「百円の恋」タグアーカイブ

佐藤江梨子×瑛太W主演『リングサイド・ストーリー』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。

同スタッフが再集結し、盟友・足立 紳の実話をヒントに生み出されたオリジナルストーリーをひっさげた武 正晴監督 待望の最新作『リングサイド・ストーリー』が、10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開することが決定しました!

本作は、佐藤江梨子×瑛太をW主演に迎え、武藤敬司・武尊・黒潮“イケメン”二郎など、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演!

また、身も蓋もない現実を代弁するかのような、フラワーカンパニーズの楽曲「消えぞこない」を主題歌に起用することもわかりました。
エンディングは「唇」、挿入歌には「キャンバス」と、エンディング・挿入歌ともに、フラワーカンパニーズの楽曲が劇中で使用されております。

そして遂にポスタービジュアルが解禁!
今回解禁されるポスタービジュアルには、売れない役者のダメ男を見限らずに健気に支える彼女を演じた、4年ぶりの主演となる佐藤江梨子のまっすぐな瞳が印象的です。また、リングにあがるため、2ヶ月以上ジムに通い、断酒や肉はササミのみを食べるなど食事コントロールをしながら体をしぼった瑛太のボディにも注目です。

俳優、格闘家、ミュージシャンの実力者たちで作り上げた本作は、まさに演技の総合格闘技!
映画『リングサイド・ストーリー』のゴングが、この秋、鳴り響く!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」
「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者“村上ヒデオ”(瑛太)。

出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。

ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。

しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。

事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊(たける))との一騎討ちを命じられたヒデオ。
果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?

***********************************

佐藤江梨子   瑛太
有薗芳記 田中要次 伊藤俊輔 奈緒 村上和成 / 高橋和也 峯村リエ
武藤敬司 武尊 黒潮“イケメン”二郎 
菅原大吉 小宮孝泰 前野朋哉 / 角替和枝 近藤芳正 余 貴美子

主題歌 「消えぞこない」フラワーカンパニーズ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督:武 正晴
脚本:横幕智裕  李 鳳宇 
エグゼクティブ・プロデューサー:矢吹 満  李 鳳宇 
プロデューサー:成 宏基 音楽:李 東峻 
撮影:西村博光 照明:常谷良男 
録音:岩間 翼 美術:天野竜哉 編集:細野優理子 
助監督:山田一洋
企画制作:マンシーズエンターテインメント 
制作プロダクション:アニモプロデュース 
製作:マンシーズエンターテインメント アービング START
グローバル・リンク・マネジメント KT 彩プロ
配給:彩プロ
特別協力:M-1スポーツメディア GENスポーツエンターテインメント WALK 
GENスポーツマネジメント

2017年/日本映画/日本語/カラー/104分
©2017 Ringside Partners




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶ出演『秋の理由』公開決定!


詩人としても活躍する福間健二監督の最新作『秋の理由』が完成しました。

そして、2016年秋にK’s cinemaにて公開となることが決定しました。

『秋の理由』伊藤洋三郎&佐野和宏
主演・宮本守役には、石井隆監督の一連の作品、昨年の『百円の恋』などに出演し、この4月2日より公開中の長澤雅彦監督作『恋』で主演を果たした名優、伊藤洋三郎。

ダブル主演・村岡正夫役には、やはり4月2日より公開中の、みずから主演もつとめる15年ぶりの監督作『バット・オンリー・ラヴ』が大きな話題となっている佐野和宏。4月9日より公開の坂本礼監督作『夢の女 ユメノヒト』でも主演をつとめています。

ヒロインのミク役には、山戸結希監督作『おとぎ話みたい』、池田千尋監督作『東京の日』などに出演し、若手実力派として活躍中の趣里。

そして佐野和宏演じる村岡の妻・美咲役を演じるのは、寺島しのぶ。

声にならない声で叫び、全身全霊で演ずる佐野和宏。実力派女優寺島しのぶが彼との真っ向勝負に挑み、伊藤洋三郎と趣里が新境地の魅力を見せつけます。

『秋の理由』趣里&寺島しのぶ
福間健二監督からのコメントです!

