「真壁幸紀監督」タグアーカイブ

A.B.C-Z塚田僚一&Snow Man登壇!ボルダリング映画『ラスト・ホールド!』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph A.B.C-Zの塚田僚一の映画初主演作であり、アクロバティックな舞台で観客を魅了するジャニーズJr.の人気グループ Snow Manのメンバー6人(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)が共演する 映画、『ラスト・ホールド!』が本日いよいよ公開となりました。
本作は、東京2020オリンピックの追加競技に決定した 「ボルダリング」(スポーツクライミング)を題材に、超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指す 青春映画です。 この度、公開を記念し、塚田僚一とSnow Man、真壁幸紀監督が登壇し、初日舞台挨拶を実施いたしました。

公開 を記念してキャストが特製樽を鏡開き!その樽の中からはなんと、本作ならではのプロテインが登場し、登壇者による プロテイン乾杯も。さらには本作へ出演もされている楢﨑智亜選手からサプライズコメントも到着し、大盛り上がりのイベ ントとなりました。


『ラスト・ホールド!』初日舞台挨拶
日程:5月12日(土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:塚田僚一(A.B.C-Z)/岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)/真壁幸紀監督

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みで、客席からの温かい拍手の中、塚田僚一さんとSnow Man(岩本照さん、深澤辰哉さん、渡辺翔 太さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん、阿部亮平さん)が客席後方から登場。

はじめに、

塚田さん:今日はお越しいただきありがとうございます。ファンの皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうご ざいます。普段あんまり気持ちを言葉には出さないのですが、主演をやれたことや、こうして皆さんが来てくださっていること が本当に嬉しくて幸せです。

と挨拶。 続く

岩本さん:塚田くんとSnow Man6人でこうして出演できたのは嬉しいで す。短い時間ですが楽しんでいってください。

深澤さん:新井武蔵役を演じた滝沢秀明です。(客席から歓声) Snow Man「ウソつけー!」)いつもこうして、みんなが答えてくれて助けられています(笑)よろしくお願いいたします。

渡辺さん:8時50分からの映画を観てくださっているということで、何時起き?朝からこうして集まってくださって嬉しいで す。ありがとうございます。

宮舘さん:今日からこの作品は、皆さんが育てていく番です。チームラストホールドを全身で 感じて、幸せになって帰ってください

佐久間さん:映画楽しかったでやんすかー?(客席「イェーイ!」)ならよし! よろしくお願いいたします。

阿部さん:今日という日が迎えられたのが嬉しいです。楽しんでいってください。

真壁監督:朝早くからありがとうございます。今日は暑いので、外に出ずに映画館にいていただいて、2回3回と観ていただけた らと思います。

とそれぞれ挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 初日を迎えてどんなお気持ちですか?という質問に対し、

塚田さん:初主演ということもあり、経験させていただくことが 新鮮なことばかりでした。そして先週、櫻井翔くんの主演映画が公開されましたがその時にチケットを150枚に買ってお世話になった方にお渡ししたというのを聞いて、僕も恩返しをしたいなと思い…先輩の櫻井さんよりも、ちょっと少ない148枚 買いました!再来週に僕の先輩・生田斗真くんも映画があるということで、きっと生田くんは149枚買うんじゃないかと 思って、2人よりも少ない148枚です!

とコメントすると、会場は笑いに包まれました。

Snow Man全員での映画出演については、

岩本さん:全員で映画にでるのは2回目だったのですが、本作でノースタ ントで登れたのは、一緒にいろいろな壁にぶつかったりしながら乗り越えてきた6人がいたからこそだったのではないかなと 思っています。一皮むけました。

とコメントしました。

続いて撮影を振り返って楽しかったことについては、

塚田さん:みんなでご飯を食べたことです。撮影に入る前のお祓い 終わりで、築地で食べたラーメンがおいしくて…食事を楽しく食べれたのはSnow Manと一緒だったからだなと思っていま す。

岩本さん:ボウリングのシーン。みんなあのシーンは撮影を忘れて楽しんでいました。

佐久間さん:学食で プロテイン乾杯をするシーンがあるのですが、撮影だと何回も撮りなおして実は7~8杯飲んでいるんです。もうプロテインは いいかなと(笑)

