「眉月じゅん」タグアーカイブ

大泉洋が小松菜奈を連れて、母校北海学園大学へ凱旋!『恋は雨上がりのように』イベントで!


映画情報どっとこむ ralph 今もっとも注目のコミック“恋雨”待望の実写映画化となる本作が、いよいよ5月25日(金)に公開となります。

主人公の女子高生【あきら】を演じるのは、『沈黙-サイレンス-』ではマーティン・スコセッシ監督に見いだされ、世界進出も果たした当代随一の若手実力派女優・小松菜奈。

その【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは、数々の映画、ドラマに出演し、アニメーション声優など多方面で活躍する大泉洋。

5月10日(木)、本作で主演を務めた二人が、大泉の母校である北海道・北海学園大学で、340人の学生を前に、特別講座を行いました。北海学園大学が主催する教養講座の記念すべき第50回として本校の卒業生・大泉とともに主演を務めた小松が招かれ、主人公の恋や夢と向き合う姿を描いた本作にちなみ、作品を観賞した学生達に向けて、夢を応援するスペシャルティーチインを行いました。

日付:5月10日(木)
場所:北海道・北海学園大学
登壇:小松菜奈 大泉洋

映画情報どっとこむ ralph 小松さん、大泉さんが教室に入ると、大歓声の出迎えが。大先輩の大泉の凱旋に、学生たちは大熱狂でした。

今回、会場となった60番教室は、大泉さんが25年前に授業を受けていた場所。
大泉さんは満席の場内に

大泉さん:60番教室がこんなに埋まったのを初めて見た!

と感激!北海道は2度目という小松さんに北海道の印象を聞くと

小松さん:大泉さんの出身校に来られるのをとても楽しみにしていました。それから、お昼ごはんに大泉さんが用意してくれた海鮮丼がとても美味しかった。

と感激!。

大泉さんはさらに北海道のおすすめとして、みよしの餃子と、びっくりドンキーを小松さんにすすめました。

映画情報どっとこむ ralph
会場の学生を

大泉さん:直属の後輩なので、弟みたいな気持ちですね。学校はすごく楽しかったですね。授業はほとんど出なかったけど。お芝居ばかりやってました。

と話します。今回、彼が学生時代に所属していた演劇研究会の現役メンバーも参加していて

学生さん:現在、70人以上所属しています。

と言うと、大泉さんはその人数にビックリ!当時は20人もいなかったとの事で、

学生さん:(メンバーが多いのは)NACSのおかげ。私もTEAM NACSにあこがれて演劇研究会に入りました。

と現役の学生が言うと、大泉さん大喜び!

映画を観終わったばかりの学生に感想を聞くと、

学生さん:戸次さんとの二人のシーンはとても楽しく、地元の深夜番組を見てるようで、すごくよかった。

学生さん:恋愛を通して、前向きに夢を向かっていく姿を見て感化された。

学生さん:自分も夢に向かって突っ走らなきゃな、と思った。

などの声がありました。

映画情報どっとこむ ralph また今回は、学生たちの夢を応援するという事で二人に、自身の当時の夢について聞くと、

小松さん:中学、高校の時は美容師になりたかったが、18歳の時に映画「渇き。」に出会って、そこから女優業が始まり、この仕事を続けたいな、と思いました。

大学在学中に芸能活動を始めた大泉さんは・・・

大泉さん:(当時は)就職先がない時代でした。そこで、好きなことをやろうと思ったら、すっかり仕事が楽しくなっちゃった。30になるまでに就職をしなくては、と思っていましたが、ブレイクしちゃいました(笑)。

大泉さんがテレビ番組でよく訪れていた村出身の学生からは、

学生さん:自分の村は過疎化が激しいので、村に戻ってゆくゆくは村長になって、村を市にしたい。人口1万人を目標にしたい。

という夢を聞くと、北海道想いの大泉さんは!

大泉さん:バンバン映画を誘致しよう。大ヒットさせて、村に人を呼ぼう!

とアドバイス。その学生から

学生さん:(その映画に)出てくれますか?

と誘われると、

大泉さん:出るよ

と約束すると小松さんも

小松さん:出ます!

と宣言しました。
この二人が出る映画ならゼッタイ町おこしになること間違いなし!
チョット期待してしまいます!

映画情報どっとこむ ralph
終始、会場中が盛り上がった爆笑講座もお時間に・・・。
最後に学生たちに向けてメッセージ

大泉さん:この大学でやりたいことを少しでも早く見つけ、そこに向かってまい進してください。勉強も大事だけど、人とのつながりを大事にして、自分の好きなことを見つけてください!