『秋の理由』は、苦悩するひとりの作家とその友人の編集者、六十代を迎えた二人の男の友情と、かれらを取り囲む人々の秋を描いています。その秋は現実と夢が入りくむ季節です。メインキャストの四人が、ぼくの目にはそれぞれのベストと言えるくらい持ち味を発揮してくれています。ひとりの力ではどうにもならないことの多いこの世界の、悲しい秋。でもそれに負けてはいないという光をとらえたと確信しています。

気になるお話は・・・

宮本守(伊藤洋三郎)は、本の編集者で、小さな出版社を経営しているが、経営は苦しく、事務所をたたむことになる。

宮本の友人・村岡正夫(佐野和宏)は作家だが、代表作『秋の理由』以降、小説を発表していない。

精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている。宮本は村岡の才能を信じ、彼の新作を出したいと思っている。そして実は、村岡の妻・美咲(寺島しのぶ)が好きなのである。
 
ある日、宮本と村岡の前に『秋の理由』を何回も読んだというミク(趣里)が現れる。ミクは『秋の理由』のヒロインに似ていて、まるで村岡の言葉から生まれたかのような存在である。


ミクと過ごす時間の中で・・・

秋の理由

2016年秋・K’s cinema 他にて全国ロードショー

公式サイト:
http://akinoriyuu.com/ 
公式Twitter:
https://twitter.com/toughmama

***********************************

出演:伊藤洋三郎・佐野和宏・趣里・寺島しのぶ、ほか
 
監督:福間健二 
脚本:福間健二・高田亮 
プロデューサー:福間恵子・小林良二 
撮影:鈴木一博 
録音・音響:小川武 編集:秦岳志 
音楽:清岡秀哉
宣伝・配給:渋谷プロダクション 
製作:「秋の理由」製作委員会(tough mama 渋谷プロダクション)
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画監督として再起をはかる男の姿をモノクロで『お盆の弟』


長年助監督として日本映画界を支え、2005年「キャッチボール屋」でデビューした大崎章監督の最新作
お盆の弟ティザーお盆の弟

が新宿K’s cinemaにて7月25日公開決定しました。

今回もキャッチボール屋以来の盟友で「百円の恋」でブレイクした足立紳が脚本をつとめ主演には名優・渋川清彦を迎えています。

ほかにも光石研、岡田浩暉、河井青葉、渡辺真起子、田中要次といった強者俳優キャスト陣で望んでいます。

物語は・・・

渡辺タカシ(渋川清彦)は売れない映画監督。

現在は妻子と別居中。

ガンで入院していた兄マサル(光石研)の看病という口実のもと実家に舞い戻っていた。日課は地元の神社にお参りすることと、主婦のように買い物をし、兄のために夕飯を作ること。
お盆の弟sub1
そして、これまた売れないシナリオライターで地元の悪友・藤村(岡田浩暉)の焼きまんじゅう屋で起死回生のシナリオ作りをする毎日。

お盆の弟sub2
新作映画の企画が成立すれば、妻(渡辺真起子)とヨリが戻せると信じているのだ。だが藤村にはどうにも本気感が見られない。どうやら新しく出来た彼女に夢中らしい。

ある日、藤村がタカシに女の人を紹介したいと言ってくる。紹介された涼子(河井青葉)は、なかなかの美人で性格も良さそうだ。涼子のような女性と兄が付き合ってくれたらどんなに安心かと考えたタカシは、頻繁に会うようになる。ところが涼子はタカシに対し本気になっている様子…。

お盆の弟sub4
そんなとき、別居中の妻から離婚したいとの申し出を受ける。焦ったタカシは何とか妻の気持ちをつなぎとめようと映画の企画に必死になるがうまくいかず、それどころか涼子の前で酔っ払ってついポロっと独身ではないことを言ってしまう。タカシに幸せは訪れるのか…。

お盆の弟sub3
大崎と渋川の故郷である群馬で撮影を行い、地元の方々のバックアップのもと記念碑的な作品が完成。

映画監督として再起をはかる男の姿を優しく描き出す、全編モノクロームの再生物語。

群馬出身のキャスト・スタッフが贈る、愛すべき男たちの物語。

公式サイト www. obonbrothers.com 
Twitterアカウント:@obon bro 
フェイスブックページ www.facebook.com/obon