阿部さん:撮影は全部楽しかったです。楽しかったことを思い出すと、どのシーンにも塚田くんがいます。 裏でもそのまま塚ちゃんでいてくれて、明るい気持ちになれたし、僕も頑張ろうと思えました。

と撮影を振り返りながらコメ ント。

映画情報どっとこむ ralph 撮影で頑張ったことについて、

深澤さん:津軽弁を覚えるのが大変でした。ずっと練習していましたね。(塚田さん「本 当にすごいと思う」)…次の人どうぞ。

と照れながらコメント。

宮舘さん:ドラムの練習ですね。あとは劇中でタンクトップ をどう着こなすかですかね。登場シーンもポーズを決めて頑張りました(笑)

渡辺さん:プロテインのことを言おうと思って いたんですけど、佐久間に言われてしまったので…。佐久間が遅刻した日があって、塚ちゃんが佐久間を怒っていたのです が、その横で笑いに堪えるのを頑張りました。俯瞰で見たら、2人とも金髪で、「なんだ、この画は!」って(笑)

と語りまし た。

真壁監督には、キャストの雰囲気を聞くと、

真壁監督:みんな本当に素直で、スタッフにも可愛がられていました。男性のスタッフからも可愛がられていたのはすごいことだと思います。

とコメント。

そしてここで、キャスト・監督にサプライズで、映画にも出演されているスポーツクライミング楢﨑智亜選手からビデオメッセー ジが到着!

メッセージを受けて

塚田さん:メッセージをいただいたこともですが、映画にも出演していただいているので、本当にありがたいです。日本山岳・スポーツクライミング協会の方が後援の作品のため、プレッシャーもあったのですが、楢﨑選手から奮い立たせていただくことが多くありました。2020東京オリンピックの公式種目にも決まったので、またご一緒できるように僕も 頑張ります。

と熱く語りました。

映画情報どっとこむ ralph そしてさらに、公開を記念して「ラスト・ホールド!」特製樽が登場し、キャスト・監督で鏡開きを実施。
鏡を割ると、中には8つのプロテインシェイカーが!

塚田さん:ジムで練習した後、みんなでプロテイン乾杯をしていたんです。それが今日で終わりかと思うと少し寂しい気もしますが、『ラスト・ホールド!』の大ヒットを祈って乾杯!

という掛け声で、本作ならではの゛プロテイン乾杯゛による大ヒット祈願を行いました。

プロテイン乾杯をしてみて、渡辺さんは「お祝いでこうして笑顔で乾杯できるのは素敵なことだと思うので、みなさんも『ラス ト・ホールド!』をみて「映画よかったね、乾杯!」としていただけたらと思います。

とコメントし、舞台挨拶を締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ラスト・ホールド!』

5月12日(土)より絶賛公開中!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp

物語。。
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━ 廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなけれ ばならなかった。必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているもの だから試合でも負け続けである。しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれてい くメンバー。そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。 【ボルダリングとは】 自然の岩場を道具に頼らず自分の技術だけを駆使して登る「フリークライミング」が進化し、競技性より強調された「スポーツクライミング」。この競技 は「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目から成り立つが「ボルダリング」は、技術力、洞察力、戦略性が問われ、いかに正しい動きを見せるか が勝負のカギになることから「身体を使ったチェス」と呼ばれている。ちなみに、日本は2014年から17年の4年連続で世界ランキング1位を獲得した 世界有数のボルダリング強豪国。

***********************************

監督:真壁幸紀(『ボクは坊さん。』)
脚本:川浪ナミヲ、高見健次
音楽:眞鍋昭大(『映画 闇金ウシジマくん』)
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)

出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.) 永野宗典 駒木根隆介/ 勝村政信

配給:松竹
©松竹


伊藤淳史、山本美月ら登壇『ボクは坊さん。』初日舞台挨拶


初日大ヒットに、イッセー尾形ら満面の笑み!
本物のお坊さんに間違えられた伊藤淳史に原作者住職もお墨付きなんです。

映画『ボクは坊さん。』の初日舞台挨拶が行われ、主演の伊藤淳史さんをはじめ、山本美月さん、イッセー尾形さんら出演者と、主人公のモデルで原作者である栄福寺の白川密成住職、真壁幸紀監督、本作の主題歌を書き下ろした吉田山田さんが登壇しました。

