「白石晴香」タグアーカイブ

坂泰斗、白石晴香、大塚剛央、リ・ハオリン監督、竹内良貴監督登壇!『詩季織々』ジャパンプレミア舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『君の名は。』『秒速5センチメートル』の新海誠監督作品などで知られるコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』のジャパンプレミア先行上映・舞台挨拶が行われキャストの坂泰斗さん、白石晴香さん、大塚剛央さん、リ・ハオリン監督、竹内良貴監督が登壇し作品への熱い想いと物語のテーマとなった衣・食・住の思い出を語りました。

『詩季織々』ジャパンプレミア先行上映・舞台挨拶
日時:7月17日(火)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:坂泰斗、白石晴香、大塚剛央、リ・ハオリン監督、竹内良貴監督

映画情報どっとこむ ralph
リ監督:今回の作品は僕にとって特別です。言の葉の庭の宣伝で中国にいらしていたCWFの社長と知り合いまして、いつか作品をと約束して。
中国でのアニメーション市場が大きくなってきました16年から製作を始めました。内容はディスカッションを重ねて中国の文化をCWFさんのスタッフで表現するのに衣食住を選びました。3つの物語ーからなりたってますが、3人の監督がそれそれに社会的変化を表現していますが、日本と中国は通じるものがあると思います。見た感想を聞きたいです。

と話しました。

日本からは新海誠さんのもとで力を付けてきた竹内さんが初監督でプロジェクト入り。
竹内監督:10年ぐらい新海さんの下で作ってきて。今回は自分から何かを創らなければならなくて、なんて大変なんだろうと思いました。ただ色々な方たちとのにコラボを楽しんで。良い経験になりました。皆さんの反応が気になります。
今回短編3本。基本的に現代の中国を描いていますが、人と人との交流を描いています。根元の部分は日本人と一緒。皆さんに観ていただきたい。

映画情報どっとこむ ralph
坂さん:台本をみて、とてもリアルなキャラとアニメだからの部分が重なって綺麗な作品になってるなと。演じられることになって、僕に演じ切れるかが心配でした。特に中国の違う文化の中で、作ったのか考えるのが大変かなと。。演じてみると、僕と似ているキャラクターだったので、共通点が多くて自然体でできました。それから、本編で汁なしビーフンが出てきますが幼稚園の終わりまで福岡で、いじいちゃんが連れて行ってくれたラーメン屋の思い出があってそこも共通点。感情移入できました。

白石さん:姉妹愛が細かく描かれていて、日常の中で、衣食住の見方を変えるドラマがあって幸せって何気ないところにあるのだなあと。それから台本と一緒に映像もいただいて、監督が声を吹き込まれていて。初めての経験で。愛がこもってるなと。監督の愛を返せるように、監督の声のように優しく演じました。私にも、姉がいて、お姉さんのお洋服は憧れでした。おさがりが降りて来るのが待ち遠しかった記憶があります。(今年挑戦した衣服は?)挑戦したいのは浴衣。かわいいなと思うので、お祭りや花火に行きたいな。

大塚さん:僕にとって初のアニメのメインキャラで。本当に緊張と責任感の重圧がありました。すでに絵ができていて。そのまま声を充てて命を吹き込むのは緊張感がありました。僕が通っていた小学校の横の公園にでよく遊んでいて。当時は遊具が沢山あったのに今は亡くなっていて。。。。寂しく思いました。
と、其々挨拶と思いを語りました。



映画情報どっとこむ ralph 詩季織々
8月4日(土)、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか公開

■公式HP:
shikioriori.jp 
■公式twitter:
https://twitter.com/shikioriori2018


「陽だまりの朝食」 / 監督:監督:イシャオシン
監督自らの思い出を、ノスタルジーたっぷりに詩的に描く

【テーマ:食】北京で働く青年シャオミンは、ふと故郷・湖南省での日々を思い出す。祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事…子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。

作画監督:西村貴世
音楽:sakai asuka
キャスト:坂泰斗、伊瀬茉莉也



「小さなファッションショー」 / 監督:竹内良貴
長年に渡り新海作品を支え続けてきた竹内良貴のオリジナル初監督作

【テーマ:衣】広州の姉妹、人気モデルのイリンと専門学校生のルル。幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら仲良く一緒に暮らしていた。
しかし、公私ともに様々な事がうまくいかなくなってきたイリンはついルルに八つ当たりしてしまい、2人の間には溝ができ、大喧嘩をしてしまう。

