「眞島秀和」タグアーカイブ

『劇場版 おっさんずラブ(仮)』映画化決定 田中圭からのコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』。2018年4月クール(テレビ朝日系列/土曜23時枠・全7話)で放送されるや“はるたん”こと春田創一を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様に笑いながらも、あまりのピュアな愛に心を打たれる視聴者が続出、SNSを中心に話題沸騰となりました。

最終話放送終了後は“おっさんずロス”の声が相次ぎ、DVD&Blu-rayの予約数もテレビ朝日史上最高の予約数となり、「新語・流行語大賞2018年」にノミネートされるなど社会現象となっております。そして、待望の「おっさんずラブ」の続編が映画化されることが決定しました!!

映画情報どっとこむ ralph ドラマ版の物語は、結婚願望はあるが全くモテず、実家暮らしの33歳のポンコツサラリーマン・春田創一(田中圭)が、ある日突然、直属の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とエリート後輩・牧凌太(林遣都)から同じタイミングで壁ドン告白をされる。初めは混乱し受け入れられない春田だったが、二人の真っ直ぐな想いに心動かされ、少しずつ真剣に向き合い始める。しかし、春田には幼馴染の女子・ちず(内田理央)という気になる存在がおり、黒澤にもまた妻・蝶子(大塚寧々)が、更には春田と同じ部署の主任である武川(眞島秀和)が牧の元彼だという衝撃的事実まで判明。それぞれのハードルを乗り越え、三角関係は加速していく。妻を捨てるほどに自分を愛してくれる黒澤。自分との恋は春田に迷惑をかけるからと身を引いてしまう牧。悩みの果てに、黒澤との結婚式を飛び出し、牧にプロポーズをして結ばれるという感動のエンディングを迎えました。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 おっさんずラブ(仮)』では・・・

キャストはドラマ版と同じメンバーが全員続投!
田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人やお馴染みのレギュラー陣に加え、超豪華ゲスト俳優の出演も予定!?ドラマ版のその後のストーリーを描きます。HappyHappyWeddingを迎えたはずの男たちに恋の嵐がまたもや吹き荒れる!?そこに新たなおっさんも参戦なのか・・・・!?“平成最後の純愛ドラマ”が、スクリーンでも熱い恋の火花を散らす!!

笑って泣ける、常識を超えた、おっさん同士のピュアラブストーリーは、またも日本中の話題をさらうこと間違いないでしょう!

映画情報どっとこむ ralph 田中圭(春田創一役)さんからのコメント

お会いする人お会いする人に、続編の話を振られては、ずっと「ないです!」と答えていたのですが、すみません。「ありました!!」(笑)ドラマと同じキャスト、スタッフでもう一度『おっさんずラブ』の世界を作れるというのは楽しみですし、みんなで最高のゴールを狙えるのではと思っています。個人的希望ですが、映画版ではおっさんずチームみんなでアクションをしたり、牧が凄い戦闘のプロだったりと「アクションラブ」にしたいなと思います!…多分却下されて、そういう話ではないと思いますが(笑)。ドラマの最後は、春田が上海に行くという設定だったので、海外ロケもしたいです!!でも、スタッフからちょっと予算が、、、と既に難色を示されているので、こちらも却下されてしまうかもしれません(笑)
「映画化」となると興行という指標があるので、正直数字も少し気にしてしまいます。ただ、作品が自分たちの手を離れてめちゃくちゃ大きくなって帰ってきた、という良い意味でのプレッシャーを僕ら全員が持っているので、チームみんなで心を1つに、最高の結果を狙ってやろう、とも思っています。連続ドラマの時も「7話で完結」と思ってやってきたので、今回の映画も「これが完結編だ」という気合で臨んで、いい作品にしたいと思います!!
映画情報どっとこむ ralph また、映画化決定記念の全話一挙放送『おっさんずラブ 映画化決定記念に、新春イッキ見SPだお』【1/2(水)6:55~13:00放送】も決定し、平成が終わっても“OLブーム”は終わるどころか益々ブームUPします!!

