「白石晃士監督」タグアーカイブ

白石和彌監督、白石晃士監督が小林勇貴監督にエール『全員死刑』R15イベントで


映画情報どっとこむ ralph 被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに小林勇貴監督が映画化。

そして本日11月14日(火)、京橋テアトル試写室にてR15指定!禁断のトークイベントを行いました。
会場には、若干27歳にして日活実録犯罪映画シリーズというビックプロジェクトに名を連ね、『全員死刑』にて満を持して商業映画監督デビューする、脅威の新人・小林勇貴監督が登壇!

そして、その小林監督にエールを送るべく、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、現在『彼女がその名を知らない鳥たち』も絶賛公開中、来年5月に『孤狼の血』が控える今大注目の映画監督、白石和彌監督。

さらに日本一ディープな映画誌『映画秘宝』の創刊に携わり、現在も編集に携わる田野辺尚人、

さらにさらに、今回、このイベントに一般客として応募し参加し緊急サプライズゲストとして招集された、映画『貞子 vs 伽椰子』の監督、白石晃士監督(来年2018年に間宮祥太朗さんも出演される映画『不能犯』の監督を務めてます。)がゲストに登場!果たして、小林勇貴監督は、映画人たちのお墨付きもらえたのか!?
日付11月14日(火) 
時間20:00~20:40
場所京橋テアトル試写室
登壇:小林勇貴監督、白石和彌監督、田野辺尚人(洋泉社)、サプライズゲスト・白石晃士監督
MC:大場しょう太(東京テアトル株式会社)

映画情報どっとこむ ralph 11月17日に発売される小林勇貴監督の自叙伝「実録・不良映画術」のお話からイベントはスタート。

出版元である、洋泉社の

田野辺さん:ぜひ買ってお読みなさい、と申したい。小林勇貴がどうやって映画を作ってきたのか、この本を読めば全部わかります。私の上司は一日で読んだと言っていました。320ページ。この厚さです。1600円。安い本ではありませんけど、内容は非常に濃い、面白い本です。繰り返しますが、今週の金曜日11月17日に発売いたします。まずはこの本をよろしくお願いします。

と猛烈にアピール。『全員死刑』が誕生するまでの小林監督のすべてがつまった自著に対して、

小林監督:めちゃくちゃ楽しかったです。すごくいいタイミングで書かせてもらえて、ラッキーでしたね。

と手ごたえをのぞかせました。

映画情報どっとこむ ralph
ここからはゲストの白石和彌監督と、飛び入り緊急ゲストの白石晃士監督のW白石監督を交えて、小林監督初商業作品『全員死刑』についての話に。

白石(和)監督は今回の映画をみて

白石(和)監督:今まで小林監督がやってきた自主映画とは明らかに違うステージで、それがどう作用していくのかと思っていて。自主映画からプロの世界に入るとうまくいくパターンもあれば失敗するパターンもあるので、どうなるのか若干危惧はしていたんですけど、やっぱり(プロデューサーの)西村さんを始め、皆さんが上手くやってくれたんでしょうね。小林監督が堂々とした振る舞いでやっていたんだなというのが映画を観ていても感じたので、うれしかったですね。僕も原作は読んでいて、こんなどうしようもない人たちをどう映画にするんだろうと思っていたんですけど、上手いことやりきって成立させていたなぁと思いましたね。本当に勢いがあるな、と思いました。面白かったです。

と、商業デビュー作で堂々とした振る舞いを見せた小林監督を絶賛。

そして、今回のイベントには自らハガキで応募し、見事当選した白石晃士監督がゲストとして緊急参戦!!! 鑑賞したての白石(晃)監督に、直後の新鮮な感想を尋ねると、

白石(晃)監督:27歳ですよね。スピルバーグが『ジョーズ』を録った年ですね。単純にうらやましいです。この作品を27歳で創れて。本当に小林監督は人徳というか、マンパワーというか、周りの人たちを巻き込んで映画を創るって言うのが、すごいですね。そして、それを映画に反映させている。私には無いものをもっていらっしゃるのでとにかくうらやましい。あと、冒頭がとにかくエロイな、と。とてもいい冒頭でしたね。ヒロインの女の子が、とにかく可愛いかったので、いきなりあんな可愛い女の子と仕事ができるなんて…とにかくうらやましいなと思いました。映画の熱がちゃんとお客様に伝わってそれが伝染して盛り上がっていて、とても良い形だなと思いました。本当に…おめでとうございます(笑)