作画監督:大橋実
音楽:yuma yamaguchi
キャスト:寿美菜子、白石晴香、安元洋貴



「上海恋」 / 監督:リ・ハオリン
変わりゆく上海の街並みに思いを馳せ、淡い初恋を瑞々しく繊細に描いた『秒速5センチメートル』へのオマージュ作

【テーマ:住】1990年代の上海。石庫門(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。しかし、ある事がきっかけとなり、リモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代、社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つけるのだった。

作画監督:土屋堅一
音楽:石塚玲依
キャスト:大塚剛央、長谷川育美


***********************************

主題歌:ビッケブランカ「WALK」(avex trax)
2018年/日本/カラー/74分 
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ 
配給:東京テアトル 宣伝:ガイエ 


『詩季織々』アニメ・エキスポ2018ワールド・プレミア上映で2,500人熱狂!Jプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 『君の名は。』『秒速5センチメートル』の新海誠監督作品などで知られるコミックス・ウェーブ・フィルムの最新作『詩季織々』【8月4日(土)公開】が北米最大のアニメ・コンペティション、アニメ・エキスポ2018【会期7月5日(木)~7月8日(日)】にて現地時間7月7日(土)にワールド・プレミア上映を実施し大盛り上がりとなりました。

最下手・川口社長、下手から二番目竹内監督

さらに、7月17日(火)にリ・ハオリン監督、竹内良貴監督、キャストの坂泰斗さん、白石晴香さん、大塚剛央さんが登壇するジャパンプレミアの実施も決定しました!


日付:現地時間7月7日(土)
場所:ロサンゼルスコンベティションセンター
登壇:川口典孝社長、竹内良貴

映画情報どっとこむ ralph 今回『詩季織々』のワールド・プレミア上映を行ったアニメ・エキスポ2018はロサンゼルスコンベティションセンターで現地時間7月5日(木)~7月8日(日)に行われている北米最大のアニメ・コンペティション。全世界からアニメーション・マンガ・キャラクター・ゲーム等のカルチャーが一堂に会する、一大イベントです。

『詩季織々』はアニメ・エキスポ2018で本邦初公開となるワールド・プレミア上映を実施。
同イベントで最大のスクリーンで行われたワールド・プレミア上映では世界各国から2,500人もの観客が大きなスクリーンで感動を共有!その優しい感動に上映後には万雷の拍手があがり熱狂と興奮をもって迎えられました。
上映終了後にはコミックス・ウェーブ・フィルムの川口典孝社長と劇中の短編「小さなファッションショー」を監督した竹内良貴が登壇しトークショーも実施されました。「『君の名は。』を観た方はいますか?」という質問に歓声が上がるなど真剣に話に聞き入る観客の様子に本作とコミックス・ウェーブ・フィルムの取り組みについての高い関心がみてとれました。また上映後に急遽実施したサイン会も大盛況でコミックス・ウェーブ・フィルム作品のTシャツを着た熱狂的なファンから熱い言葉をかけられるなど世界での盛り上がりを痛感するワールド・プレミアとなりました。

映画情報どっとこむ ralph ワールド・プレミア舞台挨拶内容:
MC:プロジェクトの経緯は?

川口典孝社長:5年前から中国のスタジオ・ハオライナーズが熱心に声を掛けてくれていたので『君の名は。』の制作終了後にラインが空いてから一緒にやろうと。企画を固める中で数種類の短編を作る事が決まり、2名の中国人監督が先に決まりました。それなら、他の作品の監督は日本側からも出させてくれ、と。

竹内良貴監督:お話を頂いた時はすごく光栄でしたし、ずっと新海監督の下で作品を作ってきて、ここで培ったものを込められれば、良いチャレンジが出来るのではないかと思いました。

MC:日本と中国のコラボという事で、苦労した点は?

