「石川瑠華」タグアーカイブ

TOHOシネマズ日比谷で初日舞台挨拶!カメ止めクリエイター感無量『イソップの思うツボ』


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイターが再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が全国公開となりました!

浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督が共同で監督を務め、それぞれの特徴を生かして演出された、『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫の濃厚な時間が待ち受ける作品に仕上がりました!

公開初日となる8月16日にはTOHOシネマズ日比谷にて初日舞台挨拶が行われ、石川瑠華、井桁弘恵、紅甘、斉藤陽一郎、藤田健彦、髙橋雄祐、桐生コウジ、川瀬陽太、渡辺真起子、佐伯日菜子、浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督が参加しました。
決め『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶
映画『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶
日付:8月16日(金)
会場:TOHOシネマズ
登壇:石川瑠華、井桁弘恵、紅甘、斉藤陽一郎、藤田健彦、髙橋雄祐、 桐生コウジ、川瀬陽太、渡辺真起子、佐伯日菜子
浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督

映画情報どっとこむ ralph 大きなスクリーンでの超満員の客席を前に、

浅沼監督:ありがとう…ありがとうございます。
浅沼直也監督『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶 と緊張から頭が真っ白な様子で、

上田監督:緊張してるようです。浅沼監督のこんな顔は見たことがありません!
上田慎一郎監督『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶 と苦笑い。

同劇場は前作『カメラを止めるな!』でも舞台挨拶をした場所で、

上田監督:こんなに早く帰って来られて嬉しい。3年前から企画した映画ですが、その頃の僕らには実力も知名度もなく、一人で商業長編映画を作れるような身分ではございませんでした。それがこんな大舞台に繋がるとは!!

と感慨無量。

中泉監督:たくさんの人に観てもらうのが映画作りのゴール。今日のために金髪にしました。
中泉裕矢監督『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶 と謎の情報を挟んで笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 石川さん:109館もの劇場で公開されて、こんな光景が目の前にあるのも想像できず…。嬉しい。
石川瑠華『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶 と目を潤ませた。

井桁さん:皆さんの前でこうしてご挨拶できるのも、公開されるのも幸せ!
井桁弘恵『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶
と喜び、

紅甘さん:こんなに大きな劇場で沢山の方々に見守られて初日を迎えられて嬉しい。
紅甘『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶
とシミジミ。

斉藤さん:賛否巻き起こす作品だと言われているようですが、客席を見渡すと笑顔の方が沢山いるので、概ね好評だと思っています。

とニヤリとした。

映画情報どっとこむ ralph 藤田さん:こちら側から見るとお客さんの顔が一人一人見えて圧力を感じます!

髙橋さん:こんなにたくさんのお客さんと初日を迎えられて嬉しい。

桐生さん:こうやってピンクのシャツを着て舞台に立たせてもらうなんてらうなんて、俳優を長くやっているといいことがありますね~。

とカラフルな特製『イソップの思うツボ』Tシャツをアピールしていた。


川瀬さん:3人の監督はそれなりに演出をしながら、それなりに楽しんでやっていたようです。いい現場でした。

と撮影を振り返り、

渡辺さん:変わった体制の作品にこの歳で参加できるのは嬉しかった。

とニッコリで、

佐伯さん:今日は久々にキャスト・監督に出会えて同窓会のような気持ち。公開初日というお誕生日を盛大に迎えられて嬉しい。

と喜びを口にした。本作は『カメラを止めるな!』の影響もあり、アジアを中心に問い合わせやオファーが殺到。

この状況に

上田監督:海外は2年前まではハネムーンでハワイにしか行ったことがなくて、去年初めて海外の映画祭に参加し、リアクションが日本と違うと感じました。そこで初めて世界を意識しました。日本の1億数千万から、観客は世界の70億人なんだと体感。今回どのように世界が反応してくれるのか楽しみです。

と世界公開に期待を込めた。
さらに壇上では石川さん・渡辺さん・中泉監督さんの亀田家チーム、井桁さん・桐生さん・佐伯さん・上田監督の兎草家チーム、紅甘さん・斉藤さん・浅沼監督の戌井家チーム、藤田さん・髙橋さん・川瀬さんの謎の男たちチームに分かれて「予測不能のばらし合いバトルロワイヤル」を実施。

ツボに入ったお題を引いたチームが質問に答えるというこの企画では、映画に合わせて「登壇者の中で、一番騙しやすそうな人とその理由」という質問に

斉藤さん:好奇心に突き進む感じが騙されやすそう。

と言われ

上田監督:確かに20代前半は詐欺などにもあいました。でも斉藤さんもピュア度が高いので、騙されやすそう。

と反撃。

若くていつもニコニコしていることから「騙されやすそう」と井桁さんの名前が挙がると、

上田監督:彼女には見えない薄い壁があります。天然かと思いきや、守っている感じがあってしっかりしている人ですよ!

