「白石監督」タグアーカイブ

香取慎吾、白石監督 映画『凪待ち』 撮影地「石巻」から初日スタート! 初日舞台挨拶・記者会見


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演、白石和彌監督による『凪待ち』が、ついに6月28日(金)に公開、主演の香取慎吾、白石監督登壇のもと、撮影地の「石巻」にて、初日舞台挨拶が行われました。また、イオンモール石巻という一般の方が見ることができる場所で初日一般公開記者会見を実施するという前代未聞の会見が行われました。
日付:6月28日(金)
場所:イオンモール石巻
登壇:香取慎吾、白石監督

映画情報どっとこむ ralph 撮影地に感謝を込めて、初日舞台挨拶を「石巻」からスタート。
「凪待ち」ファンも一般公開記者会見の場で「凪待ち」の魅力に触れることができる機会が設けられました。

集まった皆さんは約1500人。二人の姿を一目見ようと集まった皆さんに、

香取さん:皆さんこんにちはー!

と発すると、会場中割れんばかりの大歓声が起きました。二人が手を振る度、笑顔で応える度に声援はさらにふくらみますが、ひとたび二人が語り始めると、一言一句聞き逃すまいとするかのように集中して話を聞いていました。

白石監督:ちょうど1年前おじゃまして撮影をさせていただいた石巻で、こうして初日を迎えられたことをとてもうれしく思います。東日本大震災から7年経った風景の中で(昨年)再生というものをこの映画の中で紡いでいけたらと思いました。石巻をはじめ他の地域の方々にも、撮影の前に取材でも大変お世話になり、その間に皆さんから伺った話を台詞の中に生かしたりしました。
と語っていました。

香取さん:石巻の撮影現場の横の民家でおいしいものをたくさんいただいて。おじいちゃんは震災の話をしてくださるけれどおばあちゃんは震災の話になると奥の部屋に入るということがあったり、短い時間でしたがいろいろなことを感じさせてくれる時間を過ごせました。

と撮影当時を振り返りながら感謝の言葉を述べました。

イベントも終わり2人が名残惜しそうにその場を去る時には会場中から「ありがとう!」の声が沸き起こり、さまざまな“感謝”にあふれたイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 仙台のマスコミ各社の方から寄せられた質問には以下のように回答しました。

Q.本日のイベントを迎えての感想をいただけますか。

白石監督:一般公開会見をやると言い出したのはいいものの、スタッフがずっとそわそわしていたので、このようにたくさんの方が集まってくださりうれしいです。映画をこんなに多くの方々に見ていただけるとはうれしいです。香取:公開後のイベントをこのようなところでやることができて、たくさんの方が集まって下さり感謝です。ここ(イオンモール)は震災の時には避難場所として使われたと聞きました。そうしたところでイベントを開くことができてみなさんの笑顔があふれる会見をひらくことができていることに心から感謝します。

Q.石巻をよくぞロケ地に選んでくださった、と思っております。ロケ地選定のポイントなどをうかがえますか。

白石監督:ドキュメンタリーを見ているのかと思うような映画にしたかったのでそういう場所を選びました。例えば道もこういうところを郁男は歩いているのだろうな、というところを選びました。
香取さん:それぞれのロケ地が固まりすぎず、遠すぎず、ロケ地巡りをするのにはちょうどいい距離だと思います。よりディープな石巻を知ってもらえると思うので映画をさらに楽しむためにもぜひロケ地をまわっていただきたいです。

Q.ロケ地の中で特に印象に残っているシーンは?

白石監督:ぜひエンドロールまで見てほしいです。

香取さん:朝が明ける前の防潮堤を歩いている姿です。いろいろな思いで押しつぶされそうになっている中、台詞はないのですが心の中でいろいろな会話をしているあのシーンが好きでした。

さらに、この後石巻を後にした白石監督と香取は東京に戻り、恒松祐里さん、西田尚美さん、吉澤健さん、音尾琢真さん、リリー・フランキーさんとともに舞台挨拶を六本木ヒルズで行いました。

その内容はこちら

映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち

2019年6月28日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。
少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。
ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。
そのあと、亜弓は何者かに殺害された。
恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。
次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

***********************************

出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS




『孤狼の血』追加キャスト発表!中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也 公開日2018年5月12日に決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画『孤狼の血』公開日が2018年5月12日(土)と発表されました!

そして!
新たに中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也の白石監督作品に欠かせない4人のキャスト情報と共に、撮影を終えて のコメントが送られてきました!

過去に、白石監督の『日本で一番悪い奴ら』に出演していた中村獅童は、何かと悪い噂の絶えない役所広司演じる大上章吾について嗅 ぎ回る安芸新聞の記者である高坂隆文を演じて、その圧倒的な存在感が映画に彩を添えてます。
中村獅童:監督!またやっちゃいましたね! ウン!こうなったらとことんやっちゃいましょう!!!


『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』に出演しているピエール瀧は、全日本祖國救済同盟の代表を務め、大上章吾とは旧知の仲である瀧井銀次を熱演!持ちつ持たれつの関係で、大上や松坂桃李演じる日岡秀一の良き相談役。
ピエール瀧:白石組にまた参加できて嬉しいです。この『孤狼の血』は、脚本を読んで胸を打たれ、少しでもお役に立てたらと思えた作品でした。 撮影スケジュールがタイトで、1週間で東京~呉を5往復してお尻が擦り剥けましたが、それもいい思い出です。


同じく、『日本で一番悪い奴ら』に出演していた音尾琢真は、江口洋介演じる一之瀬守孝が属する尾谷組と敵対する組織、加古村組の 構成員、吉田滋を演じており、この吉田のある行動をきっかけに抗争が激化していく!
音尾琢真:白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです。しかも『孤狼の血』という野太い作品。 男臭い世界の中に、どうにか居場所を見つけて来ましたので楽しみにしていて下さい。私の役割は少々ゲスいですが自分では 気に入っております。見所のシーンもあります。ありがたい。呉の街も大好きになりました。呉冷麺が大好物になりました。


さらに、 『日本で一番悪い奴ら』に出演していた中村倫也は、江口洋介演じる一之瀬守孝が若頭を務める尾谷組の構成員、永川恭二を 演じており、そのキャラはまさしく「狂犬」と呼ぶに相応しい振る舞い!情に熱く、誰が相手でも怯まぬ恐いもの知らず!
中村倫也:永川という人物は、白石監督曰く『狂犬』。こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でしたが、松坂桃李演じる日岡が 「真っ当な正義」だとするなら、永川は「アウトローなりの正義」。彼の持つある種の純粋さに五感を澄まし、挑みました。 信頼する監督のもと、偉大なる大先輩たちと芝居を交わし、年々減少傾向にある〝男臭い作品〟に関われたことを、とても幸せに 感じています。

映画情報どっとこむ ralph
原作は、「臨床真理」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、今もっとも注目されるミステリー作家の一人である柚月裕子。

監督は、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総なめにした白石和彌。

そして、それを彩るキャスト陣は、主演である役所広司をは じめ、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介と、若手から大御所まで超豪華なキャスト陣が大集結!<警察小説×『仁義なき戦い』>との呼び声高い本作に、今から目が離せません!


物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日公開!

孤狼の血
2018年 5月12日(土) ROADSHO

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


日本警察史上最大の不祥事 綾野剛主演『日本で一番悪い奴ら』ポスター


センセーショナルな映画『凶悪』の白石和彌監督の待望の新作。
それが綾野剛さんが日本一ワルな警察官を演じる『日本で一番悪い奴ら』。

今回そのティザーポスタービジュアルが解禁となりました!

映画化決定の第一報以降、劇中スチールいっさい解禁されていない中で、初めて綾野剛演じる諸星のスチールがティザービジュアルとして披露される。警官の制服に身をつつみ、敷き詰められた拳銃の上で手錠を掴む綾野剛演じる諸星。

正義の象徴とも言える警察と『日本で一番悪い奴ら』というタイトル。双方のギャップを一層際立たせる、インパクト大なビジュアルに仕上りです。

『日本で一番悪い奴ら』

綾野剛は<黒い警部>の異名を残す実在の男をモデルにした北海道警察の刑事・諸星を演じ、その26年間にわたる驚くべき半生が描かれるます。

綾野剛は出演オファーに関して、白石監督の最新作であり、脚本の圧倒的な内容に惚れ込み「何を犠牲にしても出演するべき作品」と感情を露わに、オファーからわずか3日で出演を快諾した意欲作なんです。

<日本警察史上の最大の不祥事>と呼ばれる「稲葉事件」をモチーフに描かれる、いまだかつてないエンターテイメント、映画『日本で一番悪い奴ら』。

さらに本作の原作「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」が、この映画ティザービジュアルが全帯として施された文庫版として、1月15日より全国の書店にて発売されます。

映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日(土)より全国劇場にて公開です!

公式HP:http://www.nichiwaru.com
公式TW:@nichiwaru

********************************************************************

原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫) 1月15日発売

監督:白石和彌 
脚本:池上純哉  
音楽:安川午朗
主演:綾野 剛  
企画:日活・フラミンゴ 
製作:日活 配給:東映・日活 
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
 


白石監督、ヨン・ジェウク、キム・コッビ、葵つかさ登壇『ある優しき殺人者の記録』


第18 回プチョン国際ファンタスティック映画祭
ワールドプレミア上映!
白石監督、ヨン・ジェウク、キム・コッビ、葵つかさ登壇

9月6 日公開『ある優しき殺人者の記録』(白石晃士監督)が、第18 回プチョン国際ファンタスティック映画祭(7 月17 日〜~7 月27 日開催)・ワールドファンタスティック部門にてワールドプレミア上映されました。
プチョン_2 7 月19 日にCGV にて⾏行行われたワールドプレミア上映は、前売り・当日券共に売り切れ、100 人を超える韓国の若い映画ファンで満席。上映後、白石監督、ヨン・ジェウク、キム・コッビ、葵つかさがQ&A セッションに登壇。鑑賞後にはワンカット作品としての撮影手法や、既に予告編にも登場している不可解な物体の解釈、誰もが予想できないエンディングを発想した経緯、白石監督が手掛けているホラーシリーズとの関連など、活発な議論が!

本作は韓国でも日本とほぼ同時の9月に公開を予定です。

なお、今後の関連予定として
ニコニコ生放送「ニコニコホラー百物語」にて“白石晃士ウィーク”開催!8/24 には生放送特別企画が決定!ニコニコ生放送にて、夏の恒例となりつつある「ニコニコホラー百物語」にて、映画『ある優しき殺人者の記録』公開記念として「白石晃士監督ウィーク」が開催。

8/18 から連日、白石晃士監督作品の特集上映が行われ、8/24には生放送特別企画も実施予定!「白石晃士監督ウィーク」のシークレット作品、そして8/24に行われる生放送企画については今後の発表をお楽しみに!

ニコニコホラー百物語 http://ch.nicovideo.jp/nhorror

湯布院映画祭8/29 キム・コッビ来日!
なお、本作は、第39 回湯布院映画祭(8 月27 日(水)〜~8 月31 ⽇(日)開催)での特別上映が決まっており、8 月29 日の上映日には、白石晃士監督と共に、韓国からキム・コッビが来日しゲスト参加します。

『ある優しき殺人者の記録』
9 月6 日より新宿バルト9 ほか全国順次公開
公式HP:satsujinsha-kiroku.jp

********************************************************************



『ある優しき殺人者の記録』について
それは、ある殺人犯からの⼀一本の電話から始まった。
想像を越える奇跡、衝撃のクライマックス!世界が注⽬目する鬼才・⽩⽯晃士監督最新作!
場所は韓国。障害者施設を脱⾛し、18 人を殺害した疑いのある男から⼀一本の電話を受け訪れた場所は廃屋マンション。映像には、その密室で起こった全てが記録されている・・・。
監督・脚本・撮影を担当した⽩⽯晃⼠は、これまで『口裂け女』(07)、大島優子主演の『テケテケ』(09)など多くのホラー作品を世に送り出しているが、『ノロイ』(05)、『オカルト』(09)、ももクロ本⼈達が何も知らされずに廃墟ロケをする『シロメ』(10)や、あびる優、岩佐真悠⼦らが除霊をレポートする『カルト』(13)、『コワすぎ』シリーズなど、POV 方式を使ったフェイク・ドキュメンタリーのスペシャリストである。さらに、『グロテスク』(09)、『バチアタリ暴力人間』(10)、『超・悪⼈』(11)といった圧倒的な暴力性とエロス、そして独特のユーモアで、フェイク・ドキュメンタリーの枠組みを越えて、観る者の脳裏裏に迫っていく作風が、新たなコアファンを増殖させている。本作『ある優しき殺人者の記録』でも、POV ⽅方式のフェイク・ドキュメンタリーを採用しているが、恐怖に迫る圧倒的な暴力力性や、生々しいエロスといった白石晃士監督の宝刀は高純度のまま、さらに、全く違う場所に着地させるといった異次元の衝撃を作り出し、スリラー映画の新たな傑作となった。

出演: ヨン・ジェウク キム・コッビ 葵つかさ 米村亮亮太朗
監督・脚本・撮影: ⽩石晃士
製作:日活、ZOA FILMS
配給 :ティ・ジョイ、日活
ℂNIKKATSU、ZOA FILMS


『凶悪』白石監督ティーチイン イベントのご報告レポ



人間の善悪にメスを入れる映画『凶悪』を題材に監督VS学生の激論ガチンコトーク”真剣20代しゃべり場”を開催!
 
【場所】日本大学藝術学部 映画学科・江古田校舎 (練馬区)
【登壇者】白石和彌監督、古賀太教授、学生の皆さん

日本大学芸術学部で映画を学ぶ学生と、映画『凶悪』(9月21日全国公開)の白石監督によるティーチイン付き特別試写会を実施。人間の善悪にメスを入れる映画『凶悪』を題材に、監督VS学生の映画愛に満ちた熱いトークバトルが行われました。

当日は、約200人ほどの学生が集まり、立ち見が出るほどの大盛況。熱気に溢れた会場で、映画『凶悪』に関して、感性豊かな学生ならではのフレッシュな感想や、監督や教授も驚く鋭い切り口や、視点からの質問が飛び交いました。さらにイベント中は、各学科ならではの特徴のある質問が絶え間なくつづき、最後の質問では、演技俳優を目指す学生が、「自分を使ってください!覚えて帰ってください!」と、猛烈にアピールするなど、まさに、「真剣しゃべり場」なイベントとなりました。

ティーチイン終了後も、会場入口に立つ監督へ、次から次へと学生が詰め寄っていました。


<主なQ&A>
古賀教授 : 山田孝之さん、ピエール瀧さん、リリー・フランキーさんの3人の配役の経緯は?

白石監督 : まず、脚本段階で、男くさい映画なので色気のある男性がほしいという話をしていた ところ、リリーさんの名前が上がりました。そこから、(首謀者の木村は)リリーさんを想定して脚本を書きました。山田さんは、特に最近コメディ作品が多い印象で、『ミロクローゼ』で一人 3役というパフォーマンスが素晴らしかったこともあり、ドンと腰を据えて主演をはる姿をみたいと思いました。瀧さんは話題の「あまちゃん」のお寿司屋さんなど、基本的に「いい人」の役や多いんですよね。どう見ても怖い顔をしてるはずのに(笑)。誰もオファーしなら自分がやってみようと。3人とも、まず脚本を読んでいただきまして、快諾していただけました。                 

学生A : 凄すぎて混乱しています。瀧さん演じる須藤の「ブッこんでやる!」というセリフがアクセントになり、かっこいいなと思ってしまったのですが、意図的なものですか?

白石監督 : この映画には原作があって、実際の事件を扱っているのですが、原作でも須藤のモデルとなった男が「ブッこんでやる!」と言っていて。自分も、普段は使わない言葉だったので面白いし、意図して用いたのというのはありますね。

学生B : ここ最近観た映画で、一番面白かったです!現実は小説より奇なりといいますし、僕も 原作とこのシリーズを読んでいますが、あの原作を映画化したなんてすごいです!とういう経緯で 映画化になったのでしょう?

白石監督 : 事件は2000年ぐらいで、2005年頃に、須藤のモデルになった死刑囚が、告発をしたというニュースを見たのを覚えていました。その時はそれだけだったのですが、後に、本作の プロデューサーから僕に撮ってほしいと、原作本を渡され原作を読んだことがきっかけです。

学生C : 凄まじい作品でした!藤井が、須藤や木村たちと同化していったように感じたのですが、どういう視点を持たれていたのですか?モチーフとした作品はありますか?

白石監督 : モチーフとした作品はないです。この事件そのものは面白いけど、面白がってはいけないし、事件をメディアで取り上げる際には、面白く記事にしなければならない、ということ自体に疑問を感じていました。しかし、映画を作るとなった時、自分も面白くしなければいけないと思う。そこで矛盾が起こりました。自分を藤井に重ねたんです。殺人者だけでなく、それを見ている自分たちも凶悪なんじゃないか。社会全体が凶悪化しているんじゃないかと。ラストシーンは自分に向けてのことでもあるんです。お前は、この題材をもって、面白く撮ってるじゃねーか、という戒めですね。

学生D : 生まれながらにしての悪人たちと、正義を持って調べるいくうちに、悪の闇に呑み込まれていく人を描いた作品だと思いました。監督が考える悪とは?

白石監督 : 社会に対して見て見ぬふりをしている人が多いと思います。それが悪だと思います。
                                                       
学生E : 私は女なので池脇さんの目線で見てしまい、「死んだ人ではなく生きた人のことを考えてほしい」という言葉が印象的でした。監督は、善悪の問題を描きたかったのか?それとも生死をテーマに描きたかったのか、どちらでしょう?

白石監督 : 両方ですね。生きる死ぬのテーマには善と悪は切り離せない。もう一つのテーマは 家族というコミュニティです。家族は一番小さな社会のコミュニティで、藤井の家庭問題も描いています。さらに、最も凶悪な二人が、疑似家族を作っていくということ。この対比を意識しました。

学生F : この映画を見て楽しんでいる私も凶悪だなと思いました。ご飯のシーンが多いと感じましたが、これは生へのこだわりでしょうか?
                                          
白石監督 : そうですね。生きていくことは食べることです。象徴させているつもりはないけど分かりやすいので入れています。
                                                          
学生G : アップめの画が多く、映画全体に緊張感がありました。あと、ラストのカットがすごく印象的でした。カメラワークへ気を使ったことを教えてください。

白石監督 : こういう話なので、軽く撮りたくなくて。重量感ある画を取りたいと思い、カメラマンに相談したら「重量感のある絵にするためには可能な限り重いカメラを使えばいい」と言われました。 皆さんも実習で軽いカメラを使っていると思うんですが、映画というのは昔から、大きくて現場でも邪魔になるようなカメラで撮るものでした。被写体の近くに入りたいけど入れないなど不自由が多い。それで、現場は面倒くさくなるけど、撮影でも汗かかないと、思っている画はとれないということですね。ラストカットは、自分もすごく好きで、観てる観客をそこから抜け出せないようにし
たかったんです。

学生H : 安川午朗さんの音楽が、素晴らしかったです!音楽で気をくばったことはありますか?

白石監督:酒を飲ませて殺すシーンがあるんですが、あのシーンは、須藤と木村にとっては、<お祭>だと思ったんです。それであのシーンを「和太鼓」だけしたいと安川さんにお願いしました。最終的には、いろんな国の太鼓を混ぜた音楽にしてくださいました。
<監督から学生さんへのメッセージ>
日本映画界は、非常に盛り上がっているように見えますが、映画監督を含め、邦画は絶滅業種だと思っています。ここで多くのことを学んでいただいて、一緒に日本映画を盛り上げていきましょう!

映画『凶悪』、モントリオール世界映画祭への正式出品が決定!! すべては、ある死刑囚の告白から始まった?。

張り詰めた緊張感が支配する比類なき極限のドラマが幕を開けます。
9月21日(土) 、新宿ピカデリー他全国ロードショー!

www.kyouaku.com



********************************************************************


死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪 ーある死刑囚の告発ー』が個性溢れるキャストを迎え映画化。人間の深い心の闇へ切り込んだ究極のドラマとして完成!死刑判決を受けながら自らの余罪を告発する須藤(ピエール)が、雑誌記者の藤井(山田)へ”先生”と呼ばれる全ての事件の首謀者・木村(リリー)の存在を伝えることから物語が始まる。人間はどこまで凶悪になれるのか?誰もが凶悪となりうるのか?人間の持つ正義とは?日本を震撼させた殺人事件の真相とともに、観るものの心を衝く極限のドラマが幕を開ける!!

■出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
■原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
■監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌 
■企画協力:新潮社
■配給・宣伝:日活 
(C)2013「凶悪」製作委員会 www.kyouaku.com