と、悔しさを少し覗かせつつ、小林監督と映画を大絶賛。

原作を読んでいたということで“もし自身が映画化するとしたらどうするか?”という質問に対し、

白石(和)監督:みんなバカじゃないですか(笑)彼らなりの美学なども感じられなかったので、(どのように映画化したらいいか)わからなかったですね。ここまで突き抜けてやるのが、この作品の方法なので、なるほどな、と思いました。僕は正直食指が動かなかったです。(笑)先日ばったり西村監督に会ったんですが、西村監督がとにかくベタぼれしてるんですよ、小林勇貴に(笑) なので、これからどうなってくのか楽しみですね。堂々と思いっきりやらかしている感じがちゃんとありましたね。

と自身の感想を述べるとともに、小林監督に太鼓判を押しました。
映画情報どっとこむ ralph 小林監督は、白石(晃)監督に対し、

小林監督:『貞子 vs 伽椰子』とかいろいろ観て、キャラクターの造形が大好きで、ものすごく嫉妬というか、勉強していて、思ったのは、イラスト化しやすいほどのキャラにはすごく魅力があるなと気づいたんです。なので、タカノリとかドロちゃんとか、今回の映画も、ある種マンガみたいになるように今回やりました。

と、白石(晃)監督に影響を受けている部分を告白。すると、

白石(晃)監督:映画映えするキャラクターまで押し上げたいという気持ちが表れているなと思いました。今回のキャラクターもみんな最低なんですが、すごく愛せるキャラになっている。それが小林監督の才能なのかなという風に感じました。

と、白石(晃)監督からもその才能に太鼓判が。

ここで

田野辺さん:みなさん最後のお願いです。11月18日19日に絶対見てください。映画は公開二日間が勝負です。お願いです。購入した前売り券を無駄にしないよう絶対にこの二日間のどちらかで観てください。

と観客の皆さまにお願い。そして、ここでW白石監督より、新作映画『孤狼の血』と『不能犯』のお知らせもありつつ、トークは終了。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

小林監督:本当に皆さんありがとうございます。何度でも観に来てください。何度でもぶっ殺(さら)います!!!!今日は本当にありがとうございました!!!!!

と小林監督らしい勢いのあるコメントで締め、大盛り上がりの中イベントは終了しました。


全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー

物語・・・
家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。

しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会
    


リング&呪怨対決『貞子vs伽椰子』特報映像&ビジュアル解禁!


「リング」シリーズ 貞子VS「呪怨」シリーズ 伽椰子

決して出会ってはいけない2つの「呪い」が絡まる時、世紀の最恐対決がはじまる!

貞子vs伽椰子

その特報映像&ティザービジュアルが解禁となりました!!


貞子vs伽椰子 貞子vs伽椰子有里 貞子vs伽椰子鈴花
日本ホラー史上最大の歴史的スーパープロジェクト始動!
『貞子vs伽椰子』
6月18日全国ロードショー(4DX/MX4D上映決定!)

公式サイト:http://sadakovskayako.jp

********************************************************************

出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里/甲本雅裕/安藤政信
監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA

©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会


岡本夏美、渡辺恵伶奈が日本初!4DX®で舞台挨拶!ボクソール★ライドショー


r28 日本初の4DX®専用映画『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』が1月16日(土)より全国順次公開!