と意外な印象を明かして盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph 浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督『イソップの思うツボ』初日舞台挨拶
最後に・・・

浅沼監督:監督3人、ヒロイン3人という異色の組み合わせですが、それぞれの個性がしっかりと出ました!

と作品をアピール。

上田監督:良かったと思う感想も、否定的な感想も、素直に発信してほしい。賛成派も否定派も意見を言い合うことでコミュニケーションが生まれて、映画も僕らも成長していける。

と願いを込めた。

中泉監督:こうやって大きな劇場で上映できたのも、上田監督の『カメラを止めるな!』があったからだと思う。

と上田監督の偉業に感謝しつつも「この作品は『カメラを止めるな!』を抜きにして観てもらうと、また別の面白さがある。単純に一本の映画として観てもらえれば嬉しいし、色々な発見があると思います」と『イソップの思うツボ』の完成度の高さに自信をのぞかせた。

本作は、10月17日に台湾・台北プレミア上映会で上映、高雄映画祭では10月17日〜20日の日程で浅沼監督と中泉監督のキャンペーンツアーも開催予定。また、台湾の劇場では10月25日より公開を控えています。

『イソップの思うツボ』
全国公開中!

公式Twitter:
@turtle_themovie

『イソップの思うツボ』ポスター
作品概要構想3年、監督3人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!!あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い!やがてむき出しになる、3つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。“復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる——。これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない!騙されるな!!!!!!誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮!予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!結末は、あなたが思い描くどれとも、、、違う!!!

***********************************

製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

脚本:上田慎一郎
共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢
監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
出演:石川瑠華井桁弘恵紅甘斉藤陽一郎藤田健彦髙橋雄祐桐生コウジ川瀬陽太渡辺真起子佐伯日菜子
制作・企画:デジタルSKIPステーション
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87
©埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『イソップの思うツボ』 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭オープニング上映&舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイターが再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が8月16日(金)より全国ロードショーとなります。

“若手映像クリエイターの登竜門”「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が7月13日(土)~21(日)の9日間、16回目の開催を迎え、初日である本日、オープニング作品として『イソップの思うツボ』が上映&舞台挨拶が行われ、浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督、キャストの石川瑠華、井桁弘恵、紅甘、斎藤陽一郎、佐伯日菜子が登壇しました。

『イソップの思うツボ』舞台挨拶イベント
日程:7月13日(土)
場所:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
登壇:石川瑠華、井桁弘恵、紅甘、斉藤陽一郎、佐伯日菜子、浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督

映画情報どっとこむ ralph 監督同士の出会いについて

浅沼監督:2012年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で初めて出会って、そこから3人で色々な企画をやりながら、今やマブダチ。
浅沼直也監督 と明かすと、

上田監督:2012年の初対面時は仲良くなかったですね。2015年にオムニバス映画『4/猫ねこぶんのよん』の宣伝活動をする中で仲良くなった。そのあたりから1本の長編映画を3人で作ろうという話になりました。
上田慎一郎監督 と回想した。2016年から本作の企画は始動するのだが、個性の強い3監督だけに「2年以上内容が固まらず」と上田監督が舞台裏を打ち明けると、

浅沼監督:その2年間は自分たちの作品や好きな作品をお互いに見せ合って、お互いを理解するような感じ。でも僕にとっては長い夏休みのようだった。

と懐かしそうに表現。

上田監督:結局、締め切りが来てしまって企画を固めたような感じ。夏休み最終日に宿題を一気に仕上げたようなもの。

と笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 一方、3人の監督が演出する現場という珍しい状況に

井桁さん:シーンごとに演出する監督が違うし、わからない点を誰に相談すればいいのかを相談するということもあった。でも3人が監督だからこそ色々なアイデアが出るという利点もあった。
井桁弘恵 と紹介。