川口社長:日本と中国は隣の国なのに、文化が凄く違う。特に、日本語と英語の翻訳はできるのに日本語と中国語の翻訳は苦労しました。日本人はハリウッド映画をよく観ているので意外とアメリカの事はわかるけど中国映画はあまり観る機会が無く、彼らのいう「普通」が共有するのに苦労しました。

竹内さん:同じように、文化的な経験の違いがありました。自分たちが経験していない事はどうしようもなく、同じ事を話しているのに
イメージが異なるケースがありました。ただ、製作のハオライナーズはクリエイターサイドの方々でもあるのでお互いが納得しあいながら制作できました。

川口社長:元々は中国の方に喜んで貰いたくて作った物語だけど今日は世界中のみんなに喜んで貰えて嬉しいです。


MC:本作は、“衣食住行”がテーマとなった短編アンソロジーですが
“衣”をテーマにした竹内さん監督作(「小さなファッションショー」)についてお聞かせ下さい。

竹内さん:日本人が中国を描く、難しさがありましたが、徹底的なリサーチでテーマの“衣”について深く知る事ができました。衣服などの貿易の中心かつそれ故に、海外に開けた都市という事で広州があり、そこを舞台にする事で日本人の僕でも中国を描く事ができるのでは、と思いました。また、新海さんの影響を受けてきた僕ですが、その影響をどう見せないようにするかという事に苦心しました。同じ事をしても絶対に勝てないと思ったので。例えば、今作の主人公のような姉妹の物語は、新海さんはやってないですし。可愛く描けていれば良いのですが、みなさんどうですかね?

「(大きな歓声)」

MC:それでは本日お集りの方々にむけて締めの言葉をおねがいします。 

竹内さん:今日は本当にありがとうございました。今は新海さんの次作に参加しているので、自身の次の作品は未定ですがロスに来てみて、こういうところを舞台に新しいものにチャレンジするのも面白そうだなと思いました。皆さん、どうでしょうか?また新作を監督することになったら応援していただけるとありがたいです。

川口社長:ここは2年前にも『君の名は。』のワールド・プレミアをさせて貰って
とても意味のある場所だと感じています。今日はたくさんの方にお集まりいただきありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 『詩季織々』ジャパンプレミア先行上映 情報

実施日時:7月17日(火)18:00開場/18:15開演  ※上映前舞台挨拶
会場:シネ・リーブル池袋
登壇者(予定):リ・ハオリン監督、竹内良貴監督、坂泰斗さん、白石晴香さん、大塚剛央さん
※料金、購入方法など詳細は、『詩季織々』公式サイトのnewsページをご参照ください
https://shikioriori.jp/news/2018/07/07/premiere/

映画情報どっとこむ ralph 詩季織々

8月4日(土)、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか公開

公式HP:
shikioriori.jp 

公式twitter:
https://twitter.com/shikioriori2018


◆あらすじ◆

「陽だまりの朝食」
監督:監督:イシャオシン
監督自らの思い出を、ノスタルジーたっぷりに詩的に描く
『詩季織々』陽だまりの朝食

【テーマ:食】北京で働く青年シャオミンは、ふと故郷・湖南省での日々を思い出す。祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事…子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。

「小さなファッションショー」
監督:竹内良貴
長年に渡り新海作品を支え続けてきた竹内良貴のオリジナル初監督作
【テーマ:衣】広州の姉妹、人気モデルのイリンと専門学校生のルル。幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら仲良く一緒に暮らしていた。しかし、公私ともに様々な事がうまくいかなくなってきたイリンはついルルに八つ当たりしてしまい、2人の間には溝ができ、大喧嘩をしてしまう。

「上海恋」
監督:リ・ハオリン
変わりゆく上海の街並みに思いを馳せ、淡い初恋を瑞々しく繊細に描いた『秒速5センチメートル』へのオマージュ作
【テーマ:住】1990年代の上海。石庫門(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。
しかし、ある事がきっかけとなり、リモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代、社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つけるのだった。

***********************************

「陽だまりの朝食」
監督:イシャオシン
作画監督:西村貴世
音楽:sakai asuka
キャスト:坂泰斗、伊瀬茉莉也

「小さなファッションショー」
監督:竹内良貴
作画監督:大橋実
音楽:yuma yamaguchi
キャスト:寿美菜子、白石晴香、安元洋貴

「上海恋」
監督:リ・ハオリン
作画監督:土屋堅一
音楽:石塚玲依
キャスト:大塚剛央、長谷川育美

主題歌:ビッケブランカ「WALK」(avex trax)
2018年/日本/カラー/74分 

配給:東京テアトル
宣伝:ガイエ 
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ
   


坂泰斗・寿美菜子・大塚剛央ら『詩季織々』声優発表!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 2018年夏に公開となるコミックス・ウェーブ・フィルム(『君の名は。』 『秒速5センチメートル』)最新作『詩季織々』の声優陣が決定しコメントも到着!
『詩季織々』で「陽だまりの朝食」の主人公の青年時代を演じたのは、2017年から本格的にキャリアをスタートさせ、本作で主演に大抜擢された坂泰斗さん。