『劇場版 おっさんずラブ(仮)』は来年2019年夏全国東宝系にてロードショー予定です!!


***********************************

監督:瑠東東一郎(TVドラマ版監督)
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎ほか
撮影時期:2019年3月~5月(予定) 関東近郊ほか
公開時期:2019年夏予定
製作:テレビ朝日ほか
配給:東宝
配給協力:アスミック・エース
©テレビ朝日


映画『赤い雪 RedSnow』予告編初解禁! イモトアヤコら追加キャスト発表!!


映画情報どっとこむ ralph 公開日が2019年2月1日(金)にテアトル新宿ほか全国順次公開となる映画『赤い雪 RedSnow』。

W 主演の永瀬正敏さんと菜 葉 菜さんに加え、井浦新さん、夏川結衣さん、佐藤浩市さん と日本邦画界の名立たる俳優陣が集結した本作品。

さらに、追加キャストが吉澤健さん、坂本長利さん、眞島秀和さん、紺野千春さん、イモトアヤコさん、好井まさおさんの出演が発表に!


元刑事 上原役 吉澤健

木地師 常山役 坂本長利

失踪した少年の父親、白川博史役 眞島秀和
[写真無し]

失踪した少年の母親、白川恵美子役 紺野千春
江藤小百合が働く旅館で働く従業員役 イモトアヤコ
江藤小百合が働く旅館で働くアルバイト 昌男役 好井まさお


更に完成したばかりの予告編が初解禁となりました!

本予告は、「30年前、何が起きたのだろうー」の文言から始まります。
不気味な音楽ととも に息をきらして降りしきる雪の中走る少年。立ち止まった少年の前に現われるアパート。
少年失踪事件から30年後、少年を見失った兄・白川一希(永瀬正敏)と、容疑者と疑われた女の一人娘・江頭小百合(菜 葉 菜) が対峙する時、何が起こるのか。全ての登場人物が見逃せない、息を飲む来冬必見の作品です!!

映画情報どっとこむ ralph 「あの雪の日、記憶からも現実からも弟は消えた————」


映画『赤い雪 Red Snow』

物語・・・
ある雪の日、一人の少年が忽然と姿を消した。
少年を見失った兄・白川一希(永瀬正敏)は、自分のせいで弟を見失ったと思いこみ、心に深い傷を負う。少年誘拐の容疑者と疑われた女の周りでは次々と怪しい殺人事件が起こるが、真実は闇へと落ちていった。30年後。
事件の真相を追う記者・木立省吾(井浦新)が容疑者と疑われた女の一人娘・江頭小百合(菜 葉 菜)を見つけ出したことにより、「被害者の兄」と「容疑者の娘」の運命の歯車が大きく動き始める。
一つの事件で深い傷を負った人間の、曖昧な記憶を辿る葛藤の中に垣間見えた真実は、それぞれの運命を予想もしない結末へと導いていく。それぞれの記憶が氷解した先に見えたものは何か。全てを信じてはいけない。

***********************************

出演: 永瀬正敏 菜 葉 菜 井浦新 夏川結衣 佐藤浩市
吉澤健 坂本長利 眞島秀和 紺野千春 イモトアヤコ 好井まさお
脚本監督: 甲斐さやか
プロデューサー: 浅野博貴
上映時間: 106分
日本公開: テアトル新宿 他
制作: T-ARTIST
制作協力:ROBOT
制作プロダクション:トライアムズ
配給:アークエンタテインメント株式会社
©『赤い雪』製作委員会
   


大泉洋、本上まなみ、岡田将生『そらのレストラン』ティザービジュアル完成


映画情報どっとこむ ralph 洞爺湖を舞台に2012年1月に公開された『しあわせのパン』、空知を舞台に2014年10月に公開された『ぶどうのなみだ』に続く、北海道映画シリーズ第三弾となる映画『そらのレストラン』。