石川さん:ラストは3人の監督の熱量が上がって、それがピッタリと合わさる瞬間があった。その熱量に圧倒されたりして、いい経験をしたと思います。
石川瑠華 と新鮮な面持ちだった。3監督での演出スタイルについて

上田監督:劇中の家族パートごとにざっくりと担当をわけました。でも家族が交わるシーンもあるので、その都度どうするか話し合いで決めた。一つのシーンで3人がともに演出する場面もあったし、僕らのほかにプロデューサーなど大人たちが集まったて、6人くらいで演出するときもあった。

と驚きのエピソードを披露した。

女優として長いキャリアを持つ佐伯さん

佐伯さん:3人の共同監督という現場は初めて。いいチームワークだった

と仲の良さを強調。

斎藤さん:3人とも我が強い監督なので、これは大変な現場になるぞと思ったら、実際に大変だった。

とニヤリ。それには、

上田監督:スケジュールもタイトだったので9日間の撮影では揉めている余裕すらありませんでした。企画を練っていた2年間に揉めたので、撮影中は揉めませんでしたね。

と笑い飛ばしていた。
そんな中、クールな紅甘さんは

紅甘さん:監督が3人いるけれど、もはや一人もいないみたいな…。それぞれの家族について3人の監督が身近な存在としていてくれたので。なので…よくわからないです。
紅甘 とマイペース。この紅甘さんの独特なオーラに

中泉監督:喋ると個性的でワードセンスもある。魅力的だし、映像の方がより可愛い!
中泉裕矢監督 と賞嘆すると、

佐伯さん:独特の輝き方をされる。それは練習や整形では出ない素晴らしさです。

とユーモア交じりに絶賛していた。

上田監督は石川さんについて

上田監督:一見キャピキャピ無邪気な少女だけれど、色々な表情を見せるし、何を考えているかわからない色気もある。それに惹かれました。

と魅力熱弁。
一方、浅沼監督は井桁さんについて

浅沼監督:太陽です!太陽は自分の明るさに無自覚。それくらいの明るい感じがある。

とキリッとなると、すかさず

上田監督:太陽は自分の明るさに無自覚、のところで強調するような言い方をするよね。

とイジられていた。

最後に

上田監督:3人の共同監督で1本の長編映画を作るのは世界的に見ても例のないこと。周りの大人からは『上手くいかない』と言われたけれど、無理だと言われれば言われるほどチャレンジしたくなりました。撮影中にも『この映画を作れて良かった』と思う瞬間が何度もあって、そう思えたのが嬉しかった。内容はエンタメですが、序盤から色々な仕掛けがあるので、前のめりになって楽しんで観てほしいです!

と完成度の高さに胸を張っていた。

映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』

8月16日(金)より全国ロードショー


【STORY】
構想3 年、監督3 人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!!あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い!やがてむき出しになる、3 つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。“復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる——。これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない!騙されるな!!!!!!誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮!予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!結末は、あなたが思い描くどれとも、、、違う!!!
***********************************

製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ脚本:上田慎一郎共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢出演:石川瑠華井桁弘恵紅甘斉藤陽一郎藤田健彦髙橋雄祐桐生コウジ川瀬陽太渡辺真起子佐伯日菜子制作・企画:デジタルSKIPステーション制作プロダクション:オフィス・シロウズ配給:アスミック・エース©埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ公式Twitter:turtle_themovie 2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「カメ止め」イケメンP役 大沢真一郎が 『イソップの思うツボ』で講師役&撮影助手の二刀流!


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイターが再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が8月16日(金)より全国ロードショーとなります。

『カメラを止めるな!』 の上田慎一郎によるオリジナル脚本&トリプル監督作品『イソップの思うツボ』。上田と共に監督を務める のは、『カメ止め』で助監督を担当し、スピンオフ版の監督も務めた中泉裕矢と、同作でスチールを担当し た浅沼直也。3 人が共同で監督を務め、それぞれの特徴を生かして演出された、『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫の濃厚な時間が待ち受ける!

謎の多い本作でこの度明らかになったのは『カメラ を止めるな!』に出演した大沢真一郎のカメオ出演。
「カメ止め」ではイケメンプロデューサーとして注目を集めた大沢が本作で演じるのは主人公の亀田美羽と兎 草早織が通う大学の講師役。

劇中ではほんのワンシーン の登場だが、その鋭い目力で確かな存在感を示します。

そして大沢は本作で撮影助手も担当!

先に撮影助手を務めることが決定したいたが、「彼の本業が俳優なので。自然と『どこか出てほしいですよね』って」と本作で再び大沢を起用した理由を上田監督は明かします。

そんなスタッフと俳優という一人二役の活躍を見せた大沢。自分の出演シーンが終わるとすぐに撮影助手に戻る という忙しそうな姿が現場では見られたようだ。 「カメ止め」では番組スタッフ役を演じていた大沢が、 『イソップの思うツボ』では実際に映画スタッフとなり 現場を支え、また役者としても物語を支えるという大活 躍!その他にも、カメ止めキャストのカメオ出演は果た してあるのか・・・?乞うご期待くださいませ。 浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢の 3 人の「カメ止 め」クリエイターが前代未聞のトリプル監督として世に 放つ本作に、「カメ止め」キャストがカメオ出演!まさ に「カメ止め」愛に包まれた本作が令和の新時代に贈る 【ネタバレ厳禁】の物語の新境地にご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』

8月16日(金)より全国ロードショー
構想 3 年、監督 3 人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!! あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い! やがてむき出しになる、3 つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?
STORY
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。 大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。 “復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。 三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる。

これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない! 騙されるな!!!!!!
誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮! 予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!

***********************************


製作:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ 脚本:上田慎一郎 共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢

監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘
斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子
制作・企画:デジタル SKIP ステーション
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
公式 Twitter:turtle_themovie 2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『カメ止め』監督らの最新作『イソップの思うツボ』ツボるポスター選手権開催中!


映画情報どっとこむ ralph 動員数220万人以上、興行収入31億円を突破!2018年最大の話題作とな った『カメラを止めるな!』の上田慎一郎によるオリジナル脚本&トリプル監督作品『イソップの思うツボ』が 8 月 16 日(金)より全国公開いたします。この度、「ツボるポスター選手権」を開催いたしますので、本情報をご紹介い ただけますよう、宜しくお願いいたします。 上田と共に監督を務めるのは、『カメ止め』では助監督を担当し、スピンオフ版の監督も務めた中泉裕矢と、同作でス チールを担当した浅沼直也。3人が共同で監督を務め、それぞれの特徴を生かして演出された、『カメ止め』を超える ≪ネタバレ厳禁≫の濃厚な時間が待ち受ける!


この度、そんな≪ネタバレ厳禁≫の本作で【ツボるポスター選手権】が開催されることとなりました! 現在明かされているストーリー、ポスター、予告編、場面写真を参考に、本作を自由にイメージした自作ポスタ ービジュアルを一般の方から募集する【ツボるポスター選手権】。応募された作品は、映画公式 Twitter とギャ ラリーページにて掲載される。そして全応募作品の中から、浅沼直也監督、上田慎一郎監督、中泉裕矢監督、そ してヒロインを演じた石川瑠華、井桁弘恵、紅甘のそれぞれが自分たちの”ツボにハマった作品”を選出!


応募期間は 2019年7月1日(月)~7月31日(木)で、映画公開初日の8月16日(金)に結果発表される。

「専門学校 日本デザイナー芸術学院」をはじめ全国のデザイン系専門学校約 30 校ではすでに学生に向 けて本企画を告知!!

一部の専門学校では授業課題として取り組む。
クリエイターの卵も映画ファンも、アマチュアもプロ も、参加企画は一切問わない本企画。作画ジャンルも なんでも可!あなたが自由な発想で予想する『イソッ プの思うツボ』自作ポスターをご応募ください。

あなたの作品が映画監督・ヒロインの手に届き、”ツ ボ”にハマるチャンス!?

作品素材のダウンロードもできるキャンペーンページも OPEN!!


映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』

公式 Twitter:turtle_themovie

構想 3 年、監督 3 人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!! あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い! やがてむき出しになる、3 つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?

