「知英」タグアーカイブ

映画『私の人生なのに』ポスター&予告完成 JY「涙の理由」が主題歌に!


映画情報どっとこむ ralph 映画『私の人生なのに』が、7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となります。

本作は、金城瑞穂役の知英さんが、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり、絶望の中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介役の稲葉友さんと再会することで音楽と触れ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、人生がふたたび動き出していく青春サクセスストーリーです。

そのポスタービジュアルは、主演・知英さんが扮する瑞穂と、本作のほかに今年冬公開の映画『春待つ僕ら』への出演が決定するなど、舞台・ドラマ・映画など多方面から注目を集めている稲葉友さん扮する柏原淳之介が、“音楽”を通じて新たなステージに向かっていく貴重なシーンを再現しており、二人のギターセッションが、ビジュアルにインパクトを与えております。


予告は、瑞穂の絶望と孤独、家族との絆、幼なじみ淳之介と音楽を通じて新しいステージを目指していく二人の姿が描かれております。主題歌は、大ヒットソング「好きな人がいること」のJYが担当。

脚本を読んで書き下ろされた「涙の理由」が、ストーリーに深みを与え、涙を誘います。



知英さんと稲葉友さんのほかには、新体操部アスレチックトレーナー役に落合モトキや根岸季衣、深沢敦など個性的な実力派俳優が脇を固めており、物語にスパイスを効かせます。監督は、『全員、片想い~片想いスパイラル~』『小川町セレナーデ』などを手がけている原桂之介。この夏、清智英・東きゆう著書の原作『私の人生なのに』(講談社刊)から生まれたほろ苦い青春映画が、皆様の心を熱くします。


物語・・・
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ

新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。
塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは?

***********************************

知英
稲葉友  /  落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 
?橋洋  赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎 
衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 
制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ  
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
?2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分


稲葉友が知英:瑞穂の幼馴染の柏原淳之介役!映画「私の人生なのに」


映画情報どっとこむ ralph 知英、主演の映画「私の人生なのに」。

幼馴染の柏原淳之介役が稲葉友さんだとわかりました!

本作は、金城瑞穂(知英)が、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり、絶望の中、音楽と出会うことで人生がふたたび動き出し、新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリー。


今回出演が発表されたのは、映画「春待つ僕ら」など話題作への出演も決定している若手実力派俳優・稲葉友。
稲葉演じる柏原淳之介は、瑞穂の前に数年ぶりに現れた幼なじみで、瑞穂が再び前を向くきっかけとなる重要な役どころなんです。

瑞穂と淳之介。
それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、新しいステージを目指していく二人の姿が印象的に描かれる。今回の作品で稲葉は、ギター演奏と歌唱を“初”披露することもわかっており、新たな一面にも注目が集まりまする。

映画情報どっとこむ ralph 稲葉友さんからのコメントです!

稲葉さん:脊髄梗塞になった主人公、金城瑞穂と再会する幼馴染の柏原淳之介を演じます。作品が決まってからは毎日ギターを弾いて、曲を作って、歌っていました。その時の心も身体も全部捧げました。知英さんをはじめとするキャストの皆様、原監督をはじめとするスタッフの皆様、エキストラで集まってくださった皆様、撮影に関わってくださった全ての人の力が、とても確かにグッと込もった映画です。「生きる」って何だろうと、そんな誰もが抱えるテーマを真っ直ぐにひたむきに描いた作品になっています。「私の人生なのに」このタイトルに続く言葉を、是非とも映画館に確認しにきてください。


映画情報どっとこむ ralph 脚本・監督は『小川町セレナーデ』原桂之介!注目です。

私の人生なのに

今夏、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://watashinojinsei.com



***********************************

知英
稲葉友

監督・脚本:原桂之介

原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作:瀬井哲也
プロデューサー:行実良、柴原祐一
共同プロデューサー:長井龍
撮影:加藤十大 照明:志村昭裕
録音:小林武史 美術:田口貴久
編集:相良直一郎

衣裳:岡本華菜子
ヘアメイク:及川奈緒美
キャスティング:あんだ敬一
助監督:岩坪梨絵

制作担当:金子堅太郎
ラインプロデューサー:傳野貴之
制作プロダクション:ダブ
協力:J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
©2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ



第10回沖縄国際映画祭クロージングセレモニー:おーきな観客賞『レオン』がグランプリ!


