「眞栄田郷敦」タグアーカイブ

『午前0時、キスしに来てよ』岡崎紗絵の出演決定! 橋本環奈との制服オフショットも解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「別冊フレンド」(講談社)にて大人気連載中、単行本(電子書籍含む)は累計260万部を突破!映像化オファーが殺到した、みきもと凜の同名少女まんが「午前0時、キスしに来てよ」が実写映画化、12月に全国公開を迎えます。

芸能人と一般JKの誰にも言えない秘密の恋を描く本作。国民的スター・綾瀬楓(あやせ・かえで)を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル、片寄涼太。普通の女子高生・日奈々(ひなな)役には、ティーン女子から絶大な支持を得る橋本環奈。住む世界がまったく違う二人の運命的な出会いからはじまる“シンデレラストーリー”にワクワク、ドキドキ、ハラハラ、一緒に泣いて、笑って、みんなで大盛り上がりできる“アトラクションムービー”がこの冬、誕生します!

女優・岡崎紗絵が日奈々(橋本環奈)の親友・るんちゃんこと磯山光(いそやま・ひかる)に決定!!
橋本環奈演じる日奈々が「るんちゃん」と呼ぶ親友・磯山光(いそやま・ひかる)役は、「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)や「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系)と2クール連続で話題のドラマに出演し、ブレイク寸前の女優の岡崎紗絵に決定!「パーフェクトワールド」では松坂桃李演じる車いす生活を送る主人公を支えるヒロイン (山本美月)の妹役で、姉の決断を優しく、時に厳しく見守り、その演技で好評を博しましたが、本作でも国民的スターである綾瀬楓(片寄涼太)と恋に落ちる親友・日奈々をあたたかく見守る役どころに。「日奈々や、あーちゃんに『いい恋愛しなよ』って言ったり、背中を押すような役どころだったので、二人をつなぐ良いポジションになったかと思います。あと、監督からはあーちゃんの肩を結構大きめに叩いてと言われて(ツッコミを入れるという意味で)あーちゃんの右肩をよくひっぱたいていました(笑)」と岡崎がコメントする通り、光は思い切りがよく、さっぱりしていて面倒見がよいキャラ。日奈々と楓の恋を見守るかたわら、眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)演じる「あーちゃん」こと浜辺彰(はまべ・あきら)が幼なじみの日奈々を想い続けている気持ちも知っている人物。日奈々と彰、それぞれの気持ちを尊重し、声をかける友達想いの一面を持っています。

そしてこの度、日奈々(橋本)とるんちゃん(岡崎)の制服オフショットを解禁!
放課後の一枚を切り取ったようなオフショットからは、岡崎が「(撮影は)本当にあっという間で、毎日楽しかったので一瞬でした」とコメントする通り、仲睦まじい2人の様子が伺えます。国民的スターと恋する日奈々のそばで、時に励まし、支えあう、るんちゃんと日奈々の楽しい掛け合いにもご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 『午前0時、キスしに来てよ』

2019年12月、全国公開!


物語・・・

優等生の花澤日奈々(はなざわ・ひなな/橋本環奈)は、超・まじめ人間として、一目おかれる存在。

しかし、本当はおとぎ話のような、王子様との恋愛にあこがれている夢見がちな女子高生だった。

ある日、国民的人気スター・綾瀬楓(あやせ・かえで/片寄涼太)が、映画の撮影で日奈々の通う高校にやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、彼がJKのお尻ばかりを眺めているところを目撃!そう、彼は “おしり星人“だったのです!驚きながらも、楓の飾らない素顔と優しさに惹かれていく日奈々。

一方、楓も、裏表のない日奈々の実直さに次第に惹かれるように・・・。

芸能人と一般人の隠れた恋、それは絶対に誰にも知られてはいけない秘密‼住む世界が全く違う二人には、思いもよらぬ障害が次から次に押し寄せて…。そして、ひそかに日奈々を想い続けてきた幼馴染の浜辺彰(はまべ・あきら/眞栄田郷敦)が、楓に宣戦布告。はたして彼らの恋の行方はいかに?!