********************************************************************

監督:大崎章
脚本:足立紳

出演:渋川清彦、光石研、岡田浩暉、河井青葉、渡辺真起子、田中要次、柳田衣里佳、後藤ユウミ、梶原阿貴 川嶋夕空、三浦景虎、稲川実代子、伊藤毅
 
エグゼクティブプロデューサー:狩野善則、八木原末吉、貫井孝道、石川眞男
ゼネラルプロデューサー:小池浩、小板橋貴行、町田昌美 プロデューサー:金森保
撮影監督:猪本雅三(J.S.C)録音・整音・録音効果:北村峰晴 編集:村石誠 音楽:宇波拓
美術装飾:安宅紀史/野田真理子 ヘアメイク:高橋亮 スタイリスト:森山久美 助監督:小野寺昭洋 制作:太田勝一郎 演出助手:戸祭朝美
製作:Breath/キリシマ1945 
配給宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
【2015年/107分/デジタル】
(C)2015映画「お盆の弟」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

安藤サクラ×新井浩文 映画『百円の恋』初日舞台挨拶


本日12月20日(土)よりテアトル新宿他にて公開となりました、話題沸騰中の映画

百円の恋』。

日本を代表する若手実力派・安藤サクラの魂をこめた熱演やクリープハイプの主題歌「百八円の恋」など各方面から話題となっています。

初日の12月20日(土)にテアトル新宿にて安藤サクラさん、新井浩文さん、武正晴監督、足立紳さん(脚本)を迎えて初日舞台挨拶が行われました。

1220『百円の恋』初日舞台挨拶フォトセッション
映画『百円の恋』初日舞台挨拶ご取材概要

日時:12月20日(土)
場所:テアトル新宿(新宿区新宿)
登壇者:安藤サクラ、新井浩文、武正晴(監督)、足立紳(脚本)


百円の恋MC:本日は『百円の恋』初日にお越しいただきまして誠にありがとうございます。早速ですが、舞台挨拶に登壇されますゲストの方をお呼びしましょう。安藤サクラさん、新井浩文さん、武正晴監督、脚本の足立紳さんです。

武正晴監督:本日は初日にお越しいただきましてありがとうございます。立ち見も出ているとのことで嬉しい限りです。よろしくお願いします。

安藤サクラさん:今日はありがとうございます。私が演じた一子が初めてボクシングのリングに上がった時みたいな気分で震えています。よろしくお願いします。

新井浩文さん:初日にお越しいただきましてありがとうございます。短い時間ですが楽しんで下さい。

足立紳さん:脚本の足立紳です。寒い中、そしてたくさんの作品がある中『百円の恋』を選んでいただけて幸せです。よろしくお願いします。

MC:満を持しての公開となりますが、今の気分はいかがですか?

武監督:4年前に足立さんに電話をして、そこから企画の話が進んできたので、電話に出てくれて良かったなと思っています。お客様に観ていただいて、映画は完成だと思っていますので、この日を迎えられて良かったです。

足立さん:あの時電話に出て良かったなと思います。武監督からの電話だと出なくていいやと思って出ない時があるので(笑)。ラッシュを観たときに凄い映画だと気分が高揚してしまい、一人で飲んで電車を乗り過ごしちゃった位です。

MC:ありがとうございます。安藤さん、新井さんは完成した作品をご覧になっていかがでしたか。

安藤さん:自分の出ている作品はそれだけで観るとソワソワしてしまうのですが、終盤はそのソワソワも忘れて興奮しました。自分じゃない感じがして、武監督カッコいいよ!と思いました。

新井さん:特に自分が出ているシーンは反省もあって客観的に観られないですが、作品とサクラはすごい!と思いました。自信を持って宣伝できる作品です!

MC:撮影に向けての肉体管理など大変だったとお伺いしましたがいかがでしたか?