ボクは坊さん。初日舞台挨拶
高野山開創 1200 年を記念して製作された本作の“坊さん”ワールドのユーモアや生きるヒント、人と人の繋がりの大切さを感じられる暖かい舞台挨拶となりました。

映画『ボクは坊さん。』の初日舞台挨拶
日時:10月24日(土) 
場所:シネマサンシャイン池袋
登壇者:伊藤淳史、山本美月、イッセー尾形、白川密成(原作者)、吉田山田、真壁幸紀監督

24歳で突然実家のお寺を継ぐことになった、白川密成さん(以降 白川住職)をモデルとした白方光円演じ、初めてお坊さん役に挑戦した撮影からちょうど一年経った今日、公開初日を迎えた気持ちを聞かれると

伊藤さん:今日を迎える事で作品が自分のものから皆様のものになっていくんだなとあらためて感じています。お坊さんは特別な存在だと思っていたけど、お坊さんも普通の人間で、悩みや迷いを抱えていたり普通の日常生活があって、生と死に向かい合っていく素敵な職業だと思いました。皆さんにもそういった魅力を伝えられたら嬉しいです。

と語りました。

ボクは坊さん。4
また今治の撮影での、光円(伊藤)、幼馴染の京子(山本)、真治(溝端淳平)のシーンについて聞かれると、

伊藤さん:愛媛の空気は良かったんですが、3人の空気はいまいち(笑)
山本さん:初日から年齢差なんて感じる事なく和やかな雰囲気で演じる事ができました。
伊藤さん:僕の中では、7歳も離れていて幼馴染という設定をどう乗り越えるかが課題だったんですが、まるで本当に幼馴染かのように、年の差関係なく山本さんも溝端さんも接してきてくれて。むしろ僕に対して全然気を遣う事なく接してくれました(笑)。

檀家の長老役を演じたイッセー尾形さん。
イッセーさん:改めて映画を見て色々と学ぶことがありました。人生というのは青春時代を過ぎてからが長いので、感受性を色々遣って味わい尽くしていってから死んでいこうかな。と思いました。

としみじみと語り、主題歌を書き下ろした吉田山田の

吉田さん:今回の曲は作品を見た後に一週間経ってから自分の心に残った言葉やシーンを歌に込めました。

山田さん:歌う時も背筋がピンと伸びる想いで歌わせてもらった。

また、原作者の白川は伊藤のお坊さん役について聞かれると

白川住職:(実際の栄福寺で撮影したので)お遍路さんが伊藤さんを見て合掌していたり、お葬式のシーンでは僕が死んだと思われていたくらい(笑)。

伊藤さん:お遍路さんには、ほとんどの方に自分だと気付かれず、皆さん僕に手を合わせて帰っていかれて、最初僕は“栄福寺の住職じゃないんだけどな〜”と恐縮していたけど、だんだんお坊さんのような気持ちになりました。

とお坊さんエピソード語りました。

真壁監督:ドラマを創るのも大変だったんですが、ドキュメンタリーの部分もあって、実は伊藤さんが乗って いるカブも白川さんが使っていたものなんです。

伊藤さん:あれ、なかなか馬力がかからないんですよ。

白川さん:あのカブは高野山ナンバーなんですよ。まるで湘南ナンバーのようで思い入れがあるのでなかなか捨てられない、年期の入ったカブです。

と、お坊さんあるあるな熱い想いを語り沸かせました。

最後に

伊藤さん:この映画を見て、生きるヒントや前を向いていくヒントのようなものを感じてもらえたら。生きていく上で何が急に起こるか分からないので、生きることを大切に、大切な方を誘って見て欲しいです。

と、締めくくりました。

『ボクは坊さん。』全国にて絶賛公開中です。
公式HP:bosan.jp
********************************************************************

ボクは坊さん。出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田由紀、イッセー尾形 
監督:真壁幸紀 脚本:平田研也  原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)
主題歌:「Today,Tonight」吉田山田(ポニーキャニオン) 
企画・制作プロダクション:ROBOT 
製作:映画「ボクは坊さん。」製作委員会  
配給:ファントム・フィルム 
(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会  