すでに発表されている大泉洋さん、本上まなみさん、岡田将生さんに加え・・・、

マキタスポーツさん、高橋努さん、石崎ひゅーいさん、眞島秀和さん、風吹ジュンさん、小日向文世さんの出演が発表となり、ティザービジュアルの完成。

今回公開されたティザービジュアルは、物語の舞台となる“海が見える牧場”で撮影された集合写真。
大泉さんをはじめとした個性豊かな出演者たちは、どこまでも広がる大空の青とすべてを受けとめる大地の緑に負けない笑顔を見せており、本作で描かれる温かさを感じ取ることができる。

映画情報どっとこむ ralph <“パン”、“ワイン”の次は“チーズ”。北海道映画シリーズ第三弾では、家族、仲間がテーマです!>

『しあわせのパン』では<パン>を分け合う夫婦を描き、

『ぶどうのなみだ』では<ワイン>の熟成と親子を描いてきた北海道映画シリーズ。

『そらのレストラン』では北海道道南にある“せたな町”が舞台となり、海が見える牧場で作り出される<チーズ>と様々な食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を丹念に描いています。誰かと一緒に生きることによって、一人よりも更なるしあわせを育むことができる・・・みんなで手を合わせ「いただきます」を言った後の笑顔はかけがえのない瞬間であると気づかせてくれる心温まる物語です。

映画情報どっとこむ ralph 北海道映画シリーズ第三弾となる本作を手掛けるのは、『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督。
せたな町に実在する≪やまの会≫のメンバーをモデルに描かれた物語は、現代を生きるすべての人々に溶け合うほどに味わい深く、やさしいチーズのような温かい絆を届けます。

映画『そらのレストラン

2019年正月第二弾全国ロードショー

物語・・・
北海道せたなで暮らす亘理(わたる)と妻のこと絵と一人娘の潮莉(しおり)。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者 神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

***********************************

大泉洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世

監督:深川栄洋

©2019『そらのレストラン』製作委員会


中山美穂、キム・ジェウク 登壇!映画『蝶の眠り』初日舞台挨拶!新垣隆が生演奏!


映画情報どっとこむ ralph 中山美穂5年ぶりの主演映画『蝶の眠り』が5月12日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国公開。

公開初日を記念して、主要キャスト登壇の初日舞台挨拶が行われ、中山美穂さん、キム・ジェウクさん、新垣隆さん、チョン・ジェウン監督が登壇!

劇中で中山美穂の愛犬を演じたトンボも公開を記念し、お祝いに駆けつけます!

動物好きの二人の貴重な素顔が垣間見られるかも⁉しれません。

また、本作で初の長編映画音楽監督を務めた新垣隆さんは、舞台挨拶生演奏で劇中曲を披露!

映画『蝶の眠り』初日舞台挨拶
日時:5月12日(土)
会場:角川シネマ新宿 シネマ
登壇者:中山美穂、キム・ジェウク、新垣 隆、チョン・ジェウン監督、トンボ(ラブラドール・レトリバー)

映画情報どっとこむ ralph 昨年の釜山国際映画祭のレッドカーペットでは地元韓国メディアからも“ベストカップル”と評された主演の中山美穂と相手役を務めるキム・ジェウクが舞台挨拶に初めて揃って登場ということで客席は見たばかりのお客様たちは熱気を帯びて待ちわびる雰囲気!

大きな拍手と歓声の中、客席を通って登壇!

中山さん:嬉しいですね。観に来てくださってありがとうございます。公開する日を迎え皆さんに観ていただける日を楽しみにしてきました!ホッとしました。

ジェウクさんは幼少期日本で育ったそうで日本語がメチャメチャ上手。
ジェウクさん:昨日日本に来て、韓国ではない国で自分の映画が公開になるのは不思議な気持ちです。日本は子供のころ住んでいた特別な国なので何とも言えない感情です!