姉妹2人の絆を描いた「小さなファッションショー」の姉役は今や声優のみならず歌手や女優としても活躍している寿美菜子さん。

妹役には「ゴールデンカムイ」にアシ(リ)パ役で出演中の白石晴香さん。

さらにモデルである姉のマネージャー役を「鬼灯の冷徹」「弱虫ペダル」ほか数々の代表作を持つ安元洋貴さん。がつとめます。

また、淡い初恋を繊細に描いた「上海恋」では主人公に大塚剛央さん。主人公の初恋相手に長谷川育美さん。と若手実力派声優2人が揃って主演に抜擢されました。

映画情報どっとこむ ralph ◆『詩季織々』各作品キャストコメント◆

「陽だまりの朝食」より
▼坂泰斗さん/シャオミン(青年)
僕自身がとてもおばあちゃんっ子なので、シャオミンのおばあちゃんに対する気持ちにとても共感しました。また、いつの間にか忘れかけていた思い出に、再び目を向ける機会をくれた作品だなと感じています。全ての人に、日々を過ごすうちに頭の隅っこに押しやられてしまった、幼い頃の沢山の思い出があると思います。この作品を見て、その思い出たちにもう一度目を向けて頂ければと思います。

「小さなファッションショー」より
▼寿美菜子さん/イリン(姉)
私が演じさせてもらったイリンは、強気で本当に真っ直ぐな人。日常から荒ぶったテンションが欲しいとディレクションをいただき、パワフルに演じさせてもらいました。その分イリンの熱が伝われば嬉しいです。きっと見終わった後、大事な人に会いたくなる、そんな温かな作品です。お楽しみください。

▼白石晴香さん/ルル(妹)
姉のイリンとぶつかりながらも、一緒に乗り越えて成長していくルルを演じて、私自身勇気をもらい、すごく温かい気持ちになりました。きっと何か新しいことを始めたくなるような清々しい気持ちになれますので、是非ご覧ください!みなさんの一歩踏み出す勇気のお手伝いができればと思います。

▼安元洋貴さん/スティーブ
キャラクターとしてはとても濃い人物でしたが、何故か爽やかでもありました。そんなバランスのキャラクターが生き生きできるステキな空間を楽しんでください。僕個人は、収録後、姉に会いたくなり、妹がほしくなりました(笑)。

「上海恋」より
▼大塚剛央さん/リモ
リモは、ちょっとプライドが高かったり好きな子に素直になれなかったり、本当に年相応の少年なのですが、あるきっかけもあって、大人になるにつれて環境とともに変わっていく心の動きが、もどかしくもあり、演じていてとても楽しかったです。変化していく街並みや、リモ達の関係に寂しさや懐かしさ、色々なことを感じていただけると思います。是非たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。

▼長谷川育美さん/シャオユ
アニメで主要キャラを担当させて頂くのが初めてで緊張しましたが、シャオユの揺れる気持ちを大切に演じさせて頂きました。正直気付いたら録り終えていた感覚なので、公開がドキドキです…!上海恋は変わっていく街と初恋を描いた切なくも温かい素敵な作品です。国や時代が違えどきっと心に残るものがあると思います。綺麗な映像と共にお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph ◆あらすじ◆
「陽だまりの朝食」 / 監督:イシャオシン(易小星)
【テーマ:食】北京で働く青年シャオミンは、ふと故郷・湖南省での日々を思い出す。祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事…子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。

「小さなファッションショー」 / 監督:竹内良貴
【テーマ:衣】広州の姉妹、人気モデルのイリンと専門学校生のルル。幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら仲良く一緒に暮らしていた。しかし、公私ともに様々な事がうまくいかなくなってきたイリンはついルルに八つ当たりしてしまい、2人の間には溝ができ、大喧嘩をしてしまう。

「上海恋」 / 監督:リ・ハオリン(李豪凌)
【テーマ:住】1990年代の上海。石庫門(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。しかし、ある事がきっかけとなり、リモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代、社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つけるのだった。