【STORY】
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。 大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。 “復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。 三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる――。 これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない! 騙されるな!!!!!! 誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮! 予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!
『イソップの思うツボ』 『イソップの思うツボ』 『イソップの思うツボ』
***********************************

製作:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
脚本:上田慎一郎
共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢
監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢

出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘
斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子

制作・企画:デジタル SKIP ステーション
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ

2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

浅沼直也×上田慎一郎×中泉裕矢 トリプル監督作『イソップの思うツボ』場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 『カメラを止めるな!』クリエイター上田慎一郎×浅沼直也×中泉裕矢が再集結し、前代未聞のトリプル監督でおくる『イソップの思うツボ』が8月16日(金)より全国ロードショーとなります。

この度、【ネタバレ厳禁】の本作の真相に近づく、本作の場面写真が一挙解禁となりました。

アンニュイな表情で水槽を見つめるカメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽(石川瑠華)。
『イソップの思うツボ』 先日解禁となった予告編でも「カメが空から降ってきた」 というニュースが流れるなど“カメ”が重要なキーワードとなっている ようだが、果たして・・・。

また、ファイティングポーズで何者かと戦う勇ましい戌井小柚(紅甘)の姿や、
『イソップの思うツボ』 恋を予感させる兎草早織(井桁弘恵)と大学講師・八木の見つめ合う姿…の後ろにいる美羽など、
『イソップの思うツボ』 ヒロイン3人の日常の姿を切り取ったものも。
『イソップの思うツボ』 『イソップの思うツボ』
一方で、鋭い眼差しでこちらを見つめる美羽の写真も到着し、内気なヒロインの“もうひとつの顔”が映し出される。
『イソップの思うツボ』 ほかにも、取り乱し銃を構える早織の姿や、
『イソップの思うツボ』 父と共に捕らわれる小柚、
『イソップの思うツボ』 忍び寄るスーツ姿の謎の男たちなど、重大事件発生を感じさせるヤバイ写真も!
『イソップの思うツボ』 ヒロインたちの日常 と非日常が入り乱れ、物語はカメとウサギとイヌの騙し合いバトルロワイヤルに突き進む!?
『イソップの思うツボ』 『イソップの思うツボ』 謎に包まれた本作が徐々にヴェールを脱ぐ!本作の真相に触れる(かもしれない)、怒涛の展開を期待させる場面写真とな っている。

映画情報どっとこむ ralph イソップの思うツボ

8 月 16 日(金)より全国ロードショー
公式 Twitter:
@turtle_themovie


構想3年、監督3人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!! あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い! やがてむき出しになる、3つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?

モノガタリ・・・
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。 大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。 “復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。 三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる――。 これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない! 騙されるな!!!!!! 誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮! 予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!


***********************************

監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
脚本:上田慎一郎
共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢
出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘 斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子 制作・企画:デジタル SKIP ステーション
製作:埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース
©埼玉県/SKIP シティ彩の国ビジュアルプラザ
2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

金子大地と石川瑠華が主演でMI-CANグランプリ『猿楽町で会いましょう』製作開始


映画情報どっとこむ ralph この度、第 2 回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」にて圧倒的な票を集めグランプリを受賞し、製作が決定した『猿楽町で会いましょう』が金子大地と石川瑠華の二人の若手俳優を主演に迎えて、6 月17 日よりついにクランクインします。

「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」は堤幸彦監督や大根仁監督を擁し次々と話題作を産み出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが主催している映像コンテスト。
*画像は応募予告編より

ある地域を舞台にした「3 分以内の予告編映像」で審査を行い、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指したプロジェクトに、日本中から熱い注目を集めております。

『猿楽町で会いましょう』は嘘つきの女の子・ユカと彼女の“本当の顔”を撮ろうとするフォトグラファー・小山田の恋の顛末を描くラブストーリー
駆け出しのフォトグラファー小山田(金子大地)は、撮影で読者モデルのユカ(石川瑠華)と出会う。コケティッシュでピュアなユカに惹かれ、彼女を被写体に次々と作品を撮り始める小山田。そして二人は付き合い始め、猿楽町で撮った作品はコンテストで受賞し周囲に認められ始める。しかし、元カレの存在を知った小山田は次第にユカの言動を疑いはじめ…。ハッピーなボーイ・ミーツ・ガールが一転、シニカルなクライマックスに向けて疾走する。


映画情報どっとこむ ralph 監督を務めるのは、児山隆。
監督として多数の作品参加し、その後広告を中心とした映像ディレクターとして活躍。本作にて初のメガホンを握る。
児山隆 <児山隆コメント>
僕はわりと映画が好きでよく映画を観に行くんですが、そんな僕が「観たい!」という映画にどうやらなりそうです。素晴らしい(本当に)スタッフの皆さんに、最高な(とんでもなく)キャストが集まりました。この最高なメンバーと一緒に面白い映画をつくりに行ってきます。