映画情報どっとこむ ralph 4月22 日(日)、那覇市のよしもと沖縄花月で 4 日間にわたって開催した「島ぜんぶでお~きな祭 第10回沖縄国際映画祭」のクロージングセレモニーが行われました。

セレモニーに先立ち、沖縄国際映画祭実行委員会名誉会長である翁長雄志沖縄県知事の代役として

富川盛武副知事:全国や海外から島ぜんぶでおーきな祭にご参加頂いた皆さまに感謝を申し上げます。大﨑社長をはじめ、関係者の皆さまに御礼を申し上げます。おーきな祭で沖縄の魅力を笑顔とともに発信することは大きな力になっております.

と感謝 が述べられました。

そしていよいよ第 10 回沖縄国際映画祭各賞の発表。
地域発信型映画からは「地域ハピネス賞」に千葉県千葉市の『空からの花火』が、 「ひかり TV 応援賞」には鳥取県湯梨浜町の『純朴な梨農家の青年に、トラックが襲いかかる』が受賞。

映画情報どっとこむ ralph 「JIMOT CM REPUBLIC」では、今回のノミネート作品の中から、海外部門としてネパールの『ネパールの子どもたちと学校』、

全国 46 都道府県部門では京都府京丹後市の『便利さよりも安心を』、
沖縄県 41 市町村部門では与那原町(よなばるちょう)の『プロポーズ』 がグランプリに選ばれました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回新たに設けられた「おーきな観客賞」は観客投票により決定する賞です。栄えある最初の「おーきな賞」を受賞したのは『レオン』 、外国語映画部門では『蕭何、月下に韓信を追う』が選ばれ、黒木メイサさんがプレゼンターとして2作品に賞を贈呈しました。

『蕭何、月下に韓信を追う』のトウ・シュンケツ監督は
シュンケツ監督:映画に基づく映画で、伝統的な 作品ですが現代の人材育成や人材発掘に繋がっている。3Dやサラウンド技術で古典と現代 をつないだことが選んで頂いた理由ではないでしょうか!

と受賞の喜びを語ります。

『レオン』の主演を務めた知英さんも
知英さん:映画祭への参加も初めてで、賞を頂くのも初めて。なによりお客さんが選んでくれたことがうれしいです。

と喜びをかみしめました。

映画情報どっとこむ ralph 「クリエイターズファクトリー2018 U-25 映像コンペティション」では、宮嶋風花監督が手がけた『親知らず』がグランプリに選ばれ、沖縄在住の中江裕司監督からトロフィーが 渡されました。
贈呈式が終わり、続いて沖縄国際映画祭実行委員会の

安里繁信副委員長:大﨑社長ひと りの思いで立ち上げたイベントが10 年続くことに敬意を表します。映画祭も街づくりから 人づくりに進化してきました。10 年を迎えましたが、思い出を振り返るのではなく、明日 のために新しいことをやっていきたい。

と力強く挨拶。

最後に吉本興業の大﨑洋社長が登壇し、

大﨑社長:10年経ちました。ありがとうございます。色々な 人、色々な場所、朝昼夜問わずお世話になりました。ご協力頂き、ありがとうございました。映画祭を続けて、沖縄に寄り添って、一歩一歩前に進もうと思 いますので、今後ともよろしくお願いします。

とセレモニーを締めくくりました。


同時に、次回開催が来年 2019 年4月18 日(木)~21 日(日)に決定したことも発表されました。
映画情報どっとこむ ralph 那覇市の波の上うみそら公園ビーチステージにて、映画祭のオールエンディング となる「エンディングライブ 島ぜんぶでおーきなバンドステージ」 が行われ、MC のガレッジセ ール、そしてかりゆし 58 を中心に県内外で活躍する沖縄のアーティストによる映画祭のための 「島ぜんぶでおーきなバンド」が出演しました。
最後は恒例の「笑顔 のまんま」を大熱唱。歌い終わると夜空に花火が打ち上げられ、

「皆さんまた第 11 回沖縄国際映 画祭でお会いしましょう!」のゴリの一声により、「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映 画祭」の幕は降ろされました。

***********************************


阿部寛、岡田将生、榮倉奈々ら豪華ゲスト第10回沖縄国際映画祭にレッドカーペット@那覇市・国際通り


映画情報どっとこむ ralph 『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』も最終日!

