しい表情をしながら布団から起きた“私”が眠気と戦いながら化粧をしたり朝食をとったりする様子を、

<更衣室編>では会社の更衣室にあるハロゲンヒーターが急に故障してしまい彼女たちに緊張が走る瞬間を、

<化粧室編>では昼休憩中にトイレで歯を磨きながら上司のグチをこぼす彼女たちを切り取っている。

映画情報どっとこむ ralph ハロゲンヒーターが壊れる件はドラマ版で主要キャラクターである臼田演じる小峰“様”誕生のシーンでも行われており、ファンとしては “小峰ダンス”が再び見れるのか気になるところ!銀行に勤める彼女たちにとって上司のグチをこぼすのが日課でもあり、至福の時間でもある。映画では一体誰の、どんなグチが出てくるのか期待が高まるのと同時に、常日頃からグチをこぼしている世の女性たちの背中を押してくれるようなシーンとなっている。

『架空OL日記』

2月28日(金) 全国ロードショー

映画公式サイト:
https://www.kaku-ol.jp/

物語・・・
憂鬱な月曜日の朝。銀行員OLの“私”(バカリズム)の1週間が始まった。携帯のアラームを6時にセットするも、実際に起きるのは6時半。眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ(夏帆)。私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。会社の更衣室で後輩のサエ(佐藤玲)と入社8年目の小峰(臼田あさ美)、10年目の酒木(山田真歩)が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

***********************************

バカリズム 夏帆 臼田あさ美 佐藤玲 山田真歩
三浦透子 / シム・ウンギョン / 石橋菜津美 志田未来 / 坂井真紀
原作:バカリズム「架空OL日記」(小学館文庫) 
監督:住田 崇  
脚本:バカリズム  
配給:ポニーキャニオン/読売テレビ   
ⓒ2020「架空OL日記」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

作・脚本・監督:雨宮慶太 待望の最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』ポスター&本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 人間の邪心に取り憑く魔獣“ホラー”と、それを殲滅する使命を帯びた“魔戒騎士”たちとの暗闘を描くアクションドラマ牙狼〈GARO〉シリーズ。

2014年に放送されたTVシリーズ「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」に続く、冴島雷牙シリーズ待望の最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』がついに10月4日(金)より新宿バルト9ほかにて劇場公開となる。
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』

映画情報どっとこむ ralph この度解禁されたポスタービジュアルでは、雷牙、鋼牙、大河が一堂に会するというファン待望の構図とともに「想いは希望となり、未来へと受け継がれるー」というキャッチコピーが。これぞ王道とも言うべきビジュアルに仕上がっている。
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』

同時に解禁された予告編では、黄金騎士の家系に生まれた雷牙が、その宿命と己の弱さに悩み、葛藤する様子が映し出される。「自分は、父に見捨てられたのではないか?」。摩訶不思議なファンタジーとともに唯一無二の世界観牙狼ワールドが展開されていく。そして、京本政樹が怪しげな表情で登場する!果たしてどのようにストーリーに絡んでくるのか物語も気になるところだが、本作は牙狼シリーズ史上でも類を見ない想像を絶する新次元アクションが満載だという。これまでも常識を覆し映像表現の限界を切り拓いてきた雨宮慶太監督の集大成といっても過言ではなさそうだ。

映画情報どっとこむ ralph 『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』

は、7/30(火)に北米最大のジャンル映画の祭典2019年ファンタジア国際映画祭にて上映され、10/4(金)より新宿バルト9ほかにて全国公開する。

http://garo-project.jp/GEKKOU/

また、7/26(金)から第2弾特典(ポストカード付きミニクリアファイル)付きムビチケが販売開始となる。
販売サイト:メジャー

優しさと強さを兼ね備える最強の黄金騎士である雷牙の唯一の弱点とは?親から子へと受け継がれる黄金騎士の使命と重圧、そして葛藤。不思議な列車を舞台に、受け継ぎし絆と本当の強さが試されるー。

原作・脚本・監督は、牙狼〈GARO〉シリーズの生みの親であり、唯一無二の世界観で世界中にファンを持つ鬼才・雨宮慶太。アクション監督には、シリーズを支え続けてきた横山誠が担当する。主人公・冴島雷牙を演じるのは、水谷豊監督作『轢き逃げ 最高の最悪な日』の主演に抜擢された中山麻聖。「魔戒ノ花」に引き続き、マユリ役の石橋菜津美、クロウ役の水石亜飛夢、ゴンザ役の螢雪次朗が再集結する。今回の雷牙たちと敵対する仮面の男・白孔〈しろく〉役には「仮面ライダー龍騎」の松田悟志。その他、江田友莉亜、倉持由香、佐藤大志、下條アトム、川瀬陽太、つぶやきシローなどが脇を固める。そして、ファンが待ち望んだ小西遼生、渡辺裕之、京本政樹がついに牙狼ワールドへの帰還を果たす!