安藤さん:肉体的には無茶していると思うんですけど、武組は苦痛じゃなかったです。みんな一子みたいに現場で戦っていて、新井さんも同じ方向を向いてくれるので幸せな時間でした。ここまで、色々なものを出してぐちゃぐちゃに戦える作品はあんまりないです。一子をヒト化の生物として、こんなに短期間で変われるんだ、神秘的で人間ってすごいなと思い、生き物としての自信にもつながりました。


MC:熱い現場でしたか?

新井さん:なんか無茶ぶりですね(笑)。サクラさんも言ったように人間て凄いなと思いました。低予算で、撮影日数も少ない中監督がブレないのが良かったと思います。怒鳴り声もある心地よい現場でした。

MC:安藤さん、新井さん撮影中のお互いの変化はどうでしたか?

新井さん:ウチは今現役の映画女優でサクラは一番だと思うので、それくらいのことはやるだろうと思っていましたよ。

安藤さん:恥ずかしいですよね、新井さんだから一緒に戦えたと思います。うまくしゃべれなくてごめんなさい(笑)。

足立さん:撮影現場にもお邪魔させていただくことがあったのですが、俳優、スタッフ肉体で戦っているのをみて一緒に戦いたいなと思いました。
MC:武監督、安藤さん、新井さんのお二人とご一緒されていかがでしたか?

武監督:本当に実力のあるお二人ですが、監督としてご一緒させていただくのは初めてでした。お二人ともチャレンジする気持ちがすごくて、貪欲なので驚きの連続でアメージング一子と言った感じで撮影していて幸せでした。

MC:撮影期間2週間で肉体の変化を見せるのに苦労はありましたか?

安藤さん:『百円の恋』の新井さん、めちゃくちゃカッコよく好きなんです。一子の勤める100円ショップのレジにバナナを持ってくるときの顔とか何なんだろうって(笑)。

新井さん:それホメてる?(笑)。人間て凄いなと思ったのは三カ月かけてつくった肉体が三カ月かけて元に戻ったこと。人間ドッグで、最近痩せて太ったりしたと聞かれました。わかるもんなんですね。

安藤さん:新井さんも試合に向けて水抜きまでしてましたが、シーンが終わって餃子を食べてビールも解禁になったシーンでガツガツ食べたら、その後しゃっくりが止まらなくなったよね(笑)。

新井さん:結構きつかったね(笑)。

安藤さん:最後の試合のシーンはアドレナリンが出すぎて、撮影の後にも目がカッと見開いて、たまたま会った知り合いに「人を殺しそうな目で歩いているよ」と言われました(笑)。

新井さん:うちは試合も1ラウンドの設定でしたが、サクラは3ラウンドあって朝から晩まで、試合のシーンだったんですよ。最後はリアル“あしたのジョー”みたいでした。

安藤さん:20時間やってたんですよ。
百円の恋
MC:ありがとうございます。まだまだお話を伺っていきたいところですが、そろそろお時間となりますので、最後にひとことずつコメントをいただきたいと思います。

武監督:今皆さんとお話をしていて現場のことを思い出しました。俳優の力、人間の力を実感できた作品です。今日ご覧いただいて気に入っていただけたらお誘いあわせの上、年末・年始にかけて劇場にお越しいただければと思います。

足立さん:寒い中ありがとうございます。初日にこんなに集まっていただけたので今日で終わっても良いんじゃないかと一瞬思いましたが、そんなわけにはいかない!ヒットして欲しいと強く思っていますので一人でも多くの方に伝えていただければと思います。よろしくお願いします。

新井さん:先ほど監督もおっしゃいましたが、映画はお客さんに観てもらって完成だと思います。単館系の作品は特に口コミが大事なので、皆さん協力してください。
今日は映画館で映画を観ていただきありがとうございます。

安藤さん:劇中で一子が言われる「立って死ね」という言葉のように、どうせ死ぬなら立って死のういうつもりでつくりました。今日公開されて3ラウンド目のゴングが鳴った感じがします。
が、またはじまりのゴングだとも思います。
皆さんと『百円の恋』が新たに飛び立っていくことが楽しみです。是非よろしくお願いします。            
1220『百円の恋』初日舞台挨拶
日本映画好きのかた、今年の締めくくりにこの映画を是非。
安藤サクラさんの映画後半どんどん変わっていく姿(演技)凄いんです。
女優さんて怖って思いました。
お薦めです。

百円の恋

テアトル新宿他にて絶賛公開中です!