本作は生まれながらにして 4DX®の性能を 100%体感できる真のアトラクションムービー!座席のムーブ、風、香りなどに加え、何と雪や雨を降らせる事もできる 9 つのアクションを駆使し、4DX®のパワーを最大限まで発揮する映像体験できます!

今回、選ばれた題材は、脱出ホラー!
監督は白石晃士さん!ヒロインには女子高生女優の岡本夏美さんを始め、渡辺恵伶奈さん、松本妃代さんと旬の若手女優が体当たりで熱演!

その公開を記念して初日舞台あいさつが行われ、岡本夏美さん、渡辺恵伶奈さんのほか、番人役の大迫茂生さん、白石晃士監督が登壇。日本初の試みとして、キャストのトークに合わせて客席にエフェクト(効果)が起こる 4DX®舞台挨拶の実施が行われました!
ボクソール初日舞台挨拶
映画『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』 初日舞台挨拶
日時:1 月 16 日(日)
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇者:岡本夏美、渡辺恵伶奈、大迫茂生、白石晃士監督

r07 MC:一言挨拶を!

岡本さん:これから映画を見てもらうと思うのですが、楽しんでいって頂けると嬉しいです!
ボクソール初日岡本夏美
渡辺さん:初日からこんなに沢山の人に来てもらえて嬉しいです!本日はどうぞよろしくお願いいたします。
ボクソール初日渡辺恵伶奈
大迫さん:これから起こる色々を是非一緒に体感して頂いて、そしてお持ち帰り頂ければと思います。
ボクソール大迫茂生
白石監督:えー…、(キャストを指しつつ)せっかくお越し頂いたので可愛い子を沢山見ていって下さい(笑)
ボクソール初日白石監督
MC:4DXに関して

白石監督:とにかく25分、みっちり4DX!という感じで短い中で詰め込みまくってます。この作品は4DXで観ないとなんというか、ちょっと欠けた感じ というか…(MC:物足りない?)そう!良い事いいますね!物足りないです。

白石監督:ちなみに今日始めて4DXを観るという方いますか?(場内の3分の2程が挙手)おっ、こんなに。じゃあ衝撃の体験になりますよ。皆の 4DXバージンを奪っちゃうからな~!

r22 MC:史上初!4DX体感舞台挨拶ですが、監督が特にオススメの4DXの機能ってありますか?

白石監督:そうですね、やっぱり座席の“揺れ”ですかね。

ボクソール初日白石監督魔法! “揺れ”に合わせて客席の椅子が大きく揺れ!観客からどよめきが上がります!!!

キャスト・監督:おお~~! 今、奪われちゃいましたね!

岡本さん:いえーい!

白石監督:これ本編だとずっと手持ちカメラなので、もういやだ!というぐらいぶん回されますので楽しみにしていて下さい(笑)


MC:では、大迫さんのオススメはなんでしょうか?

大迫さん:僕のおすすめは風ですかね。普通に吹く風もありますが、吐息に合わせて出てきたりします。いきますよ?風よ、吹け~~!

観客に風が!後ろからくる風に思わず肩をすくめる観客達
ボクソール初日大迫茂生
MC:じゃあ、恵伶奈ちゃんのオススメの機能は何でしょうか?

渡辺さん:そうですね、私は煙がオススメです!えいっ!
渡辺恵伶奈魔法
渡辺さんの魔法少女風な掛け声とともに、舞台後方から煙が噴き出し・・・
白い煙に包まれます!監督消滅。。。
渡辺恵伶奈魔法効き過ぎ
岡本さん:ちょっと監督!何にも見えない!ってお客さんに言われてますよ!(笑)


MC:最後に、岡本さんのオススメシーンは?

岡本さん:今回本編に水のシーンがあるんですね。そこで出てくる水がスゴイです!行きますよー、えい!
ボクソール初日岡本夏美魔法!
掛け声に合わせて、客席には水が噴き出る!!

岡本さん:わ!思ったよりすごい出てますけど大丈夫ですか!?