新垣さん:先月試写会で上がってしまって大変だったのですが・・・今日は大丈夫・・・でも血糖値は上がってると思います。
と、言う新垣さんの顔は緊張気味(笑)

ジェウン監督:美しい二人の俳優。そして、美しい音楽を作ってくださった新垣さんと共に初日を迎えられて、本当にうれしいです!映画を観に来ていただきまして、本当にありがとうございます。もの凄くうれしいです!
との、其々の挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 中山さんは5年ぶりの主演。
中山さん:初めてでしたが、初めてじゃないような。びょうきやわかれ、すれ違い、哀しみを詩的に流れるように演出されていたので、出来上がりを観てこの作品に出られて本当に良かったなと思いました。

中山さんが実在するのかと思っていたこともあるジェウクさん
ジェウクさん:子供の頃に見ていた役者さんたちとお会いすることは多いので、ドキドキに鈍感になっていたのですが・・・中山美穂さんは特別な方で、韓国でみんな知ってる『ラブレター』に出演していた方と共演することが実感できなくて、最初にお会いした時の印象は死ぬまで忘れません。映画を観たら、映画一緒に撮ったんだと実感して、光栄でした。

最初にお会いした時のことは

中山さん:衣装合わせの時にお会いしてガン見してしまいました!
と言う中山さんに

ジェウクさん:その瞬間空気が止まりました。凄く長い時間が流れて・・・Okと言う風に思って思えた気がします。

ジェウン監督:衣装合わせの時に二人が立っている姿を見て余りにも化学反応が良かったので、誰がこの組み合わせを考えたのだろう?と自画自賛しました!お二人本当に似合うなと。

言う監督。
既に衣装わせの時に良い映画になるのを確信できたそう。

ジェウン監督:映画を撮りながら、お二人と話しながら撮影を進めていく時間は楽しいものでした。

と、付け加えました。

映画情報どっとこむ ralph 今回全編日本語のジェウクさんは

ジェウクさん:先ず韓国語のセリフが一言しかしかなくて。芝居をやっていく上に、文学的詩的な文書が多くて、普段使う言葉じゃなくて、イントネーションは気を付けましたね。現場で中山さんにもお世話になりました。韓国人の留学生役だったので、韓国人ぽくするか悩みましたが、監督とも話して出来るだけうまい日本語で演じました。大変でしたが勉強になりました。

と話す、ジェウクさんは、日本語での映画やドラマの芝居ができる機会があればと、日本での仕事に前向きな発言もファンに嬉しい限り。

中山さん:本当にお上手なので、そのままで良くて。庭師だけ言えなかったんです。

ジェウクさん:庭師初めて聞いた単語でした。
また、日本の現場は三食お弁当で、辛い物がなくて「こりごり」だったとのエピソードも。

映画情報どっとこむ ralph 新垣さんは初の長編音楽に挑戦。出来上がった映像を見て音楽を付けたそうで

新垣さん:二人の心のやり取りを、音楽で増幅するのではなくて、寄り添うような音楽に・・・しました。緊張はしてないです。

新垣さんが『再会』を生演奏。
映画情報どっとこむ ralph そして、韓国での公開が9月に決定と発表!

ジェウン監督:日本で公開して、それが韓国で公開となるのは初めての経験。日本での反応が良ければ韓国でもよくなるのでよろしくお願いします。
中山さん:ラブレターが好きだと言う監督からのオファーで生まれた作品なので、また、韓国の方達にもたくさん見ていただけたら嬉しですね。

ジェウクさん:中山さんに是非韓国の舞台挨拶に来ていただきたいですね。


可愛いゲスト、劇中で中山美穂の愛犬を演じたトンボが登場してフォトセッションが行われました!