【STORY】
守りし者として日々ホラー狩りをする魔戒騎士・冴島雷牙(さえじまらいが)。親から子へと受け継がれる黄金騎士であることに対する使命と重圧、そして父がいつまでも戻らないことに対する葛藤を心に抱えていた。一方、人の力になりたいと願うマユリは雷牙の元で日々花を育てる。静かな日常を送る2人であったが、ある満月の夜、2人の前に白き仮面の男・白孔<しろく>が現れる。「俺はお前のすべてを知っている」。不敵な笑みを浮かべる白孔の剣が雷牙を襲う。白孔の術によって夜の闇を彷徨うマユリ。マユリを追って雷牙は不思議な列車に乗りこむが、列車の汽笛が夜の闇を切り裂き、漆黒の闇から邪気が漂い始め・・・。

***********************************

原作・脚本・監督:雨宮慶太
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆 アクション監督:横山誠

出演:中山麻聖 石橋菜津美 水石亜飛夢 螢雪次朗

江田友莉亜 倉持由香 川瀬陽太 つぶやきシロー 下條アトム / 松田悟志 渡辺裕之 / 小西遼生 京本政樹(特別友情出演)

特別協力:サンセイアールアンドディ 製作・配給・制作:東北新社 エンディング主題曲:JAM Project「雷牙−月虹ノ旅人−」

2019年/日本/カラー/106分/16:9/5.1ch ©2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』ティザービジュアル解禁&追加キャスト発表


映画情報どっとこむ ralph この世の闇に棲みつく魔獣“ホラー”と、殲滅する使命を帯びた“魔戒騎士”たちとの暗闘を描くアクションドラマ牙狼〈GARO〉シリーズ。2014年に、冴島家の直系である、冴島雷牙を主人公に迎え、雷牙の葛藤と成長、マユリとの心のふれあいを描き、優しさと強さを併せ持つ最強の黄金騎士として人気を博したTVシリーズ「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」以来となる、冴島雷牙シリーズ待望の最新作『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』が今秋、新宿バルト9ほかにて劇場公開となる。

「牙狼〈GARO〉‐魔戒ノ花‐」の主要キャストである石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗が引き続き今回も出演することが先日発表されたばかりだが、今回の雷牙たちと敵対するのが、「仮面ライダー龍騎」で知られる松田悟志演じる、雷牙自身の心の闇が生み出した仮面の男・白孔(しろく)であることがわかった。その他「旅サラダガールズ」でも知られる女優の江田友莉亜、尻職人ことグラビアアイドルの倉持由香、スタメンKiDSのメンバーとしても活躍中の子役の佐藤大志、俳優・声優・ナレーターなどマルチに活動する下條アトム、名バイプレイヤーの川瀬陽太、そしてお笑い芸人のつぶやきシローなどが出演することがあきらかとなった。




映画情報どっとこむ ralph 今回解禁されたティザービジュアルには、雷牙、マユリ、クロウの姿とともに、不敵な笑みを浮かべた仮面の男・白孔が雨宮慶太によるイラストにて描かれる。

「牙狼〈GARO〉‐魔戒ノ花‐」のメンバーが再集結し、「死者の世界」へ向かう不思議な列車を舞台に描かれるという本作。待ちに待った冴島雷牙シリーズ最新作だけに、冴島雷牙のさらに成長した姿だけでなく、マユリとの関係、そして何よりもどんな物語になるのかが楽しみだ。続報を待ちたい。

5月7日まで中野ブロードウェイ「Animaga Zingaro」にて開催中の、 “牙狼〈GARO〉原画展”にて、本作のムビチケが先行発売されている。要チェックだ。

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』

は今秋新宿バルト9ほか全国ロードショー。

http://garo-project.jp/GEKKOU/

***********************************

原作・脚本・監督:雨宮慶太 出演:中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗 
江田友莉亜 倉持由香 川瀬陽太 つぶやきシロー / 下條アトム 松田悟志
特別協力:サンセイアールアンドディ 製作・配給・制作:東北新社 2019年/日本/カラー/106分/16:9/5.1ch
©2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社 
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