小松さん:大泉さんの出身校に来られて、楽しい大学生活だったんだろうな、という話をたくさん聞けてよかったです。夢に向かって頑張ってください。私もパワーをもらいました。私もがんばります!


小松菜奈x大泉洋

恋は雨上がりのように

物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)
だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず。真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。


***********************************

出演:
    清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
    濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』

配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館


小松菜奈が走る!大泉洋のさえない魅力も全開!「恋は雨上がりのように」MV完成!


映画情報どっとこむ ralph 「恋は雨上がりのように」がついに完成、いよいよ5月25日(金)に公開となります。


主人公の【あきら】を演じるのは、小松菜奈。

その【あきら】に片想いされるファミレス店長【近藤】を演じるのは、大泉洋。

さらに、清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊ら、若手からベテランまで実力派キャストが集結。

監督は、『世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)の永井聡監督。
映画情報どっとこむ ralph 主題歌は、原作の眉月が「この漫画のテーマソング」と位置づける、神聖かまってちゃんの名曲「フロントメモリー」。この楽曲が、規格外の歌唱力として某歌番組で大きな話題になった次世代の歌姫・鈴木瑛美子と、日本を代表する音楽プロデューサー・亀田誠治のコンビにより、本作の主題歌として全く新しく生まれ変わりました。

そして、主題歌「フロントメモリー」が5月11日(金)先行配信開始されるのにさきがけて、そのミュージックビデオが解禁!

このMVは、映画『恋は雨上がりのように』の永井聡監督が制作。原作者が“恋雨”のテーマソングと位置づける「フロントメモリー」の楽曲にのせて、映画本編の映像を惜しげもなく使用したぜいたくなMVとなっています。



元陸上部員の主人公・あきら(小松菜奈)が、MV全編にわたって、走る!走る!疾走感あふれる楽曲にのって颯爽と駆ける小松の姿は、まさに爽快そのもの。主人公がこれだけ走るMVも珍しいのではないでしょうか。また、あきらがアルバイト先のファミレスの店長・近藤(大泉洋)に片想いを募らせていく様子が、彼女の目線で丁寧に紡がれていきます。20歳以上年の離れたさえない店長が、あきら目線で追う事で、いつの間にか魅力的な男性に映ってくるから不思議です。中盤、あきらの挫折が象徴的な雨とともに抒情的に語られるシーンや、また、感情表現が下手な彼女がふとしたきっかけで激情をぶつけるシーンなど、主題歌の歌詞や曲と映像とがこれ以上なくマッチし、わずか3分の間で映画の世界感にすっかり引き込まれます。そして終盤、切ない雨はあがり、澄み渡るような雨上がりの空が広がり、曲はエンディングへと向かいます。

原作連載当時から“恋雨”の世界観そのものであった楽曲と、映画“恋雨”を知り尽くした永井監督による映像との、最高のコラボレーション。


映画情報どっとこむ ralph さらにMVとあわせて、この度11日(金)より先行配信を開始する主題歌「フロントメモリー」のジャケット写真も初解禁。

原作者・眉月じゅんが、風の駆け抜ける学校のベランダであきらが「フロントメモリー」 を聴いているイメージで描き下ろしたイラストが主題歌を彩ります。

原作者・眉月じゅん先生コメント

―ジャケ写描き下ろしについて
風が駆け抜ける学校のベランダであきらが「フロントメモリー」 を聴いているイメージで描きました。
の子さんの描く女の子のイラストもこっそりと校舎の壁に。 大好きな曲のジャケットを描けるなんてとってもとっても嬉しいです!

―MVについて
晴れているようで曇ってて、元気なのに憂鬱で。 思春期の女の子にぴったりな曲だなぁと思いこの曲を勝手に あきらの、恋雨のテーマソングとして連載中ずっと聴いていました。 そして『絶対にそう(主題歌に)なってほしい!』と願い続けていたことが、 今こうして永井監督のおかげで現実となりました。 連載を終え、アニメも映画も完成し、まるで恋雨の集大成のようなMVだと思いました。 携わってくださったすべての方に心より感謝いたします!
神聖かまってちゃんは天才。

映画情報どっとこむ ralph 恋は雨上がりのように


物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず――
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。


***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
出演:小松菜奈 大泉洋
    清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
    濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 
©2014 眉月じゅん/小学館


小松菜奈、大泉洋『恋は雨上がりのように』新キャスト発表!戸次重幸、清野菜名・・・


映画情報どっとこむ ralph 小松菜奈、大泉洋W主演の『恋は雨上がりのように』の第二弾キャスト発表&映画ビジュアルが解禁となりました!