と、お客さんを気遣います。ボクソール初日岡本夏美観客気遣う 実は記者のカメラを守るために記者席分の噴射機能を切っていたため最前列のお客さんには多量の水が噴射した模様!
でも、声を掛けてもらってある意味ファンとしてはおいしい!?

白石監督:僕はメガネなんですが、途中拭かないと見えなくなるときもありますからね。

r01 MC:最後にこれから映画を観る観客に向けて

白石監督:今少し体感してもらいましたが、この後25分間たっぷりと4DXを堪能してもらえればと思います。次から次へとやってくるので、ちょっとぐ ったりするかもしれませんが(笑)心地よい疲労感になると思いますので、どうぞ楽しんで行って下さい!

大迫さん:ちょっと体験してもらった(4DXの)効果が、映画と連動するとどうなるのか?観るというより乗る!映画になってます。楽しんで貰えれば と思います。

渡辺さん:映画というかもうアトラクションみたいで、スゴイ楽しめると思います!もし面白いなーって思ったら、お家に帰って、家族とか、お友達に ぜひぜひ広めて下さい!

岡本さん:全力でヒロイン、ナツミを演じさせて頂きました。皆と一緒に戦ったり、走ったり、そういう感覚を共有できる映画だと思うので、是非1人 でも多くの人に体感して欲しいです!
ボクソール初日岡本夏美last
映画『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜』

2016年1月16日、ユナイテッド・シネマ豊洲他大ヒット公開中!
Q’ulleが歌うエンディングUNREALも4DX感を盛り上げます!

公式HP:4dxmovie.jp

********************************************************************

廃校で行われる、アイドル3人による肝試し生中継、それは“お約束”のバラエティ番組のハズだった―。

ボクソール★ライドショーポスター新人アイドルのナツミ、エレナ、キヨ。プライベートでも仲の良い女子高生3人組が番組ロケにやってきたのは山の中にある薄暗い廃校だった。夜な夜な女のすすり泣きが聞こえるというウワサの廃墟となった中学校。「私達、これから肝試しをしまーす!」「こわーい!」。TVディレクターの田代がカメラを回し、生中継する肝試し企画はいつも通りのよくあるバラエティになるはずだった―。はしゃぐアイドル達とは裏腹にどこかから不気味な口笛が響く。突如彼女たちの目の前に現れたのは珍妙な服装をした学校の番人だった!突然の遭遇に廃校に逃げ込んだのはよかったが、外から刃物を持って見張っている。「なんだこれ何のつもりだ!」予想外の事態に田代も次第に事態の深刻さと逃げ場のない廃校に入ったことを後悔し始める。「ええええー何!」「きいてない、きいてない!事務所の人はどこ!?」ディレクター田代のマジな焦り顔に、アイドルたちの表情に本物の恐怖が浮かび始める!いたずらのつもりで用意した肝試し、学校の様々な仕掛けが今、地獄の装置へと変わる!「ぎゃははは!!!!」番人の不気味な笑い声が響く、そして、ひとりのアイドルが…消えた!!!果たしてアイドルたちは、この異空間を脱出できるのか?

出演:岡本夏美 渡辺恵伶奈 松本妃代 大迫茂生 久保山智夏 

監督・脚本・撮影・出演 白石晃士
製作:「ボクソール★ライドショー」製作委員会
協力:ユナイテッド・シネマ
制作:Uhuru Films 制作協力:ダブ
配給・宣伝: KICCORIT 
上映時間:約25分  
(C)2016vauxhallrideshow

  


Q’ulleがミニライブ&トーク ボクソール★ライドショーイベント


日本初の4DX®専用映画『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』が2016年1月16日(土)より全国順次公開となります。

Jホラーの鬼才、白石晃士監督が4DX®の性能を100%体感できる真のアトラクションムービーとして作成!座席のムーブ、風、香りなどに加え、何と雪や雨を降らせる事もできる9つのアクションを駆使し、4DX®のパワーを最大限まで発揮する映像体験できます!