1979 年生まれ。大阪府出身。映画の助監督を経験後、CM のオフラインエディターを経てディレクターとして活動。TOYOTA、LINE、Google、マクドナルドなどの広告作品を監督する。『猿楽町で会いましょう』でようやく商業映画の監督としてデビュー。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の小山田を演じるのは、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK 総合)や「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で注目を集める期待の若手俳優、金子大地。
金子大地 <金子大地コメント>
『猿楽町で会いましょう』の予告編を観たとき、石川さん演じるユカに惹きこまれて、物語がますます気になりました。また、脚本を読んだときは、恋愛をしたような気分と、怒りと、何かもどかしい感情が生まれました。この作品に参加できることが凄く嬉しいです。3 分間の予告から生まれたこの作品がどう大きくなっていくのか、その過程を小山田という役を通して見れることが僕自身とても楽しみです。

1996 年生まれ。北海道出身。2014 年、アミューズオーディションフェスで俳優・モデル部門を受賞してデビュー。主な出演作は、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK総合)、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)、映画『ナラタージュ』、『家族のはなし』など多数。映画『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8 月 23 日公開)、映画「殺さない彼と死なない彼女」(今秋公開)などが控えている。



ダブル主演として小山田のもとに転がりこんでくるヒロイン・ユカを演じるのは『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の話題の新作映画『イソップの思うツボ』の主演に抜擢された石川瑠華。新進気鋭のキャストたちが情感あふれる演技を見せている。
石川瑠華 <石川瑠華コメント>
予告編『猿楽町で会いましょう』は、私の初めての映像の現場でした。当時たくさん支えてくださった監督、スタッフの方々と再会でき、こうして『猿楽町で会いましょう』を映画化できることが本当に嬉しいです。私の役は嘘ばかりつく女の子。そんな彼女と今作品を通して、真正面からぶつかりたいと思っています。力強いキャストの方々も加わり、撮影が楽しみです。最後まで児山監督を信じて頑張りたいと思います。

1997 年生まれ。2019 年 8 月に劇場公開される映画『イソップの思うツボ』(上田慎一郎,浅沼直也,中泉裕矢監督)の主演にオーディションで大抜擢。他、「絶景探偵。SP」(19/福島中央テレビ)、第 41 回モスクワ国際映画祭参加作品『Shell and joint』 (19/平林勇監督)、MOOSIC LAB2018 参加作品『左様なら』(19/石橋夕帆監督)、JR 東日本の TV-CM などに出演。他、6 本の映画が現在公開待機中。


***********************************

出演:金子大地 石川瑠華
監督・脚本:児山隆
脚本:渋谷悠
音楽プロデューサー:鶴丸正太郎 製作:長坂信人
エグゼクティブプロデューサー:神康幸
プロデューサー:利光佐和子
共同プロデューサー:服部洋
協力プロデューサー:井上潔
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:エレファントハウス
(C)2019 オフィスクレッシェンド




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『カメラを止めるな!』クリエイターが再び日本を騙す!『イソップの思うツボ』SKIP映画祭オープニングに!


映画情報どっとこむ ralph 『カメ止め』出演時にはほぼ無名だったキャストも、映画を観た多くの人に印象を残し、今やドラマ・CMなどに多数出演。一躍時の人に!!  
そんな『カメ止め』を牽引した3人()が仕掛ける新作『イソップの思うツボ』でも謎に包まれたキャストに注目が集まるなか、3人のヒロインをはじめ、脇を固める実力派俳優陣が満を持して発表となります。

ヒロインを演じるのは舞台やTV・MVで活躍する新進気鋭の女優・石川瑠華、ゼクシィ11代目CMガールを務め、ファッション誌でモデルとしても活躍する井桁弘恵、『光』『アイスと雨音』など出演作を重ねる紅甘の3人。石川が演じるのは、カメだけが友達の内気な大学生・亀田美羽。井桁が演じるのはタレント家族の娘で、美羽の同級生・兎草早織。そして紅甘が演じるのは父と二人で復讐代行屋を営み、その日暮らしの生活を送る少女・戌井小柚。

そんな新星ヒロイン3人を実力派俳優陣がサポート!!斉藤陽一郎が小柚の父・戌井連太郎役、藤田健彦がタレント一家・兎草家のマネージャー・田上役、髙橋雄祐(「髙」ははしごだか)が美羽と早織の大学の臨時講師・八木圭佑役、桐生コウジが早織の父・兎草信司役、川瀬陽太が謎の男・近藤役、渡辺真起子が美羽の母・亀田美紗子役、そして佐伯日菜子が早織の母・兎草裕子役を演じる。
上段左から井桁、石川、紅甘
中断左から斉藤、藤田、髙橋、桐生
下段左から川瀬、渡辺、佐伯