雨を吹き飛ばすスターたちの競演にファンも熱狂! 10回目の開催を華やかに盛り上げたレッドカーペットが開催 4 月 22 日(日)、那覇市の国際通りで、人気俳優やタレントが多数参加する華やかな「レッドカーペット」が行われました。

あいにくの雨模様で2時間遅れの開始となりましたが、ゲストの登場を楽しみに待つお客様が大勢詰めかけ、スタート前ですが会場はいつにもま して大きな熱気に包まれました。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』
レッドカーペット@那覇市・国際通り

日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り

映画情報どっとこむ ralph まず会場に姿を見せたのはNMB48。
沿道のファンににこやかに手を振り、レッドカーペットを大いに盛り上げます。
メンバーの吉田朱里は「この雨の中、お客さまがずっと待って いてくれて本当にありがたい」とコメント。

続いてTV DIRECTOR’S MOVIE『美人が婚活してみたら』から主演の黒川芽以さんが登場。淡いブルーのロングドレスに身を包み、とびきりの笑顔を見せてくれました。

TV DIRECTOR’S MOVIE『Bの戦場』に出演した速水もこみちさん、大野拓朗さんが現れると、スラリとした 2 人の姿に沿道からもため息が。

特別招待『洗骨』の照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)は「今回本名で作品を撮らせてもらった」と話し、沖縄の粟国島に残る風習を題材にした作品をアピール。

そして、TV DIRECTOR’S MOVIE『家族のはなし』 の岡田将生さん、成海璃子さんが登場すると、赤絨毯の端からは端まで会場中から大きな 歓声がわき起こりました。

映画祭期間中、沖縄公演を行った吉本新喜劇の面々も揃ってレッドカーペットへ。手を振って沿道の声援にこたえます。TV DIRECTOR’S MOVIE『耳を腐らせるほどの愛』の主演、 森川葵さんは、あいにくの天気にもかかわらず「今日は歩くことができて本当に良かった」 とにこやかに語りました。

映画情報どっとこむ ralph その後もレッドカーペットにはスターの皆さんが続々登場。特別上映作品『レオン』の知英さんは、沿道のファンとの写真にも気さくに応じるなどフレンドリーな姿が印象的でした。
また、今回初開催となったプログラム「マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE&OKINAWA~」で映画愛を語った黒木メイサさんは「沖縄出身ですが、映画祭 10 年目でやっと来ることができた」と感激の様子。
「普段はあまり飲みませんが、滞在中は泡盛をたくさん飲みました」と沖縄らしいエピソードを気さくに語りました。

降り続く雨のなか、続いて登場したのは特別上映『ニワトリ★スター』の井浦新さん、成田凌さん。傘も差さずに沿道のサインに応じ、ファンの皆さんも感激の面持ち。
また、TV DIRECTOR’S MOVIE『劇場版ドルメン X』出演の志尊淳さんらキャストが姿を見せると、 待ちわびたお客様からの歓声が国際通りに響き渡ります。

さらに、特別招待作品『のみとり侍』主演の阿部寛さんも颯爽と登場し「沿道の皆さんの熱気がすごい」と雨のなか見守るファンにメッセージ。

特別招待作品『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の榮倉奈々さんは、ドレスからのぞく美脚とさわやかな笑顔 で観客を大いに魅了しました。


レッドカーペットの最後に登場したのは、映画祭実行委員長を務める吉本興業株式会社社長の大﨑洋。

10 回目の映画祭について

「やっと 10 年、まだ 10 年という気持ち。また来年 に向けて頑張っていきたい」

と決意を語り、雨のなか行われた節目のレッドカーペットを 締めくくりました。

***********************************


知英 最新主演映画は原桂之介監督『私の人生なのに』今夏、公開決定!特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中の主演映画『レオン』が大ヒット中の“知英”。
次回作となる最新主演映画『私の人生なのに』が、今夏、全国公開が決定しました。

彼女が贈る最新作『私の人生なのに』は、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり絶望を彷徨う中、音楽と出会うことで人生に彩りが戻り、自分を受け入れながら新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリーです。原作は清智英先生・東きゆう先生の同名ライトノベル『私の人生なのに』。

本日、特報と映画場面写真が解禁となりました!


女性アイドルグループKARAのメンバー時代からダンスで鍛えた身体能力をいかしながら、新体操のリボンの練習をかなり重ねて金城瑞穂役に挑みました。

また車椅子で生活する女性の役でもあるため、日常生活でも車椅子を何ヶ月も利用し自身の生活の一部にしながら役作りを続けて撮影。

脚本・監督は『小川町セレナーデ』原桂之介!

注目です。


私の人生なのに

今夏、新宿バルト9ほか全国ロードショー

http://watashinojinsei.com

***********************************

知英
脚本・監督|原桂之介『平成ポンチ』『小川町セレナーデ』
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
企画|VAP 制作|ダブ 
協力|J-Workout 
配給|プレシディオ 
宣伝|MUSA
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
©2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