そして今回!

映画の公開に先駆けEDテーマを担当する、歌って踊れるガールズロックユニット、Q’ulleによるライブイベントが行われ、EDテーマ「UNREAL」と「ALIVE」も披露。“廃校の番人”&のりのりの監督が乱入しました!

Q'ulle_ボクソール
ボクソール★ライドショーQ’ulleライブ&トーク
日程:1月7日(木) 
場所:HMV&BOOKS TOKYO イベントスペース
登壇:Q’ulle (いとくとら、ゆずき、まぁむ、まなこ、やっこ)、白石晃士監督

MC:先ずはエンディング曲にUNREALが選ばれた感想を。

まなこ:私たちの曲がエンディングになったって聞いた時は凄い感動と驚きでいっぱいでしたが、予告が出来た時には嬉しいなと感じました!

ここで、UNREALを熱唱!
Q'ulle_UNREAL1 Q'ulle_UNREAL3
そして、お客さんの後ろから“廃校の番人”&白石監督が乱入!
学校の番人
ピコピコハンマーとハリセンで退治!
Q'ulle監督
白石監督:ゆるい感じで登場してみました。今回の映画で学校の番人が出てきまして、女の子たちを魔界に誘い込む重要な役なんです。POV(Point of view)で表現しているんですが、カメラマンの田代と言うのが出てきますが、私が演じています。

MC:今回4DX専用映画としてお作りになりましたが。

白石監督:4DXの機能全部を盛り込むのが目的でしたので、撮影自体よりも脚本を考える方が大変でしたね。水や煙、光の他にも、女の子の香りがしてきたりもします。本当です。

MC:映画の感想を。

まぁむ:ジュラシックワールドもスターウォーズも4DXで観たんですが、これほどの機能ではなかったので(この映画は)盛りだくさんで感動しました。
Q'ulleまあむ
いくら:映画ですが、アトラクションのような満足感でした。是非劇場で。楽しかったです。
Q'ulleいくら
ゆずき:映画の2時間って飽きちゃうんですけど。この映画は30分で、怒涛のようで楽しめました。
Q'ulleゆずき2
やっこ:匂いとか水と揺れるは知っていたんですけど。降ってくる出てくるボーンボーンって!ほんとですよ!びっくりしちゃいました!みんな見た後はこんなテンションになります!
Q'ulleやっこ
まなこ:わたし、ホラー苦手なんですよ。まじでトラウマレベルです。さっきの番人もドキドキしちゃいました!
Q'ulleまなこ
監督:特に最後のQ’ulleの曲の部分は全部盛り込んでメチャメチャ4DX機能をつかってますので必見です。
白井監督1
MC:ホラー映画のお仕事が来たら?

まなこ:お芝居は興味があるのでしたいですが。撮影で泊まるときは一人では寝たくないです。

やっこ:わたしゾンビで出たい!

MC:UNREALをエンディングテーマに採用の意図は?

白石監督:ホラーですけど。最後は楽しく盛り上がる感じにしたかった時に、プロデューサーが持ってきたのがUNREAL。凄い合っていたので。決めました。

白井監督②
MC:Q’ulleで映画を撮るとしたら?

白石監督:今度世界ツアーをするそうですが、その時に何か恐ろしいことが起こるっていうのも面白いかなと。ツアー中いつ恐ろしいことが起こるかわからないって言うのがいいですね。

MC:最後に告知を!

いくら:EDテーマのUNREAL絶賛発売中です!それから5月に5thシングルも出ますので予約してください!

ゆずき:アジアツアーが決定しましたFINALが10月15日ZEPPダイバーシティーです!

白石監督:今日発売ですが「フェイクドキュメンタリーの教科書」と言う本が出ましたので宜しくお願いいたします!

そして!ALIVEを披露して終了となりました!

Q'ulle_ALIVE2
映画『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜

は、2016年1月16日、ユナイテッド・シネマ豊洲他全国順次ロードショー!