伊藤、山本、溝端ら登壇!『ボクは坊さん。』完成披露試写会


映画『ボクは坊さん。』の完成披露試写会が9月30日(水)開催され、主演の伊藤淳史はじめ、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形ら出演者と、主人公のモデルで原作者である栄福寺の白川密成住職、真壁幸紀監督による舞台挨拶となりました。

さらにサプライズゲストで主題歌を歌う吉田山田が「Today,Tonight」のフルバージョンを初お披露目しました。

ボクは坊さん完成披露試写会ph 日時:9月30日(水) 
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
イベント登壇者:
伊藤淳史、山本美月、
溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形
白川密成(原作者)、真壁幸紀監督

ゲスト:吉田山田

ボクは坊さん完成披露試写会
伊藤さん:お忙しい中ありがとうございます。お坊さんは特別な存在だと思っていたけど、お坊さんも普通の人間で普通の日常生活があって、そこに魅力が詰まっていると感じました。
ボクは坊さん完成披露試写会_伊藤淳史
山本さん:生と死を見つめていますが、私はどちらも経験したことがなかったのでとても難しかったのですが、大人真面目な?お二人に助けられて演じられました。映画の中で白無垢を着ていますが、ウェディングドレス派だった私もお寺での結婚式を挙げるという神聖で結婚の誓いを感じられて。白無垢もいいなと思いました。
ボクは坊さん完成披露試写会_山本美月
溝端さん:今治で撮影させていただいて、その場の温かい空気感の画を撮影となりました。
ボクは坊さん完成披露試写会_溝端淳平
白川和尚:この映画の舞台に僕は住んでいます。その優しい自然抱かれたお寺で、こういう営みが残っているのだなと言うのが伝えられたらと思います。仏教の面白いPOPな部分を描きながら人間の生き死にを丁寧に描いていただいてます。
ボクは坊さん完成披露試写会_白川密成
真壁監督:本当に恵まれたキャストとスタッフに恵まれたなと改めて感じます。世界遺産の高野山での撮影は感慨深くて。高野山に傷が付かないようにと言うプレッシャーも感じながら行いました。
ボクは坊さん完成披露試写会_真壁幸紀監督
伊藤さん演じる光円の高野山大学同級生のお坊さんを演じた濱田さん。

濱田さん:ボクは撮影が数日しかなかったんですが、チョロっとやって来てはお坊さん体験をし、チョロっとやって来ては今治で美味しいみかんを食べ、いいとこどりさせてもらいました。

と話して会場を笑わせると、坊さん修行シーンで、

伊藤さん:高野山の護摩行のシーン、すっごく熱くてビックリしたよね。
濱田さん:キャンプファイヤーとはわけが違う!修行な感じしましたね。
伊藤さん:撮影の苦労ほどは使われていませんが・・・注目してください。
ボクは坊さん完成披露試写会_伊藤x濱田2
伊藤の幼なじみ“真治”を演じる溝端は、生まれ故郷が高野山のふもとだそうで、

溝端さん:伊藤さん何にもない田舎とか言ったよね〜。
伊藤さん:言ってない言ってない!

山本さん:溝端さんは私が表紙をやってる雑誌を目立つところに置いて、「ここに本人いますよー」とか言うんですよ。

と本屋のシーンでのいたずらエピソードを披露。

IMG_5389
劇中では伊藤、山本、溝端が幼なじみの設定。でも実際には伊藤さん31歳、溝端さん26歳、山本さん24歳。

伊藤さん:美月ちゃんとは7歳も差があるんですよ!最初設定を聞いた時は“俺、大丈夫か?”って。でも、年齢差があっても上手くいったのは、そんなことを感じさせないくらい僕に対する遠慮もなくツッコミを入れてくれた2人のおかげですね(笑)。

年の差がありながら演じた“同級生&幼なじみの仲の良さ”が伝わってくる掛け合い。

ボクは坊さん完成披露試写会3 伊藤さんの母親役を演じたベテラン松田美由紀は撮影時を振り返り、

松田さん:お遍路さんたちが来た時に、ザワザワと撮影してて嫌な気持ちになってほしくなかったので、お遍路さんみんなと話して、私の周りに人だかりができたりしていました。