***********************************

原作: みきもと凜『午前0時、キスしに来てよ』(講談社「別冊フレンド」連載)

出演:片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE   橋本環奈 眞栄田郷敦  
※片寄さんと橋本さんのW主演となります。   

監督:新城毅彦
脚本:大北はるか 
配給:松竹
制作スケジュール:2019年4月19日クランクイン、6月3日クランクアップ
公開:2019年12月、全国公開
(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会


片寄涼太x八木アリサ2ショット!橋本環奈の最大の恋のライバルは美人女優!? 『午前0時、キスしに来てよ』


映画情報どっとこむ ralph 「午前0時、キスしに来てよ」が実写映画化、12月に全国公開を迎えます。

芸能人と一般JKの誰にも言えない秘密の恋を描く本作。国民的スター・綾瀬楓(あやせ・かえで)を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル、片寄涼太。普通の女子高生・日奈々(ひなな)役には、ティーン女子から絶大な支持を得る橋本環奈。住む世界がまったく違う二人の運命的な出会いからはじまる“シンデレラストーリー”にワクワク、ドキドキ、ハラハラ、一緒に泣いて、笑って、みんなで大盛り上がりできる“アトラクションムービー”がこの冬、誕生します!


橋本環奈演じる一般JK・日奈々に恋のライバル現る!美人女優・内田柊(うちだ・しゅう)役に八木アリサが決定!!

橋本環奈演じる日奈々の恋のライバルとして登場する内田柊(うちだ・しゅう)役は、雑誌「ViVi」の専属モデルをはじめ、最近は女優としても活躍の場を広げる八木アリサに決定しました!国民的スター・綾瀬楓の元カノで、自身も売れっ子の美人女優というカリスマ的な存在である柊。別れたあとも密かに楓のことを想い続け、日奈々の前に立ちはだかります。

<内田柊役・八木アリサ コメント>
柊は、日奈々の恋敵という役どころですが、実はまっすぐな想いをもった優しい女の子です。そんな柊を丁寧に演じられるように役と向き合いました。初めて京都弁にも挑戦しています!!女の子の憧れがたくさん詰まっているまぶしい物語になっていまので、ぜひ劇場できゅんきゅんしてください。

公式Instagramのフォロワーは51万人を超え、同世代の女性からカリスマ的存在として絶大な信頼を誇る八木アリサが、「最大の恋敵」である柊をどのように演じるのか、早くも期待が高まります!


そして、元恋人同士の楓と柊が夜のバーで見つめ合う2ショット写真も初解禁!
一般JKである日奈々の可愛らしい雰囲気とは正反対の、クールで大人な柊の魅力が垣間見える写真となっており、元恋人同士の二人のただならぬ雰囲気に日奈々も大ピンチ!?果たして、日奈々の恋のライバルである彼女は、一体どのような波乱をもたらすのでしょうか!?

映画情報どっとこむ ralph 『午前0時、キスしに来てよ』


物語・・・

優等生の花澤日奈々(はなざわ・ひなな/橋本環奈)は、超・まじめ人間として、一目おかれる存在。

しかし、本当はおとぎ話のような、王子様との恋愛にあこがれている夢見がちな女子高生だった。

ある日、国民的人気スター・綾瀬楓(あやせ・かえで/片寄涼太)が、映画の撮影で日奈々の通う高校にやってきた。エキストラとして参加することになった日奈々は、彼がJKのお尻ばかりを眺めているところを目撃!そう、彼は “おしり星人“だったのです!驚きながらも、楓の飾らない素顔と優しさに惹かれていく日奈々。

一方、楓も、裏表のない日奈々の実直さに次第に惹かれるように・・・。

芸能人と一般人の隠れた恋、それは絶対に誰にも知られてはいけない秘密‼住む世界が全く違う二人には、思いもよらぬ障害が次から次に押し寄せて…。そして、ひそかに日奈々を想い続けてきた幼馴染の浜辺彰(はまべ・あきら/眞栄田郷敦)が、楓に宣戦布告。はたして彼らの恋の行方はいかに?!