公式HP:4dxmovie.jp

********************************************************************

ボクソール★ライドショーポスター出演:岡本夏美 渡辺恵伶奈 松本妃代 大迫茂生 久保山智夏 
監督・脚本・撮影・出演 白石晃士
製作:「ボクソール★ライドショー」製作委員会
(C)2016vauxhallrideshow
協力:ユナイテッド・シネマ
制作:Uhuru Films
制作協力:ダブ
配給・宣伝: KICCORIT 上映時間:約25分  


『ある優しき殺人者の記録』初日舞台挨拶報告


9月6日(土)順次公開中の

『ある優しき殺人者の記録』

は『グロテスク』や『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版』などの白石晃士監督の最新作となります。

P.OV.(Point of view:主観映像)方式を取り入れ、86分ワンカットにて撮影されております。 公開日となる9月6日(土)にて初日舞台挨拶が行われ、ぶっ飛んだ日本人夫妻役を演じました葵つかささん、米村亮太朗さんと白石晃士監督が登壇しました。

ある優しき殺人者の記録初日舞台挨拶
韓合作で制作された本作は、名古屋にある映画館シネマスコーレの支配人から韓国のプロデュー サーを紹介されたことから始まったそうで、P.O.V(Point of View:主観映像)での撮影方式は韓国ではなじみがなく、監督からの提案。

韓国スタッフとの撮影に関して、

白石監督:最初は韓国のスタッフは どこが面白いのか全くわからないと言っていたけど、出来上がったら絶対面白いから!と説得しました。

とコメント。

ある優しき殺人者の記録初日舞台挨拶白石晃士監督
また日本人夫妻役の葵つかさと米村亮太朗を選んだきっかけとして

白石監督:かわいくてセクシーな 女性と、凶暴な男性を演じられる男性を選びました。

葵さん:いつもは清純な感じが多い ので、今回のような真逆の気の強い役は大変でした。
とコメント。
ある優しき殺人者の記録初日舞台挨拶葵つかさ
米村さん:完成が86分ワンカットに仕上がると聞いて、演技のミスが許されないと思い、緊張しました。
ある優しき殺人者の記録初日舞台挨拶米村亮太朗
と自身の自主映画にてワンカットにて撮影した作品を振り返りながら、撮影時の様子を語りました。

大変だったシーンを問われると

葵さん:耳を噛みちぎるシーンが大変でした。
そんなことしたことがないのて・・・・・

と言うと、満席の会場は笑いが起こった。冬の韓国の寒さの中、廃屋でのセックスシーンには

葵さん:少し遣やり過ぎたかな、と心配でした。

と語ると、監督は

監督:あのシーンは本人に任せました。でも大丈夫したよ。

と話し、葵つかさもほっとした様子。

共演者のキム・コッビとヨン・ジェウクについて聞かれた米村さんは

米村さん:言葉は分からないけど、ふたりがセリフを発すると現場の雰囲気がガラッと変わるので、本 当に凄いと思った。

白石監督:2人とも情熱的でとても良い姿勢で演技をしてもらえて、本当 に2人を選んでよかった。

9月11日(木)より韓国でも公開される本作はプチョン国際ファンタスティック映画祭でも上映され、その反響に関して

白石監督:韓国にはファンタジー的な作品が少なく、ラストの表現に関しては、なかなか理解できないような感じだった。

と笑い、本作の衝撃的なラストについて話し、日韓の違いはあるもののとても良い現場で撮影しやすかったと本作の自信をのぞかせ、今後も海外での制作に意欲を語り舞台挨拶は終了した。

ある優しき殺人者の記録
********************************************************************


出演: ヨン・ジェウク キム・コッビ 葵つかさ 米村亮太朗
監督・脚本・撮影: 白石晃士
製作:日活、ZOA FILMS
配給:ティ・ジョイ、日活 CNIKKATSU、ZOA FILMS
公式HP: satsujinsha-kiroku.jp