と撮影の裏話を披露。また檀家の長老役を演じたイッセー尾形さんが、

ボクは坊さん完成披露試写会_イッセー尾形
イッセーさん:撮影が進むにつれて、伊藤さんがどんどん本当のお坊さんのようになっていっていくんですよ。

伊藤さん:イッセーさんが、僕の立っている背中を見て“本当のお坊さんのようになったね”と言ってくださったのが、今まで人生で褒められた中で三本の指に入るくらい嬉しかったです。

舞台挨拶の最後には、吉田山田が主題歌「Today,Tonight」のフルバージョンを初お披露目しました。
ボクは坊さん完成披露試写会吉田山田
高野山開創1200年という記念イヤーにあたる今年、お坊さんを題材にした映画で温かい気持ちを。

ボクは坊さん。 』

公式HP:bosan.jp

********************************************************************

ボクは坊さん。ポスター出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形 
監督:真壁幸紀 
脚本:平田研也  
原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)
主題歌:「Today,Tonight」吉田山田(ポニーキャニオン) 
企画・制作プロダクション:ROBOT 
製作:映画「ボクは坊さん。」製作委員会  
配給:ファントム・フィルム 
(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会
   


映画『ボクは坊さん。』シルクロード国際映画祭へ!


24歳で突然、住職になった白方光円(伊藤淳史)が、想像以上に奥深い“坊さんワールド”に足を踏み入れ、失敗しながらも成長していく姿を描いた映画『ボクは坊さん。』。

ボクは坊さん。 この度、10月24日の公開を前に、9月22日より中国・福州で開催される第2回シルクロード国際映画祭の特別招待作品としてGALAプレミア上映されることが決定しました。

シルクロード国際映画祭は、中国が北京・上海に次ぐ映画祭に育てるべく、昨年より始まった、中国電影電視局の重点プロジェクトになっている注目の映画祭で、ジャッキー・チェンが広報大使、そして今回はチェン・カイコー監督(「さらば、わが愛」「北京バイオリン」)が審査委員長を務めています。

今回『ボクは坊さん。』は、日本映画としては初めて特別招待のGALAプレミア上映。シルクロードを通って日本に伝来してきた仏教が日本に定着し、現代日本人の心に響く映画になった『ボクは坊さん。』が、中国に逆ルートで上陸となります。

ボクは坊さん。ポスターそして、この度解禁された新ビジュアルでは、主演・伊藤淳史が美麗な横顔を披露。
これまで使用されていたビジュアルでは、お坊さんの“後ろ頭”だけだったので、「この坊主頭は一体誰?」という問合せもあり、この美麗な坊主姿は話題を呼びそう。映画の原作者でモデルの僧侶・白川密成さんが「本物のお坊さんのような佇まい!」と太鼓判を押した伊藤淳史の坊主姿、シルクロードを旅した「西遊記」の三蔵法師にも劣らない、見るだけでご利益のありそうな美しい頭の形も、ぜひ映画祭で海外の観客に見てもらいたいものです。

現地には真壁幸紀監督、安藤親広プロデューサーが参加予定。


<真壁幸紀監督コメント>
遣唐使として唐に渡り修行をした空海と中国・シルクロードの関係はとても深いと言われています。

そんなシルクロードの冠が付いた映画祭で上映出来る事が大変光栄です。

また今回が第二回目という新しい映画祭に、初めての長編監督作品が上映されるという事も、とても感慨深く、映画祭と共に私も成長していけたらと思っています。

『ボクは坊さん。』
公式HP:bosan.jp

10月24日(土)より、全国ロードショー
10月17日(土)より、四国エリア先行ロードショー

ボクは坊さん。
********************************************************************


出演:伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形 
監督:真壁幸紀 
脚本:平田研也  
原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)
主題歌:「Today,Tonight」吉田山田(ポニーキャニオン) 
企画・制作プロダクション:ROBOT 
製作:映画「ボクは坊さん。」製作委員会  
配給:ファントム・フィルム 
(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会