***********************************


原作: みきもと凜『午前0時、キスしに来てよ』(講談社「別冊フレンド」連載)
※ 原作者・みきもと先生のお名前は旧字の「凜」となります(新字「凛」ではありませんのでご注意ください)
出演: 片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE   橋本環奈 眞栄田郷敦  
※片寄さんと橋本さんのW主演となります。   

監督:新城毅彦
脚本:大北はるか 
配給:松竹
制作スケジュール:2019年4月19日クランクイン、6月3日クランクアップ
公開:2019年12月、全国公開
(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会


佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、橋本光二郎監督登壇!『小さな恋のうた』大ヒット記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。平成で最も歌われた男性アーティストによるカラオケランキング1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれているこの名曲から生まれた映画『小さな恋のうた』が遂に5月24日(金)より全国公開しました!

そしてこの度、大ヒットを記念して、本作のメインキャストである佐野勇斗さん、森永悠希さん、山田杏奈さん、眞栄田郷敦さんに加え、橋本光二郎監督が登壇して舞台挨拶を行いました。


日付:6月1日(土)
会場:新宿バルト9
登壇:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、橋本光二郎監督

映画情報どっとこむ ralph 長らく本作のプロモーション活動にて自ら本作の“宣伝部長”だと名乗っていた森永さん。

今回の舞台挨拶のMCという大役を引き受けることに!

森永さん:拙いながらも、頑張って楽しい会となるよう、しっかりと盛りあげていきます!!
と初めてのMCとは思えないほどの堂々とした挨拶でイベントをスタート。

MC森永に呼び込まれ、笑顔で登壇したキャストと監督。

佐野さん:うちのもりりん(森永)がMCということで、どんどん深い話もできればと思っております!
と森永さんに対する信頼の大きさをのぞかせ

山田さん:(森永の)MCさすがですね!

とその“MCっぷり”に感嘆の声をあげると、森永さん照れ笑い。橋本監督は、本作が鑑賞した人たちの口コミによって徐々に広がりを見せていることに触れ、

橋本監督:皆さんの愛に支えられて、作品がすくすくと育ってくれていて嬉しいです。
と喜びの表情を浮かべた。

映画情報どっとこむ ralph 今回、お互いの“ここがすごい!”と思うところを発表する企画を実施し、

MC森永:ここが凄いよ、ちい恋メンバー!

とコーナータイトルを発表すると、そのバラエティのベテラン司会者さながらの微塵の迷いも感じられない声量と進行っぷりに会場も共演者も大爆笑し、その多彩っぷりを見せつけた。橋本監督からは主演の佐野さんに対して、

橋本監督:アドリブの時に出てきた何気ないセリフが実は作品の最後の方には伏線として生きてくる。あれは狙ってやっているの?

と聞かれると 

佐野さん:もちろんです!・・・嘘です(笑)全然考えていなかった。

と佐野さんの口から自然に出てきた言葉ということが分かると、橋本監督は尚更感心し、そのアドリブ力の高さを評価した。そんな佐野さんは山田さんに対して

佐野さん:感性が独特で、18歳という年齢に見合わないほど、言葉に重みがある。

と話すと、他のキャスト・監督からも納得の声が。山田さんがバンド練習の一環として作詞をして曲を作る課題を実施した際に、山田さんが書いた歌詞が当時17歳とは思えないほど“円熟”していたというエピソードも披露され、

MC森永:まだまだ隠し持った才能がある!

と山田の未知数なポテンシャルを語った。

山田さんは眞栄田さんに対し
山田さん:すごくストイック。それに周りの事も良くみてる

と兄を尊敬している妹という役柄さながらに、眞栄田さんに対して尊敬の意を表した。それに対し眞栄田さんは照れた表情を浮かべながらも

眞栄田さん:ありがとうございまぁ~す!
とおちゃらけた返事をすると、会場から笑いが。実は舞台裏で「今回は頑張ってはじけてみる」と意気込み、新しいキャラクターづくりに挑戦していた眞栄田さん。そのことをMC森永が暴露し、さらに笑いを誘った。MC森永が自身のすごいところを共演者に尋ねると、

佐野さん:笑顔が大好き。あとは、走り方が大好き!