『蝶の眠り』

公式HP:
chono-nemuri.com

物語・・・
50 代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女性小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だった が、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を 務め始めた涼子。

ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実 と小説の世界は混沌として交差して行き、二人も徐々に惹かれあっていくのだった。しかしアルツハイマーは容赦なく進行していく。愛と不安と苛立ちの中、涼子はチャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いはチャネには受け入れがたく、二人の気持ちはすれ違っていく…。

***********************************

出演:中山美穂 キム・ジェウク/石橋杏奈 勝村政信 菅田 俊 眞島秀和 澁谷麻美/永瀬正敏

監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
ストーリー・劇中小説:藤井清美
企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ
配給:KADOKAWA
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS 2017
日韓合作映画/日本語/112 分/5.1ch/DCP


映画『蝶の眠り』世界初!合成音声での音声ガイド付きバリアフリー上映が決定


映画情報どっとこむ ralph 中山美穂が5年ぶりの主演を務めた日韓合作映画『蝶の眠り』が、今週末5月12日(土)より公開となります。

目が不自由な方たちのために、2 種類の選べる音声ガイドができました。

UDCastによりバリアフリー版の上映も行う本作ですが、UDCast 対応による、合成音声での音声ガイド (男性版)での上映も。

これは本作が世界初の試み。

通常の「人の声による音声ガイド(女性)」も挿入し、好みに合わせて選 択できる方式も初、バリアフリー映画の世界で画期的なことだそうです。


映画情報どっとこむ ralph なぜ?合成音声?

視覚障害者はメールやネットを使用する際など、普段の生活の中で情報を得るために合成音声による読み上げソフトを多用して いることに着目し、耳が慣れている合成音声による音声ガイドが製作されました。


また耳が聞こえない方、聞こえにくい方のためのバリアフリー日本語字幕は、個人でお持ちのスマートグラス MOVERIO を使えば、 メガネのレンズ面に字幕を表示することが可能。

また、劇場・日時限定ですが、従来の日本語字幕がスクリーン上に表示される、 オープン字幕での上映も提供します。

初日から全国の上映劇場で、UDCast 方式による音声ガイド・バリアフリー日本語字幕を 提供。

字幕上映の情報は、こちらから検索ください。

なお、UDCast につきましては、

http://udcast.net/

をご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『蝶の眠り

5 月 12 日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー


女性小説家の心打たれる人生最終章。透き通るような美しさの中山美穂が文学的世界へ誘う 遺伝性アルツハイマーを患う主人公の女性作家役には、実に 5 年ぶりの映画 主演作となる中山美穂。自身の年齢より年上の女性小説家の役を見事に こなし、ラストシーンの無垢で透き通るような表情は見る者の心を揺さぶる。韓 国人留学生役には『コーヒープリンス 1 号店』のキム・ジェウク。

幼少期に日 本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露して いる。メガホンをとったのは、『子猫をお願い』で鮮烈な長編映画デビューを果た した韓国屈指の女性監督、チョン・ジェウン。本作では作家を主役に配し、 彼女の住む家や書斎へのこだわり、日本文学をリスペクトした劇中劇など、斬 新な表現方法で監督ならではの才能とセンスを印象付けている。また、初の 劇映画音楽に取り組んだ新垣隆の叙情的な音楽、きめ細かく臨場感あふれ る撮影が作品を一層儚く美しい“愛の記憶の物語”へと昇華させている。


物語・・・
50代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女性小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、満ち足り た生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を 書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、ひょんな ことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界は混沌として交差して行き、二人も徐々に惹かれあっていくのだった。しか しアルツハイマーは容赦なく進行していく。愛と不安と苛立ちの中、涼子はチャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いはチャネには受け入れがたく、 二人の気持ちはすれ違っていく…。

***********************************

出演:中山美穂 キム・ジェウク/石橋杏奈 勝村政信 菅田 俊 眞島秀和 澁谷麻美/永瀬正敏

監督・脚本・原案:チョン・ジェウン

ストーリー・劇中小説:藤井清美
企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ

配給:KADOKAWA/©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS