「白石晃士監督」タグアーカイブ

松坂桃李、立証不可能な登場で舞台挨拶!映画『不能犯』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李、立証不可能な登場で舞台挨拶!?
完成披露試写会に豪華スタッフ・キャストが集結!
スリラー・エンターテインメント 映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。
日時:12月21日(木)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督

映画情報どっとこむ ralph スモーク噴射!バックライトが照らされ、沢尻、新田、間宮、芦名、矢田、白石監督がステージ上に登場!

会場は大きな歓声に包まれるも・・・・、
肝心の主役である松坂の姿が見えません。


すると、突如大きな箱を抱えた人間が登場。その箱の上に更に箱をランダムに重ねていき、箱についている全ての扉を開けるも、その中身は空っぽ。しかし、箱の中身が空っぽであることを証明してみせた瞬間、いるはずのない松坂がその箱の中から登場!

その【立証不可能】な登場方法に、会場からは拍手と共に割れるような歓声が上がりました。今回の【立証不可能】な演出について感想を尋ねられると、


松坂さん:これは素人がやるものじゃない!!

と苦笑しつつも、

松坂さん:でもこの作品をやっていなければ、経験できないことだったので嬉しかったです

」と満足気にコメント。


映画情報どっとこむ ralph 続けて、観客への挨拶とこの日を迎えたことへの感想を尋ねられると、絶対に立証出来ない方法でターゲットを死に導く男、宇相吹正を演じた

松坂さんですが

松坂さん:去年10月に撮影し、ゆっくりと温めてきたものをお披露目する日が来て、とても嬉しく思っています。

しかしそのような態度をとっていたのは役作りの為だったようで

松坂さん:役柄からみなさんと仲良くするのは控えようと思ったんです。

と明かした松坂さん。一方、矢田さんは和気藹々と過ごしたそうで、

矢田さん:ビジュアルは本当に漫画そのもの!役にはいると豹変して、切り替えのスイッチに圧倒されました。監督も「松坂は豹変する!気づくとフラフラ歩いていて神出鬼没でした(笑)

と振り返り、

矢田さん:でも、彼のパーソナルな部分も加わっての今回の役柄になっていたので、とても深みが出て魅力的なキャラクターに仕上がったと思います」と自信を覗かせました。

また、新田さんには宇相吹が実際に目の前に現れたらどうするかという質問が投げかけられると・・・・、

僕はかからない。僕は勝てる。

矢田さん:ときっぱり発言する姿に会場から笑いが起こる場面も見られました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、宇相吹の決めゼリフ、「愚かだね、人間はー」にちなみ、自身の過去を振り返り、
”これは愚かな行為だったな”と反省もしくは後悔していることなどを告白!


白石監督:子供の頃にうんこを我慢して便秘になったんです(笑)そんな愚か者な自分に過去に戻ってそんなことはやめろといってやりたい!

矢田さん:甘いものが大好きで、食べた次の日は絶対食べないと決めているのに、自分に甘いんです…そんな自分がとても愚か者だなって思います…

芦名さん:私は、缶の飲み物をよく飲むのですが、必ず飲む前に振るんですね。でもずっと持っていると口を開けていたことを忘れてそのまま振ってしまうことがあるんです…私服のときはまだいいとしても衣装のときだと本当にご迷惑をおかけしてしまうので愚か者だと感じます…

間宮さん:多肉植物を頂き物でいただいたんです。でも、愚かにもポットに種を植えて育つ野菜も同時に育てる為に、部屋を湿度まみれにしていたら、多肉植物が案の定ダメになってしまって…お陰様で野菜の方は発芽しました(苦笑)

新田さん:つい先日、ホットミルクをつくる為に、マグカップにミルクを入れてレンジでチンしていたんですけど、その間、母親とTV電話をしていたら、愚かにも温めすぎてしまって触ったらめちゃくちゃ熱いんですよ…ちょっと水ぶくれになりました…。


沢尻さん:本当は話したくないんだけど…素敵なガレージのある気に入ったお家を見つけて、3年前に引っ越しをしたんです。契約のタイミングに合わせて新車も購入していたんですけど、入居当日、いざその新車をガレージに入れようとしたらサイズが合わなくて入らないことが判明したんです…!結局近くに新しく駐車場を借りたんですけど、あのときの自分は本当に愚か者でした…

松坂さん:都内にある交差点でスケボーを乗り回している若者がいたんですけど、心の中で転べ~転べ~と思っていたら本当に滑って転んだんです!大丈夫かなと思う前に「ほら、転んだ!」みたいなそんな感情を抱くなんて愚かというか、邪悪ですね(笑)

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

白石監督:これだけ大人気の役者さんたちと仕事ができて、本当に嬉しいです。それぞれどんな活躍を見せているか、しかと見届けてください!

沢尻さん:素敵な作品に仕上がっているので是非楽しんでください!

松坂さん:クリスマスも近いということで、恋愛映画でほっこりするのもいいかもしれませんが、ゾッとするのもいいなともきっと思うはずです!ご覧いただいた後はみなさんそれぞれに色々な感想を持つかと思いますが、面白かったり恐かったりしたら、みなさんの言葉でその感想を周りのひとに伝えていただけると嬉しいです。

とこれから鑑賞する観客に向けて、メッセージを寄せました。​


公式サイト:
http://funohan.jp/
公式twitter:
FunohanMovie

あらすじ
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。
彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――
宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。
彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会


上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



松坂桃李『不能犯』中国でワールドプレミア白石晃士監督が登場


映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李さんがダークヒーローを演じる映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生しました。

この度、現地時間の12月1日、日中国交正常化45周年記念日中映画交流事業として上海・深セン・昆明の中国3都市で行われている、国際交流基金、(公財)ユニジャパン等が主催の日本映画の上映会“日本映画新片展”にて映画『不能犯』が世界初上映され、上海でのスペシャルゲストとして白石監督が参加!

熱気溢れる中国の観客のホヤホヤな質問に答えるティーチインが行われました。

映画情報どっとこむ ralph 本上映会で『美しい星』が上映される吉田大八監督、『ユリゴコロ』『心が叫びたがってるんだ。』が上映される熊澤尚人監督らと共に、レッドカーペットに登場した白石監督は、世界中から集まったメディアからフラッシュを浴び、多くのファンサービスを行いました。

その後、オープニングセレモニーに登場し、

白石監督:日本に先駆け上海でのワールドプレミアということで今日はみなさんの反応を楽しみにしています。一緒に映画を観たいと思います。

と挨拶し、監督と一緒に見れると思っていなかった観客は大喜び。

また、『美しい星』のオマージュとし、両手をY字に広げるポーズをみせるなど、白石監督らしくおどけてみせ、会場の笑いを誘う場面もみられた。

映画情報どっとこむ ralph アジア全体で高い人気を誇る松坂桃李主演の映画であり、先日北京で『貞子VS伽椰子』が上映されたばかりの白石監督のトークが聞けるとあって、深夜23時のイベントにも関わらず1365席が即完!!

サインを求めるファンも多く、監督の注目度の高さが伺えた本作ですが、上映後のトークイベントでは、ほとんどのファンが日本語で質問するほどの熱狂的なファンばかりで、異常なほどの盛り上がり。

Q&A内容

Qこの映画で監督が感じ取って欲しいことは?

基本は見た方に考えて欲しい。絶望と希望の判断、正義と悪の判断をどこでするかはとても曖昧なもので、あなただったらどこで引きますか?というのを問いかけている。

Q、映画の中で、いろんな形で殺害シーンがありますが、どの殺し方が一番好きですか?

A,忍成さんが演じる羽根田という男が、灰皿で殺害するシーンがあるんですが、ターゲットだけでなく、周りにいた関係ない女性二人も灰皿で殴打するシーンが、とばっちりを受けて可哀想な死に方をするので、好きです。

Q、希望で殺す、というセリフがありますが、監督が考える希望とはなんですか?

A、おそらく彼女の意図としては、前向きな殺人。もしくは、本当の殺人を意味するものではないかもしれない。希望を突き詰めることによって、彼の行動を止めることがもしかしたら彼女のいう「希望で殺す」ということかもしれない。


映画情報どっとこむ ralph 『ユリゴコロ』で松坂さんを撮っている熊澤監督も観客とともに本作を鑑賞し、「松坂桃李が素晴らしい」と絶賛した。

『不能犯』上映中も松坂さん・沢尻さんだけでなく、新田さん、間宮さんの人気も高く、彼らの出演のシーンでの観客のリアクションが彼らの人気の高さを表していた。

あらすじ・・・
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。


公式サイト:funohan.jp/
公式twitter:@FunohanMovie 
公式facebook:@FunohanMovie 
Instaglam:funohan_movie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 
原作:宮月新/画:神崎裕也) 
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 


白石和彌監督、白石晃士監督が小林勇貴監督にエール『全員死刑』R15イベントで


映画情報どっとこむ ralph 被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件。自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに小林勇貴監督が映画化。

そして本日11月14日(火)、京橋テアトル試写室にてR15指定!禁断のトークイベントを行いました。
会場には、若干27歳にして日活実録犯罪映画シリーズというビックプロジェクトに名を連ね、『全員死刑』にて満を持して商業映画監督デビューする、脅威の新人・小林勇貴監督が登壇!

そして、その小林監督にエールを送るべく、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、現在『彼女がその名を知らない鳥たち』も絶賛公開中、来年5月に『孤狼の血』が控える今大注目の映画監督、白石和彌監督。

さらに日本一ディープな映画誌『映画秘宝』の創刊に携わり、現在も編集に携わる田野辺尚人、

さらにさらに、今回、このイベントに一般客として応募し参加し緊急サプライズゲストとして招集された、映画『貞子 vs 伽椰子』の監督、白石晃士監督(来年2018年に間宮祥太朗さんも出演される映画『不能犯』の監督を務めてます。)がゲストに登場!果たして、小林勇貴監督は、映画人たちのお墨付きもらえたのか!?
日付11月14日(火) 
時間20:00~20:40
場所京橋テアトル試写室
登壇:小林勇貴監督、白石和彌監督、田野辺尚人(洋泉社)、サプライズゲスト・白石晃士監督
MC:大場しょう太(東京テアトル株式会社)

映画情報どっとこむ ralph 11月17日に発売される小林勇貴監督の自叙伝「実録・不良映画術」のお話からイベントはスタート。

出版元である、洋泉社の

田野辺さん:ぜひ買ってお読みなさい、と申したい。小林勇貴がどうやって映画を作ってきたのか、この本を読めば全部わかります。私の上司は一日で読んだと言っていました。320ページ。この厚さです。1600円。安い本ではありませんけど、内容は非常に濃い、面白い本です。繰り返しますが、今週の金曜日11月17日に発売いたします。まずはこの本をよろしくお願いします。

と猛烈にアピール。『全員死刑』が誕生するまでの小林監督のすべてがつまった自著に対して、

小林監督:めちゃくちゃ楽しかったです。すごくいいタイミングで書かせてもらえて、ラッキーでしたね。

と手ごたえをのぞかせました。

映画情報どっとこむ ralph
ここからはゲストの白石和彌監督と、飛び入り緊急ゲストの白石晃士監督のW白石監督を交えて、小林監督初商業作品『全員死刑』についての話に。

白石(和)監督は今回の映画をみて

白石(和)監督:今まで小林監督がやってきた自主映画とは明らかに違うステージで、それがどう作用していくのかと思っていて。自主映画からプロの世界に入るとうまくいくパターンもあれば失敗するパターンもあるので、どうなるのか若干危惧はしていたんですけど、やっぱり(プロデューサーの)西村さんを始め、皆さんが上手くやってくれたんでしょうね。小林監督が堂々とした振る舞いでやっていたんだなというのが映画を観ていても感じたので、うれしかったですね。僕も原作は読んでいて、こんなどうしようもない人たちをどう映画にするんだろうと思っていたんですけど、上手いことやりきって成立させていたなぁと思いましたね。本当に勢いがあるな、と思いました。面白かったです。

と、商業デビュー作で堂々とした振る舞いを見せた小林監督を絶賛。

そして、今回のイベントには自らハガキで応募し、見事当選した白石晃士監督がゲストとして緊急参戦!!! 鑑賞したての白石(晃)監督に、直後の新鮮な感想を尋ねると、

白石(晃)監督:27歳ですよね。スピルバーグが『ジョーズ』を録った年ですね。単純にうらやましいです。この作品を27歳で創れて。本当に小林監督は人徳というか、マンパワーというか、周りの人たちを巻き込んで映画を創るって言うのが、すごいですね。そして、それを映画に反映させている。私には無いものをもっていらっしゃるのでとにかくうらやましい。あと、冒頭がとにかくエロイな、と。とてもいい冒頭でしたね。ヒロインの女の子が、とにかく可愛いかったので、いきなりあんな可愛い女の子と仕事ができるなんて…とにかくうらやましいなと思いました。映画の熱がちゃんとお客様に伝わってそれが伝染して盛り上がっていて、とても良い形だなと思いました。本当に…おめでとうございます(笑)

と、悔しさを少し覗かせつつ、小林監督と映画を大絶賛。

原作を読んでいたということで“もし自身が映画化するとしたらどうするか?”という質問に対し、

白石(和)監督:みんなバカじゃないですか(笑)彼らなりの美学なども感じられなかったので、(どのように映画化したらいいか)わからなかったですね。ここまで突き抜けてやるのが、この作品の方法なので、なるほどな、と思いました。僕は正直食指が動かなかったです。(笑)先日ばったり西村監督に会ったんですが、西村監督がとにかくベタぼれしてるんですよ、小林勇貴に(笑) なので、これからどうなってくのか楽しみですね。堂々と思いっきりやらかしている感じがちゃんとありましたね。

と自身の感想を述べるとともに、小林監督に太鼓判を押しました。
映画情報どっとこむ ralph 小林監督は、白石(晃)監督に対し、

小林監督:『貞子 vs 伽椰子』とかいろいろ観て、キャラクターの造形が大好きで、ものすごく嫉妬というか、勉強していて、思ったのは、イラスト化しやすいほどのキャラにはすごく魅力があるなと気づいたんです。なので、タカノリとかドロちゃんとか、今回の映画も、ある種マンガみたいになるように今回やりました。

と、白石(晃)監督に影響を受けている部分を告白。すると、

白石(晃)監督:映画映えするキャラクターまで押し上げたいという気持ちが表れているなと思いました。今回のキャラクターもみんな最低なんですが、すごく愛せるキャラになっている。それが小林監督の才能なのかなという風に感じました。

と、白石(晃)監督からもその才能に太鼓判が。

ここで

田野辺さん:みなさん最後のお願いです。11月18日19日に絶対見てください。映画は公開二日間が勝負です。お願いです。購入した前売り券を無駄にしないよう絶対にこの二日間のどちらかで観てください。

と観客の皆さまにお願い。そして、ここでW白石監督より、新作映画『孤狼の血』と『不能犯』のお知らせもありつつ、トークは終了。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

小林監督:本当に皆さんありがとうございます。何度でも観に来てください。何度でもぶっ殺(さら)います!!!!今日は本当にありがとうございました!!!!!

と小林監督らしい勢いのあるコメントで締め、大盛り上がりの中イベントは終了しました。


全員死刑

2017年11月18日(土)全国ロードショー

物語・・・
家族想いの主人公タカノリ(間宮祥太朗)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守る為、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。

しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の資産家一家狩りがはじまった。

***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
間宮祥太朗 毎熊克哉 六平直政 入絵加奈子
清水葉月 落合モトキ 藤原季節 鳥居みゆき 

原作:鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊) 
脚本:継田淳
音楽:中
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会
    


リング&呪怨対決『貞子vs伽椰子』特報映像&ビジュアル解禁!


「リング」シリーズ 貞子VS「呪怨」シリーズ 伽椰子

決して出会ってはいけない2つの「呪い」が絡まる時、世紀の最恐対決がはじまる!

貞子vs伽椰子

その特報映像&ティザービジュアルが解禁となりました!!


貞子vs伽椰子 貞子vs伽椰子有里 貞子vs伽椰子鈴花
日本ホラー史上最大の歴史的スーパープロジェクト始動!
『貞子vs伽椰子』
6月18日全国ロードショー(4DX/MX4D上映決定!)

公式サイト:http://sadakovskayako.jp

********************************************************************

出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里/甲本雅裕/安藤政信
監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA

©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会