と本作中でMC森永が見せた走りをモノマネしてみせ、大いに会場を盛り上げた。

映画情報どっとこむ ralph つづいて「答え合わせゲーム」と称して「映画『小さな恋のうた』を一言で表すと?」というお題のもと、各人がフリップに思い思いに記入。

一斉にお互いの答え合わせをすると、

MC森永は「エモい」、眞栄田さんは「青春」、佐野さんは「想い」、山田さんは「音楽の力」、橋本監督は「友情/壁」と回答した。

各々、この言葉を選んだ理由を熱く語ったのち、

橋本監督:この映画の中で“想い”を含めて言葉の壁や国の壁、世代に壁や親子の壁など、様々な壁を音楽の力で越えていく作品になっていると思います。

とキャストが表した言葉を包括して本作につまった魅力を存分に語った。


最後に

佐野さん:届けたい気持ちがたくさん詰まった作品となっています。年齢関係なく、いろんなことを誰しもが感じ取ってもらえる作品になっていますので、日本中の皆さんに届けばいいと思っています。

と本作に対する想いを熱く語り、大盛況のままイベントは幕を閉じた。


小さな恋のうた

大ヒット公開中!

小さな恋のうたポスター
***********************************


出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他

配給:東映
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)

脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17)
Inspired by the songs of MONGOL800


トレーナーからの手紙に佐野勇斗、山田杏奈、眞栄田郷敦ら涙涙『小さな恋のうた』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph MONGOL800が2001年にリリースしたアルバムに収録された楽曲「小さな恋のうた」。

世代や性別を問わず今なお歌い継がれているこの名曲から生まれた同名の映画『小さな恋のうた』がいよいよ今週、5月24日(金)より全国公開します。

5月22日(水)にメジャーデビューが決まっている、本作のメインキャストである佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁による「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)。

撮影前から半年以上のトレーニングを経て撮影に挑み、1カ月半のオール沖縄ロケ、そして宣伝期間中のバンド活動など、長きにわたって濃密な時間を共に過ごしたキャストたち、ついに公開を迎えた心境を語り。さらには、本家MONGOL800のサポートメンバーでもあり、ちい恋バンドの楽器や歌唱のトレーナーも務めた、宮内陽輔(ヨ―スケ@home)から、ここまで頑張った彼らへサプライズで手紙に、感涙の佐野勇斗さん、山田さん、眞栄田さんでした。
日程: 5月25日(土)
場所: 新宿バルト9
登壇: 佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコ・クレア、橋本光二郎監督

映画情報どっとこむ ralph 佐野さん:はい!みなさん!こんにちは!ついに昨日公開を迎えたと言うことで。心待ちにしていたので嬉しい気持ちでいっぱいです!

森永さん:数ある映画の中でこの映画を選んで頂きましてありがとうございます!嬉しいですがちょっと寂しい気持ちもあります。成長して欲しい。荒波に向かう子供のようです頑張れよ!と。

山田さん:昨日公開。1年前から楽器練習が始まって。1年経って、皆さんにお届け出来る事、感慨深いです。私にとって初めての沖縄。初めてのギターにバンド。始めてばかりでした。それが大切な作品になって、そして、皆さんの大切な作品になればいいなと思います。

眞栄田さん:僕の人生を変えてくれた作品です。大きな目標と夢をいただきました。感謝しています。

鈴木さん:1年前から練習始まって。この作品に携われて音楽が好きになりました。皆で作り上げたものが、皆さんのところにとどけと思っています。

トミコさん:ミナサンとイッショニ。。楽しむことが出来て、本当に幸せです!