3ヒロインの苗字にはそれぞれ、「亀」「兎」「戌」と動物の名前が紛れており、それとストーリーとの関係性にも期待が高まる。一方で、ここに記した役柄紹介は各キャラクターの一面のみを現したもの。騙されるな!奴らには裏がある!?
『カメ止め』クリエイターである浅沼・上田・中泉という3人の共同監督が、魅力溢れる新進気鋭の原石3人をどのように演出したのか?そして彼女たちはどのような演技で作品を彩るのか?

『カメ止め』を超える≪ネタバレ厳禁≫の本作。奴らが再び、日本を騙す!!

映画情報どっとこむ ralph 石川瑠華さんからのコメント:
素敵な3人の監督と、魅力的なキャスト、スタッフの皆さんとご一緒した大切な作品です。
そこに主演として参加させて頂けたこと、光栄でしたが、大きなプレッシャーでもありました。それぞれの監督の色もあるので、どう混ざり合うのか想像出来なかったんですが、完成した作品を観るとその色の混ざり合いがとても魅力的になっていました。
ハラハラワクワクする作品になってますので、ぜひ劇場に足を運んで楽しんで頂きたいです。

【プロフィール】
1997年3月22日、埼玉県出身。2017年から女優としての活動を開始。堤幸彦、大根仁、川村元気らが審査員を務める第2回未完成映画予告編大賞でグランプリと小原信次賞をW受賞した『猿楽町で会いましょう』(18/児山隆監督)に主演し、審査員から高い評価を集めた。池松壮亮らが特別出演した「絶景探偵。SP」(19/福島中央テレビ)では板橋駿谷演じる主人公の妹役としてメインキャストのひとりを好演。また、磯村勇斗主演の舞台「hammer & hummingbird」(18/脚本・演出:濱田真和)への出演のほか、ゆずの「イコール」(18)、井上苑子の「踏み出す一歩が僕になる」(18)、Aimer の「We Two」(19)など多くのMVに出演するなど今後のさらなる活躍が期待される新進女優。主な出演作は第41回モスクワ国際映画祭参加作品『Shell and joint』(19/平林勇監督)、MOOSIC LAB2018参加作品『左様なら』(19/石橋夕帆監督)、JR東日本のTV-CMなどに出演中。他、2本の主演映画を含む6本の映画が公開待機中。



井桁弘恵さんからのコメント:
三監督の現場は、めまぐるしい状況の変化についていくのに必死でしたが、カットがかかるたびにキャストの方々含めみんなで意見を出し、話し合いながら作品を作りあげていく時間はとても幸せでした。
私が演じた兎草早織は演じていて辛いシーンもありましたが、その中で、家族の愛や友情から早織としてはもちろん私としても考えさせられることがありました。
最後まで息つく暇がなく、結末も予想できないこの作品をぜひ楽しんでいただきたいです。

【プロフィール】
1997年2月3日、福岡県出身。14歳の時に初めて訪れた原宿でスカウトされ芸能界デビュー。その後ドラマやCM、ファッション誌などで活躍。「ZIP!」(NTV)で2017年4月から1年間レポーターとしてレギュラー出演。過去に吉岡里帆や広瀬すず等も起用され、ブレイクのきっかけとなった結婚情報誌リクルート「ゼクシィ11代目CMガール」に抜擢され話題となった。連続ドラマ「極道めし」(18/BSジャパン)では主演・福士誠治の妻役を好演し、映画『四月の君、スピカ。』(19/大谷健太郎監督)では主演・福原遥の恋敵役を演じるなど、女優としての活躍の場を広げている。主な出演作に『クロノス・ジョウンターの伝説』(19/蜂須賀健太郎監督)、「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」(18/TX)など。また、「ダウンタウンDX」(YTV)、「もしもツアーズ」(CX)「くりぃむクイズミラクル9」(CX)などに出演するなど、バラエティでも活躍中。