********************************************************************

あらすじ
32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。

ある日、離婚して子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と喧嘩になってしまい、ヤケクソで家を出て一人暮らしを始める。

夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

そんな冴えない日々の中、一子は帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習するボクサー狩野(新井浩文)と出会い、遅咲きの恋が始まる。
しかし、ささやかな幸せの日々は長くは続かなかった。

どうしてもうまくいかない日々の中で、衝動的に自らボクシングを始める一子。
人生のリターンマッチのゴングが鳴り響こうとしていた――。


『百円の恋』
安藤サクラ 新井浩文
稲川実代子 早織 宇野祥平 坂田 聡 沖田裕樹
吉村界人 松浦慎一郎 ・ 伊藤洋三郎 重松 収/根岸季衣

監督:武正晴 
脚本:足立 紳(「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作)
音楽:海田庄吾 
主題歌:クリープハイプ「百八円の恋」(UNIVERSAL MUSIC)
製作:間宮登良松 企画監修:黒澤満
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫
プロデューサー:佐藤現 平体雄二 狩野善則
音楽プロデューサー:津島玄一
撮影:西村博光(J.S.C.)
照明:常谷良男 美術:将多 録音:古谷正志 編集:洲﨑千恵子
衣装:宮本まさ江 助監督:山田一洋 製作担当:大川伸介
特別協力:大橋広宣
製作プロダクション:スタジオブルー 製作:東映ビデオ
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
カラー/113分/DCP5.1ch/ビスタサイズ/(C)2014東映ビデオ/R15+
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『百円の恋』で出会った安藤サクラx尾崎世界観初共演MV完成!


連日のマスコミ試写も満席!安藤サクラさんの演技が凄いことが話題になっている

百円の恋

は、12月20日(土)公開の映画です。

そして、主演の一子を演じた安藤サクラさんと主題歌「百八円の恋」を担当したクリープハイプのボーカル尾崎世界観がタッグを組んで・・・

百円の恋_安藤サクラ_尾崎世界観
クリープハイプの3rdアルバム『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』の7曲目に収録されている楽曲「本当」のミュージックビデオを完成させました。

尾崎世界観が初監督をつとめ、安藤サクラとの初共演を果たしています。

https://www.youtube.com/embed/nv-og54FsSg

『百円の恋』の武正晴監督が

「完成した作品を観る前にあがってきた曲を聞いて一子の“痛い!痛い!”というセリフを知っていたかのように、歌詞に入っていたのは驚きでした。才能は共鳴するんだなと思った」

と語っています。


作品とリンクした主題歌「百八円の恋」も収録されているクリープハイプ『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』は12月3日(水)より発売中です。

映画に先駆け、アルバムで映画の世界観をいち早く、ご堪能いただけます。

映画『百円の恋』12月20日(土)公開です。

公式HP:100yen-koi.jp

百円の恋
********************************************************************

百円の恋安藤サクラ 新井浩文
稲川実代子 早織 宇野祥平 
坂田 聡 沖田裕樹
吉村界人 松浦慎一郎 
伊藤洋三郎 重松 収 /根岸季衣

監督:武正晴|脚本:足立 紳(「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作)
音楽:海田庄吾
主題歌:クリープハイプ「百八円の恋」(UNIVERSAL MUSIC)
製作:間宮登良松|企画監修:黒澤満
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫
プロデューサー:佐藤現 平体雄二 
狩野善則|音楽プロデューサー:津島玄一
撮影:西村博光(J.S.C.)|照明:常谷良男
美術:将多|録音:古谷正志|編集:洲﨑千恵子
衣装:宮本まさ江|助監督:山田一洋|製作担当:大川伸介
特別協力:大橋広宣|製作プロダクション:スタジオブルー
製作:東映ビデオ
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
カラー|113分|DCP5.1ch|ビスタサイズ
(C)2014東映ビデオ|R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