橋本監督:空母や髪の長いお姉さんだったりがある中で、この映画を選んでいただき本当にうれしく思っています。大きく成長するのを、皆さんにお手伝いいただけたら嬉しいです。
映画情報どっとこむ ralph 今回メジャーデビューも果たした「ちい恋バンド」。楽器が初めてのメンバーもいたところからの出発。
佐野さん:僕はベース。1年前の5月に初めて。楽器を触ったことが中たので、マー難しくて。MONGOL800”清作さんが使っていたベースをいただいて、頑張りました!(悔しかったことは)森永君に怒られたことですね。劇中でも怒られてますが、実際にも勇斗!って怒られてました!
森永さん:僕は唯一経験者だったので、プレッシャーで。一番難しいかったのはBPMの管理。ずっとメトロノームを聞いて克服しました。地獄でした。

山田さん:私も。初めて新しいことを始めるのは大変ですが、みんなと一緒だったので、続けられました!眞栄田さんと同じギターだったので、負けないように頑張りました!
眞栄田さん:僕も一緒。上手いキャラだったので、誰よりもうまくならなきゃと。杏ちゃんに負けないように練習しました!苦労したのは歌ですね。

鈴木さん:一番うまい役なのに、苦手意識があって。苦労して。みんなに合わせることで成長できたかなと。

トミコさん:みんなはすごいと思います。歌を聞いて、ハッピーになりました!ファンです!大好きですよ!
橋本監督:楽器を渡されるとことを見ていたので、佐野君は最初から弾けないのに弾けてる顔をしてましたね!

佐野さん:顔でね。

橋本監督:現場で、うまくなっていく、彼らをとらえられたかなと思っています。

映画情報どっとこむ ralph ちい恋バンドの楽器や歌唱のトレーナーも務めた、宮内陽輔(ヨ―スケ@home)から手紙に涙。

佐野さん:本当にヨースケさんは・・・・大きな存在で。。。。凄い。。。頑張ろうと思えたし。。ぶつかったこともあったし。
森永さん:メンバーにとって大きな存在でした。講師の方達がいなければこういう形になれなかったと思います。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

佐野さん:ちょっとね。僕らの思いと沖縄の方、スタッフの思いがたくさん詰まった映画です。ぜひ多くの方に愛される映画になればと思います。
橋本監督:小さな恋のうたの中に、「優しいいうたは世界を変える」とあります、そういうことがあるのではないかと思います。音楽は世界を変えてくれると思ってこの映画を創りました。映画にもそういったことがあると思います。僕らの祈りや思いが、沖縄の人や東京はじめ日本中。そして世界中の人に届けばいいなと思っています!

小さな恋のうたポスター
映画情報どっとこむ ralph 小さな恋のうたバンドが5月31日(金)放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(毎週金20:00-20:54)に出演することが決まりました!

“小さな恋のうたバンドfeat. MONGOL800”として、MONGOL800のベースボーカル・上江洲清作とドラム・髙里悟がバンドに特別参加し、一夜限りのスペシャルセッションとなります!
***********************************


【Credit】
出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他

配給:東映
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)

脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17)
Inspired by the songs of MONGOL800


「小さな恋のうたバンド」佐野勇斗・森永悠希・山田杏奈・眞栄田郷敦・鈴木仁 新宿でライブ!


映画情報どっとこむ ralph 映画『小さな恋のうた』が遂に明日5月24日(金)より全国公開となります。
幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ時間をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、二つの国と共に生きる若者たちの“生きた青春”を描きます!

そして、この度、本作から生まれた、メインキャストからなる“小さな恋のうたバンド”が、映画公開の前日に新宿・歌舞伎町の街頭にてフリーライブ&トークイベントを敢行。“公開前夜祭”と称し、その集大成として最高のライブパフォーマンスを披露した!「小さな恋のうた」「あなたに」を熱唱し、集まった約1500名(主催者発表)を熱狂させました。
日程: 5月23日(木)
会場:新宿 歌舞伎町シネシティ広場
登壇:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁

映画情報どっとこむ ralph 本作のロケ地・沖縄で4月に開催されたプレミアイベントにて、楽曲の生みの親・MONGOL800後押しを受けて、鮮烈メジャーデビューが決まった本作のメインキャストである佐野勇斗さん、森永悠希さん、山田杏奈さん、眞栄田郷敦さん、鈴木仁さんによる「小さな恋のうたバンド」(通称:ちい恋バンド)。

「はいさい FESTA2019」や「AGESTOCK」といったイベントで精力的にライブ活動を行い、楽曲「小さな恋のうた」は先行配信後早々にLINE MUSICリアルタイムランキングで1位を獲得。さらには、ニッポン放送の「優秀新人」にも選ばれるなどCDデビュー前からすでに話題沸騰。そして昨日5月22日にCDがリリースされ、さらに台湾最大の音楽配信サービスKKBOXのJ-POPチャートで連日1位の記録を受けて、台湾でもCDデビューすることも発表されました!(5月31日発売)

Q.一言挨拶

佐野さん:遂に明日、映画「小さな恋のうた」公開ということで心待ちにしていました。前夜祭を盛り上げていきたいと思っています!今日は楽しんでいってください!よろしくお願いします!