紅甘さんからのコメント:
オーディションのときの、だんご3兄弟のような監督3人が放つ、少年的なまぶしさが忘れられません。出演が決まった時は、映画に出られることよりも、3人の仲間に入れることが嬉しかったです。とにかく楽しい、カオスな修学旅行みたいな現場でした。この作品の行く末に、あのときに見たまぶしさがあればいいなと思います。

【プロフィール】
1999年12月29日、東京都出身。2007年より女優として活動を始め、田口トモロヲや古田新太ら個性派俳優が出演した『カインの末裔』(07/奥秀太郎監督)でスクリーンデビュー。2012年に『家をたてること』(長谷部大輔監督)で初主演を果たす。母・内田春菊の漫画をドラマ化した「南くんの恋人~my little lover」(15/CX)や大森立嗣監督作『光』(17)など多数の作品に出演。主な出演作に『白河夜船』(15/若木信吾監督)、『最低。』(17/瀬々敬久監督)、『アイスと雨音』(18/松居大悟監督)、『ここは退屈迎えに来て』(18/廣木隆一監督)などがある。2019年は松田龍平主演の「イーハトーボの劇列車」(作:井上ひさし・演出:長塚圭史)で初舞台を踏む。さらに安藤サクラも務めたファッションブランド「TOGA PULLA」のビジュアルイメージに起用されるなど、女優・モデルとして幅広いジャンルで活躍している。

映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019のオープニング作品としてワールド・プレミア上映されることが決定いたしました。過去には白石和彌監督や中野量太監督などを輩出し注目を集める本映画祭にて受賞歴のある浅沼直也、上田慎一郎、そして昨年のオープニング作品『君がまた走り出すとき』を監督した中泉裕矢の3人が、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザによる支援を受け製作された本作。SKIPシティと関わりの深い3人の共同監督作品が映画祭を一層盛り上げます。
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019ポスター
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 とは
2004年に誕生した国際コンペティション映画祭。デジタルで撮影・制作された作品のみにフォーカスし、世界中からエンターテインメント性と新たな表現の可能性を感じる作品を公募。次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的に毎年開催している。審査員は国内外の映画業界の第一線で活躍する方々で構成。過去に白石和彌監督(『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)や中野量太監督(『チチを撮りに』)、坂下雄一郎監督(『神奈川芸術大学映像学科研究室』)が本映画祭で受賞後に商業デビューを果たす。上田慎一郎監督は『テイク8』で2016年に短編部門奨励賞を、浅沼直也監督は『冬が燃えたら』で2017年に短編部門最優秀作品賞を受賞。中泉裕矢監督は初監督作『円罪』と『母との旅』が2012年と2014年に短編部門にノミネートされている。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019(第16回)開催概要
会期:2019年7月13日(土)~7月21日(日) <9日間>
会場:SKIPシティ(埼玉県川口市)
内容:国際コンペティション、国内コンペティション、特集上映、関連企画、イベント等多数予定(後日詳細発表)
主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト:www.skipcity-dcf.jp

映画情報どっとこむ ralph 『イソップの思うツボ』

公式 Twitter:
@turtle_themovie  

構想3年、監督3人!『カメラを止めるな!』の“快感”再び!!
あの有名童話さながらに、ウサギとカメ、そしてイヌが“奇想天外”な騙し合い!
やがてむき出しになる、3つの家族それぞれの“正体”…あなたは見破れるか!?

【STORY】
“家族”の仲も良く、カメだけが友達の内気な女子大生、亀田美羽。
大人気“タレント家族”の娘で、恋愛体質の女子大生、兎草早織。
“復讐代行屋父娘”として、その日暮らしの生活を送る戌井小柚。
三人の少女が出会う時、最高の奇跡が起こる――。
これは、甘く切ない青春映画・・・・ではない!
騙されるな!!!!!!
誘拐、裏切り、復讐、はがされる化けの皮!
予測不能の騙しあいバトルロワイヤル!
結末は、あなたが思い描くどれとも、、、違う!!!

***********************************

製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 
脚本:上田慎一郎 共同脚本:浅沼直也、中泉裕矢 
監督:浅沼直也、上田慎一郎、中泉裕矢
出演:石川瑠華 井桁弘恵 紅甘 
斉藤陽一郎 藤田健彦 髙橋雄祐 桐生コウジ 川瀬陽太 渡辺真起子 佐伯日菜子
制作・企画:デジタル SKIP ステーション
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
配給:アスミック・エース  
©埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 
2019/日本/シネスコサイズ/5.1CH/87分
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