2014年に連載開始するやたちまち話題となり、現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中の『恋は雨上がりのように』(原作:眉月じゅん)。


新たなキャストには・・・

あきらの親友で陸上部のキャプテン・喜屋武はるか役に園子温監督作品『TOKYO TRIBE』(2014)で注目を集め、昨年はテレビ朝日系「トットちゃん!」で黒柳徹子役を演じ、全国ネットの連続ドラマ初出演をはたした清野菜名。

あきらがアルバイトをするファミレス・ガーデンのバイトの大学生・加瀬亮介役には、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で主人公・みね子の恋人役で人気を博した磯村勇斗。

あきらのクラスメートでバイト仲間でもある吉澤タカシ役に『青空エール』(2016)、ドラマ「僕たちがやりました」など数々の映画・ドラマで活躍中の葉山奨之。

あきらのバイト仲間・西田ユイ役に『青空エール』(2016)やNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でのフレッシュな演技が記憶に新しい松本穂香。

他校の陸上部ながら、密かにあきらのことを目標にしてきた南高校陸上部のエース・倉田みずき役に『暗殺教室』(2015、2016)、『ひるなかの流星』(2017)、『未成年だけどコドモじゃない』(2017)などの話題作に出演する山本舞香。


さらに、あきらとともにファミレス・ガーデンで働くウェイトレス・久保役に濱田マリ。

そして、近藤の旧友で人気作家の九条ちひろ役にはTEAM NACSの戸次重幸。

役柄同様、大学時代からの仲間である大泉と戸次の共演にも注目です。

あきらの母・橘ともよ役には、小松とCM共演の実績がある吉田羊が、今回念願叶っての映画初共演となります。

フレッシュな顔ぶれから演技派のベテランまで、豪華キャスト陣が“恋雨”ワールドを彩ります!

映画情報どっとこむ ralph 今作のビジュアルがついに解禁!

解禁された本作のビジュアルでは、【あきら】と【近藤】の絶妙な距離感、すれ違いながら不器用に惹かれ合い影響し合う2人の繊細な世界観を、表現しています。

今回、本編の撮影も行った写真家・市橋織江が、ポスターなどのスチール撮影も担当。映画『ホノカアボーイ』(2008)の撮影や、数多くのCMや広告、雑誌などで活躍する市橋が、その独特の目線や色彩感覚で、透明感溢れる“恋雨”ワールドを描き出しました。

映画情報どっとこむ ralph
小松菜奈、大泉洋W主演の『恋は雨上がりのように』

物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて…… 【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず――真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
出演:小松菜奈 大泉洋
   清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香・山本舞香
   濱田マリ 戸次重幸 吉田羊 
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会
©2014 眉月じゅん/小学館


おじさんに朗報!?小松菜奈が大泉洋に片想い!?実写映画化「恋は雨上がりのように」決定


映画情報どっとこむ ralph この度、漫画「恋は雨上がりのように」(著書:眉月じゅん)が実写映画化することが決定しました!

原作は2014年に連載開始するやたちまち話題となった人気作で、現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて連載中。

「このマンガがすごい!」、「マンガ大賞」、「全国書店員が選んだおすすめコミック」など 各賞にランクインし、注目のコミックです。

陸上の夢を怪我で絶たれてしまった主人公の女子高生【あきら】は、偶然訪れたファミレスで店長【近藤】の優しさに触れたことで、【近藤】に片想いをしてしまいます。

【あきら】は17歳、かたや【近藤】は冴えないファミレス店長・45歳、その年の差28歳。若さゆえに真っ直ぐにぶつけてくる【あきら】の想いは、【近藤】にとっては全く予想もしてなかったことで、【近藤】は戸惑い、あたふたしてしまいます。

それでも【あきら】の想いは、徐々に2人の心の距離を縮めていき、やがて2人の共通点を明らかにしていきます。それは【あきら】と【近藤】の2人ともが、“夢をあきらめた”経験を抱えていること。陸上の夢を故障で経たれ、陸上と向き合うことを避けてきた【あきら】。かつて夢見ていた小説家の夢から目を背けてきた【近藤】。やがてその片想いは、お互いが自分自身と向き合う“人生の雨宿り”となり、徐々に勇気を取り戻して成長する物語へと広がっていきます。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の女子高生【あきら】を演じるのは小松菜奈さん。

小松さんのコメント
このお話をいただいて原作を読ませていただいたのですが、人を好きになるって理屈じゃないなって純粋に思えた漫画に出会う事が出来ました。最初は女子高生とおじさんの恋愛の話かなって思いましたが、読み進めていくと2人の成長物語のように思います。微笑ましく、ちょっぴり泣けたり、大切な想いだったり、人を好きになる事だったり読んでいてなんとなく背中を押してくれる感じがしました。素直に伝えるって難しい事だけど、私が演じるあきらとして素直にまっすぐ伝えたいです。そしてあきらが恋をする相手・近藤を演じる大泉さんとは今回が初共演になります。2人の絶妙な距離感や空気感を大泉さんと一緒に作り上げていくことに私自身とても楽しみです。プレッシャーはありますが原作の世界観をより大事に永井監督、大泉さんや共演者の方々と一緒に楽しく描ければいいなと思います。

映画情報どっとこむ ralph そしてその【あきら】に恋をされるファミレス店長【近藤】を演じるのは大泉洋さん。

大泉さんのコメント
最初にこの作品のオファーを頂いた時に「女子高生が中年のファミレス店長に恋をする話です」と聞いて、遂にそういう役が来たか!と胸の高鳴りを抑えられませんでしたが、原作を読ませて頂いて、”自他共にみとめる冴えない男”だと分かり「ですよね!」と妙に納得したものでございました(笑)
原作は登場人物の心理描写がとても丁寧で、人を愛する事の難しさや、自分の気持ちに素直になる事の大切さを考えさせてくれる素敵な作品だと思いました。あきらの純粋過ぎる想いに、はじめは戸惑う近藤ですが、次第にその想いにどう応えていくのか、彼なりに必死に向き合っていく。そんな頼りないけど、どこか憎めない近藤役を精一杯演じたいと思っております。そしてあきらを演じる小松さんとは今回が初共演になります。2人の噛み合わない、もどかしいけれども可愛らしいかけあいを小松さんと一緒に作っていければと思います。

映画情報どっとこむ ralph そして本作の監督を務めるのは、CMディレクターとして大活躍しながら、『ジャッジ!』(2014)、『世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)など、圧倒的な印象を焼き付けるスタイリッシュな映像と、気持ちの良いテンポ感で観客を一気に映画の世界に連れて行ってくれる永井聡。映像と音楽を活かした映画ならではの表現でエンタテイメント作品に昇華させながら、原作の持つ、優しい雰囲気を大切にした、登場人物たちの真っ直ぐな想いに胸を打たれる作品を目指します。

永井聡監督コメント
45歳のさえないオッサンに、17歳のクールな女子高生が片想いをする話。
同世代のオッサンである私でも倫理的にどうなの?と思う設定なのに、原作はとても可笑しくて、瑞々しく、澄み切った青空の様な読後感で、映画化の話が来る前から、眉月先生のファンでした。
小松菜奈さんの暴走に翻弄される大泉洋さんを楽しんでください。
そして、映画館を出た後に、少し走りたくなる様な作品にしたいと思います

原作の眉月じゅん先生のコメント

脚本が既にキラキラと輝いて見えました。
しかも店長役にあの御存知大泉洋大先生とあればもう!

小松菜奈ちゃんのスカートがどれだけ短いのかも気になるところです。

演者の方々はもちろん、永井監督のチャーミングさ溢るる楽しい映画になるのだろうと今からワクワクしております!

映画情報どっとこむ ralph
絶妙な距離感から撮影がスタートし、すれ違いながら不器用に惹かれ合い、影響し合う2人を演じ、繊細な“恋雨”の世界観を構築いったそう。

恋は雨上がりのように

2018年5月東宝系にて公開

物語・・・
女子高生が片想いしたのは、28歳年上の冴えないファミレス店長でした―
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは 店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて…

【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。

しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。

【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず。

真っ直ぐすぎる17歳とバツイチ子持ちで冴えない45歳。
年齢差28歳の2人の関係はやがて、それぞれが自分自身を見つめ直すきっかけとなって――

***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
出演:小松菜奈、大泉洋ほか
※小松菜奈、大泉洋はW主演。
撮影:2017年11月15日~12月末(予定) 関東近郊にて
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館