森永さん:朝4時から並ばれていた方もいらっしゃるみたいで、本当にありがとうございます、という気持ちでいっぱいです。前夜祭に相応しい盛り上がりになっていると思います。

山田さん:こんなにたくさんの方がいらっしゃると思っていなくてビックリしています。明日から公開ということで、「小さな恋のうた」の魅力をたくさん届けたいと思います!

眞栄田さん:今日はありがとうございます。よろしくお願いします!映画に向けて全力で練習していた事を見て頂きたいと思います!

鈴木さん:こうやってみなさんの前に立てることが本当に嬉しいです。明日から公開されますが、今日も楽しんでいければと思います!


Q. 1年間に渡り全力をかけた映画がついに明日公開となりますね。半年に及ぶバンド練習、そして撮影、宣伝期間を経て1年間走り続けた今、どのような「想い」を伝えたいですか?一年前の自分と比べて成長した部分など感じているものがあれば教えてください?

佐野さん:本当に去年の5月に初めてメンバーと会って、バンド練習をはじめました。モリリン(森永)はドラムをやっていたんですが、他のメンバーは初めての楽器に挑戦することになり、これはやばいんじゃないか?映画できるのかな?というところから始まりまして…半年間の練習ってなかなかないんですが、毎週のように集まって本当のバンドのような関係性を築き上げました。映画の中にもその関係性が現れていると思います。

森永さん:頭の片隅にはバンドメンバーがいるというような一年間でした。撮影を通して、この人たちのことを守らなきゃ!という一種の母性に似たような感情が4人のメンバーを見ていたら出てきて見守らせて頂きました。僕も年長者として進んで現場作りをしないといけない立場になってきたんだと自覚させていただいたと共に、成長させていただいたと感じています。

山田さん:この5人のバンド感みたいなものは成長したんじゃないかなと思います。普段お芝居をやっているんですが、私がバンドのメンバーの役をやるとなったときに何ができるかと思ったときに、想いを届ける演奏をしたいとずっと思っていました。それをこの5人と一緒に作り上げられたと思いますし、バンド内の絆がどんどん成長していったと思いますし、劇中でもこのバンド応援したいなと思えるような演奏になっていると思います。

眞栄田さん:この作品が(俳優として)初めてなんですが、なぜ役者をやっているのかというと、このスタッフ、キャストと出会えたのが大きいと思っています。ゼロからのスタートで成長しかなかったと思っています。いろんなことを学ばせていただいた作品です。いろんな人の熱い想いがこもった作品になっていますので、ぜひ見て欲しいなと思います!

鈴木仁さん:小さい頃から音楽に対して苦手意識があって、この世界に入って音楽だけはやらないなと思っていたんですが、この作品に出会えて自分がベースを弾く事になって一から音楽を好きになれた作品でした。この作品に出会えたことで自分も変われたと思っています。

Q.代表して最後の挨拶/演奏前に一言

佐野さん:今、全員の想いを聞いてもらったと思うんですが、なんと言おうと、明日公開です!
スタッフの皆さん、沖縄の皆さんの想いを届けたいと思います!皆さん、お楽しみに!!

映画情報どっとこむ ralph 〈セットリスト〉
1.小さな恋のうた
2.あなたに


***********************************


【Credit】
出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア/世良公則 他
配給:東映
監督:橋本光二郎 『orange-オレンジ-』(15)、『羊と鋼の森』(18)、『雪の華』(19)
脚本:平田研也 『つみきのいえ』(08)、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(17)
Inspired by the songs of MONGOL800