詩季織々

公式HP:
shikioriori.jp 

公式twitter:
@shikioriori2018

***********************************

監督:リ・ハオリン、イシャオシン、竹内良貴
キャスト:「陽だまりの朝食」坂泰斗、伊瀬茉莉也、定岡小百合
     「小さなファッションショー」寿美菜子、白石晴香、安元洋貴
     「上海恋」大塚剛央、長谷川育美、中務貴幸
2018年/日本/カラー 
配給:東京テアトル
宣伝:ガイエ 
(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ 
   


『この世界の片隅に』Netflix配信決定!AnimeJapan2018 のん登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、『この世界の片隅に』を3月15日(木)より、日本をはじめ、アメリカ、カナダなど一部の国と地域で配信することが決定いたしました!

さらに、3月22日(木)~25日(日)に東京ビッグサイトで開催される、国内最大規模のアニメの祭典【Anime Japan2018】にも、主人公・すず役を演じる、のんさんが登壇決定です!
2016年に公開され、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、世界各国でも高い評価を受け、いまだに根強い支持を受ける『この世界の片隅に』が、Netflixで新たに多くの人の心をやさしく包みます。今回新たに片渕監督および、のんさんからのコメントも到着いたしました!


片渕監督からのコメント

この作品は、たんぽぽの綿毛のようです。新しい風に乗って新しい土地へ、新しい出会いのために広がっていけるといいなと期待します。

のん(すず役)さんからのコメント

私はすずさん役として映画に参加させていただきましたが、本当に思い入れの強い作品になりました。『この世界の片隅に』は2016年の映画なのですが、今年に入って新たに上映館が決まったりと長く愛される作品になりました。そして、『この世界の片隅に』に関わった、私含め全てのスタッフキャストの皆様、映画を愛してくださる全ての人達の思いによって再びこの作品が注目される、という事に心から喜びを感じます。『この世界の片隅に』は、戦時下にある広島・呉が舞台ではありますが、ひと口に戦争の映画という訳ではありません。すずさん達が、日々やりくりしていく毎日を過ごしていく、何があっても毎日はやってくる、という事の温かさや、日常の中にある大切な幸せに気付く不思議な映画だと思います。それは沢山の人達に通じるメッセージがあると信じているので、この世界のどこかにいる方達に届けられるのはとても嬉しいです。AnimeJapan2018に参加できることはとても嬉しいです。まだまだ、この映画に触れた事のない方もいらっしゃると思いますので、色んなたくさんの方々に、『この世界の片隅に』を観ていただくきっかけになればいいなと思います。

【NetflixJapan 公式アカウント】
https://www.netflix.com/jp/ 

映画情報どっとこむ ralph さらに、3月24日(土)にAnimeJapan2018内で開催される【3月NETFLIXアニメ祭!】

スペシャルステージにも、本作の配信を記念して、のんさんが登壇いたします!
ステージイベントでは、『この世界の片隅に』をはじめ、3月配信のNetflixオリジナルアニメ3作品のプロモーションムービーの上映や最新情報のお披露目、平田広明、梶裕貴をはじめとした豪華声優陣によるトークセッションなど多数の楽しい企画を用意しています。

<AnimeJapan2018ステージ詳細>

開催日時:2018年3月24日(土)
13:25~14:00
※着席チケット制
会場:東京ビッグサイト
出演:平田広明、梶裕貴、白石晴香、小林裕介、上村祐翔、のん<追加>

映画情報どっとこむ ralph

映画『この世界の片隅に』

物語・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

公式サイト:
http://Konosekai.jp
Twitter:
@konosekai_movie

***********************************

Netflixにて3月15日から配信(SVOD独占配信)
出演者:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外(特別出演)
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社刊) 企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:「この世界の片隅に」製作委員会

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

配信国:日本、アメリカ、カナダ、バングラディッシュ、ブータン、グアム、インド、ラオス、ニューカレドニア、北マリアナ諸島、モルディブ、マーシャル諸島、モンゴル、ミャンマー、ネパール、パキスタン、サイパン、スリランカ、東ティモール、ロシア、トルコ、クロアチア、セルビア、ボスニア・ヘルツェコビナ、スロベニア、ポーランド、チェコ、スロバキア
※そのほか一部地域